FC2ブログ

カレー日記(ニコニコ)



秋葉原「ニコニコ」ポタージュカレー麺スパイシー




マトンカレー


秋葉原にスリランカ人シェフによるまぜ麺とジャパニーズカレーのお店ができました。
まぜ麺と言うのは所謂まぜそば、油そばといった類のものです。

ポタージュカレー麺にスパイシートッピングで注文。
しっかり混ぜて食べれば美味しいカレーまぜそば。

カレー味のまぜそば、油そばも結構食べてきていますが、スパイス感がより深いのが良いです。
カレー粉の味ではなく、オリジナルのスパイス感ですから。

後日日替わりメニューでスリランカカレーが登場したので再訪。

この日のカレーはマトンカレーと野菜カレー。
マトンはしっかり辛口。骨付きです。
野菜はスリランカ料理のキリホディを思わせるココナッツミルクの優しい味わい。
付け合わせのサンボルはサラダ的な形。
それぞれ美味しく、混ぜ合わせて美味しいのはまさにスリランカカレー。

といってもなかなかの個性派です。
このようなスタイルのスリランカカレーはなかなか食べたことがありませんので。

気さくなスリランカ人シェフが頑張っているお店。
応援したいですね。

ちなみに場所は移転前のカレーノトリコがあった場所。
こちらもまた人気店となりますように!

評価:★★★☆

カレー日記(シンハ)



神奈川 馬車道「シンハ」スリランカチキンカレーセット


馬車道駅近くにあるカフェ。
スリランカの紅茶やスウィーツ、カレーなどがいただけるお店です。

こじんまりとしつつもこだわりを感じる内装。
スウィーツはテイクアウトもできるようです。

スリランカチキンカレーセットはスリランカチキンカレーやパリップが乗ったプレートに紅茶、紅茶ゼリーもつくセット。

スリランカカレーの魅力にも色々あり、強いカレーと優しいカレーがあるのですが、こちらのお店は優しいテイスト。
チキンカレーもパリップも優しく、とうもろこしもカレー仕立てというかとうもろこしパリップ的な味で面白いです。

紅茶ゼリーはぷるぷるで食感が楽しく、カフェとしてはかなり本格的。

カレーサンドも気になりますね。

関内エリアはここのところカレー熱が高まっていますが、こちらも覚えておいて損はないでしょう。

評価:★★★☆

カレー日記(シュエターニ)



高田馬場「シュエターニ」チキンシーピャン




ナッピチャハン


ミャンマー料理天国高田馬場に注目のミャンマー料理店が誕生しました。
それがこちらシュエターニ。

他と確実に違う点は、その料理の見た目の美しさ。
ミャンマー料理の魅力は素朴で滋味深い田舎料理的な良さだと思っているのですが、こちらの料理はそれを洗練させたもの。

チキンシーピャンはダンパウの上に乗るカレー味チキンをそのままカレーにしたような仕上がり。
ポテトのフライをあしらっているのがおしゃれ。
皿にもこだわりを感じ、味も良いです。

ナッピチャハンはナッピ(蝦醤)の炒飯。
これのまわりに副菜をあしらうように味変アイテムが並びます。

錦糸卵の太いもの、唐辛子、豚肉のグリル、生ニンニク、小エビの唐揚げ、レモンのみじん切りというラインナップ。
炒飯自体はかなりしっとりしているのでパラパラ炒飯が好きな方には違和感があるかもしれませんが、ナッピの風味が良く、味変アイテムを混ぜながら食べていけば華やかな美味しさとなり、他のミャンマー料理店では食べられないメニューだと言えるでしょう。

言ってみればモダンアレンジの新感覚ミャンマー料理。
お値段は他のミャンマー料理店と比べると少しお高めですが、それでもごく一般的な飲食店と変わらないレベルですから気軽に行けます。

インド料理、タイ料理、ネパール料理ではイノベーティブフュージョン的なお店が増えてきていますが、ミャンマー料理では僕の知る限りここだけ。
そしてまだまだ伸びしろもあると感じます。
この方向でどんどん進化して行って欲しいお店です。

評価:★★★☆

福岡カレー日記(ヌワラエリヤ)



赤坂「ヌワラエリヤ」スリランカカリー


九州地方には独自のアレンジを加えたスリランカ料理が地域に根付いており、「九州ランカ」という言葉もマニアの間では知られているくらいなのですが、その九州ランカ系の根っこにあるのがこちらヌワラエリヤ。
こことその後にできた姉妹店ツナパハから派生していったお店が九州地方には多いのです。

お店は福岡の赤坂駅と薬院大通駅の間くらい。
大きな交差点からすぐのビルの2階にあります。

店内非常におしゃれで、スリランカ料理店と思えない雰囲気。
夜に行けばしゃれたダイニングバーのようであり、昼に行けばくつろげるカフェのようでもあります。

スリランカカリーはチキンのシャバシャバなカレーと豆カレーがあいがけなのですがもはやひとつになっているような形。
それにじゃがいもがつき、ご飯の上にはカラムーチョ(的なもの)が乗るのが九州ランカ流。

辛さは程良く、ココナッツミルクの甘味も強すぎず、ご飯と良く合うカレーです。
スリランカ現地式のカレーとなると、もっと華やかな副菜で彩られていたり、もっとスパイス感が強かったりするのですが、そうではないからこそここまで九州全体に根付いたのだろうとも思います。

九州カレーを語る上では欠かせないお店ですね。

評価:★★★☆

福岡カレー日記(バダピリラ)



薬院「バダピリラ」ライス&カリー(ブリ)


オーラスでの間借りカレー時代から福岡のカレー好きなら知らない者はいないとまで言える人気を誇っていたのですが、独立にあたって暫くお休み。
移転までの期間はスリランカのレストランで修業し、さらにパワーアップして店名もバダピリラになって帰ってきました。

スリランカ式のライス&カリーはカレーを選ぶシステム。
ブリのカレーでオーダー。

どれもこれも現地の味をしっかりと踏襲しつつも品良くスタイリッシュに決まった仕上がり。
流石の美味しさです。
注目すべきはライス。
サンバライスを使っているんですよ。
これが実に美味しい!
口の中で弾けて踊るような食感。
たまりません。

オーラス時代よりさらにおしゃれになったお店。
お酒も飲めます。

さらにはカレー鍋もこの冬から曜日限定で提供するそうです。
実は一足先にカレー鍋も試作品をいただいたのですが、これがまた個性あって美味しくて。

オープンしたのは昨年ですが、今年もしばらくお店を休んでスリランカで修業してきたそうです。
3月だったのでギリギリ帰ってこれたと。

世の中が落ち着いたらまたスリランカへ行って勉強したいと語るシェフ。
いつまでも向上心を失わないからこそ、味が進化していくのでしょうね。

今後にも目離せないお店です。

評価:★★★★

カレー日記(セレンディッブ)



蔵前「セレンディッブ」スリランカプレート(ポーク)


蔵前駅近くで2020年10月末にオープンしたスリランカ料理店です。
店内はおしゃれなカフェ風。
スリランカ人男性シェフと日本人女性ホールスタッフさん。

ランチタイムはワンプレートのカレー&ライス。
カレーはチキン、ポーク、鯖から選べて、副菜の品数やライスの差で値段が変わります。

僕は豪華な方、つまりスリランカプレートをポークでいただきました。

スリランカ人男性が作るスリランカ料理というと塩気強めのパンチ力あるカレーをイメージしていたのですが、こちらは塩気も強すぎず、ほのかな甘味の立て方も上手で、バランスの良い上品な美味しさです。

ライスが赤米で1200円なら都内スリランカ料理店の中でもかなりお得。

夜メニューも気になって見せてもらったのですが、デビルやロールなどスリランカ料理も色々とあり、お酒も充実。
カレー&ライスはランチよりは少し高いのですがその分豪華になっていて、価格設定が絶妙。

夜にも行きたいと思えるお店でした。

オープンしてからそれほど日がたっていないのですが、お客さんも良い感じに入っていて、某大手グルメ雑誌の編集者さんと偶然再会するなど、注目度の高いお店だなと感じました。
これはきっと流行りますね。

評価:★★★★

名古屋カレー日記(カフェパハナ)



金山「カフェパハナ」ホームメイドプレート(エビとうがんカリー)


金山駅近くにあるカフェパハナ。
名古屋を代表するスリランカ料理の名店です。
カフェというだけあって小さなお店なのですが、本格的なスリランカ料理を味わうことができます。

おすすめはホームメイドプレート。
ワンプレートにご飯と様々なカレーや副菜が盛り付けられたスリランカの家庭料理スタイルのカレーです。
選べるカレーは別皿で出てくるのですが、つまりはそれだけ副菜が沢山ということ。

本日のカレーからエビとうがんカリーをセレクトしてオーダーしました。

スリランカ料理店にも色々ですが、男性シェフの作る料理はパンチがあってワイルドな魅力に溢れたお店が多い中、こちらは比較的優しいんです。
優しいと言ってもスパイス感が弱いということではなく、毎日食べても飽きないようなバランス感。
副菜もそれぞれ美味しいですが、ご飯の上に乗ったナスのモージュが個人的にヒット。

カレーと一緒に混ぜながら食べれば幸せです。

こちらのプレートはドリンク付きなので食後はミルクティーで。
ホッとするひと時です。

カフェと言ってもスリランカ料理メインであり、人気店なのでゆっくりできるお店ではないのですが、逆に言えば混んでいてもしっかり回転するので少し待てば入れます。

名古屋カレーの選択肢のひとつとして欠かせないお店です。

評価:★★★★

名古屋カレー日記(ミールス&ロティbyパハナ)



御器所「ミールス&ロティbyパハナ」ベジミールス、カニカレー


名古屋は金山の人気スリランカ料理店パハナが御器所にミールスのお店を出しました。

ミールスと言うと南インド料理を思い浮かべる方も多いでしょう。
僕もそうです。
しかしこちらのミールスはスリランカ料理のミールス。
スリランカには多くのタミル人が住んでいるのですが、そんなタミル人のレストランにはこのようなスタイルのお店も少なくないんだとか。
パハナ、そしてこちらミールス&ロティのオーナーであるマンジュラさんも、小さい頃によくこのようなスタイルのレストランに通っていたんだそうで、日本ではまだほとんど見かけないこういう形のスリランカレストランをやりたかったんですと語ってくれました。

おすすめを聞くと野菜料理だそうで。
契約農家から仕入れた野菜の美味しさを味わってほしいということで、ベジミールスをオーダー。

オプションで肉や魚のカレーをつけられるのですが、この日は蟹カレーがスペシャルであるということでそちらに。

まずベジミールス。
野菜の美味しさが伝わる滋味深いスパイス感。
スリランカ料理というとパンチのある料理を思い浮かべる方も多いでしょうが、日常的に食べられているものはそこまでパンチが強いわけでもないんですよね。
スリランカの日常を感じる美味しさです。

一方蟹カレーはパンチ力全開の、しっかりとしたスパイス感のカレー。
渡り蟹を半分ワイルドに切ったものがドーンと鎮座。
しっかり辛くてガツンと香るグレイビーに、蟹の白身が優しくて、そのコントラストがたまりません。

これはやられちゃうなぁ。

パハナも素晴らしいお店ですが、個人的にはこちらの方がさらに好き。
スリランカ料理店としても全国有数のレベルだと思います。
おすすめです。

評価:★★★★

カレー日記(ワヤンバリ)



六本木一丁目「ワヤンバリ」骨付きチキンのジャワカレー、ナシプティ


六本木一丁目駅直結のビルレストラン街に入っているインドネシア料理店です。

スラバヤの系列のようです。

店内は非常におしゃれ。
異国間漂いつつも洗練された雰囲気で、リゾート感を味わえます。
店員さんはインドネシアの方ですが日本語もお上手で接客も丁寧。
このあたり、場所柄にも合っていて良いです。

カレーもいくつかある中から、おすすめ印のついた骨付きチキンのジャワカレーをいただきました。
ナシプティ、つまりご飯は別なのでそれも一緒に。

スープカレーのようなチキンレッグが一本どーんと入っています。
他の具は茄子、人参、じゃがいもと、やっぱりどこかスープカレー的。

カリアヤムのスープカレーバージョンと言えばイメージわきやすいでしょうか。
そんな感じです。

味も本格的なインドネシア味というよりは一般向けにアレンジ、もしくは日本ローカライズされたテイスト。
ココナッツミルクベースでまろやか。
クセはありません。

インドネシアの本格的な味を楽しみたいという場合にははまらないかもしれませんが、インドネシアカレーに馴染みのない方には食べやすい味だと思います。

いずれにしても接客含め雰囲気が良く、落ち着いて食事できるお店です。

評価:★★★

カレー日記(256nicommauve)



千葉 京成中山「256nicommouve」スリランカプレート“彩り”凄く辛いfish




かき氷アップルティラミス



Web予約が一瞬で埋まり、電話予約もほとんどつながらないということで全国トップクラスの予約の取れないお店として知る人ぞ知る256が別店舗をオープンさせました。

場所は京成中山駅からすぐ近く。
本店よりもだいぶ行きやすいのですが、予約の取りにくさは変わらず。
いや、本店よりはこちらの方が広いのと、パフェではなくかき氷ということで、パフェで有名な256ですからパフェファンの需要が減るということで、本店よりは取りやすいようです。
しかし、慣れていない人間からするとやっぱり取りにくいのです。

今回も常連さんにお願いして予約を取ってもらい、行ってきました。

カレーはスリランカプレート。
「彩り」と名付けられたプレートは確かに鮮やか。
見た目のみならず味や香り、食感のベクトルがそれぞれ違うので最初から最後まで飽きずに美味しくいただけます。

カレーは1種選べるスタイル。「凄く辛いfish」をセレクト。
確かにしっかりした辛さですが、スリランカカレーとしてはよくあるタイプの辛さなのでむしろ程良く、だからこそパリップの優しい美味しさとのバランスも取れていて満足感が高いです。

かき氷はアップルティラミス。
器がインドカレーなどでよく使われるものなのが実におしゃれです。
256だからこそこの器と思えるのも素晴らしい。

かき氷にたっぷりのティラミスクリーム。そしてりんご。
食べ進めて行くと一段階目のりんご、二段階目のりんご、三段階目のりんごと、それぞれ味が変わり、全てりんごでありながら、梨のように感じたり桃のように感じたりするという面白さ。
クリームもしつこすぎず甘すぎず、素材感を活かしたものなのが流石です。

256はパフェにしろかき氷にしろ、甘すぎないというのが良い所。
そしてスウィーツにしろカレーにしろ、最初から最後まで味が変わっていって飽きないというのが素晴らしい所。

内装も本店同様の雰囲気で実におしゃれ。
こちらのお店はセルフサービス方式なのですが、だからこそ回転も良く、より多くのお客さんに楽しんでもらいたいというお店の気持ちが伝わってきました。

評価:★★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード