カレー日記


高田馬場「まっちゃんカレー」キーマカレー季節の温野菜


早稲田通りと明治通りの交差点にあるバーのランチタイムでカレーが始まっていました。
どうやら2017年4月からスタートした様子。

メニューはキーマカレーのみ。
これにチーズなどのトッピングがあるのは一般的なスタイルですが、こちらのお店の面白いのはライスか温野菜を選べるということ。

キーマカレーライスか、キーマカレー温野菜か、ということです。
面白いので温野菜でお願いしました。
値段はどちらも600円ということで、野菜の方がお得ですしね。

辛さを選べるのですが、「やさしさ」という選び方。やさしさ4だと辛くなく、やさしさ0だと大辛ということでした。
一般的な辛さセレクトだと数が多くなるほど辛いので、こちらのお店はその逆でちょっと混乱しますが、やさしさ1でオーダー。
結構辛いですよと言われましたがそのくらいでちょうど良いかと思いつつ。

温野菜だったからか、予想より提供に時間がかかりましたが、出てきた温野菜キーマカレーがけは600円としては十分な量。
野菜も人参、カリフラワー、インゲンなど、様々な野菜があり、それぞれがベジタブルカレーでもよく使われる、カレーとの相性が良い野菜ばかりだったのでキーマカレーにも当たり前のように合っていました。

やさしさ1の辛さは予想よりは辛かったですが、野菜と合わせるのはこのくらいが良いかなぁ。
辛い物を食べなれている僕からしてもしっかり辛かったので、ライスと合わせるならもう1段階辛くない形が良さそうとも思いました。

糖質制限ダイエットをしている方にはこのキーマカレー野菜、ちょうど良いと思います。食べ応えもしっかりありますし。

面白かったのでまたライスで食べに行こうかと思います。
ちなみに夜のバータイムでもカレーはあるそうです。
ただしカレーライス、カレー温野菜ではなく、ホットサンドとして出すんだとか。
夜も面白そうですね。

評価:★★★

カレー日記


上板橋「みっち」キーマカレー+ポテトサラダ


まぐろノド肉竜田揚げ


焼とり(もも肉、せせり)


上板橋南口から真っ直ぐ歩いて行き、大通りを渡ってもうちょっと行くと右手にあるお店です。
居酒屋なのですが、こちらに入ろうと思ったのはお店の看板を見て。
僕の大好きなギタリストであるジミ・ヘンドリックスの顔によく似た看板なんです。
それでいて店名は「みっち」。
これはジミ・ヘンドリックスのバンドメイトであるドラマーのミッチ・ミッチェルのミッチなのかな?と思ったら気になって。
では何故看板はジミヘン?(厳密にいうとジミヘンでは無いのですがw)

入ってマスターに聞いてみましょう。

店内はカウンターメイン。
白髪交じりの渋いマスター。
ジョニールイス&チャーのポスターが飾ってあったり、ギターが置いてあったり。
やっぱりギター系なの? では何故ミッチ??

とりあえず飲んで食べてから聞いてみようということでメニューを見ると、素晴らしい!
カレーがあります\(^o^)/

音楽好きにはカレー好きが多いなんてこともよく言われますが、とにかくカレーがある居酒屋だったんです。
カレーはキーマカレー。
ライスで食べるか、おつまみとしてポテトと合わせて食べるかというスタイルがあります。
お腹が空いていたのでライスで。ポテトサラダつきのセットにもできるということでそれにしてもらいました。

キーマカレーは非常に良い塩梅。
居酒屋でキーマカレーやドライカレーを出すお店も時々あるんですが、居酒屋のキーマカレーとして正しい味わいなんです。
シンプルな挽肉のカレー。
スパイスに思いっきりこだわっているわけでもなく、カレー粉を使ったんだろうなと思うようなカレーなんですが、それでいてちゃんと美味しくて。
こういうのがお酒に合うんですよね。
目玉焼きが一緒に乗っているのも正しいですし、焼き具合も正しい。
ポテトサラダもシンプルなポテトのみのサラダであり、ブラックペッパーが効いているあたりも正しい。

他の料理も美味しいんです。
日替わりメニューからまぐろノド肉竜田揚げを頼んでみれば、味付けも揚げ具合も正しくて。

レギュラーメニューから焼鳥を頼んでみれば、肉質も焼き具合も正しくて。

どの料理も家庭的な味付けであり、個性的というわけでも、物凄くこだわって作っているという風でもないんですが、ちゃんと美味しいのが素晴らしいです。

ジミヘンに招かれて素敵な居酒屋に辿りつけました。

満足してお会計。
マスターに店名のことを聞いてみると、ミッチ・ミッチェルは関係無く、マスターのお名前から取ったんだとか。
マスター自身はギタリストで、だからこそのジミヘン(ではないんですよくれぐれもw)的看板だったわけですね。
ジミヘンに似てそうではない看板の理由も聞けば納得。

渋くて素敵なマスターの、アットホームな居酒屋。
また行きたいお店です。

評価:★★★☆

カレー日記


上板橋「カシミール」おつまみカレー


カシミール。
インドとパキスタンの国境あたりの地域の名前です。宗教的にも政治的にも微妙なエリアであり、何かと難しい地域。
カレー好きにとっては老舗デリーの名物カシミールカレーのカシミールであり、洋楽ロック好きにとってはレッドツェッペリンの名曲のタイトルであり。

こちらのお店はカレーバー。というよりも正確にはカレーもある居酒屋的バー。
カウンターのみの小さなお店。
テレビがついており、カウンターの中には男性マスターが一人。

カレーはオリジナルのキーマカレーのみ。
これをライスで食べてキーマカレーライスにするか、ガーリックトーストで食べておつまみカレーにするかの差です。

他のメニューは湯豆腐やシュウマイなど、居酒屋的。
種類はそれほど多くありませんが、このラインナップは個性的です。

おつまみカレーと湯豆腐を注文しました。
おつまみカレーは辛さも選べるということで辛口で。

インド的ではなく、家庭的なキーマですが良いおつまみです。
ガーリックトーストというのがまた嬉しいです。

食べていると、「豆腐切らしちゃってるんで買ってきますね。ちょっと店開けても良いですか?」と。
そこまでしなくともと思いましたが、いずれにしても必要なのでということで、ではお願いしますと待ちました。
優しいなぁ。

湯豆腐もシンプルで家庭的なものでしたが、それが悪くないんです。

ガツガツ来るわけではなく、ごくごく自然に話しかけてくれ、ほっておいてもくれ、ちょうど良い具合の距離感。
素敵なマスターのお店でした。

評価:★★★☆

カレー日記


本駒込「コザブロ」カレー二種盛り(ラムキーマビンダルー、サメ)


本駒込駅から北へ5分程歩いた場所にあるスパイス料理のお店です。
基本的にはスパイス料理のバー。
週末はランチ営業でカレーライスも出しています。

日曜のランチで訪問しました。
2種盛りの、カレーをラムキーマビンダルーとサメのカレーで注文。

サメとは鮫。
インドでは割とポピュラーな食べ物だそうですが日本では珍しいですね。
こちらのお店は独自のルートで仕入れ可能な為、レギュラーメニューで出すことができるんだそうですが、それもきっとマスターが築地市場の人気カレー屋である中栄の出身ということが少なからず関係するのではないでしょうか。

カレーの味は中栄とは全然違う今どきな方向性。
つまり、インド的手法で日本人が作った、所謂スパイスカレーというジャンルの範疇に入るといえるでしょう。
それでいて今どきのよくある感じでおさまっているわけではなく、ラムキーマはビンダルー仕立てにすることによって個性が出ていますし、サメも本格的インド味ではなく、タイカレーっぽさとミックスさせることによって独自性があり、どちらもこちらのお店じゃないと食べられない味になっているのが素晴らしいです。

お店の雰囲気も良く、夜メニューも実に気になるものが多いので、また近いうちに行ってみたいお店です。

評価:★★★★

カレー日記


上板橋「花門」オムカレーチャーハン


豚肉カレー炒め


今までは上板橋になかなか縁がなかったのですが、このエリアでもお仕事させていただくことになり、これからちょくちょく通うことになりそうで、飲みに行けそうな場所を探していて見つけました。

花門。
ルビがふってあるんですが「come on」だそうで。
しかも「花門にカモン!」と外国人が書いたと思しき自体のメッセージと、手書きの絵の看板があるとあっては、行かねばなりますまいw
こういう店、好きなんです。

店内はカウンターの奥に座敷席。
元気で楽しい外国人男性と上品で優しい日本人女性のコンビ接客です。

メニューを見ていると驚愕。
料理は全品400円なんだそうで。
安すぎます。

日本人女性店員さんに「こちら初めてですか?」と聞かれたので「はい」と答えると、「全品大盛りとなっていまして、もし食べきれなかった場合は持ち帰り用にタッパーも無料で差し上げますから、遠慮なく残してくださいませ。」と上品な笑顔で。
カレー食べた後の二軒目だったのでうっかりです(^^;)

「どれか少な目のものはありますか?」と聞くと中東系の外国人店員さんが「少な目ガンバリマス! 持ち帰りもデキマス! 私も持ち帰りデキマス! あ、それはイラナイカ! ハッハッハ!」と、恐らく今まで何度もこれで笑いを取ってきたであろう言いなれた鉄板ネタw
でも、こういうの大好きなんですw

それならばもう気にせず普通に頼もうとメニューをしっかり見ていると、カレー系もあるじゃないですか\(^o^)/

豚肉カレー炒めと、オムカレーチャーハンの2つがカレー系だったので、この2つをお願いしました。
どちらも400円なので2つ合わせても800円。安いです。
どのくらい大盛りなのだろうと期待と不安を感じながら待っていたのですが、出てきたのを見てびっくり。
三人前以上あります(^^;)
オムカレーチャーハンは卵だけでいったい何個使っているんだ?と思うような量。

これが400円ってちょっと凄すぎます。
原価割れこそしていないんでしょうが、ほぼ原価じゃないでしょうか。

豚肉カレー炒めも野菜たっぷり。
豚肉は野菜に比べたら少な目ですが、こちらも3人前くらいの量があるのでそう考えれば十分すぎる肉量です。

つまり、800円で6人前の料理が出てくるんです。
凄い。

味は正直言えば普通です。
家庭料理的な普通の味。
豚肉カレー炒めは一味足りなかったので卓上のタバスコを振りかけて食べたら程良くなりました。
オムカレーチャーハンも一味足りなかったので卓上のしょうゆをほんの少し追加で程良くなる感じ。

しかし、この値段と量だったら文句ないどころか感謝したいくらい。
まんまと食べきれなかったので持ち帰りにさせてもらったんですが、翌日の朝もこれを食べて、まだ残っている状態ですw

お店の雰囲気も良いですし、これはまた是非お腹空かせて来たいお店です。

評価:★★★☆

カレー日記


銀座「はるかなるカレー」はるかなるカレー


ランチ間借りカレーとしてスタートし、すぐ近くの場所で実店舗スタート。
しかし営業は気まぐれというかマイペース営業で、詳しくはFacebookのページで確認しないといけない。
そんなお店です。

実際僕は過去2回こちらのお店にふられています。
なかなか縁がないなと思っていたんですが、たまたま昼にこちらの近くで用があったので、看板が出ているかどうか確認しに行ってみるとちょうど看板を出していたところ。
これはラッキーと入りました。

はるかなるカレーは野菜たっぷりのオリジナルカレー。
サラサラでヘルシーで独自性もあります。
以前食べた時は悪くないけどどこか物足りないと感じる部分もあったのですが、今回は程良く満足感もしっかり得られたので、腕も上げたのでしょうね。

頼んでから提供に時間がかかりますし、お店も狭いので色々と問題点があると感じる方もいるでしょうが、これがこのお店のスタイルであり、それが好きと感じる方も少なからずいるということです。

ママというには若いですが素敵なママの作るカレー。
孤独なおじさんにはたまらないものがあります。

評価:★★★☆

カレー日記


池袋「本気カレー」ドライキーマカレー+ポテサラ


500円ダルバートが素晴らしいネパール料理店シンゾウの隣にあるオリジナルカレーのお店です。
メインは骨付きチキンカレーと、ドライキーマカレー。
そのほかにも日替わりで牛すじカレーやら何やら色々と挑戦しているようです。

ドライキーマカレーにポテサラトッピングでお願いしました。

トマトベースの鶏の粗挽き肉のキーマカレー。
その上にポテトサラダ、さらにかいわれ、そして上からドレッシングをかけてありました。
ちょっとおしゃれですね。

お店はカウンターメインのカレースタンドという雰囲気なのですが、色々と工夫しているようです。
カレーはシンプルながらなかなかの美味しさ。
トマトの風味が効いているのと、粗挽き具合が良い食感を生んでいて良いです。
これが平日ランチは500円で食べられるそうで。
それは凄い!

僕が行ったのは夜だったのでその値段ではありませんでしたが、それでも納得できる味でしたから。

隣のシンゾウと良い、ここと良い、500円で美味しいカレーが食べられるお店が並んでいるとは、池袋、凄いです。
どちらも流行って欲しいですね。
はしごしても1000円ですから。

ちなみに僕ははしごカレーの2軒目でこちらに行きました(^^;)

評価:★★★

カレー日記


牛込神楽坂「キイトス茶房」神楽坂カレー


牛込神楽坂駅近くの喫茶店です。
店内は昔ながらの喫茶店といった雰囲気。
太陽の光がしっかりと差し込み、昼は明るいです。

店内には様々な本が置いてあり、その本のセレクトがまた渋いというか、一般的ではなくてひねりがきいているというか、実に良い感じ。
この時点で僕はここのお店が好きです。ゆっくりとここで読書したいです。

さらにはフードメニューのイチオシがカレー\(^o^)/
最高ですね!

神楽坂カレーという名前のそれは、昔ながらのドライカレー。
ひき肉と野菜を使ったシンプルなカレーで、今はなき恵比寿ストックに近い方向性。
昔ながらの喫茶店にはこの手のドライカレーが時々あるんですが、好きなんですこういうの。
自分で作れそうなドライカレーですが、やはりこの喫茶店という雰囲気に不思議と合うので、家で食べるより美味しく感じます。

サラダと温泉卵とコーヒーもついて、ランチタイムは900円。
良いなぁ。
神楽坂エリアには美味しいカレーのお店も沢山ありますし、素敵な喫茶店やカフェも沢山あります。
そんな中でしっかりと存在感のあるお店です。

休日にここでゆっくり読書したいですね。
神楽坂に住みたい!

評価:★★★☆

カレー日記


上石神井「analog.」ハーフ&ハーフ(チキンな彼へ。、アナログリィィィィンカレー)


不定休で営業時間についても不定。詳しくはTwitterで。
そんなお店です。
多くの人が当たり前にスマホを持ち、ツイッターをいつでもどこでも見れる現代だからこそ成り立つスタイルですね。
このようなスタイルからもわかるとおり、マイペースなお店なんです。
しかしそのマイペースというのは、ある意味こだわりの証拠でもあるわけで。

時間が決まっていると雑になる部分も出てくると思うのですが、こちらはそういうものを無くしたいからこその無理の無い時間配分といいますか、己のペースで納得できるものを作るという気持ちの上でのマイペース営業と感じました。

つまり、美味しいんです。
そして何より安い!

これはマイペース営業じゃないとできないことだと思います。

いただいたのは「チキンな彼へ。」と題されたオリジナルの辛口チキンカレーと「アナログリィィィィンカレー」と題されたグリーンカレーのハーフ。
値段設定が独特で、カレーの種類やライスの量、具の多い少ないで少しずつ変わってきます。
僕は具の量は普通、ライスは少なめの150gでオーダー。これだと730円という激安価格!

カレーも丁寧に作られています。
辛口チキンは家庭的チキンカレーの発展形。
鶏肉、じゃがいも、にんじんは具だくさんといえるくらいのしっかりした量であり、奥深く刺激的なバランスはできそうでできないバランス感。
グリーンカレーはマイルドですがタイレストラン的濃厚さ。
そして鶏肉と野菜でこちらもしっかりと具が入っており、パクチーもしっかりと乗って、値段からすると十分以上の内容でした。

提供時「ニンニク入れますか?」と言われ、思わず「ニンニク野菜!」と条件反射で答えそうになってしまいましたがw、よく見るとその呪文が唱えられるお店と同様の生ニンニク。
この日は仕事の合間だったので遠慮しましたが、この辛口チキンにはきっと生ニンニク、合うでしょうね。

カウンターのみの小さなお店。
オーダーもこちらから一方的に伝えるのではなく、マスターのタイミングで聞いてきます。
それもすべてマスターのペースを保つため。

これだけ美味しいカレーを安く提供してくれるんだったら、不定休なのもその他諸々のマスターのマイペースも、どうぞそのまま続けてくださいと思えます。

お客様は神様ではありません。
ようやくそんな言葉が浸透しはじめてきましたが、逆にいえば店主も神ではないわけで。

客側からしたら美味しい料理を作ってくれるお店への感謝があり、お店側からしたらわざわざお金を払って食べに来てくれる客側への感謝があり、それが両方ある形が望ましいし、本来は普通なんですよね。
こちらのお店にはそれが確かにありました。
良いお店です。

評価:★★★★

カレー日記


二子玉川「オクシモロン」彩り野菜の鶏そぼろカリー


鎌倉の超人気店オクシモロン。
いつ行っても凄い行列。
休日に行くと2時間待ちなんてこともあるほどの人気になってしまっていて、かつては何度か足を運んでいたのですが最近はすっかりご無沙汰に。
そんなオクシモロンが東京は二子玉川に店を出したと聞いたのはいつだったか。
ようやく縁があって行ってきました。

玉川高島屋の7階テラスにあるお店。
なんとまぁおしゃれな!
二子玉川自体がおしゃれな街ですが、その中でもひときわおしゃれエリアです。

それほど広くないお店ですが、行ってみると満席。流石ですね。
ただ行列はできていなかったのでそれほど待たずに入れました。

カレーはメインの和風キーマ、エスニックそぼろの2つに、その日の日替わりカレーの3本立て。
3人で行ったのでそれぞれひとつずついただきました。
僕は食べた事のなかった日替わりの彩り野菜の鶏そぼろカリーで。

オクシモロンらしいしっとりとジューシーなキーマ。
辛さは選べますが辛口でもそれほどでもない控えめな辛さ。
野菜の彩りも鮮やかで、ピンクペッパーが香るのが印象的。
完全女性受けカレーですね。

もちろんおじさんである僕にも美味しくいただける味です。
他の2つのカレーも味見させてもらったのですが鎌倉オクシモロンの名に恥じないクオリティでした。

並ばず食べられるのでオクシモロンのカレー食べたくなったらこっちに行こうと思います。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード