fc2ブログ

大阪カレー日記(天洋)



大阪 九条「麺富 天洋」カレーヌードル


にんにく系ラーメンのお店でカレーヌードルを発見。
100時間カレーを使用しているようです。

100時間カレーって関東のチェーンのイメージがありましたが今や全国区なのですね。
大阪のみならず各地にあるようで。

いざ食べてみると、天一的なドロドロ感ある濃厚スープに、100時間カレーの濃厚さが加わ流のですが、これが混ざると不思議と濃すぎない。
むしろスパイシー感があって食べやすく、スープも完飲できそうなものと変わっているのが面白いです。

麺は柔らかめに感じましたが縮れがあってカレースープとよく絡み、もやしと多めの長ネギの食感も良く、美味しくいただきました。
これにチャーシューなどトッピングできたら尚良いですね。
チャーシュー麺はあったのですがトッピングメニューにチャーシューが見当たらず。

メニュー構成が少々分かりにくいだけで本当はできたのかもしれませんが。

何れにしてもカレーラーメン好きであれば食べて損はないでしょう。

評価:★★★☆

大阪カレー日記(蛸之徹)



大阪梅田「蛸之徹」カレーたこ焼


カレーたこ焼きのお店を探していて見つけたこちら。
梅田駅近くにあるお店です。
カレーたこ焼きがあるということのみで行ったので知らなかったのですが、どうやらセルフたこ焼きのお店。

セルフって難しいですよね。
特に粉物って焼く人の技術によって味が変わるものですから。

僕は江戸っ子で、小さい頃からもんじゃを焼くことは日常的にしてきたのですが、江戸っ子ゆえにたこ焼きを自分で焼いた経験がありません。
そのコツもよくわからないので最初は店員さんがしっかりと教えてくれれば良いのですが、行った時がたまたま大スターが食べにきた翌日とかでそのスターのファンが押し寄せていて店内てんやわんや。
お店の方も忙しそうで焼き方を教えてくれるというわけでもなく。

困りました。

スタイルとしてはたこ焼きの生地自体にカレー粉が混ぜられているもので、焼きあがったものを食べるとカレー風味がするという形。
しかし自分で焼いてみたもののうまくいかず、どうにもこうにも。

お店が落ち着いた頃にやっと店員さんも来てくれて、うまく焼けなかったものを修復はしてくれました。
たこ焼きを焼くことに慣れている人向けのお店ですね。

というわけで評価不能です。

大阪カレー日記(カルータラ)



大阪 肥後橋「カルータラ」レンズ豆カリーとビーフカリー、カッタサンボーラ


大阪でスリランカカレーが流行し、スパイスカレーに影響を与えたのは2010年代に入ってからのことですが、そのずっと前からスリランカスタイルのカレーライスを提供してきたお店です。
開店は1998年。四半世紀以上もの間、時代を問わない美味しさでカレー好きを喜ばせてきたということ。
素晴らしいですね。

路地裏にあるお店は薄暗いのですが怪しげなイメージでもなく、開店と同時に満席になる人気。

レンズ豆カリーとビーフカリーにカッタサンボーラを追加して注文。ご飯は少なめで。

まず豆。所謂スリランカのパリップ。
滋味深い美味しさです。
そしてビーフ。こちらもスモーキーなテイストでまさしくスリランカ。
どちらも基本はオーセンティックな味なのですが、どこか日本ローカライズされたようなイメージであり、それが程よいバランス感なのが素晴らしいです。
それによって本格的なスリランカ料理店が増えた今でも、カルータラならではの良さが失われていないということにつながっていると感じました。

カッタサンボーラは辛味のみならず酸味も旨味も増幅させてくれるブーストアイテム。
美味しさが多層的に広がるので辛いものが好きな方なら必須トッピングです。

いぶし銀の名店ですね。

評価:★★★☆

大阪カレー日記(エリカ)



大阪難波「コーヒースタンド エリカ」ホットドッグセット(カレー味キャベツ)


難波駅地下街にある喫茶店。
モーニングでカレー味キャベツのホットドッグを探していたら発見しました。

喫煙可能店ですが奥のカウンター席と入口側のカウンター席に分かれており、入口側は比較的煙も気にならなかったのでそちらが空いてれば非喫煙者でも使えるかもしれません。

ホットドッグのモーニング。
紙で包まれて温められたホットドッグはパンがシナっとなっているのが逆に良い感じ。
なんというか、昔よくあった自動販売機のハンバーガーを思わせるような食感に懐かしさを覚えました。
ソーセージとカレー味キャベツ。
これです。
シンプルですがそれが良いのです。

ゆで卵もつき、コーヒーも落ち着いた苦味。
バランス良いですね。

モーニングメニューというわけでもなさそうなので、今や大阪周辺でしかなかなか見かけないカレー味キャベツのホットドッグを食べたい時は覚えておいて損はないです。

評価:★★★☆

大阪カレー日記(玉屋)



天神橋筋六丁目「玉屋」チーズカレー


大阪名物たこ焼き。
そして新たな大阪名物スパイスカレー。
その両者を掛け合わせたものは無いものかと探しているのですがなかなかありません。

かつて東京は下北沢にあったタコムマサラダイナーがまさにそれだったのですが、その店主さんは今大阪の地でコイチカレーというカレーのお店を営んでおり、たこ焼きはやっていません。

似たようなものでも良いので無いものかと探したところ、ここを見つけました。
玉屋。
ミシュランビブグルマンを獲得したというたこ焼き店です。

店頭販売メインですが焼き台の横から奥に入ることもでき、店内飲食も可能でした。

カレーメニューは一つ。チーズカレーのみということで迷わずそれを注文。

たこ焼きにチーズとカレー粉というシンプルなものなのですが、このたこ焼きが凄い個性。
オマール海老でとったという出汁の旨味がガツンときます。
これにカレー粉が加わることによって出汁カレー的なイメージになるのです。

面白いなぁ。

かなり個性派なのですが確実に印象に残る味であり、思い出すとまた食べたくなる美味しさ。
今までに食べたカレーたこ焼きの中でも突出した個性ある一品でした。

評価:★★★☆

大阪カレー日記(デニムカリー)



大阪 松屋町「DENIM咖竰」mini4種


松屋町のデニム。
とある人気カレー店の店主さんが「うちで働いてる子達の間で流行ってるよ」と教えてくれたお店。
気になって行ってみました。

開店時刻丁度に到着。カウンターのみの店内は開店時刻と共に満席。人気店ですね。

スタイル的には南インドのミールスに近いのですが、それぞれのカレーは創作感あるもの。
つまりは創作ミールスです。

ミニサイズのカレーが4種つくセットをいただきました。
サグリーフチキンカレー、青花椒とトウモロコシの牛豚合挽き痺キーマ、鮭とディルのマスタードカレー、エッグ&ポテトポークビンダルーという構成。副菜色々とスープもつき、ご飯の上にはローストポークも乗るという豪華版で2000円しない(2024年4月現在)のは安いですね。

食べてみると一つ一つでしっかりと美味しさを感じるもので、南インド現地の引き算の味付けとは違います。
副菜は引き算の味付けとなっていて、カレーと副菜を合わせながら食べると良い塩梅。
カレーとカレーを掛け合わせても成立するバランスですが、全部一気に混ぜるよりは考えながら食べたほうが美味しくなるミールスだと感じました。

彩りも良く、お店の雰囲気もおしゃれ。
さらなる人気が出そうなお店です。

評価:★★★☆

大阪カレー日記(maze)



大阪 四ツ橋「maze」自家製キーマカレーサンド


四ツ橋で朝から営業しているカフェを探しているとおしゃれなカフェを見つけました。
店頭メニューを見るとキーマカレーサンドがあったので入店。

店内は外国人客で賑わっており、一席空いているのみでほぼ満席。
モーニングメニューもありましたが初志貫徹でキーマカレーサンドとコーヒーを注文。

トマト感しっかりのキーマカレーにとろけるチーズをクロワッサンで挟んだもの。
想像通りの美味しさです。

コーヒー飲んで一息ついて、何気なく外を見るといつの間にか行列ができていました。
しかも全てが外国人。
どうやら外国人の間で話題となっているようです。
海外のグルメインフルエンサーに紹介されたのでしょうか。

価格もインバウンド価格と言いますか、日本人感覚では少々高いと思われる価格。
というのも円安だからこそですね。

しかし確かに日本人より外国人に人気が出そうなテイストだなとも納得しました。

評価:★★★

大阪カレー日記(モダンスパイス虹の仏)



大阪 日本橋「モダンスパイス虹の仏」出汁キーマリエット




黒毛和牛ホルモンカレー、チャパティ




ビンチョウマグロのカルパッチョ


長らく休業していたモダンスパイス虹の仏。
ミシュランビブグルマンも獲得した大阪カレーを代表する名店の一つ「虹の仏」のシェフによる創作スパイス料理のお店です。

以前は予約制のコースのみでしたが、移転オープン後は予約以外でも気軽に楽しんで欲しいということで席が空いてればアラカルトで楽しむことができるお店となりました。
待ってました!!!

しかもめちゃめちゃリーズナブル!

以前のコースも内容考えれば安すぎるくらいでしたが、アラカルトとなって品数少なめでいくとその分安くなる状態です。

飲み物はシェフのリョウヤさんが今ハマっているという日本国内のレアなワインが色々と。

食べ物は日替わりですが虹の仏らしい幅広く工夫のある絶品ばかり。

看板メニューの出汁キーマをリエット仕立てにした出汁キーマリエットや、春の定番であるイチゴと春菊ぼマスカルポーネ和え、スパイス仕立てのマグロのカルパッチョに〆カレーまで。
全てが絶品です。
凄い!

カウンターのみで席数6と小さなお店なので確実に食べたい場合はコースの予約を推奨します。
ただ、その他に立ち飲みスペースも空いているので早めの時間ならサクッと行くという楽しみ方もできるようになり、より使い勝手の良いお店となりました。

モダンスパイス休業中は虹の仏の方で夜の予約制コース営業をしていましたが、今後はこちらになるようです。
次回はコース予約してまた行かなくちゃ!

評価:★★★★★

大阪カレー日記(マガリーダッタ)



大阪 西田辺「マガリーダッタ」牛タン濃厚エスプーマ


マガリーというのは間借りのマガリー。
ダッタというのは過去形のだった。
つまり、「間借りだった」というのをそのまま店名にするという実にユニークなお店。

以前は放出で間借り営業をしており、その際に行った時にエスプーマのカレーに衝撃を受けました。
今でこそエスプーマをカレーに使うお店はちらほら見かけますが、僕の知る限りではここが初めて。

メニューは随時入れ替わっていてレギュラーメニューが存在しないのですが、この日は牛タン濃厚エスプーマがあったので迷わずそれを注文。
ご飯の量が基本で250gと大盛りに近いので、たくさん食べられない方や減量中の方は少なめ推奨です。

牛タンエスプーマ。
ゴロゴロと存在感ありすぎるくらいの牛タンの量にまず驚きます。
こちらのカレーはある程度しっかりめの辛口。
辛いのですが牛タンの旨味もあるので辛すぎず、これだけで非常に美味しいです。
そしてこれにエスプーマがかかることによってマイルドな部分も出てきて、程よい甘みも追加され、混ぜていくと味が変化していくのが楽しい。
レモンの酸味で途中から味変も可能で、一皿で千変万化するその味に心奪われます。

店主さんは女性なのですが、店内激しめのメタルミュージックが爆音で流れているという空間もまたギャップ萌え。

個性派カレーが多い大阪においても、確固たる個性と美味しさを持ったお店です。

評価:★★★☆

大阪カレー日記(グテ)



大阪 四ツ橋「goute vintage used&coffee」珈琲屋さんのチーズカレーパン、ソイラテ


おしゃれエリアにある古着店併設カフェ。
朝から営業しているのが嬉しいです。

珈琲屋さんのチーズカレーパンをいただきました。
ふわっとモチっとしたパン生地の中にトマトベースの挽肉カレー。

その中に韓国グルメで良く見かけるような、伸びるチーズが入っていました。
わかりやすい美味しさです。

豆乳ラテも良い感じ。
モーニングメニューがあるわけではないのですが、逆に言えばどの時間帯でもカレーパンを食べられるということ。
小腹が空いた時にも良いですし、もちろん朝の軽食にも良いです。

表記:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード