FC2ブログ

カレー日記



大阪 堺筋本町「辛来飯」チキンカレー


辛来飯と言えば、東京なら銀座ニューキャッスルの辛来飯(カライライス)。
大阪ならこちら堺筋本町の辛来飯(カーライス)。

両者には何の関係もありません。
味も全然違います。
恐らく洒落っ気があるという事と、その洒落のセンスが近かったという事でしょう。

こちらカーライスは大阪のおっちゃんおばちゃんお二人で営んでいるカレーライス専門店。
夜はおつまみやお酒なんかも充実しているようです。
特筆すべきは営業時間。
朝9時からやってるんです。

というわけで朝一で行ってみました。

カレールーは1種類で、甘口か辛口か選べます。

辛口でチキンカレーを頼みました。
チキンが普通に入っているカレーと思いきや、写真見ての通り違いますw
素揚げチューリップなんですね。
大阪の串カツ屋さんに行くとこのスタイルが時々あるんですが、まさしくそれで、実に大阪らしくて良いじゃないですか。

ご飯も多く、チキンも沢山乗っている割にカレールーが少なめかな?と思ったものの、おばちゃんが「ルーのおかわりできるから言ってな!」と。

良いですね。
この気さくな感じ。
実に良い意味で気さくなんです。

カレーの味もなかなか。
牛すじで取ったと思われるグレービーというよりダシですねw この牛すじのダシというか旨味がしっかり感じられるカレー。
辛さもただ辛いだけでなく、しっかりスパイシーで、カレー粉由来ではあるものの、それにひと工夫しているのかな?と思わせる深さが感じられました。

ルーおかわりをお願いすると、最初よりもたっぷりとルーを入れてくれましたw

店内も阪神タイガースの旗が飾られていたり、おっちゃんおばちゃんのトークも実に関西的だったり、気に入りました。

780円という値段はカレースタンドとしては高いかなと思っていたのですが、このクオリティでおかわりもできるのならむしろ安いです。

しかもお会計の際、1000円出すと、「はいじゃぁこれおまけね、そのかわりまた来てなー!」と、多めにお釣りをくれました。
嬉しいなぁ。

東京在住なのでそうそう通えないんですが、またいつかきっと行きますね!

評価:★★★☆

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



大阪 日本橋「シンズキッチン」マトンビリヤニランチ


昼に行きたかったカレー屋さんが臨時休業。仕方なく違う店でカレーを食べたもののイマイチ納得いかず。
このまま夜の仕事に入るにはテンションが上がらない。
少し時間ができたので、お腹は空いていなかったものの夕方に突撃してきました。

ちょうど日曜日だったので、土日限定のビリヤニが食べられるという事で。

しかしまた臨時休業だったりビリヤニが無かったりしたら余計に落ち込みます。
念の為電話しました。

しかし店員さんが日本語が得意ではないようで、会話が成立せず(^_^;)

こうなったらダメ元で行ってみようとたどり着いたお店。
入口からなんだか少々ディープというか、怪しい雰囲気ですw

これインド料理店慣れしてない人にはちょっと入りにくいんじゃないかと思うくらい。

店内入ってみると夕方だというのに満席。
あれれ、時間も無いしこれはダメなパターンか?と思いきや、奥にも席があるという事で案内された奥の部屋。

怪しい!w
ブラックライトに照らされ、部屋の奥にはDJブースがあり、大音量で音楽がかかっています。
インドっぽくもあればトランスっぽくもあり。
インドのトランスなのかな?

そしてその部屋には欧米系の外国人4人客が水タバコを吸っているではないですかwww

とことんディープな空間だなw
でも、こういうの好きですw

店員さん、水を持ってくるに「キョウ、ビリヤニアルヨ」と。
やはりイチ押しなんでしょうね。

「ではビリヤニで」とオーダーしました。
良かったちゃんとあってw

まずはトマトのスープが出てきました。
なかなか美味しいです。

そして出てきたビリヤニ。
日曜だったのでマトンです。
食べてみればこれが本格的なハイデラバードマトンビリヤニ!

バスマティライスの炊き具合と良い、スパイス加減と良い、マトンの味、柔らかさ、どれを取っても一級品!
東京でもこのレベルのビリヤニにはなかなか出会えません。

しかも一緒についてくるカレーが、グレービーかと思いきやしっかりチキン入りの濃厚チキンカレーなんですから。
ライタはさらさら系で、これもまた良し。

ビリヤニにライタかけて食べ、チキンカレーかけて食べ、そのまま食べ、全部合わせて食べ、どのように食べても美味しいです。

しかもドリンクまでサービスしてくれました。
ラッシーを頼んだのですが、このラッシーがまた良い感じに濃厚で美味しくて、この店でちゃんと仕込んであるラッシーなのがわかりました。

これで1000円はお得すぎますね。

あまりお腹が空いてなかったのにも関わらず、ペロリと平らげる事ができるくらいに美味しかったです。
お店の怪しさが好き嫌い分かれるかもしれませんが、味は抜群。
また行きたいお店ができました。

評価:★★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



大阪 肥後橋「シダラタ」Bランチ(野菜、ほうれん草シーフード)


今回の大阪で一番行きたかったお店に行ったら臨時休業。
せっかくそれだけの為に仕事の合間の少しの時間を使ってタクシー使って行ったのに。。。
まぁよくある事です(^_^;)
仕方なく近くのカレー屋さんを探して見つけたのがこちら。

ネパール人によるインド料理のお店です。

ランチのカレー2種、サラダ、チキンティッカ、ナンと小ライス、ドリンクがつくセットを頼みました。
カレーは野菜と日替わりのほうれん草シーフードをチョイス。
ドリンクはバナナラッシーを選びました。バナナラッシーがあるのはなかなか珍しいし、面白いですね。

カレーもサラダのドレッシングもチキンティッカもナンも、どれもネパール系インド料理のお店のごくごく平均的な味とクオリティでした。
特筆すべき点はありません。
良くも悪くも普通です。

しかしこれで850円というのは安い方だと思います。

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



大阪 梅田「ミンガス」三元豚のロースカツカレー(モーニングセット)


梅田駅の地下にあるカレースタンドです。
朝から営業しているのが嬉しいですね。
平日なら7:30から、日曜祝日でも8:00から営業という素晴らしさ。
朝からカレーを食べたい僕のような人間にはそれだけで嬉しいお店です。

しかも11:00まではモーニングサービスという事で、味噌汁、温玉、キャベツの漬物がつくのだからお得です。

今回はカツカレーを頼んでみました。
値段は700円台と、カレースタンドとしては少々高めですが、これだけ色々つくなら妥当かなと思います。

カレーも意外にも辛目の味付けであり、野菜をちゃんと使っていてもったりしすぎていない、この店オリジナルの味を出せているので、色々つかなくてもこの値段でちょうど良いくらいかなと思われます。
つまり色々つく朝は特にお得だという事ですね。

大阪のカレースタンドはレベルが高いですね。

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



大阪 長堀橋「辛激屋」ビーフカレー(小盛)


カウンターのみのカレーライス専門店です。

ルーは主に欧風に近いビーフと、さらさらタイプのチキンがあるようです。
僕はビーフを食べました。

インデアンカレーに代表される甘くて辛い大阪カレーライスと、欧風カレーのちょうど間くらいのバランス感の味は奥深く、ご飯に合うカレーと言えるでしょう。
牛肉もホロホロに崩れる直前までしっかり煮込まれており、その肉の旨味がカレーにも行き渡っていますし、具としてもたっぷり入るので食べごたえがあります。

通常700円ですが小盛にすると600円でした。
欧風カレーと考えるとかなり安いですね。

小だとご飯の量がかなり少ないですが、ルーと肉は十分にあるので、炭水化物減らすダイエットをしている方や、そこまでお腹すいてないけどちょこっとカレー食べたいという方に良いですね。

僕はこの時、そこまでお腹すいてないけどちょっと食べたいという気分だったので小にしたのですが、美味しかったので普通盛りでも良かったかなと思ったくらいです。

東京在住なのでなかなか行けませんが、いずれもうひとつのさらさらスパイシーなチキンも食べてみたいです。

評価:★★★☆

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



大阪 心斎橋「カレイヤー」2種あいがけ(豚挽き肉と季節の野菜のカリー、チキンカリー)


大阪在住の友人から勧められていたお店です。
カレー屋とスレイヤーをかけて「カレイヤー」。何と大阪らしい名づけ方なのでしょうかw

スレイヤーというのはヘヴィメタルバンドで、ヘヴィメタルの中でもスラッシュメタルというジャンルがあり、簡単に言えばテンポの早いヘヴィメタルなのですが、そのスラッシュメタル四天王の1つに数えられるのがスレイヤーというバンドです。
ベースボーカルのトム・アラヤの歌唱法が独特で、HIP HOP界にもファンが多かったり、後のミクスチャーシーンへ影響を与えたとも言われています。

音楽の話はさておきw、カレーです。
このカレーが実に本格的。

最近流行のスパイシーなカレーライスというスタイルで、僕好みの方向性でした。

2種あいがけで豚挽き肉と季節の野菜のカリーとチキンカリーを選んだのですが、挽肉と野菜の方は酸味が特徴のある面白くもちゃんと美味しい味。
スパイスもしっかりきいています。

そしてチキンはスリランカ風。
ココナッツミルクを使っているものの甘すぎず、スリランカカレーとしてもなかなかのクオリティです。

2種あいがけと言っても別皿で出してくれるのがまた心憎いですね。

これで1050円はお得です。



サラダ

しかもサラダが50円で食べられます。
実にシンプルなサラダですが、50円なら文句ありません。

合わせても1100円。
ふざけた名前ですが本気のカレーでした。

ちなみに辛さを選べて、マイルド、ホット、ベリーホットとあるのですが、その上の一番辛いのが「エンジェル・
オブ・デス」www
スレイヤーの名曲の名前ですw

こういうふざけ方はとても好きですw

評価:★★★☆

看板も最高にふざけてますw
メタル好きでカレー好きな方は是非行ってみてください。
店内BGMもスレイヤーのみでしたし、他にもクスっとなってしまう演出盛りだくさんでしたw

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



静岡 浜松SA「ハースブラウン」牛すじカレーパン


最近のサービスエリアはグルメが充実していますね。
特にパン屋さんは美味しいお店が多く、下手な街のパン屋さんよりよっぽどクオリティが高いと感じる事も少なくありません。

こちら浜松SAに入っているハースブラウンというパン屋さんも、なかなかのクオリティ。

カレーパンが美味しいパン屋さんの特徴として、カレーパンだけで何種類もあるというのがあげられるのですが、こちらは3種類カレーパンがありました。
その中で牛すじカレーパンを購入。
車内で食べてみました。

カレーがちゃんとオリジナリティあるカレーで、パンに合うように作られたコクのあるカレーでした。
このコクは牛すじから出てるのでしょう。

運転中小腹が減った時なんか良いかもしれません。
がっつり食べるとその後眠くなったりしちゃいますから。

と言っても、僕は車の免許持っていないんですけれどもね(^_^;)

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



下北沢「キッチン南海」串カツカレー


キッチン南海数あれど、これだけお店の広さが狭いというか小さい南海に入ったのは初めてです。
暖簾分けスタイルの南海の中でもかなり老舗な下北沢店。

カウンターのみで、手前に人がいた場合は奥に行く際にお互いに避けないとぶつかるような狭さです。

しかしそのようなところで肩寄せ合って食べるのもたまには良いじゃないですか。
何しろここは南海ですからね。
気取った洋食ではなく、庶民の洋食です。

南海と言えばカツカレーですが、こちらには串カツカレーがあったのでそれを頼んでみました。

他でも昔は食べる事ができた串カツカレーですが、今それがある南海は珍しいので。

マスターも長老クラスですが現役感がしっかりあります。
カッコ良いですね。

出てきたカツカレーは他の南海に比べると少し小さめ。

カレーの色も茶色系なので、本店神保町のスタイルとは少し違います。
駒場とか東池袋に近いスタイルです。

味は昔ながらの洋食のカレーの味でなかなか良いです。
串カツが玉ねぎと鶏肉だったのが意外でしたが、これはこれで合いますね。

マスターの体力と気力が持つ限り、頑張って続けて行って欲しい南海でした。

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



巣鴨新田「あかね」カツカレー


渋い渋い、実に渋い洋食屋さんです。
狭い店内、時代と時間を感じさせる調度品と店員さん(^_^;)

老夫婦らしきお二人での経営です。
はじめ奥さんしかいなかったのですが、少しするとシェフの旦那さんが帰ってきました。
どうやら出前的な事もやっているようです。

メニューはハンバーグから揚げ物からカレーから、とにかく古き良き時代の洋食です。

カツカレーも大正昭和スタイルの銀皿で出てきます。

カレールーももったりしたカレー粉と小麦粉のカレーなのですが、肉もしっかり入っていて、深みもなかなかあり、これはこれで悪くないんですよ。
カツも揚げたてで揚げ具合も程良く、キャベツの千切りも乗っているのが良いです。

味の終着駅という、よくわからないキャッチコピーがついているお店なのですが、こういう渋いお店、最近では少なくなってきちゃっているので、可能な限り頑張っていって欲しいと思いました。

評価:★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

カレー日記



高田馬場「ロールハウス」チキンロール、ダルセット




ベジロール、ニンジンサラダ(カレー風味)セット




高田馬場のブックオフ斜め前に2013年9月にオープンしたカティロールのお店です。
カティロールとは、タンドリーチキンや野菜をスパイスで味付けたものをチャパティで巻いたインドの軽食です。

これ自体をメニューに置いてあるお店はいくつかありますが、これの専門店というのは珍しいですね。

メニューは基本的に2つ。
チキンロールとベジロール。

これにダルスープ、ニンジンサラダ(カレー味)がありセットにするとお得です。

また別でタンドリーチキン丼なんてのもありました。

まずはロールを2種類それぞれセットで。

チキンはヨーグルトとスパイスで焼かれたタンドリーチキン。
野菜もたっぷり入っていてヘルシーで美味しいです。
そしてダルスープもなかなか秀逸。
スパイス使いを少しだけカレーに寄せてありながら、ネパールのダルスープにも近く、ちょうど中間くらいという立ち位置の、他にありそうで無いダルスープで美味しかったです。

ベジロールは大豆ミートとアボカドと野菜のロールでした。
大豆ミートがカレー味になっているので、キーマっぽくもあり、こちらも野菜たっぷりで美味しいです。
むしろチキンよりもさらに美味しいかもしれません。
ニンジンサラダも程良くスパイシーで爽やかで美味しいです。

このセットが500円というのはなかなかお得ですよ。
13時くらいになると売り切れている事もあるので、早めに行く事をおすすめします。

評価:★★★☆

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード