カレー日記


氷川台「バルダン」マトンマサラ


フィッシュティッカ


氷川台の住宅地の中にあるネパール人によるインドネパールアジア料理店、通称インネパ店です。
よくあるタイプのお店、よくあるタイプのメニュー、よくあるタイプの味ではあるのですが、地域に溶け込んでいるようで、この手のお店は夜が閑古鳥ということが多い中、なかなかの客入りでした。

そしてこういうお店は夜に飲み屋利用するのが一番良いんです。

マトンマサラとフィッシュティッカを注文しました。
フィッシュティッカなどの焼き物系は2Pから選べるというのが一人飲みの際には嬉しい配慮。
おかずにもう一品という意味なのかもしれませんが、いずれにしても値段もお手頃で良いです。

味は平均的なものでしたが、値段は平均より安めであり、こういう選び方の可能性の広がりが、地元の住民に愛される秘訣なのかもしれませんね。

評価:★★★

カレー日記


浅草「ニュープラシッダ」マトンマサラ


焼き餃子


カレー業界も盛り上がり、様変わりしつつある昨今。
昔ながらのインドネパール系のお店というのは減ってきたように思います。といってもまだまだ全国的に見れば数は多いのですが、流行に敏感なエリアでは減ってきている印象があります。

浅草は良い意味で流行にとらわれない町。
そんな浅草だからこそ、インドネパール系のお店は結構あるんですよ。
しかしインドネパール系のお店の常として、ネパール人が日本人向けにアレンジしたインド的料理を出すというスタイルな為、味がぼやけていて心に残らないことがあります。
もちろんそうではないお店もあるのですが、5軒に1軒あれば良い方です。

こちらのお店はその5軒の1軒。
インドネパール系でありながらも悪くないマトンマサラがいただけました。
玉葱の形がある程度残ったカレーはご飯にもナンにも合い、そのまま食べてもお酒のおつまみとして機能します。

おつまみといえば焼き餃子なんていうものも。
モモというネパールの小籠包的定番料理も当然のごとくメニューにあったので、もしかしたらそのモモを焼いたもの?と思って頼んだのですが、こちらは冷凍食品系でした(^^;)
しかし、焼き方が良いので意外といけちゃうんですよ。
盛り付け方は間違ってるんですけどねw

そういうユルさもインネパの魅力。
美味しすぎない料理を食べたくなることって時々ありませんか?
僕はあるんです。
そういう時にインネパ店ってちょうど良いんですよ。
ぼちぼち普通に美味しくて、値段も高くなく、お酒は安く飲める。
こちらのお店もそんな感じでした。

評価:★★★

カレー日記


高田馬場「さくらアジアンダイニング」スペシャルセット(マトン、ミックスシーフード)


早稲田通りを高田馬場から小滝橋方面へ進んでいくと右側にあります。
スーパーオオゼキの近くです。

以前もここはグローバルキッチンというネパール人によるインド、ネパール、アジア料理のお店、つまりいわゆるインネパ店で、味は普通ながらちょっと面白いメニューもあったお店でした。
そこがいつのまにかこちらに変わった様子。

さらにいうと高田馬場エリアで以前別の場所でやっていたインネパ店であるさくらダイニングがこちらに移転という形です。
インネパの入れ替わりは非常に激しいですから。
様々な理由があるのですが、それはひとまず置いておいて。

メニューを見るとごくごく普通のインドネパール系。
ランチメニューにタイ料理がちょこっとあるのもまさしく。

カレー2種を選べるセットにしました。
カレーはマトンとミックスシーフードで。

この手のお店はカレーのベースがメニューによって同様のものを使っているのですが、マトンとシーフードは高確率で違うベースであり、だからこそこのような組み合わせで頼む事が多いのですが、こちらのお店は同じベースのものでした。。。
色が少し違うのは辛さ指定を変えたからという理由。
このあたりはもうちょっと頑張ってもらいたいところです。

このお店もインネパあるあるでいつの間にかまた違うインネパになってしまうのかなぁ。。。

評価:★★☆

カレー日記


赤坂「グッドスパイスカレー」ごろごろ彩り野菜カレー


タンドリーホットホットチキン


赤坂バル横丁という、お酒が飲めるお店が集まったフードコートといいますか、渋谷肉横丁的な、まさにバル横丁があります。
その中に入っているカレーのお店がこちら。
カウンターメインの店内。
というか、この横丁のお店の多くがカウンターメインなわけですが、キッチンにはインド系かネパール系かと思われる外国人シェフがいました。

メニューは日本人にもわかりやすい形。
タンドリーチキンがホット、もしくはホットホットまで選べるということで、おつまみにタンドリーホットホットチキン、そしてごろごろ彩り野菜カレーをいただきました。

タンドリーホットホットチキンは、ホットホットというほど辛くはありませんでしたが、レモンの酸味が良い塩梅でお酒がすすみます。
野菜カレーは、野菜カレーなのにカスリメティ&バターという、バタチキっぽさを出していてなんだかなぁと思ったのですが、食べてみるとこれが意外と悪くないんです。
野菜もれんこんやさつまいもが入っていて、よくあるインネパの野菜カレーとは一線を画していて面白いです。

あくまでライトな感覚でのカレーバル風というようにとらえて行けば、悪くないと思います。
日曜の赤坂はカレー屋の定休日率が非常に高いので、日曜でも営業しているというのも嬉しいポイントです。

評価:★★★

カレー日記


下落合「ナンカレー」Cセット(アナモルマハラジャセット)マトンマッシュルーム、フィッシュバター、チキンチリ


ナンカレー。
あまりにあんまりな店名です(^^;)
カレーライスのお店の店名が「ご飯カレー」と言ってるようなものですから。

このような店名から想像するに、やる気のないインドネパール系かと思ってしばらく敬遠していたのですが、思っていた以上に長続きしているお店。
それには何か理由があるのかもしれない。
そう思って行ってみました。

メニューを見るとかつて西早稲田にあったアナモルと同じじゃないですか。
元々あったナンカレーをアナモルが引き継いだからこそ長続きという形になっていたのでしょうか。

3種類のカレーが選べるセットを注文。
マトンマッシュルームはインドネパール系によくある味でありながら悪くない出来栄え。
フィッシュバターは魚の臭みが少々強くなってしまっていてこちらは選ばない方が無難かもしれません。
チキンチリはカレーというよりはインドネパール系のお店のおつまみメニューであるチキンチリでした。

ナンのおかわりはディナータイムでもサービスされるそうです。
お腹一杯になったのでおかわりはしませんでしたが。

ごく一般的なインドネパール系ですが、メニューの選び方次第では悪くないお店かもしれません。

評価:★★★

カレー日記


茨城 竜ヶ崎「スジャータ」マトンビリヤニ


一見よくあるタイプのインドネパール系と思いきや、本気のビリヤニが売りの、他とは違った確かなこだわりのあるお店です。
マトンビリヤニを注文したところ、「最初から炊き上げるのでお時間50分くらいかかっちゃうんですが大丈夫ですか?」と日本人女性店員さんが。
時間はあるので大丈夫ですと答え、読書しながら待ちました。

実際には40分程度での提供だったかと思います。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、かなりの量です。
サラダは通常の2人前くらい。
ビリヤニに至っては骨付きマトンたっぷりで3人前くらいあるかもしれません。

ビリヤニに合わせるためのチキン野菜カレーも一緒についてきて2500円。
お値段それなりですが、量を考えればむしろ安いといえるかもしれません。

しっとりふわっと炊きあがったビリヤニは基本的には優しい味。
カレーと一緒に食べても、ハーブとヨーグルトのソースをかけて食べても美味しいです。
通常はライタであることが多いですが、このスタイルがこちらのお店の個性。

美味しかったのですがあまりの量で食べきれず、テイクアウト可能か聞いてみたら快く包んでくれました。
ありがたいですね。

4人くらいで行ってあれこれ頼むのが良いお店だと思いますが、テイクアウトするつもりで行けば1人でも安心です。

都内だと炊き込み式の本格的ビリヤニを味わえるお店も多いですが、茨城ではまだ少数派でしょうから、近隣の方にとっては嬉しい存在かと思います。

評価:★★★☆

カレー日記


国立 「ダバ☆クニタチ」ダバミールス(マドラスチキン、豆とほうれん草)


keemaランチ


インド料理界の様々な名シェフから料理を学んだ方が独立し、オープンさせたお店だそうです。
メニューのラインナップは南インド料理的。
ミールスもありますが、ライトな1カレーセットやキーマカレーライスもあり、おしゃれなカフェ的内装も含めて、ガチな南インド料理店というよりは南インド料理カフェといった方が良いかもしれません。

ミールスのカレーは基本のサンバル、ラッサムの他に日替わりが2種。
この日はマドラスチキンと豆とほうれん草でした。
ライスは+100円でインド米にできるということで、そちらで。

味の方向性は全体的に優しいお味。
南インド料理にも色々あり、ガツンとくるタイプもあればじんわり優しいタイプもあるわけですが、こちらのお店は後者ですね。
国立という場所を考えてのことかもしれません。
マニア受けの味より、一般的にも受け入れられやすい味にした方が良い地域でしょうから。

ランチタイム終わり間際の訪問でしたが、少々並びもある程の盛況。
既に国立の住民にも人気のお店となっているようでした。

評価:★★★☆

カレー日記


神奈川 新横浜「サンライズ」サンライスランチ(ポーク)※原文ママ


横浜アリーナ近くにあるインド、タイ料理店です。
インド料理とタイ料理を一緒にしてしまうとはいささか乱暴にも感じますが、インド人やネパール人の作るタイ料理って独特の美味しさがあったりするので嫌いじゃないんです。

と言いながらも頼んだのはインド系のカレー。
サンライスランチです。
サンライズなのにサンライスランチ。
選べるカレーはポークをチョイス。
チキンは普通にありますがマトンが無いのは何故かと考えたのですが、どうやらこちらのお店、結構古くからあるようで、開店当時は手に入りにくかった羊の代わりに豚を使ったのかなと。
ではその豚のカレーとなるとどのような味なのかなと思ってのチョイスでした。

カレーの味はこの手のお店によくある味に近いのですが、平均的なインドネパール系と比べると妙な甘さが少なく、しつこくないのが好印象。
チキンティッカもなかなかの大きさのものが2つついてきて食べ応えがあります。
ナンもかなり大きいんですよ。

これで1000円なら納得のクオリティ。
長年続いているのも頷けます。
横浜アリーナのライブ観覧後の食事などに使えそうですね。

評価:★★★

カレー日記


渋谷「エリックサウスマサラダイナー」鮮魚のバナナリーフ包み焼き(鰆)


季節野菜いろいろとカッテージチーズのココットグリル


ケララクリスチャンのビーフカレー うずまきデニッシュパン添え


パロノワール


皿上ラムカレー


バスマティライス


先日行ったばかりですが、あまりにも凄かったので再訪です。
先日食べなかったもので今回食べたものは、鮮魚のバナナリーフ包み焼き。つまりミーンポリチャツ。
この日の魚は鰆でした。

エリックサウスらしい味付けでお酒のおつまみにもご飯のおかずにも最適。
見た目も味も華やかなので女性受けも良いです。

季節野菜いろいろとカッテージチーズのココットグリルは、野菜とパニールを焼いたもの。
一緒についてくるトマトソースが濃厚で実に良い感じ。カロンジの風味が味の決め手になっています。

ケララビーフはパロタ付き。単品でも頼めます。
このパロタがまた美味しくて。サクっ、モチっ、フワっの三重奏。
ケララビーフカレーとも良く合います。
これも女性受け良いでしょうね。ナンより美味しいですから。

そしてデザートはパロノワール!
つまり、パロタのシロノワールってことですよw
遊び心たっぷり。
エリックサウスは名古屋店もあり、そもそも運営している会社は岐阜にありますから、そのあたりも踏まえてのことなのでしょうね。
そしてまた本家より美味しくなってるっていうんだからたまりません。

そしてバスマティライス。
バスマティにはご飯のおとももついてきます。
ウールガイ、ポディ、ギーの3種。
これだけでご飯食べられちゃうやつですよ。

でもこれにちゃんとカレーもつけたんです。
前回も食べた皿上ラムカレーを。
やっぱりこれ最高\(^o^)/

今回は3人で行ったのですが、大満足でした。
カウンター限定のお一人様用メニューもあるということで、一人でも行きたいし、またグループでも行きたいし、とにかく通い続けたいお店です。

評価:★★★★☆

カレー日記


高田馬場「sho curry(やえ)」本日のカレープレート


高田馬場さかえ通りにある小さな居酒屋「やえ」を月一回間借りして営業中のsho curry。
平日はサラリーマンをしているカレーマニアのshoさんのお店です。
カレー好きが高じるとカレーを作るようになる人がいます。
shoさんはまさしくそちら側の方。

実は僕もカレーを作ってみたりすることがあるんですが、どんなに頑張ってもまぁまぁ美味しいくらいのものにしかならず、手間暇かけて作っても絶対にかなわない美味しさの名店を沢山知ってしまっているが故、作るより食べに行った方が早いし安いということで、食べる方に専念しているクチであります。

だからこそ美味しいカレーを作れる人を尊敬しているわけですが、shoさんは食べるマニアでありながら作るマニアでもあり、美味しいものが作れてしまう人。
以前別の場所で間借りカレーをやっていた時にも食べに行ったことがあるのですが、その時よりも確実に美味しくなっていて、マニアだからこその探求心と向上心を感じました。

今回のプレートで特に気に入ったのは骨付きの牛肉を使ったビーフアル-と、ドラゴンフルーツのライタ。
しっかりとマサラ感のあるビーフ、優しい食感のドラゴンフルーツ、このあたりは他のお店でもなかなか無い取り合わせであり、味であり、美味しさなのでした。

素晴らしいなぁ。

月に一回の営業という事でなかなかタイミングを合わせることができないのですが、またいずれ行ってみたいと思います。
ちなみに間貸し主のやえさん自体も雰囲気良さそうなお店でした。

評価:★★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード