FC2ブログ

静岡カレー日記(金の字、まる両)



清水「金の字 本店」もつカレー煮込


清水名物といえば「もつカレー」ですが、その元祖的存在なのがこちら金の字。
以前静岡店には行ったことがあるのですが今回初の本店訪問です。

カウンターメインの席。少しずつ空きがあると思いきや予約席のようで、ひとつだけ入り口間際のとても狭い席があったのですがそちらに通されました。
「ここ席?」と最初は思いましたが僕の後に来たお客さんは予約の人以外皆さん断られていたので、座れてむしろラッキーでした。

そしてそんな席ですがちゃんと接客をしてくれるというか、少し離れているのですが焼き場が近いこともあってかオーダーをしっかり聞いてくれたり、何かと気づかいを感じました。
老舗、元祖の店となると、プライドが高くて接客が微妙なお店も時折ありますが、こちらは丁寧で良かったです。

頼んだのはもちろんもつカレー煮込み。
黒みがかった濃厚カレーにやわらかいもつ。
美味しいです。
1本から頼めますが、最低2本は頼みたいですね。
そうするとカレーが少し余りますから、他の串を頼んでもカレーをつけて食べる事ができるんです。

他の串も美味しいですから、カレーを基本としながら色々楽しみたいお店です。

評価:★★★☆





清水「まる両」もつカレー


駅近くのアーケード街にある居酒屋です。
元祖もつカレーの金の字でもつカレーを食べて軽く飲んだ後だったのですが、せっかくなのでもう一軒もつカレーはしごをしてみようかとふらふら歩いていると、こちらのお店の外メニューにもつカレーの文字があったので入ってみました。

こちらのもつカレーは金の字と違って串ではなく、煮込みを器にうつしたもの。

食べてみれば甘味が味の根幹にありつつ、それが嫌な甘さではなく、甘すぎないバランス感。
ご飯と合わせてもきっと美味しいだろうなと思えるもつカレーです。

清水はもつカレーで有名ですが、色々なスタイルのもつカレーがあるのですね。

こちらのお店はもつカレーはもちろん、居酒屋として良い感じのお店でした。
接客も実に丁寧でしたし。
清水もつカレーはしご。楽しかったです。

評価:★★★☆

カレー日記(朝起)




新宿西口「朝起」ソーセージのカレー粉炒め


新宿西口にある飲み屋街「思い出横丁」。
こちらにある「朝起」。読み方はあえて書きますまい。

こちらのメイン料理は金玉と子宮。
そういうお店です。

フラっと入ってみると、精力がつきそうなおつまみメニューが色々ある中にソーセージのカレー粉炒めを発見。
ならばこれを頼まずにはいられないカレーおじさん\(^o^)/

せっかくなので金玉でもと思ったのですが遅い時間だったこともあり品切れ。
サメの心臓の刺身もいただきました。

ソーセージのカレー粉炒めは想像通りの味です。
そのまんま。
それで良い。
それが良い。

サメの心臓はモウカザメということで比較的食べやすいサメ。
実際臭味もなく、コリっとまではいかずとも砂肝に近い内臓系の刺身のような食感で悪くないです。

マスターも気さく。
店内常連さんでいっぱい。
常連さんに愛されているお店でした。

評価:★★★

カレー日記



大山「MONO9LO」黒ごまカレーロール


カツカレーを食べ終わり、涼を取りつつデザートも食べたいなとカフェを探していると見知らぬお店を発見。
どうやら最近(2020年8月)オープンした様子。

看板メニューを見るとおむすびカフェということでおしゃれなおむすびがメイン。
これは珍しい。
メニューをしっかり見ていると黒ごまカレーロールなるものが。
カレーを発見してしまいました\(^o^)/
ならば行かねばなりません。

というわけでカレーのデザートにカレーを食べることになってしまったのですが、良くあることですw

セルフサービス形式で店頭で注文、先に会計。
できあがると呼ばれて取りに行くというシステムです。

黒ごまカレーロールとレモンスカッシュをいただきました。

黒ごまカレーロールは黒ゴマキーマ的なカレーに、きゅうりやレタス、トマトが入って海苔で巻かれたもの。
それをさらに紙でラップしていて、カリフォルニアロール的でもありますが、おしゃれおむすびという雰囲気です。
ピクルスがつくのも良いですね。

このカレー、冷製なんですがちゃんと美味しいです。
ゴマの濃厚さとスパイスのエッジが良い感じに絡まりあって、野菜は食感の変化を出し、栄養的にも良い感じ。
朝食に食べたいなぁ。

飲み物も美味しく、店内の雰囲気も実に落ち着いた感じで気に入りました。
奥にはキッズスペースもあったので子供連れにも対応しているようです。

カレーおにぎり、カレーおむすびといったジャンルはまだ珍しいのですが、他に無くは無いということで実は需要もあるジャンル。
大山に行ったらまた立ち寄りたいお店です。

評価:★★★☆

カレー日記



北千住「ラウラウラム」フライドラム黒カレー、スパイシーラム串


北千住の東口、随分変わりましたね。
大学が複数来たことによって学生街の感すらあります。

僕の青春時代はこのエリア、色々な意味で恐ろしくて近づけない場所だったのですが。
思えば南千住だってそうでしたし、今の方が平和になったのでしょう。

そんな学生街北千住にある学生向け的雰囲気のハワイアンカフェがこちら。
ハワイアンカフェと言いながらラム料理がメイン。
いや、店名にラムがあるので逆かもしれません。
ラム料理店でありながらハワイアン的と言いますか。

さらにカオスなことに、カレーもあります。これは嬉しいカオスなわけですが。

そんなわけでフライドラム黒カレーと、スパイシーラム串をいただきました。
フライドラムはラムをスパイス衣をまとわせてあげたもの。
ナイスラムカツとでも言いましょうか、これだけでもおつまみになりそうです。

カレーは洋食的アプローチの黒カレーで、良い意味で可もなく不可もなしといったもの。
しかしそれで良いんです。だからこそラムが引き立つのですから。
ご飯が雑穀米なのも嬉しいです。

ラム串もスパイス焼きになっていて、これまた良いおつまみ。

おつまみになりそうなラムが充実しているのですが、お酒もあります。
使い捨てのコップでの提供ですが値段が安いのでむしろOK。
学生さんには嬉しい価格設定だと思います。

もちろん僕のようなおじさんにも嬉しい安さであり、この値段でこの味であれば、ラム好きなら覚えておいて損は無いかと思います。

評価:★★★☆

カレー日記

コンビニで買えるカレーまとめ。



「東洋水産」黒い豚カレー


マルちゃんといえばタケテツでおなじみ赤いきつねと緑のたぬき。
そして黒い豚カレー。
物凄く久しぶりに食べたんですがやっぱりこれカップヌードルのカレー味に似てますね。
この手のカップ麺をカレー味にする場合、どうしてもあの方向にしないと美味しくならないというか、それだけカップヌードルカレー味が完成された味ということなのでしょうね。

評価:★★★



「セブンイレブン」ハンバーグカレードリア


デニーズはカレー屋。
そう思うくらいデニーズのデリーチキンカレーとハンバーグカレードリアのレベルが高いと思っているのですが、こちらはそのハンバーグカレードリアと同じ方向性。
何しろデニーズもセブンもセブン&アイ。
デニーズのドリアの廉価版かなと思って食べてみると、値段下がった分味が下がっているのは当然なんですが、値段以上に味が下がっちゃったイメージ。
それでも元々のデニーズのが相当美味しいのでこれもコンビニカレーとしては悪くないんですけれどもね。

評価:★★★



「ファミリーマート」トルティーヤスパイスカレー

この手のカレーだとやっぱりセブンが以前出していたのが圧倒的に好きなんです。
これはこれで悪くないですし、この手のやつのカレー味って意外と続かないのでこれは定番化して欲しいです。
そしてセブンがまたあのカレー味を出して欲しい。

評価:★★★

カレー日記



新宿三丁目「isetanカレーフェス」スパイスおにぎり(シタール、ヘンドリクス、デリー)




スパイスおにぎり(カッチャルバッチャル、シバ)


新宿伊勢丹で行われていたカレーフェスで名店によるスパイスおにぎりが出ていました。
こういうの、とても良いですね。

10店舗の競演ということで非常に悩んだのですが、シタールのタマリンドふりかけ、ヘンドリクスの鯖マヨ、デリーのチキンカシミールをまず購入しました。

タマリンドは酸味と食感が楽しく、鯖マヨは自家製マスタードが良い感じ。
チキンカシミールはまさにカシミールおにぎりで期待していた通りの辛美味具合。

楽しかったのでまた違う日に再訪。
カッチャルバッチャルのハーブ香るポーク、シバの牛肉ごぼうマサラをいただきました。
ポークは豚の旨味がハーブとスパイスで爽やかになっており、牛肉ごぼうはどことなく和も感じさせる美味しさ。

どこのお店もそれぞれそのお店らしさが出ており、美味しくて楽しい企画でした。

評価:★★★☆

カレー日記



新橋「蔵のや2号店」カリーヴルスト




蔵のやポテトサラダ(カレー味)




ローストビーフチーズ巻きカレー風味




かつて「スパイスドランカーやぶや」という名店がありました。
間借りでありながらコース仕立てのスパイス料理。そしてコースなのに〆にミールスを持ってくるというとんでもないスタイル。
しかし全ての料理が最高に美味しくて、お腹一杯なのに残すのがもったいなくて全て食べずにはいられないお店でした。
開店から半年ほどで食べログ百名店にも選ばれたのですが、その後すぐに閉店。
店主の藪さんが、間借りやってみて色々と気づいたことがあり、もっとちゃんと修業したいということでまた飲食系企業に就職し、その味を食べられる機会が無くなっていました。

と、思いきや、その就職した企業が運営する日本酒バーの店長としてこちら蔵のや2号店にいたのです。
信頼を得たことにより、ある程度自由にやらせてもらえるようになったということで、裏メニューでスパイス系の料理を出すことも出てきました。

そんなわけで食べに行ったのですが、何とこの日が最終営業日でした。
1号店は残り、そちらに移るということですが、藪さんのおまかせスパイスメニューはまたしばらく食べられなくなってしまうというのは寂しいです。

カレーを食べた後だったのですがおまかせでお願いしました。

出てきたのがカリーヴルスト。
メニューにはありません。
酒粕で漬けたという大ぶりのソーセージに即興で作ったカレーケチャップソース。
ザワークラウトは無いので代わりに添えられた白菜の浅漬け。
このセンス、やっぱり藪さんだ! 素晴らしい\(^o^)/

味も最高で、今まで色々なお店でカリーヴルスト食べてきましたが、これが一番と思える美味しさに大満足です。

カリーヴルストと一緒に食べたのが蔵のやポテトサラダ。
こちらはレギュラーメニュー。
ポテトサラダ自体はごく普通なのですが、それにカレー味の沢庵が乗っていて、食べるとカレーとマヨネーズの相性の良さを感じる逸品。
良いおつまみです。

そしてローストビーフのチーズ巻きカレー風味。
ローストビーフも売りのお店ということで、それでチーズを巻き、揚げて、スパイスで仕上げてくれました。
これも芳醇な旨味で印象に残る美味しさでした。

日本酒バーですから日本酒も色々と飲ませてもらい、最終営業日ということを感じさせない楽しい夜となりました。

先述したように1号店に移るということで藪さんのおまかせはまたしばらく食べる機会が無くなってしまったのですが、その腕は全く衰えていません。
いつか独立する日を夢に見ながら、ファンとしてはその時を待ちたいと思います。

評価:★★★★

カレー日記



東武練馬「一庵」蓮根肉詰め天ぷら(カレー塩)




和食を中心とした居酒屋です。
カレーは無いことがわかっていたのですが、カレーを食べた後にもう少し飲みたくなり、こちらにうかがいました。
行きつけのカレーが美味しい居酒屋みっちのマスターがおすすめしてくれたからです。
美味しいお店は美味しいお店に聞くのが一番間違いないですから。

みっちのマスター曰く「カレーは無いんだよ。いや、ランチでたまに出してたな。でも今ランチやってないんだよ。カレーは無くてもさ、何食っても美味いから、カレー食べなくて良い時とか、カレー食べた後とかに行ってみなよ。」と。

カレー食べなくて良い時は僕にはありませんから、カレー食べた後に小腹空いてたので行ったわけです。

まず頼んだのはタコのカルパッチョ。
これがいきなり最高!
タコがとろとろ。塩味も酸味も完全なるバランスの良さ。

そして出汁巻き玉子。
これも最高!
火入れ具合も卵と出汁の量のバランスも完璧。

何という調和。

そして蓮根肉詰め天ぷら。
配膳の際におかみさんが「こちらはカレー塩でどうぞ」と。

カレー塩!!!!!

まさかカレー味のものが食べられるとは思いませんでした。
そしてこの蓮根肉詰めがまた最高で。
蓮根の穴の部分に挽肉が詰められていて、蓮根が非常に肉厚なので蓮根8に対して肉2くらいの割合なのですが、カレー塩が確かに合う!
塩だけで食べるより、天つゆで食べるより、醤油で食べるより、これはカレー塩ですよ。

素晴らしい。
和食はあまり食べない僕ですが、何故かというと根本的に和食に魅力を感じないということもありますし、あまり美味しい和食に出会った経験がないからということもあります。
しかしこういうお店を知ると和食に対するイメージも変わってきますね。

ランチじゃなくとも、こちらのお店のカレーを食べてみたい。
きっと美味しいだろうなぁ。

ちなみに他の揚げ物は必ずしもカレー塩ではないようです。
ちゃんとその素材ごとに食べ方を変えているというこだわり。
素敵です。

みっちのマスターありがとう!
そして一庵さん、美味しい料理をありがとう!

評価:★★★☆

カレー日記


「フレッシュネスバーガー」カレーチャウダー、ソーセージグリル(カリーヴルスト)


フレッシュネスバーガーには夜のバルメニューが追加される店舗があります。
こちらにカリーヴルストの文字を発見したので入ってみました。

ソーセージグリル(プレーン&カリーヴルスト)と書いてあったのでそれをオーダー。
さらにメニューをよく見るとカレーチャウダーなどというものがあるじゃないですか!
いつからあったんだろうこれ。
初めて気づきました。

というわけでカリーヴルストとカレーチャウダーでオーダーです。

カリーヴルストはヴルスト、つまりソーセージにケチャップ、そしてカレー粉というシンプルなもの。
カレー感が足りなかったのでスパイスコーナーからカレーパウダーを取り出し、カレー追加で食べました。
ソーセージ自体はフレッシュネスのホットドッグで使っているものと同じでしょうか。
無難に美味しいです。

そしてカレーチャウダー。
これが予想以上に美味しかった!
まろやかなチャウダーでありながら意外としっかりとしたカレー感。
細かく切ったじゃがいもなども具として入っており、これだけ飲んでも食事をとった気持ちになれる満足感を得られます。

寒い季節にこれだけ飲むというのも良いなぁ。
この冬リピート確定の美味しさでした。

この調子でファストフードはカレーメニューをどんどん増やして欲しいです。
夏の期間限定カレーメニューは定着してきた感がありますが、冬だってカレーは美味しいのですから。

評価:★★★

カレー日記


神奈川 日ノ出町「野毛八」おつまみカレー


濃厚ひなの玉子、いわし玉


野毛にあるおでんを中心とした居酒屋です。
カレーメニューもあるので見逃せません。

まずお通しが美味しい。
お通しの美味しいお店は当たり率が高いので期待できます。

おでんはひなの玉子といわし玉を注文。
玉子はおでんとしては珍しい半熟状態。
味の染み込みという意味ではそこまでではないのですが、おでんで黄味がとろっとする食感は面白いですね。
いわし玉はフワっと柔らかく、臭味も感じない上品な美味しさ。
出汁も上品で、その上品さあってこそのこのおでん種だなぁと感じました。

そしておつまみカレー。
こちらはキーマカレーをバゲットで食べるスタイル。
キーマカレーは挽肉のみならずコーンも入っているのが食感に変化が出て良いです。
カレーも上品で優しい味わい。
こういうお店でカレーがあるのは嬉しいです。

随所に工夫やこだわりを感じる素敵なお店でした。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード