FC2ブログ

カレー日記



埼玉 加須「かし亀」チャーシューカレー




生姜正油チャーシューメン




ほぐし肉チャーハン



映えるデカ盛中華ということでSNSでバズった町中華かし亀。
こちらのカレーがあることを知り、行ってきました。

平日昼だというのにとんでもない行列。
このエリアのこの時間ということを考えるととんでもない人気店です。

2人で行き、僕が頼んだのがチャーシューカレー。
連れが頼んだのがほぐし肉チャーハン。
そしてせっかくなのでということで、一緒に生姜正油チャーシューメンも。

まずチャーシューカレー。
分厚いチャーシューが山のように積み上げられています。
頭の中に鳴り響くBGMはMOUNTAINのNEVER IN MY LIFE。
文字通り僕の人生に今まで無かったチャーシューカレーです。

食べてみればチャーシューは噛み応えと柔らかさの程良い共存。
これとご飯だけで幸せになれるところをさらにカレーです。
そのカレーもほぐし肉やチャーシューのかけらが入っており、例えるならチャイニーズハリーム!
これにチャイニーズポークティッカのマウンテン盛りなわけです。
フライドオニオンもきいています。

スパイス感はごく普通のカレーというかカレー粉的ではあるのですが、この肉の旨味とチャーシューの存在感によってとてつもない中華カレーになっていました。

生姜正油チャーシューメンもその素晴らしきチャーシューがたっぷり。
生姜香る醤油スープに平打ち麺が合います。

ほぐし肉チャーハンも少し味見させてもらったのですが、チャーシューを覆いつくす甘辛いほぐし肉。

どれもかし亀流中華といったテイストで、味濃いめでありながらそこまでしつこいわけでもなく、量もあるのに美味しいので食べられてしまうんです。
そして食べ終わった後に気づきます。
食べ過ぎたとw

店内にはミスフィッツやデッドケネディーズなど、パンク系アーティストのロゴをパロディにしたかし亀のステッカーがいたるところに。
こういうところもツボですし、共感しちゃうなぁ。

かなり家から遠いですし、カレーが常にあるわけでもないようですし、色々とハードルはあるのですが、また行きたいお店です。

評価:★★★☆

カレー日記



小伝馬町「光華飯店」カレーチャーハン




牛すじ中華風煮込み



昔ながらの町中華といった表現がぴったりくるお店です。
こちら、カレーチャーハンがあるんですよ。

カレー粉で味付けた炒飯ではありません。
写真のとおり、カレールーがかかった炒飯なんです。

炒飯も普通の町中華の普通の炒飯なら、カレーも普通の町中華の普通のカレーです。
でもね、それが合わさると妙に美味しいんですよ。

カレーは中華スープでのばした旨味がしっかりしたカレールー。
そして炒飯はカレーをかけることを意識して塩味が控えめになっているあたりが絶妙です。

単品メニューも充実していて、夜は小皿メニューがかなり廉価でいただけたりもします。

牛すじ中華風煮込みは小皿メニューではないのですがそれでも540円(2020年2月現在)という安さ!
カレーチャーハンも790円ですから。
素晴らしいコスパです。

味だけでいえばもっと美味しいお店は他にあるかもしれません。
しかしこの価格帯でこの味というお店はなかなか無いと思います。

普段使いで飽きずにじわじわと美味しさがしみてくるタイプのお店と言えるでしょう。
好きです。

評価:★★★☆

カレー日記



秋葉原「餃子の王将エクスプレス」坦々カレー、鶏の唐揚


秋葉原駅電気街口のアトレでは朝カレーを食べられるエチオピアがあるのですが、こちら立ち食いスタイルの餃子の王将でも朝カレーというか一日中カレーが食べられます。
王将の一部店舗限定メニューの坦々カレー。

朝だったので軽くジャストサイズで。
たんぱく質を欲していたので鶏の唐揚と一緒にいただきました。

坦々カレーは坦々麺的肉味噌のカレーなのですが、肉味噌の甘味が立っていて麻も辣も弱いです。
一応山椒後掛けしているようですが、ほのかに香る程度。

かといってそれが悪いというわけではなく、昔ながらの町中華のカレーが好きな方には好まれそうな味わい。
何しろ王将ですからそれで正解だと思います。

町中華好きな僕としては、中華系のおかずと一緒に中華っぽさがほんのりとでも入ったカレーが食べられるのは嬉しいこと。

全国の王将のレギュラーメニューに加えていただきたいカレーです。

評価:★★★

カレー日記



東武練馬「やきとん だいだら」カレーライス




やきとん6本


文字通りやきとんのお店であり、雰囲気からスタイルから何から、王道中の王道にやきとん屋なのですが、ここ、カレーが美味しいんですよ。

カレーライスというそのままズバリなメニュー。
食べてみると恐らくもつ煮込みをカレーにアレンジしたと思しき甘味と旨味がしっかりしたカレーです。
やきとんや煮込みを売りにしているお店のカレーの当たりなやつです。

東中野のもつ焼き丸松にも近いベクトルの味わいといえるカレー。
たまりません。

やきとん6本も盛り合わせでおまかせでいただいたのですが、これもそれぞれ美味しくて。
特に味噌焼きが良いですね。

そしてこのやきとん盛り合わせとカレーライスを合わせても1000円行かないという安さも魅力のひとつ。
もちろんお酒を頼めば1000円は超えるのですが、それでも安いですよ。

調べてみるとこちらが本店で支店が他にもあるようです。
気に入ったので他のお店にもまた行ってみようと思います。
そしてもちろんこちらにもまた行きたいと思えるお店でした。

評価:★★★☆

カレー日記



代々木「ごちとん」キーマカレー豚汁定食


カレー専門店campが手掛ける豚汁専門店です。
ごちとんとは即ちごちそうとんじるの略。

様々な変わり種豚汁があるのですが、その中にキーマカレー豚汁があると知り、行ってきました。

豚汁単品でも注文可能ですが、追加料金で定食にもできます。
定食でいただきました。

大きな豆腐、別で煮込んだ大根、にんじん、白菜、糸こんにゃく、パクチー、そしてキーマカレー。
キーマカレーは上に乗せてある形なので、それをれんげですくってご飯に乗せるとキーマカレーご飯になって良いです。

カレーと味噌が溶け合って、カレー味噌ラーメンが食べたくなってきました。
カレー味噌ラーメンのスープがもっと和風になったような。
スープカレー的解釈で豚汁を作ったような。

面白いですね。

豚汁単品でもちゃんと食べた気になれると思います。
ヘルシーで良いかもしれません。

店員さんが若い方ばかりで皆さん仲の良い様子。
お客さんは老若男女といった形でしたが、どちらかというと若い子向けのお店かなと感じました。

評価:★★★

カレー日記



東武練馬「飛鳥」カレーライス、餃子



東武練馬駅近くにある古びた町中華です。
外観も内観も相当な年季を感じさせる雰囲気。
お店の雰囲気と良く似合うご夫婦が切り盛りされています。

こういったお店としては珍しく、昼時は満席で少し並びも出る程の盛況ぶり。
開店時間直後に行ったのですが、空いている席は既に2席。そこに滑り込みました。

頼んだのはカレーライスと餃子。
カレーメニューはカレーライスのみです。カレーラーメンもカレー炒飯もカツカレーなんかもありません。
出てきたカレーを見て納得。

昔ながらの黄色いカレー。
ノスタルジックチャイニーズイエローカレーです。
豚肉と玉葱と人参が具。
これを中華スープとカレー粉と塩で味付けてとろみをつけたもの。

このタイプのカレーはラーメンには合いませんし、カツが乗るのも蛇足。
カレーライスであることに意味がちゃんとあるわけです。

食べてみたらこれがちゃんと美味しい。

黄色カレーとしては入谷の名店東嶋屋のものと近いベクトルであり、味のレベルもそれに次ぐ美味しさでした。
素晴らしいなぁ。

餃子はほぼ野菜。パリっとした焼き具合でこちらも美味しい。
しかも何も言わずともカレーと餃子が出てくるタイミングがほとんど一緒という仕事ぶり。

ご夫婦は軽く口喧嘩しながらも時には笑いあい、絶妙のコンビネーション。
こういうところも含めて本当に素敵なお店ですね。

昔ながらの町中華ここにあり。
町中華好き、黄色カレー好きならわざわざ行って損のないお店ですよ。

評価:★★★☆

カレー日記


「ジロー‘sテーブル」肉盛りスタカレー


板橋区や練馬区に展開している中華のお店です。
メニュー構成見るに実に「福しん」的なので、関係があるのかもしれません。

ただ、こちらには福しんには無いカレーがあることに気づいて行ってみました。
(福しんは店舗によってメニューが少しずつ違う場合もあるので、どこかにカレーがある福しんもあるかもしれません。)

カレーはプレーンなカレーライス、肉盛りスタカレー、カツカレーの3種。
最も中華的な肉盛りスタカレーを注文しました。

カレー自体はチェーン店にありがちな業務用感が否めないのですが、それに豚肉と玉葱とニラのスタミナ炒めが乗ることによって、それを混ぜると出てくる中華感。
そしてカレールーには黒胡椒と辣油を追加すればさらなる中華感。
こうするとこれはこれで悪くないものです。

中華チェーンでももっとカレーが増えれば良いのになぁと思っているので、こういうチャレンジは歓迎です。

評価:★★☆

関西カレー日記


滋賀 栗東「オモヤキッチン」ベジカレー


関西のカレーマニアが滋賀のカレーは大阪と比べると10年遅れていると言っていました。
確かに今時感あるカレーを調べてもなかなか出てきませんし、あったとしても大阪と比べるとレベルが下がるということのようです。

しかし、ならば逆に10年前のカレーを楽しめば良いのです。
僕はカレーなら何でもござれなタイプ。
カレー博愛主義者です。

そんなわけで滋賀でどこのカレーを食べようか考え、情報も得て、辿り着いたのがこちら。
栗東駅から15分程歩いた場所にあるオモヤキッチンというカフェです。

カレーメニューはベジカレーのみ。
迷うことなくそれを注文。

カレーは日替わりのようですがこの日はにんじんベースの甘味あるカレー。
ルーににんじんが溶け込んでいるような形です。
もったりしたルーですが玄米との相性がなかなか良く、この甘味が優しさにつながっていて良い感じ。

別皿で里芋のポタージュや自家製こんにゃくの刺身などがついてくるのですが、これがまた完全無欠の家庭料理でありながら、だがそれがいいと思えるもの。

とにかく優しいんです。
店員さんも地元の主婦と思しき方々が仲良く調理しており、家族のようなチームワークです。

日々優しさが足りないと感じている僕はこれを食べてただただ反省するのでした。

優しい気持ちになれる野菜カレー。
懐かしいテイストですが、10年前ではない今でも通用するおうちカレーです。

評価:★★★☆

カレー日記


上板橋「ほそ川」カツカレー


板橋エリアは町中華の宝庫ですが、こちらのお店は町中華でありながらもうどんやそばもメニューにあります。
住宅街の真ん中にあるお店であり、地域の常連さんで成り立っているような雰囲気です。

いただいたのはカツカレー。
どうですかこのルックス。

カツの上にもったりしたカレーぶっかけ式。
グリンピースに玉葱。
キャベツの千切りと福神漬け。
正しい町中華カツカレーですよ。

カツは冷食と思しき形の整ったものでしたが、揚げたてなのが嬉しいです。
わかめスープがつくのがまた良い。

接客もめちゃめちゃアットホーム。

わざわざ行くお店ではないかもしれません。
しかし近所にこういう温かいお店があったら通いたくなる。
そんなお店でした。

評価:★★★

カレー日記


西早稲田「萬ち亭」チキンカツカレー


看板にはカツ丼、とんかつ、カレーと書いてあります。
結構前から存在するお店です。
しかし見るからにアレな雰囲気だったので敬遠しておりました。
しかししかし、ある日気づいたのです。店員さんがネパール人であるということを。

ひょっとしてネパール系のカレーなのかもしれない。
だとしたら美味しいかもしれない。
お店の見た目からするとチェーン店的な工場一括調理の味気ないカレーが出てきそうだけど、違うのかもしれない。

調べてみると同名のインネパ系店舗があることにも気づきました。
ならばこれはもしかしてインネパ的なカツカレーがあるのかもしれない。
そういうの好きです。

ほのかな期待を胸に、勇気を出して入ってみました。

食べたのはチキンカレー。

ほのかな期待は見事打ち砕かれたのでした。。。

チキンカツは揚げたてで美味しかったですよ。

評価:★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード