FC2ブログ

カレー日記



新富町「カリアゲ」アイガケ(バターチキン&和風ポーク)、カチュンバルサラダ


新富町と八丁堀と月島、それぞれの駅を頂点とした三角形の中にあるお店です。
歩くなら新富町駅からが一番近いかと思います。

隅田川沿いにあるカフェ的なお店。
川サイドにはテラス席もあるようです。
天気の良い日には最高ですね。

カリアゲという店名ですが「Curry-age」という文字がメニューに見えました。
カレーで上げていこう!というイメージでしょうか。
素敵です。

メニューはバターチキンカレーと和風ポークがレギュラー、日替わりのカレーもあるようです。
ランチタイムはあいがけにしてドリンクサービスついて900円というお得な価格。
日替わりは値段が変わるようです。

お得なバタチキとポークのあいがけで。
トッピングもあり、100円でカチュンバルサラダもつけられるということだったのでそれも注文してぴったり1000円。
ご飯は少な目でオーダーしました。

バターチキンは北インドの濃厚なものではなく、シャバっと軽やかなタイプ。

和風ポークは和出汁の旨味が中心となったポークカレー。

どちらもスパイスカレー的な方向性です。

カチュンバルサラダもインド本式のものとは違ってまろやかなイメージ。
カレーもそうなのですが、全てにまろやかさがあります。
優しいんですね。

悪い意味ではなく家庭的な味。

ガツンとスパイスがきいたカレーだったり本格派のカレーが食べたい時もありますが、こういう優しいホームメイドなカレーを食べたい時もあります。
そんな時にはちょうど良いお店かと思います。

夜にはビリヤニもあるようなので、また行ってみたいですね。

評価:★★★☆

カレー日記



門前仲町「IZUMITEI」分厚いカツカレー(ウルトラマトン)


門前仲町のIZUMITEI。いつのまにか移転していたのですね。
以前あった場所と同じ通りで以前より駅近くのビルの二階になりました。
店内の雰囲気はさほど変わらず落ち着いた雰囲気です。

カレーのメニューを見ると分厚い低温調理の豚肉を使ったカツカレーが一押しになった様子。
カレーをウルトラマトンカレーと、蕎麦屋の印度チキンカレーから選べるということでマトンに。

カツのソースもどろソースとごまソースから選べるということでごまソースでオーダー。

まずマトンカレー。
カルダモンやカシアなどのスパイスがホールで入っている骨付きマトンがごろごろと入ったカレーです。
47種類のスパイスを使用しているということですが、なるほどなぁと思いました(インドカレーやスパイスカレーをよく作っている人ならわかってくれるかと思います)。

カツとこのカレーの相性は可もなく不可もなし。
ソースをつけた方が良いかと思います。
ごまソースは市販のものでしたが、このカツにも合いましたしこれをカツにかけることによって、このマトンカレーの味を円グラフにすると足りない部分が出てくるのですが、その部分の補完もできました。

接客が相変わらず丁寧で好印象。

カツは分厚くてがっつりですがカレーが軽いので胃もたれしません。
マトンだというのも良いです。

近隣のカレー好きの方には、門仲カレーの選択肢のひとつに加えておきたいお店です。

評価:★★★☆

カレー日記



「ロイヤルホスト」カシミールビーフカレー




ビーフジャワカレー風ドリア


ロイヤルホストのカレーに再び、いや、三度、いや、もう何度目かわからないのですがまたハマっています。
ことその味のクオリティの高さにおいてはファミレス界1位だと思いますし、毎年夏にカレーフェアを開催しているということ、そしてそのカレーが実に美味しくて意欲的であるということからも、カレー好きである僕がハマらないわけはないのですが、先日のニュースでロイヤルホストの経営状況がコロナ禍の影響で厳しいと聞いてから、応援するという意味も含めて行く回数が増えました。

この日のロイホカレーはカシミールビーフカレー。
カシミールといえば老舗デリーの看板メニュー。
それのロイホ版。

ビーフというのが良いじゃないですか。
実際カシミールにビーフってめちゃめちゃ合うんですよね。

漆黒のサラサラ激辛カレー。
だからこそ牛肉の甘味が活きます。
付け合わせもこだわりを感じて良いです。

そしてさらにロイヤルホストはロイヤルデリという冷凍食品もやっているんですね。

通販も可能ですが店頭でも販売していたので、ビーフジャワカレー風ドリアを購入。
レンジで温めるだけの超簡単カレーです。
これがまた美味しい!

ロイホの看板カレーであるビーフジャワカレーにバターライスとチーズの三位一体。
量は少な目ですが、値段も安めですし、味を考えれば十分以上の満足感。
素晴らしい!

やっぱりロイヤルホストはカレー屋です。
頑張れ僕らのロイホ!

評価:★★★☆

カレー日記



大塚「トミヤマカレー」カレー2種盛り(ひよこ豆と豚キーマ、大根とラムキーマ)+ゆで卵


大塚駅南口を出てすぐにある小さな商店街を入ってすぐ右にあるお店です。
コロナ禍の中、2020年4月に開店。
何とも大変な時に始まってしまったのですが、素敵なお店でした。

カレーのメニューは日替わり。
僕が食べた日は、ひよこ豆と豚キーマ&大根とラムキーマの2種盛り。
最初から2種盛りというメニューです。
トッピングでゆで卵をつけました。
無料トッピングでポテトサラダもついてきます。

どちらもシャバっとしたキーマ。
横軸は同じでありながら縦軸が少し違うと言いますか、似て非なるものと言いますか、豚の旨味とひよこ豆のホクっとした食感のキーマに対して、羊の旨味と大根のジュワっとした食感。
旨味と食感に差があるのでそれぞれ食べても美味しいですし、混ざってもまるで違和感がありません。

全体的に甘味とクローブの香りが印象的でした。
個性ある美味しさですね。

大塚には名店が多いのですが、その大塚においてもカレーローテーション入りさせておいて間違いないお店の誕生です。

評価:★★★☆

カレー日記



神保町「ビストロべっぴん舎」牛スジカシミールカリー


神田カレーを代表する名店として知られるべっぴん舎がコロナ禍の中で本店もある神保町に二軒目を出店しました。
実はこれにはコロナ禍だからこその深い事情があるのです。

現在も本店がある場所はオリンピック後に再開発予定の地域だったので、こちらに移転する予定だったのが、コロナ禍でオリンピックも延期となり、再開発の話も一時中断。
しかし移転予定で動いていたので新店舗も決まり、時期も時期なので告知もしにくいし、こうなったらもうどっちもやってしまえとばかりに営業開始という。

何とも大変な状況の中でさらに大変なことになってしまったわけですね。
これは応援せねば!

新店舗はかつて欧風カレーの名店ペルソナが存在した場所のすぐ近く。
大通りから少し入った場所ですが、一階でわかりやすいです。
店内も本店より二回りくらい広いでしょうか。

メニューは本店同様。
いただいたのは僕の一番のお気に入り、牛スジカシミールカリーをご飯少なめで。

カシミールカレーといえば老舗デリーの看板メニューですが、こちらのマスターもデリーから派生したボンベイ出身。
しっかりと歴史を受け継ぐお店なのです。

カシミールの辛さに赤ワインに煮込んだ牛スジが加わることで甘みと深みが追加され、食べやすくなっています。
野菜もトマト、レンコン、ブロッコリーなどが入ってバランスも良く、食べて美味しく、健康にも良いカレー。
相変わらずの絶品です!

コロナ禍の中で急遽スタートした名店。
まだ従業員の数も足りてないそうで大変そうですが、大好きなお店なので応援していきたいと思います!

評価:★★★★

カレー日記



下北沢「バルセブン」鯛出汁ペッパーキーマカレー


下北沢のバルセブン。
コロナ禍の現在、お店は夕方から営業で、料理は日替わりでシェフが変わるスタイルなんだそうで。
ある日のシェフはキッチン前田。
店舗は持たず、様々な音楽イベントでカレーを提供し、大阪の人気店ともコラボを果たしているなど、新進気鋭の注目シェフですが、本業はミュージシャンなんですね。

さて、この日のカレーは鯛出汁ペッパーキーマカレー。
鯛出汁というあたりがコラボした大阪の人気店を彷彿とさせて楽しいです。

食べてみるとこれが本当に美味しい!
キーマですから挽肉メインと思いきや、鯛出汁も負けない存在感。
ツインボーカルのような様相。

これを支えるまわりは雑穀米になめ茸や紫キャベツのアチャール、そして茄子の中華アチャールというメンツ。
これがまた酸味を加えたり食感を変えていったりと良い仕事をしていて。

いやはや美味しかったです。
キッチン前田のカレーを食べるのは何回目だろう。
毎回毎回レベルアップさせてくるからたまりません。

バルセブンでキッチン前田のカレーが食べられるのは不定期とのことですが、現状週に1回くらいのペースで提供中。
詳しくはキッチン前田のSNSをチェックしてみてください。

評価:★★★☆

カレー日記



銀座「半月」2種盛り(チキン、メンタイキーマ)、サバエッグサラダ


大久保から西武新宿を結ぶカレー激戦区で人気のスパイスカレー店半月。
元々はすぐ近くにあるミャンマーカレーもある24時間営業のラーメン屋桔梗の系列だったと記憶していますが、ここは牡蠣のお店もやっていたりと色々手広いです。
半月と名前を変えたのはカレー業態に力を入れだした証であり、実際に人気も出てきて二号店を開いたという流れ。

その場所が銀座だというから気合い入ってますね!
しかし店舗オープンがコロナ禍の真っ只中にぶつかってしまって大変そうです。

カレーはレギュラーのチキンカレー、そして日替わり。
この日はメンタイキーマでした。

チキンカレーは後掛けスパイスのフレッシュな香りが印象的で王道のスパイスカレー。
メンタイキーマはキーマの上に明太子ソースがかかっているという形。面白いです。

トッピングにサバエッグサラダも。
これもカレーに混ぜて行くと味変になって良い感じでした。

入店してすぐに食券購入し、カウンターでサクっと食べるスパイスカレー。
すぐ近くには老舗デリーや、個性派の名店ハレギンザや、グリーンカレーうどんの名店佐藤養助など、カレーが充実したエリア。
その中においてもカレーローテーション入りさせたいお店です。

評価:★★★☆

カレー日記



東新宿「サンラサー」花山椒キーマ




バイマックルーキーマ


予約が一瞬で一杯になり、行列も日常茶飯事の人気店サンラサー。
お店がカウンターのみで小さいということもあり、コロナ禍で密を避ける為に営業自粛しているのですが、だからこその新サービスが始まりました。
冷凍カレーです!

冷凍カレー、実はハードルが高いんです。
何のハードルかというと法律上のハードル。
冷凍カレーの販売許可を得るにはかなり厳しい審査が必要であり、本来はそれを満たしたお店じゃないと販売できません。
ただこのコロナ禍の中ですから、審査を通したお店じゃなくても今は国が見て見ぬふりをしてくれているという状況なんですね。

しかしサンラサーのオーナーまりこさんは大手飲食チェーンで働いていた方ですから、そのあたりの意識も高く、ちゃんとその基準を満たした場所でこの冷凍カレーを製造しているのです。
その時点で一歩も二歩もリードしていますし、食べる側としても安心です。

いただいたのは定番のバイマックルーキーマと限定の花山椒キーマ。

バイマックルーは粗挽き肉の旨味とタイ料理で使われるバイマックルーの爽やかさが見事に融合した逸品。
インドミーツタイ。
自由さが美味しさにつながっています。

花山椒キーマはきめ細やかな挽肉にピりっと痺れを追加する花山椒。
インドミーツチャイナ。
これまた自由で美味しい!

シンプルにご飯とカレーのみで食べても美味しいですが、お店同様様々な副菜を追加して食べるのがさらに良さそうです。

注文はこちらから。

公式サイト
https://sanrasa.stores.jp/

リリース時はお店同様に即完売という状態が続いていましたが、少しずつ落ち着いてきたようなので、SNSなどチェックして「補充したよー」的投稿があったら是非ゲットしてみてください。

カレー日記



「ロイヤルホスト」ビーフジャワカレー


ロイヤルホスト、好きなんです。
チェーン店なのであんまりレビューにあげなかったりしているだけで、結構通っています。
何故ならカレーが美味しいから。
そして他の料理も美味しいから。

ファミレスとしては少し高めの値段設定と感じられがちですが、そのクオリティを考えれば妥当なラインです。
高いのは何故かというと通常ファミレスは工場で作ったものを各店舗で加熱調理という形の場合がほとんどですが、ロイヤルホストは各店舗で最初から仕込んで作るというものがほとんどとのこと。
少しくらい高くて当然です。

何よりカレーに情熱があり、他の料理も時折マニア向けとも思えるチャレンジングなものが出てくるのも楽しいです。

そんなロイヤルホストもコロナ禍の影響で店舗数を大幅に減らすことが決定したそうです。
何とも悲しい。

いてもたってもいられずテイクアウトしに行きました。

頼んだのはロイヤルホストの定番カレーであるビーフジャワカレー。

お店で食べても美味しいですし、家で食べても美味しいです。
洋食系カレーに見えてスパイス使いがしっかりオリエンタルなあたりも良いですし、付けあわせにもこだわりを感じます。

やっぱり好きです。
一時的に店舗数減らすのはいたしかたないことかもしれませんが、これ以上減らないように、そしてコロナ禍が落ち着いた頃にはまた元に戻れるよう、ファンとしては食べ続けるのみです。

評価:★★★☆

カレー日記



埼玉 新狭山「りとるほっと。」深煎り玉葱の煮込みポークカレー、狭山茶カレー




スパイスチキンカレー、生姜とビーツのカレー


埼玉の隠れた名店りとるほっと。
欧風カレーの名店で修業したシェフが、狭山茶などを使って独自に進化させた様々なカレーをいただけるお店です。

その雰囲気も含めて大好きなお店なのですが、こちらで冷凍カレーのお取り寄せが可能なんです。

まずは深煎り玉葱の煮込みポークカレー辛口と狭山茶カレーをあいがけで。
煮込みポークは欧風カレーの手法で作られた手の込んだ美味しさ。
濃厚でフルーティーな甘味と、しっかりとした辛さが喧嘩せずに調和していました。

狭山茶カレーは緑色が鮮やか。
これは抹茶ラテがカレーになったようなクリーミーなカレーで、実に面白く、見た目だけじゃなくてちゃんと美味しく仕上がっているのが素晴らしいです。

次にスパイスチキンカレーと、生姜とビーツのカレーをあいがけで。
スパイスチキンは欧風カレーと違い、ルウを使用しないヘルシーなものですが、チキンの旨味の凝縮度合いは欧風カレーにも負けない深さ。
スパイスバランスも良く、濃厚でありながらもスパイシーというバランス感。

生姜とビーツのカレーはピンクが綺麗で楽しいです。
狭山茶カレー同様にクリーミーなカレーで、その中に溶け込んだビーツと生姜。良いですね。

お店へ直接電話などで注文可能です。
何を食べても美味しいお店でありながら、まだあまり知られていない隠れた名店。
お値段もお得なのでこの機会に是非!

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード