カレー日記


本郷三丁目「味噌煮込罠」インディアン味噌煮込みうどん


どて煮


本郷三丁目、カレー屋でいうなら桃の実のすぐ近く。
味噌煮込罠とかいて「みそにこみん」と読むお店です。
店名の通り名古屋名物味噌煮込みうどんを中心としたお店。

夜はお酒とおつまみも色々とあったので、まずはどて煮を。
かなり濃厚などて煮は、牛スジの旨味が味噌の強さに負けておらず、程良く調和してかなりの美味しさ。
味が濃いものが好きな人にはたまらない一品だと思います。
お酒もご飯もすすんじゃうおつまみであり、おかずですね。

そして味噌煮込み。
こちらにはインディアン味噌煮込みうどんという、カレー味の味噌煮込みうどんがあるんです。
これ目当てで行ったわけです。

本場名古屋でもカレー味噌煮込みうどんは時折見かけるメニュー。
東京にお店を出している味噌煮込みうどん専門店の支店では、あまり見かけることはないのですが、味噌とカレーの相性は抜群なのでもっと流行っても良いと思うんです。

こちらの味噌煮込み、うどんは味噌煮込みとしては硬くなく食べやすいもの。コシはしっかりとしています。
個人的にはもっと硬くても良いかと思いますが、この方が食べなれていない人には良いかもしれません。

カレー味はそこまで強くないので、これも個人的にはもっとカレーで良いと思うのですが、だからこそのインディアンという名前付けなのかなぁとも思ったり。

なんだかんだ言っておりますが、これが900円というのは良心的。
味噌煮込だと1000円超えるものも少なくないですからね。

お店の雰囲気もおしゃれですし、飲み利用やデートにも良いかもしれません。
店名もミステリアスで素敵じゃないですか。

罠でインディアン味噌煮込。
面白いですね。

評価:★★★☆

カレー日記


目黒「山下本気うどん」牛テール冷あつカレーうどん


野菜の天ぷら


目黒でカレーうどんといえばこんぴら茶屋が真っ先に思い浮かびますし、実際美味しくて僕も大好きなお店なのですが、そこに負けないカレーうどんがすぐ近くで食べられるんです。
それがこちら山下本気うどん。

お笑いコンビ「ジャリズム」の山下さんのお店です。
世界のナベアツ(桂三度)さんの相方といえばわかりやすいかもしれません。

実際僕が行った時も山下さんが調理してらっしゃいました。

いただいた牛テール冷あつカレーうどんは、冷たいうどんに熱いカレーをかけたもの。
しめのライス付です。

見た目生クリーム結構かかっているので甘い系かと思いきや、意外なほどしっかりした辛さなのが好印象。
もちろん生クリームでその辛さはまろやかに感じるのですが、後から辛さが追いかけてきます。
牛肉の旨味がしっかりと行きわたったカレー汁に、しこしこのうどん。
相性良いですね。

野菜の天ぷらもちゃんと揚げたてで、揚げ具合も問題無し。

芸人さんのサイドビジネスではなく、まさに本気のうどん屋さんです。
値段もリーズナブルですし、この味なら、芸人さんでなくとも人気出たでしょう。

カレーうどんは人気メニューのようで、僕の他のお客さんもほとんどがカレーうどんをオーダーしていました。
カレーうどん好きなら覚えておいて損は無いお店です。

評価:★★★☆

九州カレー日記


福岡 薬院大通「ラーメン仮面55 pahapaha」キーマカレーラーメン


福岡でカレーといえばスリランカ料理をアレンジしたカレーで人気となったツナパハが古くから有名です。
ここ数年で全国的にカレーのお店が増え、その流れも様変わりしている中、福岡にも美味しいお店、面白いお店がどんどん増えてきているのですが、そうなる前から今も変わらず人気なツナパハは福岡県民のソウルフードのひとつといっても過言ではないでしょう。

そんなツナパハの姉妹店。しかもラーメン屋。
それがこちらラーメン仮面55pahapahaです。

スパイスを使ったスパイスラーメンのお店なので、どのラーメンにもスパイスを感じるのですが、これもやはりスリランカの汁物料理をベースに進化させてラーメンにしてあるんだそうで。
面白いです。

どれもカレーといってしまえばカレーなのですが、正しくメニューにカレー表記されていたのはキーマカレーラーメンだけだったので、それを注文しました。

スパイシーなスープのラーメンの上に、スリランカスタイルのキーマカレーがけです。

スパイス感の違うものが合わさって新たな深みと香りが生まれ、全部飲み干したくなるようなスープです。
通し営業なのも嬉しく、夕方にお腹が空いた時にも使えますし、飲み利用もできそうなメニュー構成。

福岡カレーの選択肢のひとつとして覚えておいて損は無いお店ですね。

評価:★★★☆

九州カレー日記


福岡 中洲川端「博多あかちょこべ」元祖キーマカレーうどん


がめ煮


東京から九州旅行へ。中州で後輩と飲み歩き。
屋台で一杯ひっかけて、どこかにカレーは無いかとうろうろしていると看板に元祖キーマカレーうどんの文字が。
後輩曰く、博多はうどん発祥地なんだそうで。

博多うどんといえば東京にある大地のうどんの高田馬場店には時々通っております。
こちらはどうなんだろうと興味わいて入ってみました。

夜はうどんとおつまみでいける居酒屋スタイル。
元祖キーマカレーうどんと、せっかく博多なので郷土料理のがめ煮もいただきました。

まずがめ煮。
これが正しい美味しさ。
しつこくない程よい甘辛さ。
素材の食感もそれぞれ違って楽しく、おふくろの味という感じです。

そしてカレーうどん。
まずカレーだけ食べてみると確かにキーマカレー。
ご飯にかけても美味しくなりそうです。
それに葱と鰹節。
これをまずは混ぜて食べるのがおすすめということで混ぜて食べてみました。
うどんは古式胚芽麺ということで、昔ながらの製法にこだわったもの。
これが風味が良くて美味しくて。
こういううどんは初めて食べましたが、気に入りました。

続けて黒胡椒入りの天かすを混ぜて食べてみれば食感の変化とスパイス感の追加でより美味しくなりました。

最後に出汁をかけて食べればまた新しい美味しさに。

三段階の味変も楽しめて、最終的にはやはり出汁をかけると完成したように感じました。
これが720円というのはお得すぎます!

後で調べてみれば人気店だったんですね。
これだけ美味しくて安ければ人気も出るわけです。
東京にも欲しいお店です。

評価:★★★★

カレー日記


池袋「そば助」牛すじカレーつけそば+かき揚


稲荷町に本店があり、全国的に店舗数を増やしてきている塩だし蕎麦のお店です。
池袋店はテーブル席メインで昼は明るく、店員さんは皆さん女性で温かい雰囲気でした。

カレーそばはクリーミーカレーと牛すじカレーの2種類。
牛すじカレーの方は激辛表記があったんですが、カレー関係のお店じゃない所で激辛といってもそれほど辛くないことが多いので激辛の牛すじカレーを注文しました。
かき揚げもトッピング。

一口食べてみれば予想以上にちゃんと激辛。
カレーで例えるならつけ汁自体にはデリーのカシミールくらいの辛さがあります。
しかしそれに牛すじの甘味が合わさるので、結果体感的にはカシミールよりちょっと落ち着くかなというくらいの。

味は辛いのですがちゃんと奥行きがあり、牛すじの旨味がしっかりと感じられて美味しいです。

僕が一番好きなカレー蕎麦は神楽坂の蕎楽亭のそれなのですが、蕎楽亭も牛すじの旨味を活かしたカレー。
こちらも辛さこそちがうものの根本は近い系統で、僕の好きな方向性でした。

かき揚げは野菜のみでしたがちゃんと揚げたて。
蕎麦自体もなかなかの美味しさです。

これがチェーン店というのは嬉しいし凄いですね。
他のお店も行ってみないと。

夜は居酒屋利用もできそうですし、カレー蕎麦の選択肢が増えたのは嬉しいことです。

評価:★★★☆

カレー日記


代々木上原「山都」黒カレー御膳


代々木上原にある十割蕎麦の名店です。
大きな暖簾をくぐって入ってみると、非常におしゃれな空間。
店員さんも皆さん実に粋な雰囲気です。
かなり久しぶりの訪問となったのですが、こんなにおしゃれだったっけ?
以前行ったのは夜だったのですが、今回は昼の訪問だったので印象が違っただけかもしれませんが。

こちらは黒カレー蕎麦が売りなのですが、ランチタイム限定メニューとして、黒カレー御膳というものがありました。
黒カレーつけそば、海老天二尾、玉子焼き、漬物、そら豆の炊き込みご飯がついて1800円(税別)という、ランチとしてはそれなりにするお値段ですが、思い切って頼んでみました。

黒カレー蕎麦は相変わらずの絶品!
濃厚なカレーには葱と豚肉入り。
十割蕎麦はつるっとした舌ざわりで、これをカレーにつけるとドロっとしたカレーがつるっとした蕎麦にしっかりとまとわりついて、ドロつるな美味しさ!
って意味がわかりませんね(^^;)

とにかく深みがあって、一般的なカレー蕎麦のカレーとは全然違うスタイルなんです。
それでいてライスに合わせるカレーとも違い、ここの蕎麦に一番合うカレーを作ったといえる相性の良さ。

海老天の揚げ具合も完璧で、天つゆにつけて食べたり黒カレーにつけて食べたりできる楽しさも。
炊き込みご飯は味付けは薄味で、だからこそ飽きがこないんです。
トータルで食べて満足できるよう、色々と考えられていますね。
これなら約2000円でも高くはありません。

本当に久しぶりすぎる訪問だったのですが、当時より美味しく感じたのは、お店が進化したのか、あるいは自分の舌が変わってきたのか、どちらかわかりませんが、当時も美味しいと思い、今はとても美味しいと思ったので、今度はそこまで日を開けずに再訪したいと思います。

評価:★★★★

カレー日記


仲御徒町「福徳」野菜みそカレーラーメン+チャーシュー


クリスマスイヴの夜。
街はカップルでいっぱいです。
こんな夜はおしゃれなお店に行くとイチャイチャしているカップルに遭遇してしまうので、それを避けるためにおじさん好みの街中華に突撃しました。

狙い通りノーゲス!

仲御徒町駅前にあるこちらに突撃したのは、カップルを避ける為という理由もありますが、ここにカレー味噌ラーメンがあると聞いていたからこそです。

そんなわけで限定メニューの野菜みそカレーラーメンを注文。
肉も食べたい気分だったのでチャーシュートッピングでお願いしました。

メニューをよく見るとレギュラーメニューにカレーチャーハンもあるんですね。

しばらくして出てきたカレー味噌ラーメン。
食べてみると実に昔ながらの街中華の味。
街中華の味噌ラーメンにカレー粉入れただけ。
シンプル!

チャーシューなかなかに柔らかくて味も悪くないんですが、麺が昔スタイルなのと、スープも昔スタイルなので、このあたりが好み分かれるところかもしれません。

昔スタイルの醤油ラーメンは好きなんですよ。
でも味噌ラーメンはやっぱり最近の感じが好きでして。
しかもカレー味噌となると、スパイスにこだわっている方が好きでして。

値段もそこまで安いわけでもないので、街中華がお好きな方には良いお店かと思います。

と、もうひとつだなという雰囲気で書いておりますが、街中華という文化はすたれて欲しくないと思っております。
貴重なお店です。

評価:★★☆

カレー日記


岩本町「千吉」赤カレーうどん+ちくわ天


カレーを食べ歩いていると、狙って行ったお店が臨時休業だったり早じまいだったり行列で時間無くて行けなかったりと、ふられることが多いのですが、この日も時間無いランチタイムに2つほどふられました。
そういう時にチェーン店の安心感ったらないです。

というわけで何年ぶりかで岩本町の千吉へ。
カレーうどんのチェーン店です。
以前行った時とは店内の様子もだいぶ変わっていましたが、ランチタイムはほぼ満席の盛況ぶり。
かなりお店が狭いのですが、店員のおばさまが狭いことを逆にネタにしてお客さん達にストレス与えない素晴らしい接客。
チェーン店でこのクオリティはなかなかないですね。
教育が素晴らしいのか、ここのおばさまが個人的に素晴らしいのか。

赤カレーうどんにちくわ天トッピングで注文しました。
赤カレーはタイのレッドカレー的なココナッツミルクベースのカレー。

タイカレーとうどんが合うのは佐藤養助などが証明してくれているわけですが、こちらもチェーン店としては御の字の美味しさ。
ちくわ天もおおぶりで揚げたてなのが良いです。

トッピングしても1000円いかないというのも嬉しいですね。
チェーン店ならではかもしれません。

チェーン店もたまには良いですね。

評価:★★★

カレー日記


高田馬場「光麺」骨太光麺 濃厚魚介カレー全部のせ


早稲田通りを何気なく歩いているとカレーの文字を発見!
発見したのは光麺でした。

光麺といえばラーメンのチェーン店として人気のお店。
普段ラーメンはほとんど食べない僕ですがカレーラーメンがあるとなれば話は別です。
光麺には違う店舗に何年も前に行ったきり。
たまにはこういうのも良いでしょうということで行ってみました。

頼んだのは骨太光麺濃厚魚介カレーの全部乗せ。
全部乗せだとチャーシュー、味玉、メンマ、ネギ、のりなどが乗るようです。
全部乗せ無しだとこのカレーラーメンは野菜とピリ辛の挽肉が乗っています。

麺は太麺。
スープも確かに濃厚系。
しっかりとカレー味で、チェーン店らしい味だなと感じる部分も少なからずあったのですが、トータルで見るとカレーラーメン好きな僕としても十分満足できるものでした。

他の店舗にもこのメニューは全てあるわけではないようです。
高田馬場店のみのメニューなのか、いくつかの店舗限定なのかはわかりませんが、高田馬場はラーメン天国ですから、カレーラーメンが食べたくなった時には良いかもしれません。
レギュラーメニューというわけではなさそうなので、気になる方はあるうちにどうぞ!

評価:★★★

カレー日記


神田「グレイトフルデイズ」焼きカレーパスタ


街コンならぬ店コンを常時開催しているお店です。
うっかり店コンエリアに通されそうな雰囲気でしたが、神田カレーグランプリのスタンプ集めですよというアピールをすると、2階の一般飲食エリアへ。
それにしても何故僕が独身だとバレたのでしょうか(^^;)

カレーは焼きカレーパスタのみ。
ランパスで賞を取ったことがあるんだそうです。

トッピングもできるスタイルでしたが、まずは何もなしのそのもので。

鉄板の上にカレー味のパスタ。
その上に温玉と粉チーズ。
ベーコンなどにもこだわっているようです。

食べてみるとなかなかの美味しさ。
粉チーズをさらに追加し、タバスコぶっかけて食べればナイスB級グルメ。
こういうの好きですよ。

会計時、お店にいた占い師さんに何故かアピールされました。
そんなに僕が迷っているように見えたんでしょうか(^^;)

不思議なスタイルなお店ですが、ランチタイムなら気軽に利用できそうですね。

評価:★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード