FC2ブログ

カレー日記


築地「さらしなの里」カレー南ばんそば


有楽町線の新富町駅と日比谷線の築地駅、物凄く近いのに昔は乗り換えると料金がまた最初からかかってしまう状態でした。
しかし、いつの間にか乗り換え可能になったんですね。
これは便利。

そんな新富町駅と築地駅の間にある蕎麦屋さん。
寒い冬の日にカレー南ばんそばをいただきました。

見た目、ごくごく王道で普通です。
味も王道。
しかし普通ではない美味しさ。

まず蕎麦が美味しい。上品な香りと舌ざわり。
続いて鶏肉が美味しい。上質の鶏を使っているのでしょう。妙な臭味は皆無でプリっとした弾力。
そして出汁が美味しい。カレーの味を一段階上へ引き立てる奥行き。
さらにそのバランスが良い。カレーが勝つでもなく、蕎麦が勝つでもなく、出汁が勝つでもなく、三位一体の美味しさ。

これはなかなかやろうと思ってできるものではありません。
絶妙な落としどころに狙って着地させている。
確かな腕と舌と知識あってこそでしょう。

混んでなければ乗り換えの間でも間に合うかもしれないくらいの手早さも嬉しい所。

凛とした蕎麦屋さんです。

評価:★★★☆

カレー日記


池袋「スパイスらぁめん 釈迦」天空チャーシューめん+味玉


スパイスラーメンにも色々あり、カレーラーメンと呼べるものと呼べないものがあるわけですが、こちらのお店のラーメンは紛れもなくカレーラーメンです。
何しろカレー好きなら知らない者はいないともいえる東京カリ~番長のメンバーであるシャンカール・ノグチさんが関わっているのです。

メニューは大きく分けて甘口と辛口。
辛口は天空というネーミング。
これのチャーシューメンに味玉トッピングでいただきました。

まずスープを一口。
刺激的で鮮烈な奥深い多層的なスパイス感!
これは美味しい!

麺はシンプルなストレート麺。茹で具合が絶妙な硬め具合です。なんというか、良い意味でほんの少しだけ粉を感じるのですが、それがカレーに合うんですよ。
ナンにしろチャパティにしろ、粉の風味が活きていた方がカレーに合うと個人的に思っているのですが、こちらの麺もまさにそのような印象。

具材もそれぞれちゃんと作ってあるなと感じる美味しさなのですが、卓上のマンゴーピックルがまた合う!
しっかりとした酸味と辛味のマンゴーピックルをスープに投入すれば見事な味変。
いやはやよく考えられています。

カレーラーメンとしてかなりハイレベルな美味しさでした。
これはきっとまた行っちゃうな。

評価:★★★☆

カレー日記


三越前「そばよし」カレーそば+かき揚げ


一見ごくごく普通の立ち食い蕎麦屋。
しかし昼時ともなると行列ができています。
このエリアは立ち食い蕎麦激戦区でありながら、その中でもかなりの人気を誇っているのには理由があります。

ごくごく簡単な理由です。
美味しいという。

何故そんなに美味しいかというと、鰹節問屋直営のお店ということで、質の良い鰹出汁を廉価で使えることにより、安い値段でも美味しくできるわけです。
すっかり人気店でいつのまにか支店もいくつかできているんですね。

カレーそばにかき揚げトッピングでオーダー。
カレーは黄色い昭和的カレーでありながら、それが美味しく感じるのはやはりこの値段としては有りえないハイレベルな鰹出汁の力。
この出汁の旨味によって普通のカレーが一段階も二段階も美味しくなります。

それだけではありません。
このカレー、豚肉がかなり細かく切られたものが入っているんです。
この細かさがポイント。
細かいことによってまわりとの馴染みが実に良いんです。
カレー全体に豚の旨味も加わり、鰹の旨味と豚の旨味の相乗効果で旨味が倍増以上に出ているんですよ。

美味しいなぁ。

かき揚げは揚げ置きタイプながら、このカレーに浸していくと良い感じにふやけて出汁とカレーの旨味を吸いこみ、旨味のスポンジとなります。
蕎麦自体もなかなかの美味しさ。

これが500円ちょっとで食べられるのですから行列もできるわけです。

以前ここに来たのは何年前だったかな?
物凄く久しぶりの再訪だったのですが、以前より美味しく感じました。
味覚が変わったからなのか、さらなる改良が加えられたからなのか。

いずれにしても嬉しいことです。

評価:★★★☆

カレー日記


池袋「そば処 中村」カレーせいろ


立教大学近くにある半地下の蕎麦屋。
ここの良さは何よりもまず品の良さでしょう。

蕎麦自体も十割蕎麦でありながら上品に香り、切り方も細く、見た目も綺麗で。
カレーつけ汁は王道の蕎麦屋のカレー南蛮でありつつ、出汁感やとろみのつけ具合がやはりどこか品が良くて。
具の鶏肉もジューシーで臭みもなく、派手さはないものの堅実に美味しいです。

出汁巻き卵も同様に堅実な美味しさ。
お酒は蕎麦焼酎の蕎麦茶割をいただきまして、それも濃さがちょうど良くて。

そして接客も上品。
ひとつひとつが丁寧なんですよ。

店内も綺麗に掃除してあって落ち着いていて。
大学のすぐ近くにありながらこの上品さは少し驚きましたが、そもそも客層が大学生のような若者があまりおらず。
行ったのが夜だったからかもしれませんが、夜のこちらの蕎麦屋飲み、良い感じでしたよ。

評価:★★★☆

大阪カレー日記


大阪 なんば「天政」カレーうどん肉入り


大阪といえば粉もん、うどん、そして最近ではカレー。
うどんは粉もんのひとつですから、カレーうどんとなると大阪の食文化を総合した食べ物と言えなくもないわけで。

そんなわけで朝から大阪はなんばでカレーうどんをいただきました。
所謂路麺的な廉価の早出しうどん店です。
朝9時頃の訪問でしたが、店内は6~7割くらいの入りようで人気の高さがうかがえます。

カレーうどんを肉入りで注文。
ものの100秒くらいで出てきました。
早い!

食べてみれば、カレーはごくごく普通のカレーうどんのカレーなのですが、それの奥深いやつといいましょうか。
それにこの肉がポイント。
しっかりと柔らかく煮込まれた肉。
脂身のバランスもあいまって、これがカレーとうどんと複雑に絡み合い、食べた時に渾然一体となるんです。
肉、カレー、うどんのトライアングルドリーマーですよ! さんかっけー♪

ただのカレーうどんではここまでいかないでしょう。
肉うどんでもここまでいかないでしょう。
カレーうどんの肉入りだからこそのこの混ざり合い方。

しかもこれが580円。
やはりカレーうどんは大阪の食文化を総合する食べ物といえるでしょう。いや、肉カレーうどんこそが、そうなのかもしれません。

評価:★★★☆

名古屋カレー日記


愛知 名古屋「きしめん亭」エビフライカレーきしめん


名古屋駅出てすぐにある地下街エスカ。
飲食店も充実しており、名古屋めしを色々と手軽にいただけるエリアです。

名古屋駅着いて目当てのお店はあったのですが、お腹がすきすぎていたのでまずここで食べようとエスカを探すと、きしめんのお店を発見。
メニューを見るとカレーきしめんが。
エビフライものせられるようです。
エビフライ、きしめんという名古屋めしとともにカレーをいただける。
良いじゃないですか。

頼んだのはエビフライカレーきしめん。
出てきてびっくり。
かなりの大きさです。

つるとんたんの器のような。

食べてみると確かにカレーであり、きしめんであり、エビフライ。
カレーには鶏肉も入っていてボリューミーです。

お値段そこそこしますが、これだけの量があればお腹いっぱいになりますからね。

評価:★★☆

カレー日記


上板橋「最高おにくセンター」カレーつけうどん


ササミ、鶏ツクネ、カレーソース


カレーバーガーの種類が豊富で美味しいのでちょくちょく通っているハングリーヘブンの姉妹店だそうです。
どうやら元々はこちらの場所にハングリーヘブンがあったとか。

こちらは店名からわかるように肉のお店。
所謂肉バル的な居酒屋です。

そしてこちらにもカレー系メニューがあるのが実に嬉しいところ。

まず、串もののソースにカレーソースがあります。
ササミとつくねをカレーソースつけていただきました。
ササミは予想通り美味しく、つくねは焼売の皮で包んである面白いタイプ。
こちらはタレ焼きでしたがそれにカレーソースつけてもやはり美味しいです。

そして〆のカレーつけうどん。
このカレーつけ汁、カレーソースがベースになっているとは思いますが、それを延ばしただけではなく、予想とは違った仕上がり。
シャバっとした舌ざわり、程良いスパイシー加減。
具は野菜のみですが深みがしっかりとあり、美味しいんですよ。

うどんはごく普通のうどんですが、茹で具合としめ方がちょうど良いので、カレーつけうどんとしてもかなりのレベルの高さです。

あえて肉が入っていないというのも、他の肉メニューと合わせて食べるのにちょうど良いというか、最後にさっぱりとしめられるのがまた良いわけです。
計算されているなぁ。

ハングリーヘブン同様、こちらも気に入りました。
また行かなくちゃ!

評価:★★★☆

カレー日記


要町「ラーメンいつき」特製カレーラーメン


要町にある二郎インスパイア系のラーメン屋です。
こちら、カレーもあるんです。
カレーはカレーライスとカレーラーメン。
カレーラーメンにもバリエーションあって悩みましたが、とりあえずノーマルなカレーラーメンを注文。
トッピングが色々と乗る特製でお願いしました。

コールはニンニク少な目。
二郎コール以外のこちらのお店独自のトッピングもひとつ選べるスタイルで、辛さ増しでお願いしました。
辛さ増しだと食べるラー油が乗ります。
これがなかなか良い仕事するんですよ。

スープも麺も二郎独自のこってり感とぼそぼそ感ありつつ、それが重すぎず、上品になったような仕上がり。
個人的にはこっちの方が好きです。

豚はちょっと硬めですが赤味の味わいをしっかりと感じられ、この麺とスープならこの豚の方がむしろ合うかもと思えました。

僕は毎日カレー生活を始める前にはラーメン二郎にも色々と通っていたのですが、インスパイア系の中でもレベル高いお店だと思います。
接客も丁寧でしたし。

カレーライスも気になるので、今度はお腹空かせてラーメンとカレーのセットを食べてみたいですね。

評価:★★★☆

カレー日記


池袋「壬生」とんかつカレーつけ麺


すっかり人気チェーンとなったカレーは飲み物。ですが、元は池袋にあとる壬生という蕎麦屋。
こちらが、なぜ蕎麦にラー油を入れるのか。という変わった名前の蕎麦チェーンとして展開。
壬生は壬生のまま営業。
そしてさらにカレーは飲み物。ができ、最近ではとんかつは飲み物。という店まで展開。
うまくいってるんですね。

そんな中で、蕎麦ではなくつけ麺としての壬生ができました。
池袋の、カレーは飲み物。(揚)があった場所がつけ麺の壬生に変わったという形。

看板メニューのとんかつカレーつけ麺をいただきました。
つけ麺、とんかつ、カレー。
完全なる足し算で、ジャンクな感じですがこういうジャンクさも嫌いじゃないんですよ。

カレーは壬生らしい濃厚カレー。
牛肉も入っています。
これにサワークリームと粉チーズがかかり、少しずつ混ぜながら食べていくと味変になって良いです。
そしてこれもやはり足し算なんですよね。

足し算ですから味は濃いです。
塩分控えめな方にはおすすめできませんが、いさぎよくはっきりとした味わい。
蕎麦にもあいますし、中華的な麺にも合うんですね。
この系統ももうちょっと各地に広がっても良いなと期待しています。

評価:★★★☆

カレー日記


三軒茶屋「蕎麦バル1351」牛すじカレーそば


三軒茶屋界隈に展開する数字系バル。
こちらはどこもカレーがあったりする素敵なバルなのですが、こちら蕎麦バル1351は駅から南方面の商店街にあります。

基本は夜営業ですが土日はランチも営業しているそうです。
土曜のランチに訪問しました。

こじんまりとしつつおしゃれな空間。
カレーメニューは牛すじカレーそばのみ。
こちらを注文。
ランチは大盛りサービスもしているようですが通常サイズで。

蕎麦は上品に細く、上品に香ります。
カレーつけ汁は牛すじの甘味と旨味が印象的。
これにマスカルポーネチーズが加わり、これをとかしながら食べるというのが個性的。
ほのかな酸味も加わって味の深みになり、美味しいです。

こちらの系列は香港バルが個人的にはお気に入りなのですが、蕎麦バルも良いですね。
おつまみにもスパイス系が増えたらもっと良いのになぁと思ったりもしますが、それは他のお店で食べれば良いということですね。
蕎麦というスタイルでもちゃんとカレーがあるというのがありがたいです。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード