FC2ブログ

カレー日記


渋谷「プアン」プーニムパッポンカリー


カオパッゲーンキャオワン


三軒茶屋の人気店プアンが渋谷駅前に支店をオープンさせました。
マークシティの出口から本当にすぐ。
入り口が少しわかりにくいですが、大きな看板があるのでそれを目指して階段をのぼればすぐです。
といってもそこの入り口も少しわかりにくいかもしれません。

入ってみれば中は結構な広さ。
渋谷の若者にも受け入れられやすいおしゃれな空間となっています。

カレーメニューも充実しているのですが、プーニムパッポンカリーとカオパッゲーンキョウワンをオーダー。

このプーニムパッポンカリー、かなり個性的です。
何しろ卵がとろっとろの仕上がり。
卵とカレーソースが渾然一体となっており、ソフトシェルクラブの上にかかっているという以上に卵カレーソースの海の中にソフトシェフクラブがいるような。
他のお店ではなかなかない食感で、美味しいです。

カオパッゲーンキョウワン、つまりグリーンカレー炒飯もベタつくことなくしっかりグリーンカレー味をまとい、軽やかな仕上がりなのは流石です。

タイのウイスキーを使ったハイボールはタイボールと名付けられてウイスキーの差によってαとβがあったりするのがまた面白く、つまりは飲み利用も対応という以上に、お酒メニューの充実ぶりからして、タイ料理でお酒を飲むというのが一番良い使い方でしょう。
ちなみにタイボールはαの方が好みでした。

渋谷は隠れタイ料理激戦区ですが、駅前でこれだけ良いタイ料理屋ができたのはタイ料理好きには嬉しいニュースですね。

評価:★★★☆

カレー日記


三鷹「エレファントキッチン」ゲーンキャオワン


三鷹駅南口から歩いて7分程でしょうか。大通りから一本脇に入った道。
夜は明るくない通りですがお店は明るく、外から中も見えて入りやすい雰囲気です。

店内は地元の日本人マダムやカップルでにぎわっておりました。

ゲーンキャオワン、つまりグリーンカレーをオーダー。
ディナーは全体的に1000円~1500円くらいの価格帯ですが、グリーンカレーは1200円でライスもついてきてお得感あります。

ゲーンは濃厚系。
手羽元二本入り、とろとろに煮崩れる寸前の茄子とフレッシュなパプリカ。
辛さは控えめで、日本人女性に受けそうな味わい。

ライスは日本米とタイ米のブレンドで、これまた日本人受けを狙っているのでしょうか。

とりあえず無難にちゃんと美味しいです。

厨房はタイの方が数名、ホールは日本人が二人ということで、なかなかの人数。
それだけ人気があるということでしょうね。

評価:★★★☆

カレー日記


高田馬場「ノンラー」チキンカレーライスのセット


早稲田通り沿いに2019年9月にオープンしたベトナム料理店です。
店内入ってみると外からの光がしっかりと入って明るく、細長い形でなかなかの広さです。

そしてそのなかなかの広さに8割程お客さんが入っており、そのお客さんの8割くらいがベトナム系の方だったことにまず驚き。
高田馬場は外国人向けの日本語学校もあり、ミャンマー人が多く存在するエリアでもあるので、確かに外国人の人口は多いです。
それにしてもこれだけ集まっているとは凄いなぁ。
外国人コミュニティの間でも評判のお店ということでしょう。

ランチメニューからチキンカレーのセットを注文。
単品でも頼めますが、セットだとサラダ、春巻き、チェーもついてくるということでセットにしました。

チキンカレーは手羽元3本入り。
揚げたじゃがいもも入ったココナッツベースの甘味のあるカレー。
ベトナムスタイルの王道であり、ココナッツカレーが好きな方にはたまらない味でしょう。
この手のカレーはハズレも少ないかわりに大当たりと呼べる程のものもあまりなく、こちらも普通に当たりといいますか、期待通りの美味しさといったところです。

その他の料理ものきなみ美味しくて、サラダにはチキンが入ってたりするのも嬉しいですし、卓上の辛味ペーストで辛さの調整も可能。

高田馬場のカレー選択肢が増えたと言えるでしょう。
馬場界隈のカレー好きには嬉しいお店です。

評価:★★★☆

カレー日記


赤坂「シンガポールバクテー」全部入り特製バクテーカレー


肉骨茶と書いてバクテー。
シンガポール、マレーシアの郷土料理で、豚スペアリブの薬膳スープといった料理です。
独得の滋味と香りは好き嫌い分かれるところですが、僕は肉骨茶が好きです。
辛味加えるとグっと美味しくなるんですよ。

そんなバクテーの専門店がいつの間にか赤坂にできていました。
バクテーのみならず、バクテーをカレーにしたバクテーカレーもあります。

これのトッピング全部乗せ的な、全部入り特製バクテーカレーをいただきました。
税別1500円。ということは税込み1620円。そして間もなく税込み1650円となるのでしょう。

訪問したのは夕方。
他にお客さんは1人という状況だったのですが、出てきたカレーを一口食べて、温度的な問題を感じました。
店員さんは全員アルバイトだったのかな。

温度的な問題があったからかもしれませんが、全体的にぼやけた印象。

バクテーの良さとカレーの良さが足し算になっていれば良いなと思っていました。
あわよくば掛け算になっていれば最高だなと。

こちらはどうだったかというと、足したんだけど何か引かれてしまって結局印象があやふやになる感じと言いますか。
うーん。

これで税込み1200円以内だったらまぁこんなもんかなという感じもするのですが、1620円ですからねぇ。

美味しいか美味しくないかの二択であれば美味しいとは思いますよ。
でも、大事なことってそれだけじゃないですよね。

評価:★★★

カレー日記


新板橋「クルアチャオプラヤー」チューシーグンセット


新板橋、板橋、下板橋。
このあたりは3路線通っていながらどこへも歩いて行ける距離感で便利ですね。
飲食店もなかなか多いです。

こちらはそのエリアのタイ料理店。
ランチタイムに訪問。

店内は良い意味で屋台感。
店員さんは厨房も接客もタイ人で現地感。

ランチメニューから海老のレッドカレー炒めとガパオのセットをいただきました。

ガパオは塩気強め。
ちゃんとガパオ仕様の本物ガパオ。
海老のレッドカレー炒めというよりは海老とキャベツが具になった普通のレッドカレーといった感じでしたが、これはこれでマイペンライ。

スープとサラダがついて1000円。

良い意味で力の抜けた感じだったり、お店の雰囲気だったり、タイ本国を思わせるようなお店です。
肩肘張らずに気軽に立ち寄りたいお店ですね。

評価:★★★☆

カレー日記


大崎広小路「ポーモンコン」グリーンカレー


五反田と大崎の間くらいに位置するタイ料理店ポーモンコン。
こちらはタイ料理とクラフトビールにも力を入れているそうで、ビール好きの友人から教えてもらいました。
ただ僕はビール飲まないんですよ。
というわけでランチタイムに訪問。

カレーは日替わりカレーということでしたが、この日のカレーはグリーンカレー。
それ以外にカレーは無かったので迷わずそれを注文。

グリーンカレーはハーブの香りがしっかりとして美味しいです。
豚の薄切り肉を使用していましたが、これはこれで合いますね。

スープも豆腐が入っていたりする感じ、好きです。
日本人のお店だからこその心遣いを感じました。

サラダもついて850円。
ご飯少な目でお願いしたら、小サイズだと少し割引になって800円でした。
このあたりも嬉しいところ。

味はタイ的でサービスは日本的。
素敵なお店でした。

評価:★★★☆

カレー日記


日比谷「プーケットオリエンタル」夏野菜とトマトのガパオライス、ミニグリーンカレー


日比谷のミッドタウンにあるタイ料理のお店です。
タイ料理店といっても、普通のタイ料理ではなく、タイ料理とその他の料理をかけあわせたタイフュージョン的な料理がいただけます。

インド料理においてもモダンインディアンは流行の兆しを見せていますし、このように様々な料理が進化しているのですね。

ランチタイムに訪問。
ガパオとグリーンカレーのセットを注文。
ただしこのガパオが普通ではありません。

夏野菜とトマトが入っていて、これとガパオがミックスされることにより、どことなくカレー感が強まるという面白いものでした。
トマトとガパオの意外性。
でもこれが悪くない相性で。

グリーンカレーは王道の美味しさ。
スープやデザートも良かったのですが、グリーンスムージーがしっかりと野菜を感じさせながらも野菜のエグみはなく、飲みやすい美味しいものだったのが印象的。

夜メニューを見ると創作系が色々と。
またディナータイムに何人かで来て、あれこれとつまんでみたいお店です。

評価:★★★☆

カレー日記


祖師ケ谷大蔵「馬来西亜マレー」レッドライス、チリジャガ


イスパハーニライス


ガヤン


アイスチャイ


久しぶりの訪問となりました。
酷暑の昼下がり、13時すぎでちょうどタイミング良く空席がありましたが、僕が入った後にはどんどんまたお客さんが来て、最終的には満席で入れないお客さんも出るくらいでした。
やはり人気店。予約して行くのが良いでしょう。

今回はレッドライス、イスパハーニライス、チリジャガをシェア。

レッドライスはレッドカレー。
ココナッツミルク使用でタイカレー的ではありますが、タイカレーとも少し違う味わいで、メニューに「一年中おいしいカレーです」とありましたが、まさに季節問わない美味しさです。

イスパハーニはスープカレー。
大ぶりの野菜に紅茶豚。
この紅茶豚の甘みがしっかりと美味しさにつながっていて良かったです。

チリジャガ、ここにきたら欠かせません。
シンプルイズベストな美味しさです。

新アイスメニューにガヤンというものがあったので、それとアイスチャイで〆。

ガヤンはカルーアなどのリキュールを使用している様子。
しっとりとした食感に程好い甘味。
お酒の香りも良いです。

ガヤンとは祖師谷のガヤからきているそうです。
そういう楽しさもこちらのお店の魅力のひとつ。

アイスチャイもスパイスきいてて美味しかった。

久しぶりに来て思ったのは、こちらのお店は本当に接客が素晴らしいということですね。

忙しいのに笑顔で過不足無い声かけをしてくれる。
左利きのお客さんには何も言われずとも見つけたらすぐ左利き用のスプーンをさっと出す。

そういう空気感がこちらの料理の美味しさを上げているのでしょうし、愛を込めて作っているからこそ美味しいのでしょう。
素晴らしかった!

評価:★★★★☆

カレー日記


錦糸町「プアンタイ」プーニムパッポンカリー


ムゥサテー


最近はすっかりバングラデシュ料理天国として知られている錦糸町ですが、元々はタイ料理天国であり、今もその部分は衰えたわけでもなく相変わらずに良いお店が多い地域です。

こちらプアンタイも錦糸町らしい良いお店。

ホテル街のど真ん中に存在するお店は、白を基調とした明るい店内。
店内はタイ人のお客さんが多いです。
つまりは現地人に愛されるお店ということ。

プーニムパッポンカリーとムゥサテーをいただきました。

プーニムパッポンカリーはふわとろ卵と、セロリなどの野菜のそれぞれの火入れ加減が絶妙。
プーニムもカラっと揚がっていて臭味もなく、美味しいです。
値段もお手頃価格なのがまた嬉しいところ。

ムゥサテーはカレー味と書いてありましたが、さっぱり系のきゅうりソースとカレーソースをつけていただきます。
どちらをつけても良い感じのナイスおつまみ。

タイ人店員さんの接客も良い具合にくだけていてフレンドリー。
やっぱり錦糸町は楽しい街ですね。

評価:★★★☆

カレー日記


大久保「ルンルアンお菓子処」ゲーンキョウワン&カオパット、カノムモーゲン


大久保駅南口。
ここを降りると大好きな魯珈へ行ってしまうことがほとんどなのですが、そちらと逆サイドに出て新大久保駅へ向かう途中に魅力的なお店があります。
それがこちら。
近くにあるタイ料理店ルンルアンのお菓子処ということですが、お菓子のみならず弁当も充実しており、しかも店内でイートインも可能なのです。

いただいたのはゲーンキョウワンとカオパット、つまりグリーンカレーとチャーハンが一緒になったお弁当。
これは500円なのですが店内で食べるとサラダとスープもサービスでついてくるという大サービスぶり!

ハラルマークのついたお弁当、食べてみればタイの屋台で食べるような美味しさ。
グリーンカレーの鶏肉は骨付き。
カオパットは炒め具合も良くて油っこさはなく、合わせて食べると美味しさも倍増です。

せっかくのお菓子処なので、デザートにカノムモーゲンもいただきました。
これも現地のモーゲン屋さんで買って食べたのと同じような方向性の味であり、同じレベルの美味しさ。
これが200円。
素晴らしいです。

大久保には本当に魅力的なエスニック系料理店が多くて困ってしまいます。
ここも覚えておいて損はないですよ。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード