カレー日記


氷川台「正久保」ドライカレー


ジャンボ焼き餃子


氷川台駅前にある渋い外観の居酒屋です。
のれんには屋台と書いてありますが、屋台ではなく屋根も壁もある店舗です。
店舗とはいってもバラック的なもので、逆にそれが独特の雰囲気を出していて良い方向になっている面白いお店です。
昔は屋台だったのかもしれません。

パっと見で気になって入ってみました。
名物は餃子のようですが、他には焼鳥、冬はおでんなど、居酒屋メニュー満載。

そしてありましたよ!
ドライカレー\(^o^)/

見つけちゃったら頼まないといけませんね。

餃子とドライカレーを注文。
出てきたドライカレーは炒飯タイプで、まるで中華料理店のようですが、普通の居酒屋です。

しっとりとしたドライカレーは野菜もたっぷり。
カレーの味もなんだか深みがあります。
カレー粉だけの味付けではなく、色々とブレンドされているのかもしれません。
妙に懐かしい味で、どこかで食べたような気がして思い出してみると、昔母が作ってくれたカレー炒飯の味に似ているんです。
懐かしいなぁ。

餃子はジャンボと表記されていましたが、そこまでジャンボでもなく、平均より少し大きめ。
中身は野菜たっぷりでジューシー。
肉餃子も好きですが野菜餃子も美味しいんですよね。
この餃子は野菜料理としての餃子でした。

店内の雰囲気もノスタルジックで、昭和を感じて癒されました。

評価:★★★

カレー日記


月島「大島や」チキンカレーパクチーのせ


もう何度も行ってるお店ですが、今までレビューを書いていなかったのはカレーが無かったから。
逆にいえば僕にとってカレーが無くともちょくちょく行きたくなるようなお店ということです。

何が良いってまずその雰囲気。
マスターの気さくな人柄はお客さんにも伝わり、はじめましてでも仲良くなれる空間。
それでいてみんながみんな妙に絡んでくるわけでもなく、静かに一人飲みをしていたい時には適度に放置してくれる。
こういう空間ってなかなか珍しいし難しいんですよ。

そして飲み物。
元々が酒屋さんですからお酒に対するこだわりは当然の如くあるわけで。

夏にはグラス、焼酎、ホッピーの全てがキンキンに冷えた三冷のシャリホッピーも良いです。

おつまみは日替わり。
これが適度に力の抜けた、良い意味での家庭料理感。

カレーがあることは珍しいのですが、今回いただいたカレーは、ごく普通のルーで作った家庭的チキンカレーなのですが、辛口であることがお酒のおつまみとして良いです。
パクチーのせもできるのですが、このパクチーも茎の部分もしっかりたっぷり入っているからこそ、カレーと合わせると深い味わいとなり、普通のカレーが普通以上に美味しくなるんです。

下町の良い所がそのままお店になったような素敵な立飲み屋さんですよ。

評価:★★★☆

カレー日記


新宿西口「もつ焼★キャプテン」新宿ホルモンカレー


しろ、かしら、はらみ、レバすじ


トリュフつくね


新宿西口の奥の方。
北新宿方面へ向かう途中にあるもつ焼きのお店です。
カウンターメインでテーブルもあり、なかなかの広さ。
店内は満席状態で賑わっておりました。

飲み物はシャリ金のレモンサワーで。
もつ焼きはしろ、かしら、はらみ、レバすじをいただきました。
どれも確かな美味しさ。
特にハラミのレベルが高いですね。
甘味がしっかりとあり、柔らかく、何本も食べたくなってしまいました。

が、何本も食べなかったのはカレーがあったから\(^o^)/

ホルモンカレーはもつ煮込みをベースにカレーにしたもの。
これがもつの奥深さとカレーのスパイス感が美味しさを引き立てあってかなりのレベル!

もつの美味しいお店のカレーは美味しいというジンクスが僕の中ではあるのですが、それを証明してくれる味でした。

カレーのトッピング的にトリュフつくねを頼んだらこれも美味しくて。
葉っぱに巻いて焼いたものを葉っぱを取って食べるわけですが、ほんのりと香るトリュフが良い塩梅です。

店員さんは皆若い方々でしたがハキハキと笑顔で接客も良く、素敵なお店でした。
また飲みに行きたいです。

評価:★★★☆

カレー日記


九段下「茶寮 結」海軍カレー


靖国神社内にある喫茶店というかカフェスペースです。
展示されている零戦の奥にあり、雰囲気も靖国らしさ満載。
名物は海軍カレー。
英霊を祀る靖国神社だからこそでしょうか。

明治41年のレシピを元に現代風にアレンジし再構築したという海軍カレー。

じゃがいもが特に印象的に賽の目切りが煮崩れる寸前のような状態のものが沢山入っていました。
豚肉も要所要所に存在感があり、なかなかのバランス感。

しつこさはなく、昔ながらのカレーではあるものの物足りなさもなく、再構築の仕方が予想以上に良いなと感じました。
そして重要ポイントは福神漬け。
これをカレーと合わせて食べると、ほのかな酸味が加わることによって味の輪郭がはっきりし、美味しさが増します。

海軍カレーといえば横須賀が有名で、横須賀でも海軍カレーを食べ歩いたことがあるのですが、横須賀に負けないという以上に、もっと美味しいかもしれないと思える海軍カレーでした。

評価:★★★

カレー日記


高田馬場「肉汁麺ススム」肉汁バターカリィ


さかえ通りの奥、スィゥミャンマーの近くに2018年5月末にオープンしたラーメンのお店です。
秋葉原というか末広町のお店の姉妹店のようですね。
末広町のお店の前は何度も通ったことがあるのですが、メニューにカレーがありそうな雰囲気ながら結局無く、行ったことはありません。
しかし高田馬場のお店にはカレーがあるということで行ってきました。

カレーメニューはひとつだけ。
肉汁バターカリィという、所謂カレーライスです。

辛さを選べるので3段階の一番辛い3でお願いしたのですが、そこまで辛くはありません。
バターカリィというだけあって確かにバターの風味があるカレーです。
インド料理のバターチキンもそうなんですが、下手に辛くすると味のバランスが崩れることが多いんです。
これもそのタイプ。
辛くしない方が美味しくいただけそうだなと思いながら食べました。

とはいえ最高に美味しいバターチキンであれば、辛くしても美味しいんですよね。
あ、インド料理の話ですよあくまで(^^;)

なんだかんだ書きましたが、肉汁麺の肉がドーンと乗ってましたし、量も多く、それで値段が680円ですから、妥当かもしれません。

ちなみに卓上にカレー粉も置いてあったので、普通に肉汁麺頼んでカレー粉ぶっかけた方が美味しくなりそうだなと思いながら店を後にしました。

評価:★★☆

カレー日記


大久保「タイガー餃子会館」麻婆カレー麺


パクチー餃子


こちらのお店を運営する際コーポレーションは、ここのところマウンテンチキンカツカレーを中心にカレー推し度合いを強めています。
元々昔から時折カレーメニューを出していて、それが個性的な美味しさで注目していたのですが、マウンテンチキンカツカレーができてからは様々なお店でそれを出し始め、富士ノ山食堂では看板メニューのひとつにするほど。
以前より辛さも増してより尖った方向性であり、チェーン店としてこの姿勢はカッコ良くもあります。

こちら大久保のタイガー餃子会館は店名のとおり餃子メインの中華食堂。
エスニックタウン大久保ということもあってか、こちらにもカレーメニューがあるんです。

マウンテンチキンカツカレーはじめ、牛バラカレー、麻婆カレー。
麻婆カレーは麺でもいただけるということで、他の際系列でも珍しいスタイルだったので、麻婆カレー麺をいただきました。
一緒にパクチー餃子もつけて。

麻婆カレー麺は際公司のマーボーカレーを乗せたラーメン。
そのままですが、ラーメンスープによって尖った麻婆カレーが柔らかくなり、食べやすくなっています。
個人的には尖った味が好きなので、それがぼやけてしまった印象も無くは無いのですが、美味しさがぼやけているわけではないのが凄いところ。
安定感ありますね。

パクチー餃子もただパクチー乗せただけではなく、ジェノベーゼソース的なものもかかっているあたり、他とは違った一仕事が活きています。

お値段もお手頃で安心できるチェーン店です。

同じ業態でも地域によってメニューを少しずつ変えているのがわかりにくい部分ではあるのですが、それも地域性などしっかり考えて攻めている証拠。
個人的には全店舗でカレーメニュー推しだして欲しいと思っております。

評価:★★★☆

カレー日記


御徒町「老酒舗」麻辣香咖喱飯


御徒町のガード下にある中華料理系居酒屋の新店、老酒舗。
お店の雰囲気は現地感満載。
厨房は中国の方々。接客に日本人もいますが、客層も中国人が多く、かなりの中国率です。

お酒は店名にもある通り老酒から、焼酎など色々とあります。
焼酎だと中と割りものを頼む方式で、結果的にかなり安上がりに飲めるのがまず嬉しい点。

おつまみは水餃子各種や豚の角煮も一切れから注文でき、基本的に安めなのがまた嬉しいのですが、さらに嬉しいのはカレーがあるということ\(^o^)/

麻辣香咖喱飯という、まぎれもなく中華カレーです。
こちらは鶏肉のグリルと辛口カレーとライスのセット。
カレーは玉葱ベースで中華系調味料とカレースパイスを合わせたもの。
日式中華にある昔ながらのカレーとは全然違うものであり、こちらのオリジナル。
中華カレーとしても珍しいスタイルです。

これとご飯で食べると結構な辛口ですが、シンプルな味つけなのでちょっと物足りなさがあるかもしれません。
しかし鶏肉のグリルと一緒に食べると物足りなさが補完され、美味しい中華カレーに変身!

これは面白いなぁ。
飲みのシメにもってこいですよ。

中華カレーにも色々とありますが、ここでしか味わえないオリジナルスタイル。
他の料理もなかなか美味しく、総じて安いとあれば、これはもうまた行くしかないでしょう。

評価:★★★☆

カレー日記


中野「やまよし」スパイシーさらさらカレー


ひねどり


にく餃子


肉の有名店肉山。
カレーも人気メニューであり、渋谷には肉山カレーのテイクアウト専門店もあるほどです。
その肉山系列の餃子専門店がこちら。

カレーもちゃんとあります。
カレーはフルサイズではなく餃子はじめ他のおつまみつまんだ後の〆カレーなので、ハーフサイズです。
お値段もちゃんとハーフレベルなのが嬉しいところ。

ひねどり、にく餃子、そしてカレーをいただきました。
飲み物はレモンサワーで。

まず最初にひねどり。
ひねどりとは老いた鶏のこと。
肉が硬いのですが、その分味が濃いというか、噛めば噛む程に鶏肉の味がしっかりと堪能できるものです。
茹でたひねどりを塩コショウでいただく実にシンプルなものでありつつ、これがお酒のつまみにもってこい。
さらにはカレーに入れるとまたこれが合うんです。

にく餃子は名前の通りほぼ肉!
ぷりっぷりの肉のあんにはレンコンも入っており、シャキっとした食感が時折出てくるのが個性的で美味しいです。
肉汁ももちろんたっぷり。

カレーは肉山のカレーをサラっとさせて胡椒効かせたような味。
野菜の粒子も感じ、程良くスパイシー。
シンプルで良いですね。

サクっと餃子でちょい飲み、そしてちょいカレー。
お酒飲みたくてガッツリ食べたくはない時にはもってこいのお店です。
他の餃子も気になるので、また行ってみたいですね。

評価:★★★☆

カレー日記


蒲田「松家カレー」カレー炒飯


蒲田でカレーといえば昔は松家カレーでした。
松屋といえばカレーが美味しい牛丼屋という一般認識のチェーン店。
個人的には牛丼もあるカレー屋と思っているんですが、それはとりあえず置いておいて。

こちらも古くから松屋だったのが、松屋が有名になってしまったので一時閉店からの暖簾分けオープンを機に、松家カレーと名前を変えてスタート。

今回15年ぶりくらいの再訪となりました。
メニューが色々とパワーアップしていました。
気になるものが多かったのですが、カレー炒飯をセレクト。
ルーを通常のものから150円で牛すじカレーに変更可能とのことだったので、それも一緒に。
券売機で食券購入し、店員さんに渡す際にご飯少な目オーダーをしました。
何しろ通常でカレー炒飯の場合はライス400gというかなりの大盛りだったので。
少な目でも250gと、一般のカレースタンドの平均より少し多いかもしれないくらいの量ですから、それで十分です。

すると店員さん、「少な目オーダーだと50円引き、さらにカレー炒飯の場合はルーの量が通常より少ないので、150円ではなく50円で変更可能なので、合わせて150円引きになります。」と、キャッシュバックしてくれました。
期せずしてルー変更分がそのまま戻ってきた形に。こういう細かいサービス、お店側としては面倒でしょうに、ちゃんとそうしてくれるのは客目線に立てているからこそ。
有難いですし、嬉しいです。

カレー炒飯はカレー味の炒飯ではなく、普通の炒飯にカレーがかかっているものでした。
スープもついてきます。
牛すじカレーは深みのあるカレーで、通常のカレールーよりも欧風に少しだけ寄っているというか、ホテル風、洋食屋風のカレーといえるかもしれません。
炒飯はごく普通の炒飯ですが、この相性が良いんですよ。

そして小さなこだわりなんですが、卓上の無料トッピングの福神漬けが酒悦の福神漬けだというのもポイント高いです。
僕、酒悦の福神漬け大好きなんですよ。
福神漬けのオリジネイターですからね。

というわけで、様々な部分に細やかなサービスや配慮がなされているカレースタンドです。
昔より味もサービスもパワーアップしておりました。

評価:★★★☆

カレー日記


大山「富士ノ山食堂」肉ミックスカリー


大玉ハンバーグ


紅虎餃子房で有名な際コーポレーションがここのところ数を増やしてきている業態「富士ノ山食堂」。
中華と洋食の食堂です。

マウンテンチキンカツカリーが名物なのですが、他にもカレーメニューがあるのが嬉しいところ。
他店同様、麻婆豆腐カリー、ビーフカリー、肉ミックスカリーがオンメニュー。

今回は肉ミックスカリーをいただきました。
何のミックスかというと、豚肉、鶏肉、ホルモンのミックス。
これは鉄板焼きメニューもあり、そちらと同様の肉ミックスでしょう。
鉄板焼きのタレも使っているのか、マウンテンチキンカツカリーのベースのカレーを何かと混ぜたような味わい。
辛さはその分抑え目で、複雑さが加わわったカレーであり、中華カレーとして面白い立ち位置にあるなと感じました。

そしてもうひとつの名物である大玉ハンバーグも注文。
ボールをつぶしたようなビッグサイズ。
ソースを選べるのですがデミソースを選んだところ、どことなく酢豚のタレ感があるのが面白いです。

火はしっかりと通っており、フワフワという感じではありませんでしたが、肉食べてるなぁという気持ちになれます。

メニュー次第で印象は変わってくるお店ですが、やはり面白い方向性であり、もっと増えて欲しいと思います。
そんな思いも込めつつ評価はちょっとおまけして。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード