FC2ブログ

カレー日記



神奈川 日ノ出町「J’s store」グリーンカレー


日ノ出町と伊勢佐木長者町の間くらいに位置するエリアは所謂夜の街としての側面も持っていて、タイ料理店も多いエリアです。
そんな中に24時間営業のタイ料理店があるという事で行ってきました。
食材店も兼ねているようですが、メインはレストランという感じでした。

朝の9時前に行ったのですが店内はほぼ満席。
需要あるんですねぇ。

しかしその中で朝食にタイ料理を食べようとしていたのは、恐らく僕ともう一組の初老夫婦らしきカップルのみ。
他は夜からずーっと飲んだまま朝になっちゃってて、まだ飲んでるというような方々w

見た目もサラリーマンとは思えないような方がほとんど。
濃すぎる世界ですw
僕もサラリーマンには見えないルックスなので、見事に溶け込んでしまったわけですがw

広くはない店内ですし、タイ人店員さんは料理に夢中で接客をするというわけにもいかない様子だったので空いている席に自然に座ったのですが、メニューを見ていると隣のオカマちゃんにいきなり声をかけられましたwww

タイと言えばオカマですよw
タイは性的に自由度の高い国であり、性転換したあり得ないレベルの美女もちょいちょい見かける国ですから。
タイ料理の店にオカマちゃんって、実に似合いますw
日本人の方でしたが、男性と一緒に来ていたにも関わらず、お酒が入っていたせいもあってか、僕の方にどんどん話しかけてきますw
しまいには軽く口説かれたりしてw
いやはや楽しいですねw

そういう世界が苦手な人には絶対ダメなお店でしょう。
しかし、そういうディープな世界が好きな人にはたまらなく面白いお店だと思います。
僕は当然後者ですw

あ、料理の事何も書かないまま終わろうとしてしまいましたw
料理も美味しかったですよ。
ローカルなタイの味でした。
カレーは量が多いという事もお知らせしておきます。

とにもかくにも、面白いお店ですね。
評価は真っ二つに分かれるかと思いますがw

評価:★★★☆

カレー日記



神奈川 伊勢佐木長者町「太源」カレーラーメン


伊勢佐木長者町で深夜まで営業しているラーメンとカレーのお店です。
行列店というわけではないのですが、カウンターのみの狭い店内はいつも賑わっています。

カレーとラーメンのお店という事で、ラーメンに茶碗カレーという選択肢もあったのですが、そこまでお腹が空いていなかったのでカレーラーメンをいただきました。

ラーメンにカレーをかけただけの単純なものなのですが、単純ではない美味しさの相乗効果が生まれていました。

普通この手のお店でカレーラーメンというと、素ラーメンにカレーをかけたスタイルである場合が多いです。
しかしこちらはちゃんとメンマもチャーシューも乗ったラーメンに、カレーをかけていて、それが良いんです。

チャーシューとカレーの相性の良さはわかると思いますが、メンマだって合うんです。

おそらくここのカレーとラーメン、それぞれ別で食べても美味しいとは思うんですが、それ以上にカレーラーメンとして食べた方が美味しくなっているタイプだと思います。
ラーメンは昔ながらの中華そばですし、カレーも昭和のカレーです。その合わせ方が絶妙であり、こちらのお店のラーメンとカレーの相性がまた良いからこその美味しさになっています。

ラーメン+カレーではなく、ラーメン×カレーになっているんですね。
よくあるカレーラーメンだと、ラーメン-具+カレー=カレーラーメンなんで、ラーメンを2、具を1、カレーを2とするならば、2-1+2=3の美味しさです。
しかしこちらは具を引かなくて良いので、2×2=4の美味しさになっているというわけです。

たった1の違いですが、それが重要なんですよ。

場所柄酔っぱらいのお客さんも来るようですが、そのあしらい方も見事でしたw
無視せず笑いを取る方向に変えちゃうなんて、大将、料理のみならずトークの腕もありますね!w
良いお店です。

評価:★★★☆

カレー日記



神奈川 大船「キュイエール」じっくり煮込んだとろとろビーフカレー


2014年の4月にオープンし、すぐにグルメの間で話題となり始めている欧風カレービストロです。
ディナータイムのオープン時間ちょっと後くらいに行ったのですが、既にほぼ満席の状態でした。

カレーの他にビストロ的単品メニューも色々とあり、気になったのですが、まずはカレーのみで。
欧風カレーのお店という事ですから、基本のビーフでお願いしました。

税別960円のビーフカレーという事で、都内の欧風カレーの相場から比べると安いです。

カレーのお店というよりはカジュアルなフレンチのお店というような、明るくお洒落な印象の店内。
接客も笑顔で丁寧で、待ち時間も苦になりません。

出てきたカレーは鉄鍋にビーフ一枚。
その上にマッシュポテト、にんじんが乗っていました。
ライスにもナッツやフライドオニオンが散らされていて、一工夫を怠っていないのが良いです。

食べてみれば確かに欧風。
濃厚フルーティーなんですが、重すぎない感じが実に良いです。
中目黒ムッシュヨースケや、二子玉川アッチャカーナに近い方向性を感じます。

スパイス感はそれほど強くありませんが、牛肉の旨味は十分以上に出ているので、このくらいのバランスがこのカレーには合っているかもしれません。

じゃがいももマッシュにしてあるからこその柔らかい口当たりであり、それがカレーと混ざるとまた良い意味でのマイルドさが奥深さにつながって美味しくなります。
とにかく随所にセンスの良さを感じるカレーでした。

また何人か引き連れて行って単品メニューも色々と試してみたいお店です。

評価:★★★★

カレー日記



神奈川 大船「テッコナ」まるごと!タマゴカレー


前々から気になっていたパン屋さんで、以前大船に行った時にもこちらに伺ったのですが、僕にとって肝心のカレーパンが無く残念な思いをしておりました。
今回もダメ元で行ってみたらありました!

その日その日でメニューが違うという事なので、あるかどうかは運ですね。
というわけで一期一会のカレーパン。
ゆで卵がまるまる一個入った焼きカレーパンでした。

食べてみるとカレーは玉ねぎベースのオリジナリティあるカレーで、よくあるカレーフィリングよりも確実に美味しいものでした。玉ねぎの甘味とスパイスの辛味のバランス感が良く、ヘルシーな美味しさなのが良いですね。

パン生地ももっちりしていて粉の風味が良く、確かにレベルの高い名店だと思います。
また大船に行った際にはカレーパンと出会えるかどうかチェックしに行きたいお店です。

評価:★★★☆

カレー日記



神奈川 逗子「スパイスツリー」ラムと青唐辛子、樹豆と野菜


湘南エリアには何故か美味しいカレー屋さんが多いのですが、そんな中でもトップクラスに美味しいお店と出会いました。
それがこちらです。
噂には聞いていたのでそれなりに期待はしていたのですが、その期待を上回るクオリティでした。

お昼の開店時刻に合わせて行ったのですが、ちょっと遅れてしまった事もあり、既に行列。
ファーストロットのお客さんが食べ終わるまで待たなくてはいけない状況でしたが、この為だけに東京からやってきたので当然待ちます(^^;)

結果、1時間程待ったのですが、暑い中外で待っていると店員さんが水を持ってきてくれたりと、心遣いも嬉しく、それほど長くは感じませんでした。

メニューは日替わりのようです。
まずラムと青唐辛子が気になったのでそちら。
そして、他のカレーも食べたかったので、カレーの追加をお願いできるかと聞いてみると、+500円でできるという事で、樹
豆と野菜もお願いしました。

実際はそれにダルのカレーもついてきたので3種盛りという豪華な仕様になりました。
ダルがついてくるのは知らなかったので、これはアナウンスが欲しかったですね。
さらにはライスの上にポリヤル的なものも3種類程乗っていました。
このあたりはメニューに書いておいてくれるともっとわかりやすいかと思いました。

食べてみるとどれもこれも美味しい!
ラムはしっかり辛さがあり、南インドスタイルに近いのですが、そこに独自性が感じられるものでした。
樹豆と野菜は南インドのサンバルのような感じの優しいカレーで、辛いラムとの相性も良く、ご飯にポリヤルごと全部混ぜて食べてみると、単品でも美味しいのが混ざるとさらに美味しさを増すミールスマジックも発動。

いやはや素晴らしいです。
日本人が作ったインド料理が実にうまくいってるパターンですね。
基本的には南インドスタイルでありながら、南インドのシェフが作る南インド味ではなく、日本人が作った味なんですよ。完全に良い意味で。

これは日本じゃないと食べられないある意味ハイブリッド南インド料理だと思います。

お店の雰囲気も湘南エリアに溶け込んでいて素敵だし、店員さんそれぞれの接客もみなさん素敵。
本当に素敵なお店ですね。

また折を見てこのお店のカレーを食べる為だけに東京から行きたいと思います\(^o^)/

評価:★★★★☆

カレー日記



江戸川橋「マナカマナ」えびキーマ(テイクアウト)


江戸川橋駅近くにあるネパール系インド料理店です。
茗荷谷のマナカマナと同系列でしょうか。

今回はランチタイムのテイクアウトで利用しました。
テイクアクトメニューは600円のセットと800円のセット。
カレーをセレクトするのですが、600円だとチキン、野菜、キーマ等。
800円の方にえびキーマなるものがあったのでそれにしてみました。
辛さは辛口、ライスかナンを選ぶのですがライスで。

待っている間にラッシーをサービスしてくれました。
嬉しいですね。

帰宅して食べてみると、カレーは結構オイリーでした。
味はごくごく普通のネパール系インドカレーのキーマです。
辛さは予想以上に辛かったです。
ネパール系インド料理店の平均よりも辛いと思います。

えびは小さいものが4尾入っていました。
ちょっと火が通り過ぎな気がしました。

評価:★★☆

カレー日記



江戸川橋「ヨッチ」ハンバーグカレー+串カツ


外には「カレーの店」と書いてあるのでカレーメインな洋食屋さんです。
店名からはわかりませんが、キッチン南海系列のお店だそうです。
キッチン南海と言えばカツカレー。

そんなわけでカツカレーを頼もうかと思ったのですが、ハンバーグと串カツを食べてみたくなったのでハンバーグカレーに
串カツトッピングでお願いしました。
ハンバーグカレー750円の串カツ200円で950円です。

南海にも色々ありますが、こちらは南海を代表する黒カレーほど黒くありません。
しかし味的には本店にも近い方向性。
程良い辛さと奥深さがあります。
じゃがいもが入っているのが南海系としては独特です。

ハンバーグは胡椒がきいたもので、カレーにも合います。
普通のハンバーグ定食だと違うソースがかかるのでしょうが、カレーが一番合いそうな味でした。

串カツは玉ねぎと豚肉の串カツ。
揚げたてサクサクですがカレーがドバっとかけられているのでサクサク感はすぐに食べないと味わえませんw
しかしこれが南海スタイルですね。

美味しかったです。
南海はそれぞれのお店で個性があり、味も結構違うのですが、僕が今までに行った南海系列の中でも偏差値で言えば60以上はあるお店だと思います。

評価:★★★☆

カレー日記



新宿西口「咖哩なる一族」淡路島ポークカレー


淡路島の玉ねぎをたっぷり使用した淡路島カレーというものがあります。
フランチャイズ展開していて、各地に淡路島カレーを出すお店があるのですが、こちらもその中の一つ。

しかしこちらは少し提供方法に独自性があります。

まず、トッピングを2つ選べます。
これは池袋、秋葉原に展開する人気店「カレーは飲み物。」と同じスタイルですね。
カレーは飲み物。ほどトッピングの種類はありませんが、このシステム、お得感もありますし、どれを選ぼうかという楽しさもあるので良いです。

そして追加料金で辛さも増やす事ができます。

ポークカレーを辛さ増し、トッピングはヤングコーンとツナでお願いしました。
オニオンスープもついてきました。

味は淡路島カレーのそれ。
甘いです。その後に辛さが来るのですが、辛さ追加したのでまぁまぁな辛さになりました。

甘くて辛いは大阪カレーライスのスタイルですが淡路島も兵庫県ですから、そっち系と考えれば納得いきますね。

味は他の淡路島カレーと変わりありませんが、提供方法の独自性と、何より店員さんの接客が丁寧で優しかったのが良かったので、他の淡路島カレーのお店よりも推せますね。

評価:★★★

カレー日記



高田馬場「タイコウ」カイガパオ&レッドカレーセット


高田馬場駅前のビルの2階にできたタイ料理店です。
ラムタラの隣の奥まったところから入るのですが、ここのビル、こんな広かったんですね。

広すぎて最初店員さんが来客に気づかないくらい。
そして昼でも薄暗く、独特の雰囲気です。

ランチの2品盛りセットから、ガパオとレッドカレーのセットをオーダーしました。
サラダ、スープ、デザートがついて、ドリンクはセルフサービスの880円です。

味はガパオもレッドカレーもタイの屋台料理という感じの味でしたが、色々ついて880円なら悪くないですね。
とりあえずこの広さ、そして薄暗さが好き嫌い分かれるかもしれませんが、妙に落ち着く空間でもあります。
忙しいランチタイムでも今のところ空きは確実にありそうですし、ゆっくり打ち合わせなんかもできそうです。

ある意味穴場スポットですね。

評価:★★★

カレー日記



自由が丘「クルンサイアム」タレーパッポンカリー


自由が丘で人気のタイ料理店です。
狭い扉を開けるとすぐに階段。
上っていけば程良い広さの実に可愛らしい雰囲気のお店です。

カレーも色々ありましたが、タレーパッポンカリーがおすすめだったので、それを頼みました。
ご飯付きのサービスメニューのようです。
ディナータイムで1240円でした。

食べてみれば実に上品なタレーパッポンカリーじゃないですか。
シーフードは海老と烏賊のみですが、どちらも火の通り具合が程良く、野菜もそれぞれ、このくらいがベストと感じる火の通し加減で、シェフの確かな腕を感じました。

店員さんの接客も実に優しく可愛らしく、女性に人気があるのも頷けるお店でした。
タイ料理好きな女性をこちらへ連れて行ったら喜ばれると思いますよ。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード