fc2ブログ

カレー日記(さくら商店)



赤羽「桜商店603」カレーコロッケ


居酒屋天国赤羽にある立ち飲み屋。
椅子席もありますがチャージがかかります。
仲間と共にサクッとカウンターで立ち飲みを。

カレーコロッケと煮込みを注文。レモンサワーで乾杯。
カレーコロッケは特に何のひねりもない想像通りのものですが、ちゃんと揚げたて。
少しソースを垂らして食べれば懐かしいテイストに安心します。
ひねりがないのが逆に良いです。

煮込みも王道も王道。こちらも想像通りの味。だからこその安心感。

値段を考えれば十分以上のクオリティ。
軽く飲むのに良いですよ。

評価:★★★☆

名古屋カレー日記(大須だもんで)



上前津「大須だもんで」カレー串カツ


カレー串カツ。
全国的に見ると名古屋岐阜エリアでよく見かけるメニューで、他の場所だと意外と少ないんです。
最近では某チェーン店の全国展開によってそこかしこで食べられるようにはなっているのですが、個人店舗でカレー串カツをレギュラーメニューで出しているお店となると、串カツ文化の色濃い大阪よりも名古屋の方が多い印象。

というわけで名古屋でカレー串カツを。
こちらは路地裏にある小さな居酒屋。
店主さんが作るノンジャンル家庭料理的なおつまみが良い雰囲気を出しています。

カレー串カツも串カツにカレーソースがけなのですがこのカレーも具の存在感があるもので良いです。

リーズナブルにサクッと軽く飲むのに適したお店でした。

評価:★★★

兵庫カレー日記(ドミロン)



新開地「ドミロン」カレーおでん(大根、玉子、ねりもの)




ピザ風厚切りカレーバケット


新開地駅近くの昔ながらのスナック。
に見えて実はカレーのお店です。
通し営業で昼から飲めるお店でもあります。

カレーライスもあるのですが、カレースパもある様子。
さらにはカレーおでんにカレートーストまで。

カレーおでんとカレーバケットをいただきました。

おでんは出汁にカレーを混ぜ溶かしたもの。
これ、美味しいんですよね。
ただのカレー粉を混ぜただけでも美味しいのですが、カレールウを混ぜるとさらに美味しく、こちらの場合はオリジナルのカレーグレイビーを入れているのでちゃんと個性もあり、間違いない美味しさです。

カレーバケットはお店の看板カレーである野菜たっぷりのキーマをバケットに乗せ、チーズをかけて焼いたもの。
ジューシーなキーマとチーズとバケットの三位一体。これまた間違いない美味しさ。

雰囲気も良く、近くにあったら通いたいお店。
遅いランチタイム、カレー難民になった時の為に覚えておいて損はないですよ。

評価:★★★☆

大阪カレー日記(花道、のんきや)



恵美須町「串かつ花道」カツカレー




カツカレー断面、イカ、キス


新世界でカレー味のアテを探して見つけたのがこちらの串かつ花道。
カツカレーという串かつがあります。

お店はカウンターとテーブル席で細長い作り。
このエリアのこの手のお店としては珍しく禁煙だというのがタバコを吸わない僕にとってはありがたいです。

カツカレー串、どんなものかなと頼んでみると、カレーをまぶしたご飯を肉で巻いて衣をつけて揚げたものでした。
このまま食べても確かにカツカレーですが、ちょっとソースをつけるとよりカレー感が増します。

これも面白いし、他にイカとキスも頼んだのですが全て揚げ具合も良く、リーズナブルで接客も優しい。
良いお店でした。

評価:★★★☆




恵美須町「のんきや」レタス カレー風味


新世界でカレー味のアテを探して見つけたのがこちらののんきや。
立ち飲みスタイルのおでん屋さんです。

まずは王道のたまごとごぼ天を。そして目当てのレタスカレー風味。
王道のメニューも安心の美味しさです。
レタスカレー風味は出汁にカレー粉を加えてレタスを入れて煮込み、塩昆布が上に乗せられたもの。
言ってみればちょっとした出汁カレーです。
これがじんわりと体が温まって良い感じ。
最終的には他の具もこの出汁カレーに入れて食べました。
味変アイテムとして機能しますね。

値段もリーズナブルで接客も新世界らしさのある温かい雰囲気。
良いお店でした。

評価:★★★☆

カレー日記(睦)



牛込神楽坂「神楽坂 睦」豚の唐揚げカレー風味


牛込神楽坂駅近くにある居酒屋です。
住宅街エリアの中にポツンと佇むような位置ですが連日盛況の人気店。

和食メインで、様々なおつまみがあるのですが、豚の唐揚げがカレー味なのです。
細切りした豚肉をカレー粉で味付けた唐揚げ。
揚げ具合も下味も良く、美味しいです。

他に煮物や焼き物も食べたのですがどれも美味しい。
生物は個人的に得意ではないので頼まなかったのですが、刺し盛りが一番の名物とのこと。
ということは生物も当然クオリティが高いのでしょう。

当たり前の料理ではなく、一工夫感じるメニューが多く、普通の居酒屋のワンランク上のお店だなと感じました。

評価:★★★☆

兵庫カレー日記(ゴ)



明石「明石焼き ゴ」すじこんカレー風味


明石と言えば明石焼き。
地元の方にカレー味の明石焼きはある?と聞いてみるとここを教えてくれました。

中身がタコのみならず様々な具を選べ、全ての明石焼きをプラス料金でカレー味にもできるという変わり明石焼きのお店です。

すじこんのカレー風味で注文。
明石では玉子焼きとも言われる通り、卵たっぷり。
これと出汁の旨味。
すじこんの甘辛感とカレーのスパイス感が相まって大阪の出汁カレーを食べているような気持ちにもなります。
純粋に美味しくて、また食べたいと思える味。

そして面白いのが漢字テストがあるんです。
注文してから配膳されるまでの間に漢字の読みテスト。
携帯を使ったら反則なのでテストは無効となります。
正解数に応じて割引が発生。
10問全問正解だと2割引とのこと。
僕は8問正解で1割引となりました。
1問はどっちかなと悩んで削った方が正解。
あと1問はまるで歯が立たず。
バランスが取れている問題でした。

また、壁に貼ってある多数の難読漢字を全部読めた人は写真と名前が店内に飾られ、1年無料という面白いサービスもあるので、漢字に強い方はそれを狙っていくのも面白いかもしれません。

評価:★★★☆

大阪カレー日記(カフェモンゴリア)



堺筋本町「CAFE MONGOLIA」カレーホーショール






珍しいモンゴル料理のカフェです。
店内入ると今時感ある落ち着いた雰囲気のカフェなのですが、チンギス・ハンの肖像画が飾ってあってモンゴルだということがわかります。

メニューも日本語でわかりやすく、店員さんもモンゴルの方と思しきルックスですが日本語堪能な方もいるので安心です。

僕が何故こちらに来たのかというと、カレー料理があるから。

ホーショールというモンゴル料理のカレー味があるのです。
ホーショールとはわかりやすくいうとピロシキのような中身の入った揚げパンの類。

通常モンゴルのホーショールにカレー味は無いのですが、こちらのお店ではオリジナルでそれがあるのです。

食べてみるとカレー味のジャガイモが入っていてサモサのよう。
つまり、美味しいのです。

これをおやつにコーヒーを飲んでゆっくりできるお店。
日本橋エリアの喧騒の中で落ち着いた雰囲気を味わえるという意味でも穴場です。

評価:★★★☆

カレー日記(ばっくやーど)



三軒茶屋「エスニック酒場 バックヤード」カリーブルスト、タンドリーチキン


エスニック酒場。
裏通りの建物の二階に上がるとそれはありました。

タイ料理が多めながら様々な料理が。
その中からカリーブルストとタンドリーチキンで乾杯。

カリーブルストはドイツ料理。
カリーブルストにも色々あるのですが、こちらのはソーセージにカレー味トマトソースがけで、僕の好きなカリーブルストのタイプ。これで500円はお得です。

タンドリーチキンは串焼きタイプ。
通常はインド料理で、タンドールを使って焼いたものですがこちらのものはタンドリーチキン風串焼きということ。
サテのようですがサテもメニューにあり、味付けが異なるということでしょう。
タンドリーチキンだけあってカレー味。
こちらも200円台でお手頃価格。

しっかり食べたい時にはグリーンカレーもありましたし、今回のように軽くつまんで飲むのにも良いお店。

三軒茶屋にはカレー関係の美味しいお店も沢山ありますが、こちらのように手軽に軽く楽しめるお店は意外と珍しいので、カレー好きなら覚えておいて損はないでしょう。

評価:★★★☆

カレー日記(新時代44)



秋葉原「新時代44」元祖カレー串カツ


今や各地に展開している新時代。
僕がその存在を初めて知ったのは秋葉原の昭和通り口にあるお店でした。
その隣にもお店を構えているのですが、それがこちら新時代44。

44とは一体、と考えつつ店名は微妙に違うのですが雰囲気、メニュー、コスパと、お隣のお店と同様です。

元祖カレー串カツもあります。
元祖とは一体、と考えつつ食べてみればこれも懐かしテイストのカレーがけ串カツ福神漬け乗せ。

安いチェーン店にカレーメニューがあるのは大歓迎ですから、これも当然大歓迎です。

どのお店も大賑わいでうるさいくらいなのでピーク時を避けて利用しています。
開店直後だったり、深夜だったり。
そうすると落ち着いて飲めますよ。

評価:★★★

カレー日記(沼田)



神奈川 川崎「沼田」もつ煮込みカレー仕立て


新宿界隈に数店舗あるもつ煮込みの沼田。
こちらにはカレーもつ煮込みがあって気に入っているのですが、その沼田が川崎にあることに気づいて行ってみました。
行ってみると社長自らもつを焼いているじゃないですか。
沼田以外にもスパイスカレー食堂など様々な業態で何店舗も展開している会社なのに、働き者だなぁ。
社長が働くからこそ社員が付いてくるのでしょうね。

閑話休題。
カレー仕立てのもつ煮込み。
川崎にもちゃんとありました。
これが美味しいんですよ。
もつと言っても肉肉しい部分が多くて食べ応え十分。
もつの旨味がしっかりと出ていて、ある意味もつ出汁カレーとも言えるのではないでしょうか。
ご飯と合わせるカレーライスもあります。

もつ焼きや他の料理のクオリティも十分以上。
何店舗も展開しているだけのことはあります。
そしてどのお店でも、他のチェーン店で感じるよくない部分を感じさせないのが素晴らしいところ。
働き者な社長だからこそでしょう。

評価;★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード