FC2ブログ

長野カレー日記


穂高「スープカレーのハンジロー」香味豚のローストと彩り野菜のスープカレー


シーフードスープカレー


かつて綱島にあったスープカレーの名店ハンジロー。
今はハンジローで働いていた方が引き継ぎ、「らっきょ&スター」と名前を変えて相変わらずの人気店となっています。

僕がハンジローと出会ったのはらっきょ&スターになる直前でした。
一度食べて最高に美味しい!と感激し、また食べたいと思っていたのですが長野の安曇野という、東京在住の人間としてはかなりハードルの高い場所に移転してしまったので、ずっと食べたいと思い続けながらなかなか機会を得られないでおりました。

そして今回。お盆休みを利用してやっと行くことができました。
もちろんこの為だけに安曇野まで。
車で行ったのですがお盆の渋滞で3時間で行けるはずのところが結果6時間かかってランチタイムのラストオーダーギリギリで滑り込み。
6時間もかけたら海外へカレー食べに行けるぞなんて思いながら、いやいや今日こそはハンジローのスープカレーを食べたいんだと思い直しつつ。

お店は清流に囲まれたおしゃれなカフェ風。
この清流の水が綺麗なこと綺麗なこと。

カレーのお店が地方へ移転すると、味が良くなることが少なからずあるのですが、その大きな理由に「水が良くなった」というものがあるんです。
ここもそれが期待できるくらいの綺麗な水。

ランチタイムラストオーダーギリギリでも人気店です。
そこからさらに1時間半程待ってようやく食べることができました。
家を出たのが車に乗る1時間前ですから、都合8時間半。いはやか長かった。
しかしそれだけの時間をかける価値はありました。

ハンジローならではの濃厚スープカレー。
野菜の粒子をしっかり感じさせながら、旨味が全てに行きわたっています。
スパイス感も程良く、具材もそれぞれ美味しく、欠点の無いスープカレーですよ。

香味豚のローストはチャーシュー的なもの。
肉の旨味と甘味がスパイスで引き立ちます。

シーフードになると魚介出汁が加わり、他のスープカレーと味わいの印象がガラっと変わるのが面白く、そして良いです。

どちらも最高!

僕は車の免許を持っていないので友人に運転手を頼んだのですが、その友人も「本当に食べられて良かった! 長時間運転した甲斐があった!」と喜んでおりました。

ハンジローとは「飯汁朗」という意味だそうです。つまりご飯と汁で朗らかに。
食べ終わった後の僕と友人だどれだけ朗らかになったか。

苦労して行く価値のある名店です。

評価:★★★★☆

カレー日記


小川町「気生根」スープカレー


和食のお店の木曜ランチ限定スープカレーが美味しい。
そんな噂を聞いて行ってみました。

花籠に盛り付けられた豪華なランチ。
チキンと野菜のスープカレーをメインに様々なおかずが。
なすの味噌汁もつきます。

それぞれが優しく上品な美味しさ。
それでいて気取っているわけではなく、良い意味で家庭的。
こんな食事がランチに外でいただけるのはとても嬉しいです。

カレーもコリアンダーシードの香りが印象的で、しっかりとしながらも強すぎないスパイス感。
なんというか全体的に程良いんですよ。
程良く美味しくて程良く本格的で程良く家庭的。
お店っぽさと家庭っぽさの止揚が成り立っています。

そして何より良いのがその接客。
綺麗なお嬢さん、お姉さん方の優しい声かけ。
これはサラリーマンならイチコロです。

僕は通常木曜は別の街で働いているのでなかなかこのカレーにありつけないのですが、また行きたいお店。
夜にもレギュラーで何かカレー味のメニュー出してくれないかなぁ。

評価:★★★☆

九州カレー日記


宮崎 宮崎「KUH」牛バラ肉とナムルの胡麻香るスープカレー


宮崎駅直結のビル1階にあるお店です。
スープカレーとルーカレー、そしてお酒とおつまみ。
色々とある感じですが宮崎だとカレー一本では厳しいのかもしれません。

牛バラとナムルの胡麻香るスープカレーをいただきました。
このスタイルはなかなか珍しいですね。

最初に出てきたサラダが個性的。
インド料理のカチュンバル的な角切り野菜に、スパイスではなく柑橘系のドレッシングを使用していました。
日向夏かな? 甘酸っぱさとほのかな苦味が美味しく、気に入りました。

カレーはどことなく中華的テイストも感じるもの。
卓上に自家製辣油があり、これをかけると味が引き締まって美味しくなりました。

駅にこのようなお店があるのは便利で良いですね。
宮崎カレーの選択肢のひとつとして覚えておいて損はないと思います。

評価:★★★☆

カレー日記


神奈川 関内「KIFUKU」骨付きチキンの16品目野菜スープカレー+プレーンウインナー


関内駅近くにあるビルの地下飲食店街にスープカレーのお店があります。
その名もKIFUKU。

土曜日のランチタイムに訪問。
こちらの飲食店街の他のお店はほとんど閉まっている中、こちらはしっかりと営業していました。
つまりはここだけ少し磁場が違うと言いますか、他の店舗と立ち位置が違うということでしょう。

カフェ風の店内。
カウンター席に座り、いただいたのは骨付きチキンの16品目野菜スープカレー。
これにプレーンウインナーをトッピング。
スープはレギュラー、辛さは8、ライスは100gでオーダー。

まず野菜が色とりどりでカラフル。
食べた事のない野菜も入っており、紫系、ピンク系の色合いがちらほらと見えて不思議な気持ちになりつつも、野菜自体の美味しさをしっかりと感じることができました。

チキンはしっかりと火が入り、ほろほろと崩れるタイプ。
この鶏肉の旨味が行きわたったスープ。
スパイス感は8でちょうど良いくらい。

派手なタイプではなく、かといって地味でもないのですが滋味に溢れていると言えるスープであり、スパイス感です。

関内エリアは意外とスープカレーの美味しいお店が多いのですが、こちらもその選択肢のひとつに確実に入ってくる良いお店でした。

評価:★★★☆

カレー日記


岩本町「スープカレーカムイ」ポーク野菜


岩本町の人気スープカレー店カムイが移転しました。
移転したといっても元々の店舗から徒歩2分程度の場所。大きく見れば斜向かいと言えるような位置です。

こちら、昔は豆乳ドリンクを売りにしていたISSAというお店があった場所。
カムイでスープカレーを食べた後に、ISSAでお茶をするという形で何度も使っていたお店なので、なんだか不思議な気分です。

移転前は所狭しと飾られていた萌えイラストの雰囲気で、苦手な方もいらしたかもしれないのですが、新店舗はごくごく普通の飲食店といった雰囲気です。
もちろんオタクから見るとニヤリとするようなサムシングが隠されているので、前の雰囲気が好きな方も落胆することはありません。

移転後初ということで、こちらのレギュラーメニューで一番好きなポーク野菜をいただきました。

素材の味が活きた野菜としっかり煮込まれて旨味が凝縮したポーク。
パンチがありながらもまろやかなスパイス使い。
相変わらずの美味しさです。

お店も広くなり、店員さんも増えました。
テイクアウトも引き続き可能なようです。

今までのカムイが好きだった方も、気になっていたけど敬遠していたという方も、どちらにもおすすめですよ!

評価:★★★★

カレー日記


神奈川 海老名「KUU」タンドリーチキンと野菜カレー(タイスープ)


海老名駅近くにあるスープカレーのお店KUU。
矢部にも同じ店名のスープカレーのお店があるのですが、関係無いわけではないものの、基本的に別系統のようです。

こちらのお店はカフェスタイル。
ランチタイムに訪問。
タンドリーチキンと野菜カレーをタイスープでいただきました。

タイスープということでココナッツやハーブを使ったタイカレー的な方向性。
タイカレーとスープカレーの間くらいの立ち位置ですね。
本格的なタイカレー好き、本格的なスープカレー好きな方からするとどっちつかずと感じるかもしれませんが、これはこういうものであり、その真ん中を取った個性と考えれば悪くないですよ。

ランチタイムはドリンクサービスもついて1350円。

お手軽にカフェでスープカレーを食べたいという方にはちょうど良いお店かと思います。

評価:★★★

カレー日記


神奈川 関内「ラマイ」ビーフ


札幌スープカレーの人気店、関東エリアにおいても数年前と比べるとかなり増えました。
こちらラマイも札幌の人気店です。
そして、かなり早い段階から関東進出してきたお店です。

スープカレーはこちらで食べるより北海道で食べた方が確実に美味しい食べ物です。
野菜の違いや水の違いからそう感じるのでしょう。気候の違いもあるかもしれません。

ですから北海道で美味しい!と思ってこちらの支店に行くとちょっとがっかりなんてことも少なくないんです。
しかし、こちらは北海道のお店とほぼ変わらないクオリティというのが凄いところだと思います。

レシピは同じでも作る人が変わると味が大きく変わるのがカレーの面白い所で難しい所。
チェーン展開するにはそれがネックとなることが多いのですが、ラマイはそれをクリアできているんですね。

お店の雰囲気も北海道のお店と同じ方向性なのがまた良いです。

数年ぶりに関内ラマイでいただきましたが、北海道のラマイでいただいた後に食べても、十分納得のクオリティでした。

評価:★★★★

カレー日記


とうきょうスカイツリー「スープカリーシーエス」トンタンベジタブル


とうきょうスカイツリー駅すぐ近くにあるスープカレーのお店です。
どうやら戸田公園にあるお店の系列の様子。
元々は札幌のお店で修業した方が開いたそうです。

お店の雰囲気はスープカレーというのがわかりやすいルックス。
夜はおつまみメニューもありましたが、トンタンベジタブルを単品でオーダー。

トンタンとは豚のタンです。
これに野菜がいくつか。

スープ、塩味強めでスパイス感はあまり感じられず、これはもしかしたらご飯より麺の方が合うんではないかと思いました。

トンタンのボリュームが凄いですね。
焼いてあるので香ばしくて良いのですが、容易に噛み切れないほどの強さ。
他店で豚タンを使っているカレーのお店があるのですが、そちらはスプーンで切れるくらいに柔らかく仕上げてあり、そちらのお店によく行くこともあってか、勝手にその方向性を想像してしまった僕が悪いのです。

これはこれで、これが好きという方もいらっしゃるでしょうし、それも間違っていませんから。

スープカレーにも色々ですが、僕が好きなお店の味とはかなり違う方向性でした。
ただ、お値段はスープカレーとしては安めですから、損したという気分にはなりませんでした。

評価:★★☆

カレー日記


末広町「SAMA」タンドリーチキンとひき肉パクチーズカリー+ポーク


北海道を中心に下北、原宿にも展開するスープカレーSAMA。
神田店ができたと聞いて行ってみました。

場所は神田駅からは遠く、二駅先の御徒町駅寄り。
最寄りは末広町で、住所はギリギリ外神田なので、神田店というのも嘘ではありません。
カレーの街としても知られる神田ですから、そこにお店を出していると言いたいのかもしれません。

神田店限定メニューとして、タンドリーチキンとひき肉パクチーズカリーというのがあったのでそれにポークトッピングでオーダー。
タンドリーチキンとひき肉とポークで実に肉肉しいスープカレーとなりました。
レギュラーのトマトスープは野菜にも肉にも合います。

肉肉しい中にチーズも入ってボリューミーなのですが、パクチーが爽やかで良いですね。

このエリアのスープカレーといえばカムイ一強一択状態でしたが、スープカレー好きとしては選択肢が増えて良いと思います。
他にも無くは無いんですけどね。スープカレー。
ここはちゃんとアリです。

評価:★★★☆

大阪カレー日記


西長堀「JACK」せせりベジカレー


大阪といえばスパイスカレー全盛、スリランカカレーの実力派が多い、そんなイメージですが、スープカレーの個性的なお店も少しずつ増えています。
個性派スープカレーが増える中、王道のスープカレーも少しずつ増えていると聞いて、まだ比較的新しいお店だというこちらに行ってきました。

いただいたのはせせりベジカレー。
せせりというのが大阪的で良いじゃないですか。

スープを一口食べてみればまず感じたのは出汁の旨味。
これまた大阪っぽい。

しかしながらスープカレーとしては完全に札幌スタイルです。
野菜の仕上げもスープの深みも、札幌のスープカレーが確実にベースとなっていて、そこに大阪感が加えられたようなバランス。

なんだかどこかのスープカレーに似ているなと思いながらどこだか思い出せず、店内の説明書きにも札幌で修業した店主とだけしか書いておらず、どこのお店なのだろうと思って聞いてみると、ラビとガラクで修業されていたとか。
そうか! この出汁感はガラクだ!
というわけですっきりと腑に落ちました。

大阪イメージが強かったので出汁感はオリジナルなのかなと思い、答えが出ませんでしたが、ガラクのスープカレーは確かに出汁の旨味を感じさせるもの。
大阪の方にはこの味が合うと思ってガラクで修業されたのでしょうか。
だとしたら大正解だと思います。

といってガラクの味そのままというわけではなく、ちゃんと個性も感じる味。
大阪においてこの王道感は貴重ですね。

現状、知る人ぞ知るといったところのようでランチタイムも行列ができていたりせず、店内は程良い込み具合であるもののすんなり入れて食べることができました。
穴場ですよ!

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード