FC2ブログ

カレー日記



中板橋「ビエンチャン」マッサマンカレーご飯


マッサマンカレーというと世界一美味しい食べ物に選ばれたこともあるということでカレー界のみならずグルメの間では知る人ぞ知るメニューなわけですが、ハズレが少ないもののこれは当たり!と思えるレベルのマッサマンってなかなか出会えません。
そもそもタイ料理自体がそのようなものだと思っているのですが、特にマッサマンで出会えないのは僕が結局はグリーンカレーの方が好きで、そちらを選んでしまうからかもしれません。
という以上に、グリーンカレーの方がさらにハズレ率が低いんです体感的に。
一時期マッサマンに凝って色々食べてた時もあるんですが、どうにも美味しくなくはないけどグリーンカレーにしときゃ良かったと思うことが多くて。

前置きが長くなりましたがここ、マッサマンがとても美味しいです。
グリーンカレーもあったのですが珍しくマッサマン気分だったのでマッサマンにしたところ、これが当たり。
ナッツ感が実に良い塩梅なんですよ。
甘さと奥深さ。それにほんのりとした辛さ。
具材も食器も日本的な雰囲気もまた良し。

食べ慣れている人ならわかる、「他とは一味違う美味しさ」が確実にこのマッサマンにはありました。
おすすめです。

評価:★★★☆

カレー日記



上板橋「シーバンコク」グリーンカレー


ジョイバンコクがいつのまにかシーバンコクにリニューアル。
店内の雰囲気やメニューにはほとんど変わり無いのですが、見慣れぬ日本人男性が厨房にいたのでスタッフなどは変わっている様子。

ジョイバンコクは現地味のクオリティ高いタイ料理が廉価でいただけるお店だったのですが、こちらはどうでしょう。
ランチタイムにグリーンカレーを注文。
お値段900円と、以前よりは少々高め設定ですが、サラダやスープ、デザート、ドリンクがセルフサービス形式であり、ご飯もカレーも量が多めでお腹一杯になります。

味は以前と同じベクトルで現地味。日本人向けアレンジがほぼなされていないのが良いです。
グリーンカレーはちゃんと辛くて美味しいです。
具沢山で食べ応え十分。

ジョイバンコクも良かったですが、シーバンコクもなかなか。
安心しました。

評価:★★★☆

カレー日記



練馬「居空間」グリーンカレー




前菜


練馬駅の近く、路地裏にある民家を改造した素敵な雰囲気のお店です。
店内はタイのリゾート的雰囲気もあり、お店に入っただけでも楽しさを味わえます。

ランチタイムに訪問。
グリーンカレーをいただきました。

前菜盛り合わせとドリンクもついて1000円です。
プラス100円でトムヤムスープもつけられるということで、それも追加して。

まず前菜。
タイテイストのおつまみ2種とポテトサラダという組み合わせ。
これがなかなか美味しいです。
ナッツの使い方が良いですね。香りと食感に変化が出ています。

メインのグリーンカレー。
これがちょっと惜しかった。
味付け自体は悪くないんですが、鶏肉の処理が少々僕の好みとは外れていて。。

トムヤムスープも無難に美味しかったですし、前菜に使われていた鶏肉については問題無かったので、このグリーンカレーの鶏肉だけなんでこうなっちゃったのかなぁと。

雰囲気良し、接客も良し、値段もお手頃。
グリーンカレーじゃないものを頼めば正解だったのかもしれません。
だからこそ惜しい。

評価:★★★

カレー日記



新宿三丁目「バーンリムパー」ゲーンキオワーンガイ




チューチークン


新宿エリアにはタイ料理店が非常に多いのですが、新宿エリアで数店舗展開しているところもあります。
こちらバーンリムパーも増えたり減ったりして、結局今はこちらのみの様子。
どこのバーンリムパーに行ってて行ってなかったか、混乱してくるくらいに入れ替わっています。

店内はタイ本国を思わせる良い意味でゆるい雰囲気。
マイペンライってやつです。

ディナータイムはグリーンカレー、ライスはそれぞれ単品でメニューにありますが、カレーとライスのセットにすると1000円しないというお得さ。
味は本格的なタイ現地味に忠実です。
しっかりと辛さがココナッツミルクの甘味と調和したカレーで美味しいです。
ご飯はちょっと水気多めですね。

もう一品。
チューチークンもいただきました。
大ぶりの海老は頭から尻尾まで食べられるものが四尾も!
これにマイルドなレッドカレーソース。
1280円ならお得です。

タイ現地の屋台的なワイルドな美味しさで、お値段もこの界隈としては平均より安いということで、タイ料理好きなら覚えておいて損は無いでしょう。

評価:★★★☆

カレー日記



群馬 高崎「サンガム」トマトチーズグリーンカレー




グリーンカレー


評価:★★★☆

詳細はnoteに書きました。

お取り寄せカレー(高崎Sangam)

noteではカレー以外のことも色々と書いていますので良かったらそちらもブックマークよろしくです!

四国カレー日記



高知 堀詰「カフェド梵」グリーンカレー




バナナケーキ、ブレンド


高知県で恐らく一番栄えているエリアにある喫茶店です。
夜まで空いている喫茶店として地元では知られた人気店とのこと。

メニューはケーキがメイン。
フードはカレー推し。
普通のカレーもありますが、それより先にタイカレーのラインナップがメニューにあるのでタイカレー推しなのでしょう。

というわけでグリーンカレーにバナナケーキ、そしてブレンドを注文。
まとめてセット注文すると安くなるというのは嬉しいサービスです。

まずカレー。
タイのグリーンカレーがベースなのですが、それに一工夫したようなオリジナリティを感じます。
様々な野菜が入っていること、そして緑色を濃くする為にパセリか何かのみじん切り的な葉っぱをドバっとふりかけているんです。
食べてみるとカレーの味が強いのでこの葉っぱが結局何なのか確信持てないのですが、これが味にも少し変化を加えていて面白いです。

ケーキはしっかりめのシフォンケーキのまわりに生クリームをコーティングさせたものなのですが、甘さ控えめで美味しいです。

コーヒーはほのかな酸味で軽やかなもの。
夜に飲んでも良さそうなコーヒーでした。

確かにこんなカフェが夜にも使えるとなると便利です。
通し営業ということも含めて、使い勝手の良さそうなお店でした。

評価:★★★☆

カレー日記



池袋「ピラブカウ」おかず3種プレート(鶏肉のグリーンカレー、牛肉のパネーンカレー、タガヤサン葉のカレー)




タイ風焼きダック


池袋北口には本格的な現地味で雰囲気も現地感満載なタイ料理店がひしめきあっているのですが、その中でも僕が一番好きなお店がピラブカウでした。
掘っ立て小屋(褒め言葉)のような建物で食べる本格的でありつつもオリジナルを感じさせるタイ料理の数々は、どれを食べても美味しくて、値段も良心的だったので何度も通ったお店です。

しかしそのピラブカウが無くなってしまったんです。
ピラブカウのスウィーツ店の方は残ったのに。
と思っていたら、そのスウィーツ店の方がピラブカウとなり、つまりはめでたく移転オープンとなったわけです。
良かった良かった。

なんだかんだ言いつつ久しぶりのピラブカウ。
おかず3種プレートという、ネパールのダルバートやインドのターリーに使われるような仕切りが入った大きな銀皿にご飯が乗り、3つの仕切りに入るおかずを選べるメニューがあったのでそれにしました。

選べるおかずの種類も豊富。
鶏肉のグリーンカレー、牛肉のパネーンカレー、タガヤサン葉のカレーの3種をセレクト。
カレーおじさん\(^o^)/ですから!

これにピラブカウ名物の焼きダックも追加して。

グリーンカレーは昔のピラブカウのグリーンカレーとはちょっと違う方向性となっていましたが、これはこれで十分に美味しいもの。
タイの屋台味ですね。
昔はもっとワイルドでアグレッシブなグリーンカレーだったのですが、今のはちょっとおとなしくなったとも言えるのですが、こちらの方が万人受けするかもしれません。

パネンは濃厚で牛肉の旨味がしっかり感じられるもの。安いですが牛肉の量もケチってないところが良いです。

そしてタガヤサン葉のカレー。
ゲーンキーレックとも呼ばれるタイ南部のカレーです。
これが食べられるお店は都内にもなかなかありません。

タガヤサンというのは鉄刀木とも呼ばれる木。数珠なんかにも使われる木です。
これの葉っぱを使ったカレーというわけですが、この葉っぱが苦いんですよ。
けど、その苦さがこのカレーにピッタリと合ってクセになる味わい。
豚肉が少し入っているのがまた良い感じ。
これは単品でもしっかり食べたいなぁ。

このカレー三昧が1200円は相当お得ですよ。
流石ピラブカウです。

焼きダックもちょっと味わい変わった気がしますが美味しさ的には変わりません。
ベクトルが変わっただけで美味しさのレベルは同じといいますか。
前よりもちょっと濃厚かな。

そんなわけで移転したピラブカウ。
味の方向性は少し変われど、美味しさとお値段の手頃さは変わらず。
さらにはこれの他に面白いオリジナルメニューが増えていて、また行かねばと思える名店です!

評価:★★★★

カレー日記



ときわ台「イムサヤーム(イムサイアム)」ガパオとグリーンカレー


ときわ台駅から北へ少し歩いた所にあるタイ料理店です。
お店の看板には「イムサヤーム」とあり、店内のメニューには「イムサイアム」とあります。

ついでに言えば食べログには「イムサイアム(旧店舗名イムサヤーム)」と情報が出ているのですが、そもそもサヤームとはタイの地名であるサイアムをよりタイ的に発音したもの。
タイでサイアム駅に降りる際、電車のアナウンスが「サィアーム」と言っていたので、サヤームにも聞こえるわけです。

ランチタイムに訪問。
タイを感じさせる内装とマイペンライな接客。
ほっこりします。

ガパオとグリーンカレーのセットを注文しました。
ご飯の脇にガパオとグリーンカレーがあいがけ。ご飯の上にタイスタイルのフライドエッグ。
生春巻きとスープにデザート、そしてドリンクもついてくるセットです。

これ、渋谷あたりのタイ料理店で頼むと1200円くらいするメニューですが、こちらではなんと850円。
ときわ台価格というのもあるのかもしれませんが、それにしてもお得ですね。

味はタイ現地の屋台で食べるような本格派。
グリーンカレーはしっかりした辛味とほのかな酸味でスッキリした味わい。

ガパオもタイのホーリーバジルがしっかりと香り、フライドエッグの火入れも絶妙。
美味しいです。

余談ですが店内にある飲み放題メニューの貼り紙、非常に面白いのでチェックしてみてください。
この手のお店にはよくある表記ミスが散見されるのですが、それが実に味わい深いんですよ。

そしてさらに余談ですが領収書をもらった所、そちらには店名が「イムサムアイ」と書いてありました。
もはやサイアムでもサヤームでもないというw

マイペンライですね\(^o^)/

評価:★★★☆

カレー日記



学芸大学「バーンメイ」グリーン&レッドミックスカレー




ラープの揚げ包みチーズ入り




タイ風さつまあげのサラダ




自家製ココナッツアイス


最初に言っておきます。
こちらのお店は常連さんや独自の姿勢をわかってくれるお客さんを大事にしたい為、あまり名前を知られたくないのだそうです。
例えば一品だけ軽く食べて、すぐ会計して出るなら問題ないのですが長話でぺちゃくちゃと長時間居座るような方や、本物のタイ料理に対して理解が無く、無駄にパクチー山盛りを要求するような方はご遠慮くださいということです。

このあたり、少しでも本格的に食べ歩いている方なら誰もが理解していることとは思いますが、インスタ映えを狙うだけの方や流行を追いかけるだけの方にはわからないことかもしれません。

もちろんインスタ映えを狙うのも流行を追いかけるのも悪いことではありません。
そういう楽しみ方もありますからそれを否定するわけではないのですが、どうせするならその飲食店に対してリスペクトを持ち、その姿勢を理解すべきだと思うのです。
そしてその姿勢を理解できない、共感できないのであれば、行かなければ良いだけの話です。

店名の「バーンメイ」。
メイさんの家という意味です。

メイさんとはこちらのタイ人女性シェフ。
オーセンティックなタイ料理をベースに、独自の工夫とアイディアの効いた絶品タイカレーを作ってくれる方です。

その方のお家ということ。
つまりお店というよりお家なのです。
家主が入って欲しくない人を家に入れないのは当然のことですからね。
飲食店を何故か下に見ている方もちらほら見かけますが、お客様は神様ではありません。
お客様はただのお客様なのです。
そしてこちらのお店はお客様を選ぶということ。当然のことです。

前置きが長くなりましたが、それに理解できる方のみ、行くようにしてください。

夜のスペシャルおまかせコースで訪問しました。
最初から最後まで全て素晴らしかったのですが、特に気に入ったものについてまとめます。
商品名はあってないようなもの。
自分なりにわかりやすく書いておきます。

・グリーン&レッドミックスカレー
文字通りグリーンカレーとレッドカレーをミックスしたものです。唐辛子の二段使いによって辛さに立体感が出るのみならず、香りにも広がりが出ていました。
タイは唐辛子をただ辛さ増しのみならず、ハーブ的にも使うということが理解できるようなカレー。
ご飯が進む美味しさでした。

・ラープの揚げ包みチーズ入り
ラープとは肉や魚をハーブ、唐辛子、ナンプラー、ライム、煎り米粉などで合えたもの。
通常はキャベツなどの葉物野菜と一緒に食べるのですが、このラープは何と油揚げで包まれて、それを軽く焼いた形。
しかも中にはチーズも入っているんです。
こんなラープ食べた事ない!
そしてこれが抜群に美味しかったんです。

・タイ風さつまあげのサラダ
トードマンクンとかトードマンプラーとか呼ばれるタイ風さつまあげをサイコロ状にカットし、野菜やピーナッツと和えたサラダです。
甘味と酸味の加減が程良く、ピーナッツの風味が中心となっていて美味しいです。
ピーナッツの使い方にこちらのお店の個性とこだわりがつまっていました。

・自家製ココナッツアイス
デザートにココナッツアイスが出てきたのですが、何とこちらも自家製。
既製品と比べるとかなり軽やか。
フワっとした舌ざわりとくちどけの良さ、程良い甘味と香り。
たまりません。

というわけで全面的に美味しいお店。
住所も詳しくは出ていなかったりと、なかなかにハードルが高いお店ですが、一見さんを拒否しているわけではないそうです。
最初に書いたことを理解してくれる方なら大歓迎とのこと。

もちろんこちらの文章は、店主さんに許可を得た上で書いております。
タイ料理店は数多くあれど、これだけの個性と技術を感じるタイ料理はなかなかありません。
タイ料理の色々なお話も聞けて勉強になるお店。

ルールの守れる方、是非!

評価:★★★★

カレー日記



高円寺「gmgm」ピンクカレー




カッサータ



高円寺の線路沿いにあるドライフラワーカフェgmgm。
ドライフラワーカフェとは何ぞ?と思って入ってみると、まず店内が沢山のドライフラワーで飾られてありました。
そして出している料理にもエディブルフラワーがたっぷりとあしらわれていて、実にファンシーな世界観。

何故ここに僕のようなおじさんが来たのかと言えば、それはもちろんカレーがあることに気づいたからなのです。

カレーはピンクカレー1種のみ。
ココナッツミルクを使用したタイカレー的なカレーであり、チキンと野菜、そしてエディブルフラワーが満開という可愛らしいカレーです。
店内も薄いピンク色だったのですが、そんなお店の雰囲気にもぴったりで、タイカレー好きな方なら満足できるであろう無難な美味しさでした。

カッサータはアイスケーキ。
こちらもドライフルーツやドライフラワーで実に綺麗。

映え映えです。

これは若い女子に人気ありそうだなと思っていたら食べ終わる頃にはまさに若い女子で満席。
おじさんは僕一人。

花と小父さんという曲を思い出してしまいました。

食べ終わって早々にお店を出ましたが、おじさんの中に眠った乙女心を呼び起こされたような気持ちになりました。
そして僕は急いで家に帰って花とお話をしたのでした。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード