FC2ブログ

カレー日記


千葉 千葉「ベンガルタイガー」ベンガルタイガーバターチキンカレー、ロティジャラ


シンガポール風チキンライス


フィッシュ65


千葉駅から歩いて7~8分、住宅街の中にぽつんと佇むお店です。
店名からしてベンガル料理のお店かと思いきや、全然違うんです。

ではどんなお店なのかというと、モダンインディアンをカジュアルにしたようなお店。

シェフはインドの西ベンガル出身で、インド、マレーシア、シンガポールで修業を積み、五つ星ホテルのヘッドシェフをつとめていたという輝かしい経歴の持ち主。
インドだけではなく、マレーシアとシンガポールというのがポイントです。
このあたりの経験から、ただインド料理なのではなく、オーセンティックなインド料理の良さは残しながらも、他の地域の料理と組み合わせた、オリジナリティあるモダンインディアンを作り上げることができているというわけです。

看板メニューのベンガルタイガーバターチキンカレーは見目鮮やかな一皿。
濃厚なバターチキンの上には芽葱、アマランサス、四川花椒菜を合わせたものがあしらわれ、エディブルフラワーが飾られているという芸術度と創作度の高い、他には無いバターチキンです。

これを食べてみれば、濃厚でありながらもフレッシュな野菜がそれを中和し、香りと食感を加え、ただ濃厚なだけではない変化のあるバターチキンとなっていました。
凄い!

通常はパラタがついてくるのですが、マレーシア料理のロティジャラを合わせてみたらこれがまた最高!

このセンス、とんでもないですよ。
しかもこれが通常1080円、ロティジャラに変えても1280円でいただけるという破格っぷり!

モダンインディアンのお店でこれが出てきたら3000円くらいしそうなものですし、3000円と言われても文句ない美味しさなのですが、それがこの値段って奇跡です。

マレーシア、シンガポール料理の経験もあるということで、シンガポール風チキンライスも頼んでみたら、こちらも最高!
まずチキンのスープからして美味しい。
チキンの旨味はしっかり出ていながら雑味は全く無く、ずっと飲み続けていたくなるような美味しさ。
チキンも柔らかく、タレも美味しく、きゅうりを細かく刻んだものが乗ることによって食感が良くなり、軽やかに変化します。
全て計算づくなんです。

そしてフィッシュ65がまた素晴らしかった。
65といえばチキンかゴビが代表的ですが、それをワカサギで作っちゃうセンス。
そしてワカサギがまた65に合う合う!

なんだろうなぁ。
色々と凄いし、美味しいし、安い。
さらには接客も素晴らしいし、内装も良い感じ。

久しぶりに感動しました。
これはもう千葉カレー界の至宝。
遠路はるばる行く価値のあるお店ですよ。

僕もまた遠路はるばる行かなくちゃ!

評価:★★★★☆

カレー日記


行徳「行徳ビリヤーニーハウス」ラクナウー風ビリヤーニーセット(マトン)


ナハーリーセット


行徳エリアにもディープなお店が増えてきました。
こちらは北インド料理のお店。
店名のとおりビリヤニもありますし、ニハリやハリームもあり、パキスタンに近い地方の料理なのかと思いきや、ラクナウというデリーの東南東あたりに位置する地域の料理のお店だそうです。

確かにニハリもビリヤニもデリーでよく見かけますし、ハリームなんかも探せばすぐに見つかるのかもしれません。

2人だったのでビリヤニセットとニハリセット(ナハーリーセット)をオーダーし、シェア。

まずビリヤニ。
チキンかマトンか選べるということでマトンにしたのですが、ご飯の中にマトンが隠れているタイプです。
日本のお店だと見栄え的にマトンをしっかり見せたりしますが、インドのお店だとこうやって隠れていること結構多い気がします。
食べてみれば香り高く、ふわふわなお米としっかりしたマトンで美味しい!
一緒についてくるライタがかなりスパイシーなのも個性的であり、そしてこの爽やかさっぱり系のビリヤニに合うんですね。
ライタはこってりスパイシーだからこその相性。
個性もあり、間違いなく美味しい当たりビリヤニです。
ボリュームもしっかりあってこれが1100円なのは安いなぁ。

そしてニハリ。
骨付きマトンを長時間煮込んだ、手間暇かかった料理ですが、ナンとサラダもついて1100円という良心的価格。
味も良いんです。
油も浮いた北インドの本格的ニハリ。
重厚で濃厚なマトンの味がしっかりと出ていながら、しつこくないし胃もたれもしないのが素晴らしいです。
ナンがまたシンプルで素朴で美味しくて、このニハリにはこのナンだよなぁと感心する相性の良さ。

良いお店です。

お客さんは7割くらいがインドの方。
3割が日本人という割合でしたが、インド人のみならず地元の日本人にも愛されているというのがこのお店の素晴らしさを物語っているなと感じました。

評価:★★★★

カレー日記


経堂「フードタイム」チェンナイミールスランチ


南インド料理店オープンラッシュが続く2019年。
経堂にも南インド料理店ができました。
フードタイムです。

メニューを見るとミールスはランチと書いてあるのですが、これはナイルレストランのムルギーランチと同様に、夜でもいただけます。

メインのカレーをセレクトできるフルミールスでいただきました。
カレーはマトンで。

まずラッサムがシンプルイズベスト的に実に美味しい。
サンバルも素朴で美味しい。
ポリヤルはフレッシュでクートゥはまろやか。
ライタもシンプル。
メインのマトンは実にワイルド。マトンの滋味がしっかりスパイスで引き立てられていてマトン好きにはたまらない美味しさ。

それぞれは素朴だったりワイルドだったりシンプルだったり。
しかし混ぜてみると突然高級感ある美味しさに変わるのが素晴らしいですね。

日本人向けにアレンジしていない味と言えるでしょう。
最後に混ぜて完成することを想定した上で組み立てられているミールスです。

そういう意味ではスープは蛇足かも。
でもこのスープがまた超インド味なんですよ。
インドってこういう味だよなぁっていう。
なんというか、インディアンチャイニーズの名にというわけでもないんですが、インディアンチャイニーズを全部ごっちゃにするとこのスープの味になるというような。

日本の南インド料理の人気店は日本人向けアレンジしたお店の方が多いように思いますが、こちらはまってく媚びていないミールスです。
どちらが良いというわけではなく、僕自身どちらも好きなのですが、後者はまだ数が少ないので、そういう意味でもこちらのお店ができたのは南インド料理ファンにとって喜ばしい事だと思います。

評価:★★★☆

カレー日記


三鷹「ムンタージ」Aセット(マトンカリー)


クルフィ


最寄り駅はギリギリ三鷹駅だと思いますが、徒歩だと30分近くかかるような場所にあります。
結論から先に言えば、30分歩いてでも行く価値のある名店でした。

いただいたのはランチで最も豪華なAセット。
カレーはマトンをセレクト。
ナンかライスということでナンにしました。

Aセットはチキンティッカとマライティッカもつきます。
まずこの焼き物のレベルが尋常じゃない高さ!

ジューシーで優しい美味しさなんです。
パパドに合わせる用にココナッツチャトニとトマトのホットソースもついてくるのがまた嬉しいところ。

マトンカレーもマトンの滋味が嫌味なく出ていて、スパイスで臭味が消えているというより、マトンの良い味わいが残りながらもそれが嫌じゃない形でまとまっているんです。
マトン好きにはちゃんとマトン食べた満足感を得られ、マトンが苦手な人でもいけちゃうようなバランス。
素晴らしい。

ナンも発酵の具合が程良く、ギーの塗り方も適度で美味しいです。
カレーにも良く合います。

他のお客さんが食べているライスを見たらライスというよりプラオっぽかったのでそちらも食べてみたいなぁ。

デザートにマンゴーソースのクルフィまでついて、これもまた上品な美味しさで。

本格的インド料理店ではありますが、接客の日本人男性は非常に丁寧で、地元の常連さんらしきお客さんでいっぱいでした。
確かにこんなお店が近くにあったら通っちゃうなぁ。

北インドカレーの美味しいお店って意外と少ないんですが、ここはまさにそれ。
北インドカレー好きなら遠路はるばる行っても損は無いと思います。

評価:★★★☆

カレー日記


田町「ゼロワンカレー」二種盛りミールス(スモークラム肉のビンダルー、イカとサンマのモイリー)


季節のフルールソースのフロマージュブラン


スパイスカレーの聖地大阪の中でも激戦区として知られる谷町四丁目において、南インド料理のお店として人気の高いゼロワンカレーが、何と東京は田町に移転してきました!
大阪のお店を残して東京支店というわけではなく、移転です。
凄い!

慶応大学からもすぐ近くの場所。
店内はなかなかの広さであり、行列もできていました。

いただいたのは二種盛りミールス。
カレーはスモークラム肉のビンダルーと本日のフィッシュカレー(イカとサンマのモイリー)をセレクト。
ご飯も選べるのですがレギュラーライスで少な目オーダーです。

ミールスではありますがバナナリーフでもなければターリの上にカトゥリが沢山並ぶわけでもなく、ご飯と副菜のプレートと、カレーのお皿が二つという構成。
これは個性的ですね。

スモークラムのビンダルーはラム肉自体もビンダルーにたっぷり入っていながら、その上にもスモークラムをトッピングするというダブルラム。ラム好きにはたまりません。

モイリーの秋刀魚も一度焼いてからカレーと合わせていて、香ばしい焼き味も加わった奥深い美味しさとなっていました。

さらには副菜もたっぷり!
基本形だとご飯はそれほど多くないですが、おかわり可能なので問題ありません。
常にご飯少な目オーダーしている僕としても、カレーの量が思いの外多かったのでご飯足りないかもしれないと思いましたが、ワダもついてきたのでそれと一緒に食べたらちょうど良い具合に。

カレーが多いというのは嬉しいこと。
そしてそのカレーが最高に美味しいのですから素晴らしいです。

以前大阪で食べた時よりもパワーアップした美味しさに感じました。
お値段は東京なので地価も家賃も高いですから、それに合わせるように大阪時代よりは高くなっています。
しかし、それ以上の料理と内容の充実ぶり。
むしろお得ですよこれは。

こちらのお店はスウィーツにも力を入れているので、デザートにフロマージュブランもいただきました。
ブルーベリーソースのフロマージュブラン。
甘さ控えめの優しい美味しさ。
食感の変化も楽しくて、美味しいカレーの後の美味しいスウィーツで幸福度マックスです!

これはわざわざ行く価値のあるお店。
僕もまた行こうと思います。

評価:★★★★

カレー日記


根津「チャミヤラキッチン」サブジ(茄子とじゃがいも)、ナン


ポークティッカ


赤土小学校前にあったチャミヤラキッチン。
メディアにもしばしば登場し、人気店でしたが建物の老朽化に伴って一時閉店。
数ヶ月の期間を経て、根津の駅前に復活しました!
嬉しい\(^o^)/

移転前ほど広くはありませんが、駅前にある昔の長屋を今時っぽく改装し、そこに飲食店が色々と入っている雰囲気の良いエリアの2階にお店を構えました。

店内は姉妹店の秋葉原アールティにもどことなく近い雰囲気。

メニューはチャミヤラキッチンのメニューがほぼそのままといったイメージです。

チャミヤラキッチンもアールティも野菜料理が絶品なのですが、チャミヤラキッチンならではのガルワール地方に郷土料理もそのままメニューに残っているのは嬉しいですね。

チャミヤラ名物の日替わりサブジは何か聞いてみると、茄子とじゃがいもとのこと。
サブジも最高なのでそれと、ポークティッカ、ナンという組み合わせでオーダー。

出てきたサブジ、見るからにアルベイガンです。
食べてみたらやっぱりアルベイガンw

オープン当日に行ったのでサブジ用の野菜の用意ができていなかったのかもしれませんが、ここのアルベイガンは最高に美味しくて大好きなので結果何の問題もありません。

ナンも美味しいんですよ。
しっかりと噛みごたえがありながら、決して硬いわけではなく、噛めば噛むほどに美味しくなっていくナン。
良いなぁ。

ポークティッカも味付けが良いですね。
比較的安いので、このお店で軽く肉が食べたい時にはよく頼みます。

最後にチャイでシメ。
ホッとする美味しさ。

今回は一人で行ったのですが、やはりここはグループで行って北インド屋台料理からはじめつつ、ガルワール地方のカレーでしめくくるのが一番良いと思います。

とにもかくにも、個人的には以前より行きやすい場所にオープンしてくれたことを嬉しく思います。
開店おめでとうございます\(^o^)/

評価:★★★★

カレー日記


目黒「タミルナドゥ」ヴェジタリアンオーガニックミールス


目黒から五百羅漢方面へ歩いて7~8分程の場所にある南インド料理店です。
店名からわかるように南インドはタミルナドゥ州の料理にこだわったお店だということと、オーガニックやアーユルヴェーダにもこだわったお店だという特徴があります。

店内はおしゃれでハイソサエティなカフェといった雰囲気。

ランチメニューからヴェジタリアンオーガニックミールスをいただきました。
2500円です。南インド料理としてはかなり高級志向ですね。

豆豆しいサンバルはドラムスティック入り。
トマト感溢れるラッサムもがっつりとニンニクが入って、荒々しいように思いつつ、食べてみると実に上品なんです。
クートゥやポリヤルも上品。
全部混ぜてみてもやっぱり上品。

2500円という強気の価格設定も納得です。
目黒という場所柄もありますし、近隣の有閑マダム達にどれだけ受け入れられるかがカギとなってくるでしょうね。

夜はワインとのペアリングを楽しむお店となるようです。
そして夜のミールスは4500円!

ミールスでこの価格はもしかしたら日本一かもしれませんね。

それが高いと思うか思わないかは、あなた次第です!

評価:★★★☆

カレー日記


原宿「ビバゴアインディアンカフェ」ゴアンマトンサクチ、ロティ


竹下通りから少し入った裏通りに隠れ家的に存在していたデヴィ。
いつの間にかビバゴアインディアンカフェというゴア料理のお店に変わっていました。

店内に入るといきなり感じるのがインドの匂い。
スパイスの香りということではなく、インドの空港に降り立った時に感じるあの匂いに近い空気感なんです。
今月インドに行ってきたばかりなのでよく覚えています。

ゴアといえばポークビンダルーが有名ですが、これは日本で有名なだけでインドではそれほど有名ではないという説があります。
事実、インドに行った際、インド在住でもう10年以上毎年ゴアに行っているというゴア好きの知人にポークビンダルーについて聞いてみたところ、「何ですかそれは?」という返答がありました。
料理に対して興味を強く持っている人でないとわからないくらいの名物なのかもしれません。

閑話休題。
こちらのメニューを見てみるとどうなのか。
ポークビンダルーはありません。
かわりにチキンビンダルーはありました。

しかしビンダルーだけがゴア料理ではないのです。
有名なところだとゴアフィッシュカレーなんてのもありますが、せっかくですからマニアックにゴアンマトンサクチを注文。

ココナッツの甘味とチリの辛味の甘辛さが絶妙なバランスで、マトンの旨味もしっかりと行きわたり、基本的なレベルがしっかりと高いインドカレーです。
ロティにも合っていて美味しいですね。

ゴアは南インドと言われることもありますが、正確には西インド。
このカレーは北インドと南インドの止揚的なカレーであり、そういう意味でもゴアらしいカレーです。

インド料理の奥深さを知れるお店ですね。

評価:★★★☆

カレー日記


牛込神楽坂「サイノ」チャナマサラ、チーズナン


牛込神楽坂エリアにはインドネパール系のお店もちらほらと存在するのですが、その中でもこちらサイノはなかなかの当たり店と言えましょう。

いつも僕はインネパ系のお店に行く時は飲み利用をするのですが、この日も基本は飲み利用。
それでいてお腹もすいていたのでしっかりと食べたく、チャナマサラにチーズナンをいただきました。

チャナマサラはほっくりとしたひよこ豆がリッチなカレーに包まれていて安心の美味しさ。
チーズナンはチーズの量が多め。
がっつりのこってりのたっぷりです。
この手のお店だと妙に甘いチーズナンが出てきたりもするのですが、こちらはシンプルにチーズとナンなので妙な甘さもなく、良い感じ。
甘いのが好きな人にはハニーチーズナンもあるのでそちらを選べるのも良い所。

お酒も総じて安く、レモンサワーは299円でした。
タイ料理も充実していて、インネパのタイ料理が好きな僕としては気になる所でしたがチーズナンで満腹になってしまったのでそれはまたいずれということにしましょうか。

近隣在住在勤のカレー好きの方は、覚えておいて損はないお店だと思います。

評価:★★★

カレー日記


葛西「レカ」ベリースペシャルセット

サプダナキチュデ
西インド家庭料理のレカ。
移転した葛西の店舗は完全に住宅街の中。
こんな場所にお店があるの?と不安になるくらい。
でもしっかりあります。
そして、今も変わらず美味しいカレーがいただけます。
オーナーのヨギさんは本業の傍らこちらのお店を運営し、さらには江戸川区議会議員もつとめる八面六臂の活躍ぶり。
お忙しいでしょうに、この日もお店にいらっしゃいました。
偉いなぁ。
レカの代表作のつまったベリースペシャルセットと、西インドのマニアックな料理からサプダナキチュデをいただきました。
セットのカレーはチキン、豆、オクラ、魚の4種類。
これにチャパティとビリヤニとライタとサラダ、さらにはインドのスウィーツもつくスペシャル。
カレーはどれも素朴な美味しさで、毎日食べても飽きがこなさそうなイメージ。
北インド料理となるとこってりしていてたまに食べるには美味しいですが毎日はちょっと…と思う方にはむしろこっちの方が合うでしょう。
サプダナキチュデはわかりやすくいえばタピオカのココナッツマサラ炒め。
キチュデとはキチュリ、つまりインドのおかゆ的な料理。
こちらもその仲間のようです。
体調を崩した際にタピオカは消化にも栄養にも良いということでしょう。
ただ、しっかりマサラきいてます。
ココナッツもきいてます。
つまりは甘辛い味。
それにタピオカ独特の食感。
面白いですね。
この味、僕は好きですがインド料理に慣れていない人には混乱する味かもしれません。
混乱しながらも食べられてしまうような、その混乱をもう一度確認したくなるような、そして最終的に美味しかったと思えるような、そんな料理。
卓上にはメニューの他にインド文化について詳しくまとめたレポートもあり、興味深いです。
ゆっくりと読みつくしたいような。
美味しくて安くてインドの勉強にもなる。
最高のお店ですね!
インド料理といえばどちらかというと隣の西葛西の方が有名で、お店も多いのですが、一駅移動してわざわざこちらに行っても損はありませんよ。
評価:★★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード