fc2ブログ

カレー日記(ミスターキーマン)



中野「Mr.Keeman」キーマカレー小


キーマカレー一本勝負の間借りカレー店ミスターキーマン。
響き的にミスターカーメンを思い出しながら入店。
カウンターのみ、小さなバーの間借り。

大きさが大中小とあり、値段が変わります。
小をオーダー。

しっとりしたキーマに卵黄乗せ。
きゅうりの漬物が添えられています。

食べてみるとどことなく和風な味わい。
醤油を使っているのでしょうか。

例えるなら気の利いた居酒屋のランチメニューのカレー的な。
居酒屋メニューだからこそ少々塩気が強めですが、だからこそご飯が進む的な。

ご飯が自分の好みとは違う仕上がりだったのですが、カレー自体は好きな方向性でした。

評価:★★★

カレー日記(一番)



神奈川 伊勢佐木長者町「お食事処 一番」かうよ飯、カレールー小鉢


ディープなエリアには良い町中華があるものですが、こちらはまさにそれ。
広い店内は満席で活気ある雰囲気。厨房にも人が多く、中華鍋をカンカンと鳴らす音が心地よいです。

カレーライスもあるのですが、かうよ飯が一押しの様子。
そしてカレーはルウのみ小鉢でも注文可能。
とあらば、かうよ飯にカレールウといきましょう。

かうよとは「扣肉」。
つまりはトンポーロー的豚の角煮。
かうよというかコウロウと読むのでは?と思いつつ、中国は広いですから、このような発音になるエリアもあるのでしょう。

八角の香りが聞いた豚の角煮はとろとろの仕上がりで実に美味しい。
カレールウは醤油のしょっぱさが印象的ですが、これが悪い意味ではなく、ノスタルジックな美味しさ。好きですこれ。
それぞれ単体で楽しんだ後は、かうよ飯にカレールウをドバッとかけて中華カレーに。
これが最高!
豚肉と八角の甘やかさが加わって、カレーのしょっぱさが丸く感じ、実に美味しい。
良い組み合わせですよ我ながら。

他の料理も色々時になる。
そして小鉢メニューが充実しているのも嬉しい。

近所にあったら通い倒したくなるような町中華。
家からかなり遠い場所ですが、それでもまた行きたいと思えるお店です。

評価:★★★☆

カレー日記(とりせん)



「鶏千」カレー親子丼豚汁サラダセット


街を歩いていると見慣れないお店。
どうやら吉野家が手がける親子丼のお店なのですが、同じく吉野家が手がけるカレーうどん千吉のカレーうどんもある様子。
さらにはそのカレーをかけたカレー親子丼まであるということに気づき、入店しました。

カレー親子丼豚汁サラダセットを注文。
まず豚汁を一口。これが予想以上に美味しい。
そして親子丼を一口。これが予想をかなり上回るほど美味しい。

千吉のカレーは親子丼の上にかかっているのですが、これも意外と合う。
カレー親子丼と言えば築地の鳥藤が真っ先に思い浮かびますが、鳥藤とはカレーがまるで違うのでベクトルの違う美味しさがあります。
別皿の辣油で辛さを調節できるというのもまた良いですね。

吉野家の親子丼と言えば関係者の不適切発言で販売中止になったというニュースが記憶にありますが、これ、めちゃめちゃ美味しいじゃないですか。
出鼻をくじかれた形になった親子丼ですが、このような形で生まれ変わるとは、かえってその騒動があったからこそかもしれないと思うと結果オーライかもしれません。

他のメニューも気になったので、これはまた行きたい。
店舗数がまだ少ないようですが、チェーン店としてこのような変化球での攻めの姿勢は素晴らしいこと。
今後店舗が全国に増えていくことを期待します。

評価:★★★☆

大阪カレー日記(ニューダルニー)



日本橋「ニューダルニー」カツカレー


外国人観光客が溢れすぎて最早海外となった黒門市場。
その中に佇む古き良き日式カレーのお店です。

黄色味がかったルウ。
甘味もありますが辛さはそれほどではありません。

揚げたてのカツを乗せたカツカレー。
見たままの味であり、それ以上でもそれ以下でもないのですが、それが良いのです。
これこそが日本のカツカレーなのですから。
イギリスをはじめ一部海外でカツカレーが流行しているという今、これが正しいカツカレーなのだと世界に知らしめるのに良い場所であり、この普通さが良いのです。

実直そうなご夫婦が海外のお客さんに対しても丁寧な関西弁で返していたのがとても良い。
英語で話しかける外国人。
「えーと、何にしましょ?」とメニューを見せるマスター。
指を差す外国人。
「ほな、少しお待ちくださいねー」とマスター。
不思議と通じているのがさらに良い。

黒門市場だからこその良さがここにはありました。

評価:★★★

カレー日記(花一)



九段下「カレー 花一」ロースカツカレー+ハンバーグ


ごくごく普通の日本式カレーライスのお店。
しかしこちらの場合その普通さが良いなと思えます。

カツカレー600円(2024年1月現在)という安さ。チェーン店ではなく個人店舗でこの価格は凄いこと。
それにハンバーグトッピングしても100円でお釣りがきました。

味はチェーン店的な方向性。
C&Cが好きな方ならこちらも好きなのではないかと思います。
辛口も料金追加で可能ですが追加しない中辛も程よく後から辛さが感じられ、味が引き締まっているのが良いです。

普通といえば普通なのですが、丁寧に手抜きなく作っていることが伝わってきますし、この場所でこの価格は企業努力の賜物です。

評価:★★★☆

カレー日記(かつ屋)



新御茶ノ水「かつ屋」かつカレー+海老フライ


チェーン店ではなく個人店のかつ屋。
ランチタイムに訪問。かつカレーにエビフライもトッピングして注文。

まずキャベツの千切りにドレッシングがかかり、別皿提供なのが良いです。
味噌汁が付いてくるのも良い。

カレーは日式カレーと洋食カレーの間より少し日式寄りなイメージ。
カツも海老フライもしっかり揚げでしたが、衣の焦げる手前くらいの香りがこのカレーと不思議と相性が良かったです。

評価:★★★

大阪カレー日記(龍)



汐見橋「龍」カレー中丼、焼売


汐見橋駅近くにある町中華。テーブル席に座敷席とかなりの席数。
そしてかなりのメニュー数です。

厨房にも料理人が数名。
なんとも活気のある町中華。

カレーメニューも色々とある中からカレー中丼を注文。
こちらは中華丼のカレー味的なもの。

焼売もあったので一緒にオーダー。

カレー中丼、豚肉、海老、野菜の中華丼ですが、あんかけのあんに溶き卵が混ざっているのが良いです。
カレー粉由来の味ですが、このような中華丼スタイルにはカレー粉が合いますね。

焼売も片栗粉と思しきつなぎがしっかりな懐かしいタイプ。
これもホッとする味。

地域に根ざした素敵なお店でした。

評価:★★★☆

大阪カレー日記(ニューライト)



なんば「ニューライト」セイロンカツ


大阪でカレーといえば今でこそスパイスカレーですが、昔は甘辛カレー、そして混ぜカレーが大阪のカレーの代表格でした。
こちらニューライトはアメ村で古くから続くお店。
カレー専門店ではありませんが、混ぜカレーが名物の一つです。
セイロンライスと名付けられているのがそれ。

セイロンとはスリランカの過去の名前。スリランカもインドと同じくカレー食文化国な訳ですが、スリランカカレーというわけでもインドカレーというわけでもなく、日式カレーのルウとご飯をしっかり混ぜたものに卵黄を乗せたものです。

セイロンカツはそれのカツ乗せ。

セイロンライスはソースを少しかけると美味しさが増します。
セイロンカツだとカツに最初からソースがかかっているのでそのままでもOK。
これに卓上の福神漬を乗せ、一味唐辛子をぶっかけて食べるのです。

なんとも言えない懐かしさであり美味しさ。
10年に1回くらい食べたくなる味なんです。

大阪には他の混ぜカレーのお店もありますが、個人的にはニューライトが一番好き。

10年後も20年後もここが続いてますように。

評価:★★★☆

大阪カレー日記(ひょうろく)



日本橋「煮込家ひょうろく」特製カレーライス


初めに言っておきます。
好き嫌いがはっきりと分かれるタイプのお店です。
潔癖症な方は避けた方が良いでしょう。
動物アレルギーの方にもおすすめできません。

しかし、雰囲気のあるお店、クセのあるマスター、そして美味い飯。
こういう感じのお店が好きな方ならきっと気にいるでしょう。

煮込家ということでまずは秘伝のどて焼きを。
かなり甘さが強いのですがこれが絶妙で、角切りにした肉が程よい食感。
クセになります。

カレーはコップに入って出てくるのですが、これがかなり大きなコップなので意外と量があります。
どて焼きもしくは煮込をベースにカレーに仕立てたようなテイストなのですが、甘さと辛さのバランスが絶妙で実に美味しい。

面白いお店で僕は好きです。
あなたはどちらのタイプでしょう?

評価:★★★☆

カレー日記(リオ)



新宿「カレーハウスリオ」爆盛りカツカレー、ごぼうサラダ


横浜のソウルフード的カレーライスのお店リオが新宿にできました。
こちらのカレーはごくごく普通のカレー。
一般的日本人が思い浮かべるカレーライスのど真ん中と言えましょうか。
しかしその普通のカレーがちゃんと美味しいというのがリオの良いところ。
だからこそ長い間横浜の民に愛され続けているわけで、それが新宿にまで広がったということです。

メニュー構成は横浜のお店とは違う様子。
券売機で爆盛りカツカレーとごぼうサラダのチケットを購入。
番号を呼ばれると取りに行くセルフサービス方式です。

とんかつ、ハンバーグ、唐揚げ、キャベツの千切りが乗ったカレー。
とろみのある濃厚なルウ。
辛さは選べませんが辛味パウダーがあるのでそれをしっかりかけていただきました。
横浜のお店で頼む時も辛口がおすすめですから。

何とも懐かしさのあるカレー。
それ以上でもそれ以下でもなく、安心感のあるカレー。

こういうカレーが良いんだよという方も少なからずいるでしょう。
そんな方にぴったりのカレー。
新宿駅の改札を出てすぐ。
外国人にもこれが日式カレーなんだぞというのがわかりやすく、この場所においてはこのカレーが最適解なのかもしれません。

評価;★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード