カレー日記


愛知 名古屋駅「住よし」カレーきしめん


名古屋で働いていたことがある人に、カレーきしめんだとどこが美味しい?と聞くと、ここだと教えてくれました。
え!? 新幹線のホームの立ち食い!? それ美味しいの!?!?

と、お思いでしょう。
僕も正直そう思ってました。
しかし、それが美味しいんですよ。

働いていたことのある人も、名古屋在住の人にすすめられたということで。
半信半疑で行ったら確かに下手な街中のきしめんよりよっぽど美味しかったとのことで。

名古屋旅行のしめくくりに行ってきました。

券売機でカレーきしめんの券を購入。
カウンターで出して水はセルフ。
すぐにできあがるんですが、紙エプロン用意してくれるあたり、やはり他の立ち食いとは違います。

食べてみれば確かに美味しい。
ずば抜けた美味しさだったり、ここでしか食べられない個性があるというわけではないかもしれません。
しかし、誰が食べても素直に美味しいと思えるであろうこのバランス感はなかなか出そうと思って出せるものでもないと思うんです。
普通に美味しいということは普通以上に素晴らしいことなんですよね。

カレーも出汁との絡み方が良く、何よりきしめんのつるっとした舌触りが実に良いんです。
地元の人がおすすめするのも納得の、ホームの立ち食いとしては最高峰に近いお店ではないでしょうか。

評価:★★★

カレー日記


愛知 上前津「クミン」カレースパゲッティ+海老フライ


フレンチやイタリアンで修行を積んだマスターが3日間かけて作るこだわりの日本流カレーがいただけるお店です。
最近は美味しいカレーを出すお店が増えましたが、昔ながらのカレーで美味しいお店って意外と少ないんです。
気になって行ってきました。

メニュー見るとカレーライスのみならず、あんかけスパもあるじゃないですか。
しかもカレースパまで。

こうなったらカレースパです。せっかく名古屋なのでトッピングにエビフライも一本つけてお願いしました。

ランチタイムはサラダもサービス。
カレースパはあんかけスパ的炒めスパのカレー味。
その上にさらにカレールーがけで、あんかけっぽさもありますが、カレースパとしてこういうスタイルが個人的に一番嬉しいんです。

カレーで炒めただけのカレースパもあれば、カレールーをかけただけもあるんですが、どっちもというのはありそうでなかなかないもの。

カレーは確かに昔ながらのカレー。
だからこそ、このような炒めスパにも合うんです。
炒めスパには不思議と昔ながらのカレーが合うような気がします。

エビフライもまっすぐに揚がっていて、色々な所から確かな腕を感じる一皿。
値段も安めですし、昔ながらのカレーを食べたい時にはぴったりのお店かと思います。

評価:★★★☆

カレー日記


愛知 伏見「鯱市」牛すじカレー煮込みうどん+串カツ


仕事で久々に名古屋に行ってきました。
どこへ行ってもカレーな僕ですが、カレーも食べたいけど名古屋飯も食べたいと思ったりもします。
そんな時はカレー味の名古屋飯!

最適なのはこちら。味噌煮込みうどんの有名店、山本屋が手掛けるカレー煮込みうどんのお店です。
店内は山本屋系とは思えないくらいにポップなカフェ風。
器もアルファベットで店名入ってますからね。

まずカウンターで注文し、食べ終わったら下げ台にセルフで運ぶというファストフード形式。
煮込むのに時間がかかるのですぐに出てくるというわけにはいきませんが、思ったよりは早く出てきました。

頼んだのは牛すじカレー煮込みうどんに串カツトッピング。
ランチタイムはライスがサービスでつくということで、少な目でいただきました。

食べてみると確かにカレー。確かに味噌煮込み。
どちらともとれるちょうど良いバランス感です。
串カツもカレー汁にひたせば味噌カレーカツに。
ご飯と合わせるに最高ですよ。

うどんの茹で具合も硬く、コシのありまくる山本屋的。
値段も山本屋的ですが、こういうスタイルもありですね。

カレーと味噌の相性は良いですから。

カレーみそカツ丼とかって食べられるお店、どこかに無いかなぁ。

評価:★★★☆

カレー日記


池袋「一福」カレーうどん


定番モモ焼き


トロトロ牛モツ煮込み


讃岐うどんの名店一福。
小川町に進出した店も人気店となり、池袋にもお店ができました。

こちら池袋店は小川町店よりも飲み利用に力を入れたお店。
カウンターメインですが地下にも席があるようで、グループ利用も可能。

四谷の北島亭とコラボした絶品カレーうどんもあります。

せっかくの飲み利用なので、メニューに香川名物と書かれた定番モモ焼きと、池袋名物と書かれた牛モツ煮込みをレモンサワーで。
それぞれ目立った個性はないものの、普通のものが普通以上にちゃんと美味しいです。

カレーうどんも小川町店と変わらない美味しさ。
出汁を後から入れて濃さを調節するスタイル。
バターも入っていて深い味わいです。

個人的にはこれに肉をトッピングするのが好きなのですが、メニューには肉トッピングが見当たらず。
肉トッピングしちゃうと他のおつまみを頼まなくても満足できちゃいますからね。

池袋には池袋の、小川町には小川町の良さがあるということでしょう。

評価:★★★☆

カレー日記


東京駅「玉丁本店」カレーうどん味噌仕立て


名古屋名物味噌煮込みうどん。
濃厚な八丁味噌で煮込んだ硬いうどん。
好き嫌いは分かれる料理ですが、僕は好きで毎日カレー生活に入る前は名古屋に行く度に食べていました。
その後毎日カレー生活に入ってからはなかなか食べることもなくなってしまったのですが、中にはカレー味の味噌煮込を出すお店もあると知り、それを探して見つけると食べるように。

こちらのお店もレギュラーメニューでカレー味の味噌煮込みうどんがあると知り、行ってきました。
味噌煮込みうどんにカレー粉を追加したカレー風味の味噌煮込みなのですが、味噌が強いのでカレーの印象が少しぼやけてしまっています。
うどんの硬さは好みの感じでしたが、具も普通の味噌煮込みとは違ってカレーに合う野菜に変わっているのが、逆に嬉しくなく。

普通の味噌煮込みのカレー味が食べたかったんですよ。

これでお値段はそれなりにしました。

東京駅直結の地下街ということでアクセスは良く、お店の雰囲気も良いんですが、この値段なら肉も入れて欲しかったなぁなどと色々思ってしまったわけです。
結果的に鶏天を追加注文したので2000円近くに。
味はどちらも良かったんですがね、値段考えるとまぁこんなもんかと。

評価:★★☆

カレー日記


秋葉原「麺屋こころ」カレー台湾まぜそば+チャーシュー


台湾まぜそばの人気チェーン店麺屋こころ。
遂に秋葉原にも進出です。
元々秋葉原には麺屋はるかがあるのですが、こちらははるかがある電気街口とは逆の昭和通り口。
昭和通り口の台湾まぜそばというとまぜはるがあるわけですが、それよりさらに駅に近い位置です。

メニューは他のこころ同様。
個人的定番であるカレー台湾まぜそばにチャーシュートッピングの食券を券売機で購入。

味も他店同様美味しいです。
カレー味の肉味噌と、玉葱や海苔などを卵黄で混ぜて食べるんですが、この肉味噌がしょっぱいのが良いんです。
途中で昆布酢をかけるとさっぱりしますし、このチャーシューがまたポイントで、チャーシューとカレー肉味噌を程良く残し、昆布酢を投入して混ぜたものに追い飯をお願いすれば、中華風のポークビンダルー的カレーになるんですよ。

もちろんポークビンダルーを期待すると全然違うものかとは思うんですが、カレー、豚、酢、ご飯が合わさるんですから、ベクトル的には近いわけで。

他店に比べてまだ知られてないせいか、空いているので狙い目だと思います。

評価:★★★☆

カレー日記


岩本町「春日」豚カレーそば


岩本町から馬喰町へ向かう途中にある蕎麦屋です。
昔ながらの蕎麦屋という感じのお店なのですが、店員さんの多さにまず驚きました。

ホール3人、厨房にも3人ほどでしょうか。
全体の席数は20席もないくらいと思われるので、それにしては多いですね。

しかし人気店のようで、相席当たり前の常に満席状態。
厨房では気合いの入った掛け声も飛び交います。

ホールの3人も誰一人として無駄な動きをしているわけではなく、回転の速さ上げるために必要な人数なのだなと妙に納得。

カレー蕎麦を注文すると鶏か豚か選べるということで、豚にしました。
味は昔ながらの王道のカレー南蛮の味。
それでいてちゃんと美味しいんです。
普通のカレー蕎麦が普通以上に美味しいというのはなかなかありそうでないこと。
料理にもきっと無駄がなく、ひとつひとつ手を抜いていないからこそでしょう。

他の席では相席になったカップル同士が仲良くなっている光景が見られたり。
店員さんも愛想よく、会計すませると厨房の大将が「ありがとうね! また是非!」と威勢よく声をかけてくれて、なんだかとっても良いお店だなと感じました。

評価:★★★☆

カレー日記


神田「ハングリーアゴーゴー」カレーパスタ


カレーパスタ専門店ということで始まったお店のようですが、流石にそれだけでは厳しいのか、現在ではトマトソースのパスタもありました。
カレー系でいえば焼きカレーパスタなんてものも限定数で出ている様子。

迷いつつもまずは基本のカレーパスタを食べようということで券売機でカレーパスタの食券購入。
500円です。

まず特筆すべきは提供の速さ。
店頭で食券を渡し、「お好きな席へどうぞ」といわれて程良い場所に座り、「お水はセルフでお願いします」といわれて水を取りに行き、暑かったので上着を脱いでいるともう出てきました。

ペンネにキーマ的カレーソース。
その上にほうれん草とチーズ。
キャベツも入っていました。

味はごくごく普通。
見た目通り予想通りの一般的なカレーソース。
ライスやパンとの相性はあまり良くなさそうですが、パスタとの相性は悪くない、そんな感じのカレーです。

面白いのはフォークではなくスプーンで食べるということ。
ペンネなのでスプーンでも問題無くいただけますし、カレーソースを最後まで食べられるのでこれで良いんでしょう。

色々ともっとこうすればと思う部分があるにはあるのですが、そもそも500円ですから。
500円としては十分のクオリティだと思います。

評価:★★★

カレー日記


西早稲田「アッパーカット」ミートソース並盛り+味変カレー


戸山公園に隣接する形でマンションの低層階部分がショッピングセンターというほどでもないのですが、いくつかお店があるオレンジコートという場所があります。
その中にある立ち食いスパゲティのお店がこちら。
メニューはミートソースが基本で、それの並盛りなのか大盛りなのかさらにその上なのかという感じ。
トッピングで色々と変化を出せます。
そのトッピングにカレーがあったので行ってみました。

店内はまさに立ち食い。
券売機で食券を購入し、カウンターに置きます。
ミートソース並盛り380円、カレー50円で合わせて430円。安いですね。

食べてみるとミートソースはスパゲティもソースも給食を思い出すような懐かしい味。
生の玉葱みじんぎりが乗ることによって食感に変化を出しています。

カレーはカレー粉かなと思っていたらそうではなく、カレー粉で味付けたフライドオニオンでした。
確かにカレー味ではあるのですが、これだけだと全体がカレー味になるほどでもなく、ほんのりカレー風味になるという感じだったので、カレーを求めるならダブルでこれをトッピングした方が良いでしょうね。

お昼過ぎの訪問でしたが、お店はなかなかの賑わいでした。
近隣の方に愛されているようです。

評価:★★☆

カレー写真


千葉 行徳「味噌王仲間」味噌かれーらーめん+豚、おさかなモード


毎日カレーを食べるようになって11年。最初の頃はカレーは一日一食かせいぜい二食で、他は色々なものを食べていたのですが、ここ数年はほとんどカレーしか食べなくなりました。ほぼ毎日三食が全部カレーです。
ラーメンが食べたいと思ってラーメンを食べても、カレーラーメンにすれば良かったと後悔するようになってしまい(^^;)
それだけカレーを食べまくり、色々なお店に行っている方だとも思うのですが、新店がどんどんできるカレー業界なのでなかなか追いつくこともできず、日々新たな店を探しています。

そんな中で同じ店に何度も行くというのは、住んでいる場所や働いている場所以外ではかなりレア。
それが遠いとなるとさらにレア。
しかもカレーはカレーでもカレーラーメンとなるととんでもなくレアなのですが、その超絶レアなお店がこちら千葉県は行徳にある味噌王仲間です。

味噌ラーメンのお店ですが味噌カレーラーメンがレギュラーメニューにあるので安心。
そしてその味噌カレーラーメンと、豚のクオリティが高すぎて、豚好きの僕の心と胃袋を鷲掴み。
家から遠いのにも関わらず、思い出すと行かずにはいられなくなるお店なんです。

毎日カレーを食べる前から、ラーメンよりもチャーシューが食べたいからラーメンを食べていたチャーシュー好きな僕にとって、チャーシューランキングナンバー1がこちらのお店なんです。
分厚くカットされたバラ肉の煮豚を提供前にしっかり炙ってから出してくれるので、文字通り焼豚です。
炙ったからこその香ばしさと、余分な油が落ちて肉の旨味が凝縮した感じ。本当に最高なんです。

カレーもただカレー粉と味噌を合わせたわけではなく、オリジナルブレンドのスパイスなところがまた嬉しくて。
さらにチーズまで乗ってるんですよ。
カレーとチーズが合うのは誰しもが知るところ。
凄いんです。
そもそも基本の味噌ラーメン自体が最高に美味しいですから。
北海道の名店すみれで修行されたマスターの作る味噌ラーメンなので、間違いないわけです。

トッピングでおさかなモードという魚粉を加えれば、味噌カレーがシーフード的風味になり、どろどろ具合も上がって面白美味。
麺も味玉も何から何まで美味しいんです。
色々な意味でかなりエッジが効いているカレーラーメンなので、誰にでもおすすめできるというわけではないのですが、僕の好みのド真ん中をズバリついてくるんですね。

・醤油より味噌派
・さらにいえばカレー派
・ジューシーな豚好き
・二郎も好き
・チーズ好き
・濃い目の味が好き
・濃厚なやつが好き

そんな方にはドンズバです。
と、この文章を書いているうちに既にまた食べたくなってきてしまいました(^^;)
魔力のある味噌カレーラーメンですね。

評価:★★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード