FC2ブログ

カレー日記



神奈川 宮ノ下「渡邉ベーカリー」焼赤カレー、ビーフカレーパン、ばくだんカレー


急な坂道の途中にある小さなお店渡辺ベーカリー。
小さいながらもイートインスペースもあり、小さいながらもカレーパンの種類が豊富です。
雰囲気が良いお店ですね。

基本のビーフカレーパン、成形半熟玉子入りのばくだんカレー、焼きタイプの赤カレー。
以上3つをいただきました。

ビーフカレーパンは古き良きカレーパンといったイメージ。
ばくだんはそれに半熟玉子が入っているものです。

赤カレーはトマトカレー。辛さも少々強め。

万人受けする味とも言えますし、没個性とも言えるような、普遍的、一般的なカレーパンでした。
インパクトに欠けるものの、無難に普通に美味しくいただけますよ。

評価:★★★

カレー日記



埼玉 戸田公園「暖家」カレーパン、上戸田三丁目カレー


暖かい家と書いて「ダンケ」と読みます。
ダンケシェーンのダンケでしょうか。

戸田公園駅から歩いて10分しないくらいの、住宅街の中にあるお店。
テラス席もあり、飲み物の用意もあるということでイートインも可能です。

こちらの売りは何と言ってもカレーパン。
メディアで取り上げられたことも多い、地元の有名カレーパンとのことです。

通常の揚げタイプのカレーパンに、焼きタイプのものもあり、こちらは上戸田三丁目カレーという名前がついていました。

カレー自体は昔ながらの懐かしテイストなカレー。
元祖カレーパン森下カトレアのカレーパンを彷彿とさせるタイプです。
そして、そのタイプの、具が大きい版と言えばわかりやすいでしょうか。

肉も野菜も大き目カットなんですね。
これが食感に変化を出していて良いです。

揚げも焼きもカレー自体は同じと思われます。
本来は焼きカレーパンの方が好きな僕ですが、こちらのカレーは揚げタイプの方が相性良いと感じました。

評価:★★★

カレー日記



神奈川 海老名SA「箱根ベーカリーセレクト」海老名カレーパン


神奈川県を中心に数店舗展開しているパンのチェーン箱根ベーカリー。
海老名SAには箱根ベーカリーセレクトという名前で出店していました。

海老名店限定という海老名カレーパンをいただきました。

エビフライが乗り、コーンフレークを衣にしたパンです。
食感の面白さは感じます。
他の箱根ベーカリー同様、カレーはごくごく平均的なもの。
これで普通にカレーパンだったら何とも言いようがない状態なので、このような変化の出し方は楽しさがあって良いと思います。

ドライブでちょっと休憩がてら、カレー食べたいけどそんなにがっつりだと眠くなっちゃいそうな時のおやつには良いかもしれないです。

評価:★★☆

カレー日記



「サブウェイ」タンドリーサラダチキン


夏になるとファストフードのカレーメニューが増えるわけですが、今年はサブウェイがタンドリーサラダチキンをリリースしています。

サブウェイ、飲み物だけのカフェ利用では時々使っているのですが、思えばサンドイッチを頼んだのは久しぶり。
メニューを選び、パンを選び、トッピングを選んだりソースを選んだり。
慣れてないと面食らいますし、面倒ともとれるのですが、自分仕立てできる楽しさがあるとも言えるわけです。

こちらはセサミパンにソースがマヨネーズがおすすめと言われたのですが辛口のチボトレソースに。
アクセント野菜も入れて。

タンドリーサラダチキンの何に恥じない野菜の多さが嬉しいです。
チキンもぷりぷりに柔らかく、確かにインドのタンドリーチキン的な味わい。

これはなかなか良いですね。
栄養バランスも良いですし、ランチ、ディナーとしてはカロリーも低めなので、軽めに済ませたい時に良いと思いました。

評価:★★★

カレー日記



五反野「ジュモー」バターチキンカレー、キーマカレーパン


五反野駅前にあるおしゃれな雰囲気のパン屋さんです。
カレーパンが充実しており、普通のもののみならずバターチキンカレー、キーマカレーパンとあったので、その二つを購入しました。

バターチキンは焼きタイプ。
インネパ的なトマト系のバタチキがパンに包まれています。パンもナン的なイメージでしょうか。

キーマカレーパンは揚げタイプ。
インド的キーマではなく、昔ながらのカレーの挽肉が具になったもの。

どちらもなんだか懐かしいタイプ。それでいて懐かしすぎないタイプ。
昭和までいかず、平成後半的な。

それでいてお値段は平成前半と言っても良い安さ。
この値段なら十分納得のクオリティです。

評価:★★★

カレー日記



都立大学「満寿屋商店」カレーパン


北海道は帯広のますやパン。
東京では満寿屋商店として都立大学駅近くに東京本店を構えています。
自由が丘にもお店があるようですね。

こちらのカレーパンをいただきました。

昔ながらの揚げタイプですが油切れが良く、油っこさを感じないで食べられるのが嬉しいところ。
中に入っているカレーもちょっと独特。
濃厚なルーの中には豆のホクホクした食感が時折感じられ、昔ながらのカレーパンでありながら、その中にちゃんと個性を感じられるものでした。

一見普通に見えて、細かいところに気が利いているというような。

王道のカレーパンですよ。

評価:★★★

カレー日記



埼玉 川越「フラマンドール」シェフのカレーパン、厚切りベーコンポテト


川越駅直結の駅ビルに入っているパンのチェーン店です。
都内でもちょくちょく見かけるお店。

カレーパンはあるかなと入ってみるとありました。
「シェフのカレーパン」です。

これと、厚切りベーコンポテトを購入。

さて、シェフのカレーパンですが、「シェフの」とはいったいどこのシェフなのでしょう?
いったい何のシェフなのでしょう?

食べてみればごくごく普通の一般的なカレーパン。
特徴といえばコーンが入っていて食感に変化が出ていることくらい。

コーンの入ったカレーパンというと、ジョエル・ロブションのカレーパンを思い出します。
ロブションといえばフレンチの世界では知らぬ者はいないともいえるミシュランシェフ。

確かにシェフです。
そのシェフのカレーパン的なカレーパンという意味でしょうか。

だとするとやはりロブションのカレーパンには見劣りします。
もちろん値段も安いですが、味と値段のバランスを考えても見劣りします。

普通のカレーパンとして食べたなら普通に満足できるものなのですが、「シェフの」がつくことによって色々考えてしまうのです。
しかし「シェフの」がついた方が多くの方にとっては美味しそうな想像につながりますもんねぇ。

何も考えずに食べた厚切りベーコンポテトは素直に美味しかったです。

評価:★★★

カレー日記



麹町「デイジー」自家製カレーパン、エビカツサンド


麹町を歩いていると見慣れぬパン屋さんを発見。
あれ? ここ、大塚駅にも入ってなかったっけ? 他でも見た事ある気が…

というわけで都内でも店舗数を増やしてきているパンのチェーン店なのですが、どうやら本店は川口元郷にあるようですね。

カレーパンは2種類あったのですが、どちらも揚げタイプ。
自家製と名がついた方を購入しました。
海老カツサンドも一緒に。

重すぎない上品なカレーパン。
自家製という事でオリジナルなわけですが、良い意味で普遍的と言いましょうか。
個性際立つカレーパンではないので記憶に残る味というわけではないかもしれませんが、食べている時は素直に美味しいと思え、満足できるものでした。

海老カツサンドもやはり良い意味で普遍的。

10点満点のパラメータが10個あるグラフを作るなら、6点あたりで綺麗な円になりそうな。
誰にも嫌われないパンだと思いました。

評価:★★★

カレー日記



入谷「グーテルブレ」石窯カレーパン、トマトカレーピザ


カレーパンも相当食べてきましたが、僕の一番好きなカレーパンは何かというと、こちらグーテルブレの石窯カレーパンなんです。

激辛カシミールカレーを使用したカレーを包んだパンが石窯で焼かれたもので、レーズンがパン生地に練り込んであるのですが、その甘味がカレーの辛さを程良くまろやかにし、ほのかな酸味と深味も加えてパンとの相性を完璧なものにするという、実によくできたカレーパンです。

こちらのお店、入谷が本店なのですが勝どきにもお店を構えており、そちらが好きで通っていました。
しかし2020年5月に閉店。

非常に残念ですが、本店が残っていてくれるだけありがたいです。

勝どきも人気ありましたが本店はさらなる人気で午前中にはかなりの数のパンが売り切れてしまうようです。
12時頃行ったのですが既に石窯カレーパンはラスト一個。
危ない危ない。
そしてトマトカレーピザもラスト1個だったので、この二つを購入。

石窯カレーパンを筆頭にカレー系パンの種類が豊富で、どれも美味しいというのがまた素晴らしいじゃないですか。
トマトカレーピザもパン屋のピザとして実に正しいピザであり、カレーソースとチーズとトマトの相性の良さは間違いないもの。

お値段お手頃というのがまた素敵。

本店はいつまでも残って欲しいお店です。
そしてまた勝どきも復活してくれたら嬉しいなぁ。

評価:★★★★

カレー日記



新宿「ルカフェドゥジョエルロブション」ロブションのカレーパン、コーヒー


バスタ新宿のビル1階にある高級パン店です。
ミシュランシェフのパン屋であり、カレーパンもあるという素晴らしいお店。
ちょっと高いですがその分確実に美味しいパンがいただけます。

併設のカフェもあり、購入したパンを持ち込んで食べることもできます。
カフェメニューもあるのですがそちらにカレー系のメニューがあることはほとんどなく(一度だけ見たことあるんですが)、僕はだいたいパン屋スペースで購入したカレーパンを、カフェスペースで頼んだコーヒーを飲みながらいただきます。

カレーパンはコーンの食感とチーズのコクが印象的な個性ある美味しさ。
このお店の中では300円少々と比較的安めだというのも嬉しいところ。

カレーパンというのは日本発祥のものですから、パン業界においても邪道と言われることが少なからずある中で、名のある名店がカレーパンに取り組んでくれるというのはとても嬉しいこと。

そんなわけでイートイン、テイクアウト、どちらもちょくちょく利用しています。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード