カレー日記


堀切菖蒲園「アルー」アルーカレー


ソーセージカレー


昔ながらの家庭カレーのカレースタンドです。
チェーン店ではなく個人店としてこのようなスタイルを守っているお店、少なくなってきたように思います。
最近は大阪から押し寄せてくるスパイスカレーの流れが顕著である中、昔ながらのカレーは押されがちで、閉店していくお店も増えて来ました。

しかし、こちらアルーはまだまだ健在の人気店。
堀切菖蒲園という場所がまたこちらのお店に合うということもあるでしょうが、実際に美味しいからこそ生き残っているわけです。

店名を冠したアルーカレーは豆と挽肉のカレー。卵を生かゆでか温から選べます。
ゆで卵セレクト、辛さは中辛でお願いしました。
するとお店を一人で切り盛りするお母さんが「うちの中辛はかなり辛いけど大丈夫? ちょい辛とかもあるけど」と。
辛いの好きなので大丈夫ですと中辛で。

食べてみると確かになかなかの辛さ。
一般的なお店の辛口レベルです。
そしてその辛さがあるからこその美味しさのようにも思えます。
こちらのカレー、家庭的ではあるんですが、辛いのが合うんですね。

連れが頼んだソーセージカレーも人気メニュー。
野菜入りのルーに、ソーセージは半分に切って焼いたものが行儀よく並べられていて。
連れは普通の辛さにしていましたが、それでもやっぱりちゃんと美味しいんですよ。
家庭的ながらプロの味であることは間違いありません。

そしてこのソーセージが懐かしさを感じさせます。
学生時代、よく自作のカレーを作っていたんです。
野菜はあまりものを色々とぶっこんで。
肉にはソーセージを同じように半分に切って焼いたのを入れて。
その時はできあいのルーを使っていたのですが、追加でガラムマサラや七味唐辛子なんか入れて辛くして。

その頃自分で作っていたカレーと同じベクトルなんですよ。
もちろんこちらの方が美味しいんですよ。
だからこそ、あの頃目指していたカレーがここにあるんだなと思ったりして。

なんだか素敵なお店です。
これからも時代や流行に左右されることなく、このままの形でずっと残っていって欲しいお店ですね。

評価:★★★☆

カレー日記


飯田橋「ジュウバー」中華屋のカレー


ジュウバーの肉団子


酢豚


個人的な話ですが、最近中華系のカレーにハマっています。
台湾にある日本的中華カレーも嫌いではないですがそれではなく、どちらかというと香港の茶餐廳にあるようなスタイルだったり、完全オリジナルな独創的なものだったり、そういうカレーに惹かれます。
こちらのお店は独創的なタイプのカレーをいただける隠れ家というより秘密基地的中華料理バーです。

まず、看板がありません。
ビルの階段を上がっていって奥にひっそりとあるというスタイルが面白いです。
これは知らなければ絶対に来れないお店ですね。

扉を開けてみると中は非常におしゃれな雰囲気。
それでいて燃えよドラゴンのポスターが飾ってあったり、ドラゴンへの道のサントラが置いてあったり、個人的にもツボ押されまくりの雰囲気。
たまたま隙間に入り込むことができましたが、基本的には予約のお客さんでいっぱいのようです。

まずはお店イチオシの肉団子と酢豚から。
これがいきなりどちら最高に美味しい!
肉団子は魚香と青山椒を使ったこだわりの肉団子で、深みのある酸味と辛味に肉の旨み。
ボディーブローのようにきいてくる美味しさです。

酢豚は豚肉とさつまいもという珍しくシンプルな組み合わせ。
色も透明というか白というか。
いってみれば白酢豚。豚肉の美味しさが酢の酸味と合っていて、そこのサツマイモの甘みがアクセントとなっています。
いやはや面白い。そして美味しい。

カレーも挽肉カレーなのですが、やはり中華的スパイスというかジャンの使い方。
これでしめられるというのも嬉しいですね。

ドリンクもこだわりを感じ、美味しかったです。

他の料理も気になるので、また行きたいお店です。

評価:★★★☆

カレー日記


飯田橋「香港 贊記茶餐廳」カレー味焼きビーフン


カレー味フィッシュボール


香港式コーヒーミルクティー


カレーも大好きですが香港映画も大好きな僕。
香港旅行に行った際にハマったのが茶餐廳のカレーと鴛鴦(ユンヨン)という香港式のコーヒーミルクティー。
以来香港に行く度に飲んでいます。

日本ではなかなかお目にかかれないものなのですが、こちらのお店にはちゃんとユンヨンもカレーもあるので時々行ってます。

この日はカリービトでカレーを食べた後に、ユンヨンだけ飲もうと寄ったのですが、お酒も入っていたせいか食欲が止まらなくなってしまい、カレービーフンとフィッシュボールのカレー味も頼んでしましました(^^;)

どちらも香港的な現地味。
お店の雰囲気も現地的であり、店員さんもお客さんも香港人が多いので、ここ来るとまた香港に行きたくなっちゃうんですよね。

大通りから少し横に入ると存在する小さな香港。
香港好きな方、中華的カレーが好きな方、行って損無しです。

評価:★★★☆

カレー日記


下北沢「一心」麻婆カレー


麻婆豆腐とカレーは合います。
間違いなく合うんです。
そもそも麻婆豆腐自体がスパイス料理ですからね。
スパイスの使い方次第ではカレーに寄せることもできるわけでして。

というわけで下北沢駅近くの一心。
中華料理のお店ですが、カレーフェスも開催される下北沢のお店だけあり、カレーフェス期間には麻婆カレーがいただけるということで行ってきました。

店内は昔ながらの街中華といった雰囲気。
値段が総じて安めなのも良いですね。
麻婆カレーは単純に麻婆豆腐にカレー粉追加しただけという感じなのですが、平均よりも辛めであることが良いバランスとなっていて、これだけでも普通の麻婆豆腐以上に美味しいんです。

挽肉のカレーはキーマカレーとして有名ですが、豆腐のカレーもインド料理店でたまにあったりしますからね。
どっちもカレーに合わないわけがないということを証明してくれるカレーでした。

評価:★★★☆

カレー日記


下北沢「ダンダダン酒場」カレー餃子


餃子のチェーン店ですが、下北沢店では下北沢カレーフェスティバルの期間になると、店舗限定のカレー餃子がいただけるのでカレー好きの餃子好きなら押さえておきたいところ。

醤油をつけずにそのまま食べても十分に美味しいカレー味。
しっかりジューシーで、ほんのりスパイシー。
これはご飯もお酒も進んじゃいますね。

ほんの少し醤油をつけて食べるのが僕のおすすめ。
カレーフェスのスタンプラリーではこの餃子単品でもスタンプ捺印可能なのもまた嬉しい所。
期間限定ではなくレギュラーメニューにして欲しい美味しさです。

評価:★★★☆

カレー日記


小岩「豚小屋」もつカレー


カシラ、ハラミ、地獄巻き


森伊蔵ロック


焼きとん界では有名な超人気店豚小屋。
こちらにはカレーメニューもあるので今まで何度か行ってるのですが、今回ようやく初めてもつカレーにありつけました。
何しろもつカレーは6月から9月の期間限定。
だいたい毎年小岩に仕事で行っているんですが、ほぼ10月なんです。
一度9月の終わりに行った時には、売り切れてしまっていて。
8月に行った時には予約でいっぱいで入れなくて。

9月30日の深夜訪問だったので少々不安を感じながらも、行ってみたらありました!
やったー\(^o^)/

何しろカレー好きなのは当然として、もつ煮込みも好きな僕としては、どうしても食べたかったんですよね。
食べてみるとまずもつの上質さに驚きつつも、流石豚小屋だなぁと感心。
ここはとにかく肉質が良いんです。
それでいてお値段はお手頃なんですから、人気も出るわけです。
もつは臭味もまるでなく、深みがありながらもすっきりとしあ後味。
凄いなぁ。
カレー自体はシンプルなカレーでしたが、もつが上質だからこそそのグレイビーがカレーと合わさり、上質なもつカレーになっていました。

他にもカシラ、ハラミ、地獄巻きを注文。
カシラとハラミはここに来ると絶対に食べます。特にハラミは最高です。
地獄巻きは初でしたが、青唐辛子を豚肉で巻いたもの。
美味しいです。

仕事が大変な時期だったので自分へのご褒美に森伊蔵をロックで!
実は初めて飲んだのですが、個人的には魔王の方が好きだし、もっといえば海の方が好き。
焼酎舌が安いんですかね(^^;)
でもこのような人気銘柄がちゃんと飲めるというのも、このお店の良い所。

週末でしたが、深夜の一人訪問だったのですきまにすんなりと入れて良かったです。

評価:★★★☆

カレー日記


淡路町「すき焼ゑびす本塵」愛盛り


すき焼きのお店のランチにカレーがあると知って行ってきました。
元々は焼肉屋だったところがすき焼きのお店も出した。そしてそこにはカレーもある。そんなお店のようです。

店はちょっと変わった作り。
どこに入って良いのかわからないでいると店員さんが「こちらへどうぞ」と案内してくれました。

カレーと肉豆腐が一緒になった愛盛りというのがあったのでそれをお願いしました。
カレーは牛肉入り。
和風の出汁がベースになっているカレーです。
これに肉豆腐。
肉豆腐のタレというかつゆもご飯にかかっているので、カレーと肉豆腐の味が混ざるんですが、それが良いんです。

行ってみれば豪華版カレギュウ。
カレーと牛丼が合うように、カレーと肉豆腐は当たり前のように合うわけで。
日本ならではのカレーライスですね。

お吸い物と漬物がついて1080円。
妥当な価格設定ですね。
たまにはこんなカレーも良いものです。

評価:★★★

カレー日記


水道橋「カレーの王様」プレミアムビーフカレー


カレーライスのチェーン店です。
都内には2017年9月現在、市ヶ谷、後楽園、西新宿、そしてこちら水道橋の4店舗。

入り口の券売機で食券を購入。
カウンターで渡すシステムです。

カレーの王様では王様スペシャルという名前の色々なトッピング乗せ&2種カレーあいがけの一皿が最もお得だと思うのですが、それは他店舗で食べた事もあるので、今回は券売機の最初にあったプレミアムビーフカレーを食べました。

780円のビーフカレー。
カレースタンドとしては安くはない値段でしょうか。

食べてみれば大き目カットの牛肉が3かけらほど。
カレールーはいたって普通のカレースタンドの普通のカレールーです。
家庭的な味といえるかもしれません。

これで780円はどうかなと思ったんですが、ライス少な目でオーダーしたら50円キャッシュバックしてくれたり、卓上にビネガーオニオンがあり、それを加えると味が引き締まって悪くない感じになったり、色々トータルして考えれば高いわけではないと感じました。

しかしここで思い出したのは松屋。
牛丼よりカレーが美味しいチェーン店の松屋です。
その松屋のビーフカレーとどうしても比べてしまうんですよ。
松屋はもっと安くてもっと美味しいので。

そう考えるとやはり松屋はカレーのチェーン店としても相当に優秀なんだなと再確認。
決してこちらのお店が悪いわけではありませんから。
松屋が素晴らしいんです。
やっぱり松屋はカレー屋ですね。

評価:★★☆

カレー日記


新宿三丁目「シャドウ」きのこカレー


お茶割り、お通し


ゴールデン街はしごカレー。目当てのカレー三軒フラれて彷徨っていると、外看板にカレーの文字を発見。
行ってみました。

入ってみると店内大賑わい。
常連さんと思しき方々でいっぱいだったのですが、快く席を開けてくれて、常連さん達と相席で飲むことに。

お通しがラーメンかおつまみ盛合せを選べるということで盛合せに。
オムレツだのチーズだのチキンだの、程良い4種類。
家庭的です。

飲み物は抹茶割りで。

店内メニューがちょっとわかりにくいのですが、一応カレーの文字もありました。
若いママにカレーが食べたくて来たんですと伝えると、「今日はキノコのカレーだけどそれで良かったら作りますよ」と。

お願いしつつ常連さん達と談笑。
ゴールデン街は他を寄せ付けない雰囲気の常連で成り立っているお店も少なくないのですが、その中においてこちらは実にライトでピースフルな雰囲気。
入り口から中は見えませんが、初心者にも安心ですよ。
お店自体はかなりの老舗のようです。店名もシャドウですが、むしろ煌々と照らすムーンライト的な雰囲気。

ママが日替わりで変わるようなので、この日のママの人柄かもしれませんが。

少し待って出てきたカレー、古き良き日本のカレーといった雰囲気です。
食べてみると確かに家庭的なカレーでありながら、市販のルーでそのまま作ったカレーではなく、一工夫してある奥深さを感じました。
キノコもエリンギ多めで食感も良く、十分に美味しいと思えるものでした。

たまにはこんなカレーも良いものです。
そして、お店の雰囲気も楽しく、他のお客さんとも会話が弾みまくり、楽しいひとときとなりました。
一人でも寂しくないお店ですよ。

評価:★★★

カレー日記


水道橋「丼達」丼達カレー


水道橋駅近くの丼専門店。店内はカウンターのみの細長い形。
券売機で食券を購入して渡すスタイルです。

看板メニューは丼達カレー。
同じく看板メニューである豚丼と、カレーを同時に食べられるお得なものです。
しかも通常の盛りでライスが400gもあるというデカ盛りグルメでもあります。

僕は普段から主食をあまり食べないので、どうしようかと思ったのですが、そんな人用に小盛りのボタンもありました。
というわけで丼達カレーの小で。
出てきた丼達カレー、まず器がかなりの大きさです。
これは小でも相当な量ですよ。
聞いてみると小でも250gの量のご飯なんだとか。
そりゃ多いわけです(^^;)

カレー自体はごくごく普通といいますか、この手のお店の平均的な日本風カレーなのですが、これが豚丼と合わさることによって新たな美味しさとなっていました。
どことなくすた丼のカレーを思い出しました。
味噌汁がついて700円しないのは嬉しい価格です。

お腹が空いている方にはもってこいのメニューだと思います。

評価:★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード