カレー日記


千歳船橋「カルパシ」ジャパニーズターリ


ミルクと芋焼酎とマスタードシードのアイス


珈琲焼酎


ギーコーヒー


もはやカレーマニアなら知らぬものはいないといって良い程の存在感を誇るカルパシ。
浅草時代に2度行って2度フられ、千歳船橋になってからも予約の抽選に外れ、行けないままでおりました。
基本的に僕は予約しないでフラっと行ってサクっと食べることがほとんどなので、こうなるとカルパシのような予約限定で埋まってしまう超人気店にはなかなか行く事ができず。

というわけで実は初訪問なんです。

初訪問ではあるものの、ずっと気にしておりましたので、一番気になっていたジャパニーズターリの日にタイミングを合わせて訪問。
結果から先に書けば、かなり期待していたその期待を軽く上回るレベルで最高でした!

この日のメニュー、ひとつひとつ一言ずつ感想まとめます。

・新秋刀魚と梅肉のコランブ
秋刀魚のような青魚とカレーは何気に合うわけですが、タマリンド的な仕事をする梅がそれをサッパリスッキリさせてくれて実に良い塩梅です。

・柳蓼と豆腐のキーマカレー
和風麻婆豆腐カレーとでも言いましょうか。日本と中国とインドの融合です。柳蓼の麻(マー)が実に良いバランス感。個人的に麻婆豆腐カレーが大好きで色々と食べているんですが、今まで食べた中でも1、2を争う美味しさでした。

・牛バラと玉蒟蒻と山葵のカレー
凄い! めちゃくちゃ美味しい! 醤油の風味と山葵の隠し味具合。これは日本人じゃないと作れないカレーというか、カルパシじゃないと作れないカレーですね。尊い!

・根菜のダール
蓮根がたっぷり入ったダール。単体でも美味しいですし、他のカレーと合わせると良いつなぎになりました。

・スティックセニョールのサブジ
スティックセニョールとは、日本で開発されたブロッコリーに似た野菜なんだそうです。ブロッコリーと青菜のサブジのようでした。

・山形だし風カチュンバルサラダ
実は僕、ネバネバしたものが苦手なんです。そんな僕でも素直に美味しいと思える出来栄え。凄い事です。

・冬瓜と白味噌とココナッツの煮込み
白味噌と塩麹を使っているんだそうで。ココナッツ系なんですが、ちゃんと日本の味になっているんです。

・キノコのプラオ
ご飯まで妥協しません。キノコ入りのプラオ。死角なしです。

・ミルクと芋焼酎とマスタードシードのアイス
実は僕、カレーの次に好きな食べ物がアイスクリームなんです。というかカレーの後に食べるアイスが大好きで。なのでカレー程では無いものの、アイスクリームも色々と食べている方だと思うんですが、そんな僕の今年食べてアイスクリームの中で一番美味しかったのがこれです。まず柔らかさが完璧。そして芋焼酎の風味が活きているのに苦いわけではなく、マスタードシードも食感と香りに確かな変化を与えていて、これを思いつくだけで凄いし、この味で作れるなんてもう天才です。神に選ばれた料理人です。

飲み物も珈琲焼酎、ギーコーヒーといただいたのですがどちらも最高で。
なんでしょう。
カレーも全部美味しければデザートも最高。飲み物まで完璧。
走攻守揃った一流選手ですよ。
往年のカンセコのような。
例えが古いですが(^^;)

予約しない僕ですが、これはまた是非とも予約して他のカレーも食べないわけにはいかなくなりました。
久しぶりに感動しました\(^o^)/

評価:★★★★☆

カレー日記


小川町「ジョイアルカレー」H&Bカツカレー+温泉たまご


カレー激戦区神田エリアに2017年春にオープンしたお店です。
店内明るく、外からも見えやすい開放感ある雰囲気。
カウンターメインですが女性一人でも安心です。

カレーは主に2種類。
通常のルーと、+200円でH&Bカレーというのも選べます。
H&Bとはヘルシー&ビューティーの意。

神の草とも呼ばれるヒュウガトウキを使った薬膳カレーとのこと。
薬膳カレー好きなのでこちらにしてみました。
カツカレーがおすすめということだったのでカツカレーで。

11時台に行ったのですが、12時までのサービスでトッピングが無料でつくということだったので温泉卵で。

カレーは挽肉とヒュウガトウキのカレー。
所謂王道カレースタンドなのですが、ヒュウガトウキによる独特の香りが良い感じのスパイスとなっていて、普通のものよりも個人的好みだろうと思える仕上がり。
店長さんらしき方は「おすすめは通常のルーです」とおっしゃっていましたが、薬膳といってもクセがありすぎるわけでもなく、むしろほんの少しのクセが深みにつながっているものだったので、健康を気にする方ならH&Bが良いと思います。

カツもちゃんと揚げたて。
大きさもなかなかで満足度高いです。

また行って通常ルーも試してみたいですね。
そんじょそこらのカレースタンドとは一味違いますよ。

評価:★★★☆

カレー日記


下板橋「八仙花」2種盛りカレー(マッサマン、ポークビンダルー)


2種盛りカレー(スパイシーチキン、バターチキン)


下板橋と北池袋の中間くらいの位置にあるカレーライス専門店です。
カレーはスパイシーチキンを筆頭に、バターチキン、マッサマン、ポークビンダルーの4種類。
このラインナップ見ただけでも、ある程度カレーの流行の方向性がわかっている方が作っているんだなと思えます。

2人で行ったので2種盛りを2つ。全ての味を食べられるようにシェア。

まずメインメニューのスパイシーチキン。
鶏肉がほぐれるまで煮込まれ、スパイスと野菜と混然一体になったカレー。
サリサリや極楽のカレーに近い肉の状態ですが、味的にはそちらよりもコスギカレーやシャリデスのような、つまり日本人がスパイスで作ったカレーという方向性です。

バターチキンもわかりやすく、マッサマンもタイカレーのマッサマンそのものではなく、日本人に向けた変化が感じられます。
そしてポークビンダルー。
これが一番個人的には気に入りました。

やはりインドのビンダルーそのものではないのですが、コリアンダーシードがしっかりと香り、豚肉もよく煮込まれ、濃厚なセミドライタイプのビンダルーで、他にありそうでない味。
気に入りました。

さらに良いのは全体的に安めということ。
スパイシーチキンだと500円台で食べられるのですから驚きです。

2種盛りも700円台から800円台。
ご飯は炊き方も程良い麦ごはん。ポテトも付け合わせでついてきて、これなら980円くらいが妥当。ちょっとこじゃれた街のこじゃれた店舗だと1200円くらい取りそうなくらいであり、実際1200円と言われても損したとは思わないであろうクオリティ。

隠れた名店ですよ。

もともとキッチンカーから始まったお店だそうです。
今もキッチンカー営業もしているようで。
そのせいか、開店時間などにバラつきがあり、わざわざ行ったもののお店がやっていないということが過去2回あり、3度目の正直だったのですが、粘って行って良かったです。
また行きたいお店です。

評価:★★★☆

カレー日記


八幡山「NIVAL」八幡豚の自家製ベーコンと燻製玉子のカレー


八幡山駅直結のガード下飲食店街的な場所にあるカレースタンドです。
カレースタンドといっても店内は非常におしゃれな雰囲気。
カウンターメインの素敵なカフェといったたたずまい。
小物使いもおしゃれならマスターもおしゃれなイケメン。
これは女性受け良さそうですよ。

カレーはNIVALカレーを中心に、それにチーズを乗せて焼いた焼きカレー、まるごとトマトを使ってルーに少し変化を出したもの、そして自家製ベーコンを使ったものの4種類でした。

カレーのベース自体は基本的にどれも同じとのこと。
スパイスと野菜やフルーツを使って仕上げたヘルシーなカレーです。

肉気分だったのでベーコンと燻製玉子のカレーをお願いしました。
カレーはフルーティーな味わい。スパイスもちゃんと感じますがスパイシーすぎない仕上がりで、やはりこれは女性に受けそうだなと感じる味。
そこにベーコンや玉子の燻香が加わることによって味にパンチが増し、男性でも楽しめるものとなっていたので我ながらナイスチョイスでした。
仕上げにメティリーフを散りばめてあるあたり、今どきっぽくておしゃれ。もちろん意味のあるおしゃれです。

サラダもついて1000円しないのは良いですね。

実際店内も半分以上が女性客でした。
カップルのデートにも良いでしょうし、女友達同士のカレーランチにも良さそう。
夜はおつまみメニューもあるようです。
また近くに行った際には夜にカレー飲みしたいなと思えるお店でした。

評価:★★★☆

カレー日記


水道橋「ベースキャンプ」BASE CAMPカレー


水道橋駅近くにあるカフェです。
こちらのイチオシメニューがカレーということで、ランチタイムに行ってみました。
おしゃれな店内は女性客も多め。
看板メニューのベースキャンプカレーをいただきました。

前菜盛り的に3種の野菜料理が最初に出てきます。見た目も鮮やか。
味もさっぱりしていてカレーの箸休めに最適です。

カレーは濃厚な牛すじカレー。
キャンプで作るカレーをイメージしているそうですが、確かにその方向性でありながら、ホールスパイスも使っていたり、色々と気がきいていて、こんなカレーが出てくるキャンプそうそう無いだろうと思えるもの。
野菜たっぷりなところやご飯が雑穀米なのも女子受けポイントですね。
カレーの横にちょこんと乗っていたものを福神漬けだと思って食べてみたらいぶりがっこだったのも個人的プラスポイント。
いぶりがっこ好きなんです。

どうやら夜は燻製メニューも色々とあるようで、そのあたりへのつながりというか、見せ方というか、上手いなぁと思います。
女性におすすめのお店です。

評価:★★★☆

カレー日記


竹橋「ボルツ」ビーフ野菜チキンゆで卵
かつて激辛カレーといえばボルツという時代もありました。
看板にも「辛さの元祖はボルツです」と書いてあり、そのスタイルは健在。
昭和期の激辛カレーのチェーン店として人気もあったのですが、2017年現在残っているボルツはこちら竹橋と、京成大久保、宇都宮の3つのみだそうです。
竹橋店は1980年から続いているそうで、カレー業界においては老舗といって差し支えないレベルです。
カウンター中心のお店は昔ながらのカレースタンドといった雰囲気。
休みは不定休ですが通し営業というのが嬉しいところ。
アイドルタイムに訪問。
ビーフ野菜を辛さ5倍で、ご飯少な目でオーダーしました。
少し待って出てきたカレーはなんだか色々入ってるじゃないですか。
「あれ?」と思っていると、マスターが「今日なんだか暇だったからさ、チキンもゆで卵も入れちゃった。良かったら食べてよ。」と。
なんという嬉しさ\(^o^)/
小麦粉不使用のサラっとしたカレーは、夢民にも通じる方向性。
5倍だとじんわりと辛く、心地良さを感じます。
このカレーにはやはりビーフが合いますね。
チキンも悪くないのですが、チキンだとかなりさっぱりした味になるので、ビーフが個人的におすすめです。
これで1000円しないという値段もまた嬉しいところ。
スキンヘッドのマスターは一見コワモテですが、気さくで楽しい方。
昭和の人気カレー、是非ともこのまま残していって欲しいですね。
また行きたいお店です。
評価:★★★☆

カレー日記


高田馬場「ブラザー」チキン野菜カレー


下落合駅前の隠れた名店として存在していたカレーライス専門店ブラザーが、2017年8月、遂に高田馬場駅前に移転してきました\(^o^)/
下落合時代は場所が場所だけにあまり知られておらず、当初はほとんど口コミもなかったものの、最終的には食べログ点数3.5を記録するまでになった、文字通り隠れた名店なんです。

そんなお店が馬場駅前とは嬉しい限り。
さらなる評価が期待されますよ。

味は下落合時代と変わらず、いや、またさらにパワーアップしたんじゃないかと思える美味しさ。
下落合時代も、行く度に美味しくなるというポテンシャルを見せていたお店です。
これからももっともっと美味しくなるんじゃないかと期待できます。

2017年8月現在は移転オープンしたてなので期間限定カレーは出していませんが、こちらのお店の魅力はその限定カレーにもあります。
ポークビンダルー、チキンマサラ、牡蠣などなど、色々とあったのですが、僕が一番気に入っていたのがサバキーマカレー。
これもまた復活してほしいなぁ!

小麦粉不使用、スパイスと野菜で作ったカレーです。
ここ数年の流行である大阪系スパイスカレーとはまた違うベクトルで、もっと男らしいカレーといいますか、とにかく力強いカレーです。

エチオピアのカレーが好きな人ならきっと気に入る味。
かといってエチオピアともまた違う着地点で完成している美味しさです。

お店はカウンターのみで下落合時代よりは狭くなりましたが、その分色々とパワーアップしてくれるに違いない。今後が楽しみな移転オープンです。

評価:★★★★

カレー日記


渋谷「プランバーグッディーズ」焼売カレー


渋谷の有名ライブホールO-EASTの裏側にあるバーです。
普段の営業時間は18:00-3:00で火曜休みとのことなのですが、最近土日限定でカレーランチを始めたようです。
ランチメニューは焼売カレーのみ。
サラダ付き980円です。

一口食べてみると濃厚でほのかな辛味のあるチキンカレー。
また食べ進めてみると甘味も。
この甘味はアガベシロップによるものだそうです。
カレールーの海の真ん中にアガベシロップの道があり、そこを食べると甘味を感じるんですね。
その甘味があることによって深みとオリジナリティが生まれていて、面白いです。
最終的には混ぜ合わせて食べると良いでしょう。

焼売もこのカレーと合っていて、それがまた面白く。

夜にもカレーはあるのか聞いてみると、「だいたいあります」とのこと。
ただ、基本的にメニューはあってないようなものというスタイルで、その時あるものを作るということのようです。
あくまでメインはお酒のお店ですからね。
食べ物の基本メニューとして、チキンカレー、餃子と焼売、このあたりがだいたいあると。
この組み合わせがまた面白いじゃないですか。

マスターも超イケメンですし、カレーの味的にも女性受けしそうな味。
渋谷の夜、お腹空いたり寂しくなったりした女性はこちらに行けば間違いないでしょう。

評価:★★★



カレー日記


愛知 高岳「トリッピンスパイス」あいがけ(挽肉と夏野菜のカポナータ風カレー、フィジー風カツオカレー)


ラムチョップオブカリビアン


前菜3種盛り


自家製ジンジャースパイスエール


かつて南洋の父があった場所の跡地に、また美味しいカレー屋ができたと聞き、気になっておりました。
東京在住の身としては、気になっていながらもなかなか名古屋に行く機会がなかったのですが、久しぶりに入った名古屋仕事のタイミングで行ってきました。

ディナータイムに訪問。
夜はスパイス料理のバーといった雰囲気。

お酒はジンジャースパイスエール。
おつまみに前菜3種盛りとラムチョップを注文。
前菜はラぺ、オムレツ、フムス、チキンにオリジナルソースをかけたもの。
どれを食べても美味しいです。
今気づいたんですが3種盛りといいながら4種あるじゃないですか!w
実にお得ですよこれ。

ラムチョップもクスクス的なものが添えられており、スパイスで焼いた香ばしくジューシーなラムでやはり美味しかったです。

メインのカレーはあいがけで。挽肉と夏野菜のカポナータ風カレーと、フィジー風カツオカレーの2つをセレクト。
メニューにあった他のカレーは王道系だったのですが、変化球カレーを食べたくて。

カポナータ風はトマトベースの優しい味。
カツオカレーはフィジー風というのがよくわかりませんw
フィジーといえばオーストラリアやニュージーランドのあるエリア。
決してカレー文化圏ではないので、フィジーにカレーがあるのかどうか。行ったことがないのでわからないのですし、フィジー料理というのも食べたことがなく想像がつきません。
しかし、美味しければOKですw
このカツオカレーはOKなやつでしたw

フィジー風というよりは南インドっぽさをほんの少し感じました。
しかし南インドのカレーというわけでもなく、こちらのオリジナルでしょう。
ここでしか食べられない美味しさということですね。

飲み物にも食べ物にもしっかりとこだわっていて、そのこだわりが正しく、ここでしか食べられない料理も色々。
南洋の父も美味しくて雰囲気も良くて素敵なお店だったんですが、こちらトリッピンスパイスも負けず劣らず素敵なお店です。

評価:★★★☆

カレー日記


愛知 千種「元祖台湾カレー」炙りトロ肉台湾カレー


個人的に台湾カレーまぜそばが好きなんです。
東京にも最近は台湾カレーまぜそばをいただけるお店が増えてきて、色々と行ってるんですが、あの独特のしょっぱい感じがクセになるんですよね。
そして、台湾カレーまぜそばに角煮的なものをトッピングし、酢を入れ、追い飯をまぜずに食べれば中華風ポークビンダルーのようになって、それがまた楽しくて。

台湾カレーまぜそばは食べられるようになったのですが、本場の名古屋では台湾カレーのカレーライスを食べられると聞いて気になっていました。

久しぶりの名古屋訪問の際に、こちらへ行ってきました。
台湾カレーまぜそばの有名店、麺屋はなびが監修したというお店です。

ここでもやはり台湾カレーに、炙りトロ肉をトッピング。

一口食べてみるとまず肉味噌が意外な辛さ。
ピリっとシュワっと鼻に抜ける辛さですが後を引かないので良い刺激です。

これにカレールーがかかっているのですが、このカレールーは普通の日式カレー。
それと肉味噌が合わさると、うーん。。。
あんまり合わせる必然性を感じなかったんです。

最終的に酢をルーに混ぜてトロ肉と合わせると、やはりポークビンダルー的にはなったのですが、中華風ではなく和風っぽくもあり、なんだかよくわからない方向へ着地してしまいました。

決して味が悪いとかではないんです。
ただ、期待していた方向と違うものだったんです。

これだったらルーをもっと中華的に寄せるか、なんならルーは使わず肉味噌のカレー感強めてセミドライな中華風キーマにするか、どっちかにしてくれた方が良かったんじゃないかと思います。

でもね、悪いわけじゃないんですよ。
ただ、台湾カレーまぜそばの方が、自分の好みに近かったというだけです。

評価:★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード