カレー日記


錦糸町「プータイ」プーニンパットポンカリー


錦糸町南口のディープエリアにあるタイ料理店です。
以前もタイ料理店だった場所ですが、プータイに変わってからもう結構たちますね。
プータイになってから初訪問。

プーというのはタイ語でカニのこと。
店名にもあるので売りなわけでしょう。
ということでプーニムパッポンカリー(ソフトシェルクラブの玉子カレー炒め)をいただきました。

卵の火入れ具合は平均より少々強め。
ソフトシェルクラブはパリパリと香ばしくて、こちらの火入れも強めな印象。
野菜は玉葱やセロリの王道なところで、味付けも程良く、なかなか美味しいプーニムパッポンカリーです。
火入れの具合が強めというのが個性であり、このあたりが好みの分かれるところかもしれませんが、個人的には結構好きです。

他にヌアヤーンもいただいたのですが、こちらの火入れは強めというわけでもなく、程良いミディアム具合。
料理によって違うのでしょう。

スパイを飲みながらプーニムパッポンカリー。
錦糸町の夜は楽しいですね。

評価:★★★☆

カレー日記


三軒茶屋「コンタイ」パネンカリー


三軒茶屋北口から歩いて3分くらいの場所にあるタイ料理店です。
スタート時間が少し遅めの19時から。
土日はランチもやっているようです。

飲み利用で訪問。
店内の雰囲気は非常にタイっぽいです。
レストランでも屋台でもなく、バンコクの路地裏にある昔ながらのカフェバー的な。
薄暗い中に良い意味で安っぽいネオン。
こういうの好きです。

店員さんは厨房にタイ人男性、接客は日本人女性でした。

スパイを飲みつつ、つまみになればとパネンを注文。
パネンといえばレッドカレー炒め。
セミドライタイプであることが多く、お酒のおつまみにもご飯のおかずにも良い万能選手。
しかしこちらのパネンは汁物系。
豚肉と、いんげん、ヤングコーン、パプリカ、ブロッコリーなど様々な野菜が入っていて、つまみというよりはご飯に合わせるレッドカレーでした。

予想していたものとは違いましたが、これだけ野菜が色々と入っているのはかえって嬉しいこと。
1000円しない値段設定も嬉しく、汁タイプではありましたがお酒のおつまみとしてもちゃんと機能してくれました。

評価:★★★☆

カレー日記


新宿三丁目「アガリコ」グリーンカレー


新宿三丁目駅すぐ近くにあるアジア料理の居酒屋です。
グリーンカレーやマッサマンカレー。フォー、ガパオ、その他諸々。
店員さんは日本人です。

入ってみるとお客さんは若い人だらけ。
合コンなのかな?と思われるグループや、サークルの集まりかな?と思われる男女グループや、とにかく若い男女で賑わっていました。

頼んだのはグリーンカレー。
他にBBQスペアリブも。

グリーンカレーは日本人向けアレンジのグリーンカレーです。
色々と野菜が入っているという説明書きがメニューにあったのですが、オクラ、ヤングコーンがメイン。
鶏肉も入っています。

本格的な味を求めている人には物足りない味ですが、一般的な若い男女にはこのくらいの方がクセがなくて食べやすいのかもしれません。

スペアリブは醤油ベースの甘辛ダレ。
悪くないですが特に珍しくもなく。

それぞれひとつずつ食べるとアレですが、一緒にしてみたらこれはこれで悪くないじゃないと思えるような味になりました。

店員さんは皆さん一生懸命で好感持てる接客でした。
朝まで営業で、深夜の飲み放題なんかもあるようです。
若い人達には色々と使い勝手の良いお店だと思います。

評価:★★☆

カレー日記


大塚「momochacha」カレーラクサ


焼売


スープカレー屋ばぐばぐがあった場所にシンガポール料理店ができたと知って行ってきました。
日曜のランチタイムに訪問。
ランチメニューは平日のみということで日曜はアラカルトからの注文となりましたが、カレーラクサと焼売をオーダー。

ラクサは平日ランチだとチキンで炊いたライスがついて900円とのことですが、日曜は単品で1080円。
まぁそのくらいなら良いかなと思ってたら、実際はチキンで炊いたライスもサービスでついてきたのでちょっとラッキーです。

海老出汁のガツンと効いたココナッツカレー麺。
麺は中華麺かビーフンか選べるということで中華麺にしたのですが、太麺で茹で具合もバッチリ。
流石ラーメンが流行っているシンガポールだけのことはありますね。
これが本格的なタイ料理店に行って中華麺で頼むと茹ですぎだったりすることも少なくないですから。

焼売は4個500円と書いてあったのですが、実際は5個で500円でこれまたちょっとラッキーな気分に。
こちらも王道中華というよりはシンガポール感のある焼売です。
何がシンガポール感なのかといわれると説明が難しいのですが、シンガポールで食べたものの雰囲気にどれも近いんです。
ということはシンガポールの料理を日本人向けにアレンジしたわけでもなくそのまま出しているということ。

店内もラジオがかかっていたのですが英語で、店内で飛び交う言葉も中国とと英語。それもシングリッシュ。

シンガポールにいる気分になれ、またシンガポールに行きたくなっちゃいました。
そう思わせるくらいに良いお店ということですね。

評価:★★★☆

カレー日記


門前仲町「ヤムヤム」グリーンカレー


深川不動尊参り。帰りがけに見つけたお店です。
大通り沿いの1階から3階まで。タイ料理居酒屋ということですが、ランチタイムに訪問。
厨房がタイ人スタッフ。
接客は日本人という構成。

ランチのカレーはグリーンカレーのみでしたが夜には他にも色々あるようです。
ランチにはスープとサラダがつくそうで、グリーンカレーはそれがついて850円。
スープはトムヤムスープ。
サラダは生春巻きでした。

グリーンカレーはサラサラ屋台味。
鶏肉が大き目カットなのが良いですね。
スープはトムヤムスープ、サラダは生春巻きでしたが、これで850円なら妥当なところ。
他にもカレーがあったり、おかずをダブルで選べたりするともっと良いんですが。

店員さんによると2月にオープンしたばかりながら、夜は満席の日も多いんだとか。
確かに日本人受けしそうな味でした。
以前はこのエリアにダオタイという名店がありましたが、今は無いのでその分の需要が眠っていたのかもしれませんね。

評価:★★★

カレー日記


大久保「バーンタム2」プーニムパッポンカリー


サテ


大久保はしご酒。
2軒目の利用です。
バーンタムに行ったらなんと定休日。。。

しかし2号店ができたとの張り紙が。
せっかくなのでちょっと歩いて2号店に行ってきました。

明るい店内。
日本人店員さんもいてそこまでディープな雰囲気は感じません。

頼んだのはプーパッポンカリーとサテ。
プーパッポンカリーはソフトシェルクラブでも同料金で作れるということだったので、プーニムにしてもらいました。

味ちょっと濃い目、卵の火の入れ具合がしっかり目のプーニムパッポンカリー。
お酒のつまみにも良いですし、ご飯にも合いますねこれ。
美味しいです。

そしてサテ。
ソースも美味しく、ピーナッツの食感と香りも良く、鶏肉の火入れ具合もなかなか。
これまた美味しいです。

値段は大久保エリアにしては安くないんです。
しかし、これだけの味なら十分妥当。
お店の雰囲気はディープじゃなくとも、味はディープなマニアでもきっと気に入る味です。

大久保は本当に良いお店が多いですね。
住みたい!
昔住んでた頃にはこんな良いお店いっぱいなかったんですよ。
なんだか悔しい!

評価:★★★☆

カレー日記


新橋「オールドタイランド」ゲーンキィオワンガイ


新橋エリアには美味しいカレーを出すお店が多いのですが、土日が休みというお店がほとんど。
サラリーマンの街なので仕方ないのですが、そんな中で日曜営業してくれているこちらのようなお店は助かります。
しかも美味しいんですから尚更。

路地裏にある隠れ家的タイ料理店です。
日曜ランチタイムに訪問。
グリーンカレーを注文しました。
スープと生春巻きがついて1000円ちょっと。

決して安くはないですが、その分内容は十分。
鶏肉たっぷり。ナスやピーマンの入ったグリーンカレーは濃厚でありながらキレもあってナイスバランス。
タイカレーの美味しい店に行くと、濃厚レストラン系かサラサラ屋台系の2つに主に分かれるのですが、こちらのグリーンカレーはその中間でありながらぼやけているわけではなく、どちらの良さも感じる美味しさでした。

スープもトムヤム味ベースの酸っぱ辛いもので、サービスでこれがついてくるのは嬉しい限り。
生春巻きは小さいですがこれもサービスなら十分満足。
結果的に1000円ちょっとならお得と思えるクオリティでした。

ちょっと怪しげな雰囲気もまたこのお店と料理に合っていてむしろ素敵。
こういう所を知っていると女子受けするんじゃないかと思います。

評価:★★★☆

カレー日記


幡ヶ谷「スパイスマーケット」オレンジのカレー


鶏肉とたけのこのレッドカレー炒め、レモングラスサワー


幡ヶ谷駅南口から徒歩5分しないくらいの位置にあるタイ料理店です。
店内はそれほど広くなく、外から中の様子も見えるので入りやすい雰囲気。
女性客を中心に賑わっていました。

カレーはグリーン、レッド、イエロー、マッサマン。
そしてオレンジなるものも。
オレンジと言っても柑橘類ではなく、レッドとイエローの間ということかなと予想して店員さんに聞いたのですが、「ペーストがチガイマス」とイマイチ言葉が通じていない雰囲気。おそらくタイの方なので仕方ないですね。
厨房には日本人女性の姿も。

とりあえずその内容を確かめるためにもオレンジのカレーをオーダー。
飲み物はレモングラスサワーをお願いしたところ、「お通しが3つからエラベマス」と。
その中に鶏肉とたけのこのレッドカレー炒めがあったので、迷わずそちらを注文。
選べるお通しは嬉しいですし、好きなものを食べられるのでお得ですね。

まずお通しとお酒から。
ちゃんとタイ味ですが、日本人にも好まれるバランスの良さ。
幡ヶ谷というエリアに合っている方向性と感じました。

そしてオレンジのカレー。
やはり予想通りイエローとレッドの間くらいの感じ。
先に食べていたレッドカレー炒めより少しだけマイルドな気がしましたが、思っていた程の差はありませんでした。
たっぷり筍と豚肉薄切りのカレーで、味も良いです。
日本人向けアレンジというほどでもないですが、日本人が作った本格タイ料理的な落としどころであり、ガチすぎるタイ料理は苦手という方にはピッタリかと思います。
ガチすぎるのも好きな僕ですが、これも十分に美味しいと思えるカレーでした。
なにしろオレンジというのが珍しくて良いです。

食べている間、テイクアウトのお客さんも何人か。
色々なニーズに対応しているんですね。
人気があるのも納得のお店でした。

評価:★★★☆

カレー日記


浅草橋「スマイルタイランド」鶏肉グリーンカレーセット


浅草橋駅近くのタイ料理店です。
日曜日の14時頃に行ったのですが店内ほぼ満席。えらい人気ですね。

ランチメニューからグリーンカレーセットをいただきました。
グリーンカレーと生春巻きとお茶のセットで980円。

グリーンカレーは鶏肉と茄子がメイン。
サラサラでタイ本国の屋台テイストに近いお味でした。
店構えは屋台的ではなくレストラン的。
高級感もあります。

そのあたりの見え方だったり、丁寧なサービスだったり、味についても日本人向けにしているなと感じました。
それが奏功しての人気なのでしょうね。

評価:★★★

カレー日記


品川「ラックタイ」ゲーンキオワーン


コームーヤーン


品川駅近くのビルの地下レストラン街に入っているタイ料理店です。
ラックタイは五反田など近隣にいくつかお店を構えるチェーン店。

ディナータイムに訪問。
グリーンカレーはディナータイムでもライスつき980円とお得。
税別ですがそれでも平均よりは安めだと思います。

安かったのでコームーヤーンも一緒に注文しました。

グリーンカレーはこの手のお店というか、こういう場所にあるお店としては意外なほどしっかりした辛口で、そこがまず良い感じ。
具は鶏肉、筍、茄子とシンプルでしたが、このしっかり辛いグリーンカレーが先述の値段というのはやはりお得だと思います。
こういう場所だとついつい一般的日本人の味覚に合わせて辛さ控えめになってしまい、それが結果的に味をぼやけさせることにつながっているお店が多い中、ちゃんと辛いからこその美味しさで良かったです。

コームーヤーンの焼き具合も程良く、こちらもまたなかなか。

味自体はそれぞれ十分満足だったんですが、気になった点がひとつだけありまして。。。
あくまで僕の主観なので具体的に書くことは遠慮しておきますが、少々残念に思うことが味や値段以外であったということです。

評価:★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード