カレー日記


平井「ルカマリ」ヘルシーネパール家庭料理セット


平井駅北口から割と近くにあるネパール料理店です。
ランチタイムに訪問。
メニューを見るとダルバート的なネパール家庭料理セットがあったのでそれをお願いしました。

他のメニューはごまスープ餃子定食つまりスープモモ定食だったり、焼きそば定食つまりチョウミン定食だったり、普通の定食と見せかけた本格ネパール料理が色々とあって期待できるものでした。

家庭料理セットもなかなかの美味しさ。
ダルはさっぱり系で美味しく、チキンカレーつまりククラコマスは胡椒きいたシャープな美味しさ。
タルカリもアチャールもサグも悪くなかったのですが、唯一バートつまりご飯だけちょっとだけ柔らかめで惜しいところ。

日本米であるのは問題ないのですが、日本米って炊飯器に書いてある水の量のまま炊くとちょっと柔らかめになっちゃうんですよね。
そんな感じの仕上がりでした。

カレーに合わせるには少し硬めくらいがちょうど良いのに。

とはいえ他は美味しかったので、夜メニューのネパール料理を頼めば問題ないと思います。

平井はカレー天国小岩とバングラ天国錦糸町の間にありながら、カレー的には特に何もないエリア。
この場所においては貴重な存在なので、頑張って欲しいという気持ちも込めて推しておきます。

評価:★★★☆

九州カレー日記


福岡 箱崎「マルハバ」マトンドピアザ(ロティ)


チキンカラヒ(ライス)


福岡県箱崎。
九州大学と筥崎宮が有名な地域ですが、基本的には住宅街。
博多エリアは都会ですが、そこから遠くない地域ではありながら、まったく違う趣のある街並みです。

この街に、パキスタン料理の名店があるんです。
それがこちらマルハバ。

オーナーのジャマールさんは元々自動車関係のお仕事で来日。
紆余曲折あってその仕事をやめ、何をしようか悩んだ末にこちらのお店を開いたんだそうです。

日本のパキスタンともいわれる富山県の射水市だったり、埼玉県の八潮市にも、非常に美味しいパキスタン料理店があるのですが、そちらの方も元々は自動車関係だった方が多くて。
こちらのそのパターンの例にもれず、美味しいパキスタン料理店なんです。

メニューは日替わり。
この日はマトンドピアザとチキンカラヒでした。
サラダと主食のセットで、主食はロティとライスどちらか選べます。

二人で行ったので、どちらもひとつずつオーダーしました。

まずマトンドピアザ。
ドピアザというのは玉葱を使ったセミドライカレーなのですが、こちらは玉葱の形がほぼ無いドピアザであり、インド料理店でいただくものとはかなり違うスタイルでしたが、しっかり油を使いながらも重くない美味しさであり、骨付きマトンの滋味がしっかりと引き立てられた、王道のパキスタンカレーでした。
ロティも軽くて良いです。

そしてチキンカラヒ。
カラヒとは鍋の名前で、その鍋で炒め煮した、パキスタンの名物カレー。
こちらが絶品!
骨付きチキンの旨味がスパイスで存分に引き出されており、ライスもジーラライス。
これがカレーと最高に相性良くて。
凄いなぁ。

こちらのお店は週末限定メニューのビリヤニが人気なんだそうですが、確かにこのジーラライス食べたらビリヤニのクオリティが高いのも容易に予想できます。

店頭では各種スパイスも売っており、カレーを自作する方にも嬉しいお店。
パキスタン料理店としては、全国レベルでもかなり上位に入る名店です。

ジャマールさんは「私は料理は素人なので、自分の好きな味を出しているだけ。これがたまたま受けているだけなんです。」と謙遜されていましたが、昨今のカレー業界はセンスの良い素人さんが人気カレー店になることも少なくありません。
そういう意味でも非常に正しいお店ですね。

評価:★★★★

九州カレー日記


福岡 桜坂「ハイダル」薬膳牛肉カレー


チャイ


福岡県の中でもカレー激戦区と呼ばれる警固エリア周辺。
住宅街の中にあるバングラデシュ料理をベースとした薬膳カレーを出すお店がこちらハイダルです。

シェフも接客もバングラデシュの方。
接客が店長さんでしょうか。日本語が堪能です。
店内でTシャツを中心に様々な雑貨が売っており、これを買うとバングラデシュの支援活動につながるんだとか。
店長さんがバングラデシュに学校を建てたりと、社会的活動も精力的にやっているだそうです。

店内は古民家カフェといった雰囲気。
メニューは達筆な日本語で書いてありました。店長さんの奥様が書いたようです。

基本の薬膳カレーはチキンとのことでしたが、牛肉気分だったので牛肉カレーにしました。

薬膳カレーというほどに薬膳感が強いわけではなく、バングラデシュカレーをベースにしたカレーです。
スパイスをホールのまま使ってあったりするので、薬膳効果ももちろんあります。

バングラデシュのカレーは素朴な美味しさが多いのですが、こちらもまさしくその範疇。
東京は錦糸町がバングラデシュ料理の聖地となりつつありますが、そこでいただく現地の味とはまた違い、それをベースに日本人向けに変化させたものであり、あんまり本格的なものが得意ではないという方でも大丈夫と思えるバランス感。

住宅街ですから、このバランスが大事ですね。

サラダも食後のチャイも美味しく、雰囲気も良いお店でした。

評価:★★★☆

カレー日記


新御徒町「サクラ」アルゴービ


インディアンサラダ


チーズコーンツナナン


良いお店にも色々とあって、味の良いお店、接客の良いお店、雰囲気の良いお店、はたまた何だか面白いお店と、それぞれに良しとする部分が違ってくるものです。
複合的に良い部分が重なれば名店となるわけですが、そうでなくても良いお店はあります。

こちら新御徒町駅から少し歩いた場所にあるサクラも良いお店。
どのように良いかというと、雰囲気と面白さです。

ネパール人によるインド的カレーのお店、つまりは所謂インネパなのですが、面白い部分はナンの種類の多さ。
その中にチーズコーンツナナンというものがありました。
チーズナンはどこにでもありますが、それにコーンとツナを合わせるのは他ではなかなか見たことがありません。
ピザではよくある組合せなので、そのあたりからヒントを得たのでしょう。

味は予想通りそのまんまの美味しさ。
チーズとコーンとツナが合わさって、美味しくならないわけはないんです。

カレーの味はごくごく普通なのですが、もうひとつ良い部分。
それが雰囲気。

店員さんのお子様と思しきネパール系のお嬢ちゃん(推定5歳くらい)が店内でずっと遊んでいました。
なんだか微笑ましいです。
そしてそのお嬢ちゃん、会計がすむとずっとバイバイしてくれて。
お店の外に出るまでお見送りしてくれて。

癒されるなぁ。
文字通り看板娘ですね。

味だけでいえばもっと美味しいお店は他にも沢山ありますが、このくらい癒されるお店はなかなかありません。
看板娘がいたらラッキーですよ!

評価:★★★

カレー日記


高田馬場「ナマステヴエトガート」Dセット(マトン、サグキーマ)


高田馬場駅前につながる商店街さかえ通り。
ここにあるビルの4階に「友の花」というネパール料理店があり、何度か食べに行っていたのですが、いつの間にか閉店してしまい、残念に思っていました。

ある日そのビルの前を通ると新たな看板が掲げられていました。
ナマステヴエトガート(原文ママ)とあります。
完全にカレーのお店ですね。

いつオープンするんだろうと、ちょくちょくチェックしていたのですが、ある日外に看板が出ていたので入店。
友の花時代と全く変わらない店内。
しかし店員さんは変わっていました。
ランチメニューは手書きで、まだ色々と間に合っていない様子。

ダルバートはメニューとしてはなかったのですが、2種類カレーを選べるDセットにしてみました。

カレーはマトンと日替わりのサグキーマをセレクト。
辛さは辛口でオーダー。
まず出てきたサラダ。
こちらはドレッシングができあいのものでした。
その後ターリが。
大き目カトゥーリによそられたマトンカレーとサグキーマ。
ライス、ゴルベラアチャール、サグ、そしてキールが乗っていました。

マトンカレーはサラサラタイプ。
一口食べてみると骨付きマトンで、ネパール式のカシコマスでした。
辛口にしたからなのか、スパイス感もしっかりあり、野性味ある刺激的な味。
これ、美味しいです。

サグキーマもほうれん草の自然な美味しさと挽肉のコクが渾然一体となった美味しさ。

看板見るに、よくあるインドネパール系のお店かと思っていたんですが、この2つのカレーに関しては色々と期待できる味であり、腕前でした。

ゴルベラアチャールも美味しく、サグは濃厚な味わい。
キールも優しい甘さで良い感じのデザート。

ディナーメニューはどんなものがあるか聞いてみると、メニューを出してくれたのですが、これが友の花のディナーメニューそのまま。
「あれ? 前のお店のメニュー?」と言うと「マダ準備デキテナイケド、コレ、ダイタイデキマス。」とのこと。

友の花もディナータイムには本物のネパール料理をいただけるお店だったのですが、その料理が色々とできるということであれば期待も膨らみます。

お店は11:00-24:00まで通し営業とのこと。
ランチタイムは15時までで、学生限定の割引メニューもあります。

高田馬場エリアの学生さん、ネパール料理好きな方は要注目です!

評価:★★★☆


カレー日記


恵比寿「クンビラ」ミスマスカレー、チキンビリヤニ


モモコ


マカマリチョエラ


ヒマラヤ鍋


恵比寿の老舗ネパール料理店です。
ランチタイムには何度が行ったことがあったのですが、ディナータイムは何気に初訪問。
3人で行きました。

まずモモとチョエラを。チョエラはマトンのチョエラを選んだのですが、これが当たり!
マトンのセクワを辛さのしっかりした酸味あるソースで和えたようなスタイルで、他になかなかない味と形のチョエラです。

モモは王道の美味しさ。

カレーはミスマスカレーという野菜カレーをオーダー。
チキンビリヤニと合わせました。

ビリヤニは炒めタイプ。
かなりウェットで炒飯というよりリゾット的な仕上がりになっていたのですが、味自体は悪くありません。

メインはヒマラヤ鍋。
鶏肉と野菜のスパイス鍋です。
鶏肉の骨は店員さんが取ってくれました。

優しくも滋味に溢れた美味しさ。
一緒にヒマラヤ岩塩もついてきたのですが、これを一振りすると味が引き締まって美味しさもアップ!

寒い冬にはぴったりの鍋です。

ネパール料理激戦区大久保と比べてしまうと値段は倍くらいに高いのですが、大久保でも味わえないスタイルの料理があります。
店内も恵比寿らしくおしゃれですし、このエリアにおいては貴重なお店。
覚えておいて損はないですね。

評価:★★★☆

カレー日記


千葉 海浜幕張「ジャイネパール」ランチビュッフェ


海浜幕張駅近くの住宅街は近未来感が漂いまくる独特のエリア。
言ってみたらディズニーランドのような街並みなんです。
下町で生まれ育った僕の個人的感覚からすると、こういう場所で住むのはちょっと恐ろしいなぁと感じるようなエリアなのですが、その住宅街の中に突如ネパール料理店があるんです。

それがこちら。
ランチタイムに行くとメニューはランチビュッフェが基本でした。
普通のビュッフェが1000円。
チャイをつけると1100円。

チキンカレー単品だともうちょっと安いんですが、どうやらビュッフェにあるカレーと同じ様子。

ならばチャイつけてビュッフェにしましょう。

ビュッフェの種類はそれほど多くなく、チキンカレー、ダル、チキンチリ、パコラ、サラダ、チョウミン、ライス、そして揚げタイプのナン的なもの。
これでこの値段はちょっとどうかなと思いながら食べてみると、チキンカレーとダルがちゃんとネパールテイストで好感持てる味。

ネパール人のお店だと、インネパと呼ばれる独特な日本人向けインド「的」カレーとなってしまうことが少なくないものの、ちゃんとネパールの味というのは嬉しいことです。

海浜幕張には駅前にもインドカレービュッフェがありますが、それよりこちらの方が確実に美味しいですよ。

夜にも期待ができるネパール味でした。

そして興味深かったのは、お客さんのほとんどがお婆さんだったこと。
このエリアにおいてどうやってこの客層をつかんだのだろうと考えていたのですが、女性店員さんがそのお婆さん方と実に気さくに会話していたので、このあたりの雰囲気なんだろうなぁと納得。

海浜幕張へ行くとデュワンばかり行ってしまうのですが、たまにはこっちも良いんじゃないかなと思えるお店でした。

評価:★★★

カレー日記


西大島「シティマート」シティマートカジャセット


ハビビでカレーを食べ、満足して帰ろうと思ったら駅までの道の途中にこちらを発見。
こちらも前々から気になっていたお店なんです。

せっかくなのではしごカレーといきました。

頼んだのはカジャセット。
こちらのカジャセットはアルタマが最初からついてくるのが最高に嬉しいです!
何しろ僕は他のお店でカジャセットを頼むときは、十中八九アルタマも一緒に頼むので。
チウラとアルタマって非常に相性良いですから。

それが最初から一緒になっているという素晴らしさ。
もう当たり確定ですw

食べてみたらチョエラが最高!
マトンをマリネしてスパイスであえたおつまみなんですが、このチョエラの深みと美味しさの立ち方は、ネパール料理激戦区の新大久保エリアの名店と比べても遜色ないどころか、もっと美味しいかもしれないと思えるほど。
バトマスサデコもアチャールも上出来ですし、チウラとそれぞれにアルタマかけて食べればもう何も言う事はありません。

ハビビで既に満腹だったのですが、夢中になって食べきってしまいました。
今度は最初からここに行ってみたいなぁ。

西大島は新たなインド人タウンとしても知る人ぞ知る街となりつつあるのですが、インド料理店のみならず、このようなネパール料理の名店もあるなんて本当に最高です!

評価:★★★★

カレー日記


西大島「ハビビハラルレストラン」ニハリ、チャパティ


シャーミカバーブ


ここ数年でインド人の人口が急激に増えている西大島エリア。
インド料理の名店もできてきましたが、インドのみならずインド近隣諸国の名店も生まれ始めているんです。
こちらハビビはパキスタン料理の名店。
インドの西隣であるパキスタンもカレー文化圏であり、食事のほとんどがカレーに見えるものです。

団地の一階に存在し、なかなか怪しげな雰囲気を漂わせていますが、マニアから見れば美味しそうな雰囲気でもあるわけです。

店内入ると店員さんもお客さんも外国人だらけ。
こういう店はだいたい美味しいんです。

ニハリをチャパティでいただきました。
すると店員さん、「イッショにタンドールチキンもドウデスカ?」なんて、マックでポテトすすめるように言うじゃないですかw

面白かったので乗りましたw
シャーミカバーブも追加で。

まず最初に出てきたシャーミカバーブ。
鶏肉と豆などを練って成形して焼いたものです。
コロッケの衣がついてない感じとでも言えましょうか。
味はスパイスがほんのりと。ケチャップをつけていただきます。
素朴な美味しさです。

そしてメインのニハリ。
ニハリとしては辛口。
一口目はマトンのスネの滋味がしっかりと溢れ、髄の甘味も感じるのですが、後から確かな辛さが追いかけてきます。
その辛さがあるからこそマトンの味がまた引き立つという。
チャパティはシンプルな美味しさで、ニハリとも合いましたし、このニハリだったらナンでもご飯でも合うでしょうね。
これが1000円なら安いです。

インド料理の名店やネパール料理の名店はそれなりにあるんですが、パキスタン料理の名店となると都内でも数えるほどしかありません。
そんな中、こちらはわざわざ行く価値のある名店と言えるでしょうね。

評価:★★★★

カレー日記


五反田「マヤ」チベタンレッドソースカレー、野菜のチャーハン


目黒や高田馬場にも姉妹店のあるマヤ。
昼はよくあるインドネパール系のお店ですが、夜になると本気のネパール料理もいただけます。
こちら五反田店も同様のスタイルです。

ネパール料理店となればダルバートなんかいきたくなっちゃうところですが、こちらのダルバート、ちょっとお高め設定なんです。
量と味を考えれば納得のクオリティではあるんですが、新大久保まで出れば半額以下で同レベルのものがいただけるとか考えちゃうんですよ。

そんなわけでマヤ名物のチベタンレッドソースカレーと、野菜チャーハンをいただきました。

チベタンレッドソースカレーはおおぶりでほぐれやすい鶏肉と茄子などが入ったカレー。
スープタイプとメニューには書いてありましたが濃度もあり、しっかりとした美味しさです。

チャーハンはマヤの隠れ名物。
目黒店も高田馬場店もチャーハンのレベルが高いのですが、五反田店はその両店と比べると見劣りするものでした。
しかしその両店がレベル高すぎるんです。
量も多いし味付け自体は悪くないんで問題ないです。
チャーハンのレベルが少し見劣りする代わりに、カレーのレベルは他より少し上かもしれないと思えるものだったので、プラマイで考えれば全然OKでした。

この食べ方、相性も良いのでおすすめですよ。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード