カレー日記


蒲田「チョウタリドホリサザ」チョウタリスペシャルセット


ここのところネパール勢が進出してきている蒲田。
新大久保の人気店ナングロも蒲田店を出したのですが、そのナングロのひとつ上の階にもいつのまにか知らないネパール料理店ができていたので行ってみました。

扉を開くと凄い大きな音。
なんだ?と思ってよく店内を見てみると、小さなステージがあり、そこで歌っているネパール人が。
ライヴありのお店なんですね。

ネパールタウン大久保ではこのようなスタイルのお店がいくつかありますが、まさか蒲田にもこんなお店ができていたとは。

しかしメニューを見るとガチンコのネパールというよりはインドネパール系の、ネパール料理多めという雰囲気。
どんなもんだろうと、店名を冠したダルバート的なものを頼んでみました。

ダルカレー、チキンカレー、チキンティッカ、ライス、サグ、アチャール、ダヒ、パパド、サラダ。
そしてビールもついて1250円です。

カレーは生クリームをまわしかけた、インドネパール系の味で期待していたものとは違いましたが、味自体は悪いわけではありません。
値段を考えれば納得できる内容です。

それにしてもライブですよ。
こんなに大きな音でやる必要ないんじゃない?というくらいの大音量で、先に来ていた日本人老夫婦客が完全に面食らっていました。
うっかり入っちゃったんでしょうね(^^;)

僕は僕で、食べていると突然ステージのネパール人から「アニキ! アニキ!」と声をかけられ、何だ?と思っていたら「楽しんでください!」とw
で、食べているとそのネパール人が席に。
オーナーか何かと思っていたら全然違い、ただの客なんだそうで(^^;)
何故か気に入られ、お酒やつまみを御馳走してくれました(^^;)

そして最終的には何故か一緒に踊るはめに(^^;)

そんなミラクルも起きる店。
扉を開いたらネパールです。

好き嫌いははっきりわかれると思いますが、僕は当然好きですよ。

評価:★★★

カレー日記


蒲田「ナングロガル」ネパールローカル料理セット(ラム)


マトンチョイラ


ミックスバラ


スープモモ


ネパール料理の名店がひしめき合う新大久保においても五指に入るくらいの人気店ナングロガル。
そこがいつの間にか福岡に店を出し、そして蒲田にも店を出したんですね。

蒲田というとここのところネパール勢が台頭しはじめている気になるエリア。
そんな中に出すとは流石です。
オープンしたのは2017年7月14日とのこと。
まだオープン間もないからか、ナングロとは思えない程に空いていました。

食べたものをまとめてみます。

・マトンチョイラ
おすすめ印ついてます。作り置きなのですぐに出てくるスピードメニュー。
しっかりしたスパイスとニンニク。マトンにもよく味が染み込んでいて美味しいです。
お酒のおつまみに最高ですね。

・ミックスバラ
バラとはネパールのお好み焼的な料理。
様々な具がミックスで入っているのでミックスバラ。
カレーソースもついてきます。
これがまた良い感じで。つけなくても美味しいんですが、つけると美味しさが上がりますね。

・スープモモ
王道の美味しさです。上品なのがナングロらしさでしょうか。

・ネパールローカル料理セット(ラム)
豪華版ダルバート。カレーはチキンかラムか選べるのでラムに。
骨付きラムが沢山入っていてグレービーもしっかりラム。スパイス感も程良く、実にバランスが良いです。
ダルは濃厚系。
このあたりは新大久保のナングロと同じベクトルで、味的にも撒けていない美味しさでした。

お店の雰囲気は新大久保ほどおしゃれではいないかもしれませんが、同じ方向を目指しているのは伝わりましたし、味は負けず劣らずの美味しさです。
まだ気づかれていないからお客さんが少ないというだけで、これから人気店になっていくのは間違いないと思います。

入り口が少々わかりにくいのですが、看板奥のエレベーター昇って3階にあります。
近隣の方は行って損無しですよ!

評価:★★★★

カレー日記


野方「ラザ」チャナマサラ


やきとり


日本におけるカレー屋で、チェーン店を除くと最も多いスタイルのお店が、ネパール人によるインドネパール料理を中心としたなんでもありなアジア料理店なのですが、こちらもその手のお店のひとつです。
マニアからは「インネパ」と揶揄されてしまうことも少なくないスタイルなのですが、インネパにはインネパの楽しみ方があるんです。

それは何かというと、飲み屋として利用するということ。
インネパ系は何故かドリンクが安いお店が多いんです。
こちらのお店もハイボールが250円とお得な値段設定。

ならばお酒はハイボール。
つまみにチャナマサラと焼き鳥で飲みました。

チャナマサラはインドネパール系の王道な味。
よくある味ですが、普通のチャナマサラが普通に美味しいというのは尊いことです。
値段も安めですし。

焼き鳥もインネパらしい焼き鳥。
タレが謎のタレで、日本の焼き鳥とは違いますが、肉はたっぷり。
焼き具合も悪くないので値段を考えると十分満足。

トータルで1000円ちょい。
やっぱりインネパ飲みは良いですね。

評価:★★★

カレー日記


蒲田「シャングリーラ」チキンディルクシュ、ほうれん草ナン


ネパール人によるインドネパール系のお店はカレーマニアに揶揄されることも多いのですが、中にはちゃんと美味しいお店もあるのでインネパと十把一絡げにしてはいけません。
こちら蒲田のシャングリーラもインドネパール系ですが、ちゃんと美味しく、こだわりのある料理をいただけるお店です。

店内は高級感のある装飾と、丁寧な接客で、意外といってはなんですが女性客も多いんです。
こういうお店で女性客多いっていうのはなかなか珍しいんですが、女性に受けそうな色々が確かにあります。

ナンの種類が多いこともその一つ。
ほうれん草ナンはほうれん草ペーストが中につまっているのみならず、上に刻んだほうれん草をまぶして焼いてあるので、ほうれん草好きにはたまらない一品。
これだけ食べても美味しいですが、カレーに合わせてももちろん美味しいです。

カレーもチキンディルクシュという珍しいものがあったのでそれを頼んでみたのですが、チキンティッカを刻んだものを薄焼き卵でくるんだものが入っており、カレーは玉葱とカシューナッツの濃厚系。
ちゃんと美味しかったです。

こういうお店がたまにあるから、インネパ探訪もやめられないんですよね。

評価:★★★☆

カレー日記


大塚「まる」ダルバートセット


大塚駅北口の商店街にいつの間にかできていたお店です。
ビルの5階にあるのですが、外看板にダルバートの文字を発見して行ってみました。

エレベーターの扉が開くとそこはすぐにお店という状態。
店内は予想とはまるで違い、かなりお洒落な空間であり、しかも相当な広さです。
100人くらい入れるじゃないかと思えるほど。

ランチタイム訪問だったのですが、店員さんはこの広さにしては少なく、ネパール人の方が2人。
しかしお客さんの入り的には2人で十分というくらい。

ランチのダルバートセットは1000円でした。
他にインドネパール系と思しきカレーとナンのセットや、グリーンカレーやガパオもあって、ネパール人によるインネパタイアジア料理店という感じ。
ガパオだけ何故か特別価格で500円と安かったのですが、他は1000円前後と、ランチとしては少し高め設定です。

といっても、ダルバートはご飯のまわりにサグ、野菜タルカリ、チキンカレー、アチャールがつき、別皿でダルとサラダ。
そしてドリンクもついて1000円なので内容的には文句なし。
盛り付けが一皿に一緒になっているソルティモードスタイルなのですが、これはこれで食べやすくて良いです。

ダルの味が素朴な本格ネパール味で好感持てます。
他はインネパ的な味付けなのですが、ダルと一緒に食べると不思議とネパール感が増し、トータルで考えれば1000円でも十分満足できる内容でした。

夜もダルバートはいただけるようです。カレーもあるのですが、焼鳥やその他諸々居酒屋料理も取り揃えており、やはり無国籍アジア料理居酒屋という感じになりそうです。

値段は安くはないのですが、このようなおしゃれな空間でネパール料理をいただけるのは嬉しいこと。
大塚カレーの選択肢のひとつとして加えておいて損はないかと思います。

評価:★★★☆


カレー日記


新大久保「チトワンタースガル&バー」ダルバットセット(マトン)


新宿から新大久保方面へ向かって歩いていると、見慣れないネパール料理屋を発見!
これは新店発見か! と思って某ログ見たら既に登録されていました。早い方はいらっしゃるものです。

というわけでチトワンタースガル。
店内入ってみるとトビー帽をかぶったネパール人のお兄さんが一人暗くて音も無い中座っておりました。
なんという現地感!

僕が入ると灯りも増やしてくれたのですが、音は無いまま。
店内はネパールのストゥーパのようなカラフルな旗が飾られており、ますます現地感を漂わせています。

頼んだのはダルバットセット。
チキンかマトンかセレクトできるということでマトンでお願いしました。

野菜のタルカリ、カシコマス、生野菜とゴルベラアチャール、そしてダルスープのセットで650円という安さ。
大久保エリアには500円ダルバートを出すお店もいくつかあるので、それに比べたら安くはないんですが、普通に考えれば十分以上に安いですよ。
大久保エリアじゃなかったら1000円取られても文句ないくらいです。

そして味も流石の大久保エリア。
カシコマスは骨も皮もついたままの野性味あふれるマトンにスパイスのきいたサラサラタイプ。ネパールの味そのものです。

ダルはそのまま食べるとちょっと薄目なのですが、ご飯やその他のおかずにかけて食べると、それぞれの味をつないでくれる役割をしっかりと果たしており、ダルバートの為のダルという感じがしました。

これが650円とはますます安い!
大久保エリアじゃないとあり得ないクオリティと値段ですね。

食べているとインド人客とネパール人客のグループがそれぞれ来て、店内に日本人は僕だけ。
顔の雰囲気も僕以外全員同じ感じで、ますます現地感を味わうことに。

最近の大久保エリアはネパール人だけではなくて日本人客の姿も増えてきましたが、ここはまだあまり知られていないせいか凄まじいまでの現地感を味わえます。
雰囲気も、味も、値段も現地的。
最高ですね!

評価:★★★☆

カレー日記


高田馬場「友の花」ネパールセット


ランチメニューは唐揚げ、しょうが焼き、ハンバーグなどの定食系がメインなのですが、店員さんは全員ネパール系と思しき方々。
通常ランチメニューと別のメニューに、ネパールセットとチーズナンセットというのがあり、こちらがカレー系です。

ネパールセットは所謂ダルバート。
ダルスープ、ご飯、サグ、カレー味のタルカリ、アチャールのセットで、さらにサラダとドリンクまでついて500円という破格さ。

元々ワンコインダルバートというと駒込にあったお店で試験的に限定メニューで出していたのを発見したのがもう8年前くらいでしょうか。そのお店はなくなってしまったのですが、現在は大久保にムスタングが500円ダルバートを出し、それが人気となってネワーダイニングも乗っかり、最近では池袋のシンゾウもワンコインダルバートを出しているなど、確実にその波が大きくなっている気がします。

こちらのダルバートもちゃんとネパール王道の味。
ネパール人が日本人向けに作った味ではありません。
タルカリがこの日はチキンセクワだったのですが、どれも優しくて素朴なネパール現地の美味しさ。
これが500円なら文句無い以上に満足度が高いです。

夜のメニューも見せてもらったのですが、モモのみならずチョエラやスクティ、ブタンやタスなど、ガチなネパールメニューが結構ありました。
それと同時に刺身があったり、ガパオがあったり、もうしっちゃかめっちゃかなんですがそれが面白くて良いじゃないですかw

個人的によく行く高田馬場エリアでこういうお店ができたのは嬉しい限り。
通ってみようと思います。

評価:★★★☆

カレー日記


学芸大学「シャンティ」ダルバート(チキンティッカマサラ、サグプラウン)


モモ


シャンティ。
スープカレーのチェーンや、外国人店員さんへの給料未払い問題などで揉めたインドカレーチェーンと同じ名前ですが、こちらのシャンティはそのどちらとも関係の無いお店です。

オンリーワンのシャンティと言いたいところですが実は2号店。
しかし1号店はカレー系のお店ではなく、神田にあるスナックなんです。
なのでカレー系のお店としてはここだけと言えますね。

2017年4月末にオープンしたばかりなのでまだメニューは多少の変動がありそうなのですが、ざっくりいえば所謂インドネパール系のラインナップ。
価格設定は平均より少し高めとなっていますが、その中にダルバートがあり、こちらは良心的な価格だったのでそれをお願いしました。
一緒にモモも。

ダルバートといっても本気のネパールのダルバートではなく、インドネパール系のお店のダルバートなので、内容はダルカレー、日替わりの炒めもの、アチャール、パパド、ライス。
そしてカレーを2種類メニューからセレクトできるスタイルです。
カレーはチキンティッカマサラとサグプラウンでお願いしました。

カレーはどれもインドネパール的でありつつ、質が高いもの。
学芸大学エリアだとガチなネパール味よりこういう味の方が受けが良いでしょうね。
インドネパール系のお店だとだいたいどこも同じような味で、美味しくもなければ不味くもなく当然面白くもないというお店が少なくない中、こちらのお店の味は純粋に美味しいと思える味でした。

一般受けを狙っていながらも、おさえるべきところはおさえてある。
そんな味です。

それもそのはず。
こちらの店長さん、かつて東銀座にあった伝説の名店カリカリの出身なんです。
カリカリといえば神楽坂の人気店である想いの木の前身的なお店であり、シャンティの店長さんは想いの木のオープニングもお手伝いされたそうで。

そんじょそこらのインドネパール系とは一味違うわけです。

モモの味も確かなレベル。
全部食べてお腹一杯です。

チョエラも食べたかったのですが、何のチョエラか聞いてみるとチキンとのこと。
しかし今後バフのチョエラを作りたいと思っていて、入手先を探しているんだそうで。
バフとは水牛。
ネパールでは水牛が一般的に食べられていて、僕自身ネパールで食べたバフのチョエラが日本でも食べたいと思っていた所。
これは是非とも実現してほしいです。

お値段このままでいくなら、そのような珍しくて質の高いメニューが増えれば良いですね。
もしくは一般受けをさらに狙っていくのであれば、もうちょっと安くなったり、あるいはダルバートのようにお得なセットが色々とあると嬉しいなとも思いますが、今後に期待できるお店です。

評価:★★★☆

カレー日記


浜田山「エベレストダイニング」日替わりカレー&ライス(キーマ玉子)


浜田山駅のすぐ近くにあるインドネパール系のお店です。
ランチタイムに訪問。
休日でしたが地元の方と思しきお客さんがぼちぼち入っていました。

メニューから日替わりカレー&ライスを注文。
何と540円です。

この日の日替わりはキーマ玉子ということでした。それを辛口でオーダー。

待っているとサービスで「ネパールのスープです」とカトゥーリが。
食べてみるとアルボディタマじゃないですか!
しかもこれがちゃんとネパール味で美味しい。

ほどなくしてキーマ玉子とライスも登場。
キーマ玉子はごくごく平均的なインドネパール系のお味。
辛口は予想より少し辛めでしたがカイエンヌペッパーの直線的な辛さの追加という形でした。

しかしこれが540円というのは安くて良いですね。
ネパール人店員さんの接客も一生懸命で、地元の方々に愛されているようです。

夜にはダルバートとかあるんですか?と聞いてみたのですが、アリマセンとのこと。
これだけちゃんとしたアルボディタマが出せるのであれば、本気のネパール料理メニューももっと出してくれれば良いのにと思いつつも、この安さはやはり素晴らしいです。

評価:★★★☆

カレー日記


木場「ターリー屋」キーマカツカレー定食、インド豆のスパイシーサラダ


飛ぶ鳥を落とす勢いで店舗数を増やしているインドカレーチェーンターリー屋。
カレー隠れ激戦区の木場にもお店を出しました。
ライバルが多い半面、そのような場所で多くのお店が成り立っているということは、その場所にカレー好きが多いからという理由でカレーのお店が増えるのでしょうかね。
違うのかもしれませんが、カレー屋が多い場所にはカレー屋が集まるのは他でも色々と見ています。

木場店、入ってみると一階はカウンターメイン。
テーブルもありましたが、二階席もあるようなのでそちらにグループ客は入れるのでしょう。

頼んだのはキーマカツカレー定食。
これにインド豆のスパイシーサラダをつけて1180円です。

カツはタンドリーチキンのカツ。
カレーをセレクトはできずにキーマオンリーです。
このキーマが、食べてみてちょっと違和感。
以前ターリー屋で食べたキーマと少し違う印象。
味を変えたのか、この日の僕の味覚がいつもと違ったのかわかりませんが、とにかく以前食べたキーマよりも薄く浅い味に感じてしまいました。

木場には美味しいお店が沢山ありますから、その中でこれだと厳しいんじゃないかなと思ったり。
でも一般的な人にはよくわからないメニューの本格的な店より、このようなわかりやすいメニューの店の方が安心だったりしますからね。

木場のカレー戦争の行く末を見守っていきたいです。

評価:★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード