カレー日記


門前仲町「カエンクール」ベリースパイシーマトンカレー


人気ラーメン店こうかいぼうの隣にできたスパイス料理店です。
昼はカレー、夜はスパイス料理を色々と出すお店の様子。
ランチタイムに訪問し、メニューからベリースパイシーマトンカレーをセレクト。

店内はカレー屋という雰囲気でもなく、小さなカフェといった雰囲気。
かといっておしゃれすぎたり妙に気取っていたりする幹事でもなく、ごくごく自然体です。

ベリースパイシーマトンカレーは名前の通りしっかりとした辛さ。
カレーは予想以上にサラサラで、ネパールのカシコマス的な雰囲気もありつつ、それともまた少し違う独自の路線。
トッピングというか上に乗せるのをパクチーかネギか選べるということでパクチーにしてもらったのですが、なかなか悪くないです。
マトンの肉の量が少ないんですが、ライスにはチキンティッカもひとつ乗っていますし、何しろ全部合わせて600円という安さなので、そう考えれば十分お得です。

夜メニューを見せてもらったところ、麻婆豆腐がイチオシの様子。
今どきっぽいスパイス料理バーというわけではなく、あくまで独自の路線のスパイス料理店。
全体的にお値段安めなので、また夜に行って色々と食べてみたいです。

評価:★★★

カレー日記


赤羽「シターラダイナー」牛すね肉のカレー


赤羽駅構内のエキュートにあるインド料理店です。
駅中シターラは品川や上野などにもあり、つまりはチェーン店なのですがこちらはテイクアウトメイン。
イートインスペースもありますが、かなり小さなスペースですし雰囲気的にちょっと落ち着かないかもしれません。

というわけでテイクアウト利用。
牛すね肉のカレーを買って帰りました。
ちゃんと再加熱の説明書きも一緒に入れてくれるのは親切で良いですね。

帰宅して温め、自宅のご飯と一緒に合わせて食べました。
予想していたよりスパイシー。
牛肉の美味しさが辛口のグレイビーに合っていて流石シターラだなと思いました。

インド料理に牛肉は無いと思われがちですが、そんなことないんです。
確かにポピュラーではありませんが、ヒンドゥー教以外のシェフも少なからずいらっしゃいますからね。

量は少な目ですが500円しない値段でこの味なら満足です。

評価:★★★☆

カレー日記


埼玉 秩父「カルネ」2種盛カレー


ケアブレンド、ベイクドチーズケーキ


西武秩父駅、御花畑駅近くにあるコーヒーとカレーのお店です。
外観、内観ともに、今どきのおしゃれカフェといった雰囲気。
若いのですが渋くて男前なマスターが調理、綺麗で感じの良い奥さんが接客担当のようです。

料理のメインはカレー。他にサンドイッチなどもあるのですが、カレーはポークビンダルーとチキンキーマの2種類。
2種盛りもできるということで2種盛りにしてもらいました。

ポークビンダルーをメニューにしているだけでマスターがカレー好きなのがよくわかりますね。
ランチだとコーヒーか紅茶もついてくるということで、ホットコーヒーをお願いしたら、ライトなブレンドとストロングなブレンドを選べるということで、ストロングな方でお願いしました。

カレーはビンダルーもキーマもインドカレーそのものという方向ではなく、インドカレーの作り方で日本人が独自アレンジを加えたオリジナルスパイスカレーという雰囲気。
ここでしか食べられない美味しさです。

インド料理が大好きで本物の味を求めているという方にはちょっと違うのかもしれませんが、秩父エリアにおいてこういう気の利いた今どきっぽいカレーを食べられるのは貴重です。

美味しかったのでデザートにチーズケーキも注文。
コーヒーも深くて美味しく、チーズケーキは王道の美味しさ。

また、何気に凄いなと思ったのが、5人でうかがったのですが、5人とも飲み物の器が違うこと。
しかもどれもおしゃれで良い雰囲気なこと。
こういう気の利かせ方ってなかなかできることではないと思います。

ご夫妻にお話をうかがってみると、お二人ともカレーが大好きなようで、都内の有名店の名前もポンポンと出てきました。
だからこそのこの場所においてこの味、このスタイルなんですね。
納得です。

秩父観光の際には是非とも寄りたいお店です。

評価:★★★☆

カレー日記


大塚「やっぱりインディア」インデアンターリー(マトンラーダ、二種豆ほうれん草と里芋、バターチキン、チーズクルチャ)


カレーの名店、人気店、穴場店の多い大塚ですが、最強のルーキーがやってきました。
やっぱりインディアというお店です。
シェフはカレー好きなら知らない者はいないであろう超人気有名店ダバインディア出身の方と、やはりカレー好きなら一度はその名を聞いたことがあるであろうシバカリーワラ出身の方のタッグ。
もうね、キン肉マンとキン肉マングレートのマッスルブラザーズみたいなもんですよ。強いに決まってますw

ランチタイムに訪問し、インデアンターリーをチーズクルチャでお願いしました。
この日のカレーはマトンラーダ、二種豆ほうれん草と里芋、バターチキンの3種。
これにサブジ、ライス、ナン、パパドがつきます。
ナンは+100円でチーズクルチャに変更できるので、100円ならしないと損ですね。

味はダバ系の王道の美味しさ。
しかもディナータイムの美味しさです。
カイバルやグルガオンだとランチのカレーはディナーと比べると少々物足りなく感じることが時々あるのですが、こちらはどのカレーをとってもディナータイムの美味しさ。もちろんチーズクルチャも。
凄いです。
予想どおり、いや、予想以上の強さです。

このタッグチームに、接客は若いインド人男性。
こちらの方がまた丁寧で、マッスルブラザーズにミート君が加わったようなものですw

お店の雰囲気はダバ系のようなゴージャス感はなくアットホームなのですが、キン肉マンの家がボロいけどキン肉マンの強さには変わりないのと同じです。
いや違うか(^^;)

カッチャルバッチャルがランチをやらなくなって久しい大塚エリアですが、かつてのカッチャルのランチに負けず劣らずな凄いカレーが食べられるお店が登場したことを非常に嬉しく思います。
元々同系列ですしね。

夜にもまた行ってみないと!

評価:★★★★☆

カレー日記


新宿三丁目「サンラサー」ほうれん草チキン、ブラックペッパー薫るキーマカレー、山うどのウールガイ


新宿ゴールデン街のランチ間借りカレーが熱いです。
エピタフカレーだけでも熱いのにさらにこちらサンラサーが加わってそれはもう凄いことに。

こちらはカレーを中心に様々なアジア系創作料理のお店といったところでしょうか。
店主は100%褒め言葉の良い意味でビッグママといった感じの素敵なお姉さん。
料理にも、お客さんにも、愛を感じます。

この日のランチはほうれん草チキンカレー。それにプラスで加えていくこともできるのですが、ブラックペッパー薫るキーマカレーと山うどのウールガイをつけて注文しました。

まずサラダからして美味しい! 自家製のマンゴーとパイナップルのドレッシングで、爽やかな甘さをメインでありながらもちゃんとドレッシング。これは女子受け抜群でしょう。

カレーも優しい味わい。
インドカレーなのですが、スパイスがガツンと来る方向性ではなく、優しいんです。
ほうれん草チキンもキーマもどちらも優しい美味しさ。
山うどのウールガイもまた優しい方向性の美味しさ。

付け合わせは切り干し大根ときくらげのムッチムという韓国料理だそうで。
これまた美味しいですし、カレーと混ぜても美味しくなりました。

初めてうかがったのですが、いきなり仲良くなれるような人柄がまた良いじゃないですか。
ゴールデン街のランチカレー、どちらにするか悩ましいですが、迷ったらどっちも行っちゃえば良いんです\(^o^)/

東京も大阪のように、このようなお店が少しずつですが増えてきて喜ばしいかぎりです。

評価:★★★★

カレー日記


馬喰町「ディープ」ターリ(マトン、ほうれん草チキン)


秋葉原から浅草橋へ向かう途中の、ちょっと脇道に入ったところに美倉橋という小さな橋があるのですが、そこのたもとにかなり前からあるインドネパール系のお店です。
前々からいずれ行こう行こうと思っていながら行ってなかったのは、行こうと思うと何故か休んでいるという状況が続いたため。

今回ようやく行ってみて初めて空いていたので入りました。

メニュー見るにインドカレーセットばかり。
夜はモモなどのネパール料理もありますがダルバートやチョエラなど、本格的なものはありません。

カレー2種類選べるターリを注文。
マトンとほうれん草チキンをセレクトでお願いしました。

店員さんは皆さんネパールのトビー帽をかぶっていたのですが、食べてみると意外と北インド味。
サグチキンは真緑のペースト状ほうれん草というよくあるルックスながら、味はニンニクがきいていたりカルダモンシードがちゃんと使ってあったりで好きな方向性。
マトンも辛口でお願いしたのですが程良い辛さであり、マトンの滋味がちゃんと出ている北インドのマトンらしいマトン。

主食もナンは無駄にふわふわしておらず、粉の味がわかるタイプでこれまた北インド感。

チキンティッカは普通ですが普通に悪くない感じ。
ライスは日本米ですが炊き方がなんだかインドっぽい感じ。

ネパール人オーナーもしくは店長で、作っている人はインド人なのかもしれません。

一般的な、ふわふわナンとバターチキンが大好き!という方には不向きかもしれませんが、本格的なインド料理が好きという方には悪くないお店だと思います。
インドで食べた味に近かったので。
わざわざ電車乗り継いで行く程ではないかもしれませんが、活動エリアがこの辺のインド料理好きな方なら、選択肢のひとつに入れておいて損はないでしょう。

僕もまた夜に飲み利用してみようかと思います。
ハイボールが安かったので。

評価:★★★

カレー日記


高田馬場「グローバルキッチン」スペシャルセット(マトン、ミックスシーフード)


高田馬場から早稲田通りを北新宿方面に向かう途中。シチズンボウルの向かいくらいの場所にできたインドネパール系のお店です。
ランチタイムに訪問。
店内はなかなかのにぎわい。

カレー2種とチキンティッカとサラダと主食とドリンクがつくスペシャルセットを注文しました。
カレーは辛さを選択できるのですが、マトンを辛口、ミックスシーフードをノーマルで。
主食はおかわりOKという、メニューからスタイルから何から、すべてがインドネパール系のごくごく平均的なもの。

味もまったく平均であり、値段もこれで約1000円弱ということでやはり平均的。

これだけ個性が無いお店もなかなか無いと書きたいところなんですが、結構あるんですよね(^^;)
こういうお店は何を書いてよいのか困ります。

でも嫌いじゃないんですよ。
こういうお店の常として、ネパール人店員さんの接客が一生懸命だったり。

「ダルバートはないんですか?」と聞いてみたら「ナイデス。ワタシネパール人ダケド、ナイデス。。」と笑顔で返されてしまって、もう何とも言えません(^^;)

嫌いじゃないので、しょっちゅう行くエリアでもありますし、また夜にでも行ってみようかな。
この手のお店の常として、夜に行くと違う印象になったりしますからね。

評価:★★☆

カレー日記


曳舟「猫六」2種盛り(桜エビと菜の花、マトンとゴボウ)


アチャール冷奴


猫六のポテトサラダ


久しぶりに行ってきました。
というか、行ってはいたのですが定休日であることを忘れていたり、臨時休業だったりで、行って食べられなかったことが続いていたんです。

今回はちゃんと調べて営業していることを確認してからの訪問。

まずはポテトサラダ、そしてアチャール冷奴を注文。
ポテトサラダは相変わらずの美しさ。ケーキのようなルックスで、見た目だけではなく味も良いです。
そして今回初めていただいたアチャール冷奴がヒット!
かなり塩気の強いアチャールと香味野菜の乗った冷奴。
実に美味しいんです。これはお酒のおつまみに最高ですね。

カレーはマトンとゴボウ、そして季節限定メニューである桜エビと菜の花のカレーの2種盛りをいただきました。
マトンとゴボウは良く合います。
かつて香菜軒でもいただいたことがありますが、猫六のマトンゴボウもインド式ながら和も感じるクオリティ高い逸品。
そして桜エビと菜の花のカレーは山椒がしっかりときいていて個性的な美味しさ。
こちらもやはりインド式でありつつ和を感じました。

やっぱり素敵なお店ですね。
曳舟というエリアにはなかなか用事がないのですが、ここに行く為だけに曳舟に行こうと思えるお店です。

評価:★★★★

カレー日記


錦糸町「スキマハル」土鍋チキンビリヤニ


かつては仕事関係で縁があり定期的に行っていた錦糸町。
その仕事も終了し、なかなか行かなくなってしまったエリアですが、1年半も行ってないとお店もどんどん変わりますね。
こちらスキマハルは僕が行かなくなった間にいつの間にかできていたお店。

茅場町近くにも同じ名前のお店があり、そちらには行ったことがあるのですが、メニューもほぼ同じ。
茅場町店で食べて美味しかった土鍋ビリヤニをいただきました。

マトンビリヤニを注文したらマトンは品切れでチキンしかないということで、仕方なくチキンを。
サラダ、カレー、ライタもついてきました。
カレーはグレービーだけかと思っていたら小さなチキンがひとかけら。ちょっと嬉しいです。

土鍋ビリヤニは、土鍋で炊いたわけではなく、炒めビリヤニを土鍋によそっただけのいわばファッション土鍋なのですが、味自体が悪くないので文句もありません。
茅場町店は前店舗が中華か何かで、だからこそそのまま前のお店の器を使っているからなのかと思っていたのですが、こちらはそうでもないようですから、どんな狙いがあるんでしょうか。

錦糸町は隠れカレー激戦区なのでこちらの存在感はそれほどでもないのですが、決して悪くないお店だと思います。

評価:★★★

カレー日記


上石神井「ふんだりけ」チキンペッパーフライ


日本人が作るインドカレー。
良くも悪くもインド人が作るインドカレーとは違うことが多いです。
カレーというのは本当に不思議な食べ物であり、レシピが同じでも作る人が変わると味が変わる料理です。
カレーにおいては丁寧に作れば同じ味になるというわけでもなく、ある意味での適当さがないとその本物の味が出せなかったりするのが特に面白いと感じています。インド人特有の適当さといいますか。悪い意味ではなく。

そんなインドカレー。
真面目な日本人が作るとやっぱり違うものになることが少なからずあります。

こちらのお店のカレーは、かなりインドに近いのですが、やはりどこかで日本を感じる仕上がり。
チキンペッパーフライは南インドの名物料理。
黒胡椒たっぷりのドライタイプのカレー。
玉葱をしっかり炒めた濃厚さとたっぷりの鶏肉のジューシーさ。そして黒胡椒の爽やかさが三位一体となったカレー。
スパイス感は南インドのそれよりも控えめなあたりが日本的。
それでいて深みがしっかりあり、ライスは日本米なのですが、だからこその相性の良さといいますか、とにかく日本人じゃないと作れない美味しさだと感じました。

付け合わせにアチャールとライタもついてきて、これを一緒に混ぜて食べればまた新たな美味しさに。
お値段1150円と、ランチタイムとしては決して安くはないのですが、それでも十分な満足感。
メニューの選択肢もあまりなく、色々なカレーを食べたい人にとっては割高になってしまったりもしますが、これだけ美味しければ単品でも問題ありませんね。
そのあたりも日本的といえましょう。

上石神井という住んでいる人以外にはあまり縁の無さそうなエリアにありながら人気店となり、支店もできたというのも納得です。
今度は支店の方にも行ってみようかな。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード