カレー日記


湯島「ホンカトリー」アイガモカレー


湯島と御茶ノ水の間くらいにあるカレーライス専門店です。
日替わりでカレーの内容が変わります。
様々な副菜が乗るスタイルは昨今流行の大阪スパイスカレー的でもあり。

面白いのは玄米フレークのスパイス和えや、生姜のきいた和風ファラフェルが乗っていること。
これは大阪でもなく、完全オリジナルの独自路線です。

カレーはタマリンドの酸味が印象的なカレー。
合鴨とじゃがいもが具として入っていました。
このカレーだけ食べると酸味のバランス感が強すぎるかなと思ったのですが、バスマティライスと様々な野菜やおかずが乗ったものにカレーをかけて食べてみれば、その酸味が全体をうまくまとめる形となっていて、非常に美味しいんです。
なんと面白い!

マスターによると、カレーの味は定まっていなくてその時の気分で行ったり来たりしているとのこと。
元々はスパイシーなカレーを出していたのが、最近デリーのコルマカレーを食べて甘味のあるカレーも良いなと思い、ここしばらくは甘い方向に。
それが戻ってきて、今は辛さ的には中間にいるんだけど、酸味が強いのは何故かというと、仕入れに行った際にヤリイカの良いものが入っていたので、それに合わせる為に酸味を強くしたんだそうで。

どんなカレーを出すかは決めずに仕入れに行くんだそうです。
そこで良い素材を見つけて、それに合わせる形でカレーを変えていくんだとか。

これって相当なセンスが無いとできないことですよ。
カレーの見た目も、器もおしゃれですし、マスターご自身の服装もおしゃれな方でした。

一発で気に入ったので、またそう遠くないうちに行こうと思います。
隠れた名店です。

評価:★★★★

カレー日記


西新宿五丁目「はしおバザール」ハーフ&ハーフ(ビーフ、チキン)


ハーフ&ハーフ(ポーク、ラム)


豚肩ロース、10種スパイスのカレー煮


はしおカレー(おつまみ)


大阪ではいまだスパイスカレーブーム真っ只中であり、続々と面白い新店が登場しています。
東京には入ってきそうでなかなか入ってこない文化なのですが、東京のスパイスカレーとも呼べるカレーの中でも、面白いお店が最近は少しずつ増えてきたように感じています。
その中のひとつがこちらはしおバザール。

カレーとスパイス料理のバー的なお店なのですが、キーマだけで4種類。
その他欧風的なルーカレーが1種類ありました。

二人で行き、キーマをハーフ&ハーフで二種類。つまり全部のキーマを食べ比べ。
まず面白いのがチキン。
昆布出汁、長葱使用の和風キーマなんです。これがさっぱりしていながらもちゃんと食べ応えある美味しさ。

ビーフは八角が効いていてしっかりとした辛さが面白く、ポークはインドのキーマと洋食キーマの間くらいの立ち位置がまた面白く、ラムはしっかりとラムの旨味が直撃する美味しさ。
どれも個性的であり、どれもちゃんと美味しいんだから素晴らしいじゃないですか!

豚肩ロースのカレー煮もいただきました。
こちらは欧風のはしおカレーがベースとなったカレー煮込み的な料理。
こっちはまたフルーティーで違うベクトルの美味しさ。

これだけ多種多様に個性的なカレーを作れるお店ってなかなかありません。
大阪スパイスカレーはキーマの種類の多さが特徴のひとつともいえますが、こちらもそういう意味では大阪的でもあり。

東京にありそうでなかったスタイルのお店だと思います。
まだ混んでいるわけでもないですが、この味なら人気が出るのも時間の問題ですね。
穴場です。

評価:★★★☆

カレー日記


八丁堀「ラティーノ」トレスコンボ(復刻版三越前のインドカリー、メキシカン、欧風シーフード)


前々から隠れた名店だと思っているラティーノ。
久しぶりの訪問となったのは、外看板の「日替わり 復刻版三越前のインドカリー」の文字を見て、予定していたお店に行くのを中止し、急遽こちらに吸い込まれるように入った次第です。

三越前のインドカリーといえば古くからのカレーマニアならすぐに思い出す、ツタで絡まった店名の無いお店のこと。
あまりにも独特で伝説となっているお店ですが、地域の再開発のタイミングで惜しまれながら閉店してしまったのが10年前のこと。

それが気になってお店に入ってみたものの、こちらのお店はカレーの種類が多すぎて悩ましいんですよ(^^;)
あれもこれも食べたくなってしまいます。

厳選し、3種類選べるトレスコンボにして、三越前インドカリー、メキシカン、欧風シーフードの3種をセレクトしました。

まず三越前のインドカリー。
これを頼むと別皿で粉チーズも出してくれます。
まさにあのお店のスタイル。

サラサラのルーに良く煮込んだホロホロの豚肉とじゃがいもとにんじん。
今食べても色あせない美味しさです。

そのままの味を再現という所まではいってないのかもしれませんが、これはこれで十分以上に美味しい仕上がりで大満足。
ラティーノさん、こんなことまでできたんですね! さらに好きになりましたよ!

メキシカンはオリジナリティある美味しさであり、欧風も納得の美味しさ。
どのカレーを食べても美味しいんです。
それが何種類も用意されているって、本当に凄いことだと思います。

接客の素晴らしさも相変わらず。
これを機にもっと通わないとなぁ。

本当に隠れた名店です。

評価:★★★★

カレー日記


仲御徒町「PIVO」2種盛り(スパイシーキーマ、スパイシーチキン)


仲御徒町駅近くの昭和通り沿いにできたカレーライスのお店です。
ソフトクリームもあるとか。
カレーとアイスが大好物な僕としては行かない訳にはいきません。

売切次第閉店とあったので少々不安に感じつつも仕事終わりでダッシュで駆けつけました。
21時前の到着でしたが、他にもお客さんがいて一安心。

カレーメニューは3種類。
スパイシーチキン、スパイシーキーマ、バターチキン。
その中から2つ選べる2種盛りをお願いしました。
スパイシーな2つをセレクト。

チキンは炒め玉ねぎとすりおろし玉ねぎを使ったというスパイシーなカレー。
パクチーが乗っていますが、これについては提供の前に好き嫌いを聞いてくれます。
僕は大好きなので乗せたままで。
玉葱の美味しさとチキンの美味しさがスパイスによって融合していて良い感じです。
パクチーもナイスアクセント。

キーマは豚ひき肉のしっかりした辛さのカレー。
食べて一口目に辛さがガツンとくるわけではないのですが、食べ進めていくと後からその辛さが確実に効いてくるんです。

ご飯が玄米使用なあたりもまた良いですね。
このカレーに合っています。

ふたつのスパイシーカレーによって気づけば汗だくに。

これはデザートにソフトクリームでしめるしかない!と思って注文したのですが、この日はソフトクリーム無いとの事で。。。
残念。
また食べに行かないとなぁ!

と思える素敵なお店でした。
近隣のカレー好きな方は要チェックです!

評価:★★★☆

カレー日記


千葉 柏「中華大島」カシミールカレー


日本のカレーを語る上で欠かせない存在である老舗の名店デリー。
デリーから派生したのがボンベイで、どちらも美味しいカレーをいただけるお店です。

そのボンベイ的カレーがいただける中華料理店がこちら。
何故中華料理店でボンベイのカレーなのかというと、マスターが戸塚のボンベイで修行されていたんだそうです。
ご実家がこちらの中華で、ボンベイで修行中に実家をつぐことになり、だったらもう中華屋でカレー出しちゃえと、そうなったのが事の始まりとか。
店内にボンベイの看板もありましたし、そのつながりは強いのでしょう。

二人で行き、カシミールカレーとシャヒジャルカレーをいただきました。

カシミールはデリーでもボンベイでも看板メニューの激辛カレー。
辛さも選べるという事でしたが、カシミールは4がおすすめということで店員さんのおすすめにならってそれで。
食べてみると確かにボンベイらしいカシミール。
ただ辛いだけではなくその先に美味しさがちゃんとあるんです。
僕は通っていた高校からそう遠くない所にデリー本店があり、高校時代一度食べた時には正直理解できなかった味なんです。
しかし大学生になり、カレーにハマってからもう一度行ってみたらこれが美味しくて。
つまりは癖になる味なんですね。


シャヒジャルカレー

シャヒジャルカレーというのはデリーでもボンベイでも見かけないメニューだったので、これは何かと店員さんに聞いてみると、玉ねぎをしっかり炒めた比較的マイルドなカレーとのこと。
「デリーのコルマみたいな感じですか?」と聞いたところ、「そうです! それに近いんですが、それをさらに独自に進化させた形です」と。
こちらの辛さは1.5くらいがおすすめだったので、そのままに。

食べてみればコルマ的でありながら、やはりどこか違う着地点。
しかしその着地点はコルマもシャヒジャルもどちらも間違っていなくて、綺麗に着地できている、そんな印象です。
こちらの方が一般的には食べやすいので初心者向きかもしれません。



煮込 小

カレーだけで終わりにしても十分満足なお店なのですが、それでは中華屋でカレーの意味がありません。
つまみメニューから煮込みの小と餃子も注文。

煮込みは豚もつの味噌煮込。シンプルなのですが、もつの臭味が一切なく、旨味だけ出た仕上がりになっているのは流石。
素材を見る目も調理する腕もどちらも確かだということです。

そしてこの煮込み、そのまま食べてももちろん美味しいのですが、カシミールカレーのグレイビーを入れてみると、最高に美味しいカシミール煮込みになるんです!
これは足し算ではなく掛け算の美味しさなので、是非試してみて欲しいです。


ギョウザ

餃子も王道の美味しさ。
こちらもそのまま食べても美味しいですが、シャヒジャルと合わせればやはり最高の餃子カレーに!
北海道のソウルフードであるみよしのの餃子カレーが何倍も美味しくなったような、そんな印象です。


コーヒー

食後にはもちろんボンベイ式に珈琲もついてきます。

街中華だからこその楽しみ方ができるデリー系。
最高じゃないですか!

デリー系のカレーが食べられるお店は数あれど、その中で異彩を放つ中華大島。
デリーファン、ボンベイファン、カレーファン、中華ファン、それぞれ要注目ですよ!

評価:★★★★

カレー日記


小川町「三ちゃん」インド風スパイシーカレー(チキンマサラ)、欧風極上和牛の牛すじカレー


ホルモン焼きのお店がランチタイムに本気のカレーを出していると聞いて行ってきました。
まず見た目。
ちゃんとこのランチカレーの為にターリとカトゥーリまで用意して、その時点で本気度がわかります。

カレーはインド風スパイシーカレーと欧風牛すじカレーの2種。
牛すじカレーと豚のスパイシーカレーもあったのですが、そちらは具がしっかりと入っているとのこと。
一方、インド風スパイシーカレーはカレーグレイビーのみだそうで、それに加える肉料理がチキンマサラか本日のホルモン焼きから選べます。
せっかくなのでチキンマサラでお願いしました。

出てきたカレー。
香しいスパイス感です。
そしたら店員さん、「ただいまサービスでこちらのカレーも味見していただいてます。もし良かったらどうぞ。」と牛すじカレーも出してくれました。
よっしゃラッキー\(^o^)/

それぞれ食べてみるとまずインド風は、デリーのカレーを思わせるサラサラ感。
そのまま食べてももちろん美味しいですが、チキンマサラと合わせるとまた美味しくて。
チキンマサラ自体にもカレーの味はついているんですが、シンプルなスパイス感であり、だからこそこのカレーと合わさるとスパイス感に深みが出て良い感じになります。

牛すじカレーはまるで違う攻め方で、物凄く雑にいうなら焼肉屋のカレーの美味しいやつですw

普通の作り方なんでしょうが、牛すじの肉質が良いからこそ、牛肉の甘味が良い感じに出ていて、それがコクとなっているカレーで、これも美味しい。

南インドのカレーは違うカレーを混ぜていくことによって新たな美味しさが生まれたりするんですが、それを思い出してこの二つを混ぜてみると、また新しい美味しさが生まれてミールスというわけではないんですがミールスマジックも発動!

これは2種類のカレーをいただけるメニューも今後作って欲しいですね。

1種類のカレーとチキンマサラのセットで1000円ということだったので、2種類で1250円くらいだったら嬉しいなぁ。

ホルモン焼きも気になったので、また行って今度はそちらのカレーも食べてみたいと思いました。
今後に期待できるホルモン屋のランチカレーですよ!

評価:★★★★

カレー日記


新宿御苑前「ポトフ料理ジョワ」トマト&ハーブのベジカレー(豚ミンチ)


新宿御苑前駅近くの裏通りにあるポトフ料理専門店。
こちらのランチタイムに、ポトフのスープを使った野菜のスープカレーがいただけるということで行ってきました。

お店は明るくておしゃれなカフェ的な雰囲気。
いただいたのはトマト&ハーブのベジカレーです。
豚ミンチと軟骨入りの鶏ミンチを選べるということで、豚でお願いしました。

ポトフの優しいスープがそのままカレーになったということですが、このメニューだからこそかもしれませんがトマト感も程良く、予想以上にちゃんとカレー。
ハーブはローズマリーが印象的。
インドやネパールやスリランカのカレーだとローズマリーを使うことは珍しいので、ポトフ料理専門店だからこそのアイディアであり、しかもそれがちゃんと合っているあたり、確かな料理の腕を感じました。

これはなかなか独創的なスープカレー。
ありそうでない美味しさです。
他のメニューも気になったので、また行ってみたいお店です。

評価:★★★☆

カレー日記


高円寺「ネグラ」秋鮭ミールス+タンドリーチキン


妄想インドカレーということで、インドに行ったことがない方が妄想で作るインド的カレーのお店です。
面白い発想ですね。
これはある意味で昨今大いに盛り上がっている大阪スパイスカレーの発想とも近いと思うんです。
大阪の場合は南インドやスリランカに影響受けつつ、それを独自に進化させたカレーライスが多いのですが、こちらもメニュー見るにきっとその方向性なんだろうなと思い、今まで行く事4回。全てふられておりました(^^;)

良いお店は臨時休業だったりしがちですからねぇ。
そんなわけで5回目の正直でやっとこさ初訪問。

この日のメニューは秋鮭ミールス一択。
これにタンドリーチキンをつけるかつけないか。
せっかくなのでつけてお願いしました。つけると1500円。つけないと1200円でした。

秋鮭ミールスの内容は以下の通り。

・秋鮭のビンダル
・鳥海なめことローズマリーのサブジ
・里芋、タラゴン、バーズアイのマッシュ
・甘長唐辛子のマスタードソテー
・スパイス金平
・じゃことスマックのふりかけ

独創的ですねぇ。秋らしく、和の食材も積極的に使っているその姿勢は、妄想インドカレーであり、そしてやはり独創的スパイスカレーであり。
食べてみればどれも美味しいんです。
スパイスがガツンときいてくるタイプというよりは、じわじわとスパイスが後から追いかけてくるタイプ。
和と調和させたからこのようになったのかもしれません。

これは他のカレーも是非食べてみたい。
高円寺にはなかなか用が無いのですが、この為だけに高円寺に行っても損の無いレベルだと思いました。

大阪に比べると東京ではまだまだこのスタイルのお店は少ないので、こういうお店がもっと増えてくれたら嬉しいです。

評価:★★★★

カレー日記


小伝馬町「エスデミックカフェ」二種のカレーランチ(牛肉のカレー、キノコのココナッツカレー)


小伝馬町から岩本町方面へ向かう大通り沿いにあるカフェです。
見た目小伝馬町らしからぬおしゃれな今どきカフェ。
ランチメニュー見てみると肉料理メインの中にカレーもありました。

気になったので入ってみました。
店内やはり非常におしゃれな空間。
店員さんも男女ともに皆さんおしゃれで。

カレーは1種類。
といっても最初からあいがけスタイルなんですね。
この日のカレーは牛肉のカレーと、キノコのココナッツカレーとのこと。

まず出てきたサラダ。
これがなかなかの大きさ。
ドレッシングも自家製のようで美味しいです。
野菜を沢山食べたい時に嬉しいですね。

カレーは牛肉は洋食系カレー。
欧風とまではいかないものの、カフェカレーとしては十分以上の美味しさ。

そしてココナッツカレーもカフェカレーとしてはやはり平均より確実に美味しいです。
キノコのみならずひよこ豆が入っていたのも良い感じ。

食後にはミニコーヒーもついて1000円しないのであれば満足度も高いです。
スウィーツも美味しそうだったので、今度はお茶利用してみようかな。

このエリアにおいてこのタイプのお店は少ないので、穴場だと思います。

評価:★★★☆

京都カレー日記


二条「森林食堂」おまかせ盛りもり(チキン、ほうれん草キーマ、猪、蓮根キーマ)


京都の名店ということで、東京の人気カレー店主からも以前からおすすめされていたお店です。
過去二回ほどふられまして、三度目の正直で今回初訪問となりました。
雨の降る寒い日だったのですが開店前から行列ができていたのは流石の人気店。

僕は開店時間ちょうどに辿り着き、ギリギリファーストロットに潜り込むことができました。

いただいたのはおまかせ盛りもり。
4種類のカレーの盛合せですが、どのカレーが出てくるかはお店任せのお楽しみということでした。
面白いじゃないですか。
どのように組み合わせるのかもお店のセンスが問われますからね、それでお願いしました。

出てきたのはチキン、ほうれん草キーマ、猪、蓮根キーマの4種。
猪が食べたかったのでこれが入っていたのは嬉しい限りです。

それぞれ食べてみるとどれも流石の美味しさ。
口当たりは優しいのにしっかり立っているスパイス使い。
これはやろうと思ってなかなかできるものではありません。

チキンは王道というか覇道の美味しさ。
ほうれん草もサグカレー的に考えてかなりハイレベル。
猪はトマトベースで意外とさっぱりしつつ、肉の野性味も楽しめて。
蓮根キーマはちゃんと旬の素材入れつつ食感にも変化ができて良い具合。

これは美味しい。
焼きトマトが乗っているのも独創的ですし、ご飯が雑穀米なのも良いです。

お値段それなりにしたんですが、それでも十分以上に満足の内容でした。
京都に森林食堂有りですね。

評価:★★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード