FC2ブログ

カレー日記


渋谷「麺屋虎杖」牛すじカレーライス


築地の場外市場でカレーうどんと京都おばんざいのお店としてスタートした虎杖。
築地界隈にも店舗を増やし、京都にも麺屋虎杖という新ブランドを展開。
それも成功して逆輸入的に麺屋虎杖が東京にできたのは有楽町が最初でした。

さらに渋谷です。
勢いあるなぁ。

駅近の一等地だけあって夕方頃でしたが店内ほぼ満席。
若い人や外国人観光客でいっぱいです。

カレー担々麺が看板メニューですが、それは他の虎杖でも食べているので、ここはひとつ違うものをということでカレーライスにしてみました。
具材を選べるのですが牛すじで。
ライスも白米かターメリックピラフか選べるということで後者に。

食べてみるとカレー担々麺のスープがベースになったサラサラ系。
でもそのままというわけでもなさそうです。
スープよりは多少粘度があるカレー。カレー自体に具はありませんが後乗せの具として牛すじがあるわけです。
搾菜つきなのですが、これ、合いますね。

ターメリックピラフはターメリックと挽肉入り。
べちゃっとしているとまでは言いませんが、水分含有量多めなので好みが分かれるところでしょうか。

盛り付けに美意識も感じられないのは場所柄考えると仕方ないところでしょうか。

僕、築地の虎杖は大好きなんです。
京都の虎杖はリニューアル前に一度行っただけなので今はどうかわからないのですが、有楽町、渋谷と行ってみて、これは虎杖であって虎杖ではないのだなと感じました。

築地虎杖を期待すると色々と肩すかし。
しかし別物と考えればこれはこれで悪いわけではありませんから。

評価:★★★

カレー日記


「富士そば」よくばりコンボ


松屋はカレー屋。
牛丼で有名な松屋は牛丼以上にカレーの方が美味しいんです。
僕はもう何年も前から「松屋はカレー屋」だと言い続けているのですが、それが奏功したのか、最近は様々な人の口からこの言葉が出てくるようになり、なんだか嬉しい気持ちです。

それと同じように、このようにも思うんです。

富士そばはカツ丼屋。

と。
富士そばのカツ丼って値段の割にはなかなかどうして美味しいんですよ。
さらに富士そばにはカレーカツ丼というメニューもあり、カレー好きの僕には嬉しいお店。

そのカレーカツ丼に、さらに豚しゃぶまで乗せたよくばりコンボというメニューがあるんです。
下北沢店が発祥で、現在は店舗限定ながらいくつかのお店でいただけるようです。

カレーライス、カツ丼、豚しゃぶ丼。
これの単純に足し算と思いきや、カレーはこのカツ煮があるからこそ美味しくなり、豚しゃぶがあるからこそ美味しくなるという掛け算の魅力が生まれています。

カレー自体はごくごく普通の蕎麦屋チェーンのカレールーなんですよ。
でも、カツ丼が美味しいからか、カツ丼とこのカレーが合うと元々のカレー以上の美味しさに感じるんです。
それが豚しゃぶでも起きているという。

カツ丼と豚しゃぶに関しては単純に足し算です。
しかしカレーが両者をつなぐんですね。

これが690円というのは素敵。
どこの店舗でも食べられるメニューではありませんが、豚肉好きにはたまらないボリュームメニュー。
見かけたら一食の価値はありますよ。

評価:★★★

カレー日記


浅草橋「日乃屋」カレースパゲティ


いつのまにかどこの町でも見かけるようになった日乃屋。
そのほとんどが駅前にあるという便利さが特徴のひとつと言えましょう。
こちら浅草橋店も駅前というかガード下に存在するお店。

カレースパゲティがあったのでこちらをいただいてみました。

日乃屋のカレーは古き良き大阪スタイルの、最初甘くて後から辛さが追いかけてくるというもの。
インデアンカレーがその代表格ともいえますが、インデアンカレーにはカレースパがあるんですよね。
スパゲティにぶっかけカレー。
これが懐かしい美味しさなんですよ。

ということは日乃屋のカレーもスパゲティに合うわけで。
こちらはスパゲティにぶっかけカレー、そして赤ウインナーとピーマン、玉ねぎ、卵黄、そして粉チーズ。
この粉チーズが良いですね。
タバスコがあればもっと良いのですが、タバスコの代わりにカイエンペッパーならあります。
これで辛さを調節していただく。
ジャンクな魅力です。

便利な場所で通し営業。
これだけでも利用価値はあるのですが、このようにメニューに変化を出してくれると色々な店舗に行く意味が出てくるので嬉しいです。

評価:★★★

カレー日記


千歳船橋「カルパシ」チャイニーズターリ


セミヤビーフン


杏仁アイスクリーム


遂にカルパシで中華カレーが!
事の発端は魯珈とカルパシの合同周年祭。
トラブルあって第三部のみカルパシのカレーが出せなかったんです。

そこでカルパシのカレーを楽しみにしていた人に為に、またこのカレーを食べられる機会は作ってもらえないかと聞いてみると、「翌週やります」と即決。
このあたりの決断の速さと行動力は流石カルパシ。

そんなわけで行ってきました。
中華カレー好きでカルパシ好きとしては、これを食べずに死ねません。

カレーは周年祭でも出した牛バラ中華カレー。
それに野菜カレー、酸辣湯ラサム、ウーロン茶チキンカレーという独創的ラインナップ。

前菜はセミヤのビーフン。
南インドで使うセミヤでビーフンを作るという発想が流石カルパシであり、中華に造詣があるわけでもないのにこの美味しさというのが本当に天才的。

メインへの期待度を高めた上でチャイニーズターリ。
牛バラ中華カレーは合同周年祭で食べたものよりレベルアップした美味しさとバランス感。
転んでもただでは起きません。

野菜カレーは八宝菜的アプローチ。優しい美味しさが身体に染み渡ります。
酸辣湯ラサムはしっかり酸味ありつつ溶き卵でマイルドになっていてちょうど良い塩梅。
そして一番驚いたのはウーロン茶チキンカレー。
なにこれ美味しすぎる\(^o^)/

ウーロン茶の苦味を美味しさに活かしたカレー。
デリーのカシミール的な雰囲気もありつつ、それとまた全く違うものにしているのは長葱の存在でしょう。
鶏肉の旨味とスパイスを吸い込んだ長葱が美味しいのなんの!!

そしてとどめの杏仁アイス。
美味しすぎて気絶するかと思った。。。

とんでもないです。
流石カルパシとしか言いようがありません。
こんな中華カレーあったのかと。
いや、なかったんでしょうが、作り上げたカルパシに心から拍手を送りたいです。

この週だけの限定メニューの予定だったそうですが、反響の良さから二週連続で出すことになったようです。
そのままレギュラー化して欲しい絶品ターリでした。

個人的に今まで食べたカルパシの料理の中で、これが一番好きです。

評価:★★★★★

カレー日記


神奈川 鎌倉「あしなや」カレーライス


サンマーメン


餃子


鎌倉駅近くにある昔ながらの町中華あしなや。
見た目も非常に渋いのですが、かつて山下清画伯も食べに来たことがあるというエピソードがまた渋い。

こちらの名物がサンマーメンとカレーだそうで。
町中華のカレー好きとしては食べておかねばと思い、行ってきました。

友人と一緒に行ったので、カレーライス、サンマーメン、餃子をシェア。

サンマーメンと餃子は普通に美味しいです。
門外漢なので多くは語りません。

大事なのはカレーです。
こちらのカレー、かなり美味しいんです!
普通に美味しいを超えたレベル。

カレー粉と小麦粉を焙煎して使用しているということで、ほろ苦さがあるのですがそれが旨味につながっています。

ミシュランビブグルマンにも選ばれた神保町の老舗人気カレー店、共栄堂のスマトラカレーにも通じるような苦美味カレーなんですよ。

苦味が味の根っこにあり、中華スープの旨味が味の中心にあります。
それによってスマトラカレーともまた少し違う魅力を生み出していて、食べる程にクセになる美味しさ。

中華カレーも色々と食べてきましたが、こういうタイプのカレーは初めてです。

これにとんかつとか肉炒めとか合わせたら最高だろうなぁ。
ちなみに餃子はバッチリ合いました。
焼売も乗せてみたい。

そんな風にも思うのですが、メニュー見るとそのあたりのものは見当たらず。
昔はとんかつもあったようですが、今はありませんでした。残念。
でもチャーシューや焼肉を合わせることはできそうです。

それならばまた食べに行きたいですね。

そんなこんなで、2018年11月現在食べログの点数は3.00と高くありませんが、隠れた名店ですよ。

評価:★★★☆

カレー日記


群馬 高崎「Luckyカレー」とろけるポークカレー


カレーとラーメンのお店ラッキー。
定食なんかもあって、あれもこれもなんですが、この地域はこのようなお店が多いような気がします。

とろけるポークカレーを注文。
ご飯少な目にするとマイナス50円とのことだったので少な目で。
辛口はプラス30円でできるということだったので辛口で。

ご飯の上に大きな煮豚がドーン!
その上にぶっかけカレー。
味玉も添えられてスープもつきます。

ひと口食べてみると予想以上に辛口!
いや、辛口で頼んだのは確かなんですが、メニューにはその上の激辛もあったんですよ。
けどこれ、辛口でも十分激辛レベル。
辛いのが苦手な人には厳しい辛さです。

しかし、この辛さだからこそ良いんですね。
どちらかというとジャンクなテイストなカレーです。
そのジャンク感が辛さによってパンチ力に変わり、辛さによって豚肉のエグ味は消え、甘味が引き立っていました。

味玉は辛さをリセットする役目も果たしてくれて。
このオーダー、大正解です。
そしてこれが780円というのは実に安い。

今どきのカレーではありませんが、こういうカレーも尊いですよね。
ジャンクなカレーがお好きな方は是非!

評価:★★★☆

大阪カレー日記


大阪 松屋町「ゴヤクラ」牛豚合挽きマーラー


和レー。
つまりは和とカレーを合わせた造語なのですが、和レー屋を名乗るお店です。

店内はカウンターにテーブルにこあがりの座敷まで。
居酒屋的な雰囲気も感じますが、ここはカレー屋さんなんです。

牛豚合挽きマーラーをいただきました。

和レーのお店ですが、中華に寄せたメニュー。
中華カレー好きとしてはこれが食べたくて。

食べてみると麻と辣と出汁の深みが程良い塩梅。
激辛メニューでも有名なお店なのですが、このメニューに関しては激辛ではなく、程良いです。
つまりはガンガンに攻めることもできれば、優しく攻めることもできるというわけで。

そして卓上のピクルスと合わせて食べてみると、酸味も加わって死角なしの美味しさ。
計算されてます。

他のメニューも気になるものが多かったです。
大阪に住んでいたら通うのに。
大阪在住の方が羨ましい!

評価:★★★☆

大阪カレー日記


大阪 俊徳道「八戒」四川麻婆豆腐カリィ&生ラムのクミン炒めカリィwithカレー炒飯


蟹出汁キーマカリィ


魯肉


僕がカレー好きなのは言うまでもありませんが、中華も好きなんです。
しかし毎日カレーばかり食べるようになってしまったので、中華を食べる機会が減ってしまいました。
逆にだからこそ、中華カレーという新たな魅力に気づけたのですが、その中華カレーにおいて日本トップクラスのお店がこちらです。

東大阪市ということで、大阪の中心部からは少し外れた位置にあるのですが、オンリーワンの魅力が溢れすぎているので引き寄せられます。

今回いただいたのは四川麻婆豆腐カリィと生ラムのクミン炒めカリィのあいがけ。
これのご飯をカレー炒飯にしてもらうスペシャルプレート!

さらに!

別皿で蟹出汁キーマカリィと、魯肉飯のあたまも。
東京在住でたまにしか来れないので、あれもこれもです。

もうね、全てが美味しいんですよ。
全てがちゃんと中華でありながら、確かにカレーというバランス感。
魯肉は魯肉ですが、魯肉はカレー説ありますからね。

麻婆豆腐もカレー説ありますが、この麻婆はその説があろうとなかろうとカレーに確実に寄っているんです。
麻も辣もしっかりあってさらに深い。

蟹出汁キーマもこの出汁感が大阪っぽくてナイス。

カレー炒飯もまさにカレー炒飯。

なんだろう。美味しすぎるものを食べると語彙力を失ってしまいますね(^_^;)

一番気に入ったの生ラム。
肉質が最高! それにシンプルなスパイス使いで、ジューシースパイシー。
めちゃくちゃ美味しいじゃないですか!

中華カレーのお手本のような料理の数々。
シェフのおさむさんのカレー愛についてうかがうこともできて、色々と納得と理解が深まりました。
また絶対に行かなくてはならないお店です。

評価:★★★★☆

名古屋カレー日記


愛知 金山「ブラジルコーヒー」モーニングAセット(ブレンド)+ミニカレー


ドリンクを頼むと食事がついてくるという名古屋のモーニング文化。
東京で生まれ育った僕には驚きのサービスです。

モーニングがあるお店は数あれど、カレーも選べるモーニングとなるとなかなかありません。
金山駅前にあるこちらの喫茶店では、追加料金ですがミニカレーもつけられるということで、朝カレーしたい僕にも最高のお店です。

Aセットはドリンク代のみでトーストとサラダとゆで卵つき。
トーストはバターが塗られ、ジャムかあんこを選べるということであんこに。
小倉トーストも名古屋名物ですから。

ドリンクはブレンドを注文。

追加250円でミニカレーも当然注文。

トーストにあんこを乗せて食べて名古屋の雰囲気を満喫。
コーヒーもよく合います。

ゆで卵はカレーに乗せて食べました。
ごく普通のカレーですが、たまごが乗ってなんだかプチゴージャスに。

これ全部合わせて630円って東京では難しいですよ。
お店の経営も心配になるほどですが、名古屋エリアのお店はどうやって成り立たせているのでしょうか。

心配しつつも、この文化は無くならずにそのまま続いて欲しいとも思うわがままな客心。

素敵なお店でした。

評価:★★★☆

カレー日記


中野「代一元」カレーラーメン


中野から新井薬師へ向かう途中の商店街にある、昔ながらの町中華です。
カウンターのみの小さなお店。
おじいさんとおばあさんがお二人で切り盛りされています。

カレーライスもあったのですが、カレーラーメンをいただきました。
麺はしっかり茹で。
本来はコシがあるものが好きなのですが、こちらのお店の雰囲気と、このカレーの味には、このくらいの茹で具合が妙に合います。

少な目の豚肉、多めの白菜。
なんだか安心する味のカレースープ。
町中華として正しいバランス感。
値段も正しい町中華価格です。

普通のカレーラーメンなんですが、それが普通以上に感じるのは僕が町中華が好きだからかもしれません。
そういう意味でも王道の町中華を感じさせるお店だと思います。

評価:★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード