カレー日記


菊川「よかろうもん」ファイヤーカリーつけ麺


とんこつラーメンのお店ですがおつまみ系メニューも充実。
さらにはカレーつけ麺まであるんです。
こと、ラーメン界ではラーメン一本にしぼっていないとあんまり美味しいお店ではないというような雰囲気も感じるわけですが、こちらはラーメンのみならず、色々あって色々美味しいんだそうで。

タイ料理でカレー飲みした後のしめ的な形で行ったので、お腹はそれほど空いておらず、カレーつけ麺のみをお願いしました。
カレーつけ麺は普通のものとファイヤーとあるそうで。
外国人店員さんが「カリーツケメンはシロとアカとアリマス」と。
「何が違うんですか?」と聞いたら「ワカリマシタ!」とw

凄いですねwww
まぁどっちでも良いですよカレーならw

出てきたのは色味からも味からも、恐らく赤いファイヤーの方。
麺は太目の縮れ麺で、つけ麺に合うものをわざわざ用意しているようです。

食べてみるとこのカレー汁が濃厚豚骨!
カレーつけ麺も色々と食べてきましたが、博多ラーメン的な濃厚とんこつスープのカレー汁は珍しいです。
そしてこれが美味しくて。
臭いんだけど、だがそれがいい的な。

こちらにはインド玉というトッピングもあり、それがカレー玉みたいなものだと思うんですが、それを使っているのでしょうか。
スープの中にカレー味の挽肉も入っており、ついつい完食の完飲してしまうほど。

同行した友人は普通にとんこつラーメンを食べていたのですが、ちょっと味見させてもらったらこれがまたかなりの美味しさ。
良いお店じゃないですか。

緑三丁目の交差点にあるのですが、この交差点、向かいには生駒というカレー系が美味しい中華料理店もあり、よかろうもんと良い生駒と良い、隠れカレー充実交差点ですね。

評価:★★★☆

カレー日記


新橋「〆之助」蕎麦カレー


新橋で飲み。
目当ての店は満席の行列で諦め、どうせならカレーがあるところで飲みたいなと考えつつ良い店は無いものかとふらふら。
見つけたのがこちらです。

「蕎麦 カレー」と書いた看板が目に入ってきて、外メニュー見るとカレー蕎麦メインで色々とつまみもある様子。
まだ新しいお店のようです。
入ってみました。

金曜日で満席のお店が多かった新橋において、まだ知られてないからはこちらは店内すいていて落ち着いて飲めたのは客としては嬉しいこと。

まずは牛すじ煮込みと天ぷらから。
牛すじ煮込みはコラーゲン部分が多く、個人的好みとは違う方向性だったのですが、コラーゲン部分が好きな人には良いでしょうね。
天ぷらはかき揚げを頼んだのですが、貝柱と小エビの豪華なかき揚げ。
揚げ具合は平均的ですが値段は350円とリーズナブルでした。

そしてカレー蕎麦。
鶏肉と長ネギのごくごく王道のカレー南蛮蕎麦。
蕎麦は太目に切ってあり、蕎麦の風味もちゃんと感じることができました。カレーに負けていないのはカレー蕎麦専門店と謳っているだけのことはありました。

しかしカレーが凡庸。「30種類以上のスパイスとハーブを使った…」と書いてあったのですが、やっぱり30種類も使っちゃうとこういう味になりがちです。
本格的なカレーほどスパイスの種類は少なかったりするものですからね。
中には30種類以上使っているのに最高に美味しいカレーを出す荻窪トマトのような例外もありますが、こちらは例にもれず。

と、なんやかんや書いておりますが、カレー蕎麦の専門店でやっていこうというその心意気が良いですし、全体的に値段もリーズナブルでしたし、味も良く言えば一般受けというか万人受けするものだったので、もうちょっと流行っていても良いんじゃないかなと感じました。

評価:★★★

カレー日記


有楽町「麺屋虎杖」パーコーカレー担々麺


虎杖といえば築地のカレーうどんの名店。
元々カレーうどんとおばんざいのお店としてスタートし、その後は海鮮丼やら何やら色々と手広く展開。
いつのまにか店舗数もかなり増え、虎杖グループといっても差し支えない程になっています。

こちら麺屋虎杖はカレー担々麺の専門店。
カレー担々麺というのがまず珍しく、さらにその専門店となるとなかなかありません。
場所は有楽町駅真ん前の交通会館地下。
オープンしてすぐに行ってみると長蛇の列だったので、落ち着いてから行ってきました。

店内は実におしゃれな雰囲気。
際公司的なおしゃれ感であり、女性受けしそうだなぁと思っていたら女性客率結構な高さ。
カレー担々麺というワードが既に女子受けする感じなのかもしれません。

パーコーカレー担々麺をいただいてみました。
パーコーは写真より小さ目。
カレー坦々麺もカレー感思っていたより弱め。
麺は普通の太さ。
青梗菜と挽肉と白髪ねぎ。

担々麺自体をそれほど色々と食べた事があるわけではないので何ともいえないところですが、味自体は万人受けする方向性。
カレー的にはもうちょっとカレー感欲しいなと思ったのですが、それはまぁ僕がカレー馬鹿だからなんだと思います。

といいつつも悪くないですよ。

評価:★★★

カレー日記


神田「野らぼー」自家製カレーうどん、まいたけ天


神保町にあった野らぼーには何度か行ってたのですが、神田は初。
神田界隈に二店舗ありますがこちらは駅近くのお店。
もう一軒は行っても何故かやっていないということが三回続いて諦めたまま行ってません。

こちらは駅すぐ近くということもあって賑わっておりました。
カレーうどんとまいたけ天を注文。

夜は飲み利用客も多いですが、食事のみの利用でも問題は無いようです。

カレーうどんはぶっかけスタイル。
コシのあるうどんにカレーがかかるのですがこのカレーが以前野らぼーで食べたカレーとは違う印象。
これはこれで美味しいのですが、クリーミーになりすぎている気もして、もっとスパイス感出してくれた方が好きなのにと思いつつもしっかり完食。
まいたけ天も揚げたてで確かな美味しさでした。

値段も安く、使い勝手も良いですね。
カレーは以前の方が好きでしたが、もしかしたらそれは神保町仕様だったのかもしれませんし。
ここにはここの良さがありました。

評価:★★★☆

カレー日記


水天宮前「浜町かねこ」つけカレー、穴子天ぷら


僕の好きなカレー蕎麦ランキング1位はどこかというと、神楽坂にある蕎楽亭なのですが、こちら浜町かねこのマスターは蕎楽亭出身。
蕎楽亭と同じくカレーそばもレギュラーメニューにあります。

ランチタイムに訪問。
カウンター席で食べました。
頼んだのはつけカレーと天ぷらメニューから穴子天ぷらを単品で。

つけカレーのカレー汁は蕎楽亭とほぼ同じ。牛すじの旨味が味の根幹となっている上品なカレー汁です。
蕎楽亭といえば神楽坂の本店の他に江戸川橋にも暖簾分けのお店があり、そちらにもカレー蕎麦はあるのですが、本店、江戸川橋、浜町と、少しずつ違うのが面白いですね。
こちらは本店と江戸川橋の間くらいなので本店寄りの味です。
蕎麦は非常に細く、本店よりも繊細な仕上がりに感じました。

天ぷらも確かな美味しさ。
穴子天ひとつで700円オーバーと、値段もそれなりにしますが、お財布の中身に余裕あれば是非天ぷらも頼みたいところです。
余裕なければつけカレーだけなら1100円なのでそこまで高くないですから。

蕎楽亭同様こちらも人気店。
昼も12時前で満席。
夜もなかなか行くのが難しそうですが、また行きたいお店です。

評価:★★★★

カレー日記


月島「玄粋庵KITSUNE」薬膳カレーそば


中央大橋のたもとにある手打ち蕎麦のお店です。
蕎麦のお店ですがうどんもあります。
うどんメニューに薬膳カレーうどんというものがあったのですが、これを蕎麦で作ってもらえるか聞いてみると+150円で対応可能とのこと。
せっかくなので薬膳カレーそばを注文しました。

一品料理から牛すじ煮込みも一緒に。

まず最初に出てきた牛すじ煮込みは王道の味。
無駄なものが入っていないシンプルで上品な美味しさでした。

そしてカレー蕎麦。
カレー自体は一般的なカレー南蛮の方向性ですが、クコの実や松の実が入っており、このあたりが薬膳ということなんでしょうね。
具は鶏肉と焼いた長ネギ。
焼いているからこその香ばしさが一手間かけた意味のある美味しさにつながっていました。

蕎麦自体もなかなかの美味しさです。
接客も丁寧。

その分お値段もそこそこするんですが、落ち着いた雰囲気で美味しい蕎麦を食べたい方には良いお店かと思います。

評価:★★★

カレー日記


中目黒「関谷スパゲティ」カレーミート


中目黒のあるおしゃれロメスパのお店です。
行列が絶えないお店とのことですが、行列の無かった午後14時すぎに入店。通し営業は嬉しいです。
しかし店員さんが妙にテンパっており、待たせなくて良さそうなところで「お待ちください!」の連発。
なんだかなぁと思いながらカレーミートを注文しました。
カレーはこのメニュー一択です。
他のメニューはロメスパとしては珍しいものが色々と。

カレーミートもロメスパのカレーとしてはちょっと他と違うスタイル。
じゃぽねにしてもバルボアにしてもカレーソースぶっかけスタイルなのですが、こちらはカレーソース混ぜ合わせて炒めたスタイル。
一口食べるとマーガリン的な香りが広がり、後からカレーの香りがふわっとほんのりゆっくりと追いかけてくるというかついてきます。

しかしカレーミートという名前はどうでしょうね。
ミート感が弱いんです。
挽肉のカレーなのですが、肉の量が少なく、イメージとしては他の野菜の方が圧倒的に印象残ります。
玉葱、ピーマン、じゃがいも。それぞれの火の通し方は良い具合。
ですがやはりミートというならもっと肉入れて欲しいなぁ。

味自体は悪くないですし、値段も安いです。
接客がもっとスムーズだったら良いんですが。

ロメスパなのでサクっと食べて出られるかと思いきや1時間くらい店内にいました。
それだけ待つということです。
外に出るとまた15時半近くの時間にも関わらず行列ができていました。

時間に余裕があるロメスパ好きな方には良いと思います。

評価:★★★

カレー日記


幡ヶ谷「青い鳥」重ね煮カレー(チキン、豆とゆり根)

ホタテカレー

重ね煮カレーみそ煮込みうどん

トゥルシー茶

チャイ


幡ヶ谷という個人的に普段行かないエリアにありながらもう3度目の訪問。
これはなかなか凄いことです。
つまりはここで食べる為だけに幡ヶ谷へ3度行っているということですから。

正確には近くで用事があって行ってるわけなんですが、それでも初台で用事だったり笹塚で用事だったりの際に足を延ばして行ってるので、やはり好きなんですねここが。

今回は友達とディナータイム訪問。
重ね煮カレーとカレーうどん、そしてホタテカレーをいただきました。

重ね煮カレーはチキン、豆とゆり根の2種で。
それにホタテカレー別皿でつけて。

カレーうどんはこの日はカレー煮込みうどんでした。

重ね煮カレーはブレの無い美味しさ。
ホタテがまた美味しくて。インド系でホタテカレーって珍しいんですが、見事にマッチしていました。
一緒に行った友人も普段ホタテ好き好んで食べるわけではないということでしたが、これは美味しい!と喜んでいました。

そしてカレー煮込みうどん。
以前食べたカレーうどんとはまた全然違う方向性。
しっかり味噌の濃い味。
そこにどっさりカスリメティというのが実に個性的で、それがまた美味しくて。

凄いなぁ。
もしかしたらカレーうどんランキングでも1位かもしれませんここ。
重ね煮カレーも美味しいんですが、カレーうどんの美味しさが凄すぎて個人的にはこちらのお店ではカレーうどん推し。

食後に飲み物をトゥルシー茶とチャイで。
どちらも優しく癒される味で最高です。

というわけで評価上昇させておきます。

評価:★★★★

カレー日記


初台「ポークヌードル内藤」グリーンカレーそば+チャーシュー


ポークヌードル。つまり豚麺。
豚麺と聞いて個人的にイメージするのはラーメン二郎。
どうやらこちらも二郎インスパイアのお店のようです。

毎日カレーを食べる生活を始めてからすっかり二郎への足が遠のいた僕ですが、こちらのお店の外看板にグリーンカレーそばの文字を発見して行ってきました。

メニューは二郎インスパイア的ラーメンが中心ですが、他にも色々とありました。
グリーンカレーそばは平日夜限定メニューの様子。
せっかくポークヌードルと謳っているお店なのでチャーシューもトッピングして注文しました。

食べてみるとまずスープが面白いんです。
グリーンカレーペーストと二郎系スープの競演。意外と辛めでグリーンカレー感は予想以上にあったのですが、それに負けない二郎系スープの豚感。
二つが相まって新しい味になっていました。
グリーンカレーも二郎も好きな僕にはかなりツボな味。

チャーシューは厚みこそ二郎に比べると薄いですが、柔らかく良いお味。
グリーンカレーそばはチャーシュートッピングせずとも鶏チャーシューが入っており、満足度も高いです。
麺は太麺。つるつるとしていてこれはこれで良いですね。

ラーメン二郎はラーメン界でも異端の存在なので、普通のラーメンや普通のタイカレーが好きな方にはおすすめできませんが、二郎もタイカレーも好きな方にはおすすめですよ。

評価:★★★☆

カレー日記


池袋「のぶなが」肉カレーつけ麺+チャーシュー


池袋北口近くにあるつけ麺のお店です。
このエリアでカレーを食べるならタイ料理の名店が多いのでそちらに行きがちなのですが、外看板にカレーの文字を発見したのでたまにはつけ麺でもいってみようということで入ってみました。

券売機で期間限定の肉カレーつけ麺と、トッピングのチャーシューの食券を購入。肉気分だったんです。

店内カウンターメインのよくある感じのつけ麺屋。女性店員さんが多い印象。
行ったのは15時半頃だったのですが僕のような定時が決まっていない仕事の人間にとって通し営業は嬉しいです。

肉カレーつけ麺。
まずつけ汁をなめてみるとそれほどカレー味なわけでもありません。
ん??と想って豚肉を食べてみると確かにカレー味。
なるほど。カレー味の豚肉がたっぷり入ったつけ麺ということなんですね。

よく混ぜて、麺をつけて食べてみるとちゃんとカレー味。これで安心です。
肉気分だったのでチャーシュートッピングしたのですが、トッピングなしでも十分に豚肉たっぷりな存在感でした。
そしてつけ汁をカレー味にしているわけでもなさそうなのですが、豚肉がしっかりカレー味で、しかもその量が多いからこそ結果的にちゃんとカレー味のつけ汁になっているというタイプのカレーつけ麺。
意外と他に無いスタイルかもしれませんね。

肉気分とカレー気分、どちらも満たすことができました。

評価:★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード