fc2ブログ

大阪カレー日記(天洋)



大阪 九条「麺富 天洋」カレーヌードル


にんにく系ラーメンのお店でカレーヌードルを発見。
100時間カレーを使用しているようです。

100時間カレーって関東のチェーンのイメージがありましたが今や全国区なのですね。
大阪のみならず各地にあるようで。

いざ食べてみると、天一的なドロドロ感ある濃厚スープに、100時間カレーの濃厚さが加わ流のですが、これが混ざると不思議と濃すぎない。
むしろスパイシー感があって食べやすく、スープも完飲できそうなものと変わっているのが面白いです。

麺は柔らかめに感じましたが縮れがあってカレースープとよく絡み、もやしと多めの長ネギの食感も良く、美味しくいただきました。
これにチャーシューなどトッピングできたら尚良いですね。
チャーシュー麺はあったのですがトッピングメニューにチャーシューが見当たらず。

メニュー構成が少々分かりにくいだけで本当はできたのかもしれませんが。

何れにしてもカレーラーメン好きであれば食べて損はないでしょう。

評価:★★★☆

兵庫カレー日記(灘八)



兵庫 三宮「神戸灘八 本店」チーズカレー


三宮を歩いているとカレーの文字が飛び込んできました。
どうやらまぜそばのお店で、カレー味のメニューがあるようです。
気になって食べてみることにしました。

券売機でおすすめ表示のあるチーズカレーを購入。
店内に入ってチケットを渡し、麺の量を聞かれたので普通で注文。

甘辛く味付けられた牛肉、天かす、のり、ねぎ、その上にカレー粉が少々、そしてチーズ。卵黄も乗っています。
写真で見ると牛肉と海苔の部分が混ざって見えて、牛肉たっぷりを勝手に期待していたのですがこれは己の視力の衰えを呪うべきでしょうか。

それにしてもカレー粉が写真と比べてもかなり少ない。
この量で大丈夫かなと混ぜて食べてみると不安は的中。
カレー感が相当弱いです。
という以上に味付けが濃いんです。
カレーの風味が消されるようなしょっぱさ。

味変アイテムが卓上に色々とあり、無料トッピングも含めると味が濃いと感じた場合の対処法もあったのですが、カレーが薄いと感じた場合の対処法はなく、もっとカレーを増やしてくれたらなぁと思いました。

評価:★★☆

カレー日記(スワイザーラーデン)



面影橋「Zweiter Läden」Zweiterカレーラーメン特製


西早稲田カレー激戦区にあるラーメン専門店。
こちらにカレーラーメンがあることに気づき、行ってみました。

カレーラーメンと、色々な具が乗ったカレーラーメン特製があったので特製の方で。

程よくスパイシーで奥行きにあるスープは泡立ちがまろやかさを演出していて良いです。
炙ったチャーシューも美味しい。
味玉の火入れも程よい。
粉チーズがかかっているのもこのカレーラーメンに合います。

カレー感もしっかりで満足度が高いです。
お値段は決して安いわけではないものの、それに見合った内容で満足できました。

ちなみに店名はスワイザーラーデンと読み、二号店という意味だそう。
大阪の人気店のセカンドブランドのようです。
カレーラーメンも色々ありますが、その中でも出色の出来栄えだったのでまた食べたいです。

評価:★★★☆

新潟カレー日記(正広)



新潟 北三条「大衆食堂正広」ミニカレーラーメンとミニタレかつ丼セット


三条カレーラーメン。
職人が多かったというこの地域。
産業も栄えて仕事が多かった時代、効率よくカロリーを摂取できるカレーラーメンは人気だったのだとか。

そんなわけで三条にはカレーラーメンを出す町中華的なお店が多いそうです。

その代表的なお店と言えるのが正広。
地方ロードサイドの町中華と言えるでしょう。

東京からだと新幹線で燕三条駅で降り、歩いても20分程度ですがタクシーで行きました。
タクシーの運転手さんによると「カレーラーメンは町おこしで頑張ってる割にはあんまりお客さん入ってないんですよ。正広はそこそこ人気あるけど他はねぇ。」とのこと。
開店時間少し後に到着するとほぼ満席で、十分人気あるじゃないですか。

ミニカレーラーメンとミニタレかつ丼セットをいただきました。

三条名物と新潟名物を一緒に食べられるというのも良いですし、タレカツ丼にカレーラーメンのカレーをかけたらカツカレーになるじゃないかという期待も込めて。

カレーラーメンは町中華のカレーをスープで割り、麺が入っているもの。
素ラーメンにカレーがけではなく、スープとカレーが最初から混ざり合っているという状態です。
懐かしい美味しさ。

タレカツ丼は甘じょっぱいタレ。
ご飯が進む味。
米どころだからこそでしょうか。

タレカツ丼にカレーをかけれカツカレーに。
これも良いなぁ。思った通りの味なのですがそれが良いという。
味噌汁がつくのも良いです。

懐かしい味わい。
三条カレーラーメン。僕は好きです。
いずれまた他のお店にも行ってみようと思います。

評価:★★★☆

カレー日記(翔)



西新宿「麺屋翔 みそ処」特製熟香カレーらーめん


人気ラーメン店麺屋翔の手がける味噌ラーメン専門店。お店もすぐ近くにあります。
こちらにカレー味噌ラーメンがあると知って行ってきました。

味玉とチャーシューが乗った特製を。

まずスープを口に運ぶと香り立つカレー。
カレー味噌ラーメンも色々ありますが、まず味噌を感じ、その後にスパイスが追いかけてくるものが多いイメージがあるのですが、こちらは逆。
まずカレーの香り、その後に味噌の芳醇な甘みが追いかけてくるという形。
つまり、カレー感が強いのです。
これはカレー好きとしては嬉しいこと。

低温調理と思しきチャーシューは柔らかく、味玉も火入れが絶妙。
もやしを中心とした野菜もしっかり炒めたものでこれがまた合う。
麺は細めでカレー味噌がよく絡む。

美味しかったです。

店員さんの発声がとても良いのも印象的。
カレーラーメン、カレー味噌ラーメン好きは要チェックです。

評価:★★★☆

カレー日記(TFR)



埼玉 上福岡「TFR」ヒレカツカレーうどん


埼玉を代表する欧風カレーの名店、Jam3281のカレーを使ったカレーうどんの専門店があります。
Jamがあるふじみ野駅の隣、上福岡駅近くにあるTFRです。

こちらの店主さんはJamのカレーが大好きで、Jamでも長年働いていた方。
同じものを出しても意味がないということで、カレーうどんにしたのだそうですが、これが正解。
欧風カレーと出汁がこんなに合うとは!
想像していた味よりも和風に近く、それでいて確かに欧風感もあり、他にないカレーうどんとなっていました。

麺は太麺と細麺が選べるのですが太麺で。
ヒレカツが乗るヒレカツカレーうどんを注文。

うどん自体もコシがあってレベルが高いところにJamのカレーですから間違いなしです。
ブラックペッパーがふってあるのも良いですね。

また、ヒレカツが串刺しで揚げてあり、この串の両端がうどんの器に乗るので最後まで揚げたてサクサクの食感が失われないのもナイスアイディア。

ご飯とチーズも付いてきて、最後は残り汁でカレーリゾット的にするも良し。
うどんと交互にご飯を食べるも良し。
楽しみ方も様々です。

カレー好きはもちろん、うどん好きにもしっかりと刺さる美味しさ。
今回別の場所で用があり、途中下車してこちらへ行ったのですが、途中下車した価値のある素敵なお店でした。

評価:★★★☆

カレー日記(すする)



水道橋「すする担担麺」カレー担担麺+排骨


水道橋駅前にある担々麺専門店。
カレーの文字を発見即入店。
券売機でカレー担担麺とパーコーの食券を購入。

辛さのレベルを聞かれたのですが、3が標準で少なくなると辛さと痺れが減り、多くなるとどちらも増えるとのこと。
辛さ3、痺れ5のような頼み方もできる様子ですがとりあえずどちらも3で。
カウンターのみならずテーブル席もあり、なかなかの広さの店内でしばし待ちます。

食べてみるとカレー感はあまり感じません。
パーコー自体もカレー味のはずですが、これを追加してもまだカレー感が弱い。
では何が強いかというと塩気。
胡麻感はそれほどでもなく、辛さはそこそこ。
痺れもそれほどでもなかったので卓上の山椒を追加してやっと痺れが出てきたという印象。

味の濃いエスニック麺と考えれば悪くないでしょう。

評価:★★★

大阪カレー日記(旬彩堂)



北新地「旬彩堂」ポークカレーラーメン肉ダブル


飲み屋街の中にあるカレーラーメン専門店。
知らないと通り過ぎてしまうくらいに目立ちません。

店内は落ち着いた雰囲気。
カレーラーメンは具材を選ぶ形。
ポークカレーラーメンを肉ダブルで注文しました。

あっさりとしたカレースープにたっぷりのネギとコーン。
海苔にはRPGのコマンドのような文字が刻まれていて楽しいです。

豚はダブルでも薄切りなのでそこまで多くはありませんから飲んだ後にもちょうど良さそう。
というより、飲んだ後にこそちょうど良いカレーラーメンなのかもしれません。

評価:★★★

京都カレー日記(つくもうどん)



京都「つくもうどん 塩小路本店」とり天鶏卵カレーうどん


京都駅地下にある立ち食いうどんのお店です。
こちらに鶏卵カレーうどんなるものがあると聞いて行ってきました。

とり天を乗せたものもあるということで、券売機でそちらを購入、カウンターで注文。
ご飯がつくということでご飯は少なめでお願いしました。

見た目かなり黄色いカレーうどんですが、これは昔ながらの黄色カレーというわけではなく、とき卵の黄色。
つまりはたまごとじうどんとカレーうどんのハイブリッドというわけです。

食べてみるとこれが良い感じ。
まずうどん自体がしっかりとコシがあり、カレーに負けない存在感。
玉子と鶏肉で親子丼のようだなと思いつつ、でもしっかり味はカレー。
カレー感と玉子感ととり天のバランスがタイのガイパッポンカリーも思わせ、楽しく美味しくいただきました。

期待以上の美味しさと面白さで大満足。
カレーうどんも色々と食べている方かと思いますが、このタイプは初めててした。
東京にも進出して欲しいお店です。

評価:★★★☆

カレー日記(tokyo花さんしょう)



巣鴨「tokyo花さんしょう」Curryヌードル+チャーシュー


中目黒にあったtokyo花さんしょうが巣鴨駅前のばち巣鴨へ間借り移転しました。
朝と昼でメニューが変わるのですが、僕のお気に入りのカレーヌードルは昼メニューということでお昼に訪問。

カレーヌードル、選べる辛さは2にして、チャーシューをトッピングして注文。

濃厚な味噌の旨味と鮮烈なスパイスの刺激のアウフヘーベン。
他にありそうでない味であり、カレーラーメンも色々ありますがこの美味しさのレベルはなかなかありません。

チャーシューもしっとりと油が少なくて美味しく、この濃厚鮮烈なカレーヌードルによく合うので必須です。

カレーラーメンの中では都内でも頭一つ抜きん出たクオリティ。
巣鴨駅前ですので、乗り換えの合間にも良いですし、朝から営業しているので朝ラーメンも良さそうです。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード