FC2ブログ

カレー日記


神保町「眞踏珈琲店」カレーライス


コーヒー、ベイクドチーズケーキ


カレー天国神保町においては比較的新しいお店。
扉は重厚で入りにくい雰囲気ですが、入ってみて損は無いお店です。

一階はカウンターメイン。
二階が本、本、本の嵐!
本棚に囲まれており、ブックカフェとも小さな図書館とも言えるくらいの蔵書数。
しかもそのラインナップも幅広く、小栗虫太郎まであるのですからもう。
読書好きにはたまりません。

カレーライスとチーズケーキとコーヒーをいただきました。

カレーは家庭的な欧風といった方向性。
大き目カットの人参ととろけるチーズが印象的。
欧風としては予想以上にしっかりした辛さが心地よく、ピクルスと一緒に食べるとまとまります。

チーズケーキの皿には塩が少々。
この塩が良い仕事するんですよ。
甘さ控えめのチーズケーキ。塩を少し舐めてから食べると甘味が引き立ちます。

コーヒーも当然のように美味しい。
この両者をつないでくれるようなスッキリしたコーヒーでした。

気になる本が色々とあったので、時間の有る時にまた行って、ゆっくりと読書に勤しみたいと思います。
素敵なお店ですよ。

評価:★★★☆

カレー日記


明大前「はんばあぐはうす ぐずぐず」はんばあぐカレーソース


明大の並びにあるぐずぐず。
年代物の漫画がたっぷりと積まれている喫茶店です。
ハンバーグとカレーが看板メニュー。

金曜日のランチサービスがハンバーグカレーソースだったのでそれをいただきました。

ふわっとしたハンバーグ。
カレーは非常に個性的で、激辛一歩手前の辛さと、梅肉エキスのような酸味と苦味が渾然一体となり、好き嫌いハッキリわかれる味。
個人的には好きです。
学生時代から思い出すと食べたくなって行くお店なんです。

味が個性的すぎるのでなかなか人に勧めにくいんですが、数年に一度とはいえ何度も通っているのですから、それくらいに美味しいということ。
いつまでもこのままのスタイルで存在し続けて欲しいお店です。

評価:★★★☆

カレー日記


地下鉄赤塚「カフェファド」ランチカレーセット


友人から赤塚駅前のカフェのカレーハンバーグが美味しいと情報を得て、気になって行ってきました。
カレーハンバーグを頼んだものの、ランチ開始と同時に入ったこともあってか、ハンバーグの用意がまだできていないとのこと。

ちょうどこの日のランチメニューがビーフカレーで、サラダつき。
店員さんが「そのサラダにハンバーグの代わりにメンチカツつけましょうか?」と提案してくれまして、それに乗りました。

カレーは洋食屋のルゥカレー。
ちゃんと自家製ですね。よくある味ではなく、このお店の味です。
それでいて珍しい味というわけでもなく、普遍的な、万人受けする味だと思います。
具は見当たりませんでした。溶け込んでいるのでしょうか。

メンチはちゃんと揚げたて。
味噌汁もつくのが良いですね。

全体的に悪くないんです。
が、僕の気持ちがカレーハンバーグに向ききった状態での訪問だったので、またいつかカレーハンバーグのある時に行ってリベンジしてみたいです。

評価:★★★

カレー日記


阿佐ヶ谷「ラポム」ビーフカレー


阿佐ヶ谷駅南口から住宅街へ。
先日シュガーでカレー飲みしたのですが、その近くです。
カフェのようなお店。
夜営業もしているようなのでカフェバーといったところでしょうか。

ビーフカレーをいただきました。
サラダ、揚げ野菜とご飯が一緒に盛られており、カレーはソースポットで出てきます。

食べてみるとこれが美味しい。
欧風に近いスタイルですが、重すぎるわけでもなく、質の良い牛肉もたっぷりと入っていて1000円ならお得です。
欧風カレーのお店に行くと普通に1500円くらいする場合も少なからずありますからね。

かなりこだわって作っているとお見受けしました。
適当なカフェカレーとは全く違う、専門店にも負けない美味しさのカレー。
カレーメニューは他にもチキンや豆があるようです。
そちらも食べてみたいなぁ。

穴場ですよ。

評価:★★★☆

カレー日記


上井草「アオヤギ」オムカツカレー


オムライスとトンカツとビーフカレー。
全部一緒にするとオムカツカレー。
完全なる足し算の美学です。

時折見かけるメニューですが、トゥーマッチな魅力があります。

こちらは上井草駅近くのファミレスのようなスタイルの洋食屋であり、定食屋であり、喫茶店であり、やはりファミレスなのでしょう。
チェーン店ではないのですが、老若男女のニーズに応えてくれるお店のスタイルであることは間違いありません。

こちらのオムカツカレーは早稲田大学ラグビー部の選手の考案メニューだそうで。
近くにラグビー場があるらしく、その縁のようです。

単純に足し算ですが、オムライスのライスはよくあるケチャップ味のチキンライスではなく、炒め式のピラフでした。
これはカレーとのバランスを考えた結果でしょうか。

カレーはビーフカレー。
辛さはほとんどなく、平均的なビーフカレーです。

トンカツはなかなかのボリューム。
揚げたてで提供。

これにサラダもつきます。

ファミレススタイルなので、突出した味というわけではないんです。
無難にどれもが普通に美味しいといいますか。
それでもこの足し算がなされると、また別の魅力が出てくるものですね。

お値段も足し算的にそれなりにしましたが、それでも需要があるということですから。

評価:★★★

カレー日記


門前仲町「やなぎ」カツカレー


門前仲町駅から北。
それなりに広い通りではあるのですが、地元民じゃないと通らないような道沿いにある洋食のお店です。

近くにジムがあり、そこでトレーニングをした帰りに何となくいつもと違う道を通って行こうと適当に入り込んでいくとこちらを発見。
カレーのほのかな香りに引き寄せられたのでしょうか。

カレーは普通のカレーライスとカツカレーとメンチカレー。メンチカレーは今月の限定メニューだそうです。
トレーニング後だったので塊肉の方が良いと思い、カツカレーを注文しました。

サラダと味噌汁もついてきます。
このサラダ、スパサラがついてるのが昔ながらな雰囲気で良いですね。

カレーを食べてみると予想と違う味わい。
一般的な昔ながらの洋食屋カレーの味をベースに、バターの風味と一味を効かせたような独特の美味しさです。
このバターの甘味や深みと、一味の辛味が良い感じにマッチしているんですよ。

ありそうでないカレーですね。
面白い。

これが1000円でお釣りがくるというのはなかなかお得。
今どきカツカレーだと1000円超えるお店の方が多いですから。
そんな中、お手頃価格を守っているのは有難い限り。

またトレーニング後にでも行ってみたいお店です。

評価:★★★☆

カレー日記


神奈川 元町・中華街「パンケーキリストランテ」元町カレーソースオムレツ(全粒粉パンケーキ2枚)


一時期猫も杓子もパンケーキで、長蛇の列ができるお店が各メディアで取り上げられまくっていました。
個人的にまるで食指の動かない分野なのですが、横浜元町にカレーもレギュラーメニューに存在するというパンケーキのお店があることを発見。
それならばと行ってみました。

カレーオムライスもありましたが、せっかくパンケーキのお店なので、カレーソースオムレツのパンケーキセットで。
パンケーキは通常のものと全粒粉と選べるということで、全粒粉をセレクト。
僕はナンよりもチャパティ、ロティ派なので。

オムレツは中身とろとろのオムレツ。
カレーは欧風的なビーフカレー。
カレーソースといってもこのままご飯にかけても美味しいやつです。

全粒粉のパンケーキはふわっとしながらもちっとした食感もあって、粉の風味もしっかりと残っています。
これをカレーソースにつけてみると、ふむふむなるほど。
悪くない相性です。

バターとメイプルシロップを合わせて食べてみると、ふむふむなるほど。
予想していた通りの味です。

パンケーキが好きなタイプの人種と、カレーが好きなタイプの人種は、真逆に位置する可能性が高いと思っておりましたが、このようにその間をつないでくれるお店は貴重ですね。

評価:★★★

カレー日記


秋葉原「肉ソン大統領」特製肉玉カレー


肉ソン牛すじカレー煮込み


骨付きタンドリーチキン


秋葉原の昭和通り口方面の線路沿いにある肉バルです。
一階はラムしゃぶのお店で、その2階が肉バル。
こちらにはタンドールがあり、カレーもあると聞いて行ってきました。

メニューはタンドールを使用したグリルが売りの様子。
タンドリーチキンのみならず、様々な肉のグリルがありました。
とりあえずタンドリーチキンを注文。
他にカレー系メニューは、肉玉カレーと牛すじカレー煮込み。
どちらも注文。

タンドールがあるということで北インド系のカレーなりタンドリーチキンかなと期待していたのですが、タンドリーチキンはスパイス感ほぼ無く、普通にグリル。
肉玉カレーも牛すじカレー煮込みもインド系ではなく洋食系カレーの味で。
どれも悪くはないんです。
ただ、勝手にイメージして期待していたものと違ったのでギャップがありまして。

いずれにしても肉バルでカレーがレギュラーメニューとして置いてあるのは嬉しいこと。
駅から近いですし、肉好きでカレー好きでよく秋葉原に行く人なら、覚えておいて損はないかと思います。
ただ、インド系は期待せず、洋食系カレーと思って行くのが良いでしょう。

評価:★★★

カレー日記


都立家政「たこやき酒場 もんもん」牛すじトマトカレー


とろーりチーズonたこやき


たこ焼きをメインにした居酒屋です。
総じて安めの値段設定。
牛すじトマトカレーは400円でした。
値段からしておつまみカレー的なものを想像していたのですが、これがしっかり一人前あるカレーライス。
普通の一人前よりちょっと量が多いくらいかもしれません。

デミソースっぽいカレー。
具の存在感はありませんが、味に牛すじの旨味を感じました。
いずれにしても400円なら文句ありません。

これにローストビーフのユッケを加えてみるとゴージャスに。
ユッケは500円だったので、合わせても900円。
安いですね。

たこ焼きも食べましたよ。
チーズ乗せは400円。
これも普通にちゃんと美味しくて。

お値段総じてお安め。
個性があるというわけではないのですが、味も悪くなく、量もあるのでお腹一杯飲み食いしたい時に良いお店ですよ。

評価:★★★

カレー日記


門前仲町「とんかつ天領」三元豚カツ黒カレー


以前串カツ屋だった場所がとんかつのお店に変わっていました。
某みそカツの人気店的な看板。
外メニューを見ると以前同様黒カレーがある様子。

入ってみると店内は以前同様の悪い意味では無く殺風景。
とんかつ屋というよりはやはり串カツ屋というイメージです。

カレーメニューはカツカレーのみですが、他の定食にカレーソースを追加できたりするようです。

とりあえずカツカレーを注文。
まずこの三元豚使用のカツがなかなかの美味しさ。
揚げ具合が良い感じで、肉の甘味もあり、カツはごはんの上に乗ってカレーがかかっていないので、塩で食べたりソースで食べたりもできます。

しかしやっぱりカレーなんですよ。
少し塩気強めな黒カレーソースは、昔ながらの洋食屋の黒カレーといった雰囲気。

以前あった串カツ屋のカレーと同じかな。
というか、このお店自体経営母体が同じなのかな。
リニューアルということなのかもしれません。

チェーン店かなと思って調べても他が見当たりませんでしたが、このレベルの肉を使ったカツカレーがお手頃価格というのは個人経営では難しい気がします。
見た目も味もチェーンっぽいといえばそうなのですが、逆にいえばチェーンの良さがしっかりと感じられるカツカレーでした。
チェーンではないんですけれどもね。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード