カレー写真


千葉 行徳「味噌王仲間」味噌かれーらーめん+豚、おさかなモード


毎日カレーを食べるようになって11年。最初の頃はカレーは一日一食かせいぜい二食で、他は色々なものを食べていたのですが、ここ数年はほとんどカレーしか食べなくなりました。ほぼ毎日三食が全部カレーです。
ラーメンが食べたいと思ってラーメンを食べても、カレーラーメンにすれば良かったと後悔するようになってしまい(^^;)
それだけカレーを食べまくり、色々なお店に行っている方だとも思うのですが、新店がどんどんできるカレー業界なのでなかなか追いつくこともできず、日々新たな店を探しています。

そんな中で同じ店に何度も行くというのは、住んでいる場所や働いている場所以外ではかなりレア。
それが遠いとなるとさらにレア。
しかもカレーはカレーでもカレーラーメンとなるととんでもなくレアなのですが、その超絶レアなお店がこちら千葉県は行徳にある味噌王仲間です。

味噌ラーメンのお店ですが味噌カレーラーメンがレギュラーメニューにあるので安心。
そしてその味噌カレーラーメンと、豚のクオリティが高すぎて、豚好きの僕の心と胃袋を鷲掴み。
家から遠いのにも関わらず、思い出すと行かずにはいられなくなるお店なんです。

毎日カレーを食べる前から、ラーメンよりもチャーシューが食べたいからラーメンを食べていたチャーシュー好きな僕にとって、チャーシューランキングナンバー1がこちらのお店なんです。
分厚くカットされたバラ肉の煮豚を提供前にしっかり炙ってから出してくれるので、文字通り焼豚です。
炙ったからこその香ばしさと、余分な油が落ちて肉の旨味が凝縮した感じ。本当に最高なんです。

カレーもただカレー粉と味噌を合わせたわけではなく、オリジナルブレンドのスパイスなところがまた嬉しくて。
さらにチーズまで乗ってるんですよ。
カレーとチーズが合うのは誰しもが知るところ。
凄いんです。
そもそも基本の味噌ラーメン自体が最高に美味しいですから。
北海道の名店すみれで修行されたマスターの作る味噌ラーメンなので、間違いないわけです。

トッピングでおさかなモードという魚粉を加えれば、味噌カレーがシーフード的風味になり、どろどろ具合も上がって面白美味。
麺も味玉も何から何まで美味しいんです。
色々な意味でかなりエッジが効いているカレーラーメンなので、誰にでもおすすめできるというわけではないのですが、僕の好みのド真ん中をズバリついてくるんですね。

・醤油より味噌派
・さらにいえばカレー派
・ジューシーな豚好き
・二郎も好き
・チーズ好き
・濃い目の味が好き
・濃厚なやつが好き

そんな方にはドンズバです。
と、この文章を書いているうちに既にまた食べたくなってきてしまいました(^^;)
魔力のある味噌カレーラーメンですね。

評価:★★★★

カレー日記


吉祥寺「ほさか」冷しカレーそば


吉祥寺駅南口の駅前ビル地下にある手打ちそばのお店です。
カレーに関しては、カレーそば、鴨カレーそば、冷しカレーそばの3種類がありました。
店員さんに聞いてみると冷しカレーそばはそばがざるで出てくるとのこと。
つけ汁に関しては多少量は少ないですが普通のカレーそばと同じもののようです。

冷しカレーそばをお願いしました。
そばを細切りか太切りか選べるということで太切りで。
太い方がそばの味がしっかりしますからね。

他に鴨焼きもお願いしました。

先に出てきた鴨焼きを食べてみればなかなかの美味しさ。
ほんのり醤油味で焼かれた鴨と長葱。
普通といえば普通なのですが、普通以上の美味しさなのが良いです。

そしてカレーそば。
こちらも王道というか普通というか平均的な見た目と味付けのカレー汁なのですが、それが普通以上の美味しさになっていました。
そばの風味も力強く、カレー汁につけても負けずにちゃんと残っていて、美味しいカレーそばの条件をちゃんと満たしていました。

接客も丁寧で値段も手打ちそばとしてはお手頃。
冷しカレーそばだけだったら1000円しませんから。
なかなか素敵なお店でした。

評価:★★★☆

カレー日記


高田馬場「なにわもんゆうや」とり唐カレーうどん


高田馬場駅前にできた立ち食いの大阪うどんのお店です。
カレーうどんの文字を見つけて入ってみました。

店頭の券売機でとり唐カレーうどんの食券を購入。
店内細長く、立ち食いしている人の奥を通り抜けるのも体の大きい人では難しそうな雰囲気。
僕は中肉中背なのですが、奥の空いた席に行くのに食べている人の背中をかすりながら歩きました。
待っている間に店内を見ていると、追加トッピングもできる様子です。
そしてトッピングの内容を見ていると大阪的なものがちらほら。
説明書きからも大阪にこだわっているということが感じられました。

カレーうどんは牛肉、きざみ、青ネギ、かまぼこ入り。
それに鶏の唐揚げが乗ってきました。
うどんは大阪うどんらしく柔らかくすぐに切れるもの。
カレー汁はやはり大阪らしくしょっぱすぎないものでした。
牛肉の味付けはシンプルで、個人的にはもっと甘辛く炊いたものが好きなので期待していたものとは違ったのですが、鶏の唐揚げは予想以上に沢山入っていました。

立ち食いということもありますが、これで1000円しないのであれば妥当なところ。
僕は大阪うどんをそんなに色々と食べている方ではなく、大阪の人気カレーうどんのお店を何店舗か食べ歩いているだけなので、なかなか比較するのが難しいのですが、これが平均的な大阪うどんの味ということなのでしょうかね。

評価:★★☆

カレー日記


末広町「ローストビーフ油そばそばビースト」スパイシーカレービースト肉ダブル+パクチー


ローストビーフ。ここ数年流行り続けていますね。
そろそろ落ち着いても良いんじゃないかと思っているんですが、まだ行列のお店も少なくないようで。

こちらはそんなローストビーフを油そばを合わせたお店。

ローストビーフと油そばが合うのかというと、予想では合いもしないし合わなくもないという感じ。
そんなお店に行ったのは、新メニューでカレー味が出たときいてのこと。

外看板見るにカレーの文字は無く、少々不安に感じながらも入店。
メニュー見てもやはりカレーが無く、謝って出ようかと思ったらレギュラーメニューではないところにスパイシーカレービーストを発見!

肉ダブルもできるようなので、肉をダブルにしてもらい、パクチーもトッピングして注文しました。

ローストビーフは最近の流行の方向性。
柔らかくて食べやすいです。
カレー油そばも予想通り。
パクチーの相性も予想通り。

結果的に全て予想通りであり、期待値そのままの味でした。

料理の世界では1+1が3になることもありますが、これは1+1が2になっているだけ。
あとはその2が好きか嫌いかということでしょう。

僕の場合は2にカレーの1がさらに加わっているので、まぁまぁ好きな味でした。
予想通りのという意味で。

評価:★★★

カレー日記


恵比寿「山長」牛煮込みカレーうどん、鶏しそ巻き天ぷら


恵比寿駅出て明治通りの交差点向かう手前の川沿いにあるお店です。
店内は恵比寿らしくおしゃれな雰囲気。
隣が公園であり、晴れた日には陽の光もしっかりと入って心地良いです。

ランチタイム利用。
牛煮込みカレーうどんと単品で鶏しそ巻きの天ぷらをいただきました。

サービスで炊き込みご飯がつくというのでお願いしました。

カレーうどんはカレーと汁が一体となっているものですがかなり独特。
王道のカレー南蛮の味ではなく、和風の出汁とカレールーというよりはカレースパイスを合わせたような味で美味しいです。
そこに甘辛く煮た牛肉とネギと温泉卵が乗り、バランスも良く、これだけでも満足度の高い逸品。
うどんもコシがあって良いですね。

鶏しそ巻きはそれがメインとなったうどんもあるようで、人気メニューな様子。
おろし醤油を乗せて食べればさっぱりと美味しく、カレーうどんに投入してもしっかりと美味しく、これもレベル高いですね。
炊き込みご飯も薄味でありながらしっかりと香りがあり、どれを食べても美味しく、また、どれと一緒に食べてもしつこくなく、計算されているなと感じました。

お値段全部で1300円少々。
ランチタイムとしては安くはないですが、味と質を考えれば決して高いとも思わない素敵な昼食となりました。

評価:★★★☆

カレー日記


新橋「三吉」カレーらーめん


銀座ナイン地下街にあるラーメンのお店です。
銀座というよりは新橋寄りの位置ですが、銀座エリアにおいて激安価格でラーメンを出していることでも人気のお店です。

頼んだのはカレーラーメンと餃子3個。
素ラーメンの上にカレールーがかけられたもの。

シンプルで王道の昭和スタイルカレーラーメンですが、素ラーメンといってももやしが乗せられていたりしてちょっとした嬉しさもあります。

スープは昭和的中華そばのスープ。
それに昭和的カレーライスのカレー。
食べていくうちに混ざってきて、最終的に渾然一体となる美味しさ。
懐かしくて良いです。

こちらのお店の特筆すべき点は麺。
自家製の卵麺だそうで、香港の伊麺にも似た独特の味わい。
細くて縮れ度合いが相当強く、食感が良いのでクセになります。

これだったら素ラーメンでも十分満足感得られるでしょうね。

餃子も焼き具合が良く、確かな美味しさ。
カレーラーメンと餃子頼んで1000円でおつりがきちゃうんだから素晴らしいです。

いつまでも頑張って欲しいお店ですね。

評価:★★★☆

カレー日記


新富町「萬金」カレーそば


ドラマ「ロングバケーション」のロケ地としても知られる昭和スタイルの中華料理店というか、中華屋です。
中華といってもポークソテーが名物だったり、カレーライスがあったりするのが個性的であり、昭和的であり。

カレールーを中華そばにかけたカレーそばもあります。
ラーメンは昭和の王道中華そば。
それでいて今の時代にも通用する美味しさなのは、素材選びや調理技術がしっかりしているだけでなく、仕事も丁寧だからこそでしょう。
さっぱりしていながらもしっかり満足感がある。今も人気店なことに納得です。

カレーも昭和スタイルのポークカレーなのですが、豚バラが大き目カットなのが嬉しいです。
食べていくうちにカレールーとスープが混ざり、良い塩梅に落ち着く昔ながらのカレー中華。
これが650円という昭和価格で今もいただけるのですから素敵ですね。

いつまでもこのまま続いて欲しいお店です。

評価:★★★

カレー日記


菊川「よかろうもん」ファイヤーカリーつけ麺


とんこつラーメンのお店ですがおつまみ系メニューも充実。
さらにはカレーつけ麺まであるんです。
こと、ラーメン界ではラーメン一本にしぼっていないとあんまり美味しいお店ではないというような雰囲気も感じるわけですが、こちらはラーメンのみならず、色々あって色々美味しいんだそうで。

タイ料理でカレー飲みした後のしめ的な形で行ったので、お腹はそれほど空いておらず、カレーつけ麺のみをお願いしました。
カレーつけ麺は普通のものとファイヤーとあるそうで。
外国人店員さんが「カリーツケメンはシロとアカとアリマス」と。
「何が違うんですか?」と聞いたら「ワカリマシタ!」とw

凄いですねwww
まぁどっちでも良いですよカレーならw

出てきたのは色味からも味からも、恐らく赤いファイヤーの方。
麺は太目の縮れ麺で、つけ麺に合うものをわざわざ用意しているようです。

食べてみるとこのカレー汁が濃厚豚骨!
カレーつけ麺も色々と食べてきましたが、博多ラーメン的な濃厚とんこつスープのカレー汁は珍しいです。
そしてこれが美味しくて。
臭いんだけど、だがそれがいい的な。

こちらにはインド玉というトッピングもあり、それがカレー玉みたいなものだと思うんですが、それを使っているのでしょうか。
スープの中にカレー味の挽肉も入っており、ついつい完食の完飲してしまうほど。

同行した友人は普通にとんこつラーメンを食べていたのですが、ちょっと味見させてもらったらこれがまたかなりの美味しさ。
良いお店じゃないですか。

緑三丁目の交差点にあるのですが、この交差点、向かいには生駒というカレー系が美味しい中華料理店もあり、よかろうもんと良い生駒と良い、隠れカレー充実交差点ですね。

評価:★★★☆

カレー日記


新橋「〆之助」蕎麦カレー


新橋で飲み。
目当ての店は満席の行列で諦め、どうせならカレーがあるところで飲みたいなと考えつつ良い店は無いものかとふらふら。
見つけたのがこちらです。

「蕎麦 カレー」と書いた看板が目に入ってきて、外メニュー見るとカレー蕎麦メインで色々とつまみもある様子。
まだ新しいお店のようです。
入ってみました。

金曜日で満席のお店が多かった新橋において、まだ知られてないからはこちらは店内すいていて落ち着いて飲めたのは客としては嬉しいこと。

まずは牛すじ煮込みと天ぷらから。
牛すじ煮込みはコラーゲン部分が多く、個人的好みとは違う方向性だったのですが、コラーゲン部分が好きな人には良いでしょうね。
天ぷらはかき揚げを頼んだのですが、貝柱と小エビの豪華なかき揚げ。
揚げ具合は平均的ですが値段は350円とリーズナブルでした。

そしてカレー蕎麦。
鶏肉と長ネギのごくごく王道のカレー南蛮蕎麦。
蕎麦は太目に切ってあり、蕎麦の風味もちゃんと感じることができました。カレーに負けていないのはカレー蕎麦専門店と謳っているだけのことはありました。

しかしカレーが凡庸。「30種類以上のスパイスとハーブを使った…」と書いてあったのですが、やっぱり30種類も使っちゃうとこういう味になりがちです。
本格的なカレーほどスパイスの種類は少なかったりするものですからね。
中には30種類以上使っているのに最高に美味しいカレーを出す荻窪トマトのような例外もありますが、こちらは例にもれず。

と、なんやかんや書いておりますが、カレー蕎麦の専門店でやっていこうというその心意気が良いですし、全体的に値段もリーズナブルでしたし、味も良く言えば一般受けというか万人受けするものだったので、もうちょっと流行っていても良いんじゃないかなと感じました。

評価:★★★

カレー日記


有楽町「麺屋虎杖」パーコーカレー担々麺


虎杖といえば築地のカレーうどんの名店。
元々カレーうどんとおばんざいのお店としてスタートし、その後は海鮮丼やら何やら色々と手広く展開。
いつのまにか店舗数もかなり増え、虎杖グループといっても差し支えない程になっています。

こちら麺屋虎杖はカレー担々麺の専門店。
カレー担々麺というのがまず珍しく、さらにその専門店となるとなかなかありません。
場所は有楽町駅真ん前の交通会館地下。
オープンしてすぐに行ってみると長蛇の列だったので、落ち着いてから行ってきました。

店内は実におしゃれな雰囲気。
際公司的なおしゃれ感であり、女性受けしそうだなぁと思っていたら女性客率結構な高さ。
カレー担々麺というワードが既に女子受けする感じなのかもしれません。

パーコーカレー担々麺をいただいてみました。
パーコーは写真より小さ目。
カレー坦々麺もカレー感思っていたより弱め。
麺は普通の太さ。
青梗菜と挽肉と白髪ねぎ。

担々麺自体をそれほど色々と食べた事があるわけではないので何ともいえないところですが、味自体は万人受けする方向性。
カレー的にはもうちょっとカレー感欲しいなと思ったのですが、それはまぁ僕がカレー馬鹿だからなんだと思います。

といいつつも悪くないですよ。

評価:★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード