FC2ブログ

カレー日記



神保町「アンティー」キーマバラ




クアティーモモ


神保町の三角地帯。インネパ系のお店ユニークがあった場所がいつの間にかより本格的なネパール料理店になっていました。

店内の雰囲気はほとんど変わりませんが装飾品が少し豪華になったような印象。

メニューがおしゃれなんですよ。
黒ベースでデザイン性の高いメニュー。
大塚のカスタマンダップを思わせるようなラインナップ。

色々と食べてみました。

まずアルジラ。こちら火入れ加減、塩加減、共に良い感じ。
こういうシンプルな料理にこそ腕は垣間見えます。
なかなかの腕のようです。

クワティーモモはサラっとした豆スープに入ったモモ。
こちらも塩加減が程良くて。
強すぎない塩の良さを感じます。

キーマバラを頼んでみたらアルタマがついてきて嬉しい気持ちに。
アルタマも塩味より酸味推し。

どれもシンプルで素朴なネパール料理。
お値段も素朴な価格なのが嬉しいところ。

カレーを頼んでみたところ、カレーはインネパ的だったので、ここではネパール料理を彼是とつまみながらお酒を飲むのが良いでしょう。

評価:★★★☆

カレー日記



武蔵小山「チャチャフイ」チャチャフイの豚カレー、ライス


武蔵小山駅前のビルの裏手にある小さなお店です。
人気店バルピパルの姉妹店とのこと。

ディナータイムにうかがいました。
小さいながらおしゃれな空間。
大久保エリアの多くの本格的なネパール料理店と比べるとかなり洗練された雰囲気です。

メニューを見るとダルバートのようなセットは無く、ネパールのおつまみメイン。
これに加えて〆のカレーというスタイル。
つまりここはネパール料理でお酒を飲むお店なのです。

おつまみも色々ですが、モモと山羊肉の煮込みをいただきました。
どちらも美味しい。
素朴な魅力のネパール料理ですが、その中でもリッチなテイストであり、ネパールの高級店の味に近いです。

〆は店名を冠したチャチャフイの豚カレーとライスで。
豚肉ごろごろで食べ応え十分。
ネパール料理を良い意味で日本的にローカライズした形と言えるでしょうか。

店員さんはネパールの方ですが日本語が堪能な方もいらっしゃいますし、メニューもわかりやすく、入りやすい雰囲気で初心者にも安心。

こういう所からネパール料理のファンが増えて行くと良いですね。

評価:★★★☆

カレー日記



埼玉 戸田公園「ヤニマヤ」ダルバートセット(マトン)


日本ではまだまだ少ない本格的ネパール料理店ですが、戸田公園にもあるんですね。
ヤニマヤ。
外から見るとよくあるインネパ系に見えて、店内入るとそのこだわりの内装に驚きます。
そして、本気のネパール感が伝わってきます。

ランチはダルバートがイチオシ。
一般客用にインネパ的セットもありますが、やはりこれはダルバートでしょう。
カレーはマトン。ドリンクはホットチャイをセレクトして注文しました。

カレーもダルも塩味強め。
しかしその強さが嫌な強さではなく、だからこそ味が引き締まり、ご飯が進むという加減。
ご飯の上にサグも乗り、ゴルベラアチャールもフレッシュ。
サラダもついて1000円しないのはお得です。

そしてチャイはアイスがなくホットのみなのですが、このホットチャイが良かった。
こちらはこちらで甘味強め。
しかしだからこそこの塩味強めのダルバートを締めくくるのにちょうど良いんです。

美味しいですよ。

しっかりとこだわりが味に生きている。そんなダルバートでした。

評価:★★★☆

カレー日記



豪徳寺「オールドネパール」ダルバート(炭焼きポークカレー)




スイカのサデコ




カジャセット


大阪の名店ダルバート食堂の姉妹店が豪徳寺にできたと聞いて行ってきました。
ダルバート食堂と言えば個人的に思い出すのはネパールはカトマンドゥにカレーを食べに行った時、タメルの人気店に入ると日本人の店員さんがいたんです。その方がダルバート食堂からこちらのお店に修業に来ていたこと。
ダルバート食堂の名前は知っていましたが、この件でどれだけ本気でネパール料理を作っているかがわかり、大阪に行った際にダルバート食堂に食べに行ってみたら最高に美味しかったんです。

そんなダルバート食堂が東京に。
大阪だと本格的なネパール料理はまだまだ少ないのですが、東京にはリトルカトマンドゥと呼ばれる大久保エリアがあります。
しかし、大久保エリアで食べられる本格的ネパール料理とも、確実に違う打ち出し方をしており、それが最高の形で見事に成立しているお店でした。

誤解を恐れずにごくごくわかりやすく言うなら、モダンネパリキュイジーヌ。
インド料理はフレンチなどと融合してモダンインディアンという一つの新しい形を生み、定着し、さらに進化させているのですが、それのネパール版とでも言いましょうか。

ダルバートの他に前菜的カジャセットがあるということでそれを頼んでみると、最初に出てきたのはスイカのサデコ。
甘味と塩味のバランスが良く実に爽やかな前菜です。シルティムルという珍しいネパール山椒を使っているのも個性的。

続いて出てきたワンプレーとのカジャセットで驚いたのがチョエラ。
水牛を使っているんです。
つまりバフです。

ネパールではバフを使った料理はポピュラーで、チョエラだったりスクティだったりと色々と食べる機会があるのですが、どこで食べても硬いです。
しかしそれはネパール人が硬い肉をしっかり噛みながら食べるのが好きだから。
実際噛んでいくごとに味が深まってくるのが楽しくもあるのですが、ここのバフはめちゃめちゃ柔らかい!
がっつりと葉ニンニクを効かせた味付けは確かにネパール的でありながら、この肉の質感はフレンチ的。

サンニャクナというネパールの煮凝りも上品で繊細な味付け。

メインのダルバートも素晴らしいですよ。
選べるカレーは炭焼きポークカレーにしたのですが、ダルとカレーはシンプルにネパールらしく。
まわりに並ぶ色とりどりの副菜のバランスがおしゃれであり、大阪スパイスカレー的でもあり、洋食的センスも感じられます。

全体通して言えるのは、ネパールの伝統的な部分は崩さずにリスペクトを捧げた上で、それをどう新しい形に進化させるか考えて作られたものということ。

これは唯一無二のネパール料理です。
豪徳寺に行かないと食べられません。
その為に豪徳寺までわざわざ行く価値のあるお店ができました。

8月からコースもスタートするとのこと。
実に楽しみです。

評価:★★★★☆

カレー日記



本駒込「ラジ」チョエラとチキンカレー


東洋大学の目の前にあるインドネパール系のお店ラジ。
2020年7月から日曜営業も始まりました。
コロナ禍で大学生が学校に来ていないということも関係しているのでしょうか。
なんとも世知辛い。

しかし月に一度ほどこのエリアに通っていながら行くのは必ず日曜日という僕には、日曜営業はありがたいことです。

ランチメニューを見ると通常のインネパ的セットのみならず、ダルバートセットやモモとカレーのセットやチョエラとカレーのセットという、ネパール色の強いメニューがあるのが良いですね。

ダルバートは一般向けにライスもナンもどっちもついてくるものだったので、シンプルにチョエラとチキンカレーのセットを注文しました。

サラダ、ドリンク、写真にはありませんが後からデザートもついてきて1000円です。

まずチョエラ。
しっかりニンニクが効いていて美味しいです。
個人的にはお酒のおつまみとして食べることの多いチョエラですが、ご飯のおかずとしても非常に合うんですよね。

チキンカレーはインドネパール系でよくあるスタイルに見えながら、ちゃんと個性を感じる味だったのが良かった。
甘すぎないんです。
ほのかな甘味はあるのですが、印象としては軽やか。
だからこそ強いチョエラと合わせても重すぎることもなくて程良くて。

お店入った時には僕一人だけだったのですが、食べ終わった頃には常連さんらしき方々で店内もにぎやかに。
日曜営業の意味もしっかりとあったようです。

ネパール色の強めなインネパ系。
なかなか良かったですよ。

評価:★★★

カレー日記



西葛西「ムナル」ダルバートセット(マトン)


インド人居住者が多いエリアとして知られている西葛西。
日本最大のインド人街と言っても過言ではないでしょう。

そんなエリアですからインド人の為の本格的なインド料理店が多いのですが、こちらのお店は所謂インドネパール系。
日本に最も多いタイプの、インドカレー店に見えるけど実はネパール人による本格的インド料理ではないアレンジ料理のお店というやつです。

こちらのお店もメインメニューはインネパ的ラインナップ。
しかしこっそりとダルバートもあることを見逃してはいけません。

ダルバートとはネパール料理で、豆スープとカレーなどのおかずをご飯で食べる定食のこと。

以前こちらのお店ではダルバートはメニューに無かったのですが、いつのまにかレギュラーメニューに加わっていたのですね。

カレーはマトンをチョイス。
ライスも選べるのですがジーらライスにしました。
ドリンクはアイスチャイをチョイス。

他にサラダとパパドとアチャールがついて1900円。
少々強気価格かなと思いますが、それが高いか安いかは食べてみてからの判断です。

結果を先に言えば、高くありません。
安いとは言いませんが妥当な価格と思える味のクオリティでした。

ただ、本格的なネパール料理を食べたいという人には向かないかもしれません。
ダルスープではなく完全にダルカレーでしたし、マトンもカシコマスではなくインネパ的マトンカレー。
アチャールも漬け込んだものではなくその場でちゃちゃっと作ったであろう即席ホットアチャール。

しかし、それぞれが味だけを考えるなら十分美味しいんですよ。

本格的かそうではないかということ以上に、美味しいかそうではないかの方が大事だと僕は思います。
本格的かどうかが大事な方にはおすすめしません。
純粋に美味しいものを食べたいという方におすすめです。

事実、インド人居住者が多いエリアでありながら、店内にいたお客さんは日本人ばかりでした。
日本人ばかりではあるものの、この手のお店としては十分賑わっていたので、地元日本人に愛されているのでしょう。

評価:★★★☆

カレー日記



泉岳寺「レッサムフィリリ」ネパリーズセット


高輪ゲートウェイ駅近く、泉岳寺駅ならもっと近くにある、ネパール・チベット料理のお店です。
店内の装飾も豪華な雰囲気。
ネパールはカトマンドゥの高級店に近いようなイメージです。

ディナータイムに訪問。
ダルバートはあるかな?とメニューを見てみると、ネパリーズセットというものがあったのでそれを注文しました。

ダルスープ、ご飯、チキンカレー、野菜のタルカリ、サグ、アチャールがワンプレートに乗り、食後にチャイとヨーグルトが出てくるセットです。

それぞれ本格的なネパール味。
素朴な美味しさであり、混ぜて行くと味が変化して楽しいという、正々堂々ダルバートですね。
店内の雰囲気はカトマンドゥ高級店ですが、味はカトマンドゥの庶民派のお店の味と言えるでしょう。

特筆すべき個性があるわけではないのですが、どれも着実に堅実に美味しいといった印象。
値段はこれで1900円ということで、大久保界隈のネパール料理に慣れている人からしたら高く感じるかもしれませんが、大久保界隈が異常に安いというだけですから。

高輪ゲートウェイ駅付近はまだあまり飲食店の数が多くありません。
そのエリアにおいて、こちらは覚えておいて損の無いお店だと思います。

評価:★★★☆

カレー日記



新宿「ミートティーク」牛すじカレー


アジアティークというアジア料理店の隣にある肉バルです。
店員さんはネパール系と思しき方。
アジアティークと同系列でしょうか。

ランチタイムに訪問。
牛すじカレーをいただきました。

うーん。。。。。

牛すじたっぷりなのは良いのですがどうにもこうにも硬いんですよ。
ネパール料理だと硬い肉だからこそ美味しいというものもあります。スクティとか。
でもこれは硬いということが良い方向に作用していない。

サラダと味噌汁もついてくるんですが、味噌汁がダルスープだったらまだ良かったんですが、インスタントの味噌汁のような味がしました。

カレー自体もネパールのカレーってカシコマスだったりククラコマスだったり、サラサラで濃さが無いということはあり、それでも美味しいものは多々あるのですが、ここのカレーは濃さが無いというだけで美味しさにつながっている要素もなく。。。

これが1000円オーバーというのはちょっと。。。

久々に残念な気持ちになり、この後もう一軒カレーを食べ直しに行ったのでした。

評価:★★

四国カレー日記



香川 瓦町「タリースパイス」ネパールスペシャルタリーセット(マトン)


香川県の瓦町駅近くはアーケードのある大きな商店街もあり、かなり栄えています。
その商店街の中にあるネパール料理店がこちら。

日本にあるインド料理店に見える多くのお店は、実はネパール人によるインド的カレーのお店だということはよく言われており、事実そのようなスタイルのお店が多いのですが、ネパール人がネパール料理を作るお店はまだまだ意外と少ないです。
東京の新大久保はリトルカトマンドゥと呼ばれ、本格的ネパール料理が増えていますが、地方へ行くとなかなか見つけるのが難しい。

そんな中、こちらは本格的なネパール料理をいただける貴重なお店でした。

ディナータイムにに訪問。
ネパールスペシャルタリーセットを注文。

選べるカレーはマトンで。

タリーにはご飯、サラダ、サグ、アチャールにパパドにデザートのヨーグルト。
その外にマトンカレー、ダル、野菜のタルカリ。
かなりのボリュームです。
これにドリンクがついて約2000円。

食べてみればそれぞれ安心できる本式ネパーリテイスト。
特にダルはネパール現地の高級店にも負けない深みのある上品な仕上がりでした。
サグもたっぷり。ニンニクきいていて良いです。

マトンは家庭的なカシコマス的なサラサラという方向ではなく、これもネパール高級店的なシャバシャバした舌ざわり。
骨付き肉の旨味が存分に引き出された美味しさでした。

新大久保なら1000円しないぞと思う方もいるかもしれませんが、ここは四国。
四国において本格的な味が楽しめるのですから、交通費考えればむしろ安いもんです。

一般人向けにインド料理メニューもありましたが、やはりここはネパール料理でしょうね。

評価:★★★☆

カレー日記



新大久保「エンバシーハラルレストランミルハ」ターリセット(マトン)




ビーフパヤ


新大久保駅を出て斜め左前へ行くとスパイスなどの食材を売っている通称「イスラム横丁」があります。
多国籍な人々が行き交うエリアなのですが、そこにできた多国籍なお店がこちらです。

メニューはそれほど多くないながら、ネパール料理、タイ料理、パキスタン料理という幅の広さ。

ネパール料理は大久保名物ダルバートがターリセットという名前であります。
大久保名物ワンコインダルバートというわけにはいきませんが、それでもカレーとダルとサグにタルカリにライタまでついて650円ですから破格ですよ。

カレーを選べるということでマトンに。
ネパールテイストのカシコマス。
美味しいです。
ダルは豆の味を活かした素朴な美味しさ。
新大久保エリアとしては平均的なレベルですが、他の街でこれが650円で出てきたら驚いてしまいます。
新大久保がちょっと異常なんですよね。

パキスタンメニューからはパヤ。
パヤが常備してあるというのは素晴らしいです。
しかも1000円。
ナンは100円。
安!

パヤはマトンかビーフか選べます。
ビーフにしました。
とろとろになるまで煮込まれた骨付き肉。
ゼラチン質がぷるんとしています。
それほどしつこさはなく、それでいて旨味はしっかりと出たパヤ。
嬉しい一品です。

他にガパオもいただきました。
こちらはインネパのガパオの王道といった味わい。
これはこれで美味しいんですよ。
ガパオが入っていないインネパガパオ。僕は結構好きですから。

お店の雰囲気は完全に海外。
インド亜大陸の現地の飲食店ってこんな感じのお店、多いんですよ。
異国情緒も味わえてこのお値段。
やっぱり新大久保って楽しいですね\(^o^)/

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード