FC2ブログ

カレー日記


渋谷「維新號」カレーまん


渋谷は東横のれん街に入っている中華まんの維新號。
というよりは高級中華店の点心購買部と言った方が良いのかもしれません。

こちらの中華まんはこだわりの製法なんだそうで、自社工場で作っているのをTVで見たことがあるような気がします。

しかし肉まんについて語られていたので特に熱心に見ていたわけではなく、見流していたのでよく覚えておりません。

カレーまんもあると知っていたら目を凝らして見ていたのに!

というわけでカレーまんもあるんですね。
初めて知りました。

食べてみれば素直に純粋に普通に美味しいカレーまん。
コンビニのカレーまんとはもちろん一味違うのですが、大きく違うというほどでもなく、高い分美味しいといったイメージ。
カレー好きへのお土産には良いかもしれません。
僕はこれいただけたら喜びますから。

評価:★★★

カレー日記


鶯谷「信濃路」厚揚げ焼カレーかけ


どてやき


鶯谷駅前にある24時間営業の居酒屋です。
とにかくメニューが幅広く、安いお店で、昔から鶯谷で飲みたくなったらここ。
と言いながら数年ぶりの訪問となりました。

ここに来ると僕の定番なのが厚揚げ焼カレーかけ。
分厚く大きな厚揚げを焼いたものにカレールーをかけたおつまみです。
写真では伝わりにくいかもしれませんが、かなり大きいんですよ。
食べ応えも十分です。

カレーはめちゃめちゃ普通の昔ながらのルーカレーで、これ自体の味は良くもなければ悪くもないといったところなのですが、おすすめの食べ方があります。

どてやきと一緒に混ぜて食べるという方法。

どてやきとは牛スジの味噌煮込というか味噌焼きというか。
こちらのどてやきは煮込み的ルックスですが食べてみれば確かにどての味です。

この甘味噌の汁を牛すじごと厚揚げカレーの上にかける。
そうするとね、美味しい牛すじカレー煮込みに変身するんですよ。

それぞれ500円しないので、合わせても1000円でお釣りが来ます。

カレーライスもカレーそばもありますが、やっぱりこれですね。

評価:★★★☆

カレー日記

コンビニのカレーまんを食べ比べしてみました。
2019年2月バージョンです。


「ファミリーマート」ビーフカレーまん

コンビニのカレーまんというと多くの人が想像するような味に最も近いかもしれません。
つまり超普通。

評価:★★☆




「セブンイレブン」スパイス香る! カレー肉まん

コンビニ業界では最もカレーに力を入れているように感じるセブン。
カレーまんも名前負けしないスパイス感。コリアンダーが香ってなかなかの美味しさです。

評価:★★★




「ローソン」チーズカレーまん

ココイチ監修ということで、ココイチ感が凄いです。

評価:★★☆




「ナチュラルローソン」グリーンカレーまん

同じローソンでもナチュローはグリーンカレーまん。
タイのグリーンカレーを中華まんにしたのですが、これが予想以上にちゃんとグリーンカレーで悪くないです。

評価:★★★




「ミニストップ」バターチキンカレーまん

ミニストップはバタチキをカレーまんにしたもの。
甘いのかなと思って食べてみると辛さをちゃんと感じ、それが味を引き締めていて良いです。
鶏肉の食感も残っていて値段も他のコンビニより安く、企業努力を感じました。

評価:★★★


以上です。
どれが一番かというと個人的にはセブンかなぁ。
楽しい食べ比べでした。

カレー日記


北千住「大衆酒場くろ」カレーおでん(牛すじ、大根、玉子、ごぼう巻)


カレーそば


おでんとカレーの相性は良く、自分でも冬になると時々カレーおでんを作って食べることがあります。
しかしおでんのお店にカレーおでんはあるのかというと、全くないわけではありませんがあまりないのが実情。
マカオに行くと沢山あるのですが、それはまた全然別物でして。

こちらはそのカレーおでんを名物として看板メニューにしている貴重なお店です。

カレーおでんはお得な盛り合わせもありますが、ここは自分好みにセレクトしました。
牛すじ、大根、玉子、ごぼう巻。
醤油強めでありながら確かなカレー感。
大根がとろっとろに煮込まれていて凄い!
東京の下町を堪能できる味わいです。

このカレーおでんのつゆを使ってカレーそばもあるんです。
これがまた面白くて美味しくて。
豚バラ入りで食べ応えもあり、卓上の七味と山椒をかけて食べると美味しさも増します。

カレーおでんでつまんで〆にカレーそば。
素敵なお店ですね。

評価:★★★☆

カレー日記


北千住「天七」カレー玉、肉巻き舞茸


北千住の飲み屋街にある串カツのお店です。
千住では古くから有名なお店であり、立ち飲みスタイルの大箱でありながら連日満席の大人気店。

店内に入ると既に満席でしたが、回転はなかなか良く、10分程待って入ることができました。
いただいたのはカレー玉と肉巻き舞茸。

そう、ここにはカレーメニューがあるんです。

カレー玉というのはカレー味の肉団子のこと。
オーダーが2本からというのがソロ客としては難点ですが、このカレー玉が実に美味しくてどっちにしても2本食べたいくらいだったので結果オーライ。

肉巻き舞茸もボリューミーで実に良い感じ。

パン粉のサクっとした揚げ具合。
ソースは大阪スタイルのサラサラ系ではなく、とろみのあるとんかつソース系なのもまたこのお店のカツに合っていて良い感じです。

千住の老舗人気店ですが接客も実に明るく丁寧。
ここはそういう意味でもちゃんとしていて良いです。

これは満足度高いですよ。
本店と支店があるのですが、カレー玉は本店限定メニューの様子。
北千住で飲む一軒目に最高なお店です。

評価:★★★☆

カレー日記


渋谷「27パラダイスカフェ」チキンのハラペーニョカレーPIZZA


道玄坂からO-EASTへ向かう途中の、奥まった場所にあるカフェです。
ランチにカレーの文字を発見して気になっていたんですよ。
その時はお腹一杯だったので行かなかったのですが。

飲みの二軒目を探している中、ここを思いついて行ってみました。
外のメニューを見ると、カレーライスのみならずカレーピザもあるじゃないですか。
これは良い。

というわけでカレーピザを注文。

クリスピーなピザ生地にカレーライスのカレーがかかり、チキンとハラペーニョとチーズ。
カレー自体はごくごく普通の、一般的なカレーなんです。
しかしこのハラペーニョが乗るによって酸味と辛味が加わり、味が引き締まって美味しくなっています。

ピクルスも一緒に頼んで、それも合わせて食べたらさらに酸味が追加されて好みの味になりました。

奥まった場所にあるせいか、このエリアにしてはあまりお客さんもいすぎない程良い客入り。
週末の渋谷で飲む際には覚えておいて損はないと思います。

評価:★★★

カレー日記


吉祥寺「火弖ル」もつカレー煮


なめろう


吉祥寺の駅近く、ラブホテルが立ち並ぶエリアにある大衆酒場。その名も火弖ル。ホテルと読みます。
狭いカウンターと小さなテーブル。
メニューは紙に手書き。
味があります。

もつカレー煮となめろうをいただきました。
もつカレーはもつと大根の煮込みのカレー味。
粘度強めでご飯にも合いそうです。
もつの旨味がしっかりとカレーにも行きわたっており、おつまみとしてももちろん良い感じ。

なめろうも舌触り、風味共に良く、クオリティの高いものでした。

飲み物はボールというオリジナルドリンクを注文。
ハイボールの色々ブレンドしたようなものでした。
ほのかな甘味がクセになります。

夕方早めの時間から営業しているので、一軒目にちょうど良さそう。
大衆酒場としては客層もかなり若めで、吉祥寺の街にもしっかりと溶け込んでいる粋なお店でした。

評価:★★★

カレー日記


阿佐ヶ谷「縁」カレーからあげ


阿佐ヶ谷駅前のビルにカレーを食べに行く途中でカレーからあげの看板を発見してしまいました。
しかも代々木に本店を構える人気チェーンcampの監修だとか。
これは食べない訳にはいきません。

100g単位の値段設定でしたがひとつから頼めるのは嬉しいところ。
カレーからあげをひとつ。
150円程度になりましたかね。

頼めばオーダーから揚げてくれるようですが、時間がなかったので揚げ置きのものをいただきました。
しかしこれでも十分に美味しい。
人気もあるようなので回転が良いのでしょう。
時間のたった揚げ置きではありませんでした。

確かにカレーからあげではあるのですが、campらしさは感じず。
普通にカレーからあげ。
というわけでcampらしさを期待してしまってはイメージと違うかもしれませんが、そもそもcampらしい唐揚げってなんなんだという話ですから(^^;)

普通にカレーからあげを食べようと思って食べる分には、期待通りの美味しさでしたよ。

評価:★★★

カレー日記


浅草「九重」カレーあげまんじゅう


もはや世界的な観光地浅草の、有名スポット仲見世。
様々なお店が立ち並ぶのですが、その中にあげまんじゅう屋さんがあります。
何気無しに前を通ると人だかり。
「色々な味があるね。あ、カレーもある!」
どこの誰だか知りませんがそんな話声が聞こえて思わず立ち止まりました。

メニューを見ると確かにある。
どこの誰だか知りませんがありがとう!

僕も列に加わって買いました。カレーあげまんじゅう。
色が黄色くてわかりやすいですね。

食べてみれば意外と辛さがあり、挽肉の美味しさも感じるカレー。
まんじゅう部分がほんのり甘味があるのですが、だからこその辛味とのコントラストが意外にも良い感じ。
これは有りだなぁ。

海外の人にも受けそうな味でした。

評価:★★★

カレー日記


秋葉原「晩葡」ハツのカレー煮


秋葉原を歩いているとカレーの文字発見。
よく見ると「ハツのカレー煮」とあります。しかも期間限定で安い。
ならばいってみようと入ってみました。

店内は清潔感があっておしゃれ。
大人の居酒屋といったイメージです。
とはいえ客層は老若男女でしたがそこまでやかましくなってないのは良いですね。

メニューからハツのカレー煮、そして晩葡豆腐、大人の肉じゃがなどをいただきました。
晩葡豆腐はつまり麻婆豆腐です。優しい味わいですが後から辛さも顔をのぞかせます。
大人の肉じゃがは、牛肉たっぷりで皮付きの大きなじゃがいも。このあたりが大人なのでしょうか。値段も大人設定で、普通の肉じゃがが2つ頼めそうなお値段でしたが牛肉の量を考えると割高ではありません。

そしてハツのカレー煮。
酸味が印象的なカレー。
ハツたっぷり。にんじんなどの野菜も入っていておつまみにちょうど良い感じです。

全体的に無難に使いやすいおしゃれ居酒屋という印象。
ショップカード見て気づいたのですが秋葉原界隈に葡萄屋の系列なのですね。
神田の葡萄舎の方ではなく、昭和通り口で一時期カレーランチをやっていたぶどうも含む系列。

カレーおつまみがあるのはありがたいです。

評価:★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード