FC2ブログ

カレー日記



五反田「あげ福」カツカレーライス、和牛メンチカツ


ハンバーグの有名店、ミート矢澤が手掛けるとんかつのお店です。
ミート矢澤の並びにあるので非常にわかりやすいですね。

とんかつを中心とした揚げ物のお店ですが、カレーもあります。
いただいたのはもちろんカツカレー。
それに単品で和牛メンチカツをひとつつけていただきました。

キャベツ、ご飯はおかわりできるそうです。

まずカツ。
ひと口頬張れば良質の豚肉が持つ上品な甘味が口の中に広がりました。
衣は粗目でサクっとフワっとして食感に変化を与え、カレーをつけずともソースをつけずとも、塩すらつけずとも美味しいと思えるようなとんかつ。
これは凄い!
もちろん塩、ソース、カレー、どれにつけても美味しいんですよ。

そしてメンチ。
割ろうとすればその途中から溢れ出す肉汁の海!
玉葱などは入っておらず牛ひき肉の旨味だけで攻めてくるメンチ。
剛速球です。
凄いなぁ。

キャベツも豚汁も美味しくて。
カレー自体はごくごく一般的なカレーなのですが、それのちゃんと美味しいやつです。
肉もしっかり入っていてカレーとご飯だけでも満足できそうなところにこのとんでもないカツが乗るわけですから。

お値段合わせて2695円したのですが、それでも納得満足の絶品カツカレーとメンチでした。

評価:★★★☆

カレー日記



秋葉原「KEY‘S CAFE」焼きドライキーマカレー、氷温熟成珈琲


秋葉原駅の昭和通口すぐ近くにあるカフェです。
キーコーヒー直営のカフェで、全国各地に点在しているようです。

秋葉原店はアクセスの良さからちょくちょく使っているんですが、こちらにはカレーもあるんですよ。
色々あるカレーから焼きドライキーマカレーをいただきました。
ランチセットは飲み物も一緒になるとお得な値段になるということで氷温熟成珈琲も。

ご飯の上に挽肉のセミドライなカレー、そしてとろけるチーズ。
一度レンジで温めてからバーナーで炙った形でしょうか。

チェーン店のカレーですから工場直送で手作りというわけにはいきませんが、これにタバスコかけて食べるとなんだか懐かしいカレードリアという感じで悪くないです。

珈琲も無難に美味しくて。
電源席もあり、ノマドワーカーにも優しいお店。
かくいう僕もここで仕事というか事務作業すること多いんです。

評価:★★★

カレー日記



小川町「みますや」カレーライス




牛煮込み




さくら刺し(赤身)


小川町の路地裏にある昔ながらの老舗居酒屋みますや。
馬刺しや酢の物が有名ですが、こちら、実はカレーもあるんです。

メニューを見てもカレーの文字はありませんでした。
以前はあったんですが。
でも試しに「カレーあります?」と聞いたら「多分あるわよ。聞いてみるわね。」とおかみさん。
オーダーしたら普通に通りました。
良かった良かった。

カレーは挽肉のカレー。
ソースポットに入ってくるスタイルで、完全に和風の居酒屋なのにこの形がミスマッチで楽しいです。
辛さは控えめ、食べると素材の味わいが最初に感じられ、後から旨味が追いかけてくるというカレーで美味しいんですよ。

口の中に入れた瞬間は、「これカレーなのかな?」という印象なのが、噛みしめて行く毎に「ああ、このカレー美味しいな」と変わっていくような。

単体でも美味しいのですが、牛煮込みと合わせてカレギュウにしちゃうのもおすすめです。
牛煮込みと言いつつ牛皿ですから。

もちろん酢の物も馬刺しも美味しくて。
特に馬刺しは赤身の柔らかさときめ細かさが素晴らしく、馬刺し好きにはたまりません。

他に魚フライを頼んでみれば添えられたマヨネーズと思いきやちゃんと自家製タルタルだったりするし、揚げ具合も程良くて全面的にぬかりない姿勢が素晴らしいです。

お酒もお手頃価格。
料理もちゃんと美味しい。
そりゃ人気なわけです。

雰囲気も懐かしく、優しく、素敵な居酒屋ですよ。

評価:★★★☆

カレー日記



高田馬場「マイカリー食堂」チーズハンバーグオムレツカレー、エッグポテトサラダ


#松屋はカレー屋
というハッシュタグを見かけることも多くなりました。
松屋はカレー屋だとかなり前から言い続け、記事に書いたりもしていた身としては嬉しいことです。

そんな松屋を運営する松屋フーズがカレー専門店「マイカリー食堂」も運営しているのはカレーマニアなら知っている方も多いのではないでしょうか。

こちらもかなり昔に松屋の運営であることを半ば隠しながら渋谷に出店し、その時のマイカリー食堂はなかなか良い感じだったのですが閉店。
場所を変えてまた復活したのですが復活後のマイカリー食堂は個人的にはイマイチというか、渋谷が良かったからこその期待ほどではないというイメージでした。

しかしまたそのマイカリー食堂が遂に本腰を入れ、東京の繁華街に出店を開始したのです。
上野に続いて高田馬場にも出店。

オープン日に行ってみました。

チーズハンバーグオムレツカレーを辛口で。
エッグポテトサラダもつけていただきました。

ハンバーグが美味しいのは松屋だからこそ。
カレーは松屋のカレーともまた違っているのですが、オリジナル、欧風、煮込みビーフから選べます。
ハンバーグは欧風がデフォルトなのですが辛口にすると味が引き締まって良い感じ。
という以上に以前のマイカリー食堂の欧風カレーより美味しくなった印象です。

オムレツもIH使用なにでふわとろとはいきませんが半熟の部分が程よい火入れ、チーズも欧風カレーと相性良いです。

サラダのドレッシングもちゃんと美味しい。

思えば本家の松屋もカレーに力を入れ、味の改良を繰り返しているお店ですから、マイカリー食堂のカレーも当然改良を繰り返しているのでしょう。
そして味が完成したからこその繁華街出店ということかと思います。

本気になったマイカリー食堂。
今後の展開が楽しみです!

評価:★★★☆

カレー日記



上板橋「ナガサワカフェ」キーマカレーオムライス




ベイクドチーズケーキ、フルーツフィールド



上板橋駅周辺に喫茶店は色々とあるのですが、その多くは喫煙可。
喫煙席と禁煙席に分かれていても、子供連れで禁煙席を陣取っておいてその親が喫煙席で煙草を吸っては戻り、また吸っては戻りを繰り返す為に禁煙席にも煙草の匂いがしてしまうような場合も少なからずあります。
また、60代以上と思しき方々の利用が多く、このエリアのシルバー層の方々は皆さんお元気で総じて話声が大きいんです。

僕は煙草を吸わないのと、カフェで静かに事務作業や読書をしたいタイプなので、このエリアで禁煙で居心地の良い喫茶店やカフェを探すのが大変なのですが、北口にあるさかもとは愛用しております。
でも南口には無いんだよなぁと思っていたらありました。
こちらナガサワカフェがそれです。

若い店主さんが営むお店。
非常に落ち着いた雰囲気で、程良くおしゃれな雰囲気だからこそ、シルバー層には敷居が高いのかもしれません。

こだわりの珈琲と美味しいチーズケーキ。
これが気に入って何度か行っているのですが、ランチメニューにキーマカレーオムライスがあったのでそれをいただいてみました。

シンプルイズベストなキーマカレーが乗ったバターオムレツ。
ライスは味付け無し。
良いなぁ。
派手さはありませんが堅実に美味しいです。

ランチに常にカレーがあるわけではなさそうですが、カレーが無くとも行きたくなるような、このエリアにおいては貴重な居心地の良いカフェなのです。

評価:★★★☆

カレー日記



上板橋「ぴっきぃ」ハンバーグカレー


上板橋駅北口を出て少し歩いた場所にある洋食のお店です。
昼間に通りかかって開いていたことがないので夜営業のみなのかもしれません。
そして正式な店名は「ぴっきぃI’s」なのかもしれませんがどうなのでしょう。

メニューはざっくりハンバーグ系、グリルチキン系、スパゲッティー、そしてカレーです。
おつまみ的なメニューもありました。

ハンバーグカレーをご飯少な目で注文。
出てきたカレー、ハンバーグがかなり大きいです。
少な目でオーダーしたご飯ですが、それを覆いかぶさるようにして乗っかるハンバーグの存在感。

カレーはハンバーグのソースといった雰囲気。
そして添えられたピクルス。
シンプルです。
シンプルなのが良い感じと言いましょうか。

カレーとして際立った個性があるというタイプではなく、家庭的な安心感ある味わいですね。
こういうの嫌いじゃないんですよ。

女性店主さんもサバサバしながらも笑顔の接客で雰囲気良いです。
今度はお酒を飲みに行ってみようかな。

評価:★★★

カレー日記



月島「月島スペインクラブ」イベリコ豚パパーダの特製カレー


倉庫を改装した大箱のスペイン料理店です。
100人くらいは入れそうな広さ。
イベントなどもやっているようですね。

こちらのランチにカレーがあったのでいただいてみました。

イベリコ豚パパーダの特製カレー。
パパーダとはトントロの部分だそうです。
フルーティーでありながら同時にスパイシーでもあるカレーには豚の甘味が溶け込んでおり、ご飯の上にも豚バラグリルが乗っているのが嬉しいです。

甘辛系カレーだと最初甘くて後から辛いというものが多いですが、こちらのは甘さも辛さも同時に来るような感じ。
辛さがもっと無かったらきっと単調になるところを辛さがしっかりあるからこそ飽きずに食べられるような。

美味しいです。

サラダとスープもついて1250円。
イベリコ豚ということも考えれば納得のお値段。

個性を感じるカレーに満足です。

評価:★★★☆

カレー日記



浅草「バー ゴッチャ」カレーライス



和食も中華も洋食も、カレーもラーメンもパスタもピザもあるというバー。
バーなのにこんなに料理が充実しているというのがまず驚きですし、その料理がちゃんと美味しくてさらなる驚きです。

お店は4階と5階の2フロアでかなりな広さ。
店員さんの数もそれなりにいらっしゃって、これがちゃんと回っているということがこちらのお店の安定した人気ぶりを証明していると言えるでしょう。

カレーがあると聞いて連れて行ってもらったのですが、最初に食べたのは油淋鶏。
これがちゃんと美味しい。
どうやら料理長がかなりの料理好きというか、こだわりのある料理人らしく、全ての料理に手を抜いていないんだそうです。
素晴らしい。

そしてカレーライス。
挽肉と野菜が渾然一体となったカレールーはフルーティーな甘味が最初に感じられ、後から辛さが追いかけてくる仕様。
純粋に美味しいです。
一般的な人にも、カレー好きにも満足できる味だと言えるでしょう。

メニューにはカレーライスのみですが、常連さん向けにカレーをバゲットで出したり、ピザ仕立てにしてくれたりすることもあるそうです。
このカレーで食べるピザ、きっと美味しいだろうなぁ。

バーですからお酒の種類ももちろん豊富。
焼酎の品ぞろえが良かったです。

お酒を飲む時も美味しいものを食べたいという方は、覚えておいて損のないお店ですよ。

評価:★★★☆

カレー日記


東銀座「イマカツ」イマカツカレー


毎日何度も食べログを見るのみならず、ほぼ毎日レビューを投稿している食べログヘビーユーザーの僕ですが、お店選びをする時にはその点数をそんなに気にはしません。

点数が高くても自分には合わないお店はありますし、逆に点数が低くても最高に美味しいお店は沢山眠っています。
どちらかといえば後者の方が多いですかね。

食べログは不正操作を防ぐ為にある程度のレビュー数が増えないと高評価が点数に反映されにくい仕様になっているので、点数が低くても美味しいお店を見つけるのは食べログを使っている上での楽しみのひとつだったりもします。

点数ではないのであれば何を参考にするかというと、写真とメニューです。
カレーばかり食べていると写真を見ればだいたいどんなカレーでありどんな味なのかが60%くらいわかるようになってきました。
これは確実に美味しいだろうなと写真を見て思えば、最低限60点は取れています。そして大幅に予想を裏切らないことがほとんどなので、結果的に80点くらいにはなっているという感じ。
美味しいか美味しくないかわからないけど行ってみようという時ももちろんあります。

メニューを参考にするのはどんな料理があるか、カレーに対してどれくらい力を入れているのかを推しはかる為。

と、ここまでくると期待して行って期待を裏切られるということはほとんど無くなってきました。
期待しないで行って予想通りというのはあります。
美味しくないものを食べることによって美味しいものの素晴らしさと有難さをより一層感じられるようになるので、あえて定期的にきっと美味しくないだろうなというお店に行くのです。

しかし、基本的にはやっぱり美味しいものを食べたいですよね。
ですから7割くらいは期待して行くのですが、その中でごくごく稀に期待とは違うものが出てきてしまうことがあります。

このお店がそれでした。

食べログの点数は僕が行った時点では3.7です。
相当な高さです。

とんかつ屋のカレーですから、カレーに対しては別に良いんです。
カツのソースとして機能しているカレーであれば満足なので、カレーのお店のカレーと比べたら相当ハードル低くなります。
でも、とんかつのお店ですからとんかつは美味しくないと。

いや、美味しくないわけではないですよ。
僕の好みに合わなかっただけです。

評価:★★☆

カレー日記


木場「テント」キーマカレー(ハーフ)、豆乳のレアチーズムース


チャイ


木場駅近くのビルに入っているカフェです。
人工芝が敷き詰められた店内は室内でありながらキャンプを感じさせるような雰囲気。

小さい子供も歓迎のお店のようで、若いお母さんと幼児のグループが元気よく楽しそうにしていました。

カレーを食べた後のカフェ利用でスウィーツと珈琲でも飲もうと思って入ったら、カレーがあるじゃないですか。
しかもハーフサイズがある。
これは嬉しい。
きっと小さな子供用のサイズであり、ダイエット中のお母さん用でもあるのでしょう。

というわけでキーマカレーのハーフと初志貫徹のスウィーツは豆乳のレアチーズムースで。
珈琲を飲もうと思ったのですがチャイがどうやらマサラチャイらしいのでこちらは初志貫徹せずチャイに。

どれもこれもちゃんと美味しいんですよ。
キーマも程良いスパイス感だし豆乳のレアチーズムースもさっぱりして甘味の加減が程良いし。
チャイもこの手のお店としてはしっかりスパイスを感じるもので、満足度が高かったです。

ビルは古びたビルであり、ちょっと入りにくさもあるのですが、入ってしまえば接客も優しくて居心地よい空間。
特に子供好きの方には良いでしょうね。
逆に言えば子供が苦手な方は避けた方が良いかもしれません。
いつもいるわけではないでしょうが、子供歓迎的なスタンスは色々な部分で感じられたので、子供連れがいることは多そうです。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード