美食日記



赤羽「米山」牛ハラミ




マカロニサラダ




肉豆腐




黒ホッピー


久々の美食日記。
今回は伝説の焼きとん屋、赤羽の米山です。

歴史を感じすぎる建物、長時間行列、ローカルルール満載、シャリ金、個性的な料理、そして絶品焼きとん。
さらに言えば運が良ければカレーにありつける事まであると言う!

ま、カレーが出る事は少ないらしいのですが、例えカレーが無くても気になっていたお店です。
普段は開店時間の1時間前から並ばないと入れない事も多いというお店ですが、僕が行った日は非常に寒く、雪も降っていたので流石にそれは無いだろうと、開店15分前に行きました。
そしたら既に行列。しかし何とか店内に入れそうな順番。良かったと思って並んでいると、僕とほぼ同時に来た方が色々と話しかけてくれました。

その方、お名前は野沢さん。こちらの常連だそうで、様々なルールやおすすめ料理など色々と教えてくれて非常にラッキーでした。
さらにその後に来た方も常連さんで、待ち時間もにぎやかで楽しくて。

店内に入り、最初に紙が渡されます。
それに食べ物のオーダーをします。
基本は追加NG。最初のオーダーのみで終了。2時間少々で入れ替え制という事です。

焼きとんは、牛ハラミ、カシラ、レバー、つくね。
料理はマカロニサラダ、肉豆腐を頼みました。

カレーは残念ながらありませんでした。
まぁ、この店来る前に4食もカレーはしごしたので十分なんですけどねw

野沢さんによると、こちらのお店は同一メニューを一度に焼くそうで、順番をわかっていないといつまでたっても料理が来ないんだそうです。
野沢さんは僕の書いた紙を見て、「これなら大丈夫」と太鼓判押してくれました。

飲み物は黒ホッピーを頼みました。
このお店は焼酎が全てシャリ金なので、時間がたっていく程に酒が濃くなっていくという面白い状態。
ホッピー飲むにはこの方が良いです。

まず出て来たのはマカロニサラダ。
黒コショウがビシバシきいていて実に個性的。
そしてそれにお好みでソースをかけて食べるんだそうで。
それがまた面白くて。

焼き物はどれも流石の絶品だったのですが、特にカシラは驚きました。
ハラミもレバーもつくねも美味しかったけど想定内の美味しさだったのに対して、カシラは完全に想定外の美味しさ。
こんなに柔らかくて美味しいカシラ、初めて食べました。
凄い!

肉豆腐はすき焼き的な味付けでこれも美味しく、どれを食べても美味しいお店です。

しかも野沢さんがコブクロポン酢や水餃子を分けてくれて。
それがまた美味しい!

さらにはアブラを僕の為に頼んでくれてご馳走してくれて。
もうお腹一杯ですw

これなら1時間並んででも食べたいですね。
これだけ美味しいお店のカレー、いつか食べたいなぁ。
また行こうと思います。

美食日記



根津「はん亭」


見てこの建物。
木造三階建て。
歴史的建造物ですよ。

そこで食べる上品な串揚げ。
値段も結構するけど、それでも行って損の無いお店。

根津と言えば俺の母校の最寄駅で、高校時代は毎日通っていた街です。
昨日久々に根津を歩いて、昔よく行っていた喫茶店とか食堂がほとんど無くなっていた事にショックを受けたよ。
当たり前だね。
もう20年も前の話なんだから(^_^;)

しかしこちらはん亭は高校時代からずっと今も健在のずっと人気店。

平日でも予約しないと入れない事が多々あります。

そんなはん亭のコースはどんなかと言うと、最初に一の膳という事で串6本、料理2品、野菜のセットを頼まなければなりません。
これで2800円くらい。
値段だけ聞けば高い。
下町の串カツ屋行けば、同じ値段で酒も飲んで鱈腹食える。

しかし、下町の串カツ屋とはまったく違うベクトルの串揚げなのよ。



まずこれが野菜と鯛のカルパッチョね。
上品。
とにかく上品。
上品な店は小さめに料理を出すよねw

素材も良いし仕込みも味付けも良い。
これともう一品は青菜の白和えだったんだけど、これも美味かった。
上品。



そして串揚げがこちら。
海老の紫蘇巻き、たらの芽、谷中生姜の肉詰め。

どうよこのお洒落感。
季節感も大事にしているし、地域感も大事にしているよね。

ここの串揚げは衣が薄くて美味いんです。
下町の串カツだと衣が厚くてサクサクしてるのが美味いわけだけど、それと真逆の美味さ。

そして下町の串カツ屋だと二度漬け禁止のソースがあるだけなのが、こちらは3種類ですよ。
ソース、塩、そして味噌。
この味噌が激烈美味いんだわ。

ここと下町の串カツ屋は、高級インドカレー屋で食うインドカレーと下町の洋食屋で食うカレーくらい差がある。
どちらも俺は好き。
それと同じように、ここの店の串揚げも好きなんだよね。



今回は高級串揚げ店という事で、カレー食う事も無いだろうと朝食ったんだけども、串揚げ食っていくうちに、慣れ親しみすぎた味に出会った。
この串だ。



どこまでもカレーがついてくるなw
おまかせコースだからメニューなんぞ見てなかったんだけどね、うっかりカレー出てきちゃったw
でも特にカレーとは言われず、「蓮根肉詰めです」としか言われてなかったのよ。
しかし絶対カレーだったんでメニューありますか?って持ってきてもらったらやはりw
カレー馬鹿としては嬉しい限りでしたよw

そんなわけで、高校時代から憧れのお店です。
今回は一の膳と、二の膳(串揚げだけ6本)、それから単品でリクエストしてご飯と赤だしつけてもらい、5000円少々。
俺にとっちゃ贅沢なディナーだったけど、店の雰囲気もとても良いし、思い出の街という事で思い入れもありまくるので、とても良い気分になれるお店です。

以上、久々の美食日記でした☆

美食日記




荻窪「トマト」ビーフストロガノフ

宇宙一好きな店。

人間って本当に美味いものを食った時って、ミスター味っ子のように頭に電流が走るんだ。
俺の頭に電流が走ったのは人生で20回くらいだと思う。
この電流は、初めて食ったものでしか走らないんだけど、20回のうち3回はこの店で走ってるんだよ。

一度目はカレーで走り、二度目はシチューで走り、三度目がこのビーフストロガノフで走った。

この美味さを文章で表現できる人間なんていないと思う。
食ってみろとしか言えない。
食えばわかる。
食わなきゃわからん。

ま、食ってもわからん奴もいるかもしらんが。

この店は何食っても宇宙一美味く、サービスも接客も最高なんだ。

でも、最近人気出ちゃって並ばないと食えない店になっちゃったせいか、客の質が低下してるんだよなぁ。
並んでる時はただ黙って待ってりゃ良いのに、何度も店内覗きに行って、あげくのはてに「空席あるのに何で入れないんだ?」とか言い出しやがる。

一度入ったお客様にはゆっくり食べていただきたいという理念の下に決まってんだろ。
んなこともわからん奴は来るな。
何度も中覗いてプレッシャーかけてきたとか笑う下品な奴はこの店来るな。

なんて思ってしまう俺。

何度も通えばわかります。
気配りの行き届きまくった接客。
そして優しくて暖かくて丁寧な料理。

だから俺は食い終わった後、奥さんとマスターと、二人の目を見ながら、いつも本当に美味しい料理をありがとうございますという気持ちを込めて、ごちそうさまでした!と言います。
二回ね。
二人ともちゃんと目を見て「ありがとうございました!」って言ってくれる。

最高の店です。

今日はこれとカレーと食ったんで完全に2人前だったけど、美味すぎたのでペロリと食えた。

美食日記




高田馬場「串かつ えいちゃん」串かつはじめ各種料理

元々店長と友達だったのよ。
地方に住んでた子だったんだけど、こっちで彼氏が店出すってんで手伝う為に出てきて。

行ってみたら美味い安いサービス良いの三拍子揃ってて、友達とかそういうの全然関係無くハマった。

店舗移転とかもして今に至るんだけど、前の時からなんだかんだと通ってる店です。

串かつ、他の店でも結構食ってる方だと思うんだが、ここのは一味違うんだよな。
油が軽いんです。
だから沢山食える。
で、沢山食っても安い。

串かつ以外もまた美味いんだ。
すじポン、チャンジャは、毎回頼みます。

すじポンは当たり外れあるんだけど、今日は大当たりの超美味だった。
外れでもまぁまぁ以上には美味いんで問題無いけど。

馬場には良い飲み屋いっぱいあるんだけど、えいちゃんできてからはえいちゃんばっかりになっちゃってる俺です。

美食日記




森下「山利喜」煮込み玉子入り

東京三大煮込みのうちのひとつに数えられる老舗の名店。
ちなみに東京三大煮込みとは、ここの他に月島「岸田屋」、北千住「大はし」がそれ。

それらの店は全部美味いんだけど、俺はここが一番好き。
ここの煮込みはマジで濃厚で甘味があって美味いのなんの。
玉子入りがまたオツなのよ。
この煮汁で似た固ゆでのゆで卵なんだけど、これがまた合う。

この店は他の料理も全部美味いんだ。
っていうか東京三大煮込みに数えられる店は、どの店も煮込み以外も美味いんだけど、ここは特にそう。
というか、メニューが俺好み。
肉系が多くて、洋風なのよ。
レバーのテリーヌとかスペアリブとか燻製盛り合わせとか、全部確実に美味いんだわ。

酒はキンミヤのレモンサワーが実に美味いね。
あと、この煮込みには赤ワインが合うよ。

ここ来ると飲みすぎて食いすぎてしまうんだ。
かなり並ぶけど、並ぶ価値のある店だと思います。

美食日記




まだここにはカレーと二郎の事しか書いてないですな。

だもんで俺はよくカレーと二郎だけの男と思われがちなんだけど、グルメ全般詳しいのですよ。

というわけで今日を機に、カレーや二郎以外でも推せる店について「美食日記」と題して書いていこうと思います。
これが記念すべき一回目。
書き方的にはカレー日記や二郎日記とほぼ同じ。
ただ、評価は書きません。
美味いものしか紹介しないので。
そんなわけで、書く。



浅草「なると」海鮮チヂミ

浅草駅からはちょっと遠い。
花やしきからちょこっと歩いたあたりにある韓国料理屋。

前々から気になっていて、初めて行ったんだけど、もっと早く行っておけば良かった!

このチヂミ見てくれよ。
この厚みをさ。

普通のチヂミの3倍くらい厚いぜ。
で、中は具がぎっしり。
海鮮と野菜がたっぷりのぷりたつ。

外はサクサク。
中はふんわり。

お好み焼きのようなチヂミだ。
タレも主張しすぎない感じで美味いんだよ。

こんな美味いチヂミ初めて食ったね俺は。

しかもこれが800円で食えるんですよあんた。
素晴らしすぎる。

マッコリをね、ボトルで頼んだのよ。
そしたらさ、甕に入れて出してきてね、その雰囲気も素敵だし、お通しですっつって、色々彼是出てきたんだよ。
貝を蒸したのと、もやしのナムルと、玉子焼きと、牛蒡煮たのと、魚卵の韓国風のと、計5種類も。
しかもそれが全部美味くてさ。
これ、いったいいくら取られるの?と思ってたらお通し一人500円だった。
つまり、100円で一品。
しかも全部ちゃんと美味いんだって。

他の料理も軒並み美味くてね、だいたいチヂミがこんなにボリュームあるとは思わなかったんで、他の料理食ってたらおなか一杯になっちゃったのよ。
でもこのチヂミは美味すぎるから全部食おうかと思ったんだけど、もしかしたら持ち帰れるかなと思って店員さんに聞いたらタッパーにつめてくれた。
しかもタレもちっちゃい醤油入れみたいなのに入れて一緒に。

素晴らしいね。
実に気に入ったよ。

浅草は良い店多いなぁ。
また絶対に行きたい店。
そして他の料理も色々食ってみたい。

ちなみに今回食ったのは、これと、お通しと、ブルコギと、キムチと、ご飯と、石焼ハラミ。
それに黒豆マッコリボトルで入れて、二人で7350円という安さ。
偉い。

でも、二人だと腹一杯になりすぎるので、ここは四人くらいできて彼是頼むのがベストだと思う。
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード