FC2ブログ

カレー日記



早稲田「武道家」カレーラーメン+チャーシュー


家系ラーメンとしても人気店でいくつかお店がある武道家。
武道家の本店がこちら早稲田だそうです。

夏限定でカレーラーメンをやっていると聞いて行ってきました。

頼んだのはカレーラーメンにチャーシュートッピング。
食券を渡す際に仕上がりの好みを聞かれるのですが、麺硬め、あとは普通でお願いしました。

出てきたカレーラーメン。
まずはスープから味わってみると、家系のスープにカレースパイスの単純明快な足し算。
それが良いんですよ。
コラーゲン豊富で濃厚なスープに、カレースパイスの刺激と香りが合うんです。

掛け算は生まれていません。でも確かな足し算になっています。

何かと何かを掛け合わせた時、1+1が2になれば普通。
しかし1+1が2にもならず1.5とか1のままだったりすることも少なくありません。
もちろん1+1が3や4になるミラクルも時折あるのですが、単純に2になれば御の字。
こちらのカレーラーメンはそんな感じでした。

他の家系のお店でもカレーラーメンをレギュラーメニューにしているお店があるので、こちらでもこれはレギュラー化して欲しいと思いました。

評価:★★★☆

カレー日記



池袋「ならや」カレー南せいろ、鴨もも肉焼


池袋のサンシャイン通り近くにある蕎麦専門店です。
店頭の看板にカレー南ばんが人気と書いてあったので入ってみました。

メニューを見るとおつまみ、特に鴨料理にも力を入れている様子。

ではカレー南せいろに鴨もも肉焼といきましょうか。

タイミング良く一緒に出てきました。

カレーは蕎麦屋のカレー蕎麦として王道のタイプ。
出汁の上品さを感じる美味しさです。
蕎麦も上品。

一方鴨は強めの塩味。
このコントラストが良いですね。
鴨はおつまみとしてぴったりな塩味であり、蕎麦はシメにちょうど良い塩梅。

ここは是非単品プラスアルファで楽しみたいお店。
接客も良い意味でフレンドリーで好感持てるお店でした。

評価:★★★☆

カレー日記



渋谷「おにやんま」牛バラカレーうどん、とり天


おにやんま。
うどん好きには知られた名店です。
僕自身、各地のおにやんまを見ては美味しそうだなと思い、入ろうかと思ってメニューを確認するとカレーうどんが無くて入れないということを何度か味わっております。
僕は毎食カレーなので、カレーがないといけないのです。

そんなおにやんまが渋谷パルコ地下にお店を出しました。
しかもカレーうどんがある!

渋谷パルコ、カレー率が異常に高いんですよ。
先日カレーを食べた後でぐるっと一周回ってメニュー見て、ここにカレーがあることに気づいた次第。

パルコ店限定の牛バラカレーうどん。これにとり天をトッピングしました。

券売機にはカレーの文字はなく、限定メニューがそれにあたるので注意してください。

提供場所で受け取る半セルフサービス形式。
とり天は後から揚げたてを持ってきてくれました。

カレーは甘味のある濃厚なカレー。
これが半分かかっています。
つまり、サーブされた瞬間はまだ混ざり合っておらず、最初の方は普通のうどんの味も楽しめるというわけです。
一度で二度美味しいです。

ゴロっと存在感のある牛バラ、出汁しみしみの揚げ、力強いうどん。
美味しい。
実に美味しい。

これ、カレーうどんの名店と比べても遜色ないレベルの高さです。

とり天もボリュームあって120円というお得さ。
スパイスオイルまで出してくれる気の利き方。

これはおにやんま全店でレギュラー化すべき逸品です。
満足度の高いカレーうどんでした。

評価:★★★☆

カレー日記



千川「つけ麺道たけし」灼熱カレーつけ麺+チャーシュー


千川駅近くの人気店つけ麺道たけし。
道です。TAOです。
店名から想像するに、気難しそうな職人肌の店主さんのお店なのかなと思いながら行ってみたらそんなことない。
まず、接客のお母さんが実に素晴らしい。

行列をてきぱきとさばき、並んでいる所から注文を取るのですが、初訪問の人にも「ちょっと前に行って一緒にメニュー見ませんか?」と優しく誘導。
実に感じが良いんです。
並んでいてもストレスはありません。

厨房は男性二人。どちらも寡黙ながら気難しそうな雰囲気もなく、リラックスした店内。
安心です。

いただいたのは灼熱カレーつけ麺にチャーシュートッピング。
灼熱カレーつけ麺をオーダーすると、お母さん「相当辛いわよ。大丈夫?」と。
激辛には慣れているのでそのまま注文したわけですが、まずひと口食べてみて、確かにこれは辛いと冷や汗。

カレーの名店エチオピアに例えるなら50倍~60倍くらいの辛さでしょうか。

麺に力があり、味もあり、一緒に食べるとその麺の力によってカレーつけ汁の辛さも中和するのですが、汗はどんどん吹き出します。
しかし、辛いながらもその奥にちゃんと美味しさがあり、消えていないんです。
チャーシューも存在感あって、豚の甘味がまた辛さを中和してくれました。

夢中になって食べ終わり、お会計。

「辛さ、大丈夫だった?」
「はい。」
「強いわねー!」
「予想より辛かったですが、美味しくいただきました。」
「ありがとうございます! 良かったらまた来てね!」

また行きたくなる優しくて素敵で美味しいお店でした。
卓上に辛味もあったので次回は辛くない普通のカレーつけ麺にしようと思います。

評価:★★★☆

カレー日記



新宿西口「一燈」特製サバカレーつけ麺


新宿西口駅近くに一燈を発見!

一燈とは新小岩に本店を構え、都内に広がるラーメン専門店。
元々僕は新小岩一燈にかつてあったカレーラーメンが大好きでして、わざわざそれを食べたいが為に通った思い出があります。
しかしカレーラーメンをやらなくなってしまった。

残念と思っていたら小岩にも一燈ができ、そこでカレーつけ麺が復活。
以前と違うスタイルながらこれはこれで美味しいと一安心。
しかしまたそれもやらなくなってしまって。

しかししかし、新宿でまた再会できましたよ。
サバカレーつけ麺と名前を変えて。

券売機でサバカレーつけ麺と、特製のトッピングの食券を購入。
特製はチャーシューと鶏チャーシューと味玉付き。

サバカレーと言っても鯖が入っているというわけではなく、鯖の出汁で作ったカレー汁ということ。
鯖の風味も濃厚ならカレーも濃厚。
塩気もかなり強めなのでしょっぱいものが苦手な方には合わないでしょう。
しかし、これが良いんですよ。

ガツンとパンチのあるカレーつけ麺。
肉のトッピングが合います。
そしてガツンと塩気があるからこそ、卵が実に甘く感じるんですね。
玉子好きにもたまらないやつです。

やっぱり好きだなぁ。

濃い味好きのカレー麺好きなら食べておいて損はないと思いますよ。

評価:★★★☆

カレー日記



東武練馬「松田家」極みカリー+チャーシュー二枚


店名からわかるように家系のラーメン専門店です。
極みカリーというメニューがあるのを発見し、入店しました。

券売機で極みカリーとトッピングのチャーシュー二枚の食券を購入。
オーダーの際に麺の硬さや味の濃い目など頼めます。

平日ランチタイムはトッピングがひとつサービスになるということで、ほうれん草をつけていただきました。
ほうれん草って家系っぽいですし、カレー的な話をすればサグでありパラックですから。

家系と言えばとんこつ醤油ですが、とんこつベースのカレースープです。
麺も家系らしく中太ストレート。
家系のスープがカレーになったらこうかなという想像通りの味。
こう来るかという驚きは無かったものの、安心して食べられる美味しさでした。

チャーシューもトロトロで良い感じですしほうれん草もサービスなのにたっぷり入って嬉しい限り。

このエリアはカレーを出すラーメン店が結構多くて、しかも当たりが多いのですが、ここもちゃんと当たりと言えるお店でした。

評価:★★★☆

カレー日記



新宿三丁目「龍の巣」肉カレーかすうどん


かすうどんとホルモンのお店です。
大阪系のお店ですが新宿界隈にも数店舗あります。

いつも混雑している印象で、一度食べに行った時も予約がないと入れないと言われてしまったのですが、緊急事態宣言解除直後に行ってみたら、開店直後ということと、まだまだ新宿は人の戻りが少ないようで、ノーゲス状態。当然すぐに入れました。

肉カレーかすうどんと裏ハラミを注文。

かすうどんとはホルモンを揚げて作る「かす」が入ったうどん。
これが独特の食感と旨味があり、美味しいんです。

カレーは大阪らしく甘辛系。
これがうどんとかすと肉をつないで良い感じ。
そばも選べるようですが、これはうどんの方が合いそうですね。

裏ハラミはタレにつけこんだハラミ。
他のお肉は和牛だそうですが、これだけ外国産なんだとか。その分他よりも安く、タレの味で食べさせる肉という感じで美味しいです。
ご飯に合いそう。
うどんにも合いましたが。

炭火で焼くホルモンとかすうどん。
カレー味もある。
良いです。

評価:★★★☆

カレー日記



幡ヶ谷「はしや」カレー風味のなぽりたん


パスタというかスパゲティのお店といった方が良いかもしれません。
といっても有楽町のジャポネのようながっつり系男飯ではなく、八丁堀のマイヨールのような男性にも女性にも受けるような、とにかくスパゲティのメニューが多種多様なお店です。

看板にカレー風味のなぽりたんの文字を発見して入店。
昔ながらの雰囲気と今どきのカフェ的雰囲気のちょうど間といった印象。
やはり男受けも女受けも良さそうです。

メニューを見るとカレーの文字が無い!
あれ?
しかし壁に手書きで書いたメニューにはちゃんとカレー風味のなぽりたんが存在しました。
一安心。

食べてみると、これは95%ナポリタンですね。
カレーはあくまで「風味」。
カレー味ではなくカレー風味。
カレー成分は5%くらい。

つまり商品名には全く偽りがないのです。
カレー風味のなぽりたんとしては正解の味。

ナポリタンとして美味しいです。
ソーセージとハムの2種類使用なのも意味がちゃんとありますし、ほぼナポリタンですが奥からフワっと香るカレーがちゃんといます。

卓上の粉チーズ、ブラックペッパーをがっつりかけて食べたらカレー感が少し立ってきました。
こういう変化を自分でできるのも楽しいですね。
また、卓上のパセリがちゃんと生パセリだというこだわりも良いです。

カレー馬鹿な僕としては、もっとカレーが強ければと思ったのですが、ナポリタンとしてちゃんと美味しかったので良かったです。

評価:★★★☆

カレー日記



練馬「濃菜麺井の庄」濃菜麺+カレベジ、はしっこチャーシュー


練馬、保谷、荻窪等に展開している井の庄グループ。
濃菜麺(こいさいめん)という、濃厚でクリーミーなスープに野菜がたっぷり入った麺が看板メニューです。

これにトッピングする形でジロベジというものがあります。
100円なのですが、ただ野菜が乗るだけではなくて色々な味があり、ラーメン自体の味変アイテムとしても使えるんです。

ここで僕がこれを書いているということはつまり、カレー味があるということ。

濃菜麺にカレー味のカレベジ、そしてはしっこチャーシューもトッピングしてオーダー。

濃菜麺自体にもチャーシューは2枚入っているのですが、はしっこチャーシューは食感も変わってサイコロステーキ的魅力があります。
量もなかなかあって150円なのでお得なトッピングですよ。

そしてカレベジ。
ただカレー粉やカレールウというわけではなく、ココナッツミルクを使っているというのが個性的。
ココナッツカレー的な味になるかと思いきや、元々のスープがかなりクリーミーなので、これと混ざるとココナッツ感は弱まるのですが、そのココナッツ感がカレースパイスとクリーミースープの橋渡し的な役割を担っていて、味が見事に調和します。

これは面白い。そして美味しい。

カレーの量的にはそれほど多くないので、最初から合わせてしまうとカレー感弱すぎということになってしまいますが、半分くらい食べてから追加すると後半はしっかりカレーラーメンになり、一度で二度楽しいのが良いですね。
満足です。

評価:★★★☆

四国カレー日記



香川 瓦町「うどん職人さぬき麺之介」カレーうどん、鶏天、蓮根天


うどん県香川。
数多くのうどん店があるわけですが、その中で「カレーうどんが美味しいのはどこ?」と四国に所縁のある友人に聞いたところ、こちらを紹介してくれました。

お店の雰囲気も楽しいので是非と。
行ってみてなるほどと納得。

表から見ると古ぼけたお店なのですが、その裏がローカル線の線路直結なんです。
入り口は普通に扉から入り、出口が線路から出るという楽しさ。
良いですね。

頼んだのはカレーうどん。
そして鶏天と蓮根天。

カレーうどんは肉と一緒に煮込んだ濃厚タイプのカレーをうどんにぶっかけたスタイル。
チーズと温玉も乗ります。

うどんの切り方も良い意味で不揃いであり、食感に変化が出て楽しいです。
コシありつつももっちりしたうどんが濃厚カレーと溶け合う。
美味しいなぁ。

天ぷらも見事な揚げ具合でサクサク。
何もつけずに食べても美味しいものでした。

ちなみに普通のうどんもカレーうどんとはまるで別物で、それぞれ相当美味しいとのこと。
きっとそうなのだろうなと思いながら会計し、線路から出ました。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード