カレー日記


埼玉 西川口「シヴァジ」3種類カレーセット(キーマ、チキン野菜スープ、マトン)チーズナン


西川口エリアにはインドネパール系のお店が多いというかできてはなくなり、できてはなくなりしているようですね。
久しぶりに仕事で立ち寄った際に、こちらに行ってみました。
以前は別のインドネパール系だった記憶のある場所です。

ランチタイムに訪問。
3種類のカレーとタンドリーチキンがつくセットを注文しました。
カレーはキーマとチキン野菜スープカレーが決定しており、もうひとつを自分でセレクトするシステム。
試しに他のカレーは選べないか聞いてみたのですが、選べないとのことでした。
この手のお店だとメニューに書いてあるだけで他のでもOKという店が多いんですが、ここはNGとのことです。

カレーはマトンを選びました。
ナンを+100円で他のナンに変えられるということで、それについてはどのナンでもOKとのことでした。
久々にチーズナン気分だったのでチーズナンにしてもらいました。

ターリーではなく和風のお盆で提供。
まずサラダのドレッシングが美味しいです。インドネパール系によくあるにんじんドレッシングなのですが、ニンニクの効かせ方が程良くて好きな味。
もりもり野菜を食べられます。

キーマは平均的。
チキン野菜スープはネパール的でなかなか美味しかったのですが、これはナンではなくてご飯にこそ合うカレーですね。
マトンは平均より少し上のクオリティというところでしょうか。

チーズナンはチーズたっぷり。
昔はこういうの大好きでぺろっといっちゃってたんですが、最近歳のせいか最後の方はもたれるようになってきてしまいました(^^;)
とはいえなかなか美味しかったので完食。

値段も安めで良かったのですが、カレーの選択肢が増えればもっと良かったのにと思います。

評価:★★★

カレー日記


駒場東大前「ムスカン」スペシャルムスカンセット(マトン、ベジ)


駒場東大前の東大が無い方の出口を出て、住宅街に向かっていく途中にあるインドネパール系のお店です。
店内なかなかの広さ。
トビー帽かぶったネパール系の店員さんがお出迎え。

ディナータイムだったのですが、セットもありました。
無難に店名を冠したムスカンセットを注文。
カレーはマトンとベジを選びました。

辛さを聞かれ、いつものようにマトンは辛口、ベジは普通でとお願いしたら、「デキナイ」と。
「フタツオナジカラサ」と。
なんででしょうね。
料理の行程に違う辛さにすると不都合があるということでしょうか。
仕方なくどちらも中辛でオーダー。

カレー2種、サラダ、ナン、ライス、タンドリーチキン、パパド、ヨーグルト、その他に野菜のスパイス和え的なものがついてくるのが珍しいところでしょうか。

味はごくごく普通のインドネパール系のランチクオリティの味。
きっとランチと出しているカレーが同じなのでしょう。
スパイスによる深みと奥行きが足りません。

サラダのドレッシングはなかなか美味しかったですが、ライスの具合やその他諸々気になる部分も少なからずあり、良い部分と良くない部分、プラスマイナスすると偏差値50というようなカレーでした。

評価:★★☆

カレー日記


渋谷「プランバーグッディーズ」焼売カレー


渋谷の有名ライブホールO-EASTの裏側にあるバーです。
普段の営業時間は18:00-3:00で火曜休みとのことなのですが、最近土日限定でカレーランチを始めたようです。
ランチメニューは焼売カレーのみ。
サラダ付き980円です。

一口食べてみると濃厚でほのかな辛味のあるチキンカレー。
また食べ進めてみると甘味も。
この甘味はアガベシロップによるものだそうです。
カレールーの海の真ん中にアガベシロップの道があり、そこを食べると甘味を感じるんですね。
その甘味があることによって深みとオリジナリティが生まれていて、面白いです。
最終的には混ぜ合わせて食べると良いでしょう。

焼売もこのカレーと合っていて、それがまた面白く。

夜にもカレーはあるのか聞いてみると、「だいたいあります」とのこと。
ただ、基本的にメニューはあってないようなものというスタイルで、その時あるものを作るということのようです。
あくまでメインはお酒のお店ですからね。
食べ物の基本メニューとして、チキンカレー、餃子と焼売、このあたりがだいたいあると。
この組み合わせがまた面白いじゃないですか。

マスターも超イケメンですし、カレーの味的にも女性受けしそうな味。
渋谷の夜、お腹空いたり寂しくなったりした女性はこちらに行けば間違いないでしょう。

評価:★★★



カレー写真


岩本町「カムイ」खाना 咖喱三昧(カーナ カリー三昧)


久しぶりにカムイさんとコラボさせてもらいます!
今回のカレーは僕がやっている忍者バンド音影の新曲「खाना 一行三昧」のリリースを記念しまして、カレーの名前も「 खाना 咖喱三昧 」!
カムイレギュラーメニューのチキンスープカレーに、このイベントの為に作ってもらった牛豚キーマカレー、そして和風ゴビサブジの3種のカレーが一度に食べられる豪華版!!
これでも足りないという方はトッピング追加したり、辛さを追加したりしてみてください。
カムイのカレーは4辛以上だと辛さだけでなく香り系スパイスも増えていくので、番号によって違う辛さと美味しさを味わえるのが面白いところですから。

8月21日~27日の1週間(土曜休み)
平日は夜から、日曜は昼からそれぞれ限定数の提供となります。

27日にはカムイから歩いて10分くらいの場所にある秋葉原CLUB GOODMANにて、その「खाने 一行三昧」のリリースと、僕の誕生日前夜祭を兼ねたイベントもあります。
歌って踊ってドラム叩きます。いつもカレーばかりな僕ですが本来そっちが本業ですのでw

合わせて楽しんでいただけたら幸いです!

また、8月19日(土)には浅草で行われる浅夜市夜のカレーイベントにも出演します。
何店舗かの連動イベントなのですが、僕はCHARI YA TOKYOでの出演となります。
この日の18時~22時まで、CHARI YA TOKYOにて僕のおすすめするカレーを食べることができ、20時~21時まで、僕はカレーについてトークいたします。
そのまま終了までいると思いますので、良かったら是非!
20時からはトークチャージもかかるのですが、カレーとドリンクとトークチャージ合わせても1500円~2000円程度でおさまると思いますので、皆様そちらも合わせて是非是非!

この夏もカレー三昧の夏です\(^o^)/

カレー日記


愛知 名古屋駅「住よし」カレーきしめん


名古屋で働いていたことがある人に、カレーきしめんだとどこが美味しい?と聞くと、ここだと教えてくれました。
え!? 新幹線のホームの立ち食い!? それ美味しいの!?!?

と、お思いでしょう。
僕も正直そう思ってました。
しかし、それが美味しいんですよ。

働いていたことのある人も、名古屋在住の人にすすめられたということで。
半信半疑で行ったら確かに下手な街中のきしめんよりよっぽど美味しかったとのことで。

名古屋旅行のしめくくりに行ってきました。

券売機でカレーきしめんの券を購入。
カウンターで出して水はセルフ。
すぐにできあがるんですが、紙エプロン用意してくれるあたり、やはり他の立ち食いとは違います。

食べてみれば確かに美味しい。
ずば抜けた美味しさだったり、ここでしか食べられない個性があるというわけではないかもしれません。
しかし、誰が食べても素直に美味しいと思えるであろうこのバランス感はなかなか出そうと思って出せるものでもないと思うんです。
普通に美味しいということは普通以上に素晴らしいことなんですよね。

カレーも出汁との絡み方が良く、何よりきしめんのつるっとした舌触りが実に良いんです。
地元の人がおすすめするのも納得の、ホームの立ち食いとしては最高峰に近いお店ではないでしょうか。

評価:★★★

カレー日記


愛知 名古屋駅「マハラジャ」タンドーリミートカレーランチ(野菜、キーマ)


名古屋駅直結のビルのレストラン街にあるインド料理店です。
安定のチェーン店ですよ。
高級感のある内装、わかりやすいメニュー、外国人スタッフと日本人スタッフ。
マハラジャですね。

タンドーリミートカレーランチをいただきました。
日替わりカレーを食べたかったのですが遅めのランチタイムだったので売り切れてしまったとのこと。
野菜とキーマにしておきました。

食べてみると日本人向けアレンジが少しだけほどこされているものの、やっぱり正統派な北インドの味なんです。
焼き物の火入れもインド式のウェルダンな焼き具合でしたし。
全体的に油の使用量が少し多めなあたりが日本人向けなのかなぁと。
日本人向けというよりはインド人以外向けという感じですが。
インドで食べるともっと素朴なんです。
しかし、インドのレストラン、特に外国人が来るような場所だったりホテルのレストランだったりすると、こういう味に近づくんですよね。

お値段そこそこしますが、通し営業というのも嬉しいポイント。
安定感のあるチェーン店です。

評価:★★★

カレー日記


愛知 一社「カリーカグラ」カリーランチ(チキン、麻婆豆腐)


名古屋で働いていたことのある友人から激推しされて気になり続けていたお店です。
今回の名古屋カレー旅の一番の目的であったお店と言っても過言ではありません。
臨休も少なからずあるようなので、念の為営業しているか電話で確認。
念の為予約できるか聞いてみるとオープン時間であれば大丈夫とのこと。
念の為駅から歩くと何分くらいか聞いてみると約30分とのこと。星が丘からであればバスも出ていると教えてくれたのですが、歩くのが好きなので一社から歩いて行きました。
そう。普段から狙って行った店が臨時休業しがちな僕としては、旅先では念には念を入れないといけません。

というわけで念の為にオープン40分前に駅に到着。
地図を見ながら歩いて行くと、歩くのが早いということもあってか20分程度で到着しました。
良かった良かった。

店内はおしゃれなカフェといった雰囲気。
開店前からお客さんが少しずつ来はじめています。
メニューからカレー2種を選べるカリーランチをオーダー。
この日のカレーはチキン、キーマ、そして麻婆豆腐!
麻婆カレー好きな僕としてはそれは外せません。
もうひとつは基本メニューらしきチキンにしました。

暫し待って配膳。
その頃にはもう満席で、諦めて帰るお客さんも出始めていたので人気のほどがうかがえます。

チキンカレー、麻婆豆腐、そしてダルスープもつき、スパイス料理も一緒に。
この日のスパイス料理は冬瓜のスパイス煮。チキンのハム的なものも乗っていました。
サラダとバスマティライスとポディもついているのでバランス良いです。

まずチキンカレーを食べてみると確かな美味しさ。
日本人が作ったインドカレーの成功例といいますか、インド料理そのものの味に日本人的堅実さというか丁寧さが加わった味で、今は無き清澄白河の名店NICOを思い出すような方向性でした。

そして麻婆豆腐。
麻婆カレーかと勝手に思っていたら、本格的な麻婆豆腐なんですw
麻婆豆腐はカレーだという意見もありますし、味自体最高なので全く問題ありませんw

そしてこの麻婆豆腐、カレーやダルスープと一緒に合わせるとまた美味しいんですよ。
やっぱり麻婆豆腐はカレーなのかもしれませんw

確かな知識と技術、そして独特のセンスに溢れた最高の一皿でした。
今まで僕が名古屋で食べたカレーの中では一番かもしれません。

色々と大変そうだなぁと感じる部分もあったのですが、マイペースに美味しいカレーを作り続けて欲しいお店です。
駅から30分かけて歩いて行く価値がおおいにある名店です。

評価:★★★★

カレー日記


愛知 高岳「東桜パクチー」プーニムパッポンカリー


サイウア


名古屋の東桜と長者町に展開するタイ料理店パクチー。
こちら東桜パクチーはその本店的立ち位置。

行ってみると満席だったので諦めて帰ろうとしたところで店員さんが「外の椅子で飲みながら待っていただければ、そう時間かからずに空くと思うんですがいかがですか?」と。
テラス席もあり、夏ですし外の雰囲気も良かったので、せっかくなので飲みながら待つことにしました。

タイミング良く15分程度で2階席が空いたということで案内されました。
店内は明るく活気があり、若いお客さんが多いです。

頼んだのはプーニムパッポンカリーとサイウア。
プーニムパッポンカリーは濃い目の味付けが名古屋っぽくて良いです。
ご飯にもお酒にも合う美味しさ。

サイウアはおおぶりで、ハーブのきいた王道の美味しさ。
どちらにも店名でもあるパクチーがちゃんと乗っています。

タイの屋台の味というよりはレストランの味。
ただし高級店ではなく、街中の知る人ぞ知る人気店的な。

これは人気出るのもうなずけますね。

評価:★★★☆

カレー日記


愛知 高岳「トリッピンスパイス」あいがけ(挽肉と夏野菜のカポナータ風カレー、フィジー風カツオカレー)


ラムチョップオブカリビアン


前菜3種盛り


自家製ジンジャースパイスエール


かつて南洋の父があった場所の跡地に、また美味しいカレー屋ができたと聞き、気になっておりました。
東京在住の身としては、気になっていながらもなかなか名古屋に行く機会がなかったのですが、久しぶりに入った名古屋仕事のタイミングで行ってきました。

ディナータイムに訪問。
夜はスパイス料理のバーといった雰囲気。

お酒はジンジャースパイスエール。
おつまみに前菜3種盛りとラムチョップを注文。
前菜はラぺ、オムレツ、フムス、チキンにオリジナルソースをかけたもの。
どれを食べても美味しいです。
今気づいたんですが3種盛りといいながら4種あるじゃないですか!w
実にお得ですよこれ。

ラムチョップもクスクス的なものが添えられており、スパイスで焼いた香ばしくジューシーなラムでやはり美味しかったです。

メインのカレーはあいがけで。挽肉と夏野菜のカポナータ風カレーと、フィジー風カツオカレーの2つをセレクト。
メニューにあった他のカレーは王道系だったのですが、変化球カレーを食べたくて。

カポナータ風はトマトベースの優しい味。
カツオカレーはフィジー風というのがよくわかりませんw
フィジーといえばオーストラリアやニュージーランドのあるエリア。
決してカレー文化圏ではないので、フィジーにカレーがあるのかどうか。行ったことがないのでわからないのですし、フィジー料理というのも食べたことがなく想像がつきません。
しかし、美味しければOKですw
このカツオカレーはOKなやつでしたw

フィジー風というよりは南インドっぽさをほんの少し感じました。
しかし南インドのカレーというわけでもなく、こちらのオリジナルでしょう。
ここでしか食べられない美味しさということですね。

飲み物にも食べ物にもしっかりとこだわっていて、そのこだわりが正しく、ここでしか食べられない料理も色々。
南洋の父も美味しくて雰囲気も良くて素敵なお店だったんですが、こちらトリッピンスパイスも負けず劣らず素敵なお店です。

評価:★★★☆

カレー日記


愛知 東大手「門」ハーフ&ハーフ、アイスコーヒー


カレーが看板メニューの喫茶店です。
カレーの他にハヤシライスもあり、どちらも食べられるハーフ&ハーフもあるということで、ハーフ&ハーフと、アイスコーヒーも一緒にいただきました。

カレーとハヤシの真ん中にライス。
薄焼き卵で包まれているのが良いですね。
オムカレー的にも、オムハヤシ的にもなるわけです。

味は昔ながらのカレーのそこまで古くないやつといいますか。
昭和の味というよりは平成初期というか、80年代ではなくて90年代というか、そんな感じの味なんです。

お店の雰囲気もまさにそんな感じで、懐かしいんだけど懐かしすぎない、ある一定の層にはたまらない空気感と雰囲気ではないかと思います。
一緒についてきたサラダもヨーグルトドリンクも美味しいです。

そして何よりアイスコーヒーが美味しいですね。
コーヒーに対してもこだわりがかなりあるようで。
喫茶店なので当然といえば当然なのですが、それができていない喫茶店も数多くありますから。

派手さはないものの、堅実に美味しいカレーとコーヒー。
店内も落ち着いた雰囲気で、なんだか癒されました。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード