FC2ブログ

カレー日記


大久保「カレーダイス」ハラミと大根のカレー


チャイ


ロックバーDICEの間借りでカレーのお店が2018年8/6からスタートしました。

マスターは元々DICEの常連さんで、カレー好きが高じて自作するようになり、お店にも持っていくようになったところ、それが好評でこちらのオープンにつながったとか。
本業は遊具等のデザイナーさんだそうで。

アーティストによるカレーですね。
カレーもアートなので頷けます。
そしてこの手のお店は美味しいお店が多いように思います。

メニューは日替わり。

ハラミと大根のカレーをいただきました。
一口食べると優しいお味。
ともすると一味足りないと言えなくもないのですが、ハラミの火入れ具合はバッチリ良い感じ。
大根じゃなければ良かったのかも。水が出ますからね。
なんて考えながら、副菜的に添えられたきのこ炒めと小鉢の豆とツナのサラダを合わせて食べてみると、美味しさが3段階くらい上がりました。

混ぜることを前提にしたカレーなのかもしれません。

卓上のカイエンペッパーで辛さ調節可能で、ちょっと追加したらもう1段階美味しさレベルアップ!

マスターは色々なお店を食べ歩いている方。
アーティストって凝りだすと果てしないんです。
かくいう僕も本業は音楽であり、アーティスト。
アーティストの作るカレーですから、これからさらに美味しくなっていきそうな気配十分の、ポテンシャル感じまくりなカレーでした。

店内BGMもロックバーだけあって実に良い感じ。
フリートウッドマックのGo Your Own Wayを聴きながら食べるカレーはオツでした♩

評価:★★★☆

カレー日記


淡路町「カレーノトリコ」あいがけチキン野菜


ピクル酢


秋葉原で行列の絶えない人気店として知られているカレーノトリコ。
この度、2018年8/1に神田寄りに移転オープンしました!

前店舗からも徒歩圏内。
良い場所見つかりましたね。

何故移転したのかというと、色々ありながらも最も大きな理由は「暑い」だそうです。
確かに前店舗、夏は暑かったんです。
それがまた良くもあったのですが、今年の夏の酷暑ぶりを考えると本当にベストなタイミングで移転できて良かったなぁと思います。

移転初日に訪問。
いただいたのはあいがけのチキンに野菜追加。
辛さは25倍。
ご飯は半分。

これに新メニューのピクル酢を追加で。

あいがけは相変わらずの美味しさ。
サラサラのカレーソースにゴロゴロと大ぶりなチキンと野菜。
牛すじドライカレーが奥深さを加えて、ここにしか無い美味しさなんです。

そして新メニューのピクル酢。これが良いですね。
そのまま食べて良し、途中でカレーにぶっこめば味変アイテムになって良し。

ピクル酢の酸味が加わることによって味が引き締まり、個人的により好みの味に変化しました。

新店舗はクーラーもばっちりきいてて良い感じ。
店員さんもオリジナルTシャツを身にまとって気合入ってました。
店主さんのTシャツのみ、ユーモア溢れる仕様となっていたのですが、それは食べに行ってのお楽しみということでw

移転オープンおめでとうございます\(^o^)/

評価:★★★★

カレー日記


本郷三丁目「沙羅沙」サラサライス


バナナジュース


店名からして古びた喫茶店というかスナックというか、昭和感漂うお店の雰囲気です。
地下を降りて扉を開ければ、期待通りの昭和感。
煙草の匂いが染みついたような店内。
昭和の時代は今のように嫌煙運動も盛んではないどころか、大人はかなりの割合が煙草吸ってましたからね。
それが大人の嗜みだと言わんばかりに。

と言いつつ僕自身は煙草吸わないんですけれども、こういう昭和の匂い、嫌いじゃないんです。

メニューを見ると普通にカレーライス、ドライカレー、カレー焼きうどんなんていうものもあります。
どれにしようかなと考えつつさらにメニューを見ると、店名を冠したサラサライスなるものが。
説明書きには豚肉と野菜をケチャップとカレーで味付けたものとありました。
これは面白い。これにしましょう。

オーダーの際に「カレー強めで」とお願いし、一緒にバナナジュースも頼みました。
こういうドリンクも昭和感ありますから。

サラサライス、食べてみると確かにケチャップとカレー。
そのまんまです。
しかしこれ、ある意味ドライタイプのカレーですよね。
インドネパール系のお店でビリヤニを注文すると、こういう味で出てくること少なくないです。
こちらは味噌汁がついてくるのがまた昭和的であり、インネパ系と違った所であり、面白いです。

バナナジュースも安心する美味しさで。

夜はカラオケも楽しめるようです。
なんだか楽しそうだなぁ。

マスターも気さくで、会計の時10円が見つからず探していると「いいよいいよ。おまけ。」なんて優しい言葉をかけてくれました。
ちゃんと探したら見つかったのでちゃんと払いましたけどもね。でも、こういう優しさ、なんだか嬉しいですよね。

評価:★★★

カレー日記


新宿西口「マルス食堂」ハーフ&ハーフ(濃厚牛すじの黒カレー、ひき肉と豆と野菜たっぷりのカレー)


新宿西口駅からすぐ近くにある居酒屋。
こちらのランチタイムはカレー推しなんです。
カレーだけで4種類もあるとは、かなり気合入ってますね。

牛すじ黒カレー、辛口チキンカレー、ひき肉と豆と野菜たっぷりのカレー、昔ながらのカレー。
以上4つです。

看板メニューらしき牛すじ黒カレーと、ひき肉のカレーのハーフ&ハーフで注文しました。

どちらも辛さは控えめですが、卓上に一味があるのでそれで調整可能です。

牛すじ黒カレーは洋食屋のカレー的美味しさ。
ひき肉の方は家庭的美味しさです。

昨今大阪系のスパイスカレーが流行ですが、それとはまったく違うベクトルの、こういう手作りカレーも良いものです。
お値段も良心的価格ですし。

夜はこのカレー、食べられたり食べられなかったりするようですが、夜も確実に食べられると嬉しいですね。

評価:★★★☆

カレー日記


代官山「シンゴカレー」あいがけ(キーマ、チキン)


水曜日のランチ限定間借りカレーのお店です。
かなりハードルの高いお店ですが、タイミング合わせて行ってみました。

ある暑い日だったのですが、開店時間より少し早めに到着。
扉の外で待っていると、僕に気づいたマスターが「暑いので中でお待ちください」と迎え入れてくれました。

マスター、実におしゃれでイケメンな若いお兄さんです。

店内はマスターとも似合うおしゃれなカフェバーといった雰囲気。
メニューはキーマかチキン。あいがけもできるとのこと。
気さくに雑談などもかわしつつ、あいがけでオーダー。
辛さも選べるのですが、7でお願いしてみました。

ポテトサラダにピクルスもついて1000円というのはお得ですね。

このピクルスがチキンによく合うんです。
そしてご飯の上の卵黄はキーマによく合っていて。
キーマは合挽でチキンとはまた違う肉の旨味が凝縮されています。

チキンはシャバっとした、スパイスと野菜で作ったヘルシーなカレー。

どちらにもパクチーがまた合っていて。

辛さはカイエンペッパー増しなので、7だと少し直線的な辛さが強くなってしまった感。
このカレーには4か5くらいが合いそうです。

見た目も味も良く、リーズナブルでマスターもイケメンとくれば、女子受け抜群でしょうね。
女性におすすめのお店です。

評価:★★★☆

カレー日記


「松屋」ごろごろチキンのトマトカレー野菜セット




松屋はカレー屋と言い続けてやまない僕ですが、そんな僕の大好きな松屋がまたやってくれました!

カレーマニア受けの良かったごろごろチキンカレーと、僕が松屋はカレー屋だと思うようになったきっかけのメニューであるトマトカレーが合わさり、ごろごろチキンのトマトカレーとして、店舗限定メニューで登場したんです!

食べてみるとこれが足し算の美学。
ここのところの松屋のトマトカレーは少々塩気が強めになっていた印象だったのですが、チキンが沢山入ることによりその塩気も程良くなり、カレー自体のニンニク感が強まって、ガツンとくる美味しさに!

これがライスと味噌汁ついて590円なんですから。
素晴らしい企業努力ですよ。

一般的なカレーしか食べていない人にとっては、カレーの新体験となることうけあいのこのメニュー。
カレーという世界の広さを垣間見るにはもってこいです。

店舗限定とはいえ、全国にこのメニューを出す松屋は点在しているようですから、HPなどで調べて、お近くの松屋にあったら是非食べてみてください。
僕もきっとまたこれ食べます。

2018年の夏はチェーン店のカレーが豊富で嬉しい限りです\(^o^)/

評価:★★★☆

カレー日記


秋葉原「青柚子」魚がしカレー


秋葉原駅の昭和通り口を出てすぐにある魚バルです。
ランチに魚がしカレーというオリジナルカレーを提供中。

お店は高級感漂うバーのような落ち着いた雰囲気。
ランチメニューはカレーのみならず海鮮系が色々と。

魚がしカレーは、まぐろなどの魚介を細かく刻んでミンチ状にしたものを使ったシーフードキーマというスタイル。
カレーのグレイビーがシーフードなんです。魚系の出汁がそのままカレーになっているような形で、これは個性的な美味しさ。

ご飯がしじみの炊き込みご飯だというのがまた良いです。
さらにはご飯の上にネギトロとガリが乗っているのがまた味変にもつながって面白くて。

これは良く考えられたメニューだなぁ。

辛さは控えめですが、卓上のハバネロソースで調整可能。
ハバネロソースとの相性もなかなか良く、ちょちょっとかけて食べた方が引き締まるのでおすすめです。

秋葉原駅近くにはカレーを出すお店が沢山ありますが、ここは利便性もあり、個性的なので、覚えておいて損はないお店ですね。

評価:★★★☆

カレー日記


恵比寿「ボンベイ」マウンテンカリー(牛)、カシミールたまご


アイスチャイ


柏のボンベイが恵比寿に立ち食いスタイルのお店を出しました。
ガーデンプレイス方面の出口を出て割とすぐ。
坂道を下るとあります。

券売機で食券購入し、渡してオーダー。

マウンテンカリーをいただきました。こちらは肉が牛か鶏か選べるということで、牛で。
カシミールたまごもトッピング。

マウンテンカリーは白ゴマの効いたカレー。
辛さはそれほどでもなく、マイルドな方向性。サラっとしたカレーソースはボンベイらしさ満載。
牛肉の煮込みもしっかりとしていて柔らかく、美味しいです。
カシミールたまごはカシミールカレーのソースにつけた味玉だったのですが、カシミールの辛さはほとんど感じません。
これ、カシミールソースもちょっと一緒に入ってるくらいだとカレーの味変にもなってもっと良いんじゃないかなぁと思ったり。

ところでこのマウンテンカリーという名前、何でマウンテンなの?と店員さんに聞いてみたところ、柏ボンベイの店員さんで山登りが好きな方がいるらしく、山の頂上で食べたいものは何?と聞かれた時に「担々麺」と答えたんだそうです。
カレーじゃないんかーい!というつっこみはさておき、だったら担々麺っぽいカレーを作ってみたら面白いんじゃない?という流れになり、そこから生まれたのがこれなんだそうで。
だからこその白ゴマ使用なんですね。
面白いなぁ。

そういう雑談から新メニューが生まれるって、お店の人が仲が良い証拠ですよね。
柏ボンベイにはここのところ久しく行けてないのですが、また行きたいなと思いました。

そして都民にとっては都内で柏ボンベイのカレーを味わえるという嬉しさ。
食後のデミタスコーヒーも健在なのですが、夏場はアイスチャイも選べるということでアイスチャイにしたらこちらも美味しくて。

ボンベイらしさ全開だったので、ボンベイファン、デリーファンは是非!

評価:★★★★

カレー日記


恵比寿「SPICE125」ラムステーキカレー


レモンビネガーミントジュレ


恵比寿の間借りカレー店です。
女優さんが作るラムステーキカレーということで、コンセプト的にもなかなか個性的。

本業である女優業の合間でお店をされているということで、今までなかなかタイミングが合わずに行ってはフラれるという得意技を繰り返しておりましたが、この度やっとこっさっとこ初訪問とあいなりました。

メニューはラムステーキカレーのみ。
トッピングでパクチーと和山椒を追加でオーダー。

カレーはスパイスと野菜で作られた、優しい方向性の味。
辛さは卓上のカイエンペッパーで追加できます。
そしてキャベツのピクルスも卓上にあるのですが、このピクルスで酸味を加え、カイエンペッパーで辛味を加えるとビシっと味が決まりました。
美味しい。

自分仕立てで好みの味に仕上げられるのは良いですね。
連れて行く人を選びませんから。といっても一人で行ったのですが。
そしてラムという時点で苦手な人も多いので選ぶことになるのかもしれませんが、ここのラムは苦手な人にも食べて欲しい逸品。

臭味は消え、旨味がしっかりと出ているのはカレー効果もあるのですが、焼き具合もバッチリなんです。

パクチーと和山椒のトッピングもクセにクセを加えるとクセが薄まるの法則で、一般受けもしそう。

デザートも手作りでさっぱりとした美味しさでした。

接客も実に丁寧。
恵比寿界隈の女性に受けそうなお店ですよ。
というか、お客さんは僕以外皆さん女性だったので、既に人気を得ているのでしょうね。
美味しかったです。

評価:★★★☆

カレー日記


新橋「BBQカレーcamp」BBQチキンカレー(粗挽きスパイシー)


一日分の野菜カレーで人気を博し、駅ナカに店舗展開することで知名度も上がり、今や全国展開しているcamp。
カレー天国である新橋ビルにオープンしたのはBBQカレーという新しいスタイルのお店でした。

メニューは各種肉のBBQをメインにすえたカレーライス。
野菜もたっぷりなのがcampらしさ。

カレーは基本的にはキーマカレーなのですが、料金追加で粗挽きスパイシーカレーにもできるということでBBQチキンカレーのスパイシーにしてみました。

まずは普通にBBQチキンカレーが配膳。
そこに目の前でカウンターごしに店員さんがスパイスを追加してくれます。
この臨場感はちょっと面白いかも。
+50円のサービスと考えると、キッチンでただ追加するより楽しさもあって良いです。

カレーの味はcampらしいヘルシーな味。
BBQというわりにはチキンが完全なるローストとはいえないものだったのがちょっと残念ポイントですが、新橋エリアはサラリーマンも多く、素早い提供が命ですからこれで良いのでしょう。

このスタイル、どこまで広がっていくかな。
楽しみですね。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード