FC2ブログ

カレー日記



泉岳寺「レッサムフィリリ」ネパリーズセット


高輪ゲートウェイ駅近く、泉岳寺駅ならもっと近くにある、ネパール・チベット料理のお店です。
店内の装飾も豪華な雰囲気。
ネパールはカトマンドゥの高級店に近いようなイメージです。

ディナータイムに訪問。
ダルバートはあるかな?とメニューを見てみると、ネパリーズセットというものがあったのでそれを注文しました。

ダルスープ、ご飯、チキンカレー、野菜のタルカリ、サグ、アチャールがワンプレートに乗り、食後にチャイとヨーグルトが出てくるセットです。

それぞれ本格的なネパール味。
素朴な美味しさであり、混ぜて行くと味が変化して楽しいという、正々堂々ダルバートですね。
店内の雰囲気はカトマンドゥ高級店ですが、味はカトマンドゥの庶民派のお店の味と言えるでしょう。

特筆すべき個性があるわけではないのですが、どれも着実に堅実に美味しいといった印象。
値段はこれで1900円ということで、大久保界隈のネパール料理に慣れている人からしたら高く感じるかもしれませんが、大久保界隈が異常に安いというだけですから。

高輪ゲートウェイ駅付近はまだあまり飲食店の数が多くありません。
そのエリアにおいて、こちらは覚えておいて損の無いお店だと思います。

評価:★★★☆

カレー日記



新宿「ミートティーク」牛すじカレー


アジアティークというアジア料理店の隣にある肉バルです。
店員さんはネパール系と思しき方。
アジアティークと同系列でしょうか。

ランチタイムに訪問。
牛すじカレーをいただきました。

うーん。。。。。

牛すじたっぷりなのは良いのですがどうにもこうにも硬いんですよ。
ネパール料理だと硬い肉だからこそ美味しいというものもあります。スクティとか。
でもこれは硬いということが良い方向に作用していない。

サラダと味噌汁もついてくるんですが、味噌汁がダルスープだったらまだ良かったんですが、インスタントの味噌汁のような味がしました。

カレー自体もネパールのカレーってカシコマスだったりククラコマスだったり、サラサラで濃さが無いということはあり、それでも美味しいものは多々あるのですが、ここのカレーは濃さが無いというだけで美味しさにつながっている要素もなく。。。

これが1000円オーバーというのはちょっと。。。

久々に残念な気持ちになり、この後もう一軒カレーを食べ直しに行ったのでした。

評価:★★

四国カレー日記



香川 瓦町「タリースパイス」ネパールスペシャルタリーセット(マトン)


香川県の瓦町駅近くはアーケードのある大きな商店街もあり、かなり栄えています。
その商店街の中にあるネパール料理店がこちら。

日本にあるインド料理店に見える多くのお店は、実はネパール人によるインド的カレーのお店だということはよく言われており、事実そのようなスタイルのお店が多いのですが、ネパール人がネパール料理を作るお店はまだまだ意外と少ないです。
東京の新大久保はリトルカトマンドゥと呼ばれ、本格的ネパール料理が増えていますが、地方へ行くとなかなか見つけるのが難しい。

そんな中、こちらは本格的なネパール料理をいただける貴重なお店でした。

ディナータイムにに訪問。
ネパールスペシャルタリーセットを注文。

選べるカレーはマトンで。

タリーにはご飯、サラダ、サグ、アチャールにパパドにデザートのヨーグルト。
その外にマトンカレー、ダル、野菜のタルカリ。
かなりのボリュームです。
これにドリンクがついて約2000円。

食べてみればそれぞれ安心できる本式ネパーリテイスト。
特にダルはネパール現地の高級店にも負けない深みのある上品な仕上がりでした。
サグもたっぷり。ニンニクきいていて良いです。

マトンは家庭的なカシコマス的なサラサラという方向ではなく、これもネパール高級店的なシャバシャバした舌ざわり。
骨付き肉の旨味が存分に引き出された美味しさでした。

新大久保なら1000円しないぞと思う方もいるかもしれませんが、ここは四国。
四国において本格的な味が楽しめるのですから、交通費考えればむしろ安いもんです。

一般人向けにインド料理メニューもありましたが、やはりここはネパール料理でしょうね。

評価:★★★☆

カレー日記



新大久保「エンバシーハラルレストランミルハ」ターリセット(マトン)




ビーフパヤ


新大久保駅を出て斜め左前へ行くとスパイスなどの食材を売っている通称「イスラム横丁」があります。
多国籍な人々が行き交うエリアなのですが、そこにできた多国籍なお店がこちらです。

メニューはそれほど多くないながら、ネパール料理、タイ料理、パキスタン料理という幅の広さ。

ネパール料理は大久保名物ダルバートがターリセットという名前であります。
大久保名物ワンコインダルバートというわけにはいきませんが、それでもカレーとダルとサグにタルカリにライタまでついて650円ですから破格ですよ。

カレーを選べるということでマトンに。
ネパールテイストのカシコマス。
美味しいです。
ダルは豆の味を活かした素朴な美味しさ。
新大久保エリアとしては平均的なレベルですが、他の街でこれが650円で出てきたら驚いてしまいます。
新大久保がちょっと異常なんですよね。

パキスタンメニューからはパヤ。
パヤが常備してあるというのは素晴らしいです。
しかも1000円。
ナンは100円。
安!

パヤはマトンかビーフか選べます。
ビーフにしました。
とろとろになるまで煮込まれた骨付き肉。
ゼラチン質がぷるんとしています。
それほどしつこさはなく、それでいて旨味はしっかりと出たパヤ。
嬉しい一品です。

他にガパオもいただきました。
こちらはインネパのガパオの王道といった味わい。
これはこれで美味しいんですよ。
ガパオが入っていないインネパガパオ。僕は結構好きですから。

お店の雰囲気は完全に海外。
インド亜大陸の現地の飲食店ってこんな感じのお店、多いんですよ。
異国情緒も味わえてこのお値段。
やっぱり新大久保って楽しいですね\(^o^)/

評価:★★★☆

カレー日記



千葉 本八幡「サンサール」ネパールランチセット




Bランチセット(マトン、挽肉と豆とじゃがいも)



小岩駅から歩いて10分以上の場所にありながらも老舗の名店として今も昔もカレー好き達を満足させ続けているサンサール。
本八幡にもお店があります。

本八幡のお店は良い意味でこじんまりとした雰囲気。
昼は陽光も差し込んで明るい空間。
ホールの日本人女性の接客も笑顔で丁寧で非常に好印象です。

2人で行き、ネパールランチセットとBランチセットをいただきました。

ネパールランチは所謂ダルバート。
豆の美味しさを前面に出したダル、野菜を大きめにカットし、その食感をしっかり残したアチャール、シンプルながら火入れ加減が程良いサグ、そしてチキンと様々な野菜のカレー。

それぞれ単体で美味しく、混ぜてさらに美味しくなるという素晴らしさ。
本店に負けない美味しさです。

2種類のカレーを選べるBランチセットもまた素晴らしかった。
カレーはマトンと、日替わりの挽肉と豆とじゃがいものカレーをチョイス。

マトンはシャバっとしていながらシナモンの香りがフワっと立ち上り、繊維状にほぐれる手前の肉が実に美味しいです。

そして日替わりがまた良かった。行ってみれば野菜キーマ。豆とじゃがいも以外にもパプリカなんかも入っていて、それが食感に変化を加えてリズム感あるカレーとなっています。

さらには焼き物がまた秀逸。
骨付きのタンドリーチキンと骨なしのチキンティッカがひとつずつ。
どちらも味付け、火入れ、共に理想的で、凡百のお店とは頭ひとつもふたつも上に抜きんでた美味しさでした。

食後のチャイもすっきりした美味しさ。

やっぱりサンサール、凄いです。
名店の名に恥じない支店でした。

評価:★★★★

カレー日記



神田「ダルバートShanti」ダルバート(マトン)+スパイシー半熟玉子


学芸大学にあったShanti。
オーセンティックなネパール料理をベースとしつつも、限定メニューでは中華とネパールをミックスさせた独創的な中華ターリなども出していて、その全てが美味しく、かつ楽しく、知る人ぞ知る名店としてカレーマニアの間でも固定ファンを増やしていたお店でした。

その後溝の口のノクチラボにダルバートShantiと名前を少し変えて移転、そしてまた今度は神田鍛冶町に移転し、お店をオープンさせたのが2020年2/14のバレンタインデー。

こちらの場所、スナックなんです。
そのスナックの昼間間借り営業という形なのですが、スナックの名前もShanti。
実はオーナーが同じなんですね。

というわけで安心の開店となったわけです。

ダルバートをいただきました。スパイス半熟玉子をトッピング。
選べるカレーはマトンで。

骨付きのマトンはネパール料理そのものというよりはあえて日本人にも馴染みあるインドスタイルに寄せた仕上がり。

神田はカレーの街と呼ばれますが、詳しくいうなら昔ながらのカレーライスが人気の街。
そこでやるならこのスタイルが正解でしょう。
そしてインド的に寄せているとはいっても、よくあるインドネパール系のカレーとはまるで違う、この店オリジナルの非常に美味しいカレーなので問題ありません。

ダルの優しい美味しさも相変わらず。

副菜のバランスも良く、細かい部分に工夫があり、気が利いています。

イケメンネパール人シェフ、ゴル君の腕はますます磨きがかかっているようです。

辛さは控えめですが辛いもの好きの人の為にスパイスも置いてあります。
これがただ唐辛子なだけではなくティムールも混ざっているあたりが素晴らしい。

奄美大島のたんかんラッシーも美味しくて、ダルバートShantiにしか無い美味しさと楽しさを堪能しました。

純粋なネパール料理なら大久保エリアへ行けば沢山あります。
ここの了解は最初に書いた通り純粋なネパール料理をベースにシェフオリジナルの工夫を凝らした料理。

今後は神田に合わせてカレーライススタイルのメニューも提供予定とのこと。
神田にネパールの風を吹かせる注目の新店舗ですよ!

評価:★★★★

岐阜カレー日記



岐阜 切通「バングラキッチン」カレーナンセット(チキン)



名古屋、岐阜エリアの喫茶店モーニング文化は東京の人間からすると理解不可能な程に安く、サービスが良すぎるので驚くことが多々あるのですが、カレー店のモーニングにも驚かされることになりました。

切通駅から徒歩15分から20分くらい歩いた場所にあるバングラキッチン。
こちらは朝7時からモーニング営業をしています。

トースト、サラダ、スープ、ドリンクのモーニングセットが税込み390円というのも驚きなのですが、さらにとんでもないのがカレーナンセット。
カレーとサラダとドリンクとミニサイズのナン。
これでなんと税込み350円ですよ!!!!!

350円なんていったら東京ではプレーンナン一枚だって食べられないこと少なからずあります。
コーヒー一杯飲めないこと少なからずあります。
それが、カレーもサラダもつくんですから。

カレーは選べるシステムで、ものによっては料金追加だったりもするのですが、追加料金なしのチキンカレーを食べてみれば、大き目カットのチキンが2切れちゃんと入っていて、カレーもバングラデシュ感ある素朴な美味しさ。

ナンは薄目の小さ目ですが、逆にそれが良いんです。
インド現地で食べるナンって日本のようにふかふかもちもちではなく、薄目で粉の味を楽しむタイプのものが多く、そっちの方がカレーに合うんですよ。
このナンもまさにそんな感じ。

素晴らしいなぁ。
僕の知る限り日本最安値のインドカレーセットです。
インドというかバングラデシュ系ではあるんですが、バングラデシュ人の作るインドカレーの美味しいやつです。

さらにビリヤニがモーニングだと390円というとんでもなさで、これも気になったのですがこれはまたの機会にとっておくとしましょう。
つまり、駅から行きにくい辺鄙な場所にあるのですが、また行きたいと思える素晴らしいお店だったということです。

評価:★★★☆

カレー日記



小伝馬町「コジマオリエンタルキッチン」ビマルカレーセット


小伝馬町駅近くをふらふらと歩いていたら見つけたお店です。
「カレーナン」の文字を発見して入ってみました。

店内はネパール人シェフとホール担当の日本人女性。
なんというか昔ながらの喫茶店的な雰囲気の店内はカレーとナンを出すお店には見えないのですが、ネパール人シェフがいることによってカレーナンの看板が嘘ではないということがわかります。

メニューを見るとイチオシメニューは豚しゃぶ丼。そして唐揚げ定食。
カレーは一番下にビマルカレーとヒマラヤンカレーの2つがありましたが、ランチ遅めの時間に行ったせいか、「今日は売切れ多くて出せるのが豚しゃぶ丼とビマルカレーだけなんです」と。

ならばビマルカレーで決定でしょう。

ビマルとは何かというと、前のシェフの名前だそうです。
今のシェフとは違う方ですが、同じネパール人だそうで、ネパールのカレーということ。

サラダとライスとカレーとラッシーのセットでした。

カレーは結構辛め。
一般的な辛口で、マニアには程良い辛さ。

ネパールのカレーといってもカシコマスやククラコマス的なスープ状のものではなく、インネパでありがちなカレーとも違い、かなり独特です。
チキンとほうれん草が入ったカレーはご飯との相性も良く、なかなかの美味しさ。

この味なら看板メニューにしても良さそうなんですが。
どうせならこのカレーを豚しゃぶ丼や唐揚げ定食につけられるともっと良いですね。

ちょっとわかりにくい場所にあるのですが、なかなか面白いカレーでした。

評価:★★★

カレー日記



新大久保「二ムト」ロティセット(チキン)




マトンチョイラ


ネパール料理天国大久保エリアにまた新店ができました。
新大久保駅を出て左に行くとすぐにある路地を左折し、しばらく歩いた左手の二階にあるニムト。
アクセス最高です。

味は大久保エリアの他のネパール料理店同様にレベルが高い現地の味。
ワンコインダルバートも存在しますし、全体的に見て値段もお得。

他と違うところはそのメニューの幅広さと、ロティ推しということでしょうか。
実際このロティが美味しいんですよ。

本来ならダルバートを頼むところをおすすめにしたがってこちらを頼んでみたら、粉の風味がしっかり活きたロティでしみじみと美味しいものでした。
これならインド系のカレーと合わせるのも良さそうです。

他の料理も美味しいですよ。
特にマトンチョイラはしっかりスパイシー、しっかりニンニクのおつまみとしても定食のトッピングとしても機能する美味しいものでした。

ただでさえ選択肢のありすぎる大久保ネパール料理でさらに新しく良い選択肢が増えてしまいました。
嬉しい悲鳴をあげちゃいます。

評価:★★★☆

カレー日記



日本橋「ショナルガ」バングラディッシュスペシャルポロタカレーセット




セットのダクバハ




サグバジ




ダルプーリー



赤坂にあるインドバングラデシュ料理店の支店が日本橋にもできました。
階段を下りて地下。
よくあるインドネパール系のお店的な雰囲気ですが、インドバングラデシュなのです。

その証拠にメニューにちらほらとバングラ系のものがあります。

セットにもバングラディッシュスペシャルポロタカレーセットというのがあったのでそれを注文。
前菜というかおつまみメニューの中からサグバジとダルプーリーも一緒に。

まずサグバジ。
これがしっかりニンニクきいていて遠慮のない辛さなのが良い!
ギーの甘味もあっておつまみとしても前菜としても実に良い感じでした。

そしてダルプーリー。
ダル、つまり豆カレー入りのプーリー、つまり揚げパンです。
プーリーの中のダルの量はそれほどでもないのですが、確かに入ったダル。
これをチキンカレーのグレービーにつけて食べるのですが、ダルプーリーも良い感じならチキンカレーもなかなかどうして美味しい
んですよ。

よくあるインドネパール系のお店のチキンカレーだと味が画一的で面白みにかけることが少なくない中、こちらはチキンカレーとしてもちゃんと個性ある美味しさを感じるものでした。

そしてメインのセット。
こちらのメインのカレーはチキンカレーなのですが、ダルプーリーのチキンカレーとは違います。
インドメニューとバングラメニューがあり、インドメニューにチキンカレーが先程のもの。
こちらはムルギカレーという名前のバングラスタイル。

これにキーマサモサとポロタとライスとデザートがついてきます。

まずカレーはシンプルで滋味深いバングラ的な味付け。
錦糸町あたりのバングラ料理店のチキンカレーとはまた違うベクトルですが、こういうシンプルさとじわじわ感じられる美味しさはバングラらしさを感じます。
ポロタもギーの風味がしっかりとあって美味しく、キーマサモサも味付け自体が良い感じ。
ちょっと揚げ足りないという突っ込みどころもありましたが、それも含めてバングラらしいと言えばらしいわけで。

本格的なバングラデシュ料理かと言われると少し違うかもしれませんが、その雰囲気は確かに感じられる料理であり、何より味付けが良いので素直に美味しくいただけます。

名店の姉妹店だけのことはありました。満足です。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード