FC2ブログ

カレー日記



神田「ダルバートShanti」ダルバート(マトン)+スパイシー半熟玉子


学芸大学にあったShanti。
オーセンティックなネパール料理をベースとしつつも、限定メニューでは中華とネパールをミックスさせた独創的な中華ターリなども出していて、その全てが美味しく、かつ楽しく、知る人ぞ知る名店としてカレーマニアの間でも固定ファンを増やしていたお店でした。

その後溝の口のノクチラボにダルバートShantiと名前を少し変えて移転、そしてまた今度は神田鍛冶町に移転し、お店をオープンさせたのが2020年2/14のバレンタインデー。

こちらの場所、スナックなんです。
そのスナックの昼間間借り営業という形なのですが、スナックの名前もShanti。
実はオーナーが同じなんですね。

というわけで安心の開店となったわけです。

ダルバートをいただきました。スパイス半熟玉子をトッピング。
選べるカレーはマトンで。

骨付きのマトンはネパール料理そのものというよりはあえて日本人にも馴染みあるインドスタイルに寄せた仕上がり。

神田はカレーの街と呼ばれますが、詳しくいうなら昔ながらのカレーライスが人気の街。
そこでやるならこのスタイルが正解でしょう。
そしてインド的に寄せているとはいっても、よくあるインドネパール系のカレーとはまるで違う、この店オリジナルの非常に美味しいカレーなので問題ありません。

ダルの優しい美味しさも相変わらず。

副菜のバランスも良く、細かい部分に工夫があり、気が利いています。

イケメンネパール人シェフ、ゴル君の腕はますます磨きがかかっているようです。

辛さは控えめですが辛いもの好きの人の為にスパイスも置いてあります。
これがただ唐辛子なだけではなくティムールも混ざっているあたりが素晴らしい。

奄美大島のたんかんラッシーも美味しくて、ダルバートShantiにしか無い美味しさと楽しさを堪能しました。

純粋なネパール料理なら大久保エリアへ行けば沢山あります。
ここの了解は最初に書いた通り純粋なネパール料理をベースにシェフオリジナルの工夫を凝らした料理。

今後は神田に合わせてカレーライススタイルのメニューも提供予定とのこと。
神田にネパールの風を吹かせる注目の新店舗ですよ!

評価:★★★★

岐阜カレー日記



岐阜 切通「バングラキッチン」カレーナンセット(チキン)



名古屋、岐阜エリアの喫茶店モーニング文化は東京の人間からすると理解不可能な程に安く、サービスが良すぎるので驚くことが多々あるのですが、カレー店のモーニングにも驚かされることになりました。

切通駅から徒歩15分から20分くらい歩いた場所にあるバングラキッチン。
こちらは朝7時からモーニング営業をしています。

トースト、サラダ、スープ、ドリンクのモーニングセットが税込み390円というのも驚きなのですが、さらにとんでもないのがカレーナンセット。
カレーとサラダとドリンクとミニサイズのナン。
これでなんと税込み350円ですよ!!!!!

350円なんていったら東京ではプレーンナン一枚だって食べられないこと少なからずあります。
コーヒー一杯飲めないこと少なからずあります。
それが、カレーもサラダもつくんですから。

カレーは選べるシステムで、ものによっては料金追加だったりもするのですが、追加料金なしのチキンカレーを食べてみれば、大き目カットのチキンが2切れちゃんと入っていて、カレーもバングラデシュ感ある素朴な美味しさ。

ナンは薄目の小さ目ですが、逆にそれが良いんです。
インド現地で食べるナンって日本のようにふかふかもちもちではなく、薄目で粉の味を楽しむタイプのものが多く、そっちの方がカレーに合うんですよ。
このナンもまさにそんな感じ。

素晴らしいなぁ。
僕の知る限り日本最安値のインドカレーセットです。
インドというかバングラデシュ系ではあるんですが、バングラデシュ人の作るインドカレーの美味しいやつです。

さらにビリヤニがモーニングだと390円というとんでもなさで、これも気になったのですがこれはまたの機会にとっておくとしましょう。
つまり、駅から行きにくい辺鄙な場所にあるのですが、また行きたいと思える素晴らしいお店だったということです。

評価:★★★☆

カレー日記



小伝馬町「コジマオリエンタルキッチン」ビマルカレーセット


小伝馬町駅近くをふらふらと歩いていたら見つけたお店です。
「カレーナン」の文字を発見して入ってみました。

店内はネパール人シェフとホール担当の日本人女性。
なんというか昔ながらの喫茶店的な雰囲気の店内はカレーとナンを出すお店には見えないのですが、ネパール人シェフがいることによってカレーナンの看板が嘘ではないということがわかります。

メニューを見るとイチオシメニューは豚しゃぶ丼。そして唐揚げ定食。
カレーは一番下にビマルカレーとヒマラヤンカレーの2つがありましたが、ランチ遅めの時間に行ったせいか、「今日は売切れ多くて出せるのが豚しゃぶ丼とビマルカレーだけなんです」と。

ならばビマルカレーで決定でしょう。

ビマルとは何かというと、前のシェフの名前だそうです。
今のシェフとは違う方ですが、同じネパール人だそうで、ネパールのカレーということ。

サラダとライスとカレーとラッシーのセットでした。

カレーは結構辛め。
一般的な辛口で、マニアには程良い辛さ。

ネパールのカレーといってもカシコマスやククラコマス的なスープ状のものではなく、インネパでありがちなカレーとも違い、かなり独特です。
チキンとほうれん草が入ったカレーはご飯との相性も良く、なかなかの美味しさ。

この味なら看板メニューにしても良さそうなんですが。
どうせならこのカレーを豚しゃぶ丼や唐揚げ定食につけられるともっと良いですね。

ちょっとわかりにくい場所にあるのですが、なかなか面白いカレーでした。

評価:★★★

カレー日記



新大久保「二ムト」ロティセット(チキン)




マトンチョイラ


ネパール料理天国大久保エリアにまた新店ができました。
新大久保駅を出て左に行くとすぐにある路地を左折し、しばらく歩いた左手の二階にあるニムト。
アクセス最高です。

味は大久保エリアの他のネパール料理店同様にレベルが高い現地の味。
ワンコインダルバートも存在しますし、全体的に見て値段もお得。

他と違うところはそのメニューの幅広さと、ロティ推しということでしょうか。
実際このロティが美味しいんですよ。

本来ならダルバートを頼むところをおすすめにしたがってこちらを頼んでみたら、粉の風味がしっかり活きたロティでしみじみと美味しいものでした。
これならインド系のカレーと合わせるのも良さそうです。

他の料理も美味しいですよ。
特にマトンチョイラはしっかりスパイシー、しっかりニンニクのおつまみとしても定食のトッピングとしても機能する美味しいものでした。

ただでさえ選択肢のありすぎる大久保ネパール料理でさらに新しく良い選択肢が増えてしまいました。
嬉しい悲鳴をあげちゃいます。

評価:★★★☆

カレー日記



日本橋「ショナルガ」バングラディッシュスペシャルポロタカレーセット




セットのダクバハ




サグバジ




ダルプーリー



赤坂にあるインドバングラデシュ料理店の支店が日本橋にもできました。
階段を下りて地下。
よくあるインドネパール系のお店的な雰囲気ですが、インドバングラデシュなのです。

その証拠にメニューにちらほらとバングラ系のものがあります。

セットにもバングラディッシュスペシャルポロタカレーセットというのがあったのでそれを注文。
前菜というかおつまみメニューの中からサグバジとダルプーリーも一緒に。

まずサグバジ。
これがしっかりニンニクきいていて遠慮のない辛さなのが良い!
ギーの甘味もあっておつまみとしても前菜としても実に良い感じでした。

そしてダルプーリー。
ダル、つまり豆カレー入りのプーリー、つまり揚げパンです。
プーリーの中のダルの量はそれほどでもないのですが、確かに入ったダル。
これをチキンカレーのグレービーにつけて食べるのですが、ダルプーリーも良い感じならチキンカレーもなかなかどうして美味しい
んですよ。

よくあるインドネパール系のお店のチキンカレーだと味が画一的で面白みにかけることが少なくない中、こちらはチキンカレーとしてもちゃんと個性ある美味しさを感じるものでした。

そしてメインのセット。
こちらのメインのカレーはチキンカレーなのですが、ダルプーリーのチキンカレーとは違います。
インドメニューとバングラメニューがあり、インドメニューにチキンカレーが先程のもの。
こちらはムルギカレーという名前のバングラスタイル。

これにキーマサモサとポロタとライスとデザートがついてきます。

まずカレーはシンプルで滋味深いバングラ的な味付け。
錦糸町あたりのバングラ料理店のチキンカレーとはまた違うベクトルですが、こういうシンプルさとじわじわ感じられる美味しさはバングラらしさを感じます。
ポロタもギーの風味がしっかりとあって美味しく、キーマサモサも味付け自体が良い感じ。
ちょっと揚げ足りないという突っ込みどころもありましたが、それも含めてバングラらしいと言えばらしいわけで。

本格的なバングラデシュ料理かと言われると少し違うかもしれませんが、その雰囲気は確かに感じられる料理であり、何より味付けが良いので素直に美味しくいただけます。

名店の姉妹店だけのことはありました。満足です。

評価:★★★☆

カレー日記


神奈川 溝の口「ダルバートシャンティ」ラムビリヤニ


チキンカレー


学芸大学駅近くにあったネパール料理の名店シャンティ。
地元以外にもファンが多い知る人ぞ知る名店だったのですが、惜しまれつつ閉店してしまいました。

そのシャンティが、ダルバートShantiと名前も新たに、2019年11月にオープンしたノクチラボというシェアマーケット内に期間限定オープンしているということで行ってきました。

ネパール人シェフのゴル君、僕を見ると「ちょうど良い日に来たよー! ビリヤニ試作したから食ベテー! 今デキタばっかりよー!」と。

そんなわけで出来立てのラムビリヤニ。
鍋の蓋を開けたところを写真に撮らせてもらいました。

ラムのスペアリブのビリヤニは軽やかでありながら存在感あるラムが味的にも満足度的にも実に良い感じ。
レモンが入っているのがまた爽やかで良いですね。

チキンカレーも一緒に頼んだのですが、こちらはネパール料理のククラコマス。
サラっとしたグレイビーにチキンの旨味が行きわたり、学芸大学時代と変わらぬ美味しさです。

店名にもなっている看板メニューであるダルバート(ネパール定食)のカレーもこちらのククラコマスということなのでネパール料理好きにはたまらないですね。

ファミリー層も多いという場所柄もあって子供受けするバターチキンカレーなどもメニューに加えて工夫している様子。

ちなみにビリヤニは今後土日限定メニューとして出すつもりとのことです。
それもまた楽しみ。

とりあえず年内までの営業ということですが、溝の口エリア在住在勤のカレー好きの方は是非行ってみてください。損はしませんから。
という以上に行かねば損です。

シェアマーケットということで他のお店も入っていますが、共有のイートインスペースもありますし、メニューによってテイクアウトもできるようです。

要注目のお店ですよ!

評価:★★★★

カレー日記


大山「パドマ」マトンマサラ、ライス


ツナボッタ


ベーコンとほうれん草のパスタ


ガーリック&チョリソーのピザ


女友達二人に呼び出されて夕食。
東武東上線で、お店は任せると言われたものの、女性受けするお店を僕は知りません。
カレーなら美味しいお店はたくさん知ってるんだけど。。。

と考えていたら気になっていながらもまだ行けていなかったお店を思い当たりました。
何故気になっていたかというと、お店の外にインドカレーの幟と並んで生パスタの幟もはためいていたからです。
この組み合わせは珍しい。

パスタなら女子受けするだろうし、僕も気になっていたお店に行けるしでお互いにとって良いお店。
入ってみると予想以上の広さ。

キッチンにはバングラデシュ系と思しきシェフも数人。
日本人が接客です。

メニュー見てみるとボッタがあるじゃないですか!
ボッタとはバングラデシュのマッシュ料理。
じゃいがいもを使ったアルボッタが一般的ですが、こちらのメニューにはボッタはツナボッタのみ。
食べてみるとツナの食感と味わいをメインに、青唐辛子の刺激とパクチーの香りがマッチして良いおつまみになっています。

カレーはマトンマサラをライスで頼んだのですが、これがまたちゃんと美味しいのが偉い!
よくあるインドネパール系の味を想像していたのですが、辛さは控えめながら味わい的には北インド感ある本格的なマトンマサラで満足。

生パスタもピザも味見させてもらいましたが、こちらも無難に美味しくて。

飛び抜けた絶品というわけではないかもしれませんが、無難に普通にちゃんと美味しい。
そしてカレーもイタリアンもバングラデシュ料理もある。

僕はカレーが食べたい。
いや、私はパスタが食べたい。
そんなカップルを救うお店ですね!

評価:★★★☆

カレー日記


高田馬場「ナンカレーハウス」ダルバトセット


マトンチョエラ


高田馬場はさかえ通りの雑居ビルの5階に新しくできたお店です。
新しいといっても前もネパール系のお店が入っていた場所。
今回は「ナンカレーハウス」と、なんとも力の抜けきった店名ですよ。

よくあるタイプのインネパ店を想像していたのですが、インネパメニューの他に意外と多くの本格ネパール系メニューがあるじゃないですか。

しかしディドを頼んだら「ソレハナイ」。
スープモモを頼んだら「フツウノモモシカナイ」。
と言われてしまいました。

前のお店からの引継ぎメニューなのかな。

「そしたらダルバートは?」と聞くと「ソレハアル」と。
良かった。

そしてメニューには無かったマトンチョエラが食べたかったので、聞いてみると「デキル」と。

つまり、やる気がなくてメニューに無いのではなくて、今後準備をするつもりなのか、この日だけたまたまなかったのか、そういうことでしょう。

ダルバートは大久保プライスのワンコイン。
ギーが程良くきいたダルとさっぱり系のククラコマス。
バートとダルはおかわりできるという素晴らしさ。
500円なら十分以上に満足できる美味しさです。

マトンチョエラも「辛イノダイジョブ?」と聞かれて「ダイジョブ!」と答えたので辛い物が出てくるのかなと思いきや、ごくごく一般的な辛さのチョエラでした。
味つけはしつこくなく、だからこそ肉の味が感じられるもので、なかなか好きなタイプです。

これだけちゃんとしたネパール料理が出てくるなら、店名もそっちに寄せれば良いのに。
なんて思いつつ、こういう意外性は好きなのです。
また行かねば。

評価:★★★☆

カレー日記


蔵前「PUJA」ネパールセット


蔵前駅近くにあるPUJA。
プージャと読むのかなと思いきや、お店の看板にはプジャ、店内メニューにはプジャー、食べログにはプザとあり、結局どれなんだという気もしますがPUJAなわけです。

よくあるインドネパール系のお店ですが、ネパールセットがありました。
見た目はネパール料理の定食であるダルバート的。
ただ、ダルスープではなくダルカレーであり、インネパ式ダルバートというのが正しいでしょう。
チキン、野菜、ダルを混ぜてご飯と食べれば確かにダルバートっぽくなりましたから。

お値段は1600円と安くはないのですが、このクオリティなら高いとも感じない妥当な線。

店内はこの手のお店としては珍しく日本人女性客が多かったです。
地元に愛されているのでしょうね。

評価:★★★

カレー日記


根津「カトマンズキッチン」フィッシュカレー、ロティ


ネパール人によるインド風料理とその他アジア料理のお店。
インドネパール系、略して「インネパ」と呼ばれるタイプのお店です。

カレーマニアからは敬遠されがちなインネパ店ですが、僕は基本的に好きなんですよ。
インネパ愛のある方だと思います。

本格的なインド料理ではないかもしれないけど、これはこれで美味しいと思えるものがそこそこありますし、居酒屋として使うとリーズナブルだったりするんです。

というわけで今回もこちらは居酒屋利用。

フィッシュカレー、ロティ、モモを注文。
お酒はラムハイボールで。

まずそのお酒が。。。
そしてモモ自体は悪くないんですがゴルベラアチャールが。。。
カレーは魚が。。。
ロティは悪くなかったんですが。

インネパでも頑張って美味しいものを作っているというお店は沢山あります。
しかし適当に適当なものをというお店もあり、そのようなお店がインネパの印象を悪くしていると思うんです。

このお店が前者か後者かはお察しくださいませ。

評価:★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード