fc2ブログ

大阪カレー日記(百福)



九条「百福」カオソーイヌア(但馬牛スジ)


ネパール料理のダルバートのお店としても有名ですが、麺屋百福としてカオソーイというタイのカレーラーメンのお店としての顔も持っています。
松島新地の中に溶け込むロケーションも旅人にとっては非常に面白いなと感じます。

ダルバートは東京の催事でもいただいたことがあり、とても美味しかったのですがこの日は麺屋営業。
カオソーイをいただきました。
通常は鶏肉ですがこの日は特別に牛すじもあるということで、カオソーイヌアを。
タイ料理のヌア、大好きなんです。

タイのココナッツカレーに麺が入ったもの。
茹で麺と揚げ麺両方とも入るのが本式。
ただ、タイ現地で食べると麺の茹で具合や揚げ具合が日本人の感覚からするとトゥーマッチに感じることも少なくないのですが、こちらは日本人シェフだからこそ、茹で具合も揚げ具合も程よく、実に美味しいです。

ヌアは但馬牛。だからこその深い旨味。たまりません。
薬味のバランス感も良く、盛り付けも華やか。
このカオソーイは相当レベル高いですね。
流石です。

ダルバートもカオソーイもどちらも一級品。素晴らしき二刀流です!

評価:★★★☆

名古屋カレー日記(ヤンガオ)



愛知 浄心「ヤンガオ」豚ひき肉とレンコンのパネンカレー+ゆで卵


日本人シェフのタイ料理店なのですが、とにかくおしゃれ。
古びたビルの2階。入ってみるとそこはカフェのような雰囲気。
オリジナルのアパレル商品も非常に充実しており、様々なカルチャーとタイ料理をミックスさせている空間。
センス良いです。

ランチメニューはカレーが数種類と、この日はガパオもありました。
その中からタイ料理のパネンを元にしたという、豚ひき肉とレンコンのパネンカレーにゆで卵をトッピングして注文。

出てきたカレーはタイ料理的なルックスではなく、カフェ飯的。
ご飯に旗が刺さっているのも遊び心があって良いです。

しかし食べてみれば確かにタイ料理。
現地そのままの味では無いのですが、現地の味にリスペクトを捧げ、そこからあくまで外しすぎないようにしながらも個性を出しているというバランス感。

パネんとキーマカレーの間よりもだいぶパネン寄り的な着地点。
見事です。

カレーも美味しかったのですがアパレルも本当に良いものが多くて缶バッジやらステッカーやらTシャツやら散財してしまいました。

名古屋にこういうお店があるって凄いことですよ。

評価:★★★☆

カレー日記(ロッディー)



飯田橋「ロッディー」プーニムパッポンカリー




ガイヤーン


飯田橋駅近くながら裏通りの地下にあるということでかなりの隠れ家間のあるお店です。
飯田橋に行ったことがある人は多いでしょうが、このお店がある道を通ったことがある方はかなり少ないのではないでしょうか。

地下一階のお店ながら明るい雰囲気。
薬草酒が目に入り、それで乾杯。4種類、名前はよくわからないものでしたが効能が書いてあったのでそれで選ぶと良いでしょう。

つまみにプーニムパッポンカリーとガイヤーン。

ふわふわ卵と程よくクリスピーなソフトシェルクラブ。
王道の美味しさです。

ガイヤーンは時折見かけるカレー味のもの。
ガイヤーンはつけダレやソースにカレー粉を使用するものがあるのですが、これはつけダレに使っていてソースをつけないとふわっとカレーの香り。
ソースをつけるとガイヤーン。
これも美味しい。

隠れ家的場所なので空いているのですが、味は良くて値段も安いです。
だからこそ常連が付いていて成り立っているのでしょうね。

評価:★★★☆

カレー日記(松屋)



「松屋」プーパッポンカレー生野菜セット


我らがカレー屋チェーン、松屋がプーパッポンカリーを出しました。
プーパッポンカリーとはタイ料理で、蟹の卵カレー炒め的な料理。
バンコクにある中華料理店が発祥とされるタイ料理です。

しかし卵料理ですよ。
それを松屋のように調理技術があるわけでもないアルバイトが調理する場合もあるチェーン店で出すってどういうこと?
と思いながら食べたわけです。

これは面白い。

プーパッポンカリーかと問われたなら「似て非なるもの」と答えます。
しかし美味しいかと問われたなら「美味しい」と胸を張って答えられるクオリティ。

店内ポスターをよく見てみると「松屋風」プーパッポン「カレー」とあるじゃないですか。
プーパッポンカリーとは別物ということです。
狙ってやっているのか、あるいは仕上がりがプーパッポンカリーとは少し離れたのでこの名前にしたのか、何れにしても松屋のこだわりを感じてとても良いです。

やっぱり松屋はカレー屋です!

評価:★★★

カレー日記(ウー)



高田馬場「THE WU」オリエンタル風焼きカレー小エビのフリット添え+ビュッフェ


高田馬場駅前にできたホテル1階のレストランです。
ランチメニューの中に焼きカレーを発見し、行ってみました。

サラダ&デザートビュッフェもあり、それもつけてオーダー。

サラダはただ生野菜だけではなく、キャベツの蒸し焼きや豆のトマト煮などもあり、ドレッシングも自家製で3種類とこだわりを感じます。

カレーはどことなくタイカレーを思わせるもの。
海老のフリットが乗り、カレー自体にオムレツ的な卵も入っていたのでクンパッポンカリーを思い出しました。
これにチーズを乗せて焼いたもの。
個性的ですね。

お値段はカレーとサラダビュッフェ合わせると約2000円と、ランチとしては安くありませんが、落ち着いた雰囲気でホテルランチを楽しみたい方には選択肢の一つとして覚えておいて損はないでしょう。

評価:★★★

カレー日記(サバイディー)



阿佐ヶ谷「サバイディー」パネーンムー


阿佐ヶ谷の線路沿いにあるタイ料理とラオス料理のお店です。
お値段がそれぞれお手頃で、軽く飲みに行くのにも使えます。

今回は飲み利用。
タイ料理からはパネーンムー。
ラオス料理からはスアッガイ。

スアッガイ。
酢アッガイでもなければ素アッガイでもないしそもそもアッガイ関係ないですがなんだか声に出したくなりますスアッガイ。
こちらは鶏肉のサラダと書いてありましたが、サラダ感はほぼ無し。
鶏肉と野菜のおつまみで、さっぱりしていて美味しいです。

パネーンムーは豚肉のレッドカレー炒め。
こちらは結構味が濃いめ。
おつまみには良いですね。

お手頃価格でエスニック。
タイ料理店は多いですがラオス料理店はなかなか無いので、その差を楽しむのも良いでしょう。

評価:★★★

カレー日記(アジアンパーム)



牛込神楽坂「アジアンパーム」牛肉のグリーンカレー炒め


アジアンパーム。
初台のお店には行ったことはありますが、神楽坂店に初訪問です。

店内はアジアのリゾート感溢れる内装。
広さもなかなかあります。

タイ料理メインですがインドカレーもあります。
タイ料理とインド料理ではまるで違うのですが、そのあたりこだわらなかったりよくわからなかったり、エスニックという言葉でくくっている層に向けたお店なのですが、それでいて味はちゃんと本格的。

牛肉のグリーンカレー炒めとソムタムをいただきました。
どちらも一般的な日本人に向けて辛さのみ現地仕様よりかなり控えめでしたが、味付けは現地感あるもの。

価格もお手頃であり、ホールスタッフも日本人ということでガチガチの現地料理店はハードルが高いと感じている方におすすめです。

現地料理を食べ慣れているマニアでも満足できるクオリティですよ。

評価:★★★☆

カレー日記(ヤワラート)



新大久保「ヤワラート」カレー風味のガパオご飯




麻婆豆腐


ネパール料理天国の中にあるタイ料理店です。
しかし普通のタイ料理店ではなく、中華も混ざっており、創作系もあるという楽しいお店。

何しろカレー風味のガパオなんてものもあるんです。
ガパオと言いつつガパオ(タイのホーリーバジル)がまるで入っていない偽ガパオも世間には多い中、こちらはしっかりとガパオを使っており、茄子も入っているのが面白く、中華的なニュアンスの味も感じるというカオスをまとめるのがカレー。
美味しいじゃないですか。
しかも他にない味。

中華からは麻婆豆腐を。
見るからに赤黒い良い色。麻婆豆腐の色はこうでなくっちゃ。
しっかりと醬を感じ、じわじわと汗が出てくる辛さ。
これも美味しいです。

他にクアキン(クアクリン)もあるという素晴らしさ。
タイ南部の激辛ドライカレー的な料理です。
こちらはしっかりとはっきりときっぱりと辛く、それでいて辛さだけではなくちゃんと肉の旨味を感じるもの。
美味しい。

期せずして挽肉三昧となりましたが、タイ、中国、創作と、それぞれの形での挽肉料理であり、全て美味しいという素晴らしさ。
特にタイ料理も中華料理も好きな僕にはとても嬉しいお店です。
また行こうと思います。

評価:★★★☆

カレー日記(カリカ)



高田馬場「カリカ」ガパオライス&グリーンカレー


高田馬場にえいちゃんという串カツのお店がありました。
馬場に移転する前からファンで、安くて美味しい串カツと、カレー系のおつまみもあって何度も通ったのですが残念ながら閉店。
コロナの影響でしょうか。

その後に入ったのがカリカ。
店名に一部「黒帯」という表記もありますがどういうことなのでしょうか。

どんなお店かというとインドネパール系のお店です。
しかし内装は黒を基調としたインネパらしからぬ雰囲気。

ランチメニューはインネパカレーとインネパタイ料理が半分ずつくらいのラインナップ。

ガパオとグリーンカレーのセットをいただきました。

サラダのドレッシングはインネパの人参ドレッシングかと思いきやサウザンドレッシング。

ガパオの入っていないガパオライス。
ココナッツ間の薄いグリーンカレー。

様々な料理がローカライズされるのは決して悪いことだとは思いません。
よく「癖がある」と言いますが、その癖は慣れていないだけである意味美味しさの根幹でもあるのです。
しかし慣れていないと確かに美味しいと感じることが難しい。

そうなると、癖の部分を上手にコントロールするのが良いローカライズ。
癖を丸々削ってしまってはその良さも削ることにつながるわけです。

こちらの料理は癖を丸々削ってしまっていると感じました。

味付け自体は悪くないですよ。

あぁ、えいちゃんの串カツとカレー玉子巻きが食べたいなぁ。

評価:★★☆

カレー日記(アジアティーク)



江戸川橋「アジアティーク」パネーンムウ


ネパール人によるインド風料理、所謂インネパ系のお店には時折タイ料理も出すお店もあります。
言ってみればインネパタイ。

こちらのお店もインネパタイ店なのですが、タイ料理に対する比重と力の入れ方が他のインネパタイよりも強いんです。
店内も所謂インネパの雰囲気では無く、おしゃれなカフェレストラン的であることもあってか、女性客が多いです。

ランチメニューも先にタイメニューがあり、その後にインドメニュー。
タイメニューからパネーンムウをいただきました。

セットのサラダがインネパの人参ドレッシングなのが面白いですね。
スープはタイ的。
そしてパネンですが、これが本格的にタイの味。

インネパタイ店のタイ料理はちょっとずれていることが多く、それが面白いのですが、こちらはズレがなくタイ料理専門店でこれが出てきてもおかしくないという仕上がり。
ナッツとバイマックルーがしっかりときいていて美味しいです。

厨房見るとシェフの数がかなり多く、タイ系と思しき方もいたのでその方の腕が確かなのでしょう。
タイ料理メインのインネパというのはなかなか珍しいですね。
街の雰囲気とも合っていて、使いやすいので近隣のエスニック好きに愛されているのでしょう。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード