FC2ブログ

カレー日記



末広町「カレーのるぅぷ」ランチバイキング


カレー女子るりかさんの作るカレーが食べ放題のるぅぷ。
2013年7月現在、岩本町の人気スープカレー店カムイとのコラボ開催中です!

るぅぷはるりかさんの作る2種類のカレーとトッピング等が食べ放題なのですが、コラボ期間はそのうち1種類がカムイ直伝のスープカレー。

カムイのシェフ諸橋さんがこの為に特別にるりかさんにレシピを伝授したんだそうです。
ちなみにカムイのスープカレーとは味が違う、オリジナルの味です。

実はその試作品を先日るぅぷに行った際に試食させていただいたんですが、今回のスープカレーはそれとはまた少し違う美味しさになっていました。
やはりカレーは同じレシピで作っても作った人が変わると味が変わりますね。
いずれにしても美味しいです!

そして今日のもう一種類のカレーは、前回とはまた違ってトマトベースのカレーでした。
これも美味しい!
るりかさん、着実にレベルアップしているじゃないですか!
素晴らしい!

コラボは7月26日までだそうです。
カムイファンの方も、カレー女子好きな方も、これを機に行ってみてはいかがでしょうか。

評価:★★★☆

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



麻布十番「カシュク」コンビネーションカレー(ビーフ、ヤサイ)


欧風カレーの名店にも引けをとらない味と、リーズナブルな価格設定、そしてトルコ料理を中心とした地中海料理も食べられるという面白いお店カシュク。

久々にランチで行ってきました。
本当は夜のコースがお得すぎて大好きなんですけどね。

しかしランチはランチでお得です。

コンビネーションカレーは2種類の具材を選び、トッピングもひとつ選べて1100円。
2種類ではなく1種類なら880円です。

ベースのルーは同じなので、1種類でも良いかもしれませんが、久々に来たのでせっかくだから2種盛りでビーフとヤサイをセレクトしました。
トッピングはチーズで。

ビーフは欧風らしく深い味わい。
ヤサイはインゲン、パプリカ、キャベツ、椎茸等を茹でたものでしょうか。

チーズはご飯の上に乗っていました。

普通サイズでオーダーするとご飯の量が少々足りないかなと思われますが、大盛りオーダーも無料です。

一緒についてくるサラダも独特の香ばしさを感じるドレッシングで面白いし、カレーは安定感ある味ですし、お店の雰囲気も相変わらず良いです。

やはり名店。欧風カレーお好きな方にはおすすめです!

評価:★★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



東銀座「ニューキャッスル」大森


銀座の老舗カレー店として長年愛されてきたニューキャッスル。
建物の老朽化による閉店は、多くのファンを悲しませました。

しかし、この味を守りたい!という青年の登場により、場所を変えて復活しました!
いやーめでたい!

新店舗は旧店舗からまっすぐ南に下って徒歩5分以内の立地。
地下に入っていくと、ニューニューキャッスルがありますw

大森をオーダーすると「あまり多くありませんが…」と言われましたが、もちろん知ってますよ。

実は別の場所でカレーを食べた後、デザートを食べようと思ってふらふらしていたら、偶然この新店舗を発見したんですw
デザートもカレーで良いか!と入った次第でしてw

沢山食べたい方は蒲田以上でオーダーしましょう。

ツンと来た後にまろやかさが広がる、肉無しの独特の味は健在。
味は守られました!

銀座名物としてこれからも永遠に続いていって欲しいお店です。

評価:★★★☆

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



銀座一丁目「バニュルス」男カレー


スペイン系バルのお店ですが、ランチはフォンドボーカレーが売りで、人気のお店です。
銀座エリアでは破格の500円からカレーが食べられるのですから人気も頷けます。

今回は650円の男カレーをオーダーしました。
フォンドボーカレーをベースに、イカ墨でコクを出した黒カレー。
ミニハンバーグもトッピングしてあります。

食べてみればイカ墨のコクが程良く、フォンドボーの旨味も感じる、なかなか美味しいカレーでした。
ミニバーグはかなりミニサイズで、豚肉だったのですが、このカレーには合いますね。
フライドオニオンもこのカレーに合います。




ミニサラダ


ミニサラダがたったの50円というので、これも頼んでみたのですが、シンプルながらも50円でこれはお得です。

銀座はカレー激戦区なので、味だけで言えばもっと美味しいお店はありますが、値段の安さで言えば銀座トップクラスのお店です。
日曜も営業しているのがまた嬉しいお店です。

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



神奈川 横浜「新嘉坡鶏飯」グリーンカレー


横浜駅ビル地下にあるフードコート的な場所にあるシンガポールチキンライスのお店です。
チキンライスのみならず、タイ風のカレーもあったのでそれを頼みました。

ベルを渡され席で待ちます。
暫くして鳴ったら取りに行くセルフサービスです。

グリーンカレーは確かにタイ系。
ライスがチキンで炊いたライスであり、このスタイルのタイカレーを出すお店、都内にもいくつかありますがどこも美味しいんですよね。

こちらもやはり美味しかったです。
もちろん本格的タイ料理店のカレーにはかないませんが、場所を考えれば十分の出来栄えでしょう。

量は少なめですが値段もその分安め。
フードコートでこれだけちゃんとしたものが食べられるなら、かなりお得だと思います。

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



神田「七條」和牛バラ肉のビーフカレー


かつて神保町にあった洋食店七條。
確かな腕と、その割にお手頃価格で非常に人気があったお店でしたが、いつの間にか閉店。
残念に思っていたら、神田に移転してオープンしていたんですね。

神田のお店は神保町よりも新しい分洗練されているというか、以前よりも明るい印象です。

ランチはビーフカレーが1000円。
サラダとスープもつきます。

このビーフカレー、野菜の繊維を感じるルーで、洋食系によくある小麦粉でもったりしたルーでも無ければ、さらさら黒カレーでもなく、それでいて洋食レストランにしか無いような味。
非常に美味しいホテルカレーというような感じとも言えるでしょうか。

牛肉の旨みもしっかりと出ていて、肉自体柔らかく煮込まれています。
これで1000円はお得ですね。




海老フライ


そして七條に来たら、やはり海老フライも食べたくなります。
1本300円で頼めるんですから。

まっすぐしっかりと揚げられた海老フライ。
タルタルソースがよく合います。

カレーと合わせても1300円ですよ。

これが高級ホテルで頼んだとしたら、合わせて3000円くらいしそうです。

確かな腕とお手頃価格。
健在どころか、さらに磨きがかかったような気がします。

評価:★★★☆

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



青山一丁目「ポンディシェリ」ノンベジミールス(マトン)


青山一丁目から乃木坂へ向かう道にある南インド料理店です。
このエリア、ココ壱やらサムラートやら実之和やら、カレー関係のお店が多いですね。

こちらポンディシェリはムンバイ系列の南インド料理という事で、基本のミールスを頼みました。
ノンベジはメインのカレーをひとつセレクトという事で、マトンで。

しかしそのセレクトの中にバターチキンがあったり、ライスはデフォルトでもう一つの主食がプーリかナンを選ぶスタイルなのですが、これ見る限り本格的南インドではないようですね。

少々心配になりながら出てきたミールス。
ライスは日本米のサフランライスで、量もカトゥーリで成型したものだったので少ないです。
おかわり自由というわけでもないようで。

んー。。。

食べてみれば流石はムンバイ系だけあって押さえるべきところは押さえてある、美味しいカレーでした。
サンバルとラッサムもついていたのですが、ラッサムはまあまあ。
サンバルはあんまりサンバルっぽくなかったですね。ラッサム風サンバルと言いますか。
つまりは味が似ていました。これはちょっと微妙です。

本格的な南インド料理を期待しなければ十分美味しいと思います。
しかし、期待しすぎると軽く肩すかしをくらってしまうかもしれません。

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



参宮橋「ラ・セゾン」揚げカレーパン、スパイシー焼きカレーパン


参宮橋のお洒落なパン屋さんです。

カレーパンは揚げタイプとスパイシーな焼きタイプがありました。

揚げタイプはパン粉ではなく、賽の目切りにしたパンを衣にして揚げてあり、面白いですね。
カレーもよくある普通のカレーパンのカレーではなく、玉ねぎをしっか炒めて作った、カレーを作る為にしっかり時間がかかっている手の込んだカレーで好感持てます。

スパイシー焼きタイプの方のカレーにはパプリカなんかも入っていて、値段がちょっと高くなる分ゴージャスにもなっていました。

お値段はそれぞれ180円と280円だったかな。
少々高めではありますが、その分以上に味も良いので満足できました。

評価:★★★☆

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



中野「味王」咖哩魚塊 白身魚のココナッツカレー風味


中野駅北口の飲み屋街にある中華料理店です。
こちらにカレー味の料理があると聞いて行ってみました。

カレー的には、海老、野菜、白身魚の、それぞれココナッツカレー風味、炒めというラインナップ。
白身魚にしてみました。

食べてみるとココナッツ感はあまりありません。
しかし確かにカレー味。
白身魚に衣つけて揚げたものを、カレーと各種調味料で炒め合わせたものです。

お酒のおつまみにもなりそうですし、おかずとしても良いですね。




南印炒麺 南インド風焼きそば


もう一つ実に気になるメニューがあったので頼みました。
南インド風焼きそばです。

しかしこれ、食べてみてがっかり。
南インドらしさが全然無いんです(^_^;)

南インドらしさを探すなら、トマトと玉葱を使っている事くらいでしょうか(^_^;)
しかしトマトと玉葱は南インドのみならず北インドでもよく使いますし、なんならイタリアでも使うでしょう。

この焼きそば自体、何故かケチャップ味だったので、出来損ないのナポリタンという感じでもありました(^_^;)

不味いわけではありません。
しかしこれのどこが南インドなのでしょう?

よくわかりません。

しかし全体的に値段が安めであり、味そのものが悪いわけではないので、メニューの選び方を間違えなければ使い勝手は悪くないお店だと思います。

評価:★★☆

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



高田馬場「カヴァロ」カヴァロランチ(炙りチーズキーマカレー)


早稲田通り沿いにあるイタリア料理店です。

ランチのメニューはパスタとカレーがメイン。
カレーは炙りチーズキーマカレーのみですが、単品でそのカレーと、それにチキンの香草焼き、ドリンク、デザートのついたカヴァロランチがありました。

カヴァロランチはカレーかパスタかセレクト可能です。

当然カレーにして、このカヴァロランチを注文。

カレーはイタリアンのミートソース的なカレーです。
予想通りの味でしたが、予想通りに美味しいというか、驚きこそ無いものの、思っていたものが食べられた満足感はありました。

チキンは様々なきのこと一緒に焼いてあり、薄味ですが皮はパリっと、肉はジューシーで、なかなかです。

これで1000円はなかなか良いと思います。

通常のランチは800円程度から。
どのランチもサラダとスープはつくようです。

新しいお店という事もあり、店内は実に綺麗で明るく、接客も爽やかでした。
カレーはランチ限定メニューだそうですが、お店の雰囲気も良かったので、またランチに行ってみたいですね。

ディナーでもこのカレーをソースにしたパスタとかがあれば良いのに!

と、お店への希望を書いて筆を置きますw

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード