FC2ブログ

カレー日記



高田馬場「力」牛すじカレーちりとり焼


ランチはがっつり定食。
夜はちりとり鍋ならぬちりとり焼をイチオシしつつ、色々なものが食べられる居酒屋さんです。

高田馬場エリアに数店舗存在する、鳥安、串鐵と同系列のお店ですね。

こちらのお店も同じようなメニューが食べられますが、ちりとり焼はここだけだと思います。

ちりとり鍋と同じような感じですが、もうちょっとシンプルと言えば良いでしょうか。

牛すじカレーちりとり焼は、まさしく牛すじとジャガイモの千切りをカレーで炒めたというか、テーブル内蔵型のIHで自分で火をかけて炒めていき、ちょうどい良い所で食べるスタイルです。

味はありがちで想像通りのものですが、この量で580円なら満足です。

串物も一本60円からありますし、その他のつまみも総じて安く、300円くらいから色々なものが食べられます。

どれも味はありがちですが、決して悪いわけではなく、量もそれなりなので安酒飲みたい時にはうってつけのお店だと思います。

このチェーンはそれぞれのお店に名物的な店長らしき人が存在します。
こちらの力には名物的なおばちゃんですね。

他の店員さんは恐らくバイトで入れ替わりも激しいのですが、このおばちゃん見るとなんだか安心します。

飲み物もサワーで280円から。
先日鳥安にも行ったのですが、鳥安よりもこちらの方がお得かと思います。

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



西早稲田「友人」おすすめセット(マトン、チーズナン)


500円でカレーとナンが食べられるお店です。
その安さにひかれ、過去に2~3回行ってましたが、今回久しぶりの来訪。

そして初めて500円セット以外のものを食べました。

500円セットはカレーとナンのみのセットです。
カレーは5種類の中から選ぶスタイルで、このセットが500円にしては味も悪くなく、お得だなと思っていました。

今日はその5種類に入っていないマトンカレーと、ナンorライス、サラダ、ドリンクがつくセットを選びました。
このセットになると880円です。

さらに今日はチーズナン気分だったので、ナンをチーズナンに変更可能か聞いてみると、プラス300円で変更可能という事で、変更してもらいました。
そうなると1180円です。
むしろ割高ですね(^_^;)

マトンカレーは特筆すべき点はありませんが、カルダモン、シナモン、クローブが中心となっていて、普通のものをちゃんと作っている雰囲気です。

チーズナンもチーズの量が程よく、なかなか美味しかったです。

ただ、サラダはレタスと水菜のみにできあいのドレッシングをかけただけのものだったんで、このサラダとドリンクついて500円から380円増しになるのはちょっと高いかなと思いました。

やはりこのお店ではワンコインセットを選ぶべきですね。
サラダも何もいらず、カレーとナンだけ食べたくて、お金があまり無い時には良いお店だと思います。

評価:★★☆

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



銀座「イエロースパイス」ポーク+れんこん 赤


都内では銀座、新宿に展開しているスープカレー屋ドミニカの系列店だそうです。
ドミニカ系列と言えば菜時記が好きだったんですが、無くなってしまいまして、銀座ではドミニカ一店舗になったと思った所で新店のこちらが5月にオープン。
今回初めて行ってきました。

店内はドミニカ系列らしくお洒落でちょっと照明は暗めの落ち着いた雰囲気。

スープが黄、赤、白、黒と選べるのも一緒ですね。
こちらは濃黄もありました。

とりあえず僕がドミニカ系行くとよく頼む赤をセレクト。
具はポークで。
辛さは無料で一番辛い5番にしてみました。

トッピングも色々選べて、ひとつ50円からという事で、れんこんをトッピング。

野菜は最初から人参、かぼちゃ、じゃがいも、茄子、ブロッコリー、水菜、ガーリックチップ、そしてごぼうが入っているのですが、このごぼうが甘く煮たごぼうで美味しいです。
辛いスープカレーの中に甘いごぼうというのは、味のアクセントにも食感のアクセントにもなって良いです。
これがこのお店の個性になっていますね。

スープは他のドミニカ系列に比べるとサッパリしています。
深みが足りないとも言えますが、その深みをガーリックチップやごぼうで補おうとしている印象です。

女性ならこちらの方が良いかもしれませんが、個人的にはドミニカのスープの方が好きですね。

さらに言えば菜時記の方がもっともっと好きだったんですが。
美味しくて安かったですから。

こちらのお店はポーク970円。れんこんトッピングで+50円。合わせて1020円でした。
妥当な線だと思います。

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



西早稲田「キッチン谷沢」カツカレー


洋食というジャンル、実は日本独自の文化でありジャンルです。
西洋料理という事なんでしょうが、それらひとまとめにして日本流にアレンジしたのが洋食だと思います。

正しい洋食屋さんは、量が多く、値段が安く、味も悪くないというのが僕の中の定義です。

こちらのお店はまさしくその要素を満たしていました。

飛び抜けて美味しいわけではありませんが、ひとつひとつの料理を手抜きなくちゃんと作っています。

カツカレーのカツはオーダー入ってから揚げる揚げたてでしたし、ハンバーグもオーダー入ってから焼きに入ります。
どちらも当たり前の事なんですが、それができていないお店も少なくありません。
こちらはひとつひとつ丁寧にそれをちゃんとやっているので、やはり味もちゃんとしています。

ご飯の盛りもかなり良いです。
女性だと残してしまうのではないかと思うくらい。

男性も大盛りにせずとも十分お腹いっぱいになれます。

サラダと味噌汁もついてカツカレー850円。
安いですね。
普通のカレーだと750円ですが、ここは100円追加してカツカレーにするのが良いでしょう。

地域密着型でいつまでも続いて欲しい洋食屋さんです。

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



渋谷ヒカリエ「Richu濱田家」そぼろカレー


ヒカリエパンシリーズ第二弾。
第一弾はこちら↓
http://akinolee.blog108.fc2.com/blog-entry-1144.html

こちらの濱田家さん、和風パンの店です。
四角い餡パンとか角煮のパンとかおやきとかあります。

そぼろカレーっつったって、和風キーマカレーだろと思って食べてみれば、なんとまぁ実にオリジナリティのある味。
キーマカレーではなくまさしくそぼろ。
カレー味のそぼろであり、そこに長葱が長葱の味を堪能できる程の大きさで入っていて、それが不思議とパンに合うというものでした。

これは意外性のある美味しさ。
ヒカリエにしては値段も良心的だし、気に入ったのでまた違うパンも食べてみたいと思います。

評価:★★★☆




渋谷ヒカリエ「ル パンドゥ ジョエル ロブション」ロブションのカレーパン


ロブションのパンは以前にもヒルズのを紹介しましたが、その時と違うカレーパンなのでこちらも紹介しましょうか。
ロブションのカレーパンという事で、これが一番基本のカレーパンなのでしょう。

ひき肉と野菜のカレーにチーズが入っていて、なかなか美味しいです。
しかしやはり高い。
一個300円しますからね。

そう考えるとなぁ。
でもロブションだしなぁ。

というわけで、

評価:★★★

100円程度の差を気にしない人にはおすすめです。
しかしもっと安くてもっと美味しいカレーパンは他に結構ありますからね。

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



駒込「ホワイトヒマラヤ」ネパリーランチセット(チキン、シーフード)


駒込のネパール料理屋と言えばタールが有名ですが、こちらも実は負けず劣らず良いお店です。

タールもこちらもちゃんとダルバートがあります。
ランチだとダルバート的なセットが2つあり、豪華な方を頼みました。

今日はアチャール(スパイス漬物)がゴーヤとじゃがいもでした。
これが実に美味しかったです。

カレーは濃厚で、ネパールカレーの王道スタイル。
ニンニクがしっかりときいていて食べごたえがあります。

ダルスープもニンニクを感じます。
全体的にこちらのお店はニンニクが強めだと思います。
とは言えニンニク臭いわけではなく、ニンニクの風味が味のバランスを整えていると言いますか、様々なスパイスと素材をニンニクがまとめていると言いますか、そういう味です。

ニンニク好きな方には美味しく感じるでしょう。

昼のセットだと選べるカレーは基本的なものばかりですが、夜だとトマトと豆腐のカレー等、変わったカレーも選べます。
それがまた美味しかったりします。

ネパール料理の代表的な存在とも言えるモモも非常に美味しいです。
ディナータイムのみならずランチでも頼めます。

6個で550円なのですが、ひとつひとつが大ぶりで非常にジューシーで美味しいので、僕はいつもこれを頼みます。
ただ、大きいので一人だと相当重いですw
2人から3人でシェアするのが良いでしょう。

ここのカレーはとにかくお腹いっぱいになり、腹持ちが良いです。
お昼の12時に食べ、その後今これを書いている夜の22時半まで、途中アイスは食べたものの、それ以外食事らしい食事はしていないのですがお腹がすいていませんw

タールはスパイスがガツンと来るタイプのサラっとしたダルバート。
こちらはコクがあって胃にガツンと来るタイプwの濃厚ダルバート。
そのような差があるので、違うベクトルでそれぞれ美味しいお店だと思います。

どちらも好きなお店です。
食べ比べてみるのも面白いかと思います。

評価:★★★☆

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



下北沢「カフェジンク」鶏のカレーライス


数年前、毎日カレー生活を始めた頃は今のようにカレー屋さんも多くありませんでした。
その頃によく行っていたお店です。

去年久しぶりに行こうと思ったら店がやっていなく、潰れてしまったのかと残念に思っていたのですが、いつのまにか復活していましたw

久しぶりに行ったらメニューが圧倒的に増えていました。
当時はカレーメインというか、カレーしか無かったように思うんですが、それは僕がカレーにしか興味が無かったので覚えていないだけかもしれませんw

しかし、当時は絶対に無かったカツ丼がありましたし、カレーも当時無かったメニューがいくつかあったので、全体的にメニューが増えたのは間違いありません。

友達と一緒に行ったのですが、二人でふたつをシェアしました。

まずはこちら、当時僕が一番好きだった鶏のカレーライス。
かなり大きな鶏肉と、それに負けない大きさの野菜がゴロゴロと入っているカレーです。

カフェカレーにありがちなカレーではなく、ちゃんとカレーに対しての熱意やこだわりを感じるカレーで、野菜とスパイスで作ったカレーです。

今日は当時ほどのインパクトが感じられなかったのは、僕がこの数年で様々なカレーを食べ過ぎたせいかと思います(^_^;)

それでも十分美味しいです。
カフェのカレーとしてはかなりクオリティ高いと思います。

当時は無かった味噌汁をサービスで出してくれました。
そしてこの味噌汁が美味しかったです。




もりもり合挽カツカレー


こちらは当時無かったカレーメニュー。

合い挽きのキーマカレーにカツをトッピングしたものです。
スパイス感はそこまで強いわけではないのですが、その分肉の味をしっかりと味わうことができます。
肉に肉を合わせるので重くなりがちなのですが、さっぱりとしたサラダが一緒に乗っているのでそこまで重くなりません。

また、こちらも味噌汁サービスで出してくれたんですが、この味噌汁がこのカレーに不思議と合っていて良かったです。

評価:★★★☆

食後にデザートのミニアイスもサービスしてくれました。
当時はいなかったお兄さんの接客が非常に良く、マスターも当時とはかなり違う印象にキャラクター変更していたもののw、食べ終わった後扉を開けてくれて優しく話しかけてくれました。

当時よりかなり気さくな雰囲気です。
当時はスタイリッシュでアーティスティックな雰囲気の方だったんですが、今日は頭にタオル巻いて短パン半袖で。
顔は同じなので同一人物だとは思うんですが、年月は人を変えますねw

でも良い方向に変わったんだと思います。
また行きたいです。

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



高田馬場「マリカ」ダンパッウ


高田馬場にはミャンマー料理屋さんが実に多いのですが、その中でも比較的日本人客が多い印象のあるお店です。

ランチタイムは近所で働いている日本人で賑わっています。
夜にはミャンマーの方らしきお客さんも見かけますが、他のミャンマー料理屋さんのように、ミャンマー人だらけで日本人が自分一人というような状態には、こちらのお店ではなった事がありません。

こちらのお店が良いのは雰囲気ですね。
接客が非常に優しいんです。

内装も決して綺麗ではないのですが、不潔という事ではなく、良い意味で年季を感じさせると言いますか、友達の家に遊びに行ったような感覚になります。

こちらのお店が年季入っているわけではないのですが、以前こちらに入っていたアジア料理屋さんの内装をそのまま使っているので、そのような状態になっているのでしょう。

味も実に優しいお味。
ダンパッウもチェッターベーヒンも、スパイスはしっかり使ってあるものの、辛さは控えめ。
香りも癖のあるスパイスよりも色付けだったり上品な淡い香りのスパイスだったりをメインで使用しているので、スパイス感が苦手な人でも美味しく食べられると思います。

色々と小皿もついて1000円しないというCPも魅力です。

一口食べて「美味い!」と、インパクトがある味ではないのですが、食べ終わった後には確実に満足感が残ります。

癒されたい時、ホっとしたい時に行くお店のひとつです。

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



東池袋「伊東食堂」親子丼カレー


東池袋駅から新大塚方面へ行く道の途中にあります。

地元の人に愛されている定食屋さんです。
昼は定食、夜は居酒屋的に使われています。
いつも混んでいます。

こちらはカレーメニューも豊富。
タイトルは店内に書いてある格言ですw

豊富と言ってもカレー自体は一種類。
トッピングが色々と違うんです。

王道のカツカレーなど揚げ物系カレーの他に、焼肉カレーや、写真にアップした親子丼カレーなんてのもあります。

親子丼カレーと言えば築地の鳥藤を思いだしますが、こちらは鳥藤のように上品な方向性ではなく、まさしく下町B級グルメ的雰囲気。

甘めの親子に辛めのカレーで、そのコントラストの妙味と言いますか、ミスマッチの面白さと言いますか、B級グルメとして推せます。

他にも鳥羽の山カレーという謎のメニューがあるのですが、それはこちらのお店が地元の力士の名前にちなんでいるんだとか。
内容は焼肉とカツが乗っていて、ご飯の量が大盛りのカレーです。
これ、本当に多いんですw

カレー以外の料理も良い意味で家庭的で、お店の雰囲気も清潔感があり、くつろいでしまいます。
一人で行くより誰かと行って、色々とシェアしたくなるお店ですね。

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



高田馬場「tre-B」野菜たっぷり赤カレー


入り口が非常にわかりにくいのですが、文房具屋というか雑貨屋というか、そのようなお店の二階にあります。
文房具屋をつっきって行っても入れますが、階段だけの部分を抜けても入れます。
最初は文房具屋から行った方がわかりやすいかと思います。

喫茶店のランチメニューという事で、カレーもありますし、パスタやジャンバラヤなんかもありました。

ちょうどカレーフェア開催中という事で、カレーメニューがいくつかあったので、その中のひとつである赤カレーを頼みました。

35種類の野菜を使っていて、これを食べれば一日分の野菜を摂取できるという事です。

トマトベースで、肉は一切入っていません。
35種類も入っていたのかというと微妙ですが、ほんのちょっとずつ入っているのでしょう。

食べた感じで残っていたのは、トマト、玉ねぎ、ヤングコーン、人参、じゃがいも、セロリ、以上のような感じでした。
肉っ気が無い分、どことなく物足りなさはあるのですが、ダイエット中などには良いでしょう。

店内は初老の女性やサラリーマンらしき人が多く、地元住民や勤務者に利用されているのだろうと想像できました。

味は可もなく不可もなくという所なのですが、店員さんの雰囲気が自然体で良かったです。
おそらく学生さんで、長年やっている風ではないのですが、だからこその自然さが心地よさにつながりました。

サラダとドリンクついて850円。
値段は味から考えればこれまた可もなく不可もなくという所ですが、学生さんと思しき女子の自然体な接客はなかなか良いと思いました。

評価:★★☆

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード