FC2ブログ

カレー日記



落合「秀山」カレー南ばんそば


カレー蕎麦と言えば、蕎麦の通と呼ばれる方からは邪道扱いされてしまう事が少なからずあります。

確かに蕎麦の香りを味わうには、カレーは少々強すぎます。
蕎麦が負けてしまうんですよね。

しかし、カレー蕎麦を色々と食べ比べてみると、時折カレーに負けない蕎麦というのがあるんです。
蕎麦の香りがむしろスパイス的役割を果たしていて、深みのあるカレーになっているという、絶妙のバランスで出来上がったカレー蕎麦というのがたまにあり、それと出会うと嬉しくなります。

こちらのお店はそれでした。

手打ち蕎麦は所謂田舎蕎麦的で、しっかりと蕎麦の香りがし、カレーに負けていません。
カレーはカレー粉ですが、出汁もよく取れていてカレーに深みを与えています。

蕎麦とカレーと出汁のバランスが良いんです。

具は豚肉と玉葱。
薬味で長葱。

シンプルですが、だからこその美味しさです。

食べ比べてみないとわからない普通さかもしれませんが、食べ比べると確かに違う普通でありながら普通を超えた美味したのカレーそばでした。

評価:★★★☆

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



渋谷「ネパリコ」ダルバート ノンベジ(マトン)


久しぶりのネパリコ。
1年ぶりくらいでしょうか。

できてから暫くはちょいちょい通っていたものの、場所が渋谷エリアでも縁の無い方面なのでなかなか行けず。

今回はお世話になっている人と一緒だったので確実に美味しいお店という事で、こちらに行きました。

久しぶりのネパリコはメニューが多少増えていました。
減っているものもありましたが、プラスマイナスで考えれば確実に増えています。

いつものダルバートと単品でチョタモリとモモをオーダーしました。

モモは安定の美味しさ。
チョタモリはネパール風ピザと書いてあったのですが、チーズを使っているわけではないので、そのようなものを期待するとちょっと違和感ありますね。

ダルバートはノンベジだと+100円でチキンをマトンに変えられるようになっていたので、マトンにしてみました。

このマトン、美味しいです。
辛さはネパリコらしく控えめながら、マトンがしっかり煮こまれていて滋味がしっかりと味わえます。

ダルスープもタルカリも相変わらずの美味しさ。
しかし、ペーストタイプのアチャールが以前は器に入っていたのが皿に直置きになっていたのと、ご飯のおかわりOKがメニューに無くなっていたのが少々気になりました。

ダルスープは相変わらずおかわりOKと書いてあったものの、以前はダルスープとライスがおかわりOKと書いてあったはずなんですがライスはどうなったんでしょうかね。

足りなかったら頼んでみようかと思いつつ、お店が非常に忙しそうだったので聞くタイミングを逸してしまいました。

久しぶりに行ってみて思ったのは、相変わらず美味しいのだけれど、人気店となってしまったからこそ以前良かった部分が失われている部分が否めないという事です。

以前は接客も丁寧だったのですが、今はかなり大きな声で呼んでも気付かれない場合もあります。
頼んだものがなかなか出てこない等、繁盛店には仕方のない部分ではあると思うのですが、以前が良かっただけにどうしても比べてしまいますね。

と言っても相変わらずの名店である事は間違いないわけですが、以前よりも少々評価を落ち着かせたいと思います。

評価:★★★☆

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



中井「ぺいざん」カツカレー


漫画家の赤塚不二夫先生が常連だったという洋食屋さんです。

街の洋食屋という雰囲気で、メニューも定食的に味噌汁ついたりと家庭的なのですが、要所要所ちゃんとプロの技を感じます。

家庭料理の良さとレストラン料理の良さがバランス良く融合した味なんです。

カツカレーは薄めに切ったポークにサクサクとした衣がついた揚げたて。
カレーは小麦粉とカレー粉のカレーながら、ビーフの薄切りがたっぷりと入っていて肉の旨味がしっかり出ていて美味しいです。
平均よりも少し辛めに仕上げてあるのも良いですね。

ポークカツにポークカレーだと味が単調になりがちなのですが、こちらはポークカツにビーフカレーなので味も飽きずに食べられます。

これが通常850円。
それでも十分満足なのですが、月曜日は数量限定でビーフカレー300円になるそうです。
カツも300円でトッピングできるので、つまり月曜はカツカレーが600円と。
これは実にお得ですよ。

また月曜日に行って他のトッピングのカレーを食べてみたいと思います。

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



恵比寿「カレーライス協会」カレーライス


恵比寿ガーデンプレイスの近くにある謎のカレー屋さんです。

メニューは一種類のみなので、入れば自動的に出てきます。
と言ってもまず入るまでが大変w

重厚すぎる扉が開いていない事も多く、やっているのかいないのかもわかりませんw
とにかく独特の雰囲気に、いきなり心折れる人も少なからずいるでしょうw

しかし一食の価値はあるカレーなので勇気を出して入ってみてください。

と言ってもカレー自体は普通ですw
普通じゃないのは一緒に出てくる野菜。

写真奥に見えるのがそれなのですが、これ、めちゃめちゃ大きいんです。
カレーのお皿も大きいので小さく見えますが、これが一人分なの?と思うくらいに大きいです。

ニンジン、ピーマン、茄子、オクラ、プチトマト、ししとう、ブロッコリー、ズッキーニ、エリンギ、さつまいも等々、沢山の野菜がたっぷり煮てあるスープのような感じです。
ただ、煮すぎてはいないのでフレッシュ感はそのまま。

野菜だけじゃなく手羽元とゆで卵も入っているので、この温野菜スープ的なものだけでお腹いっぱいになりますw

それを時にはそれだけ、時にはカレーと合わせて食べるのがこちらの楽しみ方。

これにヨーグルトとチャイもついて1500円。

と思いきや、さらにサービスでフルーツまでw



メロンが出てきましたw

これもついて1500円ならお得ですね。

ご主人も独特の雰囲気の方で、話し込んだら色々な面白いお話を聴かせてくれそうな雰囲気。
実際ここの常連である僕の友達から聴くに、かなり面白いそうです。

また、カレールーはおかわりも可能なようです。

飛び抜けて美味しいというタイプではないものの、かなり面白いお店なのは間違いないので、行って損無しですね。

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



門前仲町「サムンドラ」カレーライス(マトン、野菜)


インドネパール料理を中心とした、タイやらベトナムやら何でもありの、最近よくあるタイプのアジア料理屋さんです。

ランチで行ったのですが、ランチの2つ以上のカレーがついてナン食べ放題なセットのカレーは基本的に選択不可でした。

しかしダブルカレーライス的なもののカレーは選択可との事だったのでそれにして、マトン辛口と野菜普通を選びました。

野菜もマトンも普通に美味しいです。
スパイス使いや味付けに関しては特に無いのですが、マトンがしっかりと煮込まれていて柔らかく、これは嬉しい誤算でしたw

これにサラダとドリンクがついて750円なら安いですね。

ナン食べ放題セットだと800円から1000円超えするので、ナンに思い入れの無い方はこちらで十分かと思います。

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



不動前「びすとろ もちゴリラ」マウンテンもちゴリラ全部乗せcurry


不動前駅と大崎広小路駅の中間くらいの場所にあります。
山手通りと首都高の交差するあたりの大通り沿いなんで、場所はわかりやすいですね。

こちらのお店、カツレツon the curryが売りという事ですが、とんかつではなくカツレツという所がポイントです。
イタリアン的な手法の、フライではなくソテー的な揚げ焼きなので、ポークカツながら口当たりが軽いのが良いです。

この全部乗せカレーは、他にラタトゥイユカレーと野菜カレーもついてきます。

ラタトゥイユカレーはイタリアとインドの融合。
イタリアはほとんどカレーを食べる習慣が無いと聞きますが、日本のイタリア料理店にはカレーを出すお店が少なからずあり、どこもなかなか美味しかったりするので本来は相性が良いのでしょう。
こちらも相性バッチリの美味しい野菜キーマでした。

そして野菜カレー。
こちらも面白いです。
インドカレーとスープカレーの中間的なカレーで、サラサラしたスパイシーなカレーです。
カツにドバっとかけてしまうと、カツのサクサク感が失われてしまうのですが、もともとこちらのカツはとんかつではなくカツレツなので、サクサク感が重要というわけではありません。
ドバっとかけてしまっても良いですよ。
もちろんスープカレー的にご飯とカツを浸しながら食べても良し。

とにかく美味しいです。

これだけ色々ついて1480円なら安いですね。
カツカレーも大好きな僕ですが、そんな僕の好きなカツカレーランキングでもトップ5入りは確実です。

ちなみにビストロとありますが、夜でもお酒飲まない食事のみでも問題ありません。

ちなみに「もちゴリラ」の由来ですが、こちらのシェフのニックネームのようです。
もち肌のゴリラ的マッチョマンだから「もちゴリラ」なんだそうですw

キワモノ的店名ですがw、実力派の名店でした。

評価:★★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



高田馬場「鶏勝」鶏唐揚カレーソース


さかえ通りにある焼き鳥のお店ですが、ランチタイムは揚げ物中心で値段も500円から600円と、かなりお得な価格で食べられます。

レギュラーメニューにカレーはありませんが、日替わりで時々カレーをやっています。

普通にカレーライスもあるのですが、この日は鶏唐揚カレーソースの定食でした。

サクっと揚げられた鶏唐揚げに、カレーソースというか、鶏そぼろの和風カレーがかかっていて、思っていた以上にカレー感がありましたw

これにたっぷりキャベツと揚げ置きポテトフライ、ポテトサラダに冷たいナポリタン、ご飯と味噌汁がついて500円。

ポテトフライは揚げ置きなので冷めちゃってましたし、ナポリタンも作っておいて冷蔵庫で保管してある感じのもので冷たいですし、味噌汁も少々ぬるい気がしたので、色々とアレですが、それ差し引きしても安いですね。

唐揚げは揚げたて、カレーソースもちゃんと温かかったので良しとしましょうw

評価:★★☆

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



西早稲田「トゥンテン」WAKU WAKU ランチセット


早稲田通り沿いにあるタイ料理屋さんです。
割りと新し目のお店で、店内も非常に綺麗でした。

ランチは850円から1000円くらいの価格帯で色々なメニューがありました。

色々食べられる1000円のセットを注文しました。

グリーンカレー、ガパオ、スープ、ヤムウンセン、生春巻、ジャスミンライス、タピオカココナッツミルク、ドリンクがついて1000円です。

なかなかお得ですね。

それぞれちゃんとタイの味で、しっかり作ってあるのがわかります。

ただ、僕にとって最も重要なグリーンカレーの味が、残念ながら好みの方向性ではありませんでした。

辛さも香りも弱いんです。
日本人向けにしてあるのかな?とも思ったのですが、他の料理はしっかり辛かったりするので、これだけ好みに合わなかったという事でしょう。

他はちゃんと普通に美味しかったので、メニューの当たり外れは多少あるものの、トータルで考えれば悪くないお店だと思います。

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



新宿三丁目「スアータイ」ゲーンキョワーン


個人的に好きなバーンキラオの系列のお店です。
こちらは全席座敷。

雑然としたバーンキラオよりも落ち着いています。
ただ、バーンキラオに比べると少々メニューは少ないですね。

味もバーンキラオに比べるとちょっとだけ上品です。

鶏肉、茄子、ピーマンのグリーンカレーはライスつきで980円という安さは流石。

味もこの値段を考えれば十分美味しいです。

個人的にはバーンキラオの方が好きですが、こちらはこちらで座敷という魅力もあります。
あとは好みで使い分ければ良いと思います。

評価:★★★☆

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



神保町「丸香」肉カレーうどん、野菜天


讃岐うどんの名店です。

早いです。美味いです。安いです。

牛丼ひとすじの某店ではありませんがw
とにかくこちらも早くて美味しくて安いんですよ。

人気店なので並んでいる事も日常茶飯事ですが、とにかく回転が良いので意外と早く入れます。
そして入って席についてからの商品提供が素早い。
これは人気店ならではの工夫ですね。

カレーは冬限定メニューですが、冬になると食べたくなる味です。

今年はカレーうどん、肉カレーうどん、釜玉カレーうどんがありました。

一番高価な肉カレーうどんでも680円です。
それでいてそんじょそこらのカレーうどん専門店以上の美味しさなのだから素晴らしいですよ。

奥深い味のカレーに甘辛い牛肉が合うんですよね。
たっぷりの葱も嬉しいです。

天ぷらは昼時等の混雑時には揚げ置きだったりするのですが、とにかく回転が良いので冷めていたりする事はありません。

この野菜天も、玉葱、茄子、かぼちゃの3品で180円という安さですから文句はありません。
タイミング良く揚げたてで出てきたらそりゃぁもうですw

喉越し最高のうどんに、マニアでも納得のカレー。
やはり名店です。

評価:★★★☆

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード