fc2ブログ

カレー日記(流しのビリヤニSTAND)



小伝馬町「流しのビリヤニSTAND」チキンビリヤニ


流しのビリヤニという形で様々な場所でビリヤニを提供しているシェフが実店舗を構えました。
最寄駅は小伝馬町ですが日本橋からも神田からも徒歩圏内。

おにぎりのお店の2階に登ると隠れ家バーのような雰囲気の店内。

ビリヤニは大体週替わりで1メニュー。
オープン当日に行ったのですが、最初ということもあってか王道のチキンビリヤニでした。

ふわっと軽やかなバスマティライスがとにかく印象的。
チキンは骨無しで食べやすく、ライタもさっぱりとして美味しいです。

味はオーセンティックな正統派なのですが、日本人にも理解しやすく食べやすい美味しさという絶妙なバランス感。
シェフのおばさまがパキスタンの方と結婚しているそうで、小さい頃からビリヤニを食べて育ったのだそうです。

そんなおばさま直伝のビリヤニ。
だからこそパキスタンの正統派な雰囲気もありつつ、日本人の子供でも食べやすいようなバランスなのでしょう。

週末には豪華な食材と高級スパイスを使ったゴージャスビリヤニもチャンスあれば出したいと語ってくれました。
流しのビリヤニ活動も引き続き継続していくそうで、その為にも拠点ができたのはとても良いことですね。

評価:★★★☆

カレー日記(トリキバーガー)



渋谷「トリキバーガー」クリスピーチキン(カレー)


鳥貴族が手がけるチキンバーガーのお店トリキバーガー。
こちらにカレー味のクリスピーチキンがあることをご存知でしょうか?

サイドメニューとしてひっそりとこっそりと存在する形ですが、バーガーを頼まずこれとドリンクの注文でも問題ありません。

鳥貴族同様全て国産の鶏肉を使っているということで品質の良さは間違いなし。
クリスピーチキンにカレーパウダーが添えられ、これをかけて振りながら混ぜるというタイプ。

軽食に程よいです。
そしてこのチキンに対してカレーパウダーの量が多めなので、何かのバーガーに余ったカレーパウダーを使ってカレーチキンバーガーにしても良さそうですね。

センター街のど真ん中にありながらまだ知名度がそこまで高くないせいか、空席が常にある印象であり、電源席も充実しているので電源カフェ利用にも良いです。

評価:★★★

名古屋カレー日記(みんなの串バル)



栄「創作串とスパークリング みんなの串バル」串カツカレー、モッツァレラ串カレー、ラムももエスニックスパイス、ミニチーズバーガー


名古屋にはカレー串カツを出すお店が結構あります。
よくある、というほどでは無いのですが、東京や他の街と比べると確実に高確率でカレー串カツがメニューにあると体感しています。

というわけでこちらは栄の飲み屋街にある串料理のお店。

串カツカレーとモッツァレラ串カレーをいただきました。
さらにラム肉推しのようだったのでラムもものスパイス焼きも。

つまりは揚げも焼きもある串バルということです。

お通しに出てきたのがミニチーズバーガー。
一口サイズですが確かにハンバーガーであ理、これがお通しで出てくるのは嬉しいですね。

カレー串カツは2本とも王道のカレーにつけた串カツで期待通りの美味しさ。
ラムもものスパイス焼きもラム肉の旨味を引き立たせるスパイス感。

軽く飲みたい時にとても良いお店でした。

評価:★★★☆

カレー日記(あかり2号店)



飯田橋「東京餃子あかり2号店」グリーンカレー餃子、カレーチーズ炙り餃子


飯田橋から水道橋方面へふらふらと歩いていると東京餃子あかりの別店舗を発見。
飯田橋駅近くにある本店には行ったことがあるのですが、こちらはカレー餃子があるんです。

小腹が空いていたので寄って見ました。
頼んだのはグリーンカレー餃子とカレーチーズ炙り餃子。

グリーンカレー餃子はグリーンカレーペースト使用ですがココナッツ感が無いのであまりグリーンカレー感が無いのですが、スパイシーな餃子として良い感じ。
カレーチーズ炙り餃子は普通の餃子にカレールウとチーズをかけてバーナーで炙ったもの。
こちらはしっかりカレーで良い感じ。

お店は本店よりこちらの方が広くて開放感があり、個人的にはこちらの方が居心地良く感じました。

そして本店もこちらも女性客が多く、女性の餃子需要って予想以上に高いのだなと気づきました。

評価:★★★☆

カレー日記(あかり)



飯田橋「東京餃子あかり」カレーチーズ炙り餃子、サバ餃子




グリーンカレー餃子


飯田橋にある様々な餃子があるお店です。
カウンターメインの店内は広くないながら若者で賑わっておりました。
清潔感があり、おしゃれな雰囲気ですね。

こちらに僕が行ったのはカレー餃子があると知ったから。
しかもカレー系は2種類ありました。

カレーチーズ炙り餃子とグリーンカレー餃子です。

カレー系のみならず気になる餃子が色々とあったのですが、サバ餃子もいただきました。

カレーチーズ炙りはノーマルな餃子の上にカレールウ、その上にとろけるチーズが乗せられてバーナーで炙ったもの。
想像通りの味です。

グリーンカレー餃子はグリーンカレーのペーストを使用。ゲーンキョウワンマイナスココナッツ的な仕上がり。

サバ餃子は大葉でさっぱりと。

それぞれ個性があり、一人で3種類×5個ずつ食べましたが、飽きることなく完食しました。

評価:★★★

カレー日記(文福)



神奈川 武蔵小杉「文福」元祖カレー煮込


今やカレーフェスも開催され、カレーの街のひとつとして知られるようになった武蔵小杉ですが、昔は武蔵小杉でカレーと言えば文福のカレー煮込みくらいでした。

移転してから行ってなかったのですが、久しぶりに訪問。移転後初です。もう10年ぶりくらいでしょうか。

濃厚な煮込みに豆腐と長ネギ。
しっかりとカレー味。

すっかりカレーの街となった武蔵小杉の中でも、やはりこれは美味しいと思えるクオリティ。
昔も今も最高のおつまみです。

カレー煮込みを除いても居酒屋としてレベルが高く、今回も串焼き含め色々と食べたのですが、最後の〆にもう一回カレー煮込みを頼んでしまいました。
それくらいに美味しいです。
時代を問わない美味しさのカレー煮込み。永遠に続いて欲しいです。

評価:★★★☆

カレー日記(鳥貴族)



「鳥貴族」カレー辛麺、チキンカレーコロッケ




やわらか鶏天カレー、タンドリーちからこぶ




カレーアイス


言わずと知れた焼き鳥チェーン鳥貴族。
国産のチキンにこだわっており、安いことばかり取り上げられがちですが、その価格では驚くべき品質の高さも、グルメの間では評価されているお店でもあります。

鳥貴族はカレーメニューをたまに出してはいつの間にか辞めるを繰り返しているのですが、2022年の夏はカレー推し。
カレーメニューが沢山あるということで行ってきました。

どうせなら全部頼んでしまえ!

おつまみとしては鶏天カレー、チキンカレーコロッケ、タンドリーちからこぶ。
〆として使えるカレー辛麺。
そしてデザートにカレーアイス!

どれもカレーとしては出汁のきいたシャバっとしたカレー。
鳥貴族は関西発のお店ですから、大阪出汁カレー的雰囲気に近いのもなんだか頷けます。

カレーを食べ終わった後で、もうちょっとだけカレーをつまみにお酒を飲みたいなと思うことが僕にはあるのですが、そんな時にこれはとても便利。
他にそんな気持ちになる方がどれくらいいるのかわかりませんが、同好の士にはおすすめです。

評価:★★★

カレー日記(きむら屋)



飯田橋「きむら屋」スパイスカレーもつ鍋


飯田橋駅すぐ近くにある居酒屋です。
外にメニューが色々と飾られるように書いてあるのですが、そこにドライカレーの文字を発見して入店。

昔ながらの居酒屋的雰囲気ですがモバイルオーダー。
時代を感じます。

携帯からメニューをみるとドライカレーがどこにもありません。
やっちまったかと思いながらさらにメニューをよく見ると、スパイスカレーもつ鍋がありました。
一安心。

スパイスカレーもつ鍋。
博多のもつ鍋の、カレー味。
ただしルウではなくスパイスでさらっとしたスープ。
これ、美味しいです。

もつの甘味と旨味。
ゴボウが入るのが博多感あって良いです。
キャベツ、ニラ、そしてスパイス。

美味しくてスープまで全部飲んでしまいました。

これは良いおつまみであり、良い鍋。

博多料理がメインの居酒屋だったことに入ってから気づきましたが、満足でした。

評価:★★★☆

カレー日記(ザロイヤルスコッツマン)



飯田橋「ザロイヤルスコッツマン」コロネーションチキン


神楽坂を登り、左へ入っていくと実に良いお店が立ち並ぶエリアがあります。
カレー的な話をするなら、カレー蕎麦の蕎楽亭、カンボジアカレーのバイヨンなど。
その中にあるパブがこちら。
ミクニで修業したシェフのお店ということです。
こちらにカレーがあると聞いて行ってきました。

が、カレーはありませんでした(号泣)。
以前はあったようなのですが、無くなってしまったのですね。
パブと言えばカレーなのに。

しかしカレー味のものがありました。
それがコロネーションチキン。
エリザベス女王に所縁があるとか。

わかりやすく言えばカレー味のチキンサラダ。
甘めのマヨネーズとカレーパウダー。
C&Bのカレー粉でしょうか。だったら良いな。

イギリスのパブに行くとカレーはよくあると聞きますが、実はカレーがあったのは昔のことで今はあまりないとも聞きます。
むしろスコットランドの方があるとも。

今のイギリスはどうなのでしょう。

なんてことを考えながら飲み食いしたのですが、カレー的には空振りとまでは行かずともファールでしたが、美味しさ自体はタイムリーヒットレベルでした。

評価:★★★☆

名古屋カレー日記(どて金)



愛知 新栄町「どて金」カレー串カツ、みそ串カツ


名古屋名物のどて煮をメインにしたやきとんのお店です。
新栄町駅の交差点にあってアクセスも良好。

頼んだのは名古屋名物のみそカツを串カツにしたみそ串カツ。
そして、カレー串カツです。
カレーがあると知って行ってきたのです。

みそ串カツは名古屋らしく甘みと深みのある八丁味噌をベースにしたもの。
薄めの衣でサクッと揚がっていて、中の豚がジューシーで美味しいです。

そしてカレー。
ごくごく普通の家庭的なルウカレーがかかっているのだろうと思って頼んだのですが、これはこのカレーをご飯だ食べたいと思うような美味しいカレーで驚きました。
家庭的なカレーっぽいのですがスパイス感もしっかりとあり、揚げ物との相性が絶妙なのです。

良いですね。
せっかく名古屋まで旅で来たなら名古屋飯で飲みたいけど、カレーもちょっと食べたいという僕のようなカレー中毒者にとって嬉しいお店であり、覚えておくべきお店です。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード