FC2ブログ

カレー日記


赤坂「アジアン天国」肉ニラレッドカレー炒め


赤坂駅近くにある居酒屋です。明るい店内は若いお客さんがちらほら。
赤坂としてはお手頃価格で飲めるお店のようです。
アジアンという店名であればカレー系のおつまみもあるかもしれない。
そんな風に思って店頭のメニューを見たらタイカレー系があったので入店しました。

グリーンカレーやプーパッポンカリーもあったのですが、肉ニラレッドカレー炒めというのが面白そうだったのでこちらをオーダー。
しようと思ったら、オーダーの仕方が変わっているんですよ。
ペンでメニューにタッチしてオーダーするシステム。画面ではなく、紙のメニューですよ。
どうなっているんだろう?
21世紀を感じました。

味はまぁね、アレですよ。
町中華のニラ炒めがレッドカレー味になった的な。

でもね、お値段もお手頃ですから、文句はありません。
他にパクチー餃子も頼んだのですが、これも普通の餃子にパクチーが少し乗っていて、アレでした。

アレって便利な言葉ですね。

評価:★★☆

カレー日記


赤坂見附「ベイリーフ」牛カツカレー


サラダ


赤坂見附寄りに移転したベイリーフ。
ビルの3階にあるお店はなかなかの広さです。

夜はカレーのみならずおつまみやお酒も楽しめます。
上品なマダムに「カレーですか?」と聞かれて、「カレーです」と答えて。
おつまみも頼もうかとも思ったのですが、何となくカレーだけに集中してみようということで頼んだのが牛カツカレー。
ご飯は少な目でオーダーしました。

ご飯を盛り付ける際に「このくらいで良いかしら?」と聞いてくれる優しさ。
素敵です。

サラっとしながらもスパイシー&ハービーなカレー。辛いわけではありませんがじんわりとスパイス感が追いかけてきて、汗が出てくる美味しさです。
牛カツはレアの状態で上品に揚がっています。
大きさもなかなか。

ソースをかけても、カレーにつけても美味しいのですが、ほんのちょっとだけソースをつけ、カレーに浸して食べるのが一番おすすめの食べ方。
ソースによる深みも増します。

これにサラダがついて、ディナータイムも赤坂という場所でという1030円というのは破格ともいえる安さです。
女性にもおすすめの牛カツカレー。

赤坂で飲む前のウコン摂取という意味でも良いかもしれませんね。

評価:★★★☆

カレー日記


桜台「リトルネストカフェ」2種がけカレー(チキン&ビーフ)


セットのサラダとスープ


ティラミス、アイスコーヒー


桜台駅近くのおしゃれなカフェ。
ランチタイムに訪問してみるとほぼ満席の盛況具合。
地元のお客さんらしき方々で溢れており、まだ新しいお店だろうにここまで受け入れられているのは凄いなと感心。

カレーはチキンとビーフと和風チキンと限定。
意外と色々あります。

チキンとビーフの2種がけを注文しました。
セットでサラダとスープがついてきます。
ドリンクセットにすることもできたので、アイスコーヒーと、デザートにティラミスを追加注文。

チキンはトマトのきいた自然な酸味の活きたカレー。
素直に美味しいです。
ビーフはワインで煮込んだ濃厚な奥深さのあるカレー。
純粋に美味しいです。

副菜も少し乗ってくるあたり、嬉しいですし見た目にも綺麗で栄養的にもバランス良くて、バランスが良いです。
ご飯が雑穀米なのもポイント高。

デザートのティラミスがまた美味しくて。
アイスコーヒーも苦味は抑え目の爽やかでフルーティーなテイスト。
このティラミスと相性良いです。
これはアイスコーヒーとデザートだけ食べにも来たいくらい。

でもカレーも美味しいことがわかったので、きっとカレーも頼んじゃうでしょうね。

ぶっちゃけ話をしますが、最近はスパイスカレーも流行していて、見た目が綺麗なカレーが増えています。
それは良い事なのですが、見た目だけで味が追い付いていないカレーも増えてしまっているんですよね。
しかしこちらは見た目も綺麗なら味もしっかり美味しい。
安心できるお店です。

客入り多いのでゆっくりするには向かないカフェですが、これだけ美味しいなら近所に住んでたら通っちゃうでしょうね。
こんなカフェが家の近くに欲しいです。

評価:★★★☆

カレー日記


門前仲町「ライノ」レディーズセット(マトン、シーフード)


門前仲町にいつの間にかできていたインドネパール系のお店です。
食べログの地図がずれているようですが住所を間違って登録したわけではないんですよ。
時々こういうエラーありますね。

閑話休題。
ランチタイムはなかなかの人の入り。

レディーズセット(原文ママ)とディラックスセット(原文ママ)の差がタンドリーチキンかチキンティッカかということで、ティッカのレディーズの方が50円程安いです。
ティッカ気分だったので試しにレディーズセットを頼めるか聞いてみると快諾。

おじさんでも頼めるセットでした\(^o^)/

カレーはマトンとシーフードをセレクト。
マトンはTHEインネパ味。
シーフードはココナッツ系だと良いなと思っていたらトマト系でTHEインネパ味。

ナンはパンのよう。
おかわりOK。

これは直球のインネパ店ですね。
夜メニュー見ても特に面白いものがあるわけでもないのですが、色々とあるインネパイズム。

もうちょっと個性があると良いなと思いますが、なかなかの人気だったのでここではこれで良いのでしょう。

評価:★★☆

カレー日記


新宿西口「アチャカナ」スパイシーマトンカレー、ジャスミンライス


鴨の冷菜ネパール山椒の香り


ポークスペアリブのタンドール焼き


カレー好きなら誰もが知る、予約の取れない人気店カッチャルバッチャル。
そちらで修行されていた方が新宿西口にお店を出したということで行ってきました。

カッチャルバッチャルといえばダバインディアやグルガオンを運営するチョティワラ出身シェフが出したお店であり、今やそこらじゅうにある「スパイス料理で様々なお酒を飲む」というスタイルのお店が増えるきっかけとなったとも言える名店です。

そこで働いていた方の料理ですから、自ずと期待値は高いものでした。
そして結論から先に言えば、その高い期待にしっかり応えてくれるお店なのです。

まずは鴨の冷菜からスタート。
しっとり柔らかい鴨にティムールの香りと刺激。
これはお酒進んじゃうなぁ!

そしてタンドール料理。
まずはチョティワラ系列でもカッチャルバッチャルでも人気メニューであるチーズクルチャから。

ニンニクの香りが程よくきいたチーズたっぷりのクルチャ。
期待通りの美味しさです。

続いてポークスペアリブ。
良い感じの焼き色! そして完璧な火入れ具合!
スパイス感も絶妙で、いやはや美味しい!

美味しかったのでもう一品。
海老の香味焼き。
これまた最高!
尻尾まで食べられるという以上に、食べずにはいられない美味しさです。

流石名店出身のシェフだけあります。

シメにスパイシーマトンカレーをジャスミンライスで。
これも程よいスパイス感とたっぷりのマトンでご飯がすすみます。
スパイスがっつりではなく、程よいところで止めているのが逆に良いんですよ。
インパクトありまくりのタンドール料理の後にスパイスがっつりがきちゃうときっと食べ疲れてしまう部分が出てきます。
ところがそうではない。
スパイシーではあるのですが、一歩引いたスパイシーなので食べ終わった時に胃が軽いんです。

店内の雰囲気もカッチャルバッチャルと似ており、負けず劣らずの美味しさとなれば、こちらも予約の取れない人気店となるのも時間の問題かもしれません。

評価:★★★★

カレー日記


渋谷「カオサン」ガパオ&グリーンカレーセット


宮益坂を昇ったあたりにあるタイ料理店です。
以前もここは別のタイ料理店でした。
しかし印象的にはあまり変わりません。

頼んだのはガパオ&グリーンカレーセット。

このメニュー、日本人向けタイ料理店のランチにありがちなメニューですね。
でも僕はこれが結構好きなんです。

和食に例えるなら何でしょう。
親子丼と巻繊汁かな。
そう考えてもやっぱり最高じゃないですか。

こちらのはガパオもグリーンカレーも日本人向けではありますが、ガパオにはちゃんとガパオ入ってて嘘ではないし、グリーンカレーも無難に美味しく、合わせるとまた美味しさが増すんです。

やっぱりこのメニュー、好きだなぁ。

評価:★★★☆

カレー日記


「松屋」ごろごろ煮込みチキンカレー


松屋のごろチキ、復活です!
もはやカレーマニアのみならず一般層にまで美味しいことが知れ渡ったと言える松屋の限定メニュー。

今回も盤石の美味しさ。

ジューシーで食べ応えあるチキンに玉葱ベースでシンプルイズベスト的スパイス感のシャバっとしたカレーソースが絡みつく。
ご飯との相性は抜群なのです。

これだけ美味しくてこれだけ人気があるのであれば、レギュラーメニューにしてしばえば良いという意見も聞かれますが、これはしない方が良いのでしょう。
限定だからこそ集中して食べる僕のようなカレーマニアが沢山いますから。

これが年中無休でいつだって食べられるメニューだったとしたら、年に2~3回くらいしか食べないでしょう。
しかし限定という言葉に踊らされて、期間中に2~3回食べてしまう。
その期間が年に2~3回あるのだから、結果的に2~3倍の回数食べてしまっているのです。

でもこれだけ安くて美味しいのであれば何度だって楽しく踊りますよ\(^o^)/

松屋はカレー屋です。

評価:★★★☆

カレー日記


代々木公園「ソイ7」プーパッポンカリー


朝カレー充実地帯代々木公園エリア。
夜遅くも意外と開いているお店が多いんです。
このエリアの人は朝から晩まで動いているというよりは、朝方の人と夜型の人、どちらもある程度の人口がいるということなのでしょう。

そんな夜の代々木公園エリアで入ったお店。
ソイ7。ソイナナ。
タイ料理好きなら知る人ぞ知る、廉価タイ料理居酒屋のチェーンです。

こちらのお店も基本的に750円均一。
500円シリーズと300円シリーズもあるので選び方ではタイ料理でせんべろできるわけです。

プーパッポンカリーも750円とはお得ですね。
通常1000円以上しますから。
料が少ないのかなと思いきや、一人なら十分な量。
味だって良いんです。
ふわっとした卵にサクっとしたソフトシェルクラブ。
これがレッドカレーで合わさるのですから。

他にもサイクロークイサンをいただき、ウーロンハイをつけても2000円でおつりがきました。
サイクロークイサンも程良いスパイス感とハーブ感で美味しかったです。
使い勝手の良いタイ料理居酒屋です。

評価:★★★☆

カレー日記


「吉野家」チキンスパイスカレー


松屋はカレー屋。
僕は何年も前からそう公言しています。

吉野家は牛丼屋。
公言するまでもなく、皆さんの共通認識だと思います。

実際僕も牛丼は吉野家の方が好き。
でもカレーでいうと圧倒的に松屋なのです。

松屋といえばカレーマニアにも大人気の「ごろごろ煮込みチキンカレー」が復活。
喜んでいる所に、吉野家も同時期に新しいチキンカレーがリリースされるというニュースが飛び込んできました。

これは確実にぶつけにきている!!

正直にいえば今まで吉野家のカレーでピンとくるものは一度もありませんでした。
どれもこれも微妙。
美味しくないとは言わないけど美味しいとも言えない。
そんなカレーばかりでした。

しかし松屋にぶつけてくるくらいなのだから、自信作なのでは!?

そう考えて食べに行きました。

メニューを見るとどうやらこれは新商品というよりは、リニューアルしたカレーのトッピングとして新しくチキンが増え、それを合わせると松屋にぶつけたように見えるメニューにもなるということでした。

してやられた。。。

そう思いながらも食べてみると、意外とこれが悪くないんですよ。
チキンはタンドリーチキン的な味付け。
カレーも今までの吉野家のカレーとしてはスパイスが強めの方向性。
このチキンのスパイス感とカレーのスパイス感の相乗効果によって、普通に美味しいと思えるカレーとなっていました。

もちろん松屋のごろチキにはかないません。
何しろ松屋はカレー屋ですから。

しかし牛丼屋である吉野家としては、かなり頑張ったカレーなんじゃないかと思うんです。

僕の周りではこちらのカレー、賛否両論。
結局は人それぞれの味覚次第です。
ですが、今までの吉野家カレーの中では賛の意見が多いような気がしています。

食べ比べてみるのも面白いと思いますよ。

評価:★★★

カレー日記


渋谷「喰いもの屋おおき」ロースカツカレー


渋谷駅宮益坂方面の出口を出て割とすぐ。
雑居ビルの2階にあるお店ですが、外から全く見えないのでかなり気づきにくいです。
店内入ってみると良い匂い。
昔ながらの洋食屋さんの、しかも美味しいお店の匂いがします。

これは期待できそう。
メニューはかなり幅が広く、どれにしようか迷ってしまいますが、カレーはロースカツカレーかクリームコロッケカレーの二択。

ならばロースカツにしましょう。

長髪を綺麗にまとめた渋いマスターが一人で調理と接客を担当。
非常に優しい人当たり。

出てきたカツカレー、カツが別皿なのですが、キャベツの千切りと思いきやこれがキャベツサラダなんですよ。
コールスローに近いのですがコールスローともちょっと違う。
塩気と酸味のバランスが絶妙で、油っぽくなく、むしろ水気があるのですがそれが逆に良い感じ。
肉も衣も薄目のカツとバッチリ合うんです。

カレーも美味しい。
肉と野菜の旨味がしっかりと溶け込んだ奥深い味。
業務用では出せない、丁寧に作られたこのお店オリジナルの美味しさです。

カツとカレーを合わせても美味しければ、このキャベツサラダをカレーに入れてしまってもまた美味しい。
素敵ですよ。

隣には雀荘があるのですが、そこから出前が入ったり、電話がかかってきてまた違うところから料理の注文があったりしていました。
この付近の方に愛されているお店なのですね。

渋谷には良い飲食店が少ないと思っているのですが、こういう素敵なお店が隠れていたんですね。
渋谷の良心ともいえる洋食屋さんでした。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード