カレー日記


上石神井「analog.」ハーフ&ハーフ(チキンな彼へ。、アナログリィィィィンカレー)


不定休で営業時間についても不定。詳しくはTwitterで。
そんなお店です。
多くの人が当たり前にスマホを持ち、ツイッターをいつでもどこでも見れる現代だからこそ成り立つスタイルですね。
このようなスタイルからもわかるとおり、マイペースなお店なんです。
しかしそのマイペースというのは、ある意味こだわりの証拠でもあるわけで。

時間が決まっていると雑になる部分も出てくると思うのですが、こちらはそういうものを無くしたいからこその無理の無い時間配分といいますか、己のペースで納得できるものを作るという気持ちの上でのマイペース営業と感じました。

つまり、美味しいんです。
そして何より安い!

これはマイペース営業じゃないとできないことだと思います。

いただいたのは「チキンな彼へ。」と題されたオリジナルの辛口チキンカレーと「アナログリィィィィンカレー」と題されたグリーンカレーのハーフ。
値段設定が独特で、カレーの種類やライスの量、具の多い少ないで少しずつ変わってきます。
僕は具の量は普通、ライスは少なめの150gでオーダー。これだと730円という激安価格!

カレーも丁寧に作られています。
辛口チキンは家庭的チキンカレーの発展形。
鶏肉、じゃがいも、にんじんは具だくさんといえるくらいのしっかりした量であり、奥深く刺激的なバランスはできそうでできないバランス感。
グリーンカレーはマイルドですがタイレストラン的濃厚さ。
そして鶏肉と野菜でこちらもしっかりと具が入っており、パクチーもしっかりと乗って、値段からすると十分以上の内容でした。

提供時「ニンニク入れますか?」と言われ、思わず「ニンニク野菜!」と条件反射で答えそうになってしまいましたがw、よく見るとその呪文が唱えられるお店と同様の生ニンニク。
この日は仕事の合間だったので遠慮しましたが、この辛口チキンにはきっと生ニンニク、合うでしょうね。

カウンターのみの小さなお店。
オーダーもこちらから一方的に伝えるのではなく、マスターのタイミングで聞いてきます。
それもすべてマスターのペースを保つため。

これだけ美味しいカレーを安く提供してくれるんだったら、不定休なのもその他諸々のマスターのマイペースも、どうぞそのまま続けてくださいと思えます。

お客様は神様ではありません。
ようやくそんな言葉が浸透しはじめてきましたが、逆にいえば店主も神ではないわけで。

客側からしたら美味しい料理を作ってくれるお店への感謝があり、お店側からしたらわざわざお金を払って食べに来てくれる客側への感謝があり、それが両方ある形が望ましいし、本来は普通なんですよね。
こちらのお店にはそれが確かにありました。
良いお店です。

評価:★★★★

カレー日記


二子玉川「オクシモロン」彩り野菜の鶏そぼろカリー


鎌倉の超人気店オクシモロン。
いつ行っても凄い行列。
休日に行くと2時間待ちなんてこともあるほどの人気になってしまっていて、かつては何度か足を運んでいたのですが最近はすっかりご無沙汰に。
そんなオクシモロンが東京は二子玉川に店を出したと聞いたのはいつだったか。
ようやく縁があって行ってきました。

玉川高島屋の7階テラスにあるお店。
なんとまぁおしゃれな!
二子玉川自体がおしゃれな街ですが、その中でもひときわおしゃれエリアです。

それほど広くないお店ですが、行ってみると満席。流石ですね。
ただ行列はできていなかったのでそれほど待たずに入れました。

カレーはメインの和風キーマ、エスニックそぼろの2つに、その日の日替わりカレーの3本立て。
3人で行ったのでそれぞれひとつずついただきました。
僕は食べた事のなかった日替わりの彩り野菜の鶏そぼろカリーで。

オクシモロンらしいしっとりとジューシーなキーマ。
辛さは選べますが辛口でもそれほどでもない控えめな辛さ。
野菜の彩りも鮮やかで、ピンクペッパーが香るのが印象的。
完全女性受けカレーですね。

もちろんおじさんである僕にも美味しくいただける味です。
他の2つのカレーも味見させてもらったのですが鎌倉オクシモロンの名に恥じないクオリティでした。

並ばず食べられるのでオクシモロンのカレー食べたくなったらこっちに行こうと思います。

評価:★★★☆

カレー日記


山田「ココテラス(これく亭)」2種類のカレーコンビA(ホットチキン、キーマ)小盛り


ジャージーミルク


山田駅。生まれてからずっと東京に住んでいる僕ですがこの駅を知らないでおりました。
東京も広いですね。
八王子方面にある駅です。

何故こちらに行ったかといえば、そこに美味しいカレーがあると聞いたから。
目指すは「これく亭」。
しかし行ってみるとこれく亭ではなく「ココテラス」というお店になっていました。

さらによく見てみると、メニューは以前からのものと同じな様子。
カレーがあるなら問題ありません。
入ってみました。

頼んだのは2種類のカレーのあいがけ。ホットチキンとキーマのコンビで、小盛りでお願いしました。
小だと100円引きになるのが嬉しいです。

先にアチャールと、じゃがいものスパイス煮的なものが出てきましたが、どちらも美味しいです。

メインのカレーも確かな美味しさ。
ホットチキンは一般的にはしっかり辛口なのですが、ジャージー牛乳で煮込んだとあって、その濃厚な奥深さとほのかな甘みもあり、独特の仕上がり。
バターチキンが好きな女子に受けそうな味わいです。

キーマはラム肉。ひよこ豆も乗っていて、スパイス感はそれほど強くないのですがしっとりと食感も良く、食べやすい味わい。

全部レベル高いですね。
カレーを頼むとドリンクが150円でセットになるということで、ジャージー牛乳もいただきました。

「春先は乳脂肪分が高いのでしっかり混ぜてください」と店員さん。
確かに濃厚な乳脂肪分が浮いていて、フレッシュです。
牛乳好きにはたまりません。

いやはや美味しかった。
店名について店員さんに聞いてみると、運営母体が変わって2017年4月1日から店名も変更になったとのこと。
しかしカレーなどの味はそのまま受け継いで、これからも出していくそうです。
これだけ美味しいカレーですから、この味を守っていって欲しいですね。

評価:★★★★

カレー日記


西太子堂「サラヴァ」とろとろチーズキーマカレー


スパイスオレ


三軒茶屋駅から歩いて10分少々程、大通り沿いにある喫茶店です。
コーヒーが飲みたくてお店を探していると、カレーもあるというこちらを発見。
入ってみました。

カレーはジンジャーキーマカレーが基本のようです。
これにチーズを乗せたチーズキーマカレーもあり、数量限定でバターチキンカレーもありました。
悩んだ末にチーズキーマカレーを注文。

あれ? コーヒー飲みに来たんだけどな(^^;)

というわけでコーヒーもちゃんと注文しましたよw
スパイスオレなる気になるメニューがあったのでそちらを。

まずカレー。
ジンジャーキーマというだけあってしっかり生姜がきいていて美味しいです。
スパイス使いも独特で、キーマカレーというとだいたいどこも無難に美味しいのですが個性も無いという感じになりがちなところを、こちらは頭一つ抜けた美味しさと個性を出せているのが凄いと思いました。
チーズもよく合っていて。
これは男性も女性も喜ぶキーマですよ。

そしてスパイスオレ。
シナモン、カルダモン、クローブ、オールスパイス、胡椒を使用。甘味はほんのり黒糖で。
オールスパイスが面白いなぁ。
美味しいですよこれ。甘味もほんのりなところがまたちょうど良くて。

シナモンだけ、カルダモンだけ入れてスパイスティーとかスパイスコーヒーといって出すカレーのお店もありますが、こちらはケチってない感じが良いですね。

カレーもコーヒーも、カレーの付け合わせにもこだわりを感じ、そのこだわりが独善的でなく、正しく花開いていました。
このお店は当たりです。

評価:★★★☆

カレー日記


白山「喫茶おとら」ひき肉とひよこ豆のカレー


17号沿いにある喫茶店です。
フードメニューはサンドイッチやケーキ。カレーもあります。

日曜日に訪問。
常連らしき女性グループ客とマスターが料理の話で盛り上がっていました。
なんだか良い雰囲気です。

カレーはひき肉とひよこ豆のカレー1種類。
これをいただきました。
カレールーやカレー粉ではなく、スパイスからオリジナルブレンドしたカレーですね。
ひき肉とひよこ豆と野菜とスパイス。
ピクルスもついてきます。
全体的にヘルシーな味わいです。

個人的にはもうちょっとスパイス感も味も強めの濃い目が好きなのですが、こうやってスパイスで作ったカレーを出してくれる喫茶店は好きです。

評価:★★★

カレー日記


神田「焼ジビエ 罠」じびえカリィ


猪豚スペアリブ


猪のしうまい


蝦夷鹿ユッケ


神田で人気のジビエ料理のお店です。
今回行ったのは鍛冶町にある方。
路地裏の穴場という雰囲気ですね。

行ったのはもちろんカレーがあるから!

マタギコースとじびえカリィをいただきました。
ドリンクはセルフと書いてあったのですが、混んでいない場合は店員さんが作ってくれます。
タイミング良く7割程度の入り具合だったので店員さんが作ってくれました。

コースの中で特に美味しかったのは蝦夷鹿ユッケ、猪しうまい、猪豚スペアリブ。
肉質も良いのですが味付けも良いんです。
しっかりと鹿、猪、猪豚の味を堪能できました。

そしてカレー。
深みのある煮込みカレーでこれまた美味しい!
赤ワインの風味かな? 違うかもしれません(^^;)
色々な肉が入っていて食べ応えも十分でした。

「ライスつけますか?」と聞かれて何も考えずに「はい」と伝えたのですが、ライス無しでも頼めるということですね。
それは素晴らしい!
しかしライスはライスで固めに炊いた麦ごはんで、これも美味しかったのでその時の気分で変えれば良いですね。
いずれにしてもこのカレーならマストです。

ジビエ料理は高たんぱく低脂肪の肉が多いということで、店内には女性客も多かったです。
肉食女子の皆さんは要チェックのお店ですよ!

評価:★★★☆

カレー日記


中野「レインボウスパイス」スパイシーポークヴィンダルー


チキンバターマサラ


立川の名店レインボウスパイス。
西武新宿駅近くに支店を出したらこちらも人気店となり、飛ぶ鳥を落とす勢いで中野店です。

ブロードウェイの地下にあるのですが、ブロードウェイとは思えないおしゃれ感。
先にカウンターで注文して座るカフェスタイル。
2人で行き、僕はスパイシーポークヴィンダル-を、連れはチキンバターマサラを注文しました。

ポークヴィンダルーはスパイシーがついて100円アップしているだけあり、青唐辛子入り。
グレービーにも唐辛子を感じ、結構な辛さになっていてこれが美味しくて。
元々こちらのポークヴィンダルーは好きなのですが、普通のヴィンダルーよりも気に入りました。
豚肉の量もゴロゴロとかなり入っていて食べ応え十分です。

チキンバターマサラも味見させてもらったのですが食べやすく、きっと女子受けするんだろうなと思える味わい。
男女問わず中野のサブカル民にも受け入れられること間違いなしでしょうね。

評価:★★★★

カレー日記


池袋「サクラカフェ」季節野菜とチキンの焼きカレー


カリーヴルスト


アイアンメイデントゥルーパー


池袋にあるサクラホテル。
こちらの1階がカフェというか飲食できるスペースとなっており、ホテルの宿泊客、主に海外からの方々で賑わっていると聞いて行ってみました。
もちろんカレーもあると聞いたからです\(^o^)/

カフェというよりは本当にホテルのロビーにバーカウンターがあるだけの感じ。
あとはホテルの空きスペースに机と椅子を並べただけ。
広さはそれなりにあり、外のスペースも利用しているのですがビニールテント的なもので仕切られているので寒くはありません。

カレーは何種類かあったのですが、どうやらよもだそばのカレーを使っているようで。
よもだそばと言えば蕎麦とインド風カレーライスが美味しい立ち食い系のお店です。日本橋と銀座にお店があり、そこのカレーなら僕も好きなんです。

そんなカレーを使ったカレーの中から、焼きカレーをいただいてみました。
よもだそばでは食べられないスタイルですから。

他のメニューにカリーヴルストもあったのでそちらも。
カリーヴルストのカリーはよもだそば関係ありません。

飲み物はビール中心。
冷蔵庫の中から好きな飲み物を取り出してバーで会計するシステム。
一際目を引いたのがイギリスのヘヴィーメタルバンド、アイアンメイデンの名曲トゥルーパーのビール!
意味がわかりませんw
こんなのあったんだ。
邦題「明日なき戦い」ですからね。

まず先に出てきたカリーヴルストをつまみにトゥルーパーを。
ソーセージは小さいサイズですが2種類のソーセージが4本と3本。
これにトマトソースにカレースパイスです。
シンプルですが想像通りの美味しさ。

続いて焼きカレー。
よもだそばのカレーをチーズ乗せて焼くとこうなるんだなぁと。
なかなか美味しいじゃないですか。
カレーとライスの量のバランスが、ライスの方が多すぎるのが少し気になりましたが、値段も高くないのでまぁこんなもんでしょう。

トゥルーパーに関しては特に変わった点もなかったのですが、これを手にするだけで脳内にトゥルーパーがヘヴィーローテーションで否が応でもテンション上がりましたw

その昔ドイツのライヴハウスに行った時、地元の若者とビールを飲みながらニーチェとアイアンメイデンについて語り合い、盛り上がったことを不思議と思い出しました。
語り合うというほど英語ができるわけではないですし、ドイツ語に関してはまったくできないんですが、ライヴハウスって不思議と意思の疎通ができちゃうもんなんですよね。
そしてここはホテルながらそういう雰囲気が感じられて。
こんなホテルなら無駄に泊まってみたいです。

評価:★★★☆

カレー日記


恵比寿「アーラープレーネーワーラー」チキンティッカマサラ、マサラコーヒー(カルダモン)


おしゃれな街恵比寿のおしゃれなエリアであるガーデンプレイス。
そのさらにおしゃれなスポットとしてブリックエンドという一角ができていました。
スタンド横丁という感じのエリアなのですが、全ての店がおしゃれ。
カレー屋もあるんですがこれがまたおしゃれ。

店名はアーラープレーネーワーラー。嗚呼おしゃれ!

店名自体は本格的インドという感じですが、店内はカフェのような雰囲気。
若き日本人男性が2人で切り盛りしていました。

基本はカレーライス。
ターリーもあったのですが2800円となかなかのお値段だったのと、仕事の合間でゆっくり食べる時間の無い夕方訪問だったのでカレー一皿とドリンクを注文しました。
カレーはチキンティッカマサラ。ドリンクはマサラコーヒーで。

チキンティッカマサラはイギリスとインドの融合的な説明がメニューにあったのですが、まさしくその通りであり、カレーのことがわかっているからこそでしょう。
わかっている人が作ったカレーなので確かな美味しさ。
インドカレー的作り方でありつつスパイスが立ちすぎていないので一般的なカレー好きにもきっと受ける味でしょう。
玄米で食べるのも良いと思います。
そういう本格的すぎない雰囲気がガーデンプレイスにはピッタリ。
値段が僕のような庶民には少々お高めですが、このエリアは日常的に利用しているセレブには高くないでしょうね。

マサラコーヒーはスパイス1種類セレクトできるということでカルダモンにしてもらいました。
こちらは思ったほどカルダモンが効いてなかったので、普通のコーヒーでも良かったかなぁとも思ったり。
あるいはチャイもあったのでそっちだったかな。

お酒のおつまみ的メニューも豊富で、飲み利用に良さそうです。
喫茶店利用もできそうですし、財布に余裕のある方には色々と使えるお店かと思います。
余裕がない僕ですが、たまには使ってみたいと思えるお店でしたから。

評価:★★★☆

カレー日記


天王洲アイル「デヴィッド・ボウイ イズ カフェ」コリアンダーキーマカレー、ティラミス


寺田倉庫で開催されているデヴィッド・ボウイ大回顧展に行ってきました。
素晴らしかった!
ミュージシャンであると同時にアクターでありパントマイマーであり、とにかく全身全霊のアーティスト。
節操の無さと100%良い意味での嘘くささ。
ゼロから何かを生み出すタイプではなく、もともとあるものを凄まじいセンスで極限まで高めるタイプのアーティストだと思います。
とにかく大満足でした。

Tシャツやタオルなど色々とオリジナルグッズを購入し、一息つこうと思ったら物販コーナー併設のカフェがあるではないですか。
コーヒー飲もうと思ってメニュー見たらカレーがあるではないですか!
そしてティラミスも。

コーヒーはやめにしてカレーとティラミスを注文しました。

カレーはコリアンダーキーマカレー。
所謂カフェカレー的な挽肉カレーにパクチー乗せ。
流行ものって感じです。
味はごくごく普通。
皿が紙皿なのはこういう場所ですからいたしかたないですね。
それでいて値段が1000円なのもこういう場所ですから以下同文。

ティラミスも同様に。

まぁ、わかってはいたんです。食べる前から。
でも、デヴィッド・ボウイ大好きなカレーおじさん\(^o^)/としては、見つけてしまっては食べないわけにはいかないですからねぇ(^^;)

評価:★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード