fc2ブログ

カレー日記(パピー)



用賀「パピー」オールタイムパピーランチミニ


カレー専門店パピー。
スパゲティとの相盛りが名物。
元住吉と上野毛という実に渋い立地に2店舗。
今回は上野毛店へ行ってきました。
住所で言えば上野毛ですが、最寄駅は用賀。用賀駅から10分しないくらい。上野毛駅からだと15分しないくらいの位置でしょうか。

印象的な外観。階段をのぼって二階の店舗に入れば古き良きカレースタンドの趣。
カレーは一種でトッピングを選ぶ形。
あるいはどのスパゲティと合わせるか。
楽しいです。

オールタイムパピーランチ、つまりカレーとミートボールミートソースのスパゲティの相盛りをミニで注文。
ミニと言っても十分な量。

カレーは辛さを選べるので辛口にしたのですがこれが正解。
昔ながらのもったりと濃厚なルウカレーなのですが、辛さが結構な辛さであり、だからこそ味が引き締まって良い感じになりました。

ミートソースも懐かしいテイスト。
スパゲティ、カレー、どちらにも粉チーズをぶっかけて、スパゲティにはタバスコもしっかり。
カレーには付け合わせ3種を乗せて食べれば非常に豪華な気分。
サラダもつくのです。
しかも食後にドリンクも。
これで800円(2022年12月現在)は激安。

良いなぁ。とても良い。

現状2店舗ですが、もっと各地に増えて欲しいお店です。

評価:★★★☆

カレー日記(エビスバー)



神楽坂「YEBISU BAR」クラシックカツカレー


エビスビールの為のバー。
銀座ライオンの系列のようです。

様々なビールを樽生でいただけるということですが僕はビールが苦手。
しかしライオンのおつまみは好きなのです。
しかもカレーもある。

というわけで訪問。
クラシックカツカレーを注文。
揚げたてカツ、キャベツサラダ、福神漬け、ご飯、そしてカレー。

カレーは昔ながらの誰もが思い浮かべるカレーですが、予想以上にスパイス感があり、美味しい洋食カレーです。
流石ライオン。

他にもおつまみとしてフィッシュ&チップスをいただきましたがこちらもなかなか。
ビールは得意では無いのではちみつレモンサワーをいただいたのですがこれがちゃんと蜂蜜の味わいがして美味しい。

お店も広く、ゆったりとした空間なのでくつろげます。
流石ライオンだなと感じました。

評価:★★★

カレー日記(ヒマラヤユキノシタ)



千葉 柏「ヒマラヤユキノシタ(ボンベイ)」ビーフカレー、コールスローサラダ


柏でカレーと言えばボンベイ。
そのボンベイ系列のヒマラヤユキノシタ。
ボンベイとは違ってビリヤニなどの料理も出していると認識していたのですが、行ってみると完全にボンベイのメニューでした。

まぁ良いか。ボンベイも好きですし。
今回はビーフカレーを注文。
ボンベイのビーフは欧風に近いカレーです。

ほのかに甘みも感じる濃厚なカレー。
わかりやすいカレーライスでありながら、マニアも納得の個性もあります。
やはり美味しいですね。

しかしどこかシステマチックになっていて、味気なさのようなものも感じました。
店舗数も増えているからこそある程度仕方ない部分もあるのかなと思いますが。
と書くとネガティブな印象を与えてしまうかもしれませんが、十分以上に美味しいです。

食べた後に柏のカレー事情通から「こちらでターリが出される予定」と聞きました。
そういうのが食べたかった。
SNSを見ていったのですがちょっとその辺りの告知がわかりにくく、タイミングを間違ったのかもしれません。

店舗数があるからこそチャレンジングメニューが出るのがここということであれば、大いに価値のあるお店です。

評価:★★★☆

カレー日記(柳月)



恵比寿「柳月」ビーフカレー


恵比寿駅前の通りから一つ裏に入った道を歩いているとスパイスカレーの幟を発見。
どうやらバーのランチタイムがカレーの様子。

入ってみるとBOSSのスピーカーから良い音でジェイソン・ステイサムの映画が壁に大きく映し出されていました。
それに見入っていたおばさまが店主さんの様子。
「いらっしゃい」とにこやかにカウンターに入ってくれました。

カレーメニューはビーフかチキンの2種。
ビーフカレーをご飯少なめでいただきました。

ソースポットに入ったカレーにサラダとスープとご飯。
サラダのドレッシングは和風とチーズがあるようで、どちらが良いか聞かれたのでチーズでお願いしました。

カレーですが見るからに昔ながらのカレー。
今時のスパイスカレーとは違います。

食べてみるとスパイスがしっかりときいた昔ながらのカレーといったイメージで美味しいじゃないですか。
ビーフも柔らかく煮込まれており、シャバっとしたテクスチャの中にスパイスの良い意味でのザラつきが舌に感じられ、旨味と香りのバランスが良いです。

これは見た目だけ綺麗で味がともなっていないスパイスカレーより断然良い。
今時なかなか無いタイプのカレー。
恵比寿界隈在住在勤の方は、カレーローテーションに、組み込んでも良いお店だと思います。

評価:★★★☆

静岡カレー日記(くれたけイン)



静岡「くれたけイン プレミアム」ウェルカムカレー


朝食バイキング

静岡駅近くのホテル、くれたけインプレミアム。
こちらに宿泊したのですが、夜はウェルカムドリンク&ウェルカムカレーが出て、朝食バイキングでもカレーがあるという、カレー好きにはとても嬉しいサービスがありました。

カレーは欧風カレーと言うか洋食的な、甘みと旨味のしっかりしたわかりやすいカレーですがウェルカムカレーでも薬味をトッピングでき、その中にパクチーもあったのでパクチーを乗せると良い感じになりました。

朝食バイキングもホテルの朝食としては王道のものでしたが、カレーをつけられるのは嬉しいです。

こちらに泊まるのは二度目なのですが、前回はカレーをたらふく食べた後に泊まり、朝も早い出発だったので気づかなかったのですがカレーサービスがあるのは覚えておいて損はないですね。

岐阜カレー日記(カフェドドルチェ)



根本「カフェドドルチェ」カレードリア




半熟ベイクドチーズケーキ、ブレンド


多治見駅から車で少し山の中へ行くと、川沿いにおしゃれな飲食店が立ち並ぶエリアが突如現れます。
その中にあるカフェがこちら。

小さな橋を渡って行くと可愛らしい内装のお店に辿り着きます。

チーズケーキを食べに行ったのですが、カレードリアもあったのでどちらもいただきました。

カレードリアは昔ながらのカレーにたっぷりチーズの熱々ドリア。
優しい味わいで、どことなくメルヘン感もあるお店の雰囲気に合う味でした。

お目当ての半熟ベイクドチーズケーキにはブレンドを合わせて。
半熟というだけあって滑らかな舌触りのチーズケーキは酸味がしっかりと立っていて爽やかな美味しさ。
木々の緑と川の流れを眺めながら食べて飲めば、美味しさも跳ね上がるというものです。

山の中にありながら、雰囲気の良さもあってかかなりの人気で、行った際には満席でしたが待つと伝えると待つ場所が無いので席に空きができたら電話してくれるという流れでした。

周辺を散歩するとベンチタイプのブランコなどもあり、楽しく過ごせたのですが、寒い日や暑い日はしっかりと対策をして行くのが良いかもしれません。

評価:★★★☆

岐阜カレー日記(ナチュラルトリップ)



高山「Curry&Tea Natural Trip」ベースカレー+高山スペシャルスパイスチャクラ


高山で朝カレーを食べたくなりました。
どこか喫茶店のモーニングで朝からやっているところは無いかなと探したものの見つからず。
しかし10時から開店しているカレーのお店を発見しました。

高山駅から近い場所にあるこちらのお店。
店内は広々として、入口あたりはカウンター、奥にテーブル席が沢山ありました。

飛騨牛を使ったカレーにスパイスを好みで追加していくというシステム。

ベースカレーにチャクラ(スパイスの量で名称が変わります)を追加。
スパイスもメニューに多くの薬効が書いてあり、そこから選ぶのですが、高山スペシャルスパイスを追加しました。
こちらは特に薬効というわけではなく、高山に所縁のあるスパイスミックスとのこと。

まずカレーはシャバっとしたグレイビーに人参がたっぷり。
A5飛騨牛の牛すじも少し入っていました。

このまま食べると牛の旨味を感じるもの。
これにスパイスを混ぜながら食べてみると、高山の七味や飛騨の山椒が良い感じに牛の旨味を引き立てて美味しくなりました。

お店の方の雰囲気も優しくて良い感じ。
ちょっと遅めの朝カレーにおすすめです。

評価:★★★☆

岐阜カレー日記(弱尊)



岐阜 高山「弱尊」ソーセージ付カレー+レッドホットチリキャベツ


古き街並みが続き、神社仏閣も多く観光地として知られる高山。
こちらにちょっと面白いカレーを出すお店があります。
その名は弱尊。ジャクソンと読むようです。

店内は懐かしい喫茶店のようでもあり、居酒屋のようでもあり、薄暗いのですが温かみのある雰囲気。
洋楽がずっと流れていました。

数あるメニューの中からソーセージ付カレーをセレクト。レッドホットチリキャベツをトッピングでお願いしました。

まずカレーですが、ジャンル分けするなら欧風と言うか洋食系のカレーです。
ドロッとしたテクスチャー。ほのかな苦味が美味しさにつながるカレー。
ソーセージは北海道の唯我独尊のものを使用しているようで、その系譜にあると言うか何某かの影響を受けたカレーなのかもしれません。

レッドホットチリキャベツはキャベツの辛いピクルス的なもの。これだけで食べても良いのですがカレーに入れると辛味と酸味が追加されて味が引き締まるのが良いです。

ごくごく普通のカレーしか食べたことのない方にはちょっと難しいかもしれませんが、色々なカレーを食べている方には魅力的なカレーだと言えます。
美味しかったです。

評価:★★★☆

北陸カレー日記(チャロ)



富山 県庁前「Cafe Charo」ビーフカレーサラダ付セット


富山駅から歩いて5分少々行ったところにあるフードが充実した喫茶店です。
メインはカレー。

ランチのセットからビーフカレーのサラダ付セットをいただきました。

ビターで奥深い旨味のビーフカレー。
肉の量はそれほど多く無いですがグレイビー全体に肉の旨味が行き渡っています。
これは美味しいなぁ。

コーヒーとの相性がとても良いカレーです。
コーヒーも飲みたかったのですが電車の時間が迫っていたので飲めずにお会計。

今回は旅の最中にちょっと時間が予定より早く進行し、ランチタイムだったのですが45分程の時間で行けるかなと駄目元で行ったのですがちょうど良い感じで食べて出ることができただけでも良しとしましょう。

他のカレーも気になったので、時間がちゃんとある時にまた行きたいと思えるお店でした。

喫茶店のカレーとして完璧なやつです。

評価:★★★☆

カレー日記(白洋亭)



秋葉原「白洋亭」エビフライカレー+とんかつ


秋葉原ヨドバシカメラの外にできたカレーのお店です。
見た目大阪系。
一瞬大阪の名店、白銀亭かな? と思いましたが 白洋亭。

店内入って食券購入し、店員さんに渡します。
エビフライカレーにトンカツトッピングと豪勢に行きました。

どちらも揚げたてでサクサクした衣にドロッとしたカレーがかかります。
一口目は甘さを感じ、後から辛さが追いかけてくるのがこのオールドスクール大阪カレーの特徴ですが、それ系のお店の中でもデフォルトで辛さが強めな印象。
そして、そこが良いと感じました。

この手のカレーで全国展開をしている某チェーン店だと、一般受けを狙ってか辛さが控えめだったりするのですが、この手の元祖的存在であるインデアンカレーだと辛さがあるからこその美味しさなんですよね。
そしてこちらはそのインデアンよりもさらにもうちょっと辛め。

秋葉原、神田エリアに同系統のカレーを出すお店はありますが、こちらは辛さで個性を感じられるお店です。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード