カレー日記


月島「つきしま小町」カレーコンビーフもんじゃ




カレーもんじゃの美味しいお店に行こうとしたら臨時休業。
せっかくなので他のカレーもんじゃが美味しい店をということで選んだのがこちらです。
カレーに限らず、もんじゃ全体が美味しいのですが、カレーもちゃんとルー使用。
カレーもんじゃは大きく分けると、カレー粉もんじゃとカレールー(もしくは業務用カレーフレーク)もんじゃの2つに分かれます。
さらに凝っているところだとオリジナルカレーだったりするんですが、それは本当に少数派。
こちらはルーを細かく切ったもの(もしくは業務用カレーフレーク)を使っており、カレー粉もんじゃと比べるとルー使用の方が美味しいんです。

トッピングにコンビーフもつけて焼き上げました。
こちらのもんじゃは切りイカと桜海老が多めなのも嬉しいところ。
これは後乗せすると美味しく仕上がります。
実は僕、学生時代月島のもんじゃ屋でバイトしてたんです。
なのでもんじゃ行くと自分で焼くんです。
一緒に行った友人も満足してくれたようで何よりです。

月島もんじゃも色々とありますが、こちらはトータルバランスが良いお店だと思います。

評価:★★★☆

カレー日記


銀座「ドラム缶」コーヒーハイ、カレールー、コロッケ、白身フライ


最初にクイズです。
銀座にある立ち飲み屋で、コーヒーハイ、カレールー、コロッケ、白身魚のフライを頼みました。
全部でいくらだったでしょう?

立飲みということで安いイメージですが日本一地価の高い銀座ですからね。
果たしていくらなのか。
答えは文末にw

というわけで銀座の立ち飲み屋ドラム缶です。
銀座のみならず神田や茅場町にもあるんだそうで。活動テリトリー内なのですが知りませんでした。

店内はカウンターとドラム缶。
ドラム缶の上に飲み物や食べ物を置けるんです。

メニューはなかなか幅広く、カレーがあるのが素晴らしいですね。
カレーライスは300円ですから。
さらに、カレールーのみだと100円という破格さ加減!
銀座とは思えません。

味はごくごく普通のカレールーですが、揚げ物頼んで揚げ物のソースとして使える感じのカレールーですよ。
飲み物もコーヒーハイなんてものがあったりして僕の好みに近いです。
また、店内のメニューの横など、そこかしこに書いてある一言にちょっと笑ってしまいましたw
「〇〇スタイル」というのが多く、それが妙にツボったり、「あじフライ(ライトフライ)」「白身フライ(レフトフライ)」「コロッケ(物まね王)」などなど、くだらないんですがプっと噴き出してしまうようなものもあって。

上野や立石あたりにありそうな雰囲気のお店ですが、これが銀座というのが面白く、頑張っているなぁと思いました。
他の店舗にも行ってみたいですね。

というわけで冒頭のクイズの答え。
コーヒーハイ250円、カレールー100円、コロッケ100円、白身フライ150円。
合わせて600円!
安すぎです!

評価:★★★

カレー日記


渋谷「BBQブッチャー」厚揚げと茄子と挽肉のカレー炒め


渋谷の道玄坂。
仲間と二人でどこかで飲もうと、せっかくならカレーのある店が良いと、看板チェックしながらぶらぶら。
するとカレーの文字を発見。
カレーライスやカレーうどんがあるようです。洋食系と思しきお店。
行ってみました。

エレベーター昇ってドアが開くとすぐに店。
着席してメニューを吟味しようとするとマスターが「うち、メニュー無いんですw」と。
では今僕が見ているこれは何?と思っていると、続けてマスター「メニュー無くってね、お客さんに予算と、どんなものが好きか、嫌いか聞いて、その日あるものでその日だけのスペシャルを作るシステムなんですw」と。

なるほど。
「とりあえずなんでも良いのでカレーで。カレー味でも良いです。2人で2000円~3000円くらい。」
「OKわかりましたぁ!」

人懐っこいマスターは常連さんと談笑しつつあちこち歩き回り、料理をし、忙しそうに一人でお店を切り盛りしていました。

まずレバー。チキンサラダ。そしてローストポーク。最後に「はいこれカレー味!」と、厚揚げと茄子と挽肉のカレー炒めを出してくれました。

どれも確かにオリジナル。
良い意味で家庭料理という感じです。

渋谷という大都会の中で、こういうお店はあたたかみがあって良いのかもしれませんね。
実際常連さんと思しき方々が次々と来ていましたから。

評価:★★★

カレー日記


「スターバックス」サラダラップ冬野菜&ソイカレー、ドリップコーヒー


スターバックのサラダラップにカレー味が出たと聞いて行ってきました。
ショーケースにサラダラップはあり、それを手にカウンターでコーヒーも注文。

スターバックスはスウィーツを食べる感覚でフラペチーノを飲みに行ったりすることがたまにあるんですが、こうやって食事で行ったのは初めて。
考えてみたらコーヒーをブラックで頼んだのもスタバでは初めてだったかもしれません。

サラダラップというだけあって野菜たっぷり。
ソイカレーというわけで大豆のカレーです。
これも野菜。
優しいベジタリアンメニューですがカレーだからか食べた気持ちがしっかりと残るのが良いですね。

コーヒーはブラックだとやっぱりスタバっぽくないですし、ブラックなら他で頼んだ方が良いかな。
スタバは甘いコーヒーを飲むところですもんね。

このサラダラップカレーは軽食にも減量食にも良いのでしばらく続けて欲しいと思います。

評価:★★★

カレー日記


大森「蔦八」自家製カレーコロッケ


断面図


煮込、赤ホッピー


カレー以外に好きなものは?と聞かれることもしばしばあるんですが、カレーの後に食べるアイスが2番で、飲みに行った時にカレーが無くてもこれがあれば何とか許せるというのが美味しい煮込みでして、時には美味しい煮込みを食べ歩くというか飲み歩くこともあり、そういう意味でも3番目に好きなのは煮込みといえなくもないカレーおじさんです。

以前蒲田にカレーを食べに行った際、こちらのお店が気になってたんです。
しかしその時は満席で入れず。
今回はカレーを食べ終わった後に軽く一杯だけ飲んで煮込み食べようと一人で入りました。

煮込みとホッピーで決まりだなと入る前から思ってたんですが、まずそのホッピーが白、黒、さらに赤まである素晴らしさ。
迷わず赤ホッピーを注文しました。

さらにメニューを見ているとカレーの文字発見\(^o^)/

自家製カレーコロッケなんてのもあったら頼まないわけにはいきませんw

カレーコロッケはカレー粉で味付けたじゃがいもコロッケであり、ごくごく普通のものなんですが手作りの美味しさと温かさが。
昭和な感じなんですがそれもまたお店の雰囲気に合っていて。
接客が昭和に青春時代を過ごされたであろうお姉さま方なのですが、お姉さま方も美しくてそれもまた良くて。

煮込みの美味しさも期待通り。
色々な部位がバランス良く入っており、美味しくいただきました。

蒲田にはなかなか縁が無いのですが、また行く際にはこちらで飲みたいですね。

評価:★★★☆

カレー日記


代々木「カフェロリータ」スリランカカレーのバナナリーフ包み


ロリータ。
ナボコフ原作、キューブリック監督の名画によってその言葉が世界的に知られることとなり、ロリータコンプレックス、つまろロリコンの語源ともなった小説です。
非常に悲しい話なのですがそのヒロインのニックネームがロリータ。

ナボコフはロシア生まれですがロリータはアメリカで執筆した作品であり、こちらのお店は確かに古き良きアメリカンテイスト。
ちょうどロリータが執筆された50年代の雰囲気も感じされるお店です。

この手のお店のフードはハンバーガーやホットドッグ、アメリカンなピザなんかがお似合いだと思うのですが、メニュー見ると本気のスリランカ料理の数々!
もう意味が解りません\(^o^)/

よく見れば店員さんは確かにスリランカなお顔。
元々は違うテイストのお店だったのを任されるようになってスリランカ料理出してみたら好評でそれがメインになったという感じなのかもしれません。

ランチタイムに訪問。スリランカカレーのバナナリーフ包みを注文しました。
所謂ランプライスですね。

開けてみれば本気のランプライスですよ。
チキンカレー、豆カレー、そしてジャックフルーツのカレー!
様々な副菜や目玉焼きも一緒になっています。

味も本気のスリランカ味で大変美味しいです。
特にジャックフルーツが良かったですね。肉と筍の間くらいの食感で、ほのかに酸味もあるジャックフルーツ。カレーにもよく合うんです。
お値段1500円。
東京でランプライスを流行らせたというか、まだそれほど流行ってもいませんがその存在を認知させたといっても良いタップロボーンのランプライスと同じ値段です。
量も同じくらい。味はベクトルが違うもののやはり同じくらいの美味しさ。
これは素晴らしい。

また行って色々と食べてみたいです。

唯一難点はカフェなので喫煙OKということ。
ちょうど僕の後に来たお客さんが僕の近くに座って煙草を吸いだし、風向き的に僕の方に来ちゃったので席の移動をさせてもらいました。
普段はそんなに煙草気にする方でもないのですが、美味しいカレー食べてる所に煙草の煙がぶわーっときちゃったら残念ですからね。
嫌煙家の方は予めご注意を。

評価:★★★★

カレー日記


下北沢「デュークカポ」カレーポテトフライ


南口出て少し歩くとぴあぴあという居酒屋があります。
若い頃によく行ったお店で思い出深いのですが、そのビルの上にもバーがあるのを知りませんでした。

下北沢カレーフェスでこちらに気づき、テイクアウトでカレーポテトフライをお願いしました。

非常に平均的というか一般的なポテトフライ。
某ファストフードのフライドポテト的な感じです。

これにほんのりカレースパイスと、糸唐辛子。

カレー感が弱くて残念です。
値段もそれなりにしたので、だったらもっとスパイシーであってほしかったですね。

評価:★★☆

カレー日記


下北沢「いちねん」出し巻きチーズキーマカレー


馬刺しユッケ


蜂蜜レモンサワー、お通し


カレー、あるいはカレー味のおつまみがある居酒屋って、僕のようにカレーばかり食べている人間にとっては非常に助かるし嬉しいお店なんです。
飲み会なんかに参加しないといけないことももちろんありますから、そういう時は基本的にカレーを食べることを諦めていくわけなんですが、基本的にカレーしか食べたくない僕としては気の進まない会となってしまいます。
そういう時にカレーがあると一気にテンション上がるわけです。

こちらのお店はカレー味のおつまみのある居酒屋さん。
どんなカレーかというとこれがまた独創的で、出し巻きチーズキーマカレーというものです。

キーマカレーをくるんだ出汁巻き玉子なのかと思いきや、その下にご飯というか、ご飯の上にそのカレー入り出汁巻きが乗っており、ご飯と卵を接着させる効果もあるチーズが真ん中に。

これだけでオムキーマカレー的なおつまみなんです。
味も上品で実に美味しい。
ハーフサイズで頼んだのですが、これだったらレギュラーサイズで頼めば良かったと思う程に。

しかし他のおつまみもまたちゃんと美味しくて。
馬刺しユッケは程良い味つけと品質。
お通しもポテトサラダ、きんぴらごぼう、里芋とそぼろの煮ものの3種が少しずつ出てきて、どれも上品な美味しさ。

蜂蜜レモンサワーもちゃんと蜂蜜で信頼できる味。

これは良い居酒屋です。
カレー好きにもそうでない方にもおすすめ。
雰囲気も落ち着いた感じで、ちょっと大人な飲み会にバッチリのお店だと思います。

評価:★★★☆

カレー日記


秋葉原「秋葉原500バル」特製カレーピザ


ハラミステーキ


カポナータ、ポテサラ


秋葉原駅昭和通り口から少し歩き、インドカレーの名店アールティのある通りにあるイタリア料理バルです。
名物はピザ。全品500円(税別)で、色々な種類がある中にカレー味があることに気づいたので行ってみました。

ピザ以外にもハラミステーキやカポナータ、ポテトサラダも一緒に。

おつまみ系も500円シリーズと300円シリーズがあり、ハラミステーキ等の一部メニューはそれぞれ違う値段です。

カレーピザはひき肉とピーマンのカレーソースピザ。
ちゃんとピザ釜で焼き上げていて、イタリア式の本格派。
500円と考えれば十分の美味しさと量だと思います。

他の料理もそれぞれ値段には見合った味。

3人で行ったのですが、それぞれ2杯ずつ飲み、他のピザも食べてお会計が一人2500円いかないくらい。
なかなか使い勝手良さそうですね。
何よりカレーピザをレギュラーメニューに置いてくれているのも僕としては嬉しいお店でした。

評価:★★★

カレー日記


日暮里「京の華」豚肉の生姜焼き(カレー味)


焼餃子


日暮里駅近くのビル1階にある台湾料理店です。
メニューを見てみると海鮮炒めカレー味と生姜焼きカレー味があったので入ってみました。

海鮮炒めカレー味を頼んでみたものの売切。
生姜焼きカレー味はあるか聞いてみると、それならできるということでそちらをお願いしました。
危ない危ない。

ついでに餃子も美味しそうだったのでウーロンハイと一緒に。

餃子は王道。なかなかの大きさでジューシー。値段もそれなりにしますがそれだけの美味しさでもあるので納得。

そして肝心の生姜焼き。
食べてみるとあんまりカレー感がありません。
最初はカレー粉入れ忘れた?と思ったのですが、普通の生姜焼きとも違う風味。
なんだろうこれはと考えながら食べていくうちに、台湾の屋台で食べたカレーの味を思い出しました。

台湾は日本が統治していた時代があるので、食文化としてはかなり日本の影響を受けています。
そういうこともあってカレーを食べられるお店も多いのですが、台湾のカレーは日本の昭和カレー的なものが多く、それに中華的スパイスを使っているという印象でした。
五香粉や八角などの風味が効いているレトロカレーと言いましょうか。
それはそれで悪くなかったのですが、ここの生姜焼きはまさしくそんな味。
五香粉の風味がしっかりとしていました。

つまりは台湾カレー味の生姜焼きということなんですね。
なんだか納得。
どうせなら台湾スタイルのカレーライスなども出してくれると嬉しいです。

評価:★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード