FC2ブログ

カレー日記


秋葉原「クラフトビールタップ」カリーソーセージ


ヨドバシアキバの8階レストラン街にあるビールとソーセージのお店です。
つまりはドイツ料理店なのかというと、そういうわけでもなさそう。

主食無しでカレー味の肉系が食べたくて、カリーヴルストはあるかなと思ってメニューを見たらカレーソーセージがあったので入店。

ランチタイムを過ぎていたので店内にお客さんは僕の他に一人だけ。
カレーソーセージだけのオーダーでは何だか申し訳ないなと思い、ドリンクも。
仕事の合間だったのでお酒ではなくソフトドリンクで。

カレーソーセージが1000円弱、ドリンクも500円弱。

暫く待ちました。
暫く。
それはもう暫く。

僕の他にお客さんは1人ですから忘れているわけではないでしょう。
でも忘れてたのかなと思うくらいに暫く。

あと1分出て来なかったら確認しようと思ってカウントダウンを始めたら、残り10秒で出てきました。

さて、出てきたものを見てびっくり。
1000円弱ですから、まぁまぁな量を期待していたのですが。。。
ソーセージよりポテトの方が多いし。。。

ソーセージの味はごくごく一般的。

そうでしたか。
そういう感じでしたか。
そういう感じです。

評価:★★

カレー日記


神田「串吟」カレー唐揚げ


神田東口から岩本町方面に延びるガード下。
ここはカレーを出すお店が特に多いのですが、その中にある串焼きのお店です。

「カレーは無いけどちょっと飲もう」と誘われ、行ってみました。
メニューをよく見たら、あるじゃないですかカレー\(^o^)/

唐揚げの味を選べるのですが、その中にカレーを発見したのです。
嬉しい限り。

というわけでカレー唐揚げ。
揚げ具合の良い唐揚げにカレー粉です。
ただこのカレー粉、なんだか軽やか。
粉っぽさもあるのですが、それがこの唐揚げの衣とあいまって嫌な感じになっていません。

というわけで満足。
居酒屋のカレーメニュー。
嬉しいものです。

評価:★★★

静岡カレー日記


静岡「金の字」もつカレー煮


清水名物もつカレー。
僕はまだ清水に行ったことがなく、いずれ食べたいと思っているメニューなのですが、それを静岡で偶然見つけました。

行きたかったお店が臨時休業で、さてどうしようとふらふらしていると金の字支店の看板。
金の字といえば清水もつカレーの代表的なお店のひとつ。
静岡駅近くにも支店があったとは知りませんでした。

というわけで入店。
店内賑わっておりましたがカウンター席がひとつだけ空いていたので滑り込み。

もつカレー煮と、豚ねぎま串を注文。
ウーロンハイで。

もつカレー煮は熱々。
黄色いカレーは昔ながらの味わいですが、もつの旨味がしっかりと溶け込んでいるので美味しいです。
もつ自体が美味しいからこそでしょうね。

豚ねぎまも美味しかったのですが、このもつカレーのあまりのカレーソースをつけて食べたら美味しさが上がりました。

もつカレー多めに頼んでおいて、カレーソース残しておいて他の串をいただくというのが、カレー好きにとってのこのお店の楽しみ方ではないかと思います。

今回は予定の合間のチョイ飲みだったので3品だけの注文でしたが、明朗会計で1000円しませんでした。
その安さもまた素晴らしい。
いずれ清水の本店に行ってみたいものです。

評価:★★★☆

カレー日記


神楽坂「五十番総本店」カレーまん


神楽坂五十番のカレーまん。
名だたる老舗にもカレー味があるというのは喜ばしいことですね。

と思ったら五十番は元祖と総本店に分かれているようで。
大山派と松井派みたいなもんでしょうか。
色々あるわけですね。

こちらは総本店。
つまりは後発の方です。
だからこそのカレーまんなのかもしれません。

こちらのカレーはマイルドで奥深い味わい。
時間差で辛さが追いかけてきます。
しっかりと肉まんの味わいも残っていて、肉まんでもあってカレーまんでもある真ん中あたりの立ち位置。
これは面白いですね。

好きですよ。
色々あるのでしょうけれども、そこまで深追いしないようにしています。
どちらのお店もそれぞれ良さがあるのでしょうからね。

評価:★★★☆

カレー日記


表参道「シュマッツ」カリーヴルスト


ドイツ料理のチェーン店シュマッツ。
最近お店の数がどんどん増えているように感じています。

表参道の半野外屋台村的スペースCOMMUNE 2ndにもお店がありました。

こちらにもちゃんとカリーヴルストが存在します。
カリーヴルストとはドイツの名物料理で、カレー味のケチャップやカレー粉がかかったソーセージのこと。
こちらのカリーヴルストはポテトフライ付きでした。

味は申し分ないシュマッツの美味しさ。
このような場所で食べるカリーヴルストもおつなもんです。

個人的にビールが苦手なのですが、ハイボールもありますし、ハイボールにも合います。
もっと知られてしかるべきメニューであり、もっと人気が出そうな料理だと感じています。

評価:★★★☆

カレー日記


牛込神楽坂「船橋家」インドラ


インドラといえば帝釈天。
しかし神楽坂界隈でインドラといえば、カレーどら焼きのことなんです。

牛込神楽坂駅近くの風情ある和菓子店船橋家。
名物がインドラです。
大辛口カレー入りと書いてありますが、実際は程良い辛さのカレー入り。

これにアーモンドが入っているのがニクい演出!
これによって食感にも風味にも変化が加わり、甘いどら焼き生地と辛いカレーの味の橋渡し役になっています。

人気があるのも納得。
他のチェーン系のお店のカレーどら焼きをいただいたこともあるのですが、それよりこちらの方が確実に美味しかったです。

カレー好きな方へのお土産に喜ばれるでしょう。

評価:★★★☆

カレー日記


新宿「わおん。」唐揚げカレーフォンデュ


新宿駅の西口。
JRから小田急線に乗り換える道の小田急線側にある立ち飲み屋です。
このようなスペースで立飲み屋ができたのは興味深いですね。

外看板にカレーの文字を発見して入店。

立飲みといってもカウンターがぐるりと囲むスタイルではなく、最初にレジで注文。
受け取り口から受け取って各々好きな場所で飲み食いするというファストフード的なシステムでした。

注文したのは唐揚げカレーフォンデュ。
普通の唐揚げに普通のカレールー。
ディップして食べるも良し、別々で食べるも良し。

お酒はハイボールで。
濃い目に感じました。

全部で1000円しなかったので、軽く飲み食いするには良いのかもしれません。

評価:★★☆

カレー日記


大久保「なみ平」カレーもつ煮込み


2色のポテトサラダ


牛すじ串


大久保駅すぐ近くにあるやきとんのお店です。
こちらにはカレー系のメニューが常備してあると聞いて行ってきました。

カレーもつ煮込みともつカレーライスがありましたが、2色のポテトサラダも1色はカレー味ということで、炭水化物過多とならないようにカレーもつ煮込みと2色のポテトサラダでオーダー。

せっかくやきとん屋なのでやきとんも食べようと思ってメニューを吟味すると、牛すじ串が名物と書いてあったのでそちらをタレでいただきました。
これが正解だった!

カレーもつ煮込みはバゲットつきで、もつよりグレイビーが多いタイプ。
味は深みがあってもつの旨味も感じられて美味しかったのですが、僕は具が多い方が好き。
そんなわけで思い付きでここに牛すじ串を半分ほど入れてみたんです。
それが美味しくて!

牛すじ串としてももちろん美味しいので、半分は串として食べ、半分を煮込みに入れるのがおすすめです。

2色のポテトサラダもパパドつき。
カレーマニアならにやけてしまいます。
普通にカレー粉ですがマヨネーズとカレー粉による正義がここにありました。
もう1色は普通に白ですがゆで卵入りで、ポテトタマゴサラダになっているあたりも個人的ツボをドンピシャに抑える結果に。

これは良い居酒屋だ!
次回はやきとん色々とカレーライスにしてみようかな。
大久保エリアで飲む際はついついネパール料理店に行ってしまいますが、ここも覚えておいて損はありません。

評価:★★★☆

カレー日記


渋谷「維新號」カレーまん


渋谷は東横のれん街に入っている中華まんの維新號。
というよりは高級中華店の点心購買部と言った方が良いのかもしれません。

こちらの中華まんはこだわりの製法なんだそうで、自社工場で作っているのをTVで見たことがあるような気がします。

しかし肉まんについて語られていたので特に熱心に見ていたわけではなく、見流していたのでよく覚えておりません。

カレーまんもあると知っていたら目を凝らして見ていたのに!

というわけでカレーまんもあるんですね。
初めて知りました。

食べてみれば素直に純粋に普通に美味しいカレーまん。
コンビニのカレーまんとはもちろん一味違うのですが、大きく違うというほどでもなく、高い分美味しいといったイメージ。
カレー好きへのお土産には良いかもしれません。
僕はこれいただけたら喜びますから。

評価:★★★

カレー日記


鶯谷「信濃路」厚揚げ焼カレーかけ


どてやき


鶯谷駅前にある24時間営業の居酒屋です。
とにかくメニューが幅広く、安いお店で、昔から鶯谷で飲みたくなったらここ。
と言いながら数年ぶりの訪問となりました。

ここに来ると僕の定番なのが厚揚げ焼カレーかけ。
分厚く大きな厚揚げを焼いたものにカレールーをかけたおつまみです。
写真では伝わりにくいかもしれませんが、かなり大きいんですよ。
食べ応えも十分です。

カレーはめちゃめちゃ普通の昔ながらのルーカレーで、これ自体の味は良くもなければ悪くもないといったところなのですが、おすすめの食べ方があります。

どてやきと一緒に混ぜて食べるという方法。

どてやきとは牛スジの味噌煮込というか味噌焼きというか。
こちらのどてやきは煮込み的ルックスですが食べてみれば確かにどての味です。

この甘味噌の汁を牛すじごと厚揚げカレーの上にかける。
そうするとね、美味しい牛すじカレー煮込みに変身するんですよ。

それぞれ500円しないので、合わせても1000円でお釣りが来ます。

カレーライスもカレーそばもありますが、やっぱりこれですね。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード