fc2ブログ

カレー日記(ベルプリ)



下北沢「BhelPuri」マトンラグーのマニケ




ベルプリ


カレー好きなら誰もが知る名店カルパシ。
予約がなかなか取れない千歳船橋の本店。
カレーとジェラートの下北沢店。
それに続いてその下北沢店の隣で2022年11月、新たにオープンしたのがこちらベルプリ。

ベルプリとはインド料理の名前ですがこちらはインド料理のみならず、ユーラシア料理ということで様々な料理を味わえます。
昼はミールス。
夜がその本領発揮。

ユーラシアというとヨーロッパとアジアですから、南北アメリカとオセアニア、アフリカを除いた全てなので世界の半分以上を指す言葉です。

夜にもカレーはあります。
ラムラグーのマニケがそれ。
この日はラムではなくマトンと丁寧に説明をしてもらいました。
マニケというショートパスタをマトンキーマで和えたもの。
ボロネーゼのミートソースがキーマカレーだと考えるとわかりやすいでしょう。
これが実に美味しい。

ショートパスタなのでおつまみ感があって良いです。

ベルプリも柿入りで個性的。
他の料理もそれぞれ美味しいのみならず面白いと感じる部分が多く、シェフによる料理の説明も懇切丁寧。
ちなみにシェフはタイ料理経験もある方で、タイ料理もあり、そちらもいただいたのですがそれもまた美味しくて。

飲み物はナチュールワインにこだわっており、ワインを飲みながら世界料理をいただけるお店。
お酒が苦手な方でもこだわりのソフトドリンクもあり、ちょっと豪華なディナーにぴったりのお店です。
流石カルパシですね。

評価:★★★★

カレー日記(ゴディバカフェ)



飯田橋「GODIVA cafe Iidabashi」リコッタチーズとサバのカレー蕎麦


各地に展開しているゴディバカフェ。
どの場所のゴディバカフェも椅子の座り心地が良く、ゆとりのある空間作りで居心地が良いお店ばかりと感じているのですが、中でも飯田橋店は駅直結で便利であり、窓際の席が気持ち良いのでしばしば利用しています。

そんなゴディバカフェでカレーメニューが登場していることに気づきました。
期間限定メニューで9月からあったようですが、気づいたのは終わり間際の11月末。
ギリギリ滑り込みで食べることができました。

リコッタチーズとサバのカレー蕎麦。
蕎麦の名店とのコラボとのことです。

そばつゆはカレー味ではないのですが、リコッタチーズとカレースパイスを混ぜたペーストが真ん中に乗り、これをといて行くとつゆもカレー味になっていくという仕様。
面白いです。

カフェなので職人さんが作っているわけではないのですが、それでも味にブレが出ないように工夫されているのがわかり、よくできているなと感じました。

サバとカレーってよく合いますし、チーズとカレーも合いますから、外しようのないメニューですね。

評価:★★★☆

カレー日記(ふじ)



入谷「ふじ」カレーラーメン


中華と洋食を看板に掲げた昔ながらの町中華。
このスタイル、昭和の時代はそこかしこで見かけましたが令和の今、珍しくなってきてしまいました。

何事も専門的にやっていることが良いとされるようになり、ラーメンならラーメン専門店、カレーならカレー専門店が良いと思われがちですし、事実大雑把にみれば確かにその方が外れは少ないと言えなくもないのですが、何を作っても専門店以上に美味しいと言うお店も少ないながら存在しますし、また、専門店ではないからこそ自由なメニューがあり、それが面白くて味わいがあると言うお店も少なからず存在するのです。

こちらのお店は後者。
とにかくメニューが豊富。
中華あり、洋食あり、うどんもあればサンドイッチもある。
カオスです。

そんな中からカレーラーメンを注文。

町中華のカレーラーメンと言うと昔ながらの中華そばに昔ながらのカレールウをぶっかけたものが多いのですがこちらは最初からスープとカレーがしっかりと混ざったタイプなのがまず珍しく、面白いです。
豚肉、じゃがいも、にんじん、玉ねぎがラーメンに入っていると言う面白さ。
玉ねぎは火入れが浅いのもまた個性的。

小ぶりのチャーシューが3枚ほど入り、メンマにほうれん草にネギたっぷり。そしてなると。
それがしっかりと調和しています。

しみじみと、じわじわと美味しい。

みかんが付いてくるのも嬉しいサービス。
これが650円(2022年11月現在)と言うのも凄いこと。

ふと隣を見れば串カツをメインに様々な具が乗った定食を食べている方。
逆の隣を見ると魚の煮付けの定食を食べている方。
どれも美味しそうです。

こう言うお店、少なくなってしまいましたが無くなって欲しくないですね。

評価:★★★☆

カレー日記(香味麺房)



恵比寿「香味麺房」豚ひき肉と彩りラペのカレー蕎麦+チャーシュー


まぜ蕎麦のお店なのですが、このお店の特徴は機械が全て調理するということ。
接客こそ人間ですが大きな機械で全自動で調理が行われているのが垣間見えます。
盛り付けも人でしょうか。
しかし茹でから味付けから、そのあたりは機械ということのようです。

カレーまぜそばがあったので行ってみました。
豚ひき肉と彩りラペのカレー蕎麦にチャーシューをトッピング。

入り口カウンターで注文し、先払いのシステムなのですが元気不可なので要注意。
現金しか持っていなくて帰ってしまったお客さんも見えました。

カレーまぜ蕎麦。
味はなかなか良いです。
わかりやすくカレーであり、蕎麦の風味も残っています。
ラペというか薬味的な野菜。
トッピングしたチャーシューは細かくカットされたもの。

もう一度書きますが味はなかなか良いんです。
しかしどうにも味気ない。

機械が作っているという先入観がそうさせるのはわかっています。
という以上に、僕はやはり人が作ってくれた料理が好きなのだなと再認識しました。

味については機械の方がブレがないでしょう。
しかし、ブレがあったとしてもやはり人が作ってくれた料理が食べたいのだな自分は。と、再認識させてくれたので良い機会となりました。

評価:★★★

カレー日記(金升)



飯田橋「金升」カレー南蛮蕎麦


飯田橋駅すぐ近くのプラーノというエリアにある手打ち蕎麦のお店です。
店頭メニューをみるとカレー南蛮があったので入ってみました。

店内はなかなかの広さ。
落ち着いた雰囲気で高級感もあります。

カレーメニューはカレー南蛮のみだったのでカレー南蛮蕎麦を注文。

かえしがしっかりときいたカレー汁はオールドスクールの正統派。
薄切りの鶏肉が良い具合に入っていて食べ応えもあります。

蕎麦もカレーに負けない香りがありつつも上品。
美味しいですね。

お値段は1000円少し超えますが、その分の価値はある蕎麦だと感じました。

評価:★★★

カレー日記(デニーロ)



神保町「デニーロ」鶏挽肉と野菜のキーマカレースパゲッティ


サバティーニ出身シェフによるパスタを中心としたイタリアンのお店です。
カレー激戦区である神保町に存在することもあってか、カレーパスタも存在します。

洋食店や喫茶店がカレースパ、カレーパスタを出すということはしばしばありますが、本格的なイタリアンのお店がカレーパスタを出すことは珍しいです。
イタリアではカレーはほとんど食べられることがないという事も関係しているのかもしれません。

ランチのカレーパスタ。
鶏挽肉と野菜のキーマカレースパゲッティ。
ボロネーゼ的なミートソースのカレー味にミックスベジタブルや豆が入っています。
予想以上に辛めなのが良いです。
カレーの辛さというより唐辛子的な辛さで、これが肉の旨味とよくあっていました。

サラダとパンが付いて1200円。
結構な量もあってお腹いっぱいです。

カウンター席に座っていただいたのですが、食べ終わって立ち上がってみるとカウンター席は僕以外全て女性でした。
女性でもこの量をぺろっといけてしまうのでしょう。
それだけ美味しいということです。

評価:★★★☆

カレー日記(ぶんすけ)



浅草「麺家ぶんすけ」スープカレーそば


観音裏ではないのですがその近くのエリアにあるラーメンのお店。
こちら、スープカレーそばがレギュラーメニューで存在するんです。
スープカレーそばと言っても北海道スープカレーをラーメンにしたものではなく、所謂二郎系のカレー味。カレー二郎の範疇です。

券売機で食券を購入して渡し、待ちます。
所謂二郎コールはその際に。
ノーコールで行ってみました。

二郎と違うのはノーコールだとニンニクが無しということ。
説明書きにも最初はニンニク無しが推奨と書いてあったのでこれで良いです。

ほろほろになった豚がまず良い。
もやし7、キャベツ3くらいの割合も嬉しい。
麺もワシワシとしていて良い。
カレー感もしっかりで好き。

つまり、カレー二郎としてかなりレベルが高いです。
ニンニク無しでも長ネギが多めに入っていてしっかりパンチがあり、満足度が高いです。

ランチは味玉もサービスで隠されるように入っており、こちらの火入れも良い感じでした。

これはまた食べたいカレー二郎。
二郎系って時折無性に食べたくなるんですよね。
今度は豚増しのニンニクつけてお願いしてみようかな。

評価:★★★☆

名古屋カレー日記(コモ)



栄「スパゲティ コモ」カツスパカレー


名古屋名物の一つにあんかけスパゲティがあります。
あんかけスパゲティのお店も沢山ありますが、その中にはカレーのスパゲティを出すお店もいくつかあります。

こちらコモもその一つ。
デパートのような建物のレストラン街にあるのですが、客層は結構年齢層が高く、デパートとは思えない雰囲気。
入るなり店員のおばちゃんが「お兄ちゃん、何にしよか?」と。

普段はよくメニューを見て吟味してから決めるタイプなのですが、その圧に負けて一番最初に目に入ったカツスパカレーを注文しました。
と言ってもこれは悪い意味ではなく、スピーディーに回すお店なのだろうなと判断し、それに倣って即決めたというわけです。

待っていると他のお客さんが「インディアンに、あんかけて」と。
なんと、そういうこともできたのか。
インディアンというのはドライカレー的にカレー炒めしたスパ。
それにあんかけのあんをかけることもできるようです。
それにすりゃ良かった。

と思っていたら登場。
かなりの大量です。
ごくごく普遍的なカレーにしっかり茹で上げたスパゲティ。
それにサクサクの揚げたてカツ。
懐かしい美味しさです。

際立った個性はないのですが、だからこそ良いのです。
お腹いっぱいでお値段は格安。

食べている間にもおばちゃんが「お兄ちゃん久しぶりやね」とか、「はいお兄ちゃんお待ちどう」とか、確実に50代であろうおじさん達にも全てお兄ちゃんと声かけていたのがとても印象的。
おばちゃんは見た目70代くらいでしょうか。
となると、50代なんて若いのでしょう。
なんだか若い気分にさせてもらえる温かい雰囲気も魅力の一つですね。

評価:★★★☆

岐阜カレー日記(円相カド)



岐阜「円相カド」カレー南蛮蕎麦


カレー好きなら誰もが知るエリックサウスという南インド料理店があるのですが、こちらを手がけている会社が円相。
その円相が手がける天ぷらをメインとした居酒屋が円相カド。

円相のことですから、カレーがあるのでは?と食べログでメニューを見てみるとカレー味のものがいくつか。
気になって行ってみました。

するとメニューがリニューアルされたようでカレー味のものがほとんど無くなってしまっていたのですが、逆にカレー味というかちゃんとカレーであるカレー南蛮蕎麦があったのでそちらをいただきました。

このカレー南蛮が実に面白いんです。

トマトがきいたカレーはインドを思わせるテイスト。
これにガラムマサラや黒七味をかけて食べるのですが、ガラムマサラをかけるとよりインド感が増し、黒七味をかけるとカレー南蛮感が増すという楽しさ。
一度で三度美味しいカレー南蛮です。

具材も出汁をよく吸った揚げが入っているのが良い感じ。

他にカレー味メニューとしてはマカロニサラダがあり、こちらがしっかりとカレーマヨの味で美味しかったです。
せっかくの天ぷらのお店なのでいくつか天ぷらも頼んだのですが、レンコンが芋のような甘みがあってとても良く、カリフラワーのスパイス揚げは南インド料理のゴビ65的な雰囲気も感じさせて面白く、流石円相だなと満足できました。

評価:★★★☆

カレー日記(サントリアン)



竹橋「パブサントリアン」坦々カレーうどん(原文ママ)


竹橋駅直結のビルの地下に飲食店街があります。
こちらはカレー率が高いと言いますか、カレーが充実したカレー天国なのですが、その中にあるパブのランチもカレーが充実しています。

パブサントリアン。バブ・サントリアンではなく、パブ・サン・トリアン、のようです。

カレーライスにカレーうどんがメニューの多くをしめていました。
一番上に書いてあった坦々カレーうどん(原文ママ)をいただきました。

ゴマの風味がしっかりと立ったスープを飲んでみれば確かにカレー感があり、確かに担々麺感もあり、それにうどんが入っているというもの。
パブなのに担々、カレー、うどん、というミスマッチ。
いや、パブにカレーはしばしば見ますが、担々とうどんがミスマッチといえましょうか。

とりあえず美味しければ何でも良いのです。
こちらの担々カレーうどんは確かな美味しさ。
カレーライスも食べてみたくなりました。

12時前には満席となり、人気もあることがうかがえました。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード