カレー日記


東銀座「ソイナナ」パネーンガイ


新宿や勝どきなど、都内に数店舗展開しているタイ料理チェーンです。
こちら東銀座店は初訪問。
店内そんなに広くはないのですが、老若男女バランス良いお客さんで賑わっておりました。

ディナータイムに訪問したのですが、基本的に全品680円。
ライスなどは別ですが、プーニムパッポンカリーも680円というのはかなりお得です。
普通は1000円以上しますからね。

と言いつつ頼んだのはパネーンガイだったんですが(^^;)
なんだかパッポンカリー気分ではなく、パネン気分だったので。

パネーンガイとはつまり鶏肉のレッドカレー炒め。
ドライタイプのカレーという形のお店が多いですが、こちらはドライというにはかなり汁気があり、セミドライといった感じの仕上がり。
生野菜と一緒に盛り付けられ、鶏肉たっぷり。
味はソイナナらしくタイの屋台的味付けの辛さ控えめという方向で、これが680円なら満足です。

他にムーマナオも食べたのですが、こちらはしっかりニンニクがきいていて、トントロの火の入れ具合も程良く、やはり680円ならお得ですね。

お得なのでプーニムパッポンカリーもいっちゃおうかと思ったのですが、一人だったので食べ過ぎても良くないですし、この辺でお会計。
ドリンクも一杯頼んで全部で2000円でお釣りがきちゃうのはやっぱり嬉しいです。

新宿や勝どきのソイナナと同じような満足感であり安定感。
他のソイナナにも行ってみようと思います。

評価:★★★☆

カレー日記


高田馬場「まっちゃんカレー」キーマカレー季節の温野菜


早稲田通りと明治通りの交差点にあるバーのランチタイムでカレーが始まっていました。
どうやら2017年4月からスタートした様子。

メニューはキーマカレーのみ。
これにチーズなどのトッピングがあるのは一般的なスタイルですが、こちらのお店の面白いのはライスか温野菜を選べるということ。

キーマカレーライスか、キーマカレー温野菜か、ということです。
面白いので温野菜でお願いしました。
値段はどちらも600円ということで、野菜の方がお得ですしね。

辛さを選べるのですが、「やさしさ」という選び方。やさしさ4だと辛くなく、やさしさ0だと大辛ということでした。
一般的な辛さセレクトだと数が多くなるほど辛いので、こちらのお店はその逆でちょっと混乱しますが、やさしさ1でオーダー。
結構辛いですよと言われましたがそのくらいでちょうど良いかと思いつつ。

温野菜だったからか、予想より提供に時間がかかりましたが、出てきた温野菜キーマカレーがけは600円としては十分な量。
野菜も人参、カリフラワー、インゲンなど、様々な野菜があり、それぞれがベジタブルカレーでもよく使われる、カレーとの相性が良い野菜ばかりだったのでキーマカレーにも当たり前のように合っていました。

やさしさ1の辛さは予想よりは辛かったですが、野菜と合わせるのはこのくらいが良いかなぁ。
辛い物を食べなれている僕からしてもしっかり辛かったので、ライスと合わせるならもう1段階辛くない形が良さそうとも思いました。

糖質制限ダイエットをしている方にはこのキーマカレー野菜、ちょうど良いと思います。食べ応えもしっかりありますし。

面白かったのでまたライスで食べに行こうかと思います。
ちなみに夜のバータイムでもカレーはあるそうです。
ただしカレーライス、カレー温野菜ではなく、ホットサンドとして出すんだとか。
夜も面白そうですね。

評価:★★★

カレー日記


汐留「ベトナムフロッグ」チキンカレー&ライス、ざる盛りパクチー


新橋駅の地下道からもつながっている汐留シティセンター地下レストラン街にあるベトナム料理店です。
パクチー料理を売りにしているようで、店内はパクチー女子で賑わっていました。

カレーはベトナムカレーのみならずタイカレーもありましたが、最初なのでベトナムのカレーはどれか聞いてみると、チキンカレー&ライスがそうだということで、こちらを注文しました。
せっかくパクチー推しのお店なのでざる盛りパクチーも一緒に注文。

パクチーな名前の通りざるにたっぷり。
これはパクチー好きにはたまりません。

カレーはベトナムカレーによくある甘くて濃厚なタイプではなく、意外とスパイシーでサラサラ。
具もチキン、筍、フクロタケと、タイっぽいです。
タイカレーとベトナムカレーの間くらいの立ち位置なのが個性的で、味もなかなか美味しいです。

パクチーも当然のように合って、一緒に食べるとなんだか健康になった気分。
ざる盛りは流石に一人では多いかなと出てきた時には思ったのですが、結局苦も無く残さずいただくことができたのは、このカレーとパクチーの相性が良かったからでしょう。
パクチー自体もフレッシュで美味しかったですし。

僕は一人で行ったのですが、一人よりは何人かで行き、色々な料理を頼みつつ、追加のざる盛りパクチーで好みのパクチー量を調節するのがこちらのお店の最も良い楽しみ方なんじゃないかと思いました。

評価:★★★☆

カレー日記


門前仲町「カエンクール」ベリースパイシーマトンカレー


人気ラーメン店こうかいぼうの隣にできたスパイス料理店です。
昼はカレー、夜はスパイス料理を色々と出すお店の様子。
ランチタイムに訪問し、メニューからベリースパイシーマトンカレーをセレクト。

店内はカレー屋という雰囲気でもなく、小さなカフェといった雰囲気。
かといっておしゃれすぎたり妙に気取っていたりする幹事でもなく、ごくごく自然体です。

ベリースパイシーマトンカレーは名前の通りしっかりとした辛さ。
カレーは予想以上にサラサラで、ネパールのカシコマス的な雰囲気もありつつ、それともまた少し違う独自の路線。
トッピングというか上に乗せるのをパクチーかネギか選べるということでパクチーにしてもらったのですが、なかなか悪くないです。
マトンの肉の量が少ないんですが、ライスにはチキンティッカもひとつ乗っていますし、何しろ全部合わせて600円という安さなので、そう考えれば十分お得です。

夜メニューを見せてもらったところ、麻婆豆腐がイチオシの様子。
今どきっぽいスパイス料理バーというわけではなく、あくまで独自の路線のスパイス料理店。
全体的にお値段安めなので、また夜に行って色々と食べてみたいです。

評価:★★★

カレー日記


赤羽「シターラダイナー」牛すね肉のカレー


赤羽駅構内のエキュートにあるインド料理店です。
駅中シターラは品川や上野などにもあり、つまりはチェーン店なのですがこちらはテイクアウトメイン。
イートインスペースもありますが、かなり小さなスペースですし雰囲気的にちょっと落ち着かないかもしれません。

というわけでテイクアウト利用。
牛すね肉のカレーを買って帰りました。
ちゃんと再加熱の説明書きも一緒に入れてくれるのは親切で良いですね。

帰宅して温め、自宅のご飯と一緒に合わせて食べました。
予想していたよりスパイシー。
牛肉の美味しさが辛口のグレイビーに合っていて流石シターラだなと思いました。

インド料理に牛肉は無いと思われがちですが、そんなことないんです。
確かにポピュラーではありませんが、ヒンドゥー教以外のシェフも少なからずいらっしゃいますからね。

量は少な目ですが500円しない値段でこの味なら満足です。

評価:★★★☆

カレー日記


赤羽「タイかぶれ食堂」プーパッポンカリー


赤羽駅東口を出て真っ直ぐ。
商店街の中の2階にあるタイ料理店です。

週末の夜に行ったのですが、赤羽は実に流行ってますね。
かなりの人出で驚きました。
赤羽で働いている友人によると、ここのところ週末は大体そんな感じだそうで。
景気も良くなっているんでしょう。

そんな赤羽ですから週末の飲み屋探しはなかなか苦労します。
そういう時こそエスニック料理店というのは狙い目だと思うんです。
空いているお店が多いですし、お酒も置いてある確率高いですし、意外と安かったりしますから。

こちらもその中のひとつ。
飲み利用もしやすいタイ料理店。
接客は日本人ですし、店内も明るく怪しさが無いので一般的な方にも安心。

いただいたのはプーパッポンカリー。
ソフトシェルクラブの卵カレー炒めなんですが、ソフトシェルクラブが衣ついてない素揚げ状態なのがなんともワイルド。
衣がついているお店の方が多いので、このあたりは好みが分かれるところかもしれません。

そんな個性もありますが、総合的に判断すると味も値段も一般的。

タイ料理マニアにとっては物足りないかもしれませんが、普通にタイ料理が好きという方や、飲み屋探しに困っている方には良いと思います。

評価:★★☆

カレー日記


大山「プリックタイ」グリーンカレーと肉バジル炒めごはん


大山エリアには魅力的なカレー関係のお店が沢山あるのですが個人的になかなか用事が無くて行けないエリアなのがもどかしいです。
今回は近くに用事があったので大山で途中下車。
お目当てのお店に行くも臨時休業というよくあるパターンに陥り、代打としてこちらにうかがいました。

ランチタイムの訪問。
ビルの二階にあるのですが、太陽光も差し込み良い雰囲気。
店員さんもお客さんも女性が多く、なかなかのにぎわいでした。

グリーンカレーとガパオのワンプレートセットが生春巻き、スープ、デザート、ドリンク付きで850円というのはなかなかの安さ。
食べてみると意外な程にしっかりした辛さ。
店名のプリックタイのプリックとは、タイの唐辛子のことなので、名に恥じない辛さということでしょうか。

グリーンカレーもガパオもしっかり辛く、辛いからこその美味しさであり、タイの屋台的な本格的味付け。
それでいて安く、雰囲気も良いとあっては人気が出るのも当然といったところでしょう。

近隣に住んでいたり働いている方は、行って損無しのお店かと思います。

評価:★★★☆

カレー日記


上板橋「ひなた」ひなたの焼チーズカレー


池袋から東武東上線エリアを中心にお店を増やしているやきとん屋ひなた。
上板橋にもお店があります。
閉店間際の時間に滑り込み。
ほぼ満席でしたがちょうど入れ替わりで入ることができました。

二軒目の訪問だったので軽くやきとん食べて終わろうという話になっていたのですが、メニューを見たら焼きチーズカレーなんてものがあるじゃないですか!
作戦変更してこちらに。

焼きチーズカレーはバケットつき。
挽肉のカレーの上にチーズが乗って、それをオーブンで焼いたもの。

カレーは結構しょっぱめなんですが、お酒のアテとしてはこのくらいしょっぱくてもOKなライン。
バケットと一緒に食べればしょっぱさも緩和しますし。

飲み物は豆乳割りがあったのでそちらを。
豆乳割りを置いてあるお店はトレーニングしている人間としてはありがたいですね。

店員さんも気さくな接客で常連さんも多い様子。
今度はやきとんも食べに行こうと思います。もちろん焼カレーも一緒に。

評価:★★★

カレー日記


上板橋「みっち」キーマカレー+ポテトサラダ


まぐろノド肉竜田揚げ


焼とり(もも肉、せせり)


上板橋南口から真っ直ぐ歩いて行き、大通りを渡ってもうちょっと行くと右手にあるお店です。
居酒屋なのですが、こちらに入ろうと思ったのはお店の看板を見て。
僕の大好きなギタリストであるジミ・ヘンドリックスの顔によく似た看板なんです。
それでいて店名は「みっち」。
これはジミ・ヘンドリックスのバンドメイトであるドラマーのミッチ・ミッチェルのミッチなのかな?と思ったら気になって。
では何故看板はジミヘン?(厳密にいうとジミヘンでは無いのですがw)

入ってマスターに聞いてみましょう。

店内はカウンターメイン。
白髪交じりの渋いマスター。
ジョニールイス&チャーのポスターが飾ってあったり、ギターが置いてあったり。
やっぱりギター系なの? では何故ミッチ??

とりあえず飲んで食べてから聞いてみようということでメニューを見ると、素晴らしい!
カレーがあります\(^o^)/

音楽好きにはカレー好きが多いなんてこともよく言われますが、とにかくカレーがある居酒屋だったんです。
カレーはキーマカレー。
ライスで食べるか、おつまみとしてポテトと合わせて食べるかというスタイルがあります。
お腹が空いていたのでライスで。ポテトサラダつきのセットにもできるということでそれにしてもらいました。

キーマカレーは非常に良い塩梅。
居酒屋でキーマカレーやドライカレーを出すお店も時々あるんですが、居酒屋のキーマカレーとして正しい味わいなんです。
シンプルな挽肉のカレー。
スパイスに思いっきりこだわっているわけでもなく、カレー粉を使ったんだろうなと思うようなカレーなんですが、それでいてちゃんと美味しくて。
こういうのがお酒に合うんですよね。
目玉焼きが一緒に乗っているのも正しいですし、焼き具合も正しい。
ポテトサラダもシンプルなポテトのみのサラダであり、ブラックペッパーが効いているあたりも正しい。

他の料理も美味しいんです。
日替わりメニューからまぐろノド肉竜田揚げを頼んでみれば、味付けも揚げ具合も正しくて。

レギュラーメニューから焼鳥を頼んでみれば、肉質も焼き具合も正しくて。

どの料理も家庭的な味付けであり、個性的というわけでも、物凄くこだわって作っているという風でもないんですが、ちゃんと美味しいのが素晴らしいです。

ジミヘンに招かれて素敵な居酒屋に辿りつけました。

満足してお会計。
マスターに店名のことを聞いてみると、ミッチ・ミッチェルは関係無く、マスターのお名前から取ったんだとか。
マスター自身はギタリストで、だからこそのジミヘン(ではないんですよくれぐれもw)的看板だったわけですね。
ジミヘンに似てそうではない看板の理由も聞けば納得。

渋くて素敵なマスターの、アットホームな居酒屋。
また行きたいお店です。

評価:★★★☆

カレー日記


高田馬場「友の花」ネパールセット


ランチメニューは唐揚げ、しょうが焼き、ハンバーグなどの定食系がメインなのですが、店員さんは全員ネパール系と思しき方々。
通常ランチメニューと別のメニューに、ネパールセットとチーズナンセットというのがあり、こちらがカレー系です。

ネパールセットは所謂ダルバート。
ダルスープ、ご飯、サグ、カレー味のタルカリ、アチャールのセットで、さらにサラダとドリンクまでついて500円という破格さ。

元々ワンコインダルバートというと駒込にあったお店で試験的に限定メニューで出していたのを発見したのがもう8年前くらいでしょうか。そのお店はなくなってしまったのですが、現在は大久保にムスタングが500円ダルバートを出し、それが人気となってネワーダイニングも乗っかり、最近では池袋のシンゾウもワンコインダルバートを出しているなど、確実にその波が大きくなっている気がします。

こちらのダルバートもちゃんとネパール王道の味。
ネパール人が日本人向けに作った味ではありません。
タルカリがこの日はチキンセクワだったのですが、どれも優しくて素朴なネパール現地の美味しさ。
これが500円なら文句無い以上に満足度が高いです。

夜のメニューも見せてもらったのですが、モモのみならずチョエラやスクティ、ブタンやタスなど、ガチなネパールメニューが結構ありました。
それと同時に刺身があったり、ガパオがあったり、もうしっちゃかめっちゃかなんですがそれが面白くて良いじゃないですかw

個人的によく行く高田馬場エリアでこういうお店ができたのは嬉しい限り。
通ってみようと思います。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード