FC2ブログ

カレー日記


門前仲町「ライノ」レディーズセット(マトン、シーフード)


門前仲町にいつの間にかできていたインドネパール系のお店です。
食べログの地図がずれているようですが住所を間違って登録したわけではないんですよ。
時々こういうエラーありますね。

閑話休題。
ランチタイムはなかなかの人の入り。

レディーズセット(原文ママ)とディラックスセット(原文ママ)の差がタンドリーチキンかチキンティッカかということで、ティッカのレディーズの方が50円程安いです。
ティッカ気分だったので試しにレディーズセットを頼めるか聞いてみると快諾。

おじさんでも頼めるセットでした\(^o^)/

カレーはマトンとシーフードをセレクト。
マトンはTHEインネパ味。
シーフードはココナッツ系だと良いなと思っていたらトマト系でTHEインネパ味。

ナンはパンのよう。
おかわりOK。

これは直球のインネパ店ですね。
夜メニュー見ても特に面白いものがあるわけでもないのですが、色々とあるインネパイズム。

もうちょっと個性があると良いなと思いますが、なかなかの人気だったのでここではこれで良いのでしょう。

評価:★★☆

カレー日記


新宿西口「アチャカナ」スパイシーマトンカレー、ジャスミンライス


鴨の冷菜ネパール山椒の香り


ポークスペアリブのタンドール焼き


カレー好きなら誰もが知る、予約の取れない人気店カッチャルバッチャル。
そちらで修行されていた方が新宿西口にお店を出したということで行ってきました。

カッチャルバッチャルといえばダバインディアやグルガオンを運営するチョティワラ出身シェフが出したお店であり、今やそこらじゅうにある「スパイス料理で様々なお酒を飲む」というスタイルのお店が増えるきっかけとなったとも言える名店です。

そこで働いていた方の料理ですから、自ずと期待値は高いものでした。
そして結論から先に言えば、その高い期待にしっかり応えてくれるお店なのです。

まずは鴨の冷菜からスタート。
しっとり柔らかい鴨にティムールの香りと刺激。
これはお酒進んじゃうなぁ!

そしてタンドール料理。
まずはチョティワラ系列でもカッチャルバッチャルでも人気メニューであるチーズクルチャから。

ニンニクの香りが程よくきいたチーズたっぷりのクルチャ。
期待通りの美味しさです。

続いてポークスペアリブ。
良い感じの焼き色! そして完璧な火入れ具合!
スパイス感も絶妙で、いやはや美味しい!

美味しかったのでもう一品。
海老の香味焼き。
これまた最高!
尻尾まで食べられるという以上に、食べずにはいられない美味しさです。

流石名店出身のシェフだけあります。

シメにスパイシーマトンカレーをジャスミンライスで。
これも程よいスパイス感とたっぷりのマトンでご飯がすすみます。
スパイスがっつりではなく、程よいところで止めているのが逆に良いんですよ。
インパクトありまくりのタンドール料理の後にスパイスがっつりがきちゃうときっと食べ疲れてしまう部分が出てきます。
ところがそうではない。
スパイシーではあるのですが、一歩引いたスパイシーなので食べ終わった時に胃が軽いんです。

店内の雰囲気もカッチャルバッチャルと似ており、負けず劣らずの美味しさとなれば、こちらも予約の取れない人気店となるのも時間の問題かもしれません。

評価:★★★★

カレー日記


東京駅「コヒノール」マトンマサラ、ベジタブルマサラクルチャ


東京駅八重洲口を出て右、並びにあるビル地下のレストラン街に2019年3月にできたインド料理店です。

KOHINOORと書いてあるので、コヒヌール、あるいはコイヌールなのではと思うも「コヒノール」なんだそうで。
コヒヌールというお店はいくつかあるので、あえて差別化しているのかもしれません。

メニューを見るとモモもあればタイ料理系もあってインネパ感。
しかしお店の内装から何から、なかなかの高級感。
このあたりをちぐはぐととらえるか、面白いととらえるかでこちらのお店の感じ方が変わってくると思います。

何を頼むか悩みに悩んで、頼んだのはマトンマサラとベジタブルマサラクルチャ。
インネパメニューにしようかとも思ったのですが、インド料理メニューの本気感を見てこれにしました。

食べてみれば確かにちゃんと北インド。
マトンマサラは何故かゆで卵入っているインネパ仕様でありながらも、マサラ感もしっかりしており、マトンの肉質が良いので美味しくいただけました。

ベジタブルクルチャはじゃがいも、にんじん、ピーマンなどが入り、これだけで食べても美味しければ、カレーと合わせても美味しいバランス感。

悪くないじゃないですか。

お値段は平均的なインネパ店と比べれば少しお高めではありますが、何しろここは東京駅すぐ近くの一等地であるということを考えれば、付近の北インド料理店よりはむしろ少し安めかもしれないくらい。

このエリアによく行くインド料理好きな方は、選択肢のひとつとして覚えておいても損はしないと思います。
たまにしかこのエリアに行かない人に向けてはもっとおすすめがありますが、行きつくしちゃったんだよなぁという方は行ってみてはいかがでしょうか。

評価:★★★

カレー日記


下高井戸「ミラン」マトンカレー


駅の近くにあるインドネパール系のお店です。
同名の同系統のお店がいくつかありますから、チェーン店というか姉妹店というか、所謂インネパと呼ばれるタイプのお店です。

こちらの特色を述べるなら、17時までランチタイムの通し営業だということ。
僕がこちらに行ったのは16時台だったのですが、地元在住と思しき女性客数名が遅めのランチを楽しんでおりました。
この時間でも需要がちゃんとあるのですね。

メニューからカレー2種のセットを選ぼうと思ったのですが、2種のセットは1種がデフォルトでチキンカレー。
あと1種を選ぶというスタイルの様子。
うーん。。。
僕はチキンカレー基本的に選ばないタイプなんです。
お値段も平均的な価格よりほんの少し高いかもしれないくらいでしたし、これは選べるスタイルであって欲しかった。

仕方ないので単品でマトンカレーのセットを注文。

カレーはインネパのごくごく平均的なお味。
サラダも同様。
ナンはパンのようで、こういうのが好きな方も少なくないかと思いますが、僕の好みとは違うものでした。

チキンカレーとふかふかのナンがが好きな方には良いお店かもしれません。

評価:★★☆

カレー日記


下高井戸「プラマーナスパイス」ベジプレート


下高井戸駅前で金曜、土曜の昼限定営業のお店です。
メニューは週替わりで1種類。

僕が行った日はベジプレートでした。
メインに新じゃがとココナッツの南インドベジカリー。
スパイシートマトラッサムもカトゥーリに入ってついてきました。

副菜も色々。
全体的に南インド感ありつつも、大根とゴマのピリ辛アチャールがネパールっぽくて、この自由なミックスが素敵です。
ライスもサフランで炊いたバスマティ。

野菜だけでも食べ応えもあり、満足度も高いです。
上品にまとまった美味しさで、随所にセンスを感じました。

これにハーバルスパイスクミンティーもついて1000円ぴったりなのはお得ですよ。
他のメニューも食べてみたい。

下高井戸近辺に住んでいる方がうらやましくなるようなお店でした。

評価:★★★☆

カレー日記


月島「南インドキッチン」チーズナンセット(ハイデラバディマトン)


チキンティッカ

すっかり気に入ってしまって10日間で3度目の訪問となりました。

前回はドーサセット。
こちらはマサラドーサとカレーの組合せ。
カレーはマトンカリフラワーをセレクト。

今回はチーズナンセット。
カレーはハイデラバディマトンをセレクト。

つまりはカレーが日替わりなのが素晴らしい。
通い甲斐があります。
そしてどれも美味しいんですよ本当に。

チーズナンはシェフが働いていたダバインディアのチーズクルチャとアーンドラダバのチーズクルチャのちょうど間くらいの方向性。
重すぎず、カレーと合わせるのにもちょうど良い美味しさです。

そしてチキンティッカの火入れ具合が完璧で驚きの美味しさ!
このあたりはダバインディアでの修業が活きているのでしょう。
凄いなぁ。

メニューも改定し、ミールスが以前よりお得な金額で食べられるようになりました。
今後も通い倒したいと思います。

評価:★★★★


カレー日記


小伝馬町「世話」チャナマサラ、餃子


インネパのチェーン店としては安定感あって好きな世話。
ネパール人のお店で世話という店名は面白いのですが、実はネパールの言葉でもセワは世話という意味なんだそうで。
さらに面白いですね。

以前こちらには違うカレーのお店が入っていた場所です。
タイ料理屋やカレーもある町中華が立ち並ぶ小伝馬町カレー通りとも言える場所の二階。

店内の雰囲気は以前のお店とさほど変わらず。

僕はインネパ店に行った時は、安定感あってハズレ率の低いチャナマサラと、当たるか外れるか、イチかバチか的な冒険おつまみメニューを頼むことが多いのですが、そんなわけで今回もチャナマサラと餃子。

チャナマサラは期待どおりのセミドライタイプ。
豆のほっくり感が美味しく、おかずにもおつまみにもなるやつです。

そして餃子。
モモもあるのでそれの焼き餃子版だと良いなと思っていつも頼むのですが、なぜかだいたい冷食の餃子なんですよねぇ。
モモを焼いてくれた方が美味しいし仕込み的にもロスが少ないと思うのですが。

そんなわけで一勝一敗。
ある意味期待通り。

サービスでサラダもついてきましたし、他の世話と比べても悪くないですよ。

評価:★★★

大阪カレー日記


高槻「トライバルカリー」あいがけプレート


駅前に移転オープンおめでとうございます!

前回トライバルカリーで食べたのは移転前でしたからまだこの場所では無く、週末限定の間借り営業の頃。
駅からも遠く、徒歩20分くらいの場所にありました。
そこで気に入り、お話していると間もなく実店舗化して移転するということでした。
いずれ行ってみたいと思っていたところにタイミング良く大阪での仕事をいただきまして、ならばこちらにと、移転後のお店に初訪問。

こちらは移転前とうってかわって王道の飲食店という雰囲気。
お店の広さは半分以下になりましたが、このくらいにコンパクトな方がカレー屋さんという感じがしますし、何より駅前に移転してくれましたから、行きやすくて良いです。

あいがけプレートをライス少な目で注文。
味は相変わらずの美味しさ。

濃厚でスパイシーなチキンとポーク。
優しい野菜。
爽やかなピクルス。
この絶妙なバランス感。

やっぱり美味しいなぁ。
移転がかなりタイトなスケジュールだったので、まだバタバタしている部分、準備が終わっていない部分もあるということでしたが、そんな雰囲気は感じられない、既に安定感あるお店でした。

高槻にトライバルカリー有りですね。

評価:★★★★

カレー日記


月島「南インドキッチン」サウスインディアンミール

しばしば通る道で嗅ぎ慣れたスパイスの香り。
いや、スパイスの香り自体は慣れていますが、この道で嗅いだことはありません。
もしや、カレー!?
どこ??

周囲を見渡してもカレーのお店はありません。
うーん。
気のせいか。それとも僕の上着に染み込んだ匂いなのか。
と思ってふと上を見上げると、「イソドキシチソ」の文字を発見!!w
この字体は!!!

階段を上ってみると二階にありました。
どうやら今週オープンしたばかりの様子。
南イソドキチシソ。もとい、南インドキッチンです。

ランチメニューにはミールスもドーサもちゃんとあります。
南インドがなんのこっちゃわからない地元民の為のチーズナンセットもおさえてあります。

最初なのでサウスインディアンミールスを注文。
カレーはチキンとマトンをセレクト。
食べて見ればどれも美味しい!

チキンはケララチキンですかね。マイルドでありながらも野趣あふれる美味しさ。
マトンはストレートな南インド味。
ダルも少し入ってました。
サンバルとラッサムはすっきりと美味しく、混ぜていって味が決まる本格派。
プーリと思いきやバトゥーラな意外性も楽しくて。

全体的に感じるのはタミルナードゥ感。
シェフはどちらの出身ですか?と聞いて見ればチェンナイの方。
しかも名店ダバインディアで働いていたと!
いやはやびっくり。
そして納得の美味しさです。

店員さんによると、近隣の方の南インド料理の理解度が低く、オーダーもカレーとナンのセットばかり出て苦戦しているそう。
大丈夫!
近隣に僕がいますから\(^o^)/

月島で美味しい南インド料理を食べることができる日が来るなんて。
南インド料理店、ここにきてまた増え出している感がありますが、どちらのお店も頑張っていただきたいです。
そんなわけで応援します!

評価:★★★★

東北カレー日記


山形 山形「ジャイ」カリーセット


マサーラーチャイ、キール


山形の伝説ジャイ。
ここのカレーを食べる為だけに山形に行ってきました。
駅から1㎞少々の道のり。歩くと遠いですがタクシーならすぐです。

夜は19時オープンとのことだったので19時すぎに行ってみると準備中の看板。
これは入ってはいけません。
詳しくはお店のブログをご覧になっていただければわかりますが、とにかく色々とこだわりのある店主さんなのです。

準備中とはありましたが、お店の明かりはついていたのでいずれ開くだろうと、近くでお茶をして出直しました。
19時半すぎに行くとOPENの文字。
安心して入店。

いただいたのは看板メニューのカリーセット。
ムルグカリー、ヴェジタリアンカリー、アンダーマサーラーの3種をメインにしたターリです。

チキンは爽やかな酸味が印象的な美味しさ。
パサっとした肉質が逆にこのカレーには合います。
というか、インドで食べたカレーってまさにこんな感じだったのを思い出します。

ヴェジタリアンカリーはさっぱりとしているからこそ野菜の美味しさが味わえるカレー。

そして一番気に入ったのがアンダーマサーラー。
ゆで卵が入ったカレーは玉葱をとことん炒めまくったからこその旨味と甘味。
それに絶妙なスパイス加減で美味しさの相乗効果が生まれています。

プーリも素朴な美味しさ。
ご飯に色々とかけていき、混ぜ合わせながら食べると美味しさのレベルがどんどん上がっていきます。
時折感じるナッツの食感がまた変化を出してきて面白い。

チャトニーがアボカドのチャトニーだったのですが、これはプーリにつけて食べると最高ですね。

途中からピクルスもサービスしてくれました。

食後はチャイとキール。
これも申し分ない美味しさ。
毎日だって食べられそうな味です。

そう。本物のインド料理って毎日食べても飽きないんですよ。
そもそもインドの方はインド料理を毎日食べていて飽きていないわけですから。

最初は寡黙に料理をしていた店主さんですが、「どこから来たの?」と聞かれ、「東京です」と答えると、だんだんとトークが盛り上がり、色々な話をしてくれました。

昔は東京でお店をしていたということ。
東京などから来るお客さんが多く、地元山形のお客さんはほとんど来ないということ。
今でも東京でインド料理教室を開催していて、定期的に東京へ行くということ。
38年続くというその教室には、ネゴンボ33、サンラサー、青い鳥などなど、今をときめくカレーの名店のシェフ達が習ったキッチンスタジオペイズリーの香取薫さんもいたということ。

つまりは、ネゴンボやサンラサーや青い鳥などの名店の師匠の師匠。
上記のお店はこちらジャイの孫弟子ということになるわけです。

凄い!
例えるなら日本インドカレー界のイップマンのような存在ですよ。

※イップマンとは世界にカンフーブームを巻き起こしたブルース・リーの師匠。最近ではイップマンの伝記を元に、イップマンを主人公とした作品が、ドニー・イェン(スターウォーズにも出演している世界的アクションスター)の主演作品大ヒットがきっかけで流行し、「イップマンもの」と呼ばれる映画も多数作られている伝説の拳法家。

カレーについても色々と優しく語ってくれました。
僕が一番気に入ったアンダーマサーラーは、玉葱を8時間も炒めているんだとか!

これはもうシェフという以上に研究者です。

偏屈なシェフと言われることもあるようですが、というか、そのような紹介を読んだことがあるのですが、研究者とは偏屈な所が無いとやっていけませんし、僕には偏屈とは思いませんでした。
とにかくこだわりが強い方。
そしてそのこだわりが正しくて、だからこその美味しさのカレーであるということ。
そのこだわりが誤解を生むこともあるのでしょうが、この味を出す為のこだわりですからそれはそのままで良いのです。

わざわざ山形まで行った甲斐がありました。
いつまでもお元気で続けていただきたいお店です。

評価:★★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード