FC2ブログ

カレー日記



千葉 千葉「オーブ」焼きカレーパン、ツナロール


千葉駅から歩いて7分程の場所にあるパンのお店です。
イートインも可能です。

カレー的な話をするならば、千葉の誇る名店ベンガルタイガーの隣にあります。
かくいう僕もベンガルタイガーに食べに行った帰りにこちらに寄り、パンをテイクアウトした次第。

昼時でしたが既に売切れのパンも多く、残り少なかった焼きカレーパンと残りひとつだったツナロールを購入。
ちなみに前回ベンガルタイガーへ行ってこちらのパンを買おうとした時は夕方で、パンがほとんど売り切れていて諦めたことがあるので早目の時間に行くのが良さそうです。

カレーパンは挽肉と野菜のカレー。
シンプルながら素材の味が感じられる美味しさです。

ツナロールもツナマヨのパンなのですが、塩気が程良いのが印象的。

そしてどちらのパンもふんわりとしていて軽やか。
何個でも食べられちゃいそうな美味しさでした。

値段が安いのも素晴らしいところ。
またベンガルタイガーの帰りに寄りたいです。

評価:★★★☆

カレー日記



池袋「浅野屋」国産玉葱のこくうま焼カレーパン、バジルソーセージ


パンのチェーン店浅野屋。
駅直結のお店が多い印象です。
池袋の浅野屋は地下鉄や東武線をつなぐ地下道にあります。
店内にイートインスペースもあります。

今回はテイクアウト利用。
こくうま焼きカレーパンとバジルソーセージを購入しました。

この焼きカレーパン、レンジで温めて食べたのですが、100%良い意味で昔よくあったハンバーガー自販機のハンバーガー的な感じを思い出しました。
懐かしいなぁ。
あのジャンクな感じ、好きだったんですよねぇ。
そしてこれもパンの風味がそれに近くて。
カレーは玉葱の旨味をしっかり感じるもので、流石浅野屋です。

そしてバジルソーセージ。これも美味しかった。
しっかり存在感あるソーセージに、パンが全粒粉なのが良くて。

やっぱり美味しいですね。

ここまで読んでくれたノマドワーカーに朗報なんですが、こちらのお店、電源席が結構ありました。
まさかここに電源あるとはって感じの場所であり、イートイン席もそこそこ数あるので覚えておいて損はないですよ。
僕も今後使おうと思います。

評価:★★★☆

カレー日記



池袋「ビバラバーガー」レッドカレーバーガー


池袋北口から歩いて5分くらいの場所にあるハンバーガー専門店です。
こちらの夜メニューにレッドカレーバーガーという非常に気になるメニューがあることに気づきまして、食べに行ってきました。

店内はおしゃれなカフェ風。
つめこみすぎずゆとりあるテーブル配置だなと感じました。

頼んだのはもちろんレッドカレーバーガー。
単品で1500円(2020年3月現在)、+150円でポテトをつけられるそうですがポテトはつけず。
ドリンクはオーダーしたので約2000円でした。

表面がなかなかクリスピーなパン。
思っていたより大きくはありません。
肉感あるハンバーグにタイのレッドカレー的なソースというか肉というか。
パクチーも入っているのでタイっぽさの追加になっていました。

カレーバーガーというと欧風カレー的なカレーであることが多いのですが、タイカレーのカレーバーガーというのは珍しくて個性的です。

全体的にはなんというか上品にまとまっているハンバーガーだなと感じました。
そしてカレー感も上品。

あんまりパンチが強いものを求めているわけではない方にはちょうど良いかと思います。

評価:★★★

カレー日記



亀戸「シェリュイ」キーマカレーキューブ、プティカレーパン


カレーパン好きなら知っている人も多い代官山のシェリュイ。
亀戸駅にも店舗があったので立ち寄り、テイクアウトしてみました。

購入したのはもちろんキーマカレーキューブ。
そしてプティカレーパンも。

キーマカレーキューブは名前の通りキューブ型。
中にはキーマカレーがたっぷり。
キーマカレーといってもカレーパンだと挽肉感が弱いというか挽肉率が低いものが多い中、こちらのキーマはまぎれもなく挽肉でできたキーマであり、挽肉感も強ければ挽肉率も高いキーマ好きに嬉しいカレーとなっています。
たまごが隠されているのがまた良い感じ。
パンよりもキーマが主役であり、それを引き立てるたまご、そして包むパンといった感じ。

プティカレーパンは王道のカレーパンの焼きタイプですが、これも安心安定の美味しさです。

カレーパン好きなら一度は食べておくべきカレーパンですよ!

評価:★★★☆

カレー日記



高田馬場「コメダ珈琲店」カツカリーパン




コメチキタンドリーチキン味


仕事で高田馬場に行くことが多い僕。
そしてカフェで仕事したい時に各地のコメダをよく利用する僕。

高田馬場には主に行く職場が二つ存在するわけですが、その二つのちょうど間くらいの位置にコメダができたのは個人的に嬉しいことです。

もうひとつ嬉しいこと。
それは日本で最初にインドカレーを提供したことで知られる新宿中村屋とのコラボのカツカリーパンがレギュラーメニューに加わったこと。
期間限定メニューだったのですが、好評だったのでしょう。

辛さがしっかりしたカレーソースとコメダの大きなカツとパン。
カロリーなんて気にしちゃいけません。
むしろカロリーを喰らいに行くくらいのつもりで挑みましょう。
カロリーとは美味しいということを教えてくれます。

そしてさらにコメチキにタンドリーチキン味なんてものができているではないですか。
これも注文。
こちらは普通のコメチキにタンドリーチキンミックスというパウダーが添えられたものでした。
このパウダー、文字通り粉なんですよ。
コメチキを普通に食べて、この粉をつけて食べる。二度楽しめるわけですが、粉すぎてちょっとむせます。
そして量が多い。
もうちょっと少なくて良いと思います。
それ以上に、ファストフードのチキンナゲットのソースのように、粉ではない形にしてくれればもっと嬉しいです。

いずれにしてもよく利用するコメダがよく利用する場所にでき、そしてカレー味のものが増えているというのは何重にも嬉しいことなのです。

評価:★★★☆

カレー日記



千葉 本八幡「ぽえむ」カレーツナサンドイッチ




ブレンド、ベリーのチーズケーキ



ぽえむ。
見つけるとついつい入ってしまいます。
喫茶店のチェーンというかフランチャイズというか、古くからあるお店なのですが、色々と良いんです。

まず何が良いかというとそのお店のある場所の絶妙さ具合。

都内ですと、下高井戸、高円寺、幡ヶ谷、用賀、西小山、新井薬師…と、なんとも絶妙。
人が多すぎず、少なすぎず、ちょっとこだわりを持っている人が集まっている街を狙って展開しているかのようで。

そしてコーヒーやスウィーツの美味しさもまた良い所。
喫茶店ですからこれが一番要の部分です。

さらにはカレーツナサンドがある。これが僕にとって最も重要な良い所。
しかもどこのぽえむで食べてもカレーツナサンドは美味しいんです。

軽くトーストしたパンにたっぷり野菜、そしてカレー味のツナ。
朝食としても軽食としても実に有能。

やっぱり好きです。
ちなみに今回は元八幡でカレーを食べた後に発見し、ついつい入ってデザートがわりにカレーツナサンドとチーズケーキを食べてしまったという形。

場所によってそのお店の雰囲気も変わるのがぽえむ巡りの楽しさ。
元八幡店は非常に明るく、90年代前半を感じるような雰囲気でした。

評価:★★★☆

カレー日記



埼玉 加須「小松ベーカリー」加須カレーパン、焼きカレーパン



かし亀でカレーを食べ、せっかく加須まで来たのでその後もう一軒行きたかったのですが腹パンにも程があったのでこちら駅前の小松ベーカリーでカレーパンをテイクアウトしました。

加須カレーパンということで地域の食材を使っている様子。
店内は昔ながらのパン屋さんといった雰囲気で、店員さんも優しく、丁寧でした。

加須カレーパンの他に焼きカレーパンもあったので1つずつ購入。

加須カレーパンはトマトが強めのカレー。
それでいてトマトカレーというほどでもなく、ありそうで他にない個性ある美味しさです。
トマトの酸味よりは甘味と旨味がカレーに溶け込んだテイストで良い感じ。

焼きカレーパンは王道のカレーパンのカレーでしたが、焼きタイプであることからしつこくなくて良いです。

他に加須チーズカレーパンなどもあったのですがこの日は置いてありませんでした。
美味しいですし値段もお手頃。
加須土産にちょうど良いと思います。

評価:★★★☆

カレー日記



千葉 舞浜「CHEZ MADU」カレーパン、チキンと野菜のキッシュ、ポテマヨロール


舞浜エリアはカレー不毛地帯でして、なかなかカレーを探すのが難しい上に見つけてもイマイチだったりします。
それでいてディズニーマジックで点数高かったりしちゃうんですから困ったもんです。

そんな舞浜のイクスピアリに入っているパンカフェ。
テイクアウトで利用しました。

カレーパン、チキンと野菜のキッシュ、ポテマヨロールを購入。

まずカレーパン。
普通に美味しいです。
カレードーナツといった感じのパン生地厚めタイプ。
カレーは王道の平均的なお味。

そしてチキンと野菜のキッシュ。
こちらなかなか美味しいです。
特に個性があるわけではないのですがキッシュってこんな感じだよなという期待に応えてくれるタイプ。

そしてポテマヨロール。
こちらちゃんと美味しいです。
ポテトがほっくり。その上のマヨソースも良い塩梅。
パンはパイ状で軽やか。

というわけで一番目当てのカレーが一番この中で比べると下だったわけですが、全体的に見ると普通にちゃんと美味しい感じです。

と、ここまで書いて思ったのですが、僕カレーパンを異常に食べているのでカレーパンに対してちょっと厳しくなっているのだと思うんです。
他の人にとっては普通以上に美味しいものだとしても、そこまで美味しいと感じないような。

これがもっともっと食べて何周も回っちゃうと、色々なカレーパンの良さをもっと理解できるようになるんだろうなぁと思います。
カレーが僕にとってそういう存在なので。
カレーとカレーパン。
同じようで違いますね。

評価:★★★

カレー日記



池袋「ブールアンジェ」牛肉ごろっとカレーパン、クロワッサンジャンボン


池袋東武に入っているパンのお店です。
イートインスペースも少しだけあります。

朝からやっているので朝食に入ってみました。

牛肉ごろっとカレーパンは文字通り大き目カットの牛肉がゴロっと入った焼きカレーパン。
牛肉の旨味をしっかりと感じることができ満足度の高いカレーパンです。

そしてこちらのお店はどうやらクロワッサン推しのようだったので、クロワッサンがクロックムッシュ的になったジャンボンというものも食べてみました。
しつこいかなと思いきや食べてみれば意外と軽やかで、上品な美味しさ。
これも良いですね。

お値段も平均より少し上ですが、味も平均より確実に上だったので満足です。

評価:★★★☆

カレー日記



神奈川 小田原「箱根ベーカリー」箱根カレーパン、マスタードフランクパイ


小田原駅直結のビルに入っている箱根ベーカリー。
イートインスペースも充実していてカフェ利用もできる便利なお店ですが、イートンスペースとは別にテイクアウトスペースといいますか、ショーケースもあってテイクアウト利用のお客さんも多かったです。

僕もテイクアウト利用。
箱根カレーパンとマスタードフランクパイを購入しました。

箱根カレーパンはトマトベースでかなりドライなキーマカレー。
玉葱感はあまりなく、挽肉感が強いというかほぼ挽肉という状態です。
パン生地が程良い厚みというか薄目な状態であり、それにたっぷり挽肉カレーが入っているというバランス。
なかなか美味しいです。

マスタードフランクパイはフランクフルトをパイで包んだもの。
マスタード感がもっと欲しいところでしたが、これもこれで悪くない感じ。

お値段が平均より高め設定なのですが、その分の味はちゃんと出ているなと感じました。

評価:★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード