FC2ブログ

カレー日記



日本橋「酒とスパイス マツコ」マツコカレーワンプレート+スパイス漬玉子


間借りカレーという文化もすっかり東京で定着してきた感があります。
様々な間借りカレー店が生まれ、それと同じようにスパイスカレーの流行もあって、見た目的にはスパイスカレーの王道的な形もできあがってきたのではないかと思います。

見た目が王道なスパイスカレーほど怖いものはなくて、美味しいものとそうでないものの差が結構激しいんです。

こちらのお店、2020年8月11日にオープンしたばかりの新店舗ですが、見た目はまさに王道スパイスカレー。
味はどうなのかというと、安心できる美味しさでした。

何しろこちらの店主さん、元々はカレーレベルの高い福岡で間借り営業をされていた方なのです。

場所は極哩の日本橋店があった場所。
メニューは日替わりのワンプレートです。

この日はジンジャーチキンと海老のエスニックカレーのあいがけに副菜。
追加トッピングでスパイス漬玉子も乗せていただきました。

チキン、海老、どちらもしっかりと素材の持つ旨味がブーストされたスパイス使い。
副菜にも個性を感じ、混ぜても新たな美味しさが生まれるという、出来の良いスパイスカレーの持つ楽しさをしっかりと味わうことができました。

店名は「酒とスパイス」というワードが入るように、昼からお酒を飲むこともできます。
仕事の合間に行ったので流石にお酒は頼まなかったのですが、いずれ人気が出て独立店舗になった時、夜にお酒と一緒にスパイスおつまみを食べたいなと思わせる、未来を感じさせるカレーでした。

メニューも日替わりということで、また行ってみようと思います。

評価:★★★☆



カレー日記



赤坂「𩣆 赤坂」𩣆カレー




馬刺し


馬偏に羊と書いて「ばち」と読むそうです。
常用外の漢字で、環境によって反映されていないせいか、食べログの登録は「ばち赤坂」となっていますが、実際は「馬羊(これで一文字)赤坂」となります。

馬刺し290円。
とんでもない安さです。
しかし味が悪ければ安くても食べたいとは思いません。
ところがこちら、味も非常に良い。それでいて290円。
どうかしてますw

都内の他のお店で食べたなら、少なくとも600円くらいはするだろうクオリティ。
800円と言われても文句は出ない美味しさです。
それが290円ですよ。
どうかしてますw

何故そんなに安いのか聞いてみると、部位ごとに仕入れているのではなく、一頭ごと仕入れ、自分で切り分けているのだそう。
だからこそ安くできるという企業努力の賜物です。

さらにここ、カレーもあるんです。
切り分けた際に大量に出るスジの部分をしっかりと煮込んだものをカレーにしているわけです。

馬肉たっぷりのカレーはドライタイプとも言える程の肉肉しさ。
これに時折混ざる羊のレバーばまたたまりません。
スパイスは香り系がビシっとエッジの利いたものであり、玉葱の火入れも絶妙。

カレー専門店でもこのカレーはなかなか出せません。
もしこんなに馬肉を使ったカレーを出したら相当高くなってしまうのではないでしょうか。
それが800円ですよ。
やっぱりどうかしてますw

それにしても馬肉と羊肉をメインとした居酒屋のカレーが何故こんなに美味しいのかというと、実はここを手掛けているのは神田カレーグランプリ2019でグランプリを受賞したカリガリだからなのです。

カレー専門店として人気のカリガリが作るからこその絶品カレーとなるわけですね。
そしてカリガリで食べられるカレーとも全然違う仕上がりになっているのがまた素晴らしいです。

2020年8月3日に開店したばかり。赤坂に良いお店ができましたよ!

評価:★★★★

カレー日記



東京駅「恋とスパイス」恋のチキンカリー(恋盛りトッピング)




幸せのビーフカリー(幸盛りトッピング)


日本で最初にインドカレーを売り出した老舗中の老舗である新宿中村屋がプロデュース、JR東日本フーズが運営する「恋とスパイス」がリニューアルした東京駅グランスタにオープンしました。
グランスタと言えば駅中ですがこちらは改札出てすぐの場所にあります。

カレー、いや、新宿中村屋ですからカリーですね。
カリーソースは恋のカリーと幸せのカリーの2種。
あとは具の違いとシンプルにカリーとライスにするか、副菜を乗せるかというメニュー構成です。

恋のチキンカリーは中村屋の純印度式カリーではなく、野菜カリーを思わせるカリーです。
副菜はパクチー、ポルサンボル(スリランカのココナッツスパイスふりかけ)、玉子やパクチーなど。
パパドも乗ります。
カラフルかつ栄養バランス的にも良いですね。

幸せのポークカリーは欧風。
パクチーが無い替わりに、恋の方には乗っていないマッシュポテトが副菜に入っていました。

どちらもわかりやすい王道の味。
スパイスカレー慣れしていない人にも美味しいと思える味であり、スパイスカレー好きにはこの副菜や、スパイスオイルで変化をつけることによって満足させるという全方向に行き届いた気遣い。

スパイスオイルも香り系と辛さ系の2種があり、自分好みに味変できるのが楽しくもあり嬉しくもあります。

駅直結カレースタンドとしてはかなりレベル高いと言えるでしょう。

女性でも男性でも一人で入れる雰囲気も良く、水がまた個性あって楽しいんですが、この水の秘密は行ってからのお楽しみということにあえてしておきましょう。

流石中村屋と言えるクオリティでした。
このお店が他の駅にも展開していったら良いなと思います。

評価:★★★☆

カレー日記



埼玉 戸田公園「チリチリ」ポークマサラ+ゆで玉子(スモールライス)


渋谷と恵比寿の間くらいのアクセスが決して良くない場所にありながら、連日行列の大人気店として知られたチリチリが戸田公園に移転しました。
というよりも、元々こちらのお店、戸田公園にあったそうですね。
それが渋谷に移転し、長年営業した末にまた戸田公園に戻ったと。

僕は渋谷時代からしか知らないのですが、渋谷時代にはちょくちょく行ったお店です。

戸田公園駅の目の前にあるアクセスの良さ。
開放感ある店内は渋谷時代よりもどこかゆったりとした雰囲気で、BGMもレゲエがかかっており、リラックスして食べることができました。

いただいたのは渋谷の頃からのmy定番メニューであるポークマサラにゆで卵トッピング。スモールライスです。

野菜とスパイスのバランスが絶妙なカレーにホロホロの豚、黄味が濃いゆで卵。
これが美味しいんですよ。

今時流行のスパイスカレーと違い、実直にシンプルにカレーとライスですが、それだけで勝負できる美味しさだということです。

東京在住の僕としては、距離は遠くなったものの、逆に渋谷時代より行きやすくなった感すらあります。
近くに行った際には途中下車してでも立ち寄りたいお店です。

評価:★★★★

カレー日記



二重橋前「o/sio」sio御三家カレー




唐揚げ


フジテレビ系列で放送中のスパイストラベラーというカレー番組があります。
そちらの番組の企画で、ミシュランで星を獲得した名店sioの鳥羽シェフと、伝説の間借りカレー店スパイス土ランカーやぶやの藪シェフのコラボカレーをo/sioで出すということになり、初日に行ってきました。

sio御三家カレーと題されたそのカレー。

麻婆カレーは粗挽き肉を麻と辣で味付けた中華キーマ。
パクチー後乗せというサービスもあり、二段階で味を楽しめるのが良いです。

ダルはインド的にシンプルなダルを、鳥羽シェフの大胆かつ自由な発想でバターとナンプラーを加えたもの。
このナンプラーがとんでもないんですよ。
バターはわかります。インドカレーにもギーというバターの上澄みは使いますし、それのさらに濃厚なものとしてバターを使うのはわかる。
しかし、これにナンプラーを加えるという発想はカレーばかりに携わっていると意外な穴場的発想で、なかなか浮かばないものです。
そして、それが大正解となった美味しさなんですね。
もうこのダルだけずっと飲んでいたい。
僕が今まで食べたダルの中で一番美味しいです。
主役を張れるダルです。

そしてご飯にかかったシーフードカレー。
これもトマトとココナッツを強めにしてあり、インドカレーでもその二つは使うのですが、強さが洋食的。

ご飯もこだわっていて、バーミキュラで炊いた硬めのご飯です。
これも単品で美味しくありながらも、カレーの存在感を邪魔しないという絶妙な味わい。

ベースはインド料理を修業した藪シェフのカレー。
それにジャンル問わず様々な美味しいものを生み出す鳥羽シェフの自由なアレンジ。
素晴らしいコラボです。

o/sioの良さもあります。
サラダが実に美味しい。
そしてトッピングできる鶏の唐揚げもまた素晴らしいんです。
タルタルソースには奈良漬を使用してあり、歯ごたえと風味が実に良い。

これはとんでもないご馳走カレーですよ。

2020年8月の毎週日曜に提供するということです。
限定メニューではあるものの、毎週かなりの量を仕込むというお話でしたので、あんまり遅い時間じゃなければ食べる事はできると思います。

カレー好きなら是非とも食べておきたい、この夏大注目のスーパーコラボカレーでした!

評価:★★★★☆

カレー日記



新宿「MURA」MURAカレー




サラダ


マサラチャイ


かつて自由が丘にあった人気店MURAが新宿で復活しました。
新宿駅南口方面から代々木へ向かう途中にある、ニューステイトメナー内にあります。
入り口がわかりにくいのですが、中庭的なエントランスエリアに向かっていくと途中に看板があるのでそれを見て行けば大丈夫かと思います。

店内はティーハウスということで紅茶専門店でありながら、そこかしこに漂うインド感。

カレーとマサラチャイのセットをいただきました。

まず出てきたサラダが凄い。
とにかく大きいんです。
インドのカチュンバルサラダをアレンジしたようなサラダは2人前くらいありそうな量。
しかし美味しいので一人でもペロっといけちゃいます。
程良い酸味とフレッシュ感がたまりません。

そしてカレー。
これも実に個性的。
ナッツライスの上に濃厚なカレーがかかります。
インド的でもありつつ、インドカレーともまた違う味わい。
エディブルフラワーやトマトと一緒に食べると優しくも華やかな味わい。
ガツンとくるスパイス感ではないものの、香り方が心地よいんですよ。

こういうカレーは他に無いです。
替えのきかないカレーですから、かつてのMURAファンはさぞかし歓喜していることでしょう。

〆のマサラチャイも完璧。
マサラも香りつつ、牛乳の濃厚さも印象的なのですが、最終的に存在感を残すのはお茶の香りというバランス感。
素晴らしい。

セットで1900円と、決して安くはないお値段ですが、その価値は十分にある、ここだけにしかないカレーとチャイです。

評価:★★★☆

カレー日記



新宿三丁目「エピタフカレー」2種あいがけ(ホタテのミーンモレー、ポークビンダルー)、チキンピクルス


今や東京における間借りカレーの聖地として知られる新宿ゴールデン街でいちはやく間借りカレーをスタートさせたエピタフカレー。
南インドカレーをベースに、日本的なアレンジを加えたカレーライスが非常に美味しく、行列のできる人気店となっていました。

そんなお店が独立店舗を構えたのはゴールデン街からも徒歩圏内の新宿三丁目駅からほど近い場所。
ビルの地下にあります。

店内入ってみるとカウンターメインの清潔感溢れるお店。
ゴールデン街の雰囲気とはかなり違います。

コロナ禍の中でのオープンとなってしまったわけですが、仕切りもしっかりとしてあって感染対策も十分です。

2種あいがけをホタテのミーンモレーとポークビンダルーで。
チキンピクルスをトッピング。
ご飯は少な目でオーダー。

看板メニューとも言えるポークビンダルーは相変わらずの美味しさ。
しっかりとした酸味が特徴で、その酸を辛が上手に包んでいるグレイビー。豚肉の脂の甘味が際立ちます。

帆立はココナッツベースのまろやかな美味しさ。
帆立から出る出汁がカレーに溶け込み、柔らくも奥深い味わいでした。

チキンピクルスは柔らかい鶏肉とスパイスと油と酢が渾然一体となり、そのまま食べればお酒のおつまみにもなりそうな逸品。
ご飯に乗せて食べても美味しく、カレーに混ぜても良い感じのナイストッピングでした。

ご飯少な目だと少し安くなるサービスも相変わらず。

ブレない美味しさは独立しても変わらず、さらなる進化の可能性も感じさせるお店です。
今後も楽しみですね!

評価:★★★★

カレー日記



下北沢「カルパシ」カレー3種(クートゥ、レモンチキンカレー、マトンキーマカレー)




ジェラート(焦がしマスタードシードココナッツ、実山椒ブルーチーズショコラーデ)


予約瞬殺でなかなか行けない名店、千歳船橋のカルパシが二号店をカレーの街下北沢にオープンさせました。
こちらは予約無しでフラっといけるのが嬉しいです。
と言っても人気店ですから、行列になることも覚悟しておかねばなのですが、平日昼に行ってみるとそこまで列になっているということもなく、すんなり入れました。

カウンターに座ってみてびっくり。
厨房で腕を振るっているのはかつてリロンデル、グリーンカレーめぇという人気店の店主だっためぇさんじゃないですか!
でもすぐに納得。
めぇさんはカルパシ常連であり、カルパシの店主クロちゃんはめぇさんのファンでもあるのですから。

カレーはレシピが同じでも作る人が変わると大きく味が変わるものですから、人気店、名店の二号店と言っても味が同じではなく、期待が外れてしまうことも少なくないのですが、めぇさんなら安心です。

3種盛りをいただきました。
まずクートゥが最高に美味しい!
他の肉系カレーももちろん美味しいのですが、この野菜のみのクートゥがむしろ主役だとも言えるくらいのインパクト。

そしてその他のカレーと共に副菜を食べると、食感も味も香りも変化していき、徹頭徹尾美味しいんですよ。

カルパシ感と、めぇさん感のハイブリッド。
とんでもない美味しさです。

いやはや満足満足。
しかしこれだけで終わらないんです。

せっかくカレーとジェラーとのお店ですから、ジェラートもいただきました。

8種の中から2種を選ぶのですが、焦がしマスタードシードココナッツ、実山椒ブルーチーズショコラーデの2つをチョイス。
これがまたとんでもなかった!

マスタードシードのほのかな苦味と酸味がココナッツの甘味を引き立て、プチプチ弾ける実山椒の食感と痺れ、ブルーチーズのコククセ、チョコの苦味と甘味、これの三位一体。
ここでしか食べられないスパイスジェラートです。

予約が苦手な僕がわざわざ予約してでも行きたいカルパシ。
それが予約無しで行ける嬉しさ。
大好きだったリロンデル、そしてグリーンカレーめぇ。
さらに、カレーの次に沢山食べているのは恐らくジェラート含むアイスクリーム系なのではないかと思う僕にとって、このお店はとんでもない奇跡的な存在なのです。

評価:★★★★☆

カレー日記



渋谷「グッドラックカリー」あいがけカレーW(海老、キーマ)


リニューアルした渋谷パルコ。
カレー率が上がっているんです。
そんな中、7月半ばにまたカレー専門店がオープンしました。

恵比寿にある人気店「グッドラックカリー」です。

おしゃれなカフェ風の内装。
メニューは海老とキーマの2種。あいがけもできます。
ならばあいがけでお願いしましょう。

まず海老。
柔らかいというか優しいというか、ともすると弱いと言えなくもないまろやかなカレー。
色とりどりの副菜と一緒に食べるとその弱さの意味がしっかりとわかるバランス感なのですが、このあたりは恵比寿の本店同様のイメージでした。

しかし、キーマを食べてイメージが変わりました。
このキーマ、鋭くて濃くて強いんです。
ホールスパイスもがっつり入っている上に後掛けスパイスもあるのでしょうか。
鮮烈な香りと粗挽き肉の存在感。
塩気も強めなのが逆に良い。
海老カレーと一緒に食べると、全体の美味しさが一段階引き上げられる、そんなキーマなんですよ。

むしろ本店よりも好印象。

メニューは週替わりを目指しているそうです。
ですから常にこのキーマがあるわけではないとのこと。
ただ、まだ開店間もないので、しばらくこれで行くかもしれないそうです。

渋谷はなかなか良いカレーが無いというイメージだったのですが、ケニックカレーの独立、エリックサウスマサラダイナーの存在、そして新たな楽しくてポテンシャルを感じるお店が続々と登場し、渋谷カレーも楽しくなってきましたよ!

評価:★★★☆

カレー日記



静岡 富士宮「籠と風呂敷」


静岡県は富士宮にある新進気鋭のカレー店「籠と風呂敷」。
仕事で名古屋へ行った帰り、時間があったので静岡寄ってカレー食べて帰ろうと、静岡に面白そうなカレーは無いか調べていたんです。
そんな中で見つけたお店。
ほとんど情報が無い中、妙に気になった店名。
どんなカレーを出すお店かすらわからなかったのですが、ピンと来たので連絡してみました。
すると店主さんは僕を知ってくれていた。
ならば行かねばなるまいということで行ってみたら美味しくて。

その後不思議な縁で、こちらのお店の常連さんが僕のバンドのファンだったことが判明。
その方が僕のCDやらカレー本やらを店主さんにプレゼントしてくれたそうです。

それを受けて店主さんがTwitterで「こうなったらうちの冷凍カレー送りつけちゃおうかな」的なことをつぶやいていたので、「是非!」と返したら、こんなに沢山送ってくれましたw
10個ですよw

丁寧に付箋付きで何カレーかわかるように送ってくれたのですが、我が家の冷凍庫の雑然ぶりに二つだけ付箋が無くなってしまいまして。。。
とりあえず二つずつあいがけでいただいたので全部簡単にまとめます。





和風チキン改、そら豆キーマ中華風


さっぱり系の出汁の旨味を感じる和風チキン。
そら豆の食感と独得の風味が活きたキーマ。
どちらも美味しいです。



ヤゲンナンコツキーマ、マトンローガンジョシュ


やげん軟骨をそのまま叩いてキーマにしたヤゲンナンコツキーマはコリっとした食感が楽しくて。
マトンローガンジョシュはインドのオーセンティックな料理。
創作系のお店だとばかり思っていたのですがオーセンティックも正しく美味しい所にポテンシャルを感じました。



ポークビンダルー、キーママタル


オーセンティック美味しいじゃないかと思ってオーセンティック二つ。
ゴア地方の名物ポークビンダルーにインド料理の基本的定番キーママタル。
どちらもやっぱり美味しい。
そしてオーセンティックでありながらも良い意味で日本らしさもあり、唯一無二の味でした。



マスタードチキン、カゴフロ的ポークカレー


マスタードチキンはベンガル地方のイメージ。
ポークカレーはインドと日本の融合。
どちらも水の良さというか水の美味しさを感じました。富士山の伏流水のパワーですね。



梅チキン、ヤングコーンと豚のペッパーキーマ


梅の酸味がタマリンド的役割を果たす梅チキン。
ヤングコーンと豚のペッパーキーマはペッパー感がメインでシンプルなスパイス感。
梅チキンと合わせるととても相性が良かったです。



あさり、苺ポーク

最後に付箋がなくて何だかわからなくなっていた二つをあいがけ。
あさりカレーと苺ポークカレーでした。
あさりは旨味の塊ですから、それが存分に出たカレー。
そして苺ポーク。
これが面白い。甘味と酸味は苺由来。つぶつぶのスパイスは何かと思ったんですが、これ、苺の種ですね。それがポークと合う合う。

どれも美味しいのみならず楽しさがあり、楽しみながら作っていることが想像できるカレーばかりでした。

まだ新しいお店なのですが、こういうお店は経験上、どんどん美味しくなるんですよ。
魯珈なんかも最初から美味しかったんですが、楽しみながら作っているからどんどん美味しくなって日本一の人気店になりました。
最近だと上板橋スパイスフォースも楽しみながら作っているから行く度に味が進化しているんです。
籠と風呂敷もまさにその系統。
期待大のお店です。

コロナ禍収束したらまた是非とも行きたいお店のひとつです。
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード