FC2ブログ

カレー日記


「松乃家」ロースかつスパイシースープカレー


「松屋はカレー屋」と言ってはばからない僕ですが、系列の松乃家はどうなのかというと、とんかつ屋だと思っています。
カレーもあるにはありますが松屋ほどのこだわりを感じない一般受け方向のカレーだからです。

しかしその松乃家が勝負に出ました。
スパイシースープカレーという新カレーで勝負をかけてきています。

カツカレーのカレーにスープ!?
と思うかもしれません。
通常はカツの衣のサクサク感が失われないようにするために、カツカレーのカレーといえばとろみのある濃厚なカレーが多いですから。

しかしカツのサラサラのカレーを合わせるカツカレーでも美味しいお店はあります。
古くはモンスナック、そして今どきのお店としては般°若など。

松乃家の手掛けるサラサラカツカレーはどんなものか。
食べました。

サラサラというよりはシャバっとした食感。
所謂北海道スープカレーとは全然違います。
しかしとろみがあるわけでもなく、松屋のカレーともまた違うスタイルです。

松屋より野菜感があり、辛さと塩味は控えめ。
単体で食べてもなかなか美味しいカレー。

カツと合わせてももちろん美味しいのですが、とんかつ屋松乃家ですから、特製のとんかつソースを少しだけカツにたらして、このカレーと合わせてみると味の隙間が見事に埋まり、満足のいくカツカレーとなりました。

流石カレー屋松屋の系列店です。
これが650円というのは素晴らしいですね。

もちろんもっと美味しいカツカレーは沢山ありますが、この価格帯のカツカレーとしてはかなり推せます。

いつまでこのメニューがあるかわかりませんので、お早めにどうぞ!

評価:★★★

カレー日記


恵比寿「101TOKYO」バングラディシュチキンカレー


ポークビンダルー


バーのランチタイムに間借りというわけではなく母体が同じでありつつも業態を変えてカレーのお店をやっていた二毛作営業のボイシャキ。
こちらが人気となり、バーにもカレーを出そうという流れになって、両店が併合してリニューアルという形で101TOKYOとして生まれ変わりました。

昼から営業していますが、平均的なランチタイムが終わってからの営業となるので注意が必要です。

今回は夜に訪問。
クラフトビールが色々。
そしておつまみも色々。

カレーはバングラディシュチキンカレーとポークビンダルーの2種類でした。

2種類とも食べ比べてみると、チキンの方はボイシャキのレシピを受け継ぎつつ、少し変わった印象なのは作っている人の差かもしれません。

ポークビンダルーも日本人が作ったポークビンダルーという感じ。

以前はバングラデシュ人の作るスパイスカレーといった感じで楽しく、美味しかったんですが、現在のカレーは食べやすくなったとも言えますし、面白みという点では少し弱くなってしまった気もします。

といっても十分に美味しいのですが、ボイシャキの味を期待しすぎると違うかなという。
いずれにしても恵比寿エリアでお酒を飲んで〆にスパイスカレーをいただけるお店という意味では貴重な存在ですし、今後も行きたいお店であります。

評価:★★★☆

カレー日記


飯田橋「極哩」極 the WORLD


飯田橋の新間借りカレー極哩。
イタリアンのお店のランチタイム間借り営業です。10:30からと、少し早目の時間から営業しているので遅い朝食にも良いかもしれません。

メインは想いの詰まったビーフカレー。
こちらのマスター、カレーにハマってカレーのお店を開くことになったのですが、食べることにハマるというよりは作ることにハマり、科学の実験を繰り返すようにカレーの試作を繰り返したんだそうです。

スパイスの配合は1g単位で変えてみたり、投入のタイミングを変えてみたり、試行錯誤を繰り返すこと3年。
どこかの人気店のようなカレーを作りたいのではなく、自分にしか作れない味を追求し、やっと納得のいくものができるようになり、まずは間借りから営業をスタートしたとのこと。

ならばビーフは確実に食べないと。
でもキーマも美味しそうだ。
さらに日替わりもあるのか。

うーん。。。全部食べたい!

そんな人の為に全部乗せ的なTHE WORLDというメニューもあります。
DIO様\(^o^)/

そしたらもうTHE WORLDで決まりでしょう。

ビーフと、この日の日替わりのスパイシートマトクリームカレー、ご飯の上にはキーマ。
まわりに色とりどりの副菜。
なんとも豪華!

食べてみればどれも美味しい!
一見今どきのスパイスカレー的に見えますが、それとは一線を画す味。
甘味と旨味に重きが置かれたバランス感であり、食べ進めれば進める程にそれぞれの美味しさが重なっていくような。

どのカレーもベクトルは近いのに、混ざり合うというよりは重なり合って、美味しさの体積が増していくんです。

食べ終わった頃にはとてつもない満足感。
いやはや素晴らしい。

こういうカレーってありそうでなかなか無いんですよね。
特に今どきのスパイスカレーが苦手だという方にも、むしろ食べやすいのではないかと思う味です。
そして今どきのスパイスカレーが好きだという方にも満足できるバランス感。

熱意を感じる美味カレー。
開店してそれほどたっていない状況ですがランチタイムとなると満席の人気でした。
さらなる人気が出そうな気配。
そして、さらに美味しくなりそうな気配も感じます。

要注目の間借りカレーです!

評価:★★★★

カレー日記


高円寺「マントラ」カレー3種盛り+8種トッピング


いつもは口コミを書いてから記事を書くという順番なのですが、今回はインド滞在もありまして、先に記事の公開となりました。
こちらにまた同様のことを書いても良いのですが、重複するだけでもあるので、ならば記事のお知らせをさせてください。

https://magazine.tabelog.com/articles/89444

毎週一回「今週のカレー」ということでその週に食べたカレーの中から特に印象に残っているものをピックアップさせていただいております。
誰もが知る名店についても書いていますが、それ以上にこれから期待の新店舗についてご紹介することの方が多いです。

参考にしてくれたら嬉しいです。

評価:★★★☆

大阪カレー日記


心斎橋「カリーガガ」3種あいがけ(ガガビーフ、ガガチキン、ガーリーポパイ)


大阪にはとんでもない個性的なカレーのお店が沢山ありますが、ここカリーガガもとんでもない個性の持ち主です。
何しろ唐辛子を使わないカレーというのですからとんでもない。

カレーの定義も様々なものがありますが、「唐辛子を含むスパイスを複数使う」という項目が入ることもあります。
それくらいカレーにとって必要不可欠なものなのです。

ところがここはその唐辛子を使わないという。
それでいて食べてみると確実にカレーなんです。

これは本当に凄いこと。

この日のメニューはビーフ、チキン、ポパイ。
スパイスと食材の合わせ方により、砂糖を使っていないのに確かな甘みを感じるポパイ。
王道の旨味と深味で満足度の高いビーフ。
そして使い方の難しい苦味を感じさせるチキン。これにサラダを加えるとほのかな酸味がその苦味を美味しさに変えるという奇跡。
いやはや驚きの美味しさですよ。

メニューは日替わりで、時として唐辛子を使うこともあるようですが、その際には辛口表記をしているそうです。
基本的には唐辛子を使わずにスパイスの深みを味わって欲しいとのこと。

辛いものが苦手な人にはもちろん、スパイスマニアにもスパイスの使い方の新発見につながるのでおすすめです。
美味しかった!

評価:★★★★

大阪カレー日記


北浜「谷口カレー」麻辣豚バラキーマカレー


間借りカレーのパイオニア的存在と言われる谷口カレー。
今も間借り営業を続けています。
その場所が面白く、古本屋なんです。
しかしただの古本屋ではなく、キッチンもあり、店内も広くて席数もかなりの多さ。

メニューはスパイスチキンカレーをメインに、シーフードカレーと麻辣豚バラキーマカレーがそれぞれ限定10食ずつ。
麻辣キーマが食べたくて開店15分前に行ってみると、既に並びはできていましたが3番目だったので狙い通り麻辣キーマにありつけました。

こちらは名前の通り痺れも辛さも良い感じ。
挽肉のみならず野菜も色々と入っているのですが、これを食べて東京は要町にある、かえる食堂の坦々カレーを思い出しました。
味はもちろん、カレーとしての成り立ち方のベクトルが近いんです。

これは美味しいなぁ。

つまり、ここの麻辣豚バラキーマカレーが好きな大阪のカレーマニアに東京のおすすめカレーを聞かれたら、かえる食堂の坦々カレーをおすすめすれば間違いないということです。

間借りカレーのパイオニアであり、大阪における中華系カレーにおいても一線を走る名店です!

評価:★★★★

大阪カレー日記


中崎町「ジパングカリーカフェ ヒゲボウズ」ミニサマベジカレー


大阪駅から中崎町方面へ歩いて行く途中の道はカフェのようなお店が立ち並んでいて若者が集まるエリア。
この中に佇むジパングカリーカフェ。
ヒゲボウズという名前もあるようですが、どちらなのか。どちらもなのか。

店内はこのエリアらしく若者が集まるカフェといった雰囲気。

ジパングカリーということですが、基本的には出汁カレーのようです。

サマベジカレーを注文。
ミニサイズがあるのが減量中の方にも、小食な方にも、僕のように東京から大阪へカレーを食べに来ていてはしごカレーの最中の人にも嬉しいです。

ミニといってもご飯は100g、カレーもそれに見合う量ですから、少なすぎるということはありません。

食べてみると確かに出汁を感じるのですが、それ以上に感じたのは甘辛感。
大阪カレーといえば今でこそスパイスカレーですが、昔は最初甘くて後から辛さが追いかけてくる甘辛カレーでした。
その雰囲気がこれにはあるんですよ。

今どき感と懐かしさの融合的な。

カフェといって油断しているとこういう個性的なカレーがいただけるのですから、やはり大阪という街は食い倒れの街ですね。

評価:★★★☆

大阪カレー日記


西大橋「カレーコンドル」カレーライス+チャーシュー


大阪といえばスパイスカレー。
しかし昔の大阪は甘辛の欧風的なカレーだったわけです。

こちら大阪で古くからカレー激戦区として知られる西大橋エリアにあるカレーコンドルは、欧風的な見た目でありながら、かなり独特の味わいです。

インデアンカレーなどに代表される、最初甘くて後から辛さが追いかけてくる、昔ながらの大阪カレー的ルックスですし、基本的にはその範疇にギリギリ入ってはいるものの、全体的に印象的なのが酸味なんです。

ピクルスがついてくるということもありますが、カレー自体にどことなく酸味を感じ、これが個性的でクセになる感じ。
チャーシューをトッピングしたのですが、しっかりと炙ったチャーシューとこのカレーソースの相性も抜群で、混ぜて食べて行くとポークビンダルーを食べているような気にもなります。

面白い。そして美味しい。

スパイスカレーでもなく、昔ながらの欧風カレーでもない。
オンリーワンの個性がここにありました。

好き嫌いは分かれそうな味ですが、ハマったらきっと抜け出せないでしょうね。

評価:★★★☆

大阪カレー日記


難波「シンバ」花椒マーボカレー


アメリカ村でカレーを食べようと思って行ったのですが、ランチには少々遅めの14時頃だったので、売切れだったり臨時休業だったり続出。
困ったなぁとあてどもなく難波方面へ向かって歩いていると、看板を発見。

そういえばここ、以前友達に勧められていたお店だと気づき、入ってみました。

店内は一杯でしたが入れ違いで座ることができました。
カウンターのみですがワンオペで大変そうです。

店内はレゲエがBGMに流れ、ところどころ飾りつけもラスタカラーのものがあったりとレゲエ感漂います。

日替わりメニューに僕が好きな麻婆カレーがあったのでそれを注文しました。

花椒マーボカレーという名前のカレー。
豆腐もたっぷりで、麻婆豆腐のスパイスカレーバージョンです。

こちらの麻婆カレーは麻婆豆腐度合いが強め。
麻婆豆腐7:カレー3くらいの印象ですが、麻婆豆腐としても十分に美味しく、カレーもほのかではなく確かに感じるスパイス感であり、美味しくいただきました。

遅めの時間でしたがお客さんは僕が食べ終わって出るまでとどまることなく来ていて、人気店なのだなと感じましたし、その人気に違わぬ美味しさのお店でした。

評価:★★★☆

大阪カレー日記


中崎町「サッチェズカリー」3種盛り(キーマ、マトン、オクラとしめじ)


スパイスカレーの聖地大阪。
大阪で食べ歩いていると、やはり大阪らしいなと思うことが多いのですが、時折東京っぽいなと感じるお店に出会うことがあります。

中崎町のサッチェズカリーもまさにそんなお店。

レギュラーメニューがキーマ、これにベジカレーとノンベジカレーが日替わりというスタイル。
この日のベジはオクラとしめじ。
ノンベジはマトン。

せっかくなので全部食べられる3種盛りでオーダーしました。

まずキーマから。
こちらは大阪的なんですよ。
普通のキーマというよりは大阪的なスパイスカレーとしてのキーマのような。

しかしベジカレーとノンベジカレーが実に東京的で。
素材の良さを活かすスパイス使いと火入れ具合。
どちらのカレーにも南インドを感じます。

東京で時折見受ける、日本人が自分の感性をミックスして南インド料理を作ったら美味しくなりました的なお店の雰囲気に近いんですね。

副菜の使い方なんかは大阪的。
つまりは大阪と、東京南インドのミックス的な。
東京南インドって何だよ?と思うかもしれませんし、自分でも何だそれ?と思いながら書いてますが(^^;)

とにかく、美味しいことは間違いありません。

大阪でも既に人気店ですが、これはきっと東京に来ても人気出るでしょうし、全国どこで出しても人気が出るだろうなと思う美味しさでした。

評価:★★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード