FC2ブログ

カレー日記(ガヤバジ)



田原町「ガヤバジ」カレー2種類セット


大阪の間借りカレー激戦区天満で、西インド料理という個性で話題となり、通をうならせるクオリティだった知る人ぞ知る実力店ガヤバジ。
東京は浅草に移転し、間借りオープンしたのが2019年。
浅草でも人気となり、遂に独立オープンとなりました!

朝から営業でモーニングもあるのが良いですね。

今回はランチ料理。
カラマトンとベジコラプリの2種盛りをいただきました。

美味しい!
西インドにこだわったスパイス使いと滋味溢れる料理。
カラマトンはココナッツ感しっかり。
ベジコラプリは野菜の美味しさをしみじみと感じられます。

食後のチャイも最高です。爽やかなテイストなんですよね。

西インド料理の魅力は重すぎないので毎日食べられるということもあると思っているのですが、本格的な西インド料理を気軽に食べられるお店が独立したと同時に、東京朝カレーの素晴らしい選択肢が増えたことが非常に喜ばしいです。

おすすめです!

評価:★★★★

カレー日記(チャラカラ)



群馬 群馬総社「チャラカラ」ベジミールス




カレープレートランチ2種盛り(チキン、エッグマサラ)


最初に言います。
群馬の宝です。

南インド料理店なのでミールスがあるのですが、ベジミールスのみというこだわり。
オプションでノンベジをつけることは可能ですが、やはりミールスはベジが主体だというこだわりを感じます。
そしてミールスを頼んだお客さんに「カレーではないんですがよろしいですか?」と聞くその姿勢。

カレーとは何か?という問いに対しては様々な答えがあり、個人的にはミールスに含まれるサンバルは確実にカレーの一種だと思っているのですが、昔ながらの日本カレーや北インドカレーしか知らない人にしてみたら、サンバルはカレーっぽくないかもしれませんし、そのような誤解を最初からされない為にあえて「カレーではない」というのはとても正しいと思います。

そしてそのベジミールスが最高に美味しいんです。
混ぜて完成する美味しさでありながら、単体で食べても物足りなさがないという絶妙のバランス感。
素晴らしい!

ガツンとくるカレーが食べたい方にはカレープレートもあります。
こちらがまた美味しい。
チキンはこれでもかというくらいにシナモンが効いていて、その攻め方が実にインド的なのですが、これを作っているのが日本の方というのが凄いです。
これでもかと効いていながら、尖っているわけではなく、刺さってくるのですが痛くない。気持ち良く深いところに届く感じ。
とんでもないですよこれは。
東京でもこれほどまでのレベルのお店はなかなかありません。

食後のチャイも間違いない美味しさで。

最後にもう一度言いましょう。
群馬の宝です。

評価:★★★★☆

カレー日記(満足ハウス)



東新宿「満足ハウス」2種類カレーセット(マトン、シーフード)


ネパール人によるインド的料理とその他アジア各国の雰囲気を出した料理店をインドネパール系、略して「インネパ」と呼ばれることが多いですが、こちらもその範疇に入るお店です。

インネパは本格的な味ではないことから、インド料理原理主義者やカレーマニアから敬遠されることも少なくないのですが、僕個人としてはインネパにはインネパの良さがあると思っていて、結構好きなんです。
インネパ気分になるとインネパ店に食べに行く事もしばしば。

そんなわけでインネパ気分だった所にちょうど通りかかったこちらのお店。
入ってみました。

地下ですが明るい店内、TVがついていて、外国人の従業員。
あれ? ここ、確か前にも違う名前のインネパ店だったような気が。

メニューを見るとインネパ系の中にダルバート的なものもあり、気になったのですが、ダルバートならすぐ近くにもっと安くて最高に美味しいお店がいくらでもあるので、初志貫徹でインネパセットを注文。

したのですが。。。

何と言いますかつっこみどころだらけなんですよ。
詳細を書くと事務局から下書きに戻されそうなつっこみどころだらけ。
ひとつだけ大丈夫そうなことを書いておくならば、シーフードカレーが異常に甘い。
グラブジャムンかと思うくらいに甘い。
あとはお察しください。

これでお値段安ければまだ文句もないのですが、1390円でしたから。
すぐ近くのお店でダルバート2回食べられる金額です。

満足できませんでした。

評価:★★

カレー日記(タリカロ)



西荻窪「タリカロ」タリカロカリープレート




マトンスペアリブのロースト


奈良で一番好きなお店と聞かれたら「タリカロ」と答えていた僕。
そのタリカロが東京に移転してきました!

支店が東京にできたわけではなく、完全移転です。

田町のゼロワンカレーに始まり、昨年末移転オープンした八丁堀のWacca、そして西荻窪に来たタリカロ。
関西の名店が続々と東京に集まってきているわけですが、関西のカレー店はランチ主体でディナー需要があまり見込めないということもあるのかもしれません。
カレー自体は関西の方が盛り上がっているのですが、夜にカレーやスパイス料理をつまみながらお酒を飲むというスタイルは、東京の方が確実に根付き始めていると言えますから。

そんなわけでタリカロも夜メイン。
ランチは看板メニューの辛口チキンを主体としたあいがけスタイル。

夜は様々なカレーをいただけるカリープレートや単品のスパイス料理、お酒も充実しています。

この日のカリープレートは辛口チキンにキーマ、海老、ダル。
ダヒや副菜もつきます。
ご飯をバスマティに変更できるというのでしてもらいました。

南インドカレーをベースにしてはいるのですが、純粋な南インド料理ではなく、タリカロの味。
辛口チキンは辛い物が苦手な人は無理なレベルの辛さ。
しかし激辛の一歩手前くらいの絶妙な辛美味具合で、辛い物好きにはたまらない味です。

僕は激辛好きというわけではなく、程良い辛さが好きなのですが、タリカロの辛さは「辛いなぁ」と思いながらも、「でもこの辛さが良いんだよなぁ」と思うような辛さであり、食べ終わる頃には汗だくになってしまうのですが、それが実に心地よいのです。

ダヒやダルを混ぜれば辛さは緩和されますし、海老も甘味と旨味系だったのでこのプレートなら辛いのが得意ではない人でもいけるかもしれません。

単品料理は羊料理を頼むべきです。
国産の羊にこだわり、それを使っているというお店はなかなかありません。

マトンの旨味をスパイスで引き出したロースト。
お酒が進む美味しさです。

お酒も色々とあるのですが、笑ってしまったのがバングラッシー。
バングラッシーと言ってもインド現地のバングラッシーではありません。
あれは日本では出せませんから。

それのオマージュで、バングラッシーという名前のカクテルです。
何が入っているのか聞いたのですが「秘密ですが色々なお酒です」とのこと。
つまりはいきなりちゃんぽんなのです。
そして濃い。とにかく濃い。
でも美味しいんですよ。
一発でキマってしまいますw

奈良のお店は古民家を改造し、雰囲気のあるお店だったのですが、東京はおしゃれで楽しい空間になっています。
カレー好きはもちろん、辛い物好きにもおすすめです!

評価:★★★★

カレー日記(スパイスドランカーやぶや)



神奈川 関内「スパイスドランカーやぶや」〆ミールス




前菜盛り合わせ




焼き豚


カレー好きなら知らないものはいないエリックサウスという名店があります。
そのお店自体も名店なのですが、エリックサウス出身シェフが独立して出したお店が名店だらけであり、カレー界の虎の穴的存在となっています。

かつてのアジャンタやダバ系のように、ここ数年はエリックサウス系が特に目立ちます。
しかし、エリックサウス出身と言っても色々で、どの時期にどれくらいの期間いたのかが重要となってきます。
名店がそろい踏みしているのはやはり初期メンバーのお店なのです。

ではその初期メンバーはどんな面々だったのかというと、大久保の魯珈を筆頭に、西荻窪の大岩食堂、新井薬師前のマロロガバワン、市ヶ谷の牧谿…
全てが人気店です。そしてそんな面々と一緒に仕事をしていたのがスパイスドランカーやぶやの藪さんなのです。

以前浅草で間借り店として営業していた時も、間借りでありながらコース制。様々なスパイス料理が出た後に〆でミールスが出るという異端な存在でありながら、その味に魅了される人が増え、予約の取りにくい店となり、開店1年を待たずして食べログ百名店にも選ばれたお店です。
しかし選ばれてすぐに閉店。
独立するのかと思いきや日本酒バーの雇われ店長におさまり、カレー界隈を困惑、心配させたのですが、それはここのお店の為の布石だったわけです。

文字通り満を持して独立開業したこちらのお店は、浅草自体のようにスパイス料理からはじまってミールスで〆るコース制で、さらに日本酒とのペアリングがつくという豪華版!

ただでさえ美味しかった浅草時代のさらに上を行くレベルの高さ。
藪さんは日本酒バーで働きながらも、ミシュラン星取りの名店sioの鳥羽さんとカレーでコラボしたり、要所要所でしっかりとカレーやスパイス料理の腕を磨き続けていたわけです。

それに日本酒の知識と技術も加わったのですから文字通り鬼に金棒。いや、蘇化子に酒というべきかもしれません。

コース料理の内容は藪さんの「来てからのお楽しみにして欲しい」という意図もあってあえて詳しくは語りません。
写真も出た料理のごく一部です。間違いなく最高のコースです。

日本酒が飲めない人はソフトドリンクとのペアリングとなります。
日本酒とソフトドリンクを行き来するのも自由とのことですから少ししか飲めないという人でも安心ですし、是非日本酒も楽しんで欲しいと思うような内容でした。

Facebookからの完全予約制。コースは日本酒、ノンアル、いずれにしても8000円。
カレーと考えれば安くないですが、イノベーティブフュージョン、モダンインディアン的なコースに日本酒ペアリングがついてこの価格ですから、むしろお得だと感じました。

名店の誕生です!

評価:★★★★★

カレー日記(ボーディセナ)



神奈川 関内「ボーディセナ」ランチミールス


ここのところカレー的に注目度が高まっている関内。
こちらにある南インド料理のお店です。

店内に入ってまず、その洗練された空間に驚きました。

非常におしゃれなのですが、あえて汚し加工と言いますかレトロにも感じるような塗装を施した内装であり、気取っていないんです。
かっちり全身をブランドもので着飾るようなおしゃれではなく、古着をミックスさせながらもトータルバランスがおしゃれだというような。
洗練されたセンスを感じました。

カレーも同様です。

日替わりのカレー3種とサンバルとラッサムがつくミールスを注文したのですが、この日替わりカレー3種はどれもひとつひとつ単体で食べてもしっかりと満足できるインパクトのある味わい。
だからこそサンバルとラッサムは引き算の味。
混ぜても3種の日替わりの味のベクトルが違うので、重くなりすぎずに成立するようなバランス感。

美味しいですよこれは。

本格的な南インド現地の味というよりは、多くの日本人の好みに寄せた味ではあるのですが、それはアレンジしたというよりは南インドにある様々な料理の中で日本人に受けそうなものをチョイスしたというような雰囲気。
その審美眼にもセンスを感じるのです。

接客も丁寧。味も雰囲気も良い。お値段もお手頃ときたら、文句はありません。

これからも関内エリアのカレーを盛り上げていく存在であることは間違いないでしょう。

評価:★★★★

カレー日記(デシタンドールBBQ)



小伝馬町「デシタンドールBBQ」スペシャルセット(マトン、シーフード)



ハリヤリティッカ



小伝馬町駅の近くにいつの間にかできていたお店。
インネパかなと思って入ってみると店内はちょっとしっかりしているというか、高級インド料理店とまではいかないものの、よくあるインネパのように適当なつくりではなく、こだわりを感じる内装で「お?」となりました。

メニューを見てまた「お??」と。
インド料理にこだわりを感じるラインナップなのです。
単品注文したいけど気になるものがありすぎて、熟考の末、気になるものを一通り食べられそうなスペシャルセットとハリヤリティッカという組み合わせでオーダー。

スペシャルセットはカレー2種選べ、ビリヤニとナンがつく簡易版ながら豪華版。
店名にBBQとあるので焼き物も必須と思って頼んだハリヤリティッカ。1Pから頼めるのが嬉しいです。

食べてみれば全部美味しいんですよ。
カレーはマトンとシーフードを選んだのですが、どちらもリッチな北インドの高級ホテルレストランの味。香りも豊か。
ビリヤニもしっかりと香る。

ナンも質実剛健。マイダの素朴な旨味を感じるタイプで好み。

そしてやはり出色なのがハリヤリティッカ。
焼き具合は逆にインドらしからぬジューシー加減。
このあたりは日本に合わせたというより、インドのホテルレストランで海外客へ向けた火入れというイメージでしょうか。
ミントソースが最初からかかっているのですが、そのミント感が鮮烈なのが実に良いです。

お値段はインネパと比べたら高め。
と言ってもセットとティッカ合わせて2000円程度です。
味を考えれば十分お得。

気になるメニューが色々とあるので、また行きたいと思えるお店でした。

評価:★★★☆

カレー日記(チャオパリバール)



溜池山王「チャオパリバール」2種カレーセット(マトン、ベジタブル)


都内に数店舗展開しているチャオパリバール。
チャオとパリバールが一緒になっていることからもわかるように、タイ、インド、ネパール等、アジア料理店何でもアリなお店です。

店員さんはネパール系と思しき方が多いので、所謂インネパと呼ばれるタイプのお店とも言えますが、タイ料理その他アジア系が通常のインネパよりも多いです。

ランチに2種カレーセットをいただきました。

正々堂々のインネパカレーセットですが、ベジタブルとマトンとそれぞれちゃんとグレイビーが違い、味の方向性も違うので飽きずにいただけました。
チキンティッカとシークケバブもついてきます。

ナンも無駄にふわふわしていないのが良いです。バターは塗ってありましたが、それが無ければもっと良いです。

サラダのドレッシングができあいのもので、これがインネパドレッシングだったらさらに良かったのですが、カレーの味やナンの味で考えれば十分のクオリティであり、インネパとして正しいお店でした。

しかしインネパ店は夜に居酒屋利用してこそ。
こちらは夜メニューも幅広く、お手頃価格。
今度は夜に行ってみたいです。

評価:★★★

福岡カレー日記(あさなつこ)



祇園「あさなつこ」チキンキーマ&厚切りギートーストセット、アクリwith焼きミニトマト




マドラスコーヒー


神社の参道にあるワインバーの朝に間借り営業しているお店です。
所謂間借りカレーというやつですが、こちらのカレーは個性的。
インドでも西インドと呼ばれる地方でポピュラーな、パンとカレーを合わせて食べるスタイルにこだわったお店なのです。

この日のメニューはチキンキーマ&厚切りギートースト。
オプションでアクリをつけられるというのでそれも一緒に。

まずトースト。パン自体が美味しく、ギーの塗り方も程良いです。
西インドのパンといえばムンバイパンを思い出すわけですが、それとは違う形ですし、ギーを塗る料理もインドよりは控えめなのですが、日本人にはこのくらいが程良いです。
カレーもアクリもスパイス感はインド的というより日本的でありつつ、辛さはしっかりとインド。

食後にミニチャイもつくのですが、これのしっかりした甘さがまたインド。

トータルで見ると日本的でありつつも、根っこにはインド魂を感じるような。

店主さんは物腰柔らかな女性。
特にカレーを食べ歩いているということではなく、純粋にインドが好きで、西インドに行った時に食べた現地の味が忘れられずに自分で作るようになったのだそう。

お話弾んでしまったのでマドラスコーヒーも追加オーダー。
これが最高でした。
確かな甘味がありながらもしつこすぎず、コーヒーの苦味とのバランスが良くてスッキリと身体に吸い込まれるような気がして。
一口飲むごとに身体が目覚めて行くような。
朝にぴったりです。

マドラスとなると南インドの地名ですから、西インドじゃないじゃないかと思うかもしれませんが、当然西インドにも南インド料理を出すお店はあるわけです。
店主さんもインドは西のみならず様々な地域を訪れたんだそうです。
そんなお話も聞きながら食べるインド的朝食。
素敵なお店です。

評価:★★★☆

カレー日記(四次元食堂)



西早稲田「四次元食堂」定食セット


西早稲田駅近く、エチオピアとアプサラの間、アプサラ寄りの場所にできた四次元食堂。
店名だけ見たら何のお店かわかりませんが、カレーのお店です。

元々ここはパスタ屋だったりラーメン屋だったりして、どちらにもカレーがあったのでカレーに縁のある場所ですね。

いただいたのは定食セット。
定食と言いながら、カレーです。
メインのカレーを1つセレクト。他にサンバルとラッサムがつきます。
つまりはミールスなのです。

和の器でミールスを出す。かつて森下にあった上亀を思い出します。

カレーは牛肉黒こしょうカレーをセレクト。

食べてみればどのカレーも副菜も実に食べやすい美味しさ。
どうやら店主さんはイタリアン出身でその後エリックサウスで修業された方の様子。
確かにエリックサウス感のあるサンバルとラッサムです。
牛肉黒胡椒は、牛しゃぶペッパーマサラのような味わいで、和の要素と南インドの要素が融合しています。

ご飯がターメリックライスとバスマティライスのあい盛りなのも面白いです。

西早稲田、高田馬場界隈にまたひとつ美味カレーの選択肢が増えました。
嬉しいことです。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード