FC2ブログ

カレー日記


都立家政「モティマハール」本日のカレーライスセット(なすキーマ)、チキンティッカ


都立家政駅エリアは意外とインドネパール系のお店があるんですね。
こちらもそんな感じのお店。

ランチタイムに訪問。
地元のおばあちゃんやお兄さんからおじさんまで、老若男女意外と賑わっておりました。
地域密着型といえるかもしれません。

ランチのセットもあったのですが、いまひとつピンと来なくて壁を見てみると、壁に「本日のカレーライスセット500円」と書いてあるのを発見。
店員さんに本日のカレーは何か聞いてみるとなすキーマとのこと。
それにしましょう。
それだけではちょっと寂しい気もしたので、単品でチキンティッカも。

インドネパール系らしくクリーミーなカレーですが、スパイス感はぼちぼち立っていて、ちゃんと作ってるのがわかって好印象。
ライスはターメリックライス。
そしてチキンティッカが予想以上に大ぶりで、ちゃんと焼きたてなのも良いです。
レンジでチンなんて店も少なくないですから。

マンゴーラッシーはサルビスで。

味はごく平均的ですが、サービスの良さや値段の安さを考えればアリなお店。
わざわざ狙って行くタイプのお店ではないかもしれませんが、近隣のカレー好きの方は、安い値段でお腹一杯になりたい時に覚えておいて損は無いかと思います。

評価:★★★

カレー日記


浅草橋「アカス」野菜カレー、マトン串、チキン串


ネパール人によるインド的料理のお店、通称インネパ。
この手のお店は元々インドカレー屋に見せる店の中で実は一番多いタイプだったわけですが、本格的な料理が好まれ、それを知る人が増えてきた今でもやはり一番多いんじゃないかと思えるくらいにあるのは、その分の需要があるということなのでしょう。

こちらのお店も普通にインネパ。
しかし看板に「焼きとり」と書いてあったんです。
このあたり気になって入店しました。

メニュー見ると普通のインネパラインナップに、マトン串、チキン串、ポーク串という焼きとりというかもはや鶏でもなく、焼きとり、焼きひつじ、焼きぶたが。
これだけかぁ。。。
でもまぁ嘘は言ってませんものね。

野菜カレーとマトン串、チキン串を注文。

野菜カレーがクリーミーな平均的インネパの味。
チキン串はシンプルにチキン。スパイス感もほとんどありません。
マトン串はスパイスで下味つけていて、セクワのような感じの味でしたが、ちょっと硬い肉質で。
ネパール人はこのような肉質を好むことがあるのですが、うーん。

看板に書いてあるのだからもっと力入れてるのかなとも思ったのですが、よく考えてみたらインネパの中に「本格インド料理」と書いてあるお店もあるわけで。
つまりはそういうことだったわけです。

評価:★★☆

カレー日記


「キッチン前田」バターチキンカレー、ラムステーキコルマ






僕の誕生日イベント(本業の音楽の方)をライヴハウスで開催した時、フードとして出店してもらったキッチン前田。
シェフの前田君も本業は音楽でして、プロベーシストとして大活躍中なんです。
彼は僕の影響でカレーにハマったそうで、今では様々なイベントでキッチン前田としてカレー出店もしているほど。

そんな縁もあり、出てもらったわけですが、食べてみたらこれが驚きの美味しさ!

バターチキンはちゃんと北インド味で、その辺のインネパ店を軽く超える美味しさ。
ラムステーキコルマもラム肉は柔らかく、コルマの濃厚な美味しさもしっかりと出ていて。

凄いなぁ。

北インド料理専門店にも負けない美味しさですよ。
お世辞抜きで。

本人曰く、「バターチキンは完成しているんですけど、ラムステーキコルマは今回初挑戦だったんで、落としどころが微妙になっちゃって。ヴォーカルを立たせたいのか、リズムを聞かせたいのは、なんだかわからない感じになっちゃってません?」と、ミュージシャンならではの視点と感性でカレーを作っているのが面白くて。

個人的にはヴォーカルもリズムもあれもこれもとっちらかってて面白くなっちゃっているような音楽がとても好きなので、このラムステーキコルマも大好きだったわけですが。

人気カレー店のシェフには元ミュージシャンが非常に多いのですが、きっと皆さんこういう感性で作っているからこそ美味しいのでしょうね。
そしてミュージシャンにカレー好きが異常に多いのも、こういう部分で共通しているからなのだろうと思います。

ちなみに僕のイベントということもあってか、カレー好きなお客さんが多く、多めに用意したというカレーが一瞬で完売となりました。
これはまたコラボさせてもらわないと!

本当に美味しかったです!

カレー日記


新橋「チャンドラマ」アルゴビ


シークカバブ


タンドリーチキンのピザ


カレー天国新橋ビルに入っているインドネパール系のお店です。
土日営業のカレー関係のお店が極端に少なくなる新橋界隈において、ちゃんと土日も営業しているのは嬉しいこと。

カレーはアルゴビをいただきました。
デフォルトでナンかライスがつくということでライスで。

カレー自体はインドネパール系、つまりは所謂インネパのカレーであり、甘さのあるクリーミーなもので、アルもゴビも確かに入ってはいるものの、インドのアルゴビとは全然違うものでした。

しかしこちらのお店の良さはカレーではないんです。
500円の居酒屋メニューがお得なんですね。

シークカバブはお酒のおつまみに実に良い塩梅ですし、タンドリーチキンのピザなんかもあり、こちらはナン生地の上にタンチキと野菜とチーズ乗せて焼いただけですが、普通のチーズナンも500円以上するお店沢山ある中、これで500円はお得ですよ。
それなりに量もありますし、味も悪くないですから。

インドネパール系は飲み利用に限ります。
新橋界隈は飲み屋が多いのですが、土日となるとやはり飲み屋も少なくなるので、そんな時にここを覚えておくと使えると思いますよ。

評価:★★★

カレー日記


品川「デヴィインディア」サグパニール、ナン


マトンティッカ


品川エリアでインド料理といえばデヴィ系列。
こちらは駅前のビルにあるデヴィインディア。
隣にデヴィフュージョンもあります。

とりあえずカクテルで乾杯して、マトンティッカとサグパニールを注文。
主食はナンで。
二人で注文したせいか、ナンはカットしてくれるあたり行き届いていますね。

マトンティッカは4ピース。
程良い大きさ、噛みごたえ。深みのあるスパイス感。
美味しいです。

ウェルダンな焼き具合が北インド現地的。

サグパニールも美味しいです。
パニールは大きいカットでごろごろとたっぷり入っていて。
ほうれん草の風味は残しつつエグ味は消えていて、ナンとの相性も最高。
美味しいなぁ。

お値段は平均より少々高めなのですが、その分というか、それ以上に美味しいです。
高くて美味しいのは当たり前という意見もありますが、高くて美味しくないお店も多々ありますからね。
ちゃんと美味しいならそれでOKなんですよ。
高すぎるわけでもないですから。

評価:★★★☆

カレー日記


新宿御苑前「ディビヤ」レディースセット(マトンドーピアザ、シーフードマサラ)


サファルの居抜きで入ったお店です。
この場所はここ数年で何度も中身が変わっているんだそうで。
元々はインドネパール系だったわけではないそうですが、サファルもインネパ。そしてディビヤもインネパです。

ディナータイムに訪問。
インネパらしく飲み利用も推しているのですが、飲み放題1時間1200円だそうで。
ちょっと微妙な価格設定ですね。

仕事の合間で時間もあまりなかったのでセットで注文。
レディースセットはおじさんでも頼めるタイプのお店だったのでレディースセットを。

カレーはレギュラーメニュー全てから選択可能。
マトンドピアザとシーフードマサラで注文。

どちらのカレーもインネパ的なもったり濃厚カレーですが、この方向性としては悪くない出来栄えです。
ドピアザはドライタイプでこそないもののかなり濃厚なねっとり感があり、セミドライといえなくもない状態に生のピーマンと玉葱の薄切り入り。そしてこれがさっぱりさせるのとドライ感も出す結果となっていて。

シーフードマサラもココナッツミルク使用ですがマサラ感もしっかりあり、この手の店でありがちな甘ったるいだけのシーフードミックスカレーとは確実に違うものでした。

ドリンクもサラダもチキンティッカもついて1200円。
夜ということを考えればお得でしょう。

いかんせん場所が微妙なのでなかなか苦戦するのかもしれませんし、インネパの常として流行っていてもいなくてもまた別のインネパに入れ替わるということになってしまうのかもしれませんが、ディビヤ現在、悪くないですよ。

評価:★★★

カレー日記


台場「ムンバイ」ラムチョップカレー、チャパティ


安定感あるインド料理チェーンムンバイ。
お台場アクアシティの6階にお店を出していました。

ディナータイムに訪問。
店内は見晴らしが良く、オーシャンビューのゴージャスな雰囲気です。
デートなどで来たら最高の雰囲気でしょうね。

あれ? ここ、以前シズラーだった場所かな?
いや、フロア違いか。でも同じようなロケーションだなぁ。
そういえば若い頃ここのシズラーにデートで来たなぁ。。。

そんな思い出に浸る今、僕は1人でここに入ったわけですが。。
しかもアイドルタイムだったこともあり他のお客さんもおらず、貸し切り状態。

大丈夫。カレーさえあれば寂しくありません!

おすすめはどれか聞いてみると、メニューに無い今週のスペシャルがあると。
ラムチョップのカレーが一番美味しいとのことだったので、それを注文しました。
主食はチャパティで。

トマトの酸味と生クリームのまろやかさが特徴のカレー。
ラムチョップは骨付きですが食べやすく、なかなかの量が入っており、肉質も悪くないです。

チャパティも粉の風味がしっかりと立っており、それぞれリッチなインド料理という印象。

お値段の方もなかなかリッチでして、合わせて税込約2800円ほど。
安くはありませんが、この景色を独り占めできたと考えれば、高いとも思いません。

寂しがりの強がりではないですよ。
会計終わって店を後にした僕の財布の中は寂しかったわけですけれどもね。

評価:★★★

カレー日記


神田「ルンビニ」ベジタブルカレー


ルンビニ串2種盛り(チキン、ポーク)


カンナビア


神田にもバル横丁ができました。
その中に柏のルンビニが入ったと聞き、行ってきました。

バル横丁といっても赤坂のバル横丁のように立派なものではなく、そこそこの広さのスペースを無理くり横丁的にしたような雰囲気は、良くも悪くも神田っぽいといいますか、神田なら許されるといいますか。
個人的には嫌いじゃないんですけれども、デートには不向きかなと。

いただいたのはベジタブルカレー。
つまみにルンビニ串2種盛り。こちらはチキンとポークで。

飲み物はカンナビアで。
メニューに「合法!」と書いてあるあたり、柏のお店っぽいなぁと。
個人的には嫌いじゃないんです。あくまでも。

まず串。
チキンはケバブ状です。ポークはしっかりと大きさのあるバラ肉。
これはつまみに良いですね。

ベジタブルカレーはごくごく一般的なインドネパール系といった感じ。

そもそもルンビニはインドネパール系のはしりであり、インネパとしてはクオリティが低くないお店。
だからこそ柏のみならず何店舗も展開するに至ったお店なわけです。

このようなバルスタイルのルンビニが神田にできたというのは嬉しいことですね。

評価:★★★

福岡カレー日記


筑豊中間「KALA」サマーミールス


ふるの牛のレアピックル


佐賀牛トモサンカクのペッパーフライ


ブローズコーヒーKALAブレンド


「不慣れな人には不味い店」という個性的な張り紙。
その下に「食べることがつらくなる店」というものも追加されていました。
出口には「一度食べたくらいで理解できるほどあなたたちはグルメじゃない!」と。

そう。
まさにその通りです。
そしてKALAというお店は特にそうなんです。
とにかく深い。
一度食べただけでもある程度の知識と経験があれば美味しいということは理解できると思います。
ただ、その美味しさの本質を知るには、二度三度と通っていかないといけないお店です。

今回のメニューはサマーミールスでした。
前回とは違うスタイルです。

これにスペシャルのおまかせを2つ程お願いすると、ふるの牛のレアピックルと、佐賀牛トモサンカクのペッパーフライが追加されました。

ハイボールをいただきながらレアピックルを食べてみれば、なんという美味しさ!
いきなりガツンです。

前回食べた料理はどれも上品で優しく、気品のある美味しさだったんです。
食べていくうちにじわじわと美味しさに包まれるような。
しかし今回は最初からガツンときました。

スパイス感ももちろんですが、酸味の使い方が完璧。
これによって肉の旨味が引き立つんです。

カレー作りをしている際、どうにもぼやけた味になってしまう時、塩を強めにするとなんとなく食べられるようになったりすることがあるのですが、塩に頼らないのがKALAの凄さ。
そうじゃなくても美味しく仕上げることができるのは、知識とセンスと技術全てが兼ね備えられているからこそでしょう。

続いて佐賀牛トモサンカクのペッパーフライ。
トモサンカクといえば言わずと知れた牛の希少部位です。
焼肉好きなら誰もが知るところでしょうし、それほど焼肉に詳しくない僕でも知っている部分。

これをペッパーフライに仕上げていると聞くと、普通の焼肉好きなら「もったいない」という人も出てくるかと思います。
しかし違うんです。
シンプルな味つけで素材の旨味をうんぬんかんぬんという気持ちもわかりますよ。
でもね、KALAにかかると違うんですよ。
シンプルな味付け以上に美味しくなっちゃってるペッパーフライ。
トモサンカクの味がスパイスで立っていて。やはり塩気は控えめでありながら、完全にぼやけの無い美味しさ。

どちらもまさにスペシャルだったわけですが、とどめのサマーミールスがまた凄くて!

パイナップルラッサム、ウチワサボテンのアヴィヤルなど、夏が旬の素材を色々と使っているミールス。
全てが美味しく、混ぜていく程に美味しくなるのはKALAの真骨頂ですが、この中にある魚のスパイシーソテーが凄かった!
魚はメヒカリでしょうか。
これがソテーという以上に揚げ焼き的になっているんですが、これとキウイのチャトニーを合わせるという発想がまず凄い。
程よい甘味と酸味により、タルタルソースのようにもなっているチャトニーが実に魚と合っていて美味しいのなんの!

ここまでくると語彙力を失います。
凄いしか出てきません。

食後にコーヒーをいただきながらしばしボーっとしてしまいました。

凄い魔法使いだと思っていたら打撃の攻撃力もとんでもなかった。
最初に戦った時には魔法だけで負けていたから気づかなかった。
そんな感じの。

KALAは深淵なる宇宙です。
ニーチェの言葉に「深淵を覗き込む時、深淵もまたお前を覗き込む。」というものがあるのですが、まさにそんなカレー。
己が問われる美味しさといえましょう。

また行った際にはまた新たな発見があるんだろうな。
そんな風に思わせてくれる、深淵のごとき名店です。

評価:★★★★☆

福岡カレー日記


福岡 西鉄平尾「ワナッカム」ベジミールス+アジョワンチキン


野菜推しの南インド料理店です。
マスターは日本人。
元々はハードコアバンドのドラマーだったそうで、かなり激しい世界の方でありながら、そのお姿は優しさに溢れています。
「カレー作るようになってから、家庭菜園とかもやりだして、顔も変わったって言われるんです。」と微笑むマスター。
カレーは人を変えるんですね。

南インド料理にハマり、独学でカレーを習得。
その後現地の、特にタミル地方で食べ歩きをし、知識を深め、味覚を鋭くした上で作りだす南インド料理は、まさにタミル地方の料理のように優しく滋味深い美味しさであり、毎日食べても飽きないといえるもの。

ミールスの色味を見ればわかるとおり、平和なミールスなんですよ。
面白いのはスプラウト。
これが加わっていることによって食感にも変化が出て、身体にもさらに良いわけです。

基本はベジミールスで、追加のオプションで日替わりの肉メニューもあります。
この日はアジョワンチキン。
アジョワンの豊かな風味が味の根幹となっていて、ミールスと合わせるとさらなる美味しさに!

元々はイベントなどでカレーを振舞っていたそうです。今もイベント出店は継続しながら、2018年6月から実店舗オープンしたばかり。
今後に期待大の優しい南インド料理です。

評価:★★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード