FC2ブログ

カレー日記


明治神宮前「SAMA」ひき肉たっぷり水餃子カリーwithパクチー


北海道に数店舗、東京には下北沢に展開しているスープカレー専門店SAMA。
原宿にも東京二店舗目をオープンしました。

場所は以前もカレー屋だった所。
以前の内装を上手に残しつつ、見事に雰囲気を変えていて原宿感ありました。

明治神宮前店限定メニューも3つほどあり、その中からひき肉たっぷり水餃子カリーをオーダー。

辛さは8番、スープはトマトスープで頼んだのですが、品名に偽り無しの挽肉たっぷり具合。
スープに挽肉がたっぷり入っていることによって、元々のトマトスープよりも濃厚な印象。
肉の甘味も加わってトマトスープとはまた違う美味しさの別スープに生まれ変わっているのが面白いです。

パクチーでさっぱりさせる感じもニクイ。
水餃子ももちろん合います。

このメニューは他の店舗でも食べられると嬉しいですね。
メニューのおかげもあってか、下北店よりも好印象でした。

評価:★★★☆

カレー日記


高田馬場「デリフランス」牛肉と玉葱の極み焼きカレーパン、クワトロチーズドッグ、ブレンド


高田馬場駅前のヴィドフランスカフェがデリフランスに業態変更していました。
会社は同じですがちょっと違うんですよね。

いただいたのは牛肉と玉葱の極み焼きカレーパン。
そしてクワトロチーズドッグです。
イートインで飲み物はブレンド。

このカレーパン、ヴィドフランスのカレーパンとはちょっと味が違っていました。
焼きタイプなのでカレーの味がしっかりと味わえてこちらの方が好きです。

クワトロチーズドッグも無難に美味しくて、ここの店舗はなんだか居心地が良いんですよ。
それなりの広さもあり、場所良い割にはいつも空席が少しありますから。
バランスの良い席数なのでしょうね。

ヴィドからデリになりましたが、このまま続いて欲しいです。

評価:★★★☆

カレー日記


武蔵野台「スープカレー鳩時計」チキンと野菜のスープカレー


食べる甘酒


スープカレーの押しも押されぬ名店サムライで修行された方が独立して出したお店が武蔵野台にあると聞いて行ってきました。
初めて降りました武蔵野台。
住宅街であり、団地も連なっているのですが、その団地の中の商店街にこちらのお店はありました。

土曜のランチタイムに訪問したのですが、店内は満席。しかも家族連れが多いんです。
場所柄でしょうね。スープカレーが受け入れられているのは何だか時代が変わってきたのだなと感じました。

少し並んで入店。
店内にも待機スペースがあったので、そこそこ待ちましたが、待っている間の案内も丁寧なのでノーストレス。

最初なので看板メニュー的なチキンと野菜のスープカレーをいただきました。
ひと口スープを飲んでみると、サムライとは確実に違う立ち位置の味に驚きました。

サムライは良い意味でスープカレーらしくないスープカレーだと思うんです。
しかしこちらは良い意味でのスープカレーらしいスープカレーで。

サムライよりもスッキリしており、素材の味というより出汁感で食べさせるタイプ。
カスリメティもまたスープカレーとしては面白いのですが、これが合うんです。
野菜のセレクトも独特で、仕込みも丁寧。
何よりチキンが美味しいですね。
このチキンを食べさせる為のスープカレーであり、このチキンあってこそのスープであり。

サムライにいくと色んな具を乗せて食べるのが好きなのですが、こちらのお店ではシンプルにこれが良いなぁ。

食後に食べる甘酒もいただいたのですが、これも優しい美味しさで。

スープカレーが団地で受け入れられる時代になったかと食べる前は思っていたのですが、そうではないですね。
この味だからこそ団地でも受け入れられたのでしょう。

この味を食べる為だけに行って損の無いお店です。

評価:★★★★

カレー日記


西新宿「イエローカンパニー」豚角煮&ベジタブル


恵比寿と渋谷の間くらいにあるスープカレー専門店イエローカンパニー。
都内のスープカレー店としてはかなり前から存在しているお店です。

そんなイエローカンパニーが2018年10月、西新宿の野村ビル地下に支店をオープンさせました。
様々な飲食店が集まる飲食店街のようになっています。
その一角に確かにありました。

豚角煮&ベジタブルを注文。
辛さは5。
ご飯は超少なめで。

トマトを感じる爽やか系スープカレー。
人参、かぼちゃ、じゃがいも、ピーマン、茄子、しめじ等の野菜。
そして豚角煮。

確かにスープカレー。
確かにイエローカンパニーの味です。
支店だからといってレベルが下がっているわけではないので一安心。

ヘルシーなので近隣にお勤めの女性やメタボを気にする中年男性には良いお店ができましたね。

評価:★★★

大阪カレー日記


大阪 大江橋「スープカレー なっぱ」まぶし


スープカレーといえば北海道が聖地であり、東京だと最近は下北沢や八王子に名店が集結しています。
しかし大阪ではどうかというと、まだまだスープカレーの印象は弱い状態。
そんな中に、独創的なスープカレーを作るお店があると聞いて以前から気になっていました。

それがこちらスープカレーなっぱ。
限定メニューが色々と面白く、その中に「まぶし」という鰻を使ったスープカレーがあると聞いて、食べてみたかったのですが僕は東京在住なのでなかなか食べに行けず。
しかし今回、僕の大阪滞在最終日から秋のまぶしがスタートするという絶好のタイミングを得て、行ってきました。

開店30分前に到着すると既に列が。
結果的に開店時間前に入店させてもらえましたが、ギリギリ1巡目という状態。
他のお客さんもほとんどがまぶしを注文。
人気メニューのようです。

ハマチ、牡蠣、海老も入ったシーフード系のスープカレー。
ご飯の上に鰻の蒲焼が乗っています。

早速食べてみると魚介の旨味が心地よく、出汁を感じるのが大阪的。
ハーブや野菜の使い方で臭味を消しています。
鰻がまた不思議と合うカレー。
面白いなぁ。

スープカレーも色々と食べてきた方だと思いますが、こういうスタイルは他にありません。
唯一無二の独創性ですよ。

ご飯少な目オーダーにしたところ、チャイがサービスされたり。
そんなサービスも嬉しいですね。

美味しかった。
この独創性を貫いていって欲しいお店です。

評価:★★★★

名古屋カレー日記


愛知 金山「スープカレーイシバ」ポークスープカレー


名古屋エリアも様々なカレーが食べられるようになってきました。
南北インドカレー、スパイスカレー、タイカレー、ちょっと遠くまで行けばスリランカカレーやパキスタンカレー。
そしてスープカレーもあるんです。
しかもチェーン店ではなく、名古屋のスープカレー専門店が。

金山駅から歩いて5分ほどの位置にあるスープカレーイシバ。
バーのようなおしゃれな雰囲気です。

メニューは野菜、チキン、ポークの3種。
これにトッピングするかどうかという形。
辛さを選んで、ライスの量を選びます。
ノーライスも可能。

ポークスープカレーをいただきました。
豚肉はスープカレーによくある角煮タイプではなく、薄切り肉。
しかしこれがこのスープには合うんですよ。

スパイス感や具材のインパクトで攻めるスープカレーではなく、純粋にスープの味で勝負するタイプのスープカレー。
さっぱり系の美味しさだからこそ、肉も重くない薄切りがバランス良くて。
野菜の中ではじゃがいもが印象的。
しっかりと揚げたじゃがいもは、まわりが良い意味でポテトチップスのような食感になっていてなんだか楽しいです。

辛さは3番にしたのですがもっと辛くても良いかもしれないと思いつつ、このくらいのレベルの方がハーブの風味も活きるよなとも思いつつ。
こういうお店があると、カレーの選択肢も広がって良いですね。

評価:★★★☆

カレー日記


「蜂鳥カリー」頂点


大手町や赤坂をメインに車で移動販売しているスープカレーのお店です。
古き良き札幌のスープカレーを再現しようと、他のスープカレー店に喧嘩を売るスタイルの個性派ですが、実は他のお店とも仲が良かったりしていて、その真意を理解するのはなかなか難しいかもしれませんが、真意も何も、美味しければそれで良いんだと僕は思います。
こちらのお店、美味しいのでオールOK!

しかも一つから宅配してくれるサービスもあるなんて凄いじゃないですか。
なかなか一つだけ宅配というのも気が引けていたのですが、そういう人でも大歓迎とおっしゃっていたので、今回初宅配をお願いしました。

時間と場所を指定。
宅配でも指定時間より早めに到着してからそこで調理してくれるのでできたてがいただけるのがまず嬉しい。

具材にもこだわった頂点をいただきました。
2500円です。
スープカレーとしても高いと思います。
しかし、この値段でも納得できる美味しさなんですよ。

以前神田に間借りでお店を出していた時に食べた時も美味しいと思ったのですが、その時より確実に味がレベルアップしていました。
ひょっとすると神田のお客さんに合わせて味を変えていたのかもしれません。
変えないこちらのスタイルの方が僕は好きですね。
上品でバランス感の良いスープ。
こだわりの鶏肉と野菜。
美味しいなぁ。

最近では曜日によってはスープカレーではなくパキスタンスタイルのカレーを出しているそうです。
それも食べてみたい。

とにもかくにも、個性ありまくりの美味しいカレーであることは間違いありませんよ。

評価:★★★☆

カレー日記


神奈川 鶴ヶ峰「しんぺー」やわらか角煮と野菜のスープカレー


チキン野菜スープカレー


相鉄の鶴ヶ峰。
東京在住の僕としては聞いたことも無い駅だったのですが、こちらにスープカレーの美味しいお店があると聞いて初めて存在を知った駅です。
近くに行ったら寄ろうと思いつつ、近くに行く用事も特にないんです。
そしたらもう食べに行くしかないわけで。

友人と二人で行ってきました。
行ってみれば急行も止まる駅で、駅前はなかなかの栄え具合。
駅から5分ほど歩くとお店に到着。

角煮と野菜のスープカレーと、チキン野菜スープカレーをシェアしました。

それぞれ野菜とつきますが、野菜の種類が違う所にこだわりを感じます。
メインとなる肉と相性の良い野菜を選んでいるということですから。

食べてみると深みのある美味しさ。
かつて綱島にあり、今は長野安曇野に移転した名店ハンジロー系のお店ということですが、確かにハンジローの雰囲気を感じました。

どちらも美味しかったですし、ベースのスープは同じと思われますが、角煮の方が豚の甘味が加わることにより、より深い旨味を感じたので、こちらがおすすめです。

東京からわざわざ行っても損の無いお店でした。

評価:★★★☆

カレー日記


山梨 山梨市「マイアン」一汁一菜(黒富士農場放牧鶏と野菜たっぷりスープカレー、豚肉と厚揚げとえのきの甘糀炒め)


アイスコーヒー、モモとクリームチーズのマフィン


山梨市駅近くでカレー食べた後のひとやすみ。
デザートと珈琲でもいただこうかと入った駅近くのカフェです。

店内はおしゃれな雰囲気。
女性一人で調理も接客も切り盛りしていたのですが、一人と考えるとちょうど良い広さです。

アイスコーヒーとモモとクリームチーズのマフィンを注文。
このマフィン、暖かいんですよ。
昔よく食べた蒸しパンのような素朴な美味しさで。
アイスコーヒーもスッキリしていて良いです。

と、デザートと珈琲を楽しんでいたら、メニューにスープカレーがあることに気づいてしまいました(^^;)

一汁一菜というメニュー。
汁はスープカレーか味噌汁をチョイス。
菜はその日の色々なおかずの中からひとつチョイス。
料金追加で菜を二菜にも三菜にもできるようです。

このセット、一菜ならなんと650円という安さ!

カレーを食べた後の、さらにいえばデザートも食べた後でしたが、デザートのデザートにカレーをいただいてしまいました(^^;)

トマトベースのスープに近くの農場の放牧鶏と野菜が入ったカレー。
チキンはほぐし身のようになっており、札幌スープカレーを想像すると別物ですが、良い意味で家庭的な美味しさです。
一菜は豚肉と厚揚げとえのきの甘麹炒めをチョイスしたのですが、これも実に優しい美味しさで。
カレーと合わせても美味しくなりました。
ご飯が16穀米というのもまたヘルシーで良いじゃないですか。

これだけでしっかりと野菜も肉もバランス良く取れますし、悪い意味では決してなくて美味しすぎない美味しさなので、毎日食べても飽きないでしょうし、また、食べたくなるような味。
これは近所にあったら通っちゃうなぁ。

ゆっくりお茶をするも良し、しっかりランチするも良し。
おしゃれでありながらまったく気どりの無い、素朴で温かくて素敵なカフェでした。

評価:★★★☆

カレー日記


神奈川 矢部「kuu」ローストビーフと野菜カレー


矢部駅近くにあるスープカレー専門店です。
メニュー構成はよくあるスープカレーのお店と近く、スープや辛さやご飯の量を選べるのですが、独特なのはちょっと軽めのメニューが充実していること。
野菜の量が少なくなって量は軽め、値段もその分安くなっているメニューがあるのは嬉しいですね。

個人的にはスープカレーは野菜を食べたい時に行くのですが、野菜があんまり沢山あると食べきれないという方もいるでしょうし。

数量限定メニューだったローストビーフと野菜カレーをいただきました。

野菜は日替わりだそうですが、なんと20品目も入っていました!
ピーマン、おかひじき、小松菜、キャベツ、ズッキーニ、ブロッコリー、トマト、大根、じゃがいも、人参、ごぼう、インゲン、紫大根、ヤングコーン、大豆、長芋、かぼちゃ、舞茸、エリンギ、カラーピーマン。
このラインナップがちゃんと「本日の野菜」ということで産地も合わせて書いてあり、野菜に対するこだわりを感じます。

スープはノーマルのスープを選んだのですが、こちらは柔らかい味わい。
甘味があり、ちょっと独特です。
塩トマトスープもあったのですが、こちらの方が通常のスープカレーの印象に近いかもしれません。

スープカレーとしてはお値段もお手頃価格。
やはり野菜不足の時には嬉しいお店ですね。
そして、量があまり食べられないお子さんなどがいる家族連れにも良さそうな気がしました。

評価:★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード