FC2ブログ

カレー日記



ときわ台「ムンアロイ」ゲーンキァオワーン、ご飯




クアクリン


ときわ台駅南口に6月にリニューアルオープンしたタイ料理店です。
以前は別の名前でタイ料理店でした。

店内はカウンター席も椅子席もあり、それなりの広さ。
タイ人の店員さんが素敵な笑顔で迎えてくれました。

頼んだのはゲーンキャオワーン。つまりグリーンカレーとご飯。
そしてクアクリンです。

クアクリンとはタイ南部の料理で、激辛のドライカレー的なもの。
と思っていたのですが、こちらのクアクリンは激辛ドライカレーというよりは、激辛カレー生姜焼き的なイメージ。
挽肉ではなくバラ肉であり、カレー味というよりはカレー風味という感じの。

僕のイメージではグリーンカレーとクアクリンのあいがけカレーにしようという算段だったのですが、そうはなりませんでした。
しかし、このクアクリンが実に美味しかったんですよ。

調理する時は唐辛子の煙でむせてしまう程。
それはちゃんとしたものを作っている証拠でもあるのです。
店員さんも「ゴメンネ~」と言いながら扉も窓も全開にしてくれました。

グリーンカレーは屋台的な味わいで、ラーメンの丼に大量に入ってきました。
これ、850円なんですよ。
池袋や湯島あたりの本格的なタイ料理店に行けば、同じタイプの同じような量のグリーンカレーが1500円くらいします。
それが850円って安すぎます。

カレーとしては濃厚ではなく、サラっといけるタイプだったのですが、クアクリンと一緒に食べるとココナッツの甘味がちょうど良い具合のスープ的な役割を果たしました。

聴けばシェフはタイ南部出身の方。
だからこそこのクアクリンなのですね。

タイ北部料理のお店は多いですが、南部料理に力を入れているお店はまだそれほどありません。
そういう意味でも注目のタイ料理店ですよ。

評価:★★★☆

カレー日記



渋谷「チョンプー」ゲンハーレー


渋谷パルコにある森枝幹シェフプロデュースのタイ料理店です。
入り口がわかりにくいのですが、大通りから見れば裏側からエスカレーターを昇っていった4階にあります。

月替わりのおすすめメニューを見ると一番最初にゲンハーレーがありました。
タイ北部の郷土料理で、豚肉のカレーです。
かつてタイへ行った時に色々と食べ歩く中、僕はこのゲーンハンレー(とも言う)に出会い、ハマったのですが、日本でこれを出しているお店は結構少なくて、見つけると食べるようにしています。
そんなわけで他はたいして見ずに即決。

スープ付き、ご飯には野菜も彩りよくあしらわれ、器など見た目にも凝っているその姿はさながらモダンタイキュイジーヌといった印象。

ゲーンはしっかりと煮込まれて柔らかくなった豚肉がゴロゴロと入り、八角の甘味ある香りと、生姜の爽やかな刺激。そしてピーナッツの食感とまろみが渾然一体となった美味しさ。
少々味濃いめではあるのですが、ご飯やそれに添えられた野菜にかけて食べてみれば程良い塩梅になるという計算。

流石です。
これがディナータイムでも1000円ちょっとでいただけるのは嬉しい限り。
今月のおすすめということで7月限定なのかもしれませんが、他の料理も気になる所。

SNSを見るとカレー祭りもやっていたことがあるようで。
また行きたいお店です。

評価:★★★☆

カレー日記



宝町「ガイ」カオゲーンキョウワンガイ




カオソイ


銀座一丁目駅、京橋駅、宝町駅、どこからも徒歩圏内、ちょうと間くらいに位置する裏通りに佇むタイ料理店ガイ。
タイ料理のお店はハズレはほとんど無いものの、当たりと思えるお店もほとんど無く、どれもそこそこ、まぁまぁという印象のお店が多いのですが、こちらのお店は当たりです。

小さなお店であり、よくあるタイ料理店的な雰囲気を醸し出していながら、味は1ランクレベルが上。

ゲーンキョウワンを食べてみれば、辛味と酸味が印象的な個性ある美味しさ。
ナスの皮を丁寧に向いてあるのは、タイ料理として正統派なスタイルであり、手抜きしていない証拠です。

カオソイもまろやかかつスパイシー。
揚げ麺と茹で麺のバランスも程良く、鶏肉も嫌な匂いがしません。
安いお店に行くとどうしても安い鶏肉を使うが故の独特の匂いがあるのですが、こちらはそれがない。
ということはそれなりに良いお肉を使っているか、その独特の匂いを消す技術があるのか。

味のベクトルは一般的に想像されるグリーンカレーの味であり、カオソイの味なのですが、それにちゃんと個性があり、手抜きせず丁寧に作った美味しさが乗っかるという印象。

これでお値段もこのエリアのディナータイムでそれぞれ1080円というのはかなりお得です。

銀座界隈だとゴージャスなタイ料理のお店が多く、大衆食堂的タイ料理は少ないのですが、ここはまさに後者的立ち位置の隠れた名店と言えるでしょう。

評価:★★★☆

カレー日記



高田馬場「ラモスカレー BAR DAIGO」スパイス野菜チキンカレー


高田馬場の間借りカレー店ラモスカレー。
月曜限定のお店から始まり、その後火曜から金曜は別の場所でも間借り営業スタート。
しかしその火曜から金曜のお店は移転。
しかししかし移転といってもほぼ隣くらいの勢いの並びなので移転したことすら気づかない人もいるかもしれないという、そんな流れです。

タイカレーをベースとしたココナッツカレーのお店ですが時々面白いメニューも出してくるので、高田馬場カレー選択肢のひとつに入れておいて損の無いお店です。

今回は看板メニューのスパイス野菜チキンカレーをいただきました。

野菜チキンカレーはココナッツミルクの甘味とハーブやスパイスの辛さが相俟った美味しさ。
それにさらにスパイスが追加されているというわけです。

この追加スパイスがあることによって、食べて行く途中でガリっと弾ける爽やかさが追加され、アクセントが出て楽しさが増します。

無くても十分美味しいのですが、スパイス付きなら有りでいくのがおすすめ。
どちらも食べたら後はその日の気分という感じで選べば良いでしょう。

並びにはカレーの人気行列店ブラザーもありますが、そちらの並びが長すぎて時間が無かったりした時は、代打としても十分な役割を果たしてくれるお店ですよ。

評価:★★★☆

カレー日記



平和台「マッキーバル」ポンカリーチャーハン


平和台駅周辺、久々に行ってみたらかなり栄えてきたといいますか進化してきたといいますか、とにかく近代化してきた印象を受けました。
そんな中、新しくできていたタイ料理店。
店名はマッキーバル。食べログではマッキーバーで登録されていますがバルが正式名称のようです。

メニュー見ると日本人による創作タイ料理バルといった印象。
店主さんの接客は威勢の良い居酒屋的。
元気あって良いです。

ポンカリーチャーハンというのが気になって頼んでみました。

カオパットにクンパッポンカリーを乗せてもの。
これ、ナイスアイディアですね。
言ってみればタイ風オムカレーチャーハン的な感じです。

ふわふわのパッポンカリーに殻と海老を取り除いて食べやすくなった海老がたっぷり入っています。
甘味とほのかな辛味。
シンプルなカオパットもタイ米だからこそのシンプルイズベストな味。
パッポンカリーが乗ってもトゥーマッチになることはなく、おかずと一緒に食べても美味しいカオパットですね。

店内は地元の主婦やカップルらしき方で賑わっていました。

タイ料理マニアにとっては珍しい料理があり、初心者にとっては食べやすい味。
素敵なお店でした。

評価:★★★☆

カレー日記



中板橋「ビエンチャン」マッサマンカレーご飯


マッサマンカレーというと世界一美味しい食べ物に選ばれたこともあるということでカレー界のみならずグルメの間では知る人ぞ知るメニューなわけですが、ハズレが少ないもののこれは当たり!と思えるレベルのマッサマンってなかなか出会えません。
そもそもタイ料理自体がそのようなものだと思っているのですが、特にマッサマンで出会えないのは僕が結局はグリーンカレーの方が好きで、そちらを選んでしまうからかもしれません。
という以上に、グリーンカレーの方がさらにハズレ率が低いんです体感的に。
一時期マッサマンに凝って色々食べてた時もあるんですが、どうにも美味しくなくはないけどグリーンカレーにしときゃ良かったと思うことが多くて。

前置きが長くなりましたがここ、マッサマンがとても美味しいです。
グリーンカレーもあったのですが珍しくマッサマン気分だったのでマッサマンにしたところ、これが当たり。
ナッツ感が実に良い塩梅なんですよ。
甘さと奥深さ。それにほんのりとした辛さ。
具材も食器も日本的な雰囲気もまた良し。

食べ慣れている人ならわかる、「他とは一味違う美味しさ」が確実にこのマッサマンにはありました。
おすすめです。

評価:★★★☆

カレー日記



上板橋「シーバンコク」グリーンカレー


ジョイバンコクがいつのまにかシーバンコクにリニューアル。
店内の雰囲気やメニューにはほとんど変わり無いのですが、見慣れぬ日本人男性が厨房にいたのでスタッフなどは変わっている様子。

ジョイバンコクは現地味のクオリティ高いタイ料理が廉価でいただけるお店だったのですが、こちらはどうでしょう。
ランチタイムにグリーンカレーを注文。
お値段900円と、以前よりは少々高め設定ですが、サラダやスープ、デザート、ドリンクがセルフサービス形式であり、ご飯もカレーも量が多めでお腹一杯になります。

味は以前と同じベクトルで現地味。日本人向けアレンジがほぼなされていないのが良いです。
グリーンカレーはちゃんと辛くて美味しいです。
具沢山で食べ応え十分。

ジョイバンコクも良かったですが、シーバンコクもなかなか。
安心しました。

評価:★★★☆

カレー日記



練馬「居空間」グリーンカレー




前菜


練馬駅の近く、路地裏にある民家を改造した素敵な雰囲気のお店です。
店内はタイのリゾート的雰囲気もあり、お店に入っただけでも楽しさを味わえます。

ランチタイムに訪問。
グリーンカレーをいただきました。

前菜盛り合わせとドリンクもついて1000円です。
プラス100円でトムヤムスープもつけられるということで、それも追加して。

まず前菜。
タイテイストのおつまみ2種とポテトサラダという組み合わせ。
これがなかなか美味しいです。
ナッツの使い方が良いですね。香りと食感に変化が出ています。

メインのグリーンカレー。
これがちょっと惜しかった。
味付け自体は悪くないんですが、鶏肉の処理が少々僕の好みとは外れていて。。

トムヤムスープも無難に美味しかったですし、前菜に使われていた鶏肉については問題無かったので、このグリーンカレーの鶏肉だけなんでこうなっちゃったのかなぁと。

雰囲気良し、接客も良し、値段もお手頃。
グリーンカレーじゃないものを頼めば正解だったのかもしれません。
だからこそ惜しい。

評価:★★★

カレー日記



新宿三丁目「バーンリムパー」ゲーンキオワーンガイ




チューチークン


新宿エリアにはタイ料理店が非常に多いのですが、新宿エリアで数店舗展開しているところもあります。
こちらバーンリムパーも増えたり減ったりして、結局今はこちらのみの様子。
どこのバーンリムパーに行ってて行ってなかったか、混乱してくるくらいに入れ替わっています。

店内はタイ本国を思わせる良い意味でゆるい雰囲気。
マイペンライってやつです。

ディナータイムはグリーンカレー、ライスはそれぞれ単品でメニューにありますが、カレーとライスのセットにすると1000円しないというお得さ。
味は本格的なタイ現地味に忠実です。
しっかりと辛さがココナッツミルクの甘味と調和したカレーで美味しいです。
ご飯はちょっと水気多めですね。

もう一品。
チューチークンもいただきました。
大ぶりの海老は頭から尻尾まで食べられるものが四尾も!
これにマイルドなレッドカレーソース。
1280円ならお得です。

タイ現地の屋台的なワイルドな美味しさで、お値段もこの界隈としては平均より安いということで、タイ料理好きなら覚えておいて損は無いでしょう。

評価:★★★☆

カレー日記



群馬 高崎「サンガム」トマトチーズグリーンカレー




グリーンカレー


評価:★★★☆

詳細はnoteに書きました。

お取り寄せカレー(高崎Sangam)

noteではカレー以外のことも色々と書いていますので良かったらそちらもブックマークよろしくです!
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード