FC2ブログ

カレー日記


「吉野家」チキンスパイスカレー


松屋はカレー屋。
僕は何年も前からそう公言しています。

吉野家は牛丼屋。
公言するまでもなく、皆さんの共通認識だと思います。

実際僕も牛丼は吉野家の方が好き。
でもカレーでいうと圧倒的に松屋なのです。

松屋といえばカレーマニアにも大人気の「ごろごろ煮込みチキンカレー」が復活。
喜んでいる所に、吉野家も同時期に新しいチキンカレーがリリースされるというニュースが飛び込んできました。

これは確実にぶつけにきている!!

正直にいえば今まで吉野家のカレーでピンとくるものは一度もありませんでした。
どれもこれも微妙。
美味しくないとは言わないけど美味しいとも言えない。
そんなカレーばかりでした。

しかし松屋にぶつけてくるくらいなのだから、自信作なのでは!?

そう考えて食べに行きました。

メニューを見るとどうやらこれは新商品というよりは、リニューアルしたカレーのトッピングとして新しくチキンが増え、それを合わせると松屋にぶつけたように見えるメニューにもなるということでした。

してやられた。。。

そう思いながらも食べてみると、意外とこれが悪くないんですよ。
チキンはタンドリーチキン的な味付け。
カレーも今までの吉野家のカレーとしてはスパイスが強めの方向性。
このチキンのスパイス感とカレーのスパイス感の相乗効果によって、普通に美味しいと思えるカレーとなっていました。

もちろん松屋のごろチキにはかないません。
何しろ松屋はカレー屋ですから。

しかし牛丼屋である吉野家としては、かなり頑張ったカレーなんじゃないかと思うんです。

僕の周りではこちらのカレー、賛否両論。
結局は人それぞれの味覚次第です。
ですが、今までの吉野家カレーの中では賛の意見が多いような気がしています。

食べ比べてみるのも面白いと思いますよ。

評価:★★★

カレー日記


上板橋「大松」カツカレー


板橋区は炒飯で有名というか、知る人ぞ知る地域。
昔ながらの町中華が非常に多いエリアで、町中華のカレー好きな僕にとっては掘り甲斐のある区です。
そんなわけで町中華を探していて見つけたのがこちら。

こちらは正確にいえば町中華ではありません。
しかし炒飯もあればカレーもあります。
正しく表すなら昭和の大衆食堂というのが一番しっくりくるかもしれません。

暖簾をくぐると店内はなかなかの広さ。
昼間からお酒を飲んでいるお爺さんが何人も。
平和だなぁw

そのお爺さん達、思い思いのおつまみで飲んでいるんです。
天ぷら、炒飯、煮魚、炒めもの…
この幅広さ。そして安さ。良い雰囲気です。

メニューを見るとカレーライスもあればとんかつもあったのですがカツカレーは無い様子。
しかしこれはカツカレーが食べてみたい。
女将さんにカツカレーはできますか?と聞いてみると、「できるわよ!」と笑顔で答えてくれました。

出てきたカツカレー、しっかり形を残した豚肉とにんじん、もったりした昔ながらのカレー、そして揚げたてのカツ。
揚げすぎまでいかないちょっと手前の揚げ具合がノスタルジックで良いです。

懐かしいなぁ。
これぞ大衆食堂のカツカレーだよなぁ。
そう思いながら完食。

そういえば値段聞いてなかった。
カレーは700円でカツは620円。ならばカツカレーは1000円くらいかなと思いながらお会計。
「850円ね!」
安い!

地域に根付いた素敵な食堂でした。
この形のままいつまでも続いて欲しいお店です。

評価:★★★

カレー日記


新橋「ポンヌフ」ハンバーグカレー


新橋駅前のビル一階にある喫茶店です。
昭和感満載の雰囲気。
メニューのメインはナポリタン、ハンバーグ、そしてカレー。

ハンバーグカレーをいただきました。

カレーは味濃いめの昔ながらの昭和カレー。
ハンバーグが良いんです。
分厚くてジューシーで。
最近のハンバーグは肉汁じゅわーっとなるやつが流行ってますが、こちらのハンバーグは昭和っぽく玉葱感が結構ある。
それが良いんですよ。
昔のハンバーグってこうでした。
こういうのが好きという人も少なくないはず。
このハンバーグがこのカレーに合う。

昭和の美味しい食べ物は令和でも美味しいわけです。

ランチ時には行列もできる程の人気であることが、時代を問わない美味しさであることを証明していますね。

評価:★★★☆

カレー日記


渋谷「野郎ラーメン」豚骨豚カレー


野郎ラーメン。
二郎インスパイア的な所からスタートし、いつのまにか店舗数がどんどん増えました。
そしていつのまにかオリジナルな方向性のメニューも増えていて。

久しぶりに行ってみました。
渋谷店は初訪問です。

券売機で豚骨豚カレーの食券を購入。
カレーラーメンがあれば良いのにと思いつつ、カレーメニューはこれかサイドメニュー的なカレー丼の二択だったので。

塩気の強いジャンクなカレー。
これに柔らかい豚が一枚と、豚の切れ端がいくつか。
味玉も乗ります。

こういう方向性、嫌いじゃないんですよ。
豚骨スープの旨味を蓄えたカレーはご飯もすすみますから。

しかし、お値段980円と考えるとなぁ。。。

豚が3枚くらい乗っているならその値段でも納得なんですが、意外と豚が薄いんですよね。
二郎の豚をイメージするとかなり薄いです。
野郎の豚、昔からこんなに薄かったっけ?
昔はもっと硬めだけど分厚かった印象があるのですが。

このカレーはラーメンにも合うと思うので、これでカレーラーメンをレギュラーメニューにしてくれたら食べてみたいなと思いました。

評価:★★☆

カレー日記


渋谷「渋谷ハチカレー」渋谷スクランブルカレー


ハチカレー。
八なら豊島園の名店。
蜂なら日本初の国産カレー粉、そしてレトルトの会社。
スズメがついたら激辛カレー。

色々と想像しますがこちらはカタカナのハチカレー。ハチ公のハチなのかもしれません。

カレー自体は大阪系。
インデアンカレーや上等カレーや日之屋に見られる、甘辛カレーの方向性です。
それの辛さが弱めなやつとでも言いましょうか。

これだけ食べると個性があるとはいえません。

しかし渋谷スクランブルカレーとなると、この基本のカレーにキーマカレー、食べるラー油、チーズ、パクチーなどがついて、混ぜながら食べるスタイルを推奨しており、面白さが増します。

普通のカレーでも食べ方の工夫で面白くなり、結果美味しく感じる例です。
良いメニューですよ。

評価:★★★

カレー日記


上板橋「新華」ドライカレー、バクニク


板橋には味のある町中華が非常に多いのですが、こちらのお店もまさにそれ。
暖簾をくぐり、中に入ると懐かしの赤いテーブル。
町中華のテーブルってこれでしたよね。

カレーメニューもちゃんとあります。
カレーライス、カレーラーメン、ドライカレー、カレーチャーハン。カレーワンタンというのが昔はあったようですが、今はやっていない様子。

それにしてもドライカレーとカレーチャーハン。どのような差があるのだろうと聞いてみると、「カレーチャーハンは普通のカレーチャーハン。ドライカレーはカレー入れて、ソースで味付けるの。」
とお店のお母さん。
このお母さんが明るくてハキハキとしていて優しくて素敵。

さらにメニューを見るとバクニクというメニューが。これは何ですか?と聞くと「豚肉と長葱をニンニクで炒めたの。」と。

気になる。
ドライカレーとバクニクでオーダーです。

ドライカレーはオムライスなどで使われるライス型で形を整えたものでしたが、余った分のご飯が横に添えられているのがサービス精神を感じられて嬉しいですね。
確かにカレーとソースの味で、なかなか味わい深い個性あるドライカレーでした。
これが600円というのは実に安いですね。

バクニクはおっしゃるとおりのものに木耳も入っており、味は絶妙の濃さでご飯のおかずにもバクバクいけちゃうしお酒のおつまみにもバクバクいけちゃう。
バクバクいけちゃう肉だからバクニクなのでしょうか。

こういう独自性ある料理がある町中華は貴重です。
お母さんの素敵な接客含め、好きなお店です。

評価:★★★☆

カレー日記


早稲田「メルシー」ドライカレー


早稲田駅近くの町中華的なお店メルシー。
味のある雰囲気。
とにかく安い事。
もちろん味も悪くない。
そんなわけで古くから近隣の学生に愛されているお店です。

こちらは昔ながらの中華そば的ラーメンと、玉子と一緒に炒めずに薄焼き卵を切ったものを後乗せの昭和スタイル炒飯が有名ですが、ドライカレーもあるんですよ。

ドライカレー。
490円。
ワンコイン切ってます。

具材はチャーシューの切れ端、ネギ、たまに入っている豚肉としいたけ。
グリンピースが上に乗ります。

食べてみれば意外と深みのある味わい。
各種調味料とカレー粉。
昔ながらのドライカレーともまた違う立ち位置。

この独自性がまた長年愛される理由のひとつでしょうね。

相席必須。おばちゃんの客あしらいも適度な距離感。
昭和を思い出す素敵なお店です。

評価:★★★☆

東北カレー日記


秋田 横手「北海屋」肉チャーハンイエローカレー


人生初横手。
美味しいカレーをいただいた後に電車の時間まで余裕もあったのでふらふら。
横手焼きそば四天王というのぼりを見つけ、そういえば横手焼きそばって食べた事ないなと思い、入店しました。

メニューを見ていると横手焼きそばはもちろん、町中華といったラインナップ。
そこに見つけてしまいました。
カレー炒飯です。

肉チャーハンが人気のようで、そのシリーズが色分け。
赤や黒の中に黄色が。
黄色はもちろんカレーです。

お店の方が着ていたTシャツにも肉チャーハンと書いてあったので、こちらがお店の本当に売りなのかもしれません。

ならばもう横手焼きそばより横手カレー炒飯で決まり!

カレー炒飯は町中華のカレー炒飯の王道。
パラっとタイプとしっとりタイプの間くらいのバランス。
炒飯自体にも玉子は使ってありますが、目玉焼きも乗ってくるのが横手焼きそば的。

添えられた肉は甘辛い味付け。
炒飯だけ食べても美味しいですが、肉と目玉焼きと混ぜながら食べていくと味の変化が楽しいです。

お値段もお得。
結局横手焼きそばを食べられませんでしたが、これが食べられたので満足です。
町中華好きにはたまらないお店だと思いますよ。

評価:★★★☆

カレー日記


千葉 京成船橋「箕輪商會」ハムカツカレー


オレンジ色の看板に、どことなく大学の立て看板を思い起こさせるような字体でハムカツカレーの文字。
興味をそそられました。

階段を上がって二階。
お店に入ってみると誰もおらず。
と思いきや厨房からハードコア系の音楽が好きそうなお兄さんがにこやかに「いらっしゃいませ。メニューそちらにあるんで決まったら声かけてください!」とまた厨房に。

看板メニューらしいハムカツカレーで。
辛さは中辛。
ご飯の量を少なくお願いすると、あまりご飯少な目でお願いされることがないのか少々面食らったようでしたが、快く対応してくれました。

カレーは最初から半熟卵と、チーズが少々ついています。
飴色玉葱とトマトがベースとなっているカレーに3枚重ねのハムカツ。
ハムカツにもソースが少しかかっていたので、全体的に塩味強めに感じました。
しかし半熟卵を割り、ハムカツに添えられたキャベツも一緒に食べてみると、一気にちょうど良くなり、今度は玉葱の甘味がむしろ出てきて美味しさが深く感じられました。
この変化は面白いですね。

ご飯たっぷり食べたい人なら半熟卵割らずともご飯が進む塩梅です。
しかし僕のようなご飯少な目が基本の人間にはちょっと味濃いと思いきや、実はちょうど良くなる設計で。

お値段もお手頃ですし、近隣在住在勤のカレー好きの方は覚えておいて損はないかと思います。

評価:★★★

カレー日記


新宿「カツカレー専門店 新宿カレー」熟成三元豚ロースカツカレー 3辛


カレーチェーンC&Cの手掛けるカツカレー専門店。
その名も新宿カレー。
思い切った店名ですね。

カツが売りということで、銘柄豚のカツもあります。
三元豚ロースカツカレーを3辛でオーダー。

メニューにはチキンカツもあるあたり、日本食としてのカツカレーを海外の方に向けて出していきたいという狙いがあるのかなと感じました。

三元豚ロースカツカレーは盛り方を選べる様子。
カツを別にしたスタイルの盛り方でお願いしました。

味は良くも悪くも普通に美味しいという印象です。

カレーは3辛にしたのですが、3辛だと唐辛子の直球すぎる辛さが妙に立っていて、C&Cのカレーにはバランス的に合わないと感じてしまいました。
2くらいが良さそうです。

ちなみにご飯半分でお願いしたのですが、何故かご飯少な目でオーダー通されてしまいました。

僕「ご飯半分でお願いします。」
ホールの店員さん「はい。ご飯半分で入ります。」
キッチンの店員さん「ご飯少な目ねー。」

いや、何故そこで伝言ゲーム間違ってしまうのか。
半分と少な目では結構量が違うんですよ。
半分が良かったんですよ。

とかなんとか言っておりますが、お値段も1000円でお釣りがくる安さですし、文句はありませんよ。
不思議だなぁと思った次第です。

評価:★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード