fc2ブログ

カレー日記(デイトセイ)



高田馬場「デイトセイ」イン、おつまみチャーシュー


さかえ通りを歩いているとカレーの文字が飛び込んできました。
デイトセイ。ラーメン、つけ麺のお店ですが、まぜそばにカレーを使ったものがある様子。

「イン」と名付けられたそれをわかりやすく説明すると、挽肉カレーと香味野菜と卵黄のまぜそばということ。
券売機でインと、おつまみチャーシューの食券を購入し注文。

出てきたまぜそば。
卵黄乗せキーマの周りを彩る緑は、パクチー、万能ネギ、大葉、三つ葉。

これを聞いてすぐ「なるほどあれか」と気づくカレーマニアも少なくないでしょう。
鎌倉の名店オクシモロンの看板メニューであるエスニックそぼろカリーと構成が似ているのです。

カレーのスパイス感は違いますが、だからこそ麺に合うのでしょう。
混ぜて食べるとオクシモロン感がしつつも、感覚的には別物。
異業種からインスパイア受けつつ見事に換骨奪胎したカレーまぜそばですね。

汎用性の高いカレーを生み出したオクシモロンにまずリスペクト。
そして柔軟にこれを取り入れて同じものではない形に仕上げたこちらのお店にもリスペクトです。

途中から卓上のスパイスや酢、魚粉などで味変し、最後まで飽きずに美味しくいただきました。
おつまみチャーシューは価格から予想したものより量がかなり少なかったのがちょっと残念でしたが、「イン」はカレーまぜそばとして印象に残るものでした。

評価:★★★

カレー日記(大やま)



飯田橋「大やま」スパイスカレーまぜそば+角切りチャーシュー


飯田橋駅前にあるラーメンビル。3フロアにそれぞれ違うラーメンのお店が入っています。
そんな中にカレーの文字を発見しました。

2階の大やま。
スパイスカレーまぜそばがありました。

階段を登ってお店に入るとなかなかの客入り。
券売機ではなく口頭で注文するスタイルです。

スパイスカレーまぜそばに角切りチャーシューをトッピングしてオーダー。

まずカレーだけ食べてみると、確かにスパイスカレー的。
カレー粉のスパイス感ではなく、スパイスカレーを作る際に必要なターメリックやコリアンダーなど種類を絞ったシンプルな香りが良い感じ。
これを色々な具と混ぜ合わせて食べれば、全体に行き渡るカレー味。
麺が全粒粉のようで歯ごたえも香りも良いです。

途中から卵黄を混ぜ、卓上のブラックペッパーを追加して混ぜ、酢を加えて混ぜ、少しずつ味変していく楽しさもあります。

カレーまぜそばも色々とありますがスパイスカレーにこだわったものは珍しいです。
このキーマカレーは他の麺に加えても良さそう。
このビルのどのラーメンにもトッピングできれば良いのに。

評価:★★★☆

カレー日記(アオキ)



飯田橋「中華アオキ」カレーラーメン


町中華のカレーラーメンが好きなんです。
醤油スープの普通のラーメンというより昭和スタイルの中華そばに、昭和スタイルのカレールウをぶっかけただけのもの。
それが良いんです。

まず最初にスープを味わう。
クリアでありながら旨味も感じます。

続いてカレールウを味わう。
適度な濃さ。じゃがいもとにんじんのポークカレー。
懐かしい美味しさです。

食べていくうちにラーメンとカレーが混ざり合い、最終的には完全にカレーラーメンになっていくのも楽しい。

こちらのカレーラーメンは理想的な姿。
麺よし具よしで基本レベルがそれぞれ高いです。
接客も温かくて素敵。
また行きたい町中華です。

評価:★★★☆

カレー日記(sho curry hoshino pasta)



大久保「百人町スプーン」粗挽きポークサーグ&鰯とフェンネルのラグー シチリア風




前菜6種


百スプでsho curryとhoshino pastaのコラボイベントがありました。
ショーカリーはおなじみ。ホシノパスタは初めまして。

ショーカリーのポークサーグとホシノパスタのあいがけパスタ。
ホシノパスタのパスタはスパイス使いの面白いものが多く、どれも食べてみたい中、悩んで悩んで鰯とフェンネルのラグーをチョイス。

前菜も全種盛りでいただきましたがまずこの前菜が実に美味しい。
イタリアンとインド的スパイス使いの融合したものが多く、そうでないものもありますが全てが美味しい。

ついついお酒も進んじゃいます。

そしてメインのパスタ。
ポークサーグは豚ひき肉の青菜ミートソース的な。
わかりやすい美味しさです。
鰯とフェンネルのラグーは鰯のある意味での苦みや臭みを活かした大人の美味しさ。
フェンネルが爽やかだからこそ成り立つバランス。

聞けばホシノパスタさんもカレー作りが好きで、自分でも作るのだそう。
だからこそのスパイス使いの上手さなのですね。

楽しく美味しいコラボでした。

評価:★★★★

カレー日記(ヤミツキ)



池袋「キッチンYAMITUKI」カレースパゲッティ+小松菜


ココナッツカレーのヤミツキ池袋店が、ココナッツカレーのみならず定食なども食べられるお店にリニューアルしていました。
学生街だからこその需要を見込んだのでしょうか。
面白そうだなと思って入ってみました。

店内の雰囲気は以前のヤミツキとほぼ変わらず。
しかしメニューが結構変わっていて、ココナッツカレーもあるのですがカレーに限らず洋食系のメニューが色々とありました。
その中にカレースパゲッティも。
トッピングメニューを見ていると小松菜もあるじゃないですか。
ジャポネを思い出し、これをいただきました。

カレーはヤミツキのココナッツカレーとはまた違う味わいのチキンカレー。
デフォルトでこのカレーだったのですが、カレーを選べるようになればもっと良いなと感じました。
小松菜はやはり合います。

粉チーズとタバスコをしっかりとかけて食べれば、良い感じのカレースパ。
お値段もお手頃で、食べ応えも十分。
学生需要にうまくハマると良いですね。

評価:★★★☆

カレー日記(金太郎)



神奈川 横浜「金太郎」カレーミートソース焼スパ+目玉焼き


焼きスパゲティのお店金太郎。
横浜駅近くにあります。
焼きスパゲティというのはアルデンテという概念は全く無視してしっかりと茹で上げたぶよぶよというかふにゃふにゃの麺を炒めたもの。

ぶよぶよ、ふにゃふにゃというと悪いイメージを持つ方もいるかもしれませんが、例えばうどんでもコシがあるだけが良いうどんではありません。福岡うどんや伊勢うどんのようなものもあり、それぞれの美味しさがありますから。

というわけでこれはパスタではなく焼きスパなのです。ジャンルが違うと考えた方が良いです。

ミートソースのカレー仕立て的なカレーミートソースに目玉焼きをトッピングしていただきました。
スープも付いてきます。

野菜と一緒に中華鍋で炒めた焼きスパにカレーミートソース。
想像通りの味。
これでいい。これがいい。

量はSサイズで十分の多さ。
お値段も安く、すぐに出てくるというのも忙しい時には嬉しいポイント。

気取らず安い金額でお腹いっぱいになりたい時、とても良いお店です。

評価:★★★☆

カレー日記(揚州商人)



飯田橋「揚州商人」カレータンタン麺


カレー系以外のチェーン店のカレーメニューで僕が好きなのが揚州商人のカレータンタン麺。
時々食べたくなります。

麺を選べるのですが、いつもは太麺にしています。
太麺でカレータンタン麺。5回以上は食べたことがあるのですが、思い返すと細麺で食べたことがなかったので今回は細麺でオーダー。

細麺も良いですね。
茹で具合も良いしつるっとした喉越しも良い。
太麺だとしっかり食べた気持ちになれ、細麺だとするするいけちゃいますが食べ終わった後の感覚的には同じくらいなので量が違うというわけではなさそうです。

カレー味のスープとカレー味の肉みそ。
ほうれん草も良いです。

やっぱり美味しい。
チェーン店でどこで食べてもちゃんと美味しいというのは素晴らしいです。

評価:★★★☆

東北カレー日記(東一屋)



宮城 勾当台公園「神田東一屋」カレーそば+肉


そばの神田東一屋。
神田とはありますが神田で見かけたことはありません。
仙台でやたら見かける立ち食い蕎麦のチェーン店です。

そちらの本店に行ってきました。
朝から営業しているのが良いです。

朝でもなかなかの賑わいで人気あることを感じます。

カレーそばに肉トッピング。
写真では肉がわかりにくいですがカレーの下にしっかりと入っています。

蕎麦は立ち蕎麦ですがちゃんと茹でたて。
人気店であることから回転も良く、沢山出るということは蕎麦もフレッシュであり、それをゆでたてで食べることができればそりゃ美味しいわけです。

カレーはドロドロのカレーですがカレーライスがメニューにないんです。
ということはカレーライスのカレーではなく蕎麦にあわせて作られたもの。
出汁がきいたマイルドなカレーで、所謂カレー南蛮のカレーとも違って面白いものでした。

評価:★★★

カレー日記(雲仙楼)



飯田橋「雲仙楼」カレーちゃんぽん


飯田橋にあるお店です。雲仙という名前やちゃんぽんが看板に書かれていることから、長崎料理のお店と思いきや、とんでもないカオスなお店なのです。

まず店内入って驚くのが壁中に書かれたメニューの数。
ちゃんぽん、中華、おつまみ各種、パスタにカレーもあります。
自分で作るたこ焼きという謎のメニューまで。

悩みに悩んでカレーちゃんぽんと焼売をオーダー。
紙に書いて渡すシステムです。

野菜、練り物、麺が甘みのあるカレー味のスープと渾然一体になったカレーちゃんぽん。
本場長崎でもカレーちゃんぽんを食べたことがありますが、それに負けない美味しさです。

これは良いなぁ。

焼売も安心安定の美味しさ。町中華の魅力です。

他にも色々と食べたいものがたくさんあるお店。
今回は一人で行きましたが、4人くらいで色々と頼んでシェアしたいですね。

夜に行ったのですが、他はサラリーマンのグループがお酒を飲みながらあれもこれも楽しんでいました。
それがベストの使い方だと思います。

評価:★★★☆

カレー日記(五芳斉)



神楽坂「五芳斉」カレーラーメン、半焼肉丼


神楽坂の下。早稲田側にある町中華のお店です。
接客も厨房もおかあさん一人で切り盛り。
にこやかで優しく「いらっしゃいませ」と。
なんだかホッとします。

カレーラーメンに半焼肉丼を注文。

醤油ラーメンにカレールウをかけたもの。
懐かしい味わいのカレーとラーメン。食べていくうちにカレーとスープが混ざっていくのが良いんですよね。
麺の茹で具合も少し硬めで好みでした。

焼肉丼の味わいも良い意味で家庭的。
半分サイズでも温玉がつくのが嬉しいです。
優しい味わいですが、濃いめの味が好きな方の為に「味はついているんですがお好みでこちらかけながら召し上がってくださいね」とタレも別で出してくれるきめ細やかさ。

席から作っている様子も見えたのですが、丁寧かつ迅速。
真面目な人柄が表れています。

お値段もカレーラーメンと半焼肉丼合わせて1000円でお釣りがくるという安さ。
何かと暖かさと優しさを感じたのでした。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード