FC2ブログ

カレー日記


神奈川 日ノ出町「萬福」カレー焼そば


麻婆豆腐


横浜の日ノ出町。
浅草と中州を足して2で割ったような雰囲気の町です。
浅草も中州も好きな僕としては、当然日ノ出町も好きな町でして。
治安が良くないと言われることもありますが、風情があるんですよ。
昭和の雰囲気がそこかしこに残っていて。

こちらの萬福も昭和時代そのままの町中華。
テーブルは昔は赤かったんだろうなと思う色なのですが、それが時を経て退色し、ピンク色になって逆にインスタ映えするという奇跡。
時代が一周回ったのでしょう。

こちら、カレーライスもあればカレー焼きそば、カレーそば、カレーもやしそばなんてのもあります。
悩みに悩んでカレー焼きそばをセレクト。

そしたらこれが当たり!
細麺の焼きそばに豚肉と玉葱のカレーあん。
なんてことない普通のカレーあんですが、これが美味しいというのはスープが美味しいという証拠。
細麺にしっかり絡んでB級グルメとして最高に正しい形。
ボリュームもあって値段も650円ですから。

美味しかったのでもう一品。
麻婆豆腐を頼んだらこれまた個性的な美味しさ。
写真ご覧になればわかると思うのですが、ほぼ豆腐です。
豆腐を崩したものに挽肉ではなく豚小間をさらに細かく切ったものとニラ。
あんかけのあんという形式ではなく、ほぼ豆腐でありながらこの旨味は一体どこから来るのでしょう。
調味料に頼らない謎の旨味と深味。匠の技を感じます。
これはここにしかない美味しさです。

町中華好き、中華カレー好きなら押さえておきたい名店ですよ。

評価:★★★☆

カレー日記


「松のや」ロースカツカレーポテトサラダセット


牛丼チェーンとして有名でありながら、実はカレーの評価も高い松屋。
僕は常々「松屋はカレー屋」と言い続けているわけですが、その松屋を運営する松屋フーズのとんかつ屋が松のや。そして松乃屋です。
松のやと松乃屋、何が違うのかというと、比較的新しくできたお店が「松のや」で、それより前からあるお店が「松乃屋」なんだそうで。

そんな松のやで頼んだのはロースカツカレーのポテトサラダセット。
味噌汁はつきません。
カレーは松屋のカレーとは違い、玉ねぎの甘味が強めに出たカレー。
これだけで食べると松屋のカレーが好きな僕にとってはちょっと物足りない印象。
マイカリー食堂のカレーの方が近いですが、それともまた違う気もして。
松屋はカレー屋だけど、松のやはカレー屋ではないのか。。。
普通のとんかつ屋か。。。
あ! ということは!?
と思って食べ方変えてみました。

とんかつにソースをかけ、そのソースと一緒にカレーも合わせて食べてみると、美味しい\(^o^)/
とんかつ屋のカツカレーの正しい食べ方はソースと一緒に食べることですからね。
ソースが少し加わると味が完成するような印象でした。
そういう意味でも松のやは正しいとんかつ屋さんなのでした。

評価:★★★

カレー日記


東武練馬「喜多方屋」スモールカレー、四川風麻婆豆腐


喜多方屋。
喜多方ラーメン専門店。というわけではなく、喜多方ラーメンと様々な料理がいただける町中華といった雰囲気のお店です。
カレーもありますから。

そんなわけでカレー。
最近食べすぎなのでスモールカレーと、麻婆豆腐を注文しました。

スモールカレーとはいうものの、実際出てきたものを見てみればこじゃれたカフェの通常サイズくらいありますね。
麻婆豆腐が少ないわけでもないんですよ。どっちも普通に量があるということです。

カレーは中華スープでのばした町中華らしいカレー。
それにケチャップなどの調味料で味をつけているのかな。
家庭的な美味しさでした。

麻婆豆腐は小瓶の山椒を別で出してくれました。
これが無ければ四川風というか家庭風ですが、山椒を多めにかけると四川とはいえずとも四川風とは確かに言えるかなと。
花椒だったらもっと良かったんですが、町中華と考えれば山椒別出ししてくれるだけでも十分ありがたいです。

雰囲気もアットホームで良い感じ。
町中華のカレーと麻婆豆腐でした。

評価:★★★

カレー日記


「CoCo壱番屋」大人のスパイスカレーTHE骨付きチキン+レッドオニオンのピクルス


日本のカレーの歴史を語る上で欠かせない東銀座の老舗ナイルレストラン。
こちらの名物はムルギーランチという鶏肉のカレーなのですが、日本一のカレーチェーンCoCo壱番屋が、そのムルギーランチのインスパイアメニューを出したということで食べに行ってきました。

ココイチのスパイスカレーシリーズの一角を担うメニューのようです。

ご飯の上には骨付きチキン。そしてキャベツ。
ココイチとしてはサラっとしたというかシャバっとしたカレー。
その上に追いスパイス。

メニューには「しっかり混ぜて食べて」と、ムルギーランチの食べ方と同じ説明書きが。
ムルギーランチの場合はマジェテですが。

食べてみると味はやっぱりココイチ。
ナイルレストランを期待しすぎると違和感ありますね。
あくまでココイチのカレーの中で、ムルギーランチを作るとこうなるという。
そんなカレーでした。

久しぶりにナイルレストランに行きたくなってきた!

評価:★★★

カレー日記


埼玉 新田「横丁酒場」カレーライス


イスラム風焼き鳥


新田駅前に全品250円の居酒屋があります。
中には2品で250円、つまり125円のメニューまであるという異常な安さ。

その中にカレーもあるんですよ。
250円のカレーですから、業務用のレトルト使った適当なカレーなんだろうなと想像しながら頼んでみると、これが意外とちゃんとしていて悪くないんですよ。
業務用のルーを使っているんだとは思いますが、具が鶏肉やじゃがいもがしっかりと入っており、値段を考えれば十分なクオリティ。

他にイスラム風焼き鳥なる不思議なメニューがあったのでそれも頼んでみると、スパイスと焼鳥のタレで味付けされた焼鳥が3本。
こちらもなかなかどうして悪くないんですよ。

どちらも250円というのは偉いですね。

もちろんドリンクも250円。
僕はこのカレーと焼鳥とシークワーサーサワーを1杯飲んで、たったの750円でした。
凄い!

近くにあったらちょくちょく通っちゃうだろうなぁ。

評価:★★★

カレー日記


小岩「タクト」ハンバーグカレー


デカ盛りで有名な昭和スタイルの喫茶店です。
喫茶店と言いながら定食やら何やら食べ物メニューが非常に幅広く充実しています。
まだファミレスが無かった時代、このような喫茶店が今のファミレス的な役割を果たしていたんですよね。

ハンバーグカレーを注文。
デカ盛りなのは承知していたのでライスは半分で頼んだのですが、半分でも280gくらいありそうな量。
普通のお店の大盛りレベルですよ。

カレーは昔ながらのもったりしたカレールー。
小麦粉もかなり使っていそうなので、小麦粉に米という炭水化物祭り。
ハンバーグのような具があった方が良いカレーかと思います。

懐かしい美味しさといいますか、昔ながらのカレーが好きな人には良いと思います。
味噌汁と漬け物がつくのも良いですね。

お店は昭和スタイルなので、喫煙可。
嫌煙家は行かない方が良いと思います。

僕は非喫煙者ですが、嫌煙家というわけでもないですし、昭和という時代が好きなので、こういう雰囲気もまた悪くないものだなと思いながら、懐かしい気持ちになりました。

評価:★★★

カレー日記


上板橋「剋」インディアンチャーハン


四川麻婆豆腐


黒酢の酢豚


上板橋駅南口から比較的すぐ近くにある中華料理店です。
見た目はおしゃれなダイニングバーといった雰囲気で中華屋っぽくありません。
外看板のメニュー見てもカレーの文字は無いので、お店の存在には気づいていながら今までスルーしていたのですが、何故か妙に気になってよーくメニューを見てみると、インディアンチャーハンなるものがあることに気づきました。

これはもしやカレーチャーハンでは?
と考えつつ入店。
落ち着いていて清潔感があり、やはり中華屋っぽくはありません。
店員さんは日本人の様子。

インディアンチャーハンとは何ですか?
と聞いてみると、炒飯の上にカレー味の挽肉が乗ったものですとのこと。

単純にカレー粉で味付けたカレー炒飯かと思いきや、違うんですね。
一工夫してある。
挽肉ということはキーマカレーみたいなものですか?
と聞いてみると、そうですね。と。
これは頼まない訳にはいきません。

他におすすめを聞いてみると四川麻婆豆腐とのこと。
麻婆豆腐はカレーだという説もありますからこれもいってみましょう。

食べてみると良い意味で家庭的。
家庭で作る中華に一工夫加えたようなそんな味わいです。
といっても相当料理上手な家庭料理ですよ。
ちゃんとプロの味です。
ただ、格式高い中華レストラン的でもなければ、昔ながらの町中華ともまた違う、優しい美味しさなんですね。

何より値段もそれぞれ安いのがまた嬉しい所。
お店はちょっと気取ったというか、おしゃれな感じなのでそれなりの値段しそうなんですが、接客も味も値段もフレンドリーでした。

美味しかったので黒酢の酢豚も。
これも良いですね。薄切りの豚肉をまるめて衣つけて揚げた酢豚です。

上板橋で中華カレーというと町中華の大番があり、ここにばかり行っていましたが、今後はこちらも選択肢に加わりました。

評価:★★★☆

カレー日記


大塚「同心居」上海カレー鶏丼


大塚から北池袋方面へ向かっていると見慣れない中華料理店が。
何故かピンときてメニュー見てみると、やっぱりありました中華カレー\(^o^)/

カレーは上海カレー鶏丼と上海カレー焼きそばの2種。

迷わず入店。店内はごくごく普通の中華屋といった雰囲気。
店員さんも中国の方のようです。

カレー鶏丼をいただきました。

カレー粉と唐辛子というか醤か何かを使用したカレーというか中華カレーあん。
鶏肉、人参、じゃがいもと具沢山です。
この具の取り合わせが日本的でまた面白いですね。

カレーライスというよりは中華カレーあんかけご飯ですが、これはこれでまた悪くないもんです。

ボリュームもあってお値段もお手頃価格。
焼きそばも気になるので近くへ行ったらまた寄ってみようかな。

評価:★★★

カレー日記


大塚「日乃屋」塩豚しゃぶカレー


神田カレーグランプリでグランプリ受賞をしてから「神田一なら日本一」という攻めすぎな惹句で大量に店舗数を増やしている日乃屋。

個人的には神田一だからといって日本一ではないと思いますし、神田カレーグランプリの投票方式から考えて、そもそも本当に神田一なのか?という疑問もあります。

あるのですが、日乃屋のカレー自体の味は結構好きなんですよ。

そして日乃屋の良い所は、店舗限定メニューがあるということ。
違うメニューがだいたいあるので、あちこちの日乃屋を食べ比べることができるんですよね。
どこの日乃屋も駅から近い好立地ということもいえるかもしれません。

そんなわけで大塚駅前というか、もはや大塚駅構内といっても良いくらいの位置にある大塚店。
ただ、こちらには店舗限定メニューはありませんでした。残念。

期間限定らしい塩豚しゃぶカレーをいただきました。
甘くて辛いルーの上に塩豚しゃぶと白髪ねぎ。
和風な感じが見た目にも味にも合っています。

件の宣伝文句は改めた方が良いと正直思っているんですが、この味は改める必要のない、チェーン店としては完成されたカレーですね。
昔ながらの大阪カレーの魅力を味わえます。

評価:★★★

カレー日記


巣鴨新田「兆峰」カツカレー


中華を中心に洋食も色々と。昔ながらの町中華と呼ばれるスタイルのお店です。
店内入ってみれば初めての訪問にもかかわらず懐かしい気持ちになります。
町中華の良さですね。

カウンターに座ってカツカレーを注文。

店内少しずつ賑わってきましたが、カツカレーを頼むお客さん、とんかつを頼むお客さんが多め。
カツが名物なのかもしれません。

出てきたカツカレー。
シャバっとしたルーは中華系スープの旨味が味の根幹になっています。
カレーは業務用のカレーフレーク使用でしょうか。
これと中華スープって相性実に良いんですよね。
僕が小さい頃によく食べて町中華のカレーとも近い方向性で、懐かしい美味しさです。

カツはウェルダンな揚げ具合。
ともすると揚げすぎに近い状態とも言えなくもないのですが、このカレーにはそれが妙に合うんですよ。
薄すぎず厚すぎない大きさも良い塩梅で。

そしてちょこっとですがキャベツの千切りが添えられているのもまた正しくて。

良いなぁ。
こういうカツカレー、普通といえば普通なんですが、それ以上の魅力があると思うんですよ。
町中華のカツカレーとしてはなかなかのレベルの高さでしたよ。
僕は好きです。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード