fc2ブログ

カレー日記(三昇)



江戸川橋「三昇」冷しカレー


町中華というか赤ちょうちんの居酒屋というか、とにかくそんな雰囲気のお店です。
2022年12月現在は夜営業のみの様子。

町中華的なカレーはあるかなと、ふらり入ってみました。
予想通りカレーライスがメニューにあるのですが、それよりも気になったのが冷しカレーの文字。

マスターに「冷しカレーとはどのようなものですか?」と聞くと、「カレーの冷たいの。つまみだね。」と気さくな笑顔で。
ならばそれをつまみに飲んでみましょう。
サワーと共に冷しカレーを注文。
突き出しも2つ小鉢が出てきましたがどちらも良い意味で家庭料理感のあるもの。
安心する味です。

そして冷しカレー。
まさにルウカレーを冷やしたもの。
というか、ルウカレーを作り、保存するために冷し、カレーライスではこれを温めて出すのでしょうが、このままつまみにしてしまうという剛腕ぶり。

食べてみると、やっぱりこれは温めた方が絶対美味しいと思いつつも、心のどこかで「いや、でもこれ冷たいままでも意外と美味しいのでは?」と思う自分もいて、カレーは温かいものだと決めてかかってしまっているからこそ温めたいと思うわけで、カレーを知らないままこれを食べれば、こういうものだとして美味しいと感じるのではないかとも思いました。

カレー人生も長く、様々な場所でカレーを食べてきましたが、今まで食べた冷しカレーはスパイスカレーの範疇だったり、冷しカレー麺的なものがほとんどで、ルウのカレーをそのまま出すというのは驚き。
食べてみて新たな気づきも得ることができ、カレーの世界の奥深さとカレーの持つ可能性の無限さを今まで以上に確認することになったのでした。

評価:★★★

カレー日記(陳家私菜)



秋葉原「陳家私菜」四川麻辣牛バラ野菜カレー飯


四川料理の人気チェーン。
秋葉原店は昭和通り口方面にあります。
こちらのメニューにカレーが加わったことに気づき、行ってみました。

こちらの麻婆豆腐は石焼状態でグッツグツの熱々が激辛で味も濃い目の強い美味しさなのですが、カレーは麻辣とついてはいるものの程良い麻辣具合で、どちらかというと旨味の方に重きを置いた味付け。

野菜もたっぷり。牛肉も大きくゴロッと入っていて満足度の高い中華カレーです。

店員さんもお客さんも中国の方が多く、接客も現地感あるものなのですが、それが気にならない方には良いお店です。

メディアに出ることも多いお店であり、こちらのカレーもあるカレー好き芸能人のリクエストに答えて生まれたものなのだそうですが、一体誰なのでしょうか。

ちなみにこちらのカレー、秋葉原店以外であるのかどうか、調べてみたのですが判然としませんでした。
カレーが食べたい方は秋葉原店へどうぞ。

評価:★★★☆

カレー日記(瞠)



池袋「瞠」黒ドライカレー、あぶらそば


瞠。ミハルと読みます。
久しぶりに行ったのですがいつの間にかあぶらそばがイチオシとなっている様子。
ならばあぶらそばにしてみましょう。
そして黒ドライカレーも。
僕的にはメインはこちらなのです。これがあるから行くわけです。

あぶらそばはタレというか汁が他のお店で食べたことのあるものと比べると少し多めでウェッティー。
だからこそ馴染みが良いです。
そのままだと鰹節の旨味と玉ねぎの食感が印象的。
卓上の海老油と黒胡椒、酢を追加して食べるとより自分の好みとなりました。

黒ドライカレーはポロポロのそぼろ状となった挽肉にしっかりと濃いめのカレー味がついています。
ラーメン屋のサイドメニューとしてのカレーも色々ありますが、この形は個性的であり、ラーメンのサイドとしてもインパクトを残して良いですね。
だからこそ再訪しているわけで。

仕事の合間の夕方16時台に行ったのですがその時間でも営業しているのも嬉しいポイント。
また行きたいと思います。

評価:★★★☆

カレー日記(まる大)



飯田橋「まる大」鶏唐揚げカレー、チャーシューエッグ


定食屋であり居酒屋としても使えるまる大。
庄やで有名な大庄グループのお店のようです。

ランチタイムに訪問。
鶏唐揚げカレーにチャーシューエッグをつけて注文しました。

ぼってりとした懐かしいタイプのカレールウ。
揚げたての唐揚げが3つ。

チャーシューエッグは甘めに煮た煮豚にたまご二つ。
このまま食べて良し、カレーのトッピングにしても良し。

庄やは居酒屋チェーンの中でも好きなのですが、安定感あって良いです。

一つ気になったのはトッピングなしのカレーライスが680円。
唐揚げは一個から頼めて一個80円。
合わせると920円なのですが、唐揚げカレーは950円となります。
この差は何なのか。

でもそんなツッコミの入れどころ含めて憎めない大庄グループ。
願わくばカレーのルウのみ、カレーのあたまをつまみとして頼めるようにしてくれるとさらに良いなと思いました。

評価:★★★

カレー日記(東峯園)



御嶽「東峯園」カツカレー

故あって御岳山に登ってきました。
山の中にある鹿カレー目当てで頑張ったのですが当のお店が臨時休業。。。

仕方なく山の中の他のお店に行こうとしたら入店の時点で接客が酷すぎて入るのをやめ、お腹をすかせて山を降り、駅に戻って駅前にあったこちらにカレーの文字を発見したので吸い込まれるように入店。
お昼時完全にすぎて15時回っていたのですが通し営業のようで助かりました。

所謂町中華的なお店なのですが、カツカレーを注文。

町中華カレーらしく醤油ダレとスープとカレー粉を中心としあ味付けで片栗粉で固めたとろみがあります。

カツは揚げたてで結構な大きさ。
その上にぶっかけ式のカレーですがとろみがあるのでカツのサクサク感は失われていません。

スープを一口飲むと登山後に嬉しい塩味強めの味。
一方カレー自体はシンプルで強すぎない味。

ラー油をかけ、カツに合わせてソースを少しだけかけ、そうやって自分好みに変化させて食べるのが町中華カレーの楽しみ方です。

お店の方も気さくで雰囲気良好。
観光地のお店は接客がとても良いか驚くほど悪いかで二極化する傾向にありますが、こちらは前者。
ホッとするような味と接客の、優しいお店でした。

評価:★★★

カレー日記(海老専家)



飯田橋「海老専家」海老カレー炒飯


海老料理を中心とした中華料理のお店です。
海老以外も色々とあります。
こちらに海老カレー炒飯があることを事前に調べていたのでランチタイムに訪問。

メニューがタッチパネル方式になっていたのですが、このメニューを見るとカレーの文字がどこにも無い。
ひょっとしてメニューがリニューアルしてしまったのでは?
ダメ元で店員さんに「カレー炒飯は無くなっちゃったんですか?」と聞いてみると「大丈夫。できますよ! 海老炒飯のボタン押してください!」と笑顔で神対応。
良かった。

海老に卵に野菜。
カレー粉で味付けた炒飯はかなりの量。
これにスープとザーサイと杏仁豆腐もついて750円はお得です。

会計時、どうやら僕が間違ってディナーメニューの海老炒飯のボタンを押してしまったようなのですが、「夜よりランチの方がちょっと安いのでそちらに打ち直しておきますね」と神対応。

店員さんは中国の方だったのですがとても優しく丁寧で、素敵なお店だなと思いました。

評価:★★★☆

カレー日記(ゼロ)



秋葉原「ZERO」和風スパイスキーマカレー


秋葉原の昭和通り口方面にある洋食のお店です。
ランチタイムの訪問。
メニューはパスタやハンバーグ、カレーもありました。

カレーは日によってメニューが変わるようですが、この日のカレーは和風スパイスキーマカレー。
洋食店のスパイスカレーということ。

スープとサラダもついてきました。

カレーは確かにひき肉のカレー。
さっぱりとしているあたりが和風なのでしょうか。
上に様々な野菜が乗っていたのですが、生で乗っているものが多く、紫キャベツも生。
紫キャベツだとアチャールだったりすることが多いですがそういうわけでもなく。

和風スパイスキーマというよりはひき肉カレーの上に生野菜色々乗せというイメージでした。

評価:★★☆

カレー日記(香登利)



末広町「香登利」生姜豚カレー丼セット


生姜豚丼のお店です。
店内は和風でカジュアル。
カウンターメインで明るく、どことなくテーマパークの和をイメージして作ったアトラクションのような雰囲気もあります。

僕がここに行ったのは当然カレーがあるから。
生姜豚カレー丼がレギュラーメニューに存在します。

生姜豚カレー丼セットは具沢山の豚汁とサラダもついて1000円。

カレーはごくごく一般的な日式カレー的なルウですが、この上に生姜豚がたっぷり。
生姜豚というので油断していたのですがニンニクも結構しっかり。
パンチがあって食べ応えあります。

何となくイメージしたのはすた丼。
すた丼のヘルシーバージョンとでも言いましょうか。
1000円で肉も野菜もたっぷり取れるので良いですね。

評価:★★★

カレー日記(とりしん)



飯田橋「とりしん」具だくさんチキンカレー


お目当のお店がやっておらずランチカレー難民になってしまった時に偶然見つけたお店です。
店頭に並べられた本日のランチの料理。
作り物ではなく本物なのがワイルドで良いです。
見た目ごくごく普通のカレーライスのようでしたが、お腹が空いていたのでこれで良いと入店。

どうやら焼鳥のお店の様子ですが広い店内になかなかの盛況具合。

チキンカレーをいただきました。
具沢山と書いてあっただけあり、実際に大きくカットされた鶏肉、人参、ジャガイモがゴロゴロと入っているのみならず、小さくカットされたというか、串焼き用にカットされていたものの余りかなと思しき大きさの砂肝もたっぷり。
この再利用は良いですね。
カレーも予想以上にしっかり辛くて、テイスト的には一般的な日式カレーなのですが辛さと具材で個性が出ていました。

カレーのみならず魚フライにサラダ、冷製ナポリタンの皿や豆腐の小鉢に味噌汁も付いて1000円でお釣りがくるのはリーズナブル。
辛口カレーと味噌汁って相性良いんですよね。

人気の理由も納得でした。

評価:★★★☆

カレー日記(珈琲の詩)



神奈川 高津「珈琲の詩」カレーライス


高津駅前にあるバッハ推しの喫茶店。
朝はモーニングメニューもありますが、通常メニューも頼めるのが嬉しい所。
何しろ通常メニューにカレーライスがあるのです。

カレーライスは日本人のDNAに訴えかけるようなど真ん中の日式カレーライス。
本当に普通のカレーライスなのですが、それが普通以上に美味しいというのが素晴らしいじゃないですか。

アイスコーヒーも一緒にいただきましたが、こちらは苦味強め、酸味も感じる味濃いめのもの。
重厚なアイスコーヒーを飲みながらカレーライスを食べるとこれが良いペアリングとなっていて、喫茶店のカレーの魅力を感じました。

病院の一階にあるお店なのですが入り口が二つあり、病院からも入れますしそうじゃない方からも入れるので気軽に使えるお店です。

評価:★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード