FC2ブログ

カレー日記


勝どき「ジャラナ」オリンピックセット(マトン、ミックスシーフード)


晴海トリトンにインドネパール系チェーンのジャラナが参戦。
この場所はボンベイカフェ、一軒あけてココ壱番屋、一軒あけてジャラナとなり、カレーその他カレーその他カレーという激戦区となっています。

ランチメニューはインド系カレーとタイ料理の二本立て。
インネパ的です。

名物オリンピックセットを注文。カレーはマトンとシーフードで。
見たままのお味ですが、ジャラナはグレービーに素材の味がしっかりと行きわたっているんです。
飯田橋のジャラナもそうでした。

そしてライス。
ただのターメリックライスに見えてクミンシードが入っているのがいじらしいじゃないですか。

ナンも発酵の度合いと良い焼き加減と良い程良くて、噛みしめる程に旨味を感じるタイプ。

タンドリーチキンは骨付きということで加点、作り置き温め直しということで減点のプラマイゼロですが、トータルで考えれば十分の出来栄え。
何しろこれでドリンク付いてナンライスおかわり自由で1050円ですから。
企業努力を感じます。

一言で表すならちゃんとしたインネパ。
こういうお店がもっとちゃんと評価される世の中になれば良いなぁ。

オリンピックも近づいてきて、このエリアのカレー需要もきっと高まっていくのでしょう。
激戦区ですがオリンピックまで頑張って欲しいお店です。

評価:★★★

カレー日記


新大塚「テーストオブインディア」インドカレー鍋セット


ナンおかわりで有名なインド料理チェーン、ターリー屋の方が独立して始めたテーストオブインディア。
駒込は元シャンティの場所にできたのが最初だったかと思いますが、新大塚にもお店ができていたんですね。
新大塚といえばやはりシャンティがあった街。
この場所はシャンティの場所ではありませんが、あの可哀想だった従業員の皆さんは今どうされていることか。

こちらのお店、ターリー屋っぽいメニューもあるのですが、独自性のある変化球メニューもちらほら。
インドカレー鍋とかカレーうどんとか。

寒かったのでインドカレー鍋を注文。
これにもライスとナンがつくとのことだったのですが、カレー鍋ということでサラサラタイプのカレーだろうし、それにナンは合わないだろうと思い、ライスオンリーでお願いしました。

その他フィッシュティッカとマライティッカも。
焼き物は1pからオーダーできるのが嬉しい所。

焼き物は悪くない出来栄え。
カレーはどうかというと、スパイス感が飛んでしまっているんです。
石鍋でグツグツに煮立った状態で出てくるのですが、だからなのか、最初からスパイス少な目なのか、そのどちらもか。

野菜が色々と入っているカレー鍋。
チーズも入っているのですが、何故か米も入っているんですよ。
雑炊的な所狙ったのでしょうか。
それにしてはライス別でついてくるんですが。

そして気になったのは何も入っていないカトゥーリがひとつ乗っていたこと。
うーん???

店内は家族連れや常連さんらしき方々でなかなかの賑わいを見せていました。

カレーはライスかナンもついての値段表記で、ディナータイムとしては平均より安かったですし、焼き物のクオリティは悪くないので、変わり種メニューではなく、王道メニューで頼めば問題無いのかもしれません。

評価:★★☆

カレー日記


埼玉 西武秩父「秩父ガネーシャ」キーマカレー


西武秩父駅の文字通り駅前にあるお店。
一見ネパール人によるインドネパール系のお店にも見え、ここでカレーをつまみに飲もうと思って入ったのですが、入ってみるとメニューが実に少ない。

基本的にはチキンカレー、キーマカレー、野菜カレーの3種のみです。
それをライスで食べるか、ナンで食べるかの差。

お酒も瓶ビールくらいしかなくて。

狙いは外れましたが、せっかくなのでキーマカレーをナンでいただきました。
サラダもついてきました。

食べてみると、ナンが美味しいんです。
インドネパール系によくある過発酵のもちもちふわふわナンではなく、インド現地で食べるような薄目で粉の風味が活きているナン。
個人的にはこっちの方が圧倒的に好きなんですよ。
ナンだけで食べるならもちもちふわふわも悪くないと思いますが、カレーと一緒に食べるなら断然こちらのタイプが合います。

キーマは平均的な味でしたが、インネパ感よりもインド感が強め。
お店の方もインド的風貌。

インネパに見えて何気にちゃんとインド。
そんな印象を受けました。

評価:★★★

カレー日記


荻窪「ナタラジ」パラクパニール、チャパティ


根菜豆腐カレー、玄米


ナタラジスペシャル


豆乳チャイ、クルフィー


荻窪にはカレーの名店がひしめきあっています。
個人的にも好きなお店が多いエリアなのですが、自分の行動範囲からは外れるエリアでもあり、荻窪はカレーを食べに行く為だけに行く街となっている状態。

そんな中でどこにするか決めるのは悩むんです。

この日は他のお店に行こうと思って色々あって降られまくり、3軒連続で行けなかったその後。
どうしようかと考えてこちらにたどり着きました。

ナタラジ自体は多店舗に行ってますが、荻窪店は約10年ぶりくらいの再訪となりました。
店内は高級感漂う雰囲気です。

パラクパニールをチャパティで。
根菜豆腐カレーを玄米で。
ナタラジスペシャルを前菜に。
デザートはクルフィー。

そんなラインナップを二人でシェアしました。
パラクパニールを食べてみてびっくり。
自分の記憶の中にあったナタラジのパラクパニールより遥かに美味しかったんです。

これは荻窪店のみレベルが高いのか、それとも己の味覚が変わったのか、この日のコンディションなのか、理由はわかりませんが、とにかく美味しくて。
しっとり濃厚なほうれん草がそのほとんどの割合をしめているカレー。
あとは玉葱と脂。
そこに具としてパニールが入っている状態。
スパイスはクミンが印象的なパラクパニールらしいスパイス使いなのですが、とにもかくにも美味しい!
チャパティとの相性も抜群です。

根菜豆腐カレーと玄米も好相性。
こちらは期待どおりの美味しさ。

そしてこちらのクルフィーは初めていただきましたが、美味しいですね。
キウイが合う。
アーモンドとマンゴーソースの合わせ方も良くて、今まで食べたクルフィーの中でも五指に入る美味しさ。

凄いなぁ。

ナタラジ、元々好きなお店ですが、荻窪店はこんなに美味しかったんだっけ?と10年前の自分に問いかけたい気分。
しかし当時まとめていたブログは消失してしまっていて問いかけることができません。

以前はどうだったかわかりませんが、今の荻窪ナタラジのパラクパニールが絶品なことに間違いはありませんよ。

ナタラジはどうしてもビュッフェで利用しがちですが、アラカルトだからこその凄味を感じていただきたいと思います。

評価:★★★★

カレー日記


浅草橋「インドナンハウス」チャナマサラ


にがうり炒め


浅草橋にはネパール人によるインド風カレーとその他アジア料理のお店、つまりは通称インネパと呼ばれるタイプのお店が比較的多いのですが、こちらもそのタイプ。
店名からしてインネパ感溢れてます。

インドナンハウス。

どこから突っ込もうかなぁとw

インドではナンよりチャパティの方がメジャーだというのはカレーに詳しい方なら誰もが知ってる事実だと思いますが、まだまだ一般的な日本人にはインドカレーといえばナンというイメージなのでしょう。

余談ですが、上記のように言われることも増えてきましたが、インドに行ってもナンはそこかしこで見かけるし食べられるんですけどね。あくまでインドの家庭ではチャパティの方がメジャーだということで。

閑話休題。
この手のインネパ系のお店は、普通にカレーとナンのセットを頼むより、単品カレーに面白おつまみを頼んでお酒を飲むのが一番失敗の無い利用法だと長年の経験から心得ております。

中でもチャナマサラを頼めばだいたい外れない。
というわけでチャナマサラ。

おつまみからはにがうり炒め。
これはインネパ店としてはなかなか珍しいです。

チャナマサラは期待通りの味。
ほっくりとした豆の美味しさが味わるセミドライタイプのカレーです。

にがうり炒めは醤油と砂糖で味付けたというか炒めたゴーヤを玉子でとじたような形。
ゴーヤチャンプルーの出来損ないにも見えますが、にがうり炒めです。
インネパらしくて嫌いじゃないですよこういうの。
お値段も安いですしね。

カレー単品の値段は少々高めで、お酒の値段もこの手のお店にしては高めだったので、結果的にトータルで安いわけでもなかったのですが、味のレベル的には平均的なインネパよりは少し上と思えるものでした。

評価:★★★

カレー日記


秋葉原「ジャガーブラウン」トマトカレー+パクチー、唐揚げ


グリーンカレー


秋葉原駅昭和通り口方面にできたカレーカフェ的なお店です。
おしゃれな外観と内装はカレー屋には見えません。

店内は日本人男性が調理、外国人男性(白人)が接客でした。
接客とはいえ、注文はタブレットで行います。今どき感満載。これは外国人客には逆にわかりやすくて良いでしょう。

カレーのラインナップはインド系とタイ系。
どちらもカレーライススタイルでナンなどはありません。

インド系のチキンカレーやトマトカレーはワンコインでいただける安さ。
トマトカレーにパクチーと唐揚げをトッピングして注文。

連れはグリーンカレーで。

食べてみれば確かにトマトカレー。
トマトの風味が前面に出ています。
インド系というかネパールではないですがインネパともまたちょっと違う、カフェカレー的な印象。
味はありのままいえば普通なんですが、値段を考えれば十分でしょう。

グリーンカレーも同様に。こちらは少々割高でしたが、それでも夜でも900円しないんですから安いです。

食後にチャイもいただきましたが、こちらは紙コップの蓋つきで、ファストフードでいただくような形式。
味もファストフードのような。

つまりはファストフード感覚のカレーカフェなんです。
そう思って利用すれば間違いないと思いますよ。

評価:★★★

カレー日記


鷺ノ宮「サリサラマ」2種類カレー+チーズナン(マトン、ほうれん草チキン)


鷺ノ宮駅前にある小さなお店。
見るからにインドネパール系。
外看板にガパオの文字発見。

インドネパール系、通称インネパのお店はネパール人によるインド風カレーとアジア料理のお店である場合が多く、本格的な味を好むマニアからは嫌われることが少なくありません。
しかし僕は本格的だろうと邪道だろうと美味しければそれで良いと思っているタイプなので、あえて積極的にこのようなお店にも行くようにしています。

インネパのガパオって独特の美味しさがあるんですよ。
久しぶりにインネパのガパオと単品カレーで行こうと思って入店。

店内はカウンターのみ。
何故か壁には鏡が設置されていて、食べている自分の姿がちょうど映るという状態。
不思議です。

メニューを見てみるとガパオが無い。
あれ? と思いましたが、さらにメニューを見るとどうやら昔はあったメニューがかなりの数無くなっている様子。
このあたりちゃんと直さないのはインネパあるあるです。

店員さんを見ると満面の笑みでニコニコとこちらのオーダーを待っています。
頼まない訳にはいきません(^^;)

2種類カレーとチーズナンのセットにしました。
カレーはマトンとほうれん草チキンをセレクト。

サラダとマンゴーラッシーがサービスで出てきました。

まずチーズナンだけ食べてみると、これが甘い。
インネパでよくある何故か甘いチーズナンなんですよ。。。
これね、カレーと合わないんですよねぇ。。。
やっちまった感。。。

カレーは見るからにインネパ。
食べてみればまさしくインネパ味。

1180円という値段を考えると、これにチキンティッカのひとつもつけて欲しいなと思う所。

インネパ店にも10軒に1軒くらいは当たりがあるんですよ。
しかし今回は残りの9軒。

でもね、良い使い方もあります。
こちら、お酒とおつまみの値段が安いんです。
例えばチキンティッカにハイボール2杯で1000円です。
せんべろです。
安い。

駅前のチョイ飲み居酒屋として利用するとしたら、使えますよ。
近所の方はそのように使うのが良いお店だと思います。

評価:★★☆

カレー日記


神奈川 大船「ガネーシャ」マトンドピアザ


モモ


大船駅近くにあるインドネパール系のお店です。
通称インネパ。
ネパール人によるインド風料理のお店で、本格的なインド料理でもネパール料理でもない、日本人向けにアレンジしたものが出てくることが多いのでカレーマニアからは敬遠される存在ですが、インネパは飲み利用が良いので僕は好きなんです。

そんなこんなで今回も飲み利用。
インネパに行くと僕はチャナマサラとモモという組み合わせをよく頼みます。
それが一番失敗しないんですよだいたいの場合。

しかしメニュー写真を見るとマトンドピアザが本格的っぽいんです。
しかししかし、写真と全然違うものが出てくるのはインネパあるあるでして。

こちらはどうかなと思いつつマトンドピアザとモモで乾杯。
お酒の安さは流石のインネパです。

出てきたマトンドピアザを見て笑っちゃいました。
写真と全然違うんですよ。
よくあるインネパ感満載のカレー。
そこにたまねぎがあしらってあります。
これがドピアザの証だと言いたいのでしょう。

この野郎!と思いながら食べてみると、、、あれ?
結構美味しい(^^;)

なんだか悔しいですねw
本格的なマトンドピアザではありません。
普通のマトンカレーに玉ねぎ炒めたものを混ぜ、上に玉ねぎあしらっただけです。
でもマトンドピアザという言葉の意味からしたら、それは嘘ではないわけで。

詳しいけど美味しいんだからまぁ良いかw

モモもゴルベラアチャールが独特の濃厚さで、これもなかなかの美味しさ。

このように写真と違う形のカレーが出てくるインネパはほぼほぼハズレなのですが、こちらはうっかり美味しくてどうしたら良いのかわからなくなってしまいましたw

嫌いじゃないですよ。してやられましたw

評価:★★★

カレー日記


神奈川 和田塚「バワン」日替わりカレー定食2種盛り(ポークビンダルー、あさりココナッツ)


和田塚エリアは不思議とカレーの名店が密集しています。
その名店のひとつがこちらバワン。
日本人が作る南インド料理のお店です。

南インド料理と日本人シェフの親和性は不思議と高く、現地人が作ったものももちろん美味しいのですが、日本人が作るとまた少し違った魅力が生まれるのは、数々の名店が証明しています。

こちらバワンもまさにそのような魅力的なお店です。

12時頃に訪問。
満席で少し外で待って入店しました。

日替わりカレー定食2種盛り。カレーはポークビンダルーとあさりココナッツをセレクト。
選んだカレー以外にもラッサムなどカレー的なものがいくつかつくので、結局はミールス(南インドのカレー定食)の形になります。

ポークビンダルーは脂身のチュルンとした食感と赤味の弾力が残っており、噛む程に美味しさが口の中に広がります。
これはご飯にバッチリ合うなぁ!

あさりもたっぷりと入っていて、旨味のバッドカンパニー極悪中隊!

混ぜれば新たな美味しさも生まれるミールスマジックもしっかりと発動します。

南インドの味を踏襲しつつ、日本人らしさもどこかに感じる美味ミールス。
食後にチャイもいただきましたがこちらも盤石の美味しさであり、接客も素敵とあらば、人気があるのも当然でしょう。

和田塚のカレーレベル、本当に高いです。

評価:★★★★

カレー日記


東大島「アーンドラカフェ」Sランチセット(ドラムスティックマトン)


Aランチセット(チキンしめじ、サンバル)


コーヒー


マンゴークルフィー


御徒町アーンドラキッチン、銀座アーンドラダイニング、神田アーンドラダバ。
日本における南インド料理のリビングレジェンド、ラマナイヤさんがメインシェフを務めるお店です。
所謂アーンドラ系。
その新店がいつの間にか東大島と平井の間くらいに位置する団地の中に突如爆誕したのです。
その名もアーンドラカフェ。

文字通り団地の中なんですよ。
団地の中の飲食店やら八百屋やらその他色々なお店が入っているエリアに、ひっそりと佇むようにカフェ。
何故こんな所にお店を?
と少々心配になりながらもお店にたどり着くと、カリスマスタッフのサントス君が「アー! 遠いのにアリガトゴザイマス!」と大歓迎体制。
サントス君は基本銀座のスタッフですが、オープンで落ち着くまではこちらにいるそうです。

ランチメニューを見るとまず安い!
Sランチセットはカレー1つ選んで、ギーロティかライスかセレクトして650円ですよ!

ラマナイヤさんご本人が調理をしているわけではありませんが、ラマナイヤさんお墨付きのシェフが腕を振るう本格的南インドカレーがこの値段は奇跡的です。

2人だったので、この日のランチカレー3種全てを網羅できるSセットとAセットの組合せで。
カレーはドラムスティックマトン、チキンしめじ、サンバルの3種。
それぞれギーロティとライスでオーダー。

ギーロティというのはつまりチャパティです。
小さ目のものが2枚ついてきます。
ダイニングやキッチンのチャパティよりもさらに素朴なテイストですが、このお店にはこれが合います。
カレーも地域柄を考慮してか、辛さは控えめながら、南インドならではの美味しさが存分に味わえます。
アーンドラ系はどこも間違いない美味しさですから。

ナンを出さないこだわりも正しいです。
他に来ていたお客さんが「ナンはないの?」と聞いたりしていましたが、サントス君が丁寧にナンは無いけどギーロティがあり、それがおすすめだと説明していました。
そして食べたお客さんも、「あぁ、これも美味しいねぇ。」と笑顔に。

こうやって南インド料理を東京の下町の団地で啓蒙していって欲しいですね。

カフェということでコーヒーとクルフィーもいただきました。

コーヒーはマドラスコーヒー。
甘めのミルクコーヒーです。

クルフィーはマンゴークルフィー。

どちらも美味しい!
カフェならインドスウィーツ系を充実させてくれたら嬉しいですね。

コーヒーとインドスウィーツのセットがあったりすれば尚更。
通し営業になったらもっと嬉しいなぁ。

と、願望を書いてしまいましたが、とにもかくにも最高に美味しい南インドカレーがこういう場所で食べられるのは奇跡的。
近隣の方はもちろん、そうでない方も遠路はるばる行って損が無いといえるレベルです。

評価:★★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード