FC2ブログ

カレー日記



西武新宿「ムット」クリスマススペシャルメニュー


数年ぶりに行ってきましたムット。
以前行った際には南インド料理の何たるかもよくわかっていなかった頃。
都内に南インド料理専門店が今程無かった時代です。
そんな頃から南インド料理を食べる事ができたお店がこちら。

南のみならず北インド料理もありますが、どちらもあるというだけで数年前では珍しかったんですよ。

そんなムット。
クリスマススペシャルメニューをやっていたのでそれを頼んでみました。

チキンビリヤニ、ライタ、チキンカレー、フライドチキン、フライドポテト、ゆで卵、ボンディパヤサム、ジレビー、バナナ、ドリンクがついて1800円です。

チキン祭りですなw

クリスマスメニューというのは、どこでも対して美味しくないものが通常より高めの値段設定で提供されるものがほとんどで、お店にとってスペシャルなだけな場合が少なからずあります(^_^;)

こちらのセットについて言えば、ビリヤニとチキンカレーはなかなかでしたが、他はどうにも。。。
特にフライドポテトはどう揚げたらこんなに固くなるんだろう?というくらいに固く、しかも冷めていて、ほとんど残しました。

これで1800円なのだから、他のメニューを頼んだ方が良いです。




スペシャルターリーセット(マトン、野菜、ほうれん草ポテト)


というわけでこちらは通常メニューのランチセット。
写真ではナンの下に隠れてしまっていますが、3種カレーとタンドリーチキンとサラダ、デザート、ナン、ライスのセットで1000円です。

マトンと野菜と日替わりのほうれん草ポテトを頼みました。

野菜は普通。よくあるタイプ。
ほうれん草はほうれん草度合いが弱く今ひとつ。

しかしここのマトン、なかなか美味しいんです。
柔らかく煮こまれていて、マトンの滋味もしっかりと出ています。

マトンによって救われていますね。

メニューによって当たり外れのあるお店ですが、北インド料理も南インド料理も食べられるのが良い所。
どっちつかずとも言えますが(^_^;)

ちなみにここから徒歩10分くらいの位置に支店があり、そちらの方が味も雰囲気も良いです。


評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



新宿「サムラート」マトンマサラ、チーズナン


サムラートと言えば都内各地に展開しているファストフード的インドカレーのチェーン店ですが、こちら新宿のサムラートは本格インド料理的なお店です。

メニューも違いますし値段も違います。

カレー単品1500円近くするものがほとんどで、ナンと一緒に食べると2000円近くいってしまいます。

しかしその分ちゃんと美味しいので文句はありません。

マトンマサラは王道の味付け。
チーズナンにゴマがかかっているのが面白いですね。




ミックスベジタブル、バターナン


ミックスベジタブルもカリフラワー、にんじん、いんげん、グリンピース、れんこん等、沢山の野菜が入っていて美味しいです。

バターナンもふわふわタイプ。
一般受けしそうですね。




チキンビリヤニ


ビリヤニにもちゃんとライタがついてくるのも良いです。
ビリヤニは1200円と、このお店の中では安めですね。
味も悪くありません。




チキンマンチュリアンカバブ


単品メニューも色々とあり、その中でもチキンマンチュリアンカバブが珍しかったので頼んでみました。
鶏つくねの中華風インド炒めです。
これもなかなか。


店内も高級感ありますし、お値段高い分ちゃんと作っているのもわかります。

しかしこの値段なら他のもっと美味しい本格インド料理屋さんがあるんですよね。
それと比べてこちらの良さは、一般層にも知られているだけあって入りやすい事、そしてインド人店員と日本人店員とどちらもいるので不安の無い事、あとはランチもディナーもバイキングメニューがあるという事でしょうか。

ちなみに今回はたまたまかもしれませんが、ベリーダンスの発表会的な事もやっていて、それが見れたのはラッキーでした。

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



中井「とんかつ高橋」カツカレー


中井エリア在住の友人からすすめられて行ってみました。
地元の方に愛されているとんかつ屋さんのようです。

12時頃行ってみると店内はお弁当の準備中でしたが、入れてもらえました。

とんかつ中心にカレーやオムライス、ハンバーグもあり、さらに日替わり的なメニューで焼き魚や煮物等色々なものがありました。

僕のセレクトは当然カツカレーですw

カツカレーと、とんかつカレーの2種類がありました。
カツカレー800円、とんかつカレーは1100円。
とんかつカレーのカツの方が豪華なのでしょう。

800円の方を頼みました。

ご飯の上にカツ、そしてその上にカレーがドバっとかかっています。
キャベツの千切りとナポリタンも添えられていて、お漬物もついてきました。

カレーは辛さ控えめ。
カレー粉と小麦粉のカレーで、ソース的な風味も感じます。
豚肉の旨味がしっかり出たカレーで、とんかつ屋さんのカレーとしては美味しい方ですね。

そしてこのつけあわせのナポリタンも意外にもちゃんと美味しかったです。

これで800円は安いと思うんですが、唯一気になったのがお店の雰囲気。

お店は綺麗です。
しかし、店員の女性二人、嫁と姑と思しき関係性なんですが、このお二人の仲が非常に悪いんです(^_^;)

お二人ともお客さんに対しては笑顔で接客しているんですが、二人で会話になると雰囲気が悪くて(^_^;)

これが無ければもうちょっと評価上がるんですがねぇ。。。
残念でした。

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



渋谷「もうやんカレー」ランチバイキング


西新宿に本店を構え、池袋、新橋、そしてここ渋谷にも展開しているカレーライスのお店です。

どちらのお店も昼は1000円でバイキングをしていて、これが実にお得です。

夜だと単品1000円超えのカレーがほとんどなので、それと大差無いクオリティのカレーが食べ放題で1000円というのは、昼頑張っているのか、夜○○○くってるのかw
夜行っても美味しいので問題は無いんですがね。

という事は昼はかなりお得という事ですよ。

昼のメニューはだいたい決まってます。

豚肉のカレーと牛ホホ肉のカレー。
この他に日替わりの料理が色々。

サラダ的なものもありますし、カレー焼きうどんもあります。

ご飯も渋谷店は雑穀米があるのですね。
もうやんには何度も通っていますが初めて見ました。
もしかしたら最近は他の店舗でも雑穀米を出しているのかもしれませんが、ランチで来たのは1年ぶりくらいなので定かではありません。

豚肉も牛ホホ肉も、肉の旨味も出ていながらエグ味的なものも少し残っているので好みの分かれる所かと思いますが、大きくて柔らかいお肉がゴロゴロと入っているのは、肉好きには嬉しいです。

カレーはフルーツを沢山使ったヘルシーなカレーという事ですが、このカレー、異様に腹持ちが良いんです。

お昼にバイキング食べたら、その日はもう何も食べなくても平気なくらい。
この日もバイキングながら写真の一皿でおかわりしなかったのですが、それでも寝るまで空腹になりませんでした。

その理由のひとつは、恐らくニンニクがガッツリきいているからかと思います。
あとは肉によるものですかね。
でもそれ以外にも理由があると思うのですが、そこまではわかりません。

人気店ですからランチ時は混みあうので、その雰囲気が苦手な方は少なからずいるかと思いますが、たまに食べたくなる味で、1年に1回以上は食べに行っています。

評価:★★★☆

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



淡路町「栄屋ミルクホール」ラーメンカレーライスセット


靖国通りの吉野家からちょこっと横入りすると、そのエリアにはびっくりするくらい古い建物が点在します。

こちらのお店もびっくりするくらい古い佇まい。
そもそも店名からして時代を感じます。

ミルクホールとは名前の通り、主に牛乳を中心とした飲食店であり、明治時代に政府が日本人の体質改善を目的として牛乳を飲むことを推奨していた為に数多く生まれたスタイルのお店だそうです。

しかしこちらのお店にはミルクはありません。
昔はあったのでしょうが、今はラーメンとカレーのお店です。

どちらも食べられるセットが950円。
こちらを頼んでみました。

ラーメンは昔ながらの中華そばという雰囲気ですが、手抜きせずちゃんと作ってあるのを感じます。
普通の味が普通に美味しいです。

カレーも昔ながらのカレー粉と小麦粉のカレー。
ライスカレーという雰囲気ですね。

どちらもお店の雰囲気にピッタリの味です。

これが小奇麗な今風のお店で出てきたら違和感があるでしょうが、超レトロなお店でこの味が出てくるからこそ美味しさも増加するのだと思います。

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



池袋「カレーは飲み物。」黒い肉カレー+パクチー、ツナマヨ、フライドオニオン


カレーは飲み物。

非常にインパクトある名前で話題になり、開店直後から人気のお店です。

名前だけでなくカレーもなかなかの美味しさ。

黒い肉カレーはしっかりと煮こまれた豚肉のカレーで、コクのある万人受けするカレーライスです。

トッピングを3種類選ぶというスタイルも面白いですね。

パクチーとツナマヨとフライドオニオンを頼みました。

黒い肉カレーは見た目欧風っぽさもあったのでフライドオニオンとの相性も良いだろうと頼んだのですが、これによって欧風っぽさがさらに上がる形となりました。

カレーと一緒にキャベツのサラダも同じ皿に乗っているので、ツナマヨを加えてツナサラダ的に。
ちょっと濃すぎるかなと思ったのでパクチーでサッパリと。

我ながらなかなかの組み合わせでしたw

カレーは量が大中小とあり、全て同じ値段です。
中でも普通のお店とくらべると多めです。
食の細い方は小で十分かと思います。

ちなみにこちらのお店の隣が二郎系のラーメン大です。
殺風景な店内、トッピングを聞かれるスタイル、大盛りにするとかなり量が多いこと等、どことなく共通点のあるお店だなと思いました。

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



大久保「マリ」グリーンカレー、カイバットポーンカリー


大久保駅南口エリアというのは本当に安くて美味しいカレーの宝庫なわけですが、そのラインナップにこちらのお店も加えなくてはいけません。

南口出てすぐ、ちょこっと路地入った所にあるこちらマリ。
外から見たらどことなく怪しい雰囲気なので入りにくいかもしれません。

しかし入ってみれば綺麗な店内。
タイ人女性が厨房、男性が接客担当。
どちらも若く、タイ的美女と野獣という雰囲気w

メニュー見てまず驚いたのが、ほとんどのメニューが480円だという事です。

カイバットポーンカリー、ガイパッポンカリーとも言いましょうか、つまりは鶏肉と玉子のレッドカレー炒めは480円。
ライスつきでも480円です。
つまりこれはワンコインで食べられるカレーライスという事になりますね。

大久保南口価格ですよw

こちらのパッポンカリー、普通は蟹だったりシーフードだったりするのですが、鶏肉であるのはなかなか珍しいです。
ちなみにシーフードのタレーパッポンカリーもあり、こちらはライスつきませんがやはり480円というお値打ち価格でした。

グリーンカレーやマッサマンカレーは480円で、ライス別180円なので660円になりますが、それでも安いですよ。

しかも安かろう不味かろうではなく、安くて美味しいんです。

もちろん数あるタイ料理の名店にはかないません。
しかしこの値段でこの味というCP的に考えれば、数あるタイ料理の名店を凌ぐ部分もあると思います。

他の単品料理も面白いものが多く、ソムタムだけでなくソムタムカイケムもあり、こちらも480円という安さ。

このお値打ち感は素晴らしいです。

お酒も340円からと安いですが、お酒を頼まなくても文句は言われません。
この値段で頑張って欲しい素敵なお店でした。

評価:★★★☆

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



高田馬場「薮そば」カレー南ばんそば+ミニかき揚げ丼


三歩一の隣にあるお蕎麦屋さんです。

ランチメニューではミニカレーと蕎麦のセットや、ミニ丼とカレー蕎麦のセット等、とりあえずカレーがある事が多いお店です。

カレー蕎麦とミニかき揚げ丼のセットを食べました。

ちゃんと一人前あるカレー蕎麦と半人前のかき揚げ丼、そしてポテトサラダに漬物もついて700円。
安いですね。

味も値段なりで、蕎麦の茹で具合やかき揚げの油切れ等、ツッコミどころはあるのですが、それを差し引きしてもこれで700円なら納得できます。

夜メニューもカレーライス系がミニで300円くらいからあるので、セットで食べるには良いですね。

蕎麦もカレーも一緒にお腹いっぱい安上がりに食べたい人には良いお店だと思います。

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



岩本町「インアウト」ハンバーグとドライカレー


「インアウト、インアウト…」

名画「時計じかけのオレンジ」に登場するインパクトのある台詞です。

時計じかけのオレンジと言えば芸術的かつ暴力的な名画として人気です。
僕も大好きな映画なのですが、その映画の台詞を店名にしたお店という事で以前から気になっていました。

しかし店外メニュー見る限り、特に入らなくても良さそうな雰囲気満載だったので今まで入らずにいたのですが、今回やっと意を決して入ってみましたw

という程のものではないんですが(^_^;)

店内は時計じかけのオレンジの面影ゼロw
子供が描いた絵に「いらしゃいませ」の文字。
よくわからないカオスな空間ですw

店内音楽もテレビも無く無音なのがさらにカオス感を引き立てていました(^_^;)

店内はそこそこ広く、ホールスタッフも女性が二人。
厨房は男性が一人ですかね。

ランチメニューはカレー中心です。
普通のカレーとドライカレーとあり、ドライカレーの方が人気ありそうなのでそちらにしてみました。

ドライカレーのみだと450円。ハンバーグつくと650円。
ドライカレーとスパゲティミートソースのハーフセットだと550円。

それぞれサラダと味噌汁もつきます。

全体的に安いです。

しかし味も値段なりの味。
見たまんまの味でした。

ハンバーグも豚肉のハンバーグなんですよね。
ミートソースと同じ材料という事でしょう。

店を後にする時には、そもそも「時計じかけのオレンジ」から取った店名ではないんではないかと思いました(^_^;)

評価:★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



東新宿「アラジン」ダルバァトセット


明治通りと大久保通りの交差点近く、明治通り沿いにあるネパール系のお店です。

メニュー見るとネパール料理も確かにありますが、ほぼ北インドという雰囲気でした。

ダルバートもあったので頼んでみました。

サラダ、ブテコサグ、チャトニ、タルカリと書いてありましたが普通にチキンカレー、ダルスープでなる豆カレー、そしてライスまたはナン。

ダルバートのバートとはご飯の事なので、当然ライスだと思ってたんですが、「ナンとライスどっち?」と店員さんに聞かれました。
ナンではダルバートではなくダルナンになっちゃうじゃないのと思いつつ、ライスでお願いしました。

するともう一度「ナンとライスどっち?」と聞かれましたw
聞こえなかったのかなと、もう一度ライスでお願いしました。

「辛さは?」と聞かれたので「辛口で」と答えました。
するとおもう一度「辛さは?」と聞かれましたww

聞こえなかったのかなと、もう一度辛口でお願いしましたw

僕の声は通る方だと思うんですが(^_^;)

出てきたダルバートは写真のとおり。
ダルバートっぽくありません(^_^;)

味は悪くなかったですよ。
普通に北インドの味です。
可もなく不可もなくです。

サグがあるだけ多少ダルバート気分ですね。
ネパール系のお店でもダルバート無いお店が多いですから、それに比べれば多少のこだわりはあるのでしょう。
しかし「多少」なわけです。

食べているとセットに含まれていないはずのラッシーも持って来てくれました。
サービスのようですね。

食後にはセットに含まれるチャイも出てきました。

海外の方ながら笑顔の接客ですし、やる気はありそうなのですが、何かとちぐはぐな印象を受けました。
悪くはないですよ。

評価:★★☆

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード