FC2ブログ

カレー日記


新馬場「ランチハウス」ハンバーグカレー


お弁当屋さんと立ち食い蕎麦屋さんがひとつに合わさっているお店です。
おばあちゃん一人でお店を切り盛り。
弁当屋の方にいると蕎麦屋入ってもいつまでも気づかれないので、ベルが置いてあったりします。

ベルに気づかず直接弁当屋に呼びにいきました。

そばも色々ありますがカレーもあるんです。
ハンバーグカレーを注文。
味噌汁つき500円です。

この手のお店のごくごく平均的な味。
何しろハンバーグついてワンコインですからね。

朝から営業しているのも助かるポイントです。

評価:★★☆

カレー日記


新宿三丁目「あいうえお」まぐろカツカレー丼


新宿御苑の近く(最寄り駅は新宿三丁目です)にある小さな居酒屋あいうえお。
こちらのランチタイムはまぐろ料理とカレーが看板メニューになっています。

店内は良い具合にレトロ感溢れる空間。
様々な俳優さんのポスターやら写真やら、そこかしこに飾られており、中には僕も共演したことある俳優さんの写真も。常連さんなのかな。今度お会いしたら聞いてみよう。

ランチタイムは11時からだったようですが、現在は11時半スタートの様子。

まぐろとカレー推しということで、どちらもいただけるまぐろカツカレー丼を注文しました。

ご飯の上にキャベツ。その上に和風のカレー。その上にまぐろカツが乗っていました。
まぐろカツにはとんかつソースがかかっているのですが、これが実に良い仕事していて。
ともするとあっさりしすぎて足りない感じがしてしまいかねないカレーなのですが、ソースがその足りなさを補完してくれます。

カレーは筍やゴボウが入っているのが面白く、食感の良さにもつながっていて、和風カレー丼としては十分。
あっさりしたものがお好きな方はむしろソースいらないかもしれませんね。

卓上には紅しょうがと和風のキムチ的なものも。
これを合わせるとまた味が引き締まって美味しくなります。
味噌汁がついてくるのも嬉しい。

基本はシンプルであっさりしていながら、好みに応じて変化させていけるスタイル。
面白いですね。
接客も優しくて素敵でした。

夜にもカレーがあったら良いのに!

評価:★★★☆

カレー日記


荻窪「中華屋 啓ちゃん」カレーライス


カレー屋3時まで。というインパクトのあるカレー専門店がありました。
中華屋啓ちゃんの三毛作営業の一つだったのですが、いつの間にかカレー屋3時まで。は啓ちゃんに統合し、今は啓ちゃんでカレーがいただけます。

券売機で購入するシステム。
基本カレーは700円。
100円でチーズ、フライドオニオンなどがトッピング可能です。

ノーマルのカレーライスでいってみました。

パッと見、具が見当たらないのですが、よく見ると挽肉が入っています。
食べてみるとカレーソースには中華系スープの旨味のみならず、野菜の甘味も感じ、色々な具材が溶け込んでいるのでしょう。
そしてそのバランスが良く、中華屋のカレーとしてはかなり美味しいです。

これ、チャーシュートッピングとかできたら良いなぁ。
あるいは餃子もトッピングできるようにしたり。

せっかく統合したのですから、カレーのトッピングの種類ももっと増えると楽しいと思います。

評価:★★★☆

カレー日記


神田「味坊」スープカレーチャーハン


ラム肉の串焼き


神田ガード下の中華料理店というか、羊料理が売りのお店です。
すっかり人気店となった今は連日大盛況で、他の場所にも系列店が続々とできている程。

たまたま通りかかったらお客さんがほとんど入ってなかったので、ラッキーとばかりに入店。

しばらくぶりの訪問となりましたが、昔食べたスープカレーチャーハンが今もあるのかどうか半信半疑だったのですが、ちゃんとありました\(^o^)/
カレーメニューはこれのみです。

頼んだのはスープカレーチャーハンと、ラム肉の串焼き。

まずスープカレーチャーハン。
これはスープカレーの炒飯ではなく、スープに入ったカレー炒飯です。

ほんのりとろみのついたスープなのでご飯がべちゃべちゃになりにくいのが良い所。
とはいえ急いで食べないと徐々にご飯がスープを吸って、えらく大量に感じるので注意。

このカレーチャーハンが以前食べた時よりも美味しく感じました。
カレー感が強くなったというか、スープとの相性が良くなったというか。
人気が出ると味のレベルが落ちるお店が多い中、こちらは保っているどころかむしろ上がっているかもしれないというのは素晴らしいことです。

ラム肉串焼きは以前と同様の印象。
相変わらずの美味しさでした。

混んでなければまた行きたいなぁ。
ちょくちょくチェックしていかないといけませんね。

評価:★★★☆

カレー日記


笹塚「C&C」夏野菜のスパイシーカレー+ハンバーグ、唐揚げ


言わずと知れたカレーのチェーン店C&C。
2018年夏のメニューに、夏野菜のスパイシーカレーというものがあり、気になったので食べてみました。

ココ壱にしろすき家にしろ、チェーン店のカレーにもスパイスカレーの波が押し寄せているということでしょう。
昔ながらの小麦粉のルーはカレー業界的にはちょっと古いものとなりつつありますから。

それはそれで魅力あるので、残って欲しい文化ではありながら、個人的にはやはり小麦粉不使用で野菜とスパイスで作ったカレーの方が毎日食べても飽きないので好きなんですよ。

というわけで夏野菜のスパイシーカレー。
野菜だけのようだったのでハンバーグと唐揚げ一個トッピング。
全部合わせて1000円いかないくらいです。

食べてみると通常のC&Cのカレーと比べると確かにサラっとしてはいますが、とろみがないわけではなく、ともするとこれは薄くなったと思われてしまいかねないもの。
なのですが、スパイスとハーブの量が増えているのでしょう。そして夏という季節感もあいまって、爽やかなカレーという印象でした。

カレーマニア的にはもっと攻めたカレーを出して欲しいところですが、それは個人店舗の仕事ということなのかもしれません。

評価:★★☆

カレー日記


羽田空港第1ビル「カレースマイル」三元豚の黒胡麻カツカレー


羽田空港国内線。
旅先から戻って出た所にあるカレースタンドです。
おかえりなさいの文字が何だか嬉しくもあり、旅が終わってしまったという寂しさも感じさせ。

寂しい時はカレーです。

店頭の券売機で食券を購入。
一番上にあった三元豚の黒胡麻カツカレーにしました。

店内入ると女性店員さん達の可愛さレベルがやけに高いことに驚かされました。
寂しい時にはもってこいだなぁ。

カレーはごくごく普通のカレースタンドのカレーです。
カツも業務用感ありありで。
でも削り胡麻がかかっているのがちょっと面白いですね。

長旅でつかれて腹ペコな時には悪くないかもしれません。

評価:★★☆

カレー日記


高円寺「富士ノ山食堂」牛ビーフカリー


紅虎餃子房で有名な際コーポレーションの個人的イチオシ業態である富士ノ山食堂。
中華のみならずステーキやハンバーグなど肉系メニュー、そしてカレーもレギュラーメニューで存在するんです。

マウンテンチキンカツカリーが店的イチオシのようですが、今回は牛ビーフカリーをオーダー。
牛ビーフカリーです。
川沿いリバーサイドみたいなものです。

こちらのカレー、チェーン店の、しかも中華系のお店としてはちょっと驚くくらいに辛いのが特徴。
カレーのベースは一種類で、そこに具が入るのか乗るのかという差なのですが、入った方が尖った辛さと塩気が多少おさまって良いと個人的には思っています。
つまりこの牛ビーフカリーは、牛バラが入っているので後者のタイプ。

ジャンクな美味しさなんですよ。

かなり尖った味なので好き嫌い分かれるところかとも思いますが、個人的には好きな味であり、何よりその姿勢が好きです。
このスタイルを貫いて欲しいですね。

評価:★★★☆

カレー日記


氷川台「正久保」ドライカレー


ジャンボ焼き餃子


氷川台駅前にある渋い外観の居酒屋です。
のれんには屋台と書いてありますが、屋台ではなく屋根も壁もある店舗です。
店舗とはいってもバラック的なもので、逆にそれが独特の雰囲気を出していて良い方向になっている面白いお店です。
昔は屋台だったのかもしれません。

パっと見で気になって入ってみました。
名物は餃子のようですが、他には焼鳥、冬はおでんなど、居酒屋メニュー満載。

そしてありましたよ!
ドライカレー\(^o^)/

見つけちゃったら頼まないといけませんね。

餃子とドライカレーを注文。
出てきたドライカレーは炒飯タイプで、まるで中華料理店のようですが、普通の居酒屋です。

しっとりとしたドライカレーは野菜もたっぷり。
カレーの味もなんだか深みがあります。
カレー粉だけの味付けではなく、色々とブレンドされているのかもしれません。
妙に懐かしい味で、どこかで食べたような気がして思い出してみると、昔母が作ってくれたカレー炒飯の味に似ているんです。
懐かしいなぁ。

餃子はジャンボと表記されていましたが、そこまでジャンボでもなく、平均より少し大きめ。
中身は野菜たっぷりでジューシー。
肉餃子も好きですが野菜餃子も美味しいんですよね。
この餃子は野菜料理としての餃子でした。

店内の雰囲気もノスタルジックで、昭和を感じて癒されました。

評価:★★★

カレー日記


月島「大島や」チキンカレーパクチーのせ


もう何度も行ってるお店ですが、今までレビューを書いていなかったのはカレーが無かったから。
逆にいえば僕にとってカレーが無くともちょくちょく行きたくなるようなお店ということです。

何が良いってまずその雰囲気。
マスターの気さくな人柄はお客さんにも伝わり、はじめましてでも仲良くなれる空間。
それでいてみんながみんな妙に絡んでくるわけでもなく、静かに一人飲みをしていたい時には適度に放置してくれる。
こういう空間ってなかなか珍しいし難しいんですよ。

そして飲み物。
元々が酒屋さんですからお酒に対するこだわりは当然の如くあるわけで。

夏にはグラス、焼酎、ホッピーの全てがキンキンに冷えた三冷のシャリホッピーも良いです。

おつまみは日替わり。
これが適度に力の抜けた、良い意味での家庭料理感。

カレーがあることは珍しいのですが、今回いただいたカレーは、ごく普通のルーで作った家庭的チキンカレーなのですが、辛口であることがお酒のおつまみとして良いです。
パクチーのせもできるのですが、このパクチーも茎の部分もしっかりたっぷり入っているからこそ、カレーと合わせると深い味わいとなり、普通のカレーが普通以上に美味しくなるんです。

下町の良い所がそのままお店になったような素敵な立飲み屋さんですよ。

評価:★★★☆

カレー日記


新宿西口「もつ焼★キャプテン」新宿ホルモンカレー


しろ、かしら、はらみ、レバすじ


トリュフつくね


新宿西口の奥の方。
北新宿方面へ向かう途中にあるもつ焼きのお店です。
カウンターメインでテーブルもあり、なかなかの広さ。
店内は満席状態で賑わっておりました。

飲み物はシャリ金のレモンサワーで。
もつ焼きはしろ、かしら、はらみ、レバすじをいただきました。
どれも確かな美味しさ。
特にハラミのレベルが高いですね。
甘味がしっかりとあり、柔らかく、何本も食べたくなってしまいました。

が、何本も食べなかったのはカレーがあったから\(^o^)/

ホルモンカレーはもつ煮込みをベースにカレーにしたもの。
これがもつの奥深さとカレーのスパイス感が美味しさを引き立てあってかなりのレベル!

もつの美味しいお店のカレーは美味しいというジンクスが僕の中ではあるのですが、それを証明してくれる味でした。

カレーのトッピング的にトリュフつくねを頼んだらこれも美味しくて。
葉っぱに巻いて焼いたものを葉っぱを取って食べるわけですが、ほんのりと香るトリュフが良い塩梅です。

店員さんは皆若い方々でしたがハキハキと笑顔で接客も良く、素敵なお店でした。
また飲みに行きたいです。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード