FC2ブログ

カレー日記(大人の肉食堂)



池袋「大人の肉食堂」定番のチキンカレー


池袋の東通り。個人的に昔よく通ったエリアです。
今もキッチンABCや硯家など、好きなお店が点在する場所。

その中にある肉バル的なお店の看板にカレーの文字を発見したので入ってみました。

基本的にランチメニューにカレーがあり、夜の通常メニューには無いのですが、夜にもランチのカレーや定食をいただけるということでカレーを注文。
馬肉にこだわりがあるようだったので馬肉のグリルも一緒にいただきました。

夜メニューを頼むとお通しが付いてくるシステムということだったのですが、お通しは揚げたてのポテトチップス。
これがなかなか良い感じ。

カレーが先に出てきました。
チキンごろごろ。マイルドな洋食的カレーです。
「定番の」とメニューに書いてあるので、誰もがそうぞうするカレーと言えるでしょう。

サラダのドレッシングが昔の洋食屋さんの自家製マヨネーズ的な味わいで、懐かしく感じました。
スープと思いきや味噌汁。と思いきやスープ感のあるミソスープ的なものも一緒についてきました。

馬肉のグリルはタレや塩で食べるようになっていて、レアな焼き具合。

基本的なポイントを無難に押さえた肉バルのように感じました。

評価:★★★

カレー日記(凸凹キッチン)



高田馬場「凸凹キッチン」ドライカレー


バスク風チーズケーキ、コーヒー


居心地良いカフェなので何度かカフェ利用しているお店です。
ランチにカレーがあることに気づいたのでランチ初訪問。

ドライカレーをご飯少な目でオーダーしました。

ワンプレートにサラダとドライカレー。
ジューシーなトマトが印象的なドライカレーで、カフェのカレーとして実に正しい形。
好きです。

スープとフルーツビネガーもつくのが嬉しいです。

ランチのセットドリンクとしてコーヒーや紅茶がお得なお値段でつくということでコーヒーを。
せっかくなのでデザートにバスク風チーズケーキも。

弱めの泡立てのしっとり生クリームは甘さも控えめ。
いちごがつくのも良いです。
チーズケーキはバスク風としてはしっかり目ですが甘すぎないのがやはり良い感じ。
コーヒーとの相性も良いです。

やはり素敵なカフェはランチも良いものですね。

評価:★★★☆

カレー日記(キッチンニュー南海)



埼玉 西川口「キッチンニュー南海」ハンバーグカレー


キッチンニュー南海。
キッチン南海にニューがついたお店ですが、かつて神楽坂にあったニュー南海の系列です。
もちろんニュー南海も南海から派生したお店ですから、こちらも南海系というわけです。

ニューとはつくものの、ニューがつく洋食屋さんはどこも古き良き雰囲気で、美味しいお店が多いように感じます。

こちらもまさにそんな感じ。

ハンバーグカレーをいただきました。

カレーは神保町とは違って黒ではなく、下北沢や池袋のような茶色。
個人的な好みは神保町系の黒なのですが、これはこれで悪くないのです。

さらにハンバーグが大きい!
写真では伝わりにくいかもしれませんが、厚みがかなりあり、握り拳といかないまでも、中国拳法の豹拳の握りくらいの体積を感じます。
ハンバーグから出る肉の旨味がカレーと混ざれば、美味しさが上昇するのは言うまでもありません。

おじさまおばさまの接客と雰囲気も良く、安心できる洋食店でした。
まさに南海です。

評価:★★★☆

カレー日記(Komi‘z)



神田「Komi’z」甘辛牛すきカレー+ねぎ


神田駅すぐ近くにできたカレーのお店です。
店頭でチラシを配っており、それで気づいて行ってみました。

階段上って二階がお店。
カフェのような雰囲気です。

カレーのベースは1種類。
トッピングを選ぶ形。

牛すきカレーにねぎトッピングでオーダーしました。

甘辛く煮た牛肉にねぎをドバっとかければ、大阪のモジャカレー的な雰囲気に。

こちらのカレーも甘辛系の古き良き大阪系。
大阪系にも色々とあるわけですが、東京だと日乃屋や上等カレーが有名ですね。
しかしそれらより良い意味でライトでフルーティーなカレーです。

辛さも控えめなので卓上の辛味で調節して食べるのですが、少し辛くした方が大阪感出ます。

夜には洋食系メニューも色々とあるようです。
神田エリアのカレーマニアにはこういうカレーが好きだという人も少なからずいると思いますが、その分ライバルも多いので頑張って欲しいですね。

評価:★★★

カレー日記(びっくりドンキー)



「びっくりドンキー」エッグカリーバーグディッシュ300g+チーズ


ハンバーグレストランとして有名なびっくりドンキー。
ここのカレー、実は好きなんですよ。
ハンバーグを主役とし、そのソースとして作られた引き算のカレーソースが良いんです。

カレーメニューはいくつかあります。
と言ってもトッピングをするかどうかの差なのですが、僕はエッグカリーバーグディッシュがお気に入り。
今回は景気づけにチーズも追加。
ハンバーグの大きさを150gか300gか選べるのですが、わんぱくに300でオーダーしました。

300gとなると結構な大きさです。
チーズもたっぷり。
半分はチーズハンバーグとして食べ、半分はハンバーグカレーとして食べられるくらいに大きいです。
大きすぎておなかいっぱいになります。

150だと少なく、300だと多いなと感じる僕のような人の為に、間の225gがあったら嬉しいなと昔から思っています。

いずれにしてもやっぱり美味しい。
ハンバーグの質感が独特なので好き嫌いがわかれるところかもしれません。
個人的には純粋にハンバーグを食べるなら他のお店に行きますが、ハンバーグカレーとしてびっくりドンキーのカリーバーグディッシュはかなり好きなんです。

評価:★★★

カレー日記(西武特別食堂ホテルオークラ)



池袋「西武特別食堂 ホテルオークラ」ヒレビーフカレー


池袋西武の8階レストラン街にある西武特別食堂ホテルオークラ。
洋食を中心に和食も中華も取り揃えており、まさにオークラのレストランが特別に西武に出店しているという雰囲気です。

カレーももちろんあります。
ヒレビーフカレーをいただきました。

オークラのカレーは昔から缶のカレーを食べており、それが個性ある美味しさで好きなのですが、こちらのカレーもそのカレー。
缶で食べられるものが2000円オーバーは高いと思うかもしれませんが、牛ヒレの肉質が良く、その分の値段と考えれば納得です。

欧風カレーの範疇ですがフルーティで軽やか。
安くはありませんがその価値があるカレーでした。

評価:★★★☆

カレー日記(レストランマリ)



新御茶ノ水「Restaurant Mari」季節の野菜とポークカレー


築地にあったタイティが名前を変えて淡路町に移転したと聞き、行ってきました。
相変わらずの美人母娘による営業。神田のカレー好きおじさん達に早くも愛されているようです。

メニューにはカレーのみならずパスタなどもあり、洋食店といった趣ですがカレーがメイン。
季節の野菜とポークカレーをいただきました。

ご飯は少な目でオーダーしたのですがそれでも十分な量。

大き目カットの豚肉と野菜がゴロゴロと入っており、食べ応え十分。
洋食的カレーの魅力。
神田エリアのカレー好きのストライクゾーンにズバっとハマる美味しさですね。
付け合わせにキャベツの浅漬けが着くのがまた良いです。カレーの味を引き締め、引き立てます。

接客も良く、居心地も良いお店。

総じて考えると以前築地で食べた時よりもCP良いなと感じました。
満足です。

評価:★★★☆

カレー日記(格之進F)



六本木一丁目「格之進F」格之進F特製カレーハンバーグのせ

ハンバーグで有名な格之進。
何店舗か展開していますが、こちらは六本木一丁目駅直結のビルの地下飲食店街にあるお店です。
ランチにカレーがあることに気づいて行ってきました。

特製カレー1200円。
ハンバーグを乗せると1800円。
ちょっとお高めかなとも思いましたがせっかくですからハンバーグ乗せでオーダー。

カレーはキーマ。
肉質の良い豚を使用しており、肉の旨味をスパイスで引き立てる仕上げのもので、この手のお店のカレーとしては実に正しく、美味しいカレーです。

ハンバーグなのですが、僕の好みとはちょっと違うベクトル。
美味しいんですよ。
美味しいんですが、単純に好みとは違うんです。もっと荒々しいハンバーグが好きなのですが、上品すぎたという印象。
逆に女性にはこのようなハンバーグの方が合うかもしれません。
事実女性客が非常に多いと感じました。

サラダも美味しかったですし、1800円という価格にも納得です。

評価:★★★


カレー日記(ラブラブラム)



高田馬場「ラブラブラム」マトンソーセージラムカレー


早稲田通り沿いにあるジンギスカン専門店ラブラブラムがランチタイムにラムカレーを提供しています。
コロナ禍の中でまずテイクアウトとデリバリーのラムカレーがはじまり、イートインは無かったのですが現在はイートインできるということで行ってきました。

食券制。
入り口でまずどうしようか悩みます。
基本のラムカレーは500円と実にお得。
トッピング次第で値段が変わってきます。

せっかくの羊料理店ですから、マトンソーセージラムカレーにしました。
ちなみに1050円。
ということはマトンソーセージがカレーよりも高いということになります。

カレーはラム肉が入ったトマト&クリーミーな洋食系カレー。
これにスープとサラダとジュースもつきます。
トッピングなし500円だとかなりお得だと思います。

マトンソーセージが550円ということでゴツイのを期待していたのですが、写真のとおり。
うーん。
セレクトミスかなぁ。

味自体はしっかりマトンの味が感じられて良かったですよ。

全体的に塩味強めですが、その分ご飯がすすむとも言えます。
安いお金でお腹一杯になりたい時はトッピングなしで食べるのが良いでしょうね。

評価:★★★

福岡カレー日記(餃子のたっちゃん)



中洲川端「餃子のたっちゃん」特製焼カレー


北九州に本店を持つ餃子のたっちゃん。
餃子のみならず九州料理も色々とある居酒屋です。
北九州名物である焼きカレーもあります。

餃子は福岡スタイルのひとくち餃子で、肉味噌で食べるのがおすすめということで肉味噌を一緒に出してくれまして、これはこれで美味しかったのですが、焼きカレーもこの肉味噌っぽさをどことなく感じるカレーなんです。

土鍋に肉味噌的カレーにチーズと温玉を乗せて焼いたもの。
居酒屋のカレーとしては十分。
お値段もお手頃ですし。

焼きカレーもある九州餃子居酒屋。
チェーン店のようで、福岡に数店舗展開している様子。
お手頃価格で気軽に九州を感じたい時には悪くないお店だと思います。

評価:★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード