FC2ブログ

カレー日記



「吉野家」肉だく牛カレー、ごぼうサラダ


牛丼の吉野家がカレーをリニューアルしました。
さらに肉だくというメニューも追加。
牛丼のアタマの部分の肉量が増えたものです。
肉好きには嬉しいですね。

そんなわけでどちらも楽しめる肉だく牛カレーをいただきました。
ゴボウサラダも一緒に。

まず肉だくの肉。
美味しいですね。量も満足感得られるもの。これは良い感じです。

そしてカレーですが、こちらは以前のものと比べると濃厚さは薄れ、コクよりもエッジを立たせたイメージ。
スパイスによるエッジではなく、塩味によるエッジと感じました。
プラスアルファで出汁感もあるのですが、その出汁感も濃厚な旨味というわけではなく、引き算した際にゼロにならないようにするためのプラスアルファの出汁というような。

牛丼屋のカレーといえば松屋独り勝ち状態で、吉野家も色々と工夫しているようですが、もっと抜本的な変革が必要なのではないかと個人的には思いながらも、吉野家ユーザーにはこのタイプが良いのかもしれないなとも思いつつ、でもやっぱりそれじゃ松屋に勝てないよなぁなどなどなど。
色んなことを考えてしまいました。

評価:★★☆

カレー日記



板橋区役所前「ときわ食堂」チキンカツカレー


大山駅から板橋区役所前方面へ向かう商店街の終わりたりにある、昔ながらの定食屋さんです。

メニューは焼き魚から炒めものから揚げ物と、定食の定番の数々。
カレーの文字も発見したので入ってみました。

頼んだのはチキンカツカレー。
トンカツのカレーもありましたが、あえてチキンカツがあるということはチキンカツも人気なのかもしれないと思いまして。

結果、チキンで正解でした。
カレー自体に豚肉がごろごろと入っているんです。
チキンカツにしたことによって鶏肉も豚肉も楽しめてお得感。しかもとんかつカレーよりも少し安いです。

カレーはカレースパイス料理研究家の一条もんこさんが監修した「あしたのカレー」にそっくり。
つまり、家庭的カレーの美味しいやつです。
じゃがいもやにんじんのゴロゴロ感としっかりした火入れ感。
甘味を感じ、もったりとしてながらもそれがしつこくなく、上品な仕上がり。
マッシュルームも入って変化を感じるのも良いです。

ランチタイムとしてはかなり遅い時間に行ったのですが、それでも店内は入れ替わり立ち替わりお客さんが来ている様子。
人気があるのも納得のお店でした。

評価:★★★☆

カレー日記



上板橋「明煌華」挽肉たっぷりカレー


上板橋のイトーヨーカドー並びにある中華料理店です。
店名は中華的なのですが外観は何のお店だかよくわからず、店内入ってみると黒を基調としたバーといった雰囲気であり、中華感は薄いのですが、メニューを見れば中華料理のバーであることがわかります。

BGMにはレゲエがかかっていて、中華としてはかなり珍しい雰囲気の中、メニューを吟味するとカレーがあるんです。
以前こちらの前を通った時に、外にあったテイクアウトメニューにカレーの文字を発見していたのです。
だからこそ訪問したわけです。

挽肉たっぷりカレー。
その品名からはどんなカレーか想像つきません。挽肉は入っているのでしょうが、普通の日本的カレーなのか、ラーメン屋的カレーなのか、はたまた中華カレーなのか。

結論、中華カレーでした。
それも、かなり当たりの。

粗挽き肉メインでズッキーニなども入った麻辣味がベースの中華キーマ。
隠し味に黒酢が入っていて、それが奥深さにもつながり、味を引き締める役も担っていました。
パクチーも彩りのみならずちゃんと美味しさを構成するのに意味があり、トータルバランスの良い中華カレー。

何だか嬉しくなっちゃいました。

他に油淋鶏も頼んだのですが、こちらも上品な味わいの美味しいもので。

他のメニューも色々と気になるものがあり、しっかりと掘っていかねばならないお店だなと感じました。
ありそうでないタイプの麻辣中華キーマ。
中華カレー好きの方は是非!

評価:★★★☆

カレー日記



埼玉 南鳩ヶ谷「桃園」カレー炒飯、ザーサイスープ




鶏肉とカリフラワーとアスパラのカレー炒め




フカヒレの姿煮




ブロッコリーのオイスターソース炒め




海老シューマイ


南鳩ヶ谷駅から徒歩15分から20分くらいでしょうか。
住宅街の中にある中華料理店です。
一見町中華的な雰囲気ですし、メインのメニューは確かに町中華感もあるのですが、ところどころに垣間見える本格派の雰囲気。わかる人にはわかるかと思います。

僕がここのマスターの料理を初めて食べたのは子供の頃。
当時は今は無き有楽町駅前の中華料理店で腕をふるっていました。
とても美味しくて家族全員がマスターの味の虜になって。

その後マスターは台湾へ修業へ。
現地のホテルレストランでさらなる知識と技術を身につけて帰国。
一度現店舗のある場所のすぐ近くに小さなお店を構えたのですが、瞬く間に人気店となり、広い現店舗へ移転したという流れです。
もう何十年もずっと食べに行っています。

そんな経歴のマスターですから、何を食べても本格的で本当に美味しい。
あまりに美味しくて、「これどうやって作るんですか?」と聞くと簡単にレシピを教えてくれるのですが、あまりにも普通のレシピ。
それをここまで美味しく仕上げることができるのは、やはり技術と知識、そして天性のセンスも持ち合わせているのでしょう。

メニューから色々選ぶのも楽しいのですが、ここはメニューに無いものも本当に美味しくて。
久しぶりにマスターのおまかせコースで予約しました。

僕がいつの間にかカレーの人としてメディアに出ていることもマスターはご存知だったようで、いきなり最初から裏メニューの鶏肉とカリフラワーとアスパラのカレー炒めからスタート!
テンション上がりまくりですw

しかもカリフラワーですよ。
インド料理だとよく使われる食材。当然カレーのスパイスとの相性は抜群です。
これを知ってか知らずか選んでくるあたり、やっぱりセンスが凄まじいんですね。

そしてシメにはカレー炒飯。
このカレー炒飯も、具材を普通の炒飯とはかなり変えてきているんです。
さらには搾菜スープを合わせてくれて、その相性がまた最高で。
こういうひとつひとつの組み立てが素晴らしい。

昔はメニューに載っていたのですが、今は予約必須の裏メニューとなったフカヒレの姿煮も相変わらずの絶品!
文字通り頬が落ちる感覚を味わえます。

メニューにちゃんと載っている定番の海老シューマイも何度食べても飽きない美味しさ。
めちゃめちゃ海老なんですよ。ぷりぷり。それがシューマイになっているという。

色々と堪能したのですが一番驚いたのはブロッコリーのオイスターソース炒め。
これ、僕の人生のブロッコリーランキング1位です。
文字通り優勝!

これの作り方を聞いても、やっぱりごくごく普通の中華的作り方というかレシピ。
それをとんでもなく美味しく仕上げる素晴らしいシェフということです。

通常メニューにカレーはありません。
しかし通常メニューを食べても普通に見えて普通じゃないそのレベルの高さが、わかる人にはわかるはずです。

文字通り隠れた名店。
僕の長年通うとっておき。
中華料理好きの方ならわざわざ行く価値があるお店だと思います。

評価:★★★★★

カレー日記



東武練馬「朝日屋」カツカレー




カレーせいろ


東武練馬駅から南へ。旧川越街道から少し横入りした場所にある蕎麦屋です。
「ここ、美味しいんだよ。」そう教えてくれたのは僕が通う居酒屋みっちのマスターでした。
以前もマスターおすすめのお店に行って美味しかったので、またこちらにも行ってみたのですが、やはり当たり店でした。

清潔感ある店内。
腰の曲がったお婆ちゃんは元気で愛想のよい接客。
これだけで良い店だとわかります。

カツカレーを注文。
フルーティーなカレー、サクっと揚げたてのカツの下に忍ばせたキャベツの千切り。
横に添えられたプチトマト。
その全てが美味しさにつながっているという意味のある演出の数々。

蕎麦屋のカツカレーとしてここまで理想的なもの、なかなかありません。

お蕎麦屋さんですから蕎麦もいかないと。
カレーせいろも美味しいんです。

カツカレーのカレーとは違うカレーつけ汁。
カレー丼もあるので、それと同じカレーでしょうか。
出汁の上品さを感じつつ、豚肉たっぷり入っているのでしっかりとパンチもあるカレー汁。
綺麗な蕎麦はスルスルと舌触りも香りも良い。もちろん茹で具合も。

普通に見えるお店ですし、何も考えずに食べたら普通に感じるかもしれません。
しかし、普通を超えた美味しさがあること、わかる人にはわかるんじゃないかなと思います。

評価:★★★☆

カレー日記



高円寺「タブチ」牛丼&カレーのW盛り合わせ(辛口)


高円寺ガード下の老舗です。
ラーメン、カレー、その他定食があり、ラーメンや日替わり定食はかなり廉価でいただけるというお店。
カレーはそこまで廉価というわけではないのですが、それでも平均よりは安いです。

牛丼6カレーのW盛り合わせをいただきました。
通常650円。
プラス50円で辛口にできるということで、辛口に。つまり700円です。

700円でカレギュウ的なものになるわけですね。
そう考えると安いとは思わないんですが、よくよく考えたら松屋が安すぎるんですよ。
個人店舗でこれなら立派なもんです。

日替わり定食なんかは実際相当安いですしね。

さて、カレーですが、昔ながらのカレールウのカレーです。
それを恐らくはラーメンのスープでのばしているのでしょうか。
ラーメンとカレーのお店のカレーといった感じといいますか、まさにそのものなのですが、懐かしい美味しさです。

じゃがいもがゴロっと入っているのがまた良い。

牛丼のアタマの部分も無難に美味しくて。
カレーと混ぜて行くと甘味と辛味が調和するので、辛口が良いですね。

思い返せばこちらのお店、恐らく15年以上ぶりに行ったのですが、かすかに残った記憶そのままのカレーでしみじみと味わいました。
次に行くのは何年後だろう。
例えまた15年後だったとしても、続いていて欲しいお店です。

評価:★★★

カレー日記



淡路町「京風カレー おこしやす」牛煮込みカレー


秋葉原と神田と淡路町の間くらいに、いつの間にか新しいお店ができていました。
「京風カレーおこしやす」
小さなお店ですが以前も別の飲食店だった場所です。

店内に入ると「おこしやすー」と。
券売機で食券を購入するのですが、どうしようか考えていると店主さんが「野菜カレーって書いてあるんですが全てのカレーに野菜は入ります。それにお肉追加したい場合はそれぞれの肉が書いてあるカレーを選んでください。」と。

牛煮込みカレーを注文。
サイズも選べるのですが小で。

土鍋を小さくしたような可愛らしいお皿に盛り付けられて出てきました。

食べてみると最初に出汁の旨味のインパクトが来ます。
しかし出汁カレーとしてはかなり濃厚。
フルーツや野菜の甘味が出汁の旨味の後に追いかけてきて、過ぎ去ったと思うとスパイスの香りが残っている。
そんなカレーです。

甘いのですが嫌な甘さではなく、あくまで濃い出汁や野菜とフルーツの甘味。
砂糖は使用していないそうです。

さらに食べ進めてみるとご飯にも香りが。
出汁ご飯だそうです。
これは面白いですね。
出汁に使う粉末をご飯に混ぜたという。

牛煮込みも上質の牛肉ですきやきのよう。
美味しいなぁ。

店主さんは元々懐石料理のシェフだったそうです。
お店自体はうまくいっていたのですが人員不足により閉店。
その後一人でできるお店をと考えてこちらを開店したとのこと。
カレーのお店をやるにあたって様々なカレー屋を食べ歩いたそうですが、自分にしかできないカレーを作ろうという結論にたどり着き、できたのがこのカレーということです。

確かにこれは他にない個性的な美味しさ。

エリア的にもカレーの名店が多く、激戦区ともいえるのですが、この個性は他に無いものです。
近隣のカレー好きの皆さん、要チェックですよ!

評価:★★★☆

カレー日記



亀有「おそうざい村」チキンカレー




カレーコロッケ

おそうざい村。
良い名前ですね。
おそうざい町でもおそうざい市でもなく、村です。

光が丘や新浦安にもお店があるようですが、こちらは亀有。
駅直結のショッピングセンター、ビーンズ亀有の中にあります。

チキンカレーとカレーコロッケをいただきました。

チキンカレーはおうちカレーレストランカレーの間くらいのカレーで、予想よりも本格的。
グリルしたチキンが入っているのが良いです。
野菜も一緒に煮込んだ形ではなく後で合わせた感じとか、何かと気が利いているんですよ。

この手のお店ですから普通におうちカレーと思いきや、そういう工夫があると食べる方もテンション上がります。

そしてカレーコロッケ。
カレーコロッケにも色々あります。
カレー粉で味付けしたじゃがいもののコロッケ、カレールーに衣をつけてあげたコロッケ、そしてこちらはじゃがいもコロッケの中にキーマ入り。
なかなか珍しいタイプです。
しかしこれ、良いですよ。
コロッケもカレーも同時に味わえるんですから。
上にあげた3タイプのカレーコロッケの中では一番良い形かもしれません。

おそうざい村。村だからといって侮れません。
よっぽど腕利きの村長がいるのでしょう。

評価:★★★☆

カレー日記



新宿西口「麺屋武蔵」麻辣カリー麺


ラーメン好きなら知らぬ者はいない麺屋武蔵。
新宿西口駅近くの本店で、カレー好きなら知らぬ者はいない新宿中村屋とのコラボメニューを出していると聞いて行ってきました。

麻辣カリー麺。
「カリー」とするあたりが中村屋イズムを感じて良いですね。

中村屋といえば日本で最初にインドカレーを出したお店。
そしてインド料理のみならず様々な料理を味わえ、中華料理にも力を入れているお店。
だからこその絶妙な麻辣感、そして中華感。
それでいてちゃんとカレー感、いや、カリー感。
素晴らしいです。

麺が極細で、博多ラーメンのような麺。
デフォルトで博多ラーメンでいうところのバリカタな硬さなのも実に良いです。このカレースープに合います。

豚肉もゴロゴロと入り、パクチーがまた良い感じ。
これ、好きです。

一日の食数限定で6月22日まで提供予定とのこと。
気になる方はお早めに!

評価:★★★☆

カレー日記



上板橋「ハートレストラン安ざわ家」安ざわ屋のカレー+チャーシュー




Gingerやきめん


安ざわ食堂がリニューアル。ハートレストラン安ざわ家に変わりました。
メニューも一新。
大人気だったチャーシューエッグ定食や生姜焼き定食が無くなってしまいましたがカレーは残りました。

一安心しつつカレーにチャーシュートッピングで食券購入。
店内に変化はないのですがスピーカーの音が以前よりよく聞こえるようになった気がしました。

聴こえてきたのはヒゲダンのプリテンダー。
良い曲だなぁ。
そう思っていたところでカレーがやってきました。

見た目が全然違います。
以前のカレーはラーメンの丼にどかーん!と盛り付けられた荒々しくも神々しいものだったのですが、白いカレー皿に盛り付けられたカレーは上品になったともおとなしくなったとも言えます。
チャーシューの形状も変わりました。

あれ?
そこでまた聴こえてきたプリテンダー。

♪もっと違う性格で もっと違う価値観で 愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから…
グッバイ!

うーん。
妙に重なるなぁ。
かつてつきあっていた愛する人。
しかしずっと一緒にいられないと気づいてしまった人。
悲しいけど仕方ない。

♪君の運命の人は僕じゃない つらいけど否めない でも離れがたいのさ

その味に触れただけで痛いやいやでも 美味いないやいや
グッバイ!

これはこれで美味しいんですよ。
でもね、僕の求める味ではない。僕よりももっとこれを好きな人がいる。
そしてこちらのお店もそういう人に向けて作り出したのだろう。
悲しいけど仕方ない。

プリテンダー、良い曲です。
まさかカレーに対する思いで完全にシンクロするとは思いませんでした。

食べている途中にグループ客が入ってきました。
券売機を見てチャーシューエッグ定食が無いのに気づき、店員さんに確認。メニューが新しくなったことによってチャーシューエッグなくなったことを知ると悲しそうに帰っていきました。
わかるよその気持ち。

新しくなった安ざわ食堂改め安ざわ家。
美味しいですよ。
店員さんの接客の良さも相変わらず。

しかし、僕の求めるワイルドな魅力溢れたカレーは無くなってしまったんです。
昔の君に戻ってくれないかな。
そうしたらまた会いたいんだけどな。
でも今の君も素敵だよ。
そして今の君には僕よりもっとふさわしい人がいるだろう。
ならば僕はしばらく会わないことにしよう。
それがお互いにとってきっと幸せなことだから。
そして時がたって、今の君の良さを僕がちゃんと理解して納得することができるようになったらまた会いにいきます。
それまで元気でいてくださいね。
君の幸せを祈っています。

以上、プリテンダーに合わせる食べログ文学的にまとめてしまいました(^^;)

評価:★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード