FC2ブログ

カレー日記


月島「ボンテ」Bonte特製ビストロカレー


ヒラマサのカルパッチョ


ベイクドチーズケーキ、珈琲焼酎


佃をふらふらと散歩していると前も飲食店だった場所ですが何やら違う雰囲気。
看板を見たらカレーがあるじゃないですか!

どうやら勝どきで営業していたお店が佃に移転してきたそうです。

店内は明るく広くて以前からのお店と大差はない雰囲気ですが、料理が全然違います。
メニューを見ると気になるものばかり。

とりあえずフレンチ感もあり、イタリア感もあり、とにかくは洋食系のビストロといった雰囲気です。

まずはヒラマサのカルパッチョを前菜に。
これがいきなり美味しい。
爽やかなドレッシングと深みのあるソースのダブルで野菜のセレクトもおしゃれ。
食感や色合いに変化があって、ヒラマサの切り具合も大き目カットで良い感じ。
見て美味しく、食べて美味しいカルパッチョです。

そしてカレー。
赤ワインベースで具材が渾然一体となったタイプ。
ご飯少な目でお願いしたのですがそれでも結構な量。
どうやら他の料理もボリュームあるようです。
そしてそのご飯にもほんのり良い香り。
ポテトつくのは蛇足かなと思ったのですが、食べてみればこのポテトがこのカレーとベストマッチでなんだか納得してしまいました。

個人的にはもっと肉肉しいカレーが好きなので、これに肉系のトッピングがでたら最高だなと思ったのですが、それはトッピングというより他の料理を頼めば良いというわけで。
しかし一人だとかなりのボリューム。
既におなかいっぱいになってしまっていたのでトッピングではなく代わりにデザートを。

ベイクドチーズケーキでしめくくりました。
こちらも濃厚でしっとり。
ちゃんと手作り。

前菜からメインのカレー、デザートまで。
飲み物も珈琲焼酎を飲んだのですがそれも美味しくて。

お値段が安いというわけではないのですが、このクオリティなら納得の価格です。

今度は誰か連れてきて他にも色々と食べてみたいお店。
佃には無かったタイプのお店です。
また行きます。

評価:★★★☆

カレー日記


吉祥寺「ミュンヘン」エビ入りカレークリームソースペンネグラタン


焼きソーセージ


ハモニカ横丁内にあるドイツ料理のお店。
と思いきやパスタもあったり他にも色々と洋食系があり、ざっくり言えばドイツを中心としたヨーロッパ風料理といったところでしょうか。

せっかくドイツ料理メインのお店ですから焼きソーセージを。
そしてエビ入りカレークリームソースペンネグラタンというものがあったのでそれも。

焼きソーセージがワイルドな美味しさ。
プリっとした皮を破ると粗挽き肉がほろほろと崩れていく感じがして、肉を食べているという気持ちを満たしてくれます。

カレーグラタンはクリームソースということもあってカレー度はそれほどでもなく、カレークリーム煮といったイメージ。
エビやキノコが入り、チーズは粉チーズでしょうか。
チーズ感もそれほどでもないのですが、これを混ぜるとチーズもカレーもクリームも渾然一体となって悪くないです。

ちなみにメニューにカリーヴルストが無かったので、このカレーグラタンもレギュラーメニューにして、カリーヴルストもメニューに追加してくれたら良いなと思います。
カリーヴルストの需要と供給、吉祥寺でも増やしていきたいところです。
お店が発信してくれれば美味しさに気づく人も少なくないでしょうから。

評価:★★★☆

カレー日記


吉祥寺「グランキオスク」骨付きチキンのカレー


レアチーズケーキ、コーヒー


カフェというより雑貨屋の奥に椅子とキッチンがあり、そこで飲食もできるよという雰囲気。
高円寺の間借りカレー店「平日昼だけ」を、もっと広く、もっとライトでポップにしたような感じと言えばわかる人にはわかりますでしょうか。

とにかく飲食店に見えないその雰囲気がまず面白いです。

骨付きチキンのカレーと、レアチーズケーキにコーヒーをオーダー。

骨付きチキンのカレーはしっかり炒めた玉ねぎの甘味が印象的なチキンカレー。
手羽元の旨味がグレービーと渾然一体となり、スパイス感よりも奥深さで味わうタイプです。
ピクルスも添えられているのですが、これが良い仕事してました。
カレーだけでも美味しいのですが、ピクルスと一緒に食べると味が引き締まって美味しさのレベルが一段階上がるという。

レアチーズケーキもしっとりと舌触りが良く、甘すぎない程良いテイスト。
コーヒーはごく普通でしたが悪くなく。

トータルで言えば食べ物はちゃんと美味しくて雰囲気が面白いです。
一人でゆっくりするカフェというよりは、友達や恋人と一緒に来てその雰囲気を楽しむカフェといえるでしょう。

評価:★★★☆

カレー日記


高田馬場「パスタの女王」黒い極カレー


ランチタイムはワンコインに満たない値段からパスタが食べられるということで学生に人気のお店です。
外観からしてちょっとメルヘンチックで僕のようなおじさんには入りにくい雰囲気。
しかしランチメニューにカレーが加わったと知れば話は別です。
勇気を出して入ってみました。

入ってみれば店内はそれほどメルヘン感も無くて一安心。

カレーは「黒い極カレー」と題された1種類のみ。
見た目も黒い牛すじカレーです。

この黒さはイカスミ。イタリアンのお店らしくて良いですね。
牛すじはしっかり煮込まれて旨味がグレービーに行きわたっています。
隠し味にバルサミコ酢も使用していてそれが個性になっていました。

スパイス感はそれほど強くないのですが、あとがけスパイスも一緒に出してくれるのでそれで調節可能です。

にんじんやじゃがいもも入っていて、家庭的なカレーライスを求める人にも違和感なく食べられるかと思います。

評価:★★★☆

カレー日記


池袋「伊達の牛たん本舗」牛たんカレー


池袋駅近くの宮城ふるさとプラザ二階にあるレストランです。
ふるさとプラザということで様々なものが売っている中にあるわけですが、イートインスペースという以上にしっかりとしたレストランとなっています。

カレーメニューは牛たんカレー1種のみ。
他は牛たん焼き定食や牛たんシチューも。

シチューがあってさらにカレーもあるとは嬉しいじゃないですか。

牛たんカレー、サラダもついてきたのですがこのドレッシングがなかなか美味しい。
カレーもよくある業務用の一般的なものではなく、ちゃんとこちらの味になっています。
大ぶりの牛たんがゴロっと入っているのもまた嬉しいですね。

チェーン店ですが流石のクオリティ。
飛びぬけた何かがあるわけではありませんが、そこはチェーン店ですから。
そしてチェーン店でこれだけちゃんと作っているのはむしろ素晴らしいわけで。

牛たん好きもカレー好きも満足できる牛たんカレーだと思います。

評価:★★★

カレー日記


新宿三丁目「アルル」インドオムラ


コーヒー


新宿三番街のカフェアルル。
レトロな店内と看板猫で有名な喫茶店です。
そしてもうひとつ有名なのがインドオムラ。

インド風オムライスの略でインドオムラ。
風とイスはどこかへ行ってしまったのでしょう。

ドライカレーを薄焼き卵で包み、カレーソースがかかります。
サラダが添えられ、スープとバナナとジャイアンとコーンがつくスタイル。
昔から変わりません。

素朴なドライカレーに素朴なカレーソースですが、これが合わさるとご馳走感が出て良いです。
なんだか癒される美味しさなんですよね。

食後にコーヒーもついて800円台というのはかなりお得。

人気TV番組で紹介された影響もあってか、店内は若いお客さんが多かったのですが、若いお客さんにもこのお店の魅力が伝わって常連さんが増えたら良いなと思います。

評価:★★★☆

カレー日記


高田馬場「とんかつ ひなた」ロースカツカレー


とんかつの名店が多いことで知られる高田馬場エリアにおいて、新店ながら高い評価の人気店となっているとんかつひなた。
開店当初はカレーが無かったのですが、いつの間にかカレーがリリースされていました!

というわけでディナータイムの早目の時間に訪問。
並びはありませんでしたが満席の人気です。

頼んだのはロースカツカレー。
他のカツでもできるようですし、定食にカレールーだけ追加ということも可能。
色々な形でカレーが楽しめるのは良いですね。

最初なのでロースカツカレーを注文。

ご飯の上に盛られたカツ。
ソースで食べ、塩で食べ、そしてカレーにつけて食べるという楽しみ方ができます。

衣は細かく薄目で肉の旨味と甘味がしっかりと堪能できるカツです。
流石に美味しい。

そしてカレーですが、具はルーに溶け込んだタイプのシンプルなカレー。
欧風カレーほどしっかりフルーティーというわけではありませんが、ほのかにフルーティーであり、カツのソースとして機能するタイプの正しいとんかつ屋カレーです。
素直に美味しい。

キャベツの千切りがたっぷり盛り付けられているのも良いですし、実にバランスの良いカツカレーだと思いました。
1500円というお値段にも納得、そして満足です。

他にもとんかつ屋でカツカレーが有名なお店は檍をはじめとして色々とありますが、そんな名店にも負けないクオリティのとんかつ屋ならではのカツカレーでした。

評価:★★★☆

カレー日記


志村坂上「若名」ドライカレー、豚肉生姜焼


大衆食堂若名。
志村坂上と本蓮沼を頂点とする正三角形があったとするならば、もう一つの頂点の少し志村坂上寄りの位置にあるお店です。
住宅街の中にポツンと存在するお店は大衆食堂ののれんが印象的。

中に入れば昭和にタイムスリップしたような雰囲気。

壁に貼り付けられた手書きのメニューを見てびっくり。
安いんです。とにかく安い。

ドライカレー510円。
豚肉生姜焼440円。

ならばどっちもいっちゃうしかないでしょう!
ドライカレーと生姜焼き一緒に頼んで1000円でお釣りがくる世界がまだ令和の東京にあったなんて。

厨房の大将は笑顔で元気。
「ドライカレーに生姜焼き、あいよー!」と、活気があって良いです。

店内にお客さんが増えだしたのですが、全て常連さんらしく、店員さんとのやりとりも微笑ましい限り。

「スマホデビューしたの! すごいねぇ!」
「でも全然使い方わかんねー」
「写真とってみたら」
「どうやんだこれ」
「ここよここ」
「これでとれんのか? とった気がしねぇや」

と、おっちゃんおばちゃんみんな笑顔。
良いなぁ。

そして出来上がったドライカレーと生姜焼き。
同じタイミングで提供してくれるのがまた嬉しいです。
スープもついてくるのがまた嬉しくて。

ドライカレーはカレー粉のみならずウスターソースで味付けたもの。
板橋区の町中華や大衆食堂でドライカレーを頼むと、このスタイルのものが結構あります。
しかし板橋区以外ではなかなか見かけないもの。
何かおおもとになるお店があるのかもしれません。
シンプルな味ですが個人的には好きです。

そして生姜焼。これが美味しかった!
440円とは思えない豚肉の量と質。
甘辛く味付けた生姜焼はご飯がすすむやつです。
ドライカレーに乗せると、シンプルだったドライカレーが突然リッチに。
でも合わせて950円ですからね。

最高だなぁ。

こういうお店、とても好きです。
板橋区の町中華、大衆食堂は本当に隠れた名店が多いのですが、ここもまさしく隠れた名店といえるお店ですよ。

評価:★★★☆

カレー日記


千葉 空港第2ビル「N‘s court」ビーフカレー


仕事でインドへ行くことになり、その前にジャパニーズカレーを食べたくなってこちらに。
こちらはフードコート的な場所で、特にカレーに力を入れているというわけではないのですが、ちゃんとカレーがあります。

カレーはビーフカレーかカツカレー。
ビーフカレーにしました。

期待せずに食べてみれば、意外とちゃんと美味しいんですよ。
お値段約1000円ということを考えれば、妥当と言えば妥当なのですが、こういう場所でこれだけの味を出してくれればダ頭以上の満足感があります。

最近はこの手のお店で出てくるカレーのレベルも上がってきましたね。
嬉しいことです。

評価:★★★

大阪カレー日記


中津「アイリッシュカレー」アイリッシュフィッシュカレー


中津の街をふらふらと歩いていると行列を発見。
何のお店かなと思って見てみればカレーのお店ではないですか。
気になる。
気になって時間があったならば並んでみないわけにはいきません。

アイリッシュカレー。
アイリッシュということはアイルランド的なカレーということでしょうか。
アイルランドでカレー。
お隣イギリスはカレーを世界に広めた国といいますか、日本のカレーもイギリス経由で入ってきたのが最初なので、イギリスカレーならわかります。
でもアイルランド。

何かと思えばこれはアイルランド発祥のギネスビールを使ったカレーなんだそうで。
それは面白い。

店内はカウンターをL字型に囲むスタイル。
カレーは1種類でトッピングを選びます。
ポークや海老などがあったのですが一番気になったのがフィッシュ。
イギリス名物フィッシュ&チップスのフィッシュだったら良いなと思って頼んでみると、まさにそれ!

白身魚のフリッターはマリネしてから揚げてあるのでしょうか。
非常にさっぱりとしているんです。
フィッシュ&チップスもモルトビネガーかけて食べると最高なんですが、ここのはそのビネガーがかかっていないものの、魚自体のほのかな酸味を感じ、濃厚なカレーとの対比が非常に良い感じ。

キャベツのピクルスも良いですね。

というかこれ、昔ながらの大阪の甘辛カレー的なカレーですね。
しかしよくあるタイプではなく、それに一工夫加えたという感じの。

面白い。そして美味しい。

普段から行列というわけでもなく、この日はたまたまTVに出た直後だったので行列ということだったようですが、常に行列でもおかしくない美味しさでした。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード