FC2ブログ

カレー日記



東長崎「オリオン食堂」カレーつけ麺




本格チキンカレー


つけ麺をメインとしたお店ですが、カレーもあります。

本格チキンカレーと名付けられたそれは、そんじょそこらのカレー屋さんのカレーよりも美味しいです。

チキンのもも肉が一枚ドカンと使われていて食べごたえがあり、その肉も柔らかく煮込んであります。
じゃがいもも入っていて、日本的なカレーライスのカレーではあるのですが、ここはつけ麺屋さん。
鶏のスープでカレーをのばしたのでしょう。
鶏の旨味がカレーにもしっかりと感じられ、独特の美味しさになっています。

スパイス使いにもこだわっているようで、ただ単にカレー粉を使ってカレー味にしたというわけではなく、カレー粉を中心にしながらも他にいくつかスパイスを追加したような味わいのスパイス感でした。

また、カレーつけ麺も実に美味しいです。

カレーつけ麺を出すお店は少なからずありますが、どこも季節限定メニューだったりして、レギュラーじゃないんですよね。
しかしこちらはレギュラーメニューとして存在するので、いつでも安心してカレーつけ麺がいただけます。

麺も小麦粉の味がしっかりとして、つるつるもちもちしこしこ。
美味しいです。
カレーつけ麺としても都内屈指のお店かと思います。

池袋にも系列のオリきんというお店があり、こちらにもカレーつけ麺がありますが、そちらよりもこちらの方がさらに美味しい気がしました。

評価:★★★☆

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



大久保「日の出」カレーラーメン広東風、餃子


昔ながらの定食屋さんです。
中華料理中心ですが、カレーライス等もあります。

カレーラーメン、カレーうどんもあるんですが、こちらは一般的なものではなく、広東麺的なあんかけがカレー味になったもののラーメンであり、うどんです。

恵比寿の舞香のカレーラーメンもこの系統なのを思い出しました。
他にもこの系統のカレーラーメンはあるのでしょうね。

このあんかけにもカレー風味は合うという事で、カレーの懐の深さが再確認できます。

味はごくごく普通です。
普通のものが普通に美味しい。
それ以上でも以下でもありません。

餃子も焼き具合が良い感じですが、中のあんについてはごくごく普通。

餃子のおつまみメニューも揃っていて、居酒屋的利用もできるお店ですね。

しかしこちらのお店の売りは何と言ってもおばちゃんの優しい接客です。
上品な東京のおばちゃんと言いますかおばあちゃんと言いますか、とにかく優しいんです。

お会計の際、お釣りとともに「風邪しかないようにね! 寒いからね!」と。

ひかないではなく「し」かないなあたりが江戸っ子的。
心が温まりました。

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



高田馬場「中日韓」カレースンドゥブチゲ


中国、日本、韓国料理のお店。
だから中日韓。

その順番はメニューの種類によるものかと思いきや、日本料理らしきメニューはなく、ほぼ韓国料理でした。

夜には延辺料理もいただけるという事です。
延辺料理と言えば中国と北朝鮮の境あたりの、クミンを使うスパイシーな料理が有名です。

そんなお店のランチメニューにカレースンドゥブチゲを発見したら、そりゃ行かないわけにはいきませんw

半地下のお店、入ってみるとK-POPのPVが流れていました。
客層は若めで、韓国好きの若者や、韓国人らしき若者がちょこちょこと座っていました。

さて、カレースンドゥブチゲですが、スンドゥブらしく豆腐メインで、長葱、玉葱、そしてしじみ、小海老が具になっています。
ただ、この海老が非常に小さく、カップラーメンに入っているような極小海老だったのが少々残念。

魚介の出汁も出ているとは言えませんでした。

延辺料理も出すお店という事で、スパイス感も期待していたのですが、その期待は残念ながら裏切られ、スンドゥブチゲ感8に対してカレー感2くらいで、カレーと名付けて欲しくないくらいでした。

普通のスンドゥブチゲは680円ですが、カレースンドゥブチゲになると750円です。
70円の差はスパイスの差でしょうか。
それにしても、この程度のスパイス量で70円はどうかなぁと。

不味いわけではありませんが、色々と物足りない感じがしてしまいました。

せめてランチでも延辺料理がいただければ面白いと思うんですがね。

評価:★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



神保町「オオドリー」カレーピラフ


昭和、大正を思わせるレトロな雰囲気のお店です。

ランチタイムはスープカレーのお店ですが、夜はスープカレーを出しません。
夜にスープカレーが食べたければ、近くにある明大通り沿いの鴻に行かなくてはいけないのですが、スープカレーにこだわらなければこちらのお店もなかなか味なものです。

レギュラーメニューではないようですが、そのスープカレーのルーというかペーストを使ったカレーピラフがあります。

見た目ジャンバラヤのようにも見え、辛そうですがそこまで辛くはありません。
そもそもこちらのお店のスープカレーは基本的にそこまで辛くありませんからね。

カレーの風味というより、やはりスープカレーの風味なんです。
これがなかなか面白いです。




オオドリーサラダ、おつまみみっくすふらい


その他様々なおつまみ。
サラダ、揚げ物、チーズ系、種類は多くはありませんが、洋食系の基本的な所は揃っています。

オオドリーサラダは様々な野菜とツナマヨ、コンビーフマヨが乗ったミックスサラダ。
このツナマヨとコンビーフマヨは他のおつまみでも使っていたりして、売りのようですが、予想通りの味であり、安心する美味しさです。

おつまみみっくすふらい。
全部ひらがなですw

こちらはハムカツ、辛口ウインナー、コロッケ、玉ねぎのフライ。
どれも素朴な美味しさですね。

どれも良い意味で家庭料理的な温かいお味。
何より雰囲気が素敵ですし、接客も温かいです。

ゆったりとお酒を飲むのに良いお店だと思います。

ちなみにこちらの店員さん、森下で上亀という日曜ランチ限定南インドカレーのお店をやっているのですが、こちらが絶品なのでおすすめです。

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



愛知 名古屋駅「クィクリー」野菜カレー


名古屋に何軒が展開するタピオカドリンクのお店なのですが、こちら名古屋駅近くのお店ではインドカレーもいただけます。

カレーとケバブ、ナンドッグなんかもあり、イートインのカレーセットの写真を見ると意外と本格的。
しかしその時は満腹だったのでテイクアウトで野菜カレーを頼みました。

満腹でも気になってしまうととりあえずお店に入ってしまうのはもう宿命みたいなものです(^_^;)

軽めにナンドッグにしようかと思ったのですが、ナンドッグはカレーは使っておらず、だったらという事で野菜カレー。

辛口にもできますよと言われたので辛口でお願いしました。

キャベツにインド系ドレッシングがかかった簡単なサラダと、にんじん、じゃがいも、いんげん、カリフラワーの入った野菜カレー、そしてサフランライスで380円です。

このライスがターメリックかなと思ったのですが、ちゃんとサフランの香りがしていて、炊き具合も堅めで程良く、意外と言ってはなんですが美味しかったです。

カレーはごくごく普通のよくある王道北インド野菜カレーでしたが、380円という値段を考えれば十分ですね。

このレベルなら店内のイートイン専用セットを頼んでも良さそうですよ。

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



愛知 名古屋駅「タンドゥール」インドカレーとご飯


名古屋駅地下街に古くから存在するカレースタンドです。
カレースタンドながら、よくある小麦粉もったりカレーではなく、玉ねぎメインのスパイスにもこだわったカレーです。

カレーはこれ一種類。
チキンと玉ねぎのカレーで、辛さを選べます。

辛口でオーダーしましたが、もともとあるカレーに辛味スパイスを混ぜあわせて出してくれました。

ご飯は基本多めなので少なめオーダーにしましたが、少なめでも十分お腹いっぱいになります。

ここ数年、全国的にカレー屋さんが増えたので、こちらのお店のようなカレーも増えましたが、こちらのお店ができた当時はかなり珍しかったと思います。

値段は700円と、カレースタンドにしては高めですが、この味は名古屋カレー界を支えてきた守られるべき味だと思います。

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



愛知 高岳「南洋の父」ポークカレーとパイナップルカレーのハーフ&ハーフ


名古屋のカレーを色々と調べていると、不思議とスリランカカレーのお店が多い事に気づきます。
名古屋にはスリランカの方が多いのでしょうか?

スリランカカレーと言えばモルジブフィッシュの出汁がきいているスパイシーかつヘルシーなカレーです。
こちらのカレーもまさしくその系統。

作っているのは日本人の方ですが、雰囲気のある素敵なマスターですね。

メニューはレギュラーメニューと日替わりメニューがあるようです。
その中からポークとパイナップルのハーフ&ハーフを選びました。

パイナップルカレーというと日本人には違和感があるかもしれませんが、スリランカでは比較的ポピュラーな料理なんだそうです。

かく言う僕も初だったのですが、これ、意外にも美味しいですw

パイナップルは火を通すことによって酸味は押さえられ、甘味がしっかり出て、その甘味とクローブやカレーリーフ等のスパイスが合わさって独特の味になっています。

ポークカレーはじゃがいも入りで日本人にも食べやすい味になっています。
スパイス感もちゃんとありながら、日本人の味覚に合わせたスリランカカレーという印象でした。

お店はカウンターのみの小さなお店ですが、ヒーリングミュージックが流れる店内は実に癒されます。
ランチタイムは食後にハーブティーもサービスしてくれます。
良いお店ですね。

評価:★★★☆

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



愛知 栄「龍」カレー煮込うどん


名古屋名物と言えば手羽先、味噌カツ、ひつまぶし、天むす、どて煮、味噌煮込みうどん…、枚挙に暇がありませんが、カレーうどんも名物なんだそうです。

名古屋の味噌煮込みうどんと言えば、堅いうどんを土鍋でグラグラと煮ているうどん。
この堅いうどんと味噌の濃厚な風味が僕は好きです。

そんな名古屋流煮込みうどんが、味噌ではなくカレーになったのがこちら。

栄と言えば名古屋の歓楽街ですが、その中でもかなり渋い場所にあります。
古めかしいビルの奥に入った一階にあるので、始めて行く人にはわかりにくい場所です。

昔ながらのそんなお店。
メニューはカレー煮込みと味噌煮込みの2種類のみです。

カレー煮込みは1470円。
かなり強気な値段設定ですが、名古屋の味噌煮込みうどんは1000円越えるものが多いので、そう考えるとそこまで高いというわけでもないですね。

高くても美味しければ良いわけで、こちらは美味しいので問題ありません。

アサリ、海老、鶏肉が具になっていて、それぞれからの出汁が出ています。
その出汁がカレーの味を深くしていて美味しいですね。

堅めのうどんも歯ごたえがあり、美味しいです。

カレーうどんも味噌煮込みうどんも好きな僕が、カレー煮込みうどんを嫌いなわけがないですねw

1470円は確かに安くはありませんが、僕のようにカレーうどん、味噌煮込みうどん、どちらも好きな方は一食の価値おおいに有りですよ。

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



愛知 伏見「アクバル」カシミールセット(ポークドピアザ)、ポテト&チーズナン


東海地方ではかなり古いインド料理専門店だそうです。
系列のお店が近辺に3軒ありますが、こちら栄店(最寄り駅は伏見)に行ってきました。

ラストオーダー直前だったのですが快く入れてくれました。

初訪問だったのでセットでオーダー。
カレーも焼き物も食べられるカシミールセットを辛口で頼みました。
カレーはポークドピアザで固定で選べないシステムです。

ナンをプラス200円で違うナンにできるというのでナンのメニューを見てみると、トマト&ガーリックナンや、ポテト&チーズナンなど、かなり珍しいナンがあったので、チーズナン好きとしてはポテト&チーズナンを頼まずにはいられませんでしたw

食べてみると焼き物もカレーもナンも、それぞれちゃんと美味しいです。
ずば抜けた部分があるわけではないのですが、全てにおいて平均点より確実に上というような。

しかしこのポテトチーズナンは予想以上にポテト感が強く、チーズ感ももちろんあるのですが、チーズの重さとポテトの重さの相乗効果により、夜遅く食べるにはかなり重かったです(^_^;)




ビンディマサラ


他におつまみメニューでビンディマサラが390円だったのでそれも頼んだのですが、こちらもなかなか。
シンプルイズベストなスパイス使いで、インドのビンディマサラってこういう感じだよなと納得しながら食べました。
これがこの値段で頼めるのは嬉しいですね。

閉店22時だったのですが、会計だけ先にすませると、22時を少しすぎても「サイゴマデタベテテイイデスヨ」と笑顔の接客。
ありがたいですね。

インド系の方ばかりですが接客も良かったです。
名古屋って飲食店だけでなく服飾店やタクシーも接客良い気がします。
これも名古屋ならではでしょうか。

そんな名古屋の老舗です。
万人受けする感じだったので、とりあえずここなら外さないと思います。

実際隣の席では女子会が行われていましたw
インド料理屋さんで女子会とは素敵ですね。
混ぜていただいたいものですw 女子ではありませんがw

評価:★★★☆

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



愛知 藤が丘「カルナータカー」Aセット(サンバール、チャナダールココナッツ、フィッシュ)


駅からは少々遠いので車で行くのがベストなお店ですが、例え遠くともわざわざ歩いて行く価値のあるお店です。

日本人の作る南インド料理と言えば、僕の住む東京ではエリックサウスやカレーリーフを思い出します。
インド人の作るインド料理と、日本人の作るインド料理とでは違うんですよね。
レシピは同じでも作る人が変わると味が変わるのがカレーの醍醐味ですから。

こちらもそのような感じかなと予想していたのですが、その予想とは違い、インド人の作る南インド料理の味にかなり近かったです。

サンバルはスッキリしたサンバルで辛さもそれなりにあります。
酸味も感じるので、ラッサム的サンバルとでも言いましょうか、これは個性あって美味しいですね。

チャナダールココナッツも優しい豆カレーです。
しっかりターメリック。そしてココナッツ。ホっとする味です。

基本セットだともうひとつ皮付き豆カレーだったのですが、+200円でフィッシュカレーにしてもらいました。

肉のカレーはありません。
ノンベジはフィッシュか玉子のみでした。

というわけでフィッシュだったのですが、こちらもすっきり辛いです。
マスタードシードの風味が実によく合い、食べるペースに勢いがつきました。

ご飯は日本米とインド米のミックスで、これも美味しいですし、チャツネもほうれん草のチャツネ等、面白いものが添えられていました。

ミニマサラドーサはインドの味そのものではなく、これだけ日本的な雰囲気を感じたのですが、それはそれでまた美味しいです。




インドデザート


あまりに美味しかったのでデザートも頼みました。
メニューには「インドデザート」と書いてあったので、南インド料理店だし、パヤサム的なものだったら良いなと思っていたのですが、出てきたのはグラブジャムン。

僕はグラブジャムンがあまり好きではないので、あれれと思いながらも食べてみると、今まで食べたグラブジャムンの中で圧倒的に一番美味しかったです。
グラブジャムンとはインドの甘すぎるドーナツのような食べ物なのですが、その甘さが、しっかりありながらもありすぎるまで行かず、ギリギリでアリな部分で止まっているあたりは日本人ならではの味覚ですね。

そしてチャイがまた美味しかったのですが、そのチャイと良く合いました。

接客も良く、お店の雰囲気も暖かく、非の打ち所がありませんでした。
あえて言うなら肉メニューも欲しいところですが、それは出さないのがこちらのスタイルなのでしょうね。

これだけのレベルの南インド料理屋さんは東京にも数える程しかありません。

これから名古屋に行く事があれば、その都度通いたいお店です。
夜のミールス(予約必須)も気になるので、いつかまた行きたいと思います。

評価:★★★★☆

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード