FC2ブログ

カレー日記


千葉 千葉「ベンガルタイガー」ベンガルタイガーバターチキンカレー、ロティジャラ


シンガポール風チキンライス


フィッシュ65


千葉駅から歩いて7~8分、住宅街の中にぽつんと佇むお店です。
店名からしてベンガル料理のお店かと思いきや、全然違うんです。

ではどんなお店なのかというと、モダンインディアンをカジュアルにしたようなお店。

シェフはインドの西ベンガル出身で、インド、マレーシア、シンガポールで修業を積み、五つ星ホテルのヘッドシェフをつとめていたという輝かしい経歴の持ち主。
インドだけではなく、マレーシアとシンガポールというのがポイントです。
このあたりの経験から、ただインド料理なのではなく、オーセンティックなインド料理の良さは残しながらも、他の地域の料理と組み合わせた、オリジナリティあるモダンインディアンを作り上げることができているというわけです。

看板メニューのベンガルタイガーバターチキンカレーは見目鮮やかな一皿。
濃厚なバターチキンの上には芽葱、アマランサス、四川花椒菜を合わせたものがあしらわれ、エディブルフラワーが飾られているという芸術度と創作度の高い、他には無いバターチキンです。

これを食べてみれば、濃厚でありながらもフレッシュな野菜がそれを中和し、香りと食感を加え、ただ濃厚なだけではない変化のあるバターチキンとなっていました。
凄い!

通常はパラタがついてくるのですが、マレーシア料理のロティジャラを合わせてみたらこれがまた最高!

このセンス、とんでもないですよ。
しかもこれが通常1080円、ロティジャラに変えても1280円でいただけるという破格っぷり!

モダンインディアンのお店でこれが出てきたら3000円くらいしそうなものですし、3000円と言われても文句ない美味しさなのですが、それがこの値段って奇跡です。

マレーシア、シンガポール料理の経験もあるということで、シンガポール風チキンライスも頼んでみたら、こちらも最高!
まずチキンのスープからして美味しい。
チキンの旨味はしっかり出ていながら雑味は全く無く、ずっと飲み続けていたくなるような美味しさ。
チキンも柔らかく、タレも美味しく、きゅうりを細かく刻んだものが乗ることによって食感が良くなり、軽やかに変化します。
全て計算づくなんです。

そしてフィッシュ65がまた素晴らしかった。
65といえばチキンかゴビが代表的ですが、それをワカサギで作っちゃうセンス。
そしてワカサギがまた65に合う合う!

なんだろうなぁ。
色々と凄いし、美味しいし、安い。
さらには接客も素晴らしいし、内装も良い感じ。

久しぶりに感動しました。
これはもう千葉カレー界の至宝。
遠路はるばる行く価値のあるお店ですよ。

僕もまた遠路はるばる行かなくちゃ!

評価:★★★★☆

カレー日記


行徳「行徳ビリヤーニーハウス」ラクナウー風ビリヤーニーセット(マトン)


ナハーリーセット


行徳エリアにもディープなお店が増えてきました。
こちらは北インド料理のお店。
店名のとおりビリヤニもありますし、ニハリやハリームもあり、パキスタンに近い地方の料理なのかと思いきや、ラクナウというデリーの東南東あたりに位置する地域の料理のお店だそうです。

確かにニハリもビリヤニもデリーでよく見かけますし、ハリームなんかも探せばすぐに見つかるのかもしれません。

2人だったのでビリヤニセットとニハリセット(ナハーリーセット)をオーダーし、シェア。

まずビリヤニ。
チキンかマトンか選べるということでマトンにしたのですが、ご飯の中にマトンが隠れているタイプです。
日本のお店だと見栄え的にマトンをしっかり見せたりしますが、インドのお店だとこうやって隠れていること結構多い気がします。
食べてみれば香り高く、ふわふわなお米としっかりしたマトンで美味しい!
一緒についてくるライタがかなりスパイシーなのも個性的であり、そしてこの爽やかさっぱり系のビリヤニに合うんですね。
ライタはこってりスパイシーだからこその相性。
個性もあり、間違いなく美味しい当たりビリヤニです。
ボリュームもしっかりあってこれが1100円なのは安いなぁ。

そしてニハリ。
骨付きマトンを長時間煮込んだ、手間暇かかった料理ですが、ナンとサラダもついて1100円という良心的価格。
味も良いんです。
油も浮いた北インドの本格的ニハリ。
重厚で濃厚なマトンの味がしっかりと出ていながら、しつこくないし胃もたれもしないのが素晴らしいです。
ナンがまたシンプルで素朴で美味しくて、このニハリにはこのナンだよなぁと感心する相性の良さ。

良いお店です。

お客さんは7割くらいがインドの方。
3割が日本人という割合でしたが、インド人のみならず地元の日本人にも愛されているというのがこのお店の素晴らしさを物語っているなと感じました。

評価:★★★★

カレー日記


秋葉原「クラフトビールタップ」カリーソーセージ


ヨドバシアキバの8階レストラン街にあるビールとソーセージのお店です。
つまりはドイツ料理店なのかというと、そういうわけでもなさそう。

主食無しでカレー味の肉系が食べたくて、カリーヴルストはあるかなと思ってメニューを見たらカレーソーセージがあったので入店。

ランチタイムを過ぎていたので店内にお客さんは僕の他に一人だけ。
カレーソーセージだけのオーダーでは何だか申し訳ないなと思い、ドリンクも。
仕事の合間だったのでお酒ではなくソフトドリンクで。

カレーソーセージが1000円弱、ドリンクも500円弱。

暫く待ちました。
暫く。
それはもう暫く。

僕の他にお客さんは1人ですから忘れているわけではないでしょう。
でも忘れてたのかなと思うくらいに暫く。

あと1分出て来なかったら確認しようと思ってカウントダウンを始めたら、残り10秒で出てきました。

さて、出てきたものを見てびっくり。
1000円弱ですから、まぁまぁな量を期待していたのですが。。。
ソーセージよりポテトの方が多いし。。。

ソーセージの味はごくごく一般的。

そうでしたか。
そういう感じでしたか。
そういう感じです。

評価:★★

カレー日記


秋葉原「あげばか」唐揚げ3個カレーソース


ヨドバシアキバの入り口近くにある唐揚げのお店です。
テイクアウトのお店と思いきや、食べて行けるスペースがあります。

プレハブではないのですがそれ的というかなんというか、とにかく一応は雨風を多少しのげるスペース。

こちらはカレー食べ放題なんかもやっていて気になったのですが、メニューを見ると唐揚げ3個からオーダーできるんですね。
そして選べるソースにカレーもありました。

ならば唐揚げ3個に選べるソースで。
「食べて行きます?」と聞かれたのでそうですねと。消費税は10%となりました。
しかしお値段は418円ではなく、523円。

何故?と思ったらどうやらソースは100円かかるようです。
「選べるソース」というワードに引っかかってしまいました。
ひっかけ問題でした。

閑話休題。
唐揚げですが、なかなかのしょっぱさ。
そしてカレーですが、なかなかの薄さ。

これを食べ放題と言われてもそんなに量は食べられないでしょう。

3個とソースだけで十分でした。

評価:★★

カレー日記


麻布十番「縄」カレーライス


麻布十番駅近くにある昔ながらの喫茶店です。
ただ、メニューの幅が非常に広い。
つまりはご飯もしっかりと食べられる喫茶店と言いましょうか。

定食からカレーから沖縄料理まで、本当に多種多様なのですが、個人的にこちらのカレーには少しばかり思い入れといいますか想い出があるんです。

今は無き某コンカフェで出されていたカレーが、こちらのカレーを仕入れたものだったんですね。

もう15年近く前のことになるでしょうか。
じゃがいもたっぷりの昔ながらのカレーライス。
予想以上にしっかりと辛口で、そこが良いんです。

食べていたらあの頃のことを色々と思い出してエモーショナルな気持ちになってしまいました。
エモ辛です。

あのお店はもうありませんし、あの頃の仲間達もそれぞれ別の道へ。
僕だけは当時からたいして変わり映えのない生活ですが、同じように今まで生きてこれたのは本当に有りがたいことで。

そんなわけで思い入れ込みの点数です。

喫煙可能だったり、客層だったり、一般的に胸を張っておすすめしたいお店というわけではないのですが、このカレーは思い入れ抜きにしても個性ある美味しさだと思います。

評価:★★★☆

カレー日記


経堂「フードタイム」チェンナイミールスランチ


南インド料理店オープンラッシュが続く2019年。
経堂にも南インド料理店ができました。
フードタイムです。

メニューを見るとミールスはランチと書いてあるのですが、これはナイルレストランのムルギーランチと同様に、夜でもいただけます。

メインのカレーをセレクトできるフルミールスでいただきました。
カレーはマトンで。

まずラッサムがシンプルイズベスト的に実に美味しい。
サンバルも素朴で美味しい。
ポリヤルはフレッシュでクートゥはまろやか。
ライタもシンプル。
メインのマトンは実にワイルド。マトンの滋味がしっかりスパイスで引き立てられていてマトン好きにはたまらない美味しさ。

それぞれは素朴だったりワイルドだったりシンプルだったり。
しかし混ぜてみると突然高級感ある美味しさに変わるのが素晴らしいですね。

日本人向けにアレンジしていない味と言えるでしょう。
最後に混ぜて完成することを想定した上で組み立てられているミールスです。

そういう意味ではスープは蛇足かも。
でもこのスープがまた超インド味なんですよ。
インドってこういう味だよなぁっていう。
なんというか、インディアンチャイニーズの名にというわけでもないんですが、インディアンチャイニーズを全部ごっちゃにするとこのスープの味になるというような。

日本の南インド料理の人気店は日本人向けアレンジしたお店の方が多いように思いますが、こちらはまってく媚びていないミールスです。
どちらが良いというわけではなく、僕自身どちらも好きなのですが、後者はまだ数が少ないので、そういう意味でもこちらのお店ができたのは南インド料理ファンにとって喜ばしい事だと思います。

評価:★★★☆

カレー日記


渋谷「プアン」プーニムパッポンカリー


カオパッゲーンキャオワン


三軒茶屋の人気店プアンが渋谷駅前に支店をオープンさせました。
マークシティの出口から本当にすぐ。
入り口が少しわかりにくいですが、大きな看板があるのでそれを目指して階段をのぼればすぐです。
といってもそこの入り口も少しわかりにくいかもしれません。

入ってみれば中は結構な広さ。
渋谷の若者にも受け入れられやすいおしゃれな空間となっています。

カレーメニューも充実しているのですが、プーニムパッポンカリーとカオパッゲーンキョウワンをオーダー。

このプーニムパッポンカリー、かなり個性的です。
何しろ卵がとろっとろの仕上がり。
卵とカレーソースが渾然一体となっており、ソフトシェルクラブの上にかかっているという以上に卵カレーソースの海の中にソフトシェフクラブがいるような。
他のお店ではなかなかない食感で、美味しいです。

カオパッゲーンキョウワン、つまりグリーンカレー炒飯もベタつくことなくしっかりグリーンカレー味をまとい、軽やかな仕上がりなのは流石です。

タイのウイスキーを使ったハイボールはタイボールと名付けられてウイスキーの差によってαとβがあったりするのがまた面白く、つまりは飲み利用も対応という以上に、お酒メニューの充実ぶりからして、タイ料理でお酒を飲むというのが一番良い使い方でしょう。
ちなみにタイボールはαの方が好みでした。

渋谷は隠れタイ料理激戦区ですが、駅前でこれだけ良いタイ料理屋ができたのはタイ料理好きには嬉しいニュースですね。

評価:★★★☆

カレー日記


池袋「伊達の牛たん本舗」牛たんカレー


池袋駅近くの宮城ふるさとプラザ二階にあるレストランです。
ふるさとプラザということで様々なものが売っている中にあるわけですが、イートインスペースという以上にしっかりとしたレストランとなっています。

カレーメニューは牛たんカレー1種のみ。
他は牛たん焼き定食や牛たんシチューも。

シチューがあってさらにカレーもあるとは嬉しいじゃないですか。

牛たんカレー、サラダもついてきたのですがこのドレッシングがなかなか美味しい。
カレーもよくある業務用の一般的なものではなく、ちゃんとこちらの味になっています。
大ぶりの牛たんがゴロっと入っているのもまた嬉しいですね。

チェーン店ですが流石のクオリティ。
飛びぬけた何かがあるわけではありませんが、そこはチェーン店ですから。
そしてチェーン店でこれだけちゃんと作っているのはむしろ素晴らしいわけで。

牛たん好きもカレー好きも満足できる牛たんカレーだと思います。

評価:★★★

カレー日記


三鷹「キノクニヤベーカリー」カレードーナツ、グリル野菜のトマトカレーピザパン


三鷹駅改札出てすぐにある紀ノ国屋のパン屋さん。
スーパーの紀ノ国屋です。紀伊國屋ではなくて。

エディーズブレッドもこちらの系列なんですね。
ならばクオリティも心配無さそうだと思いつつテイクアウト。

カレードーナツと、グリル野菜のトマトカレーピザパンを購入しました。

カレードーナツは揚げタイプ。
甘目のカレーですがしつこくなく、上品な美味しさです。

そしてカレーピザパン。
ソーセージとじゃがいもの食感が楽しく、それにトマトカレーソースにチーズ。
美味しくないわけありませんね。

品切れでしたが他にもカレー系がある様子。
駅直結で便利ですし、遅くまで営業していて使い勝手も良いです。
最寄り駅にこんなパン屋が入っているなんて、三鷹の方が羨ましい。

評価:★★★☆

カレー日記


三鷹「エレファントキッチン」ゲーンキャオワン


三鷹駅南口から歩いて7分程でしょうか。大通りから一本脇に入った道。
夜は明るくない通りですがお店は明るく、外から中も見えて入りやすい雰囲気です。

店内は地元の日本人マダムやカップルでにぎわっておりました。

ゲーンキャオワン、つまりグリーンカレーをオーダー。
ディナーは全体的に1000円~1500円くらいの価格帯ですが、グリーンカレーは1200円でライスもついてきてお得感あります。

ゲーンは濃厚系。
手羽元二本入り、とろとろに煮崩れる寸前の茄子とフレッシュなパプリカ。
辛さは控えめで、日本人女性に受けそうな味わい。

ライスは日本米とタイ米のブレンドで、これまた日本人受けを狙っているのでしょうか。

とりあえず無難にちゃんと美味しいです。

厨房はタイの方が数名、ホールは日本人が二人ということで、なかなかの人数。
それだけ人気があるということでしょうね。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード