FC2ブログ

カレー日記



渋谷「デロリ」欧風カレー




カレーつけ麺


宮益坂と宮下公園の間くらいに位置するビルの地下にあるバーです。
入り口が実にわかりにくく、怪しげなオーラを漂わせているお店です。

店内入ってみれば意外と明るかったのですが、そのオブジェやら調度品もやはり独特のオーラです。
基本はバーなので色々なお酒があります。
そして食事はカレーがイチオシの様子。

ルーも欧風カレー、タイ風カレーと2種類あり、それだけこだわっているという事でしょう。

二人で行き、カレーライス(欧風)と、カレーつけ麺(タイ風)を頼みました。

欧風カレーは豚肉がたっぷり入った洋食系カレー。
フルーティーさもスパイシーさもあり、確かにカレーのジャンル分けをするとしたら欧風になるのだと思いますが、普通の欧風とも違うオリジナリティあふれる美味しさでした。

つけ麺はタイ風のココナッツミルクを使ったもの。
麺の上に鶏肉、玉ねぎ、パクチー等が乗っています。
タイ風も普通のタイカレーとは違い、サラサラではなくて濃度がそれなりにあるタイプ。
麺にもよく絡んでなかなかの美味しさでした。

どちらも美味しかったのですが、どちらかというと欧風カレーがおすすめです。
他にカレーうどんもありました。

不思議なお店ですが、カレーも不思議な美味しさで、なんだかクセになりそうです。

評価:★★★☆

カレー日記



新橋「カーンケバブ&ビリヤニ」ラムヴェンテェンナマムスムカレー、チーズナン




シュリンプビリヤニ




ハリヤリティッカ、フィッシュティッカ、パニールムスカ




エッグドーサ




マサラパパル




ラッシーカクテル各種


開店して1か月もたっていないうちに早くもマニアの間で話題となっているお店の二回目の訪問。
友人二人を連れて行ってきました。
今回はディナータイムに行き、彼是頼んでみました。

焼き物は前回と変えてハリヤリティッカ、フィッシュティッカ、パニールムスカの3種類。
どれもこれも申し分無い美味しさです。
肉はジューシーに焼き上げられ、下味も美味しければソースも美味しいです。

ビリヤニはシュリンプにしてみました。
シュリンプだと他のものよりサフランを強めに使ったりと、工夫もしてあるようです。
薫り高くて美味しかったです。
ちなみに今回もサービスしてくれすぎて、ビリヤニだけで3人前あろうかという量だった為、残してしまったものをテイクアウトしたのですが、後日レンジで温めて食べても十分に美味しかったです。

サービスしすぎ店員のザイド君と色々話している中で、僕が南インド料理が好きだという話をすると、エッグドーサを持ってきてくれました。
「ウチノサンバルハドウデスカ?」と。
サンバルにしてはかなり濃厚なのですが、それがこちらのお店らしい味わいで美味しかったです。

他にもマサラパパルのサービスや、飲み物も飲み放題コースにしたら、コース外のドリンクでもOKという事で色々と飲ませてもらいました。

味も良いですし、お店の雰囲気も良いですし、何よりザイド君のやる気とサービスが凄まじいですw

こちらの系列のお店もほとんど行ってますが、やはりザイド君のマンパワーにより、こちらのお店が一番好きですね。
というわけで評価上昇です。

評価:★★★★☆

カレー日記



八丁堀「ターBOU」ハンバーグのせドライカレー


八丁堀の路地にある、見た目が何とも言えない洋食屋さんです。
正直に言えばあまりセンスの良くない見た目。店名も洗練されているとは言えません(^^;)

店頭の看板に「カレー」の文字を発見しなければ入らなかった事でしょう。
しかし、見た目に騙されてはいけません。
ここは入るべきお店でした。

カレーはハンバーグのせドライカレーか、ハンバーグのせカレーが基本。
ハンバーグじゃなくて牛ステーキにもできるようですが値段が上がります。
ハンバーグならどちらも900円です。

ドライカレーの方にしてみました。

店内はカウンターメインの小さなお店ですが外観の妙な派手さはなく、シンプルで良いです。
ベテランシェフのようなルックスの旦那さんシェフとその奥さんホールのご夫婦と思しきお二人が切り盛りしていました。

さほど時間もかからず出てきたドライカレー。
時間はかかっていませんが作り置きではなく、ちゃんと1から作っていました。
それでいて時間がかかっていないのは手際が良いという事ですね。

ワンプレートにドライカレー、その上にハンバーグ、そしてサラダも添えられています。
これに味噌汁もつきました。

まずサラダから食べてみると、ドレッシングが美味しい。
自家製だと思われますが、オリジナリティある味で、これだけで野菜沢山食べられそうです。
キャベツとレタスのサラダにマカロニサラダもついていたのですが、そのマカロニサラダの方もただマカロニなのではなく、ひじきや豆が入っているのが面白く、そしてこれが合っていて美味しいんです。
ここで和の食材を入れているあたりニクイですね。
だからこそ味噌汁が浮かないんです。

ドライカレーの具はミックスベジタブル、マッシュルーム、玉ねぎ、そしてレーズン。
このレーズンが実に効果的。
ともすると脂っこくなってしまうドライカレーを、そうならずに食べやすくしているのがレーズンでした。

さらにハンバーグも実に美味しい。
肉の味がしっかりと凝縮されたハンバーグでした。

お店の見た目は正直イマイチ。
そして料理の見た目は普通。
しかし、味はかなり良いです。

普通に見えるものが普通ではない美味しさ。
ハンバーグドライカレー、他の洋食屋さんでも時折見かけるメニューで、個人的に結構食べている方だと思いますが、今まで食べたハンバーグドライカレーの中でこれがベストかもしれません。

また行って普通のカレーも食べてみたいです。

評価:★★★☆

カレー日記



四谷三丁目「キッチンたか」バーグカレー+目玉焼き


荒木町は雰囲気が良く、美味しいお店も沢山ありますが、そんな中にあってこちらも確固たる人気を誇る洋食屋さんです。

ハンバーグやオムライスなどの庶民的洋食で、どれもだいたい1000円いかないくらいの値段設定も良いです。

その中では高めなバーグカレー1050円に目玉焼き120円トッピングで頼みました。

カレーはいたって普通の洋食系ポークカレーなんですが、特筆すべきはハンバーグ。
スプーンで割ると肉汁がほとばしります。

これだけ肉汁が出るハンバーグなかなかありません。
そしてハンバーグにはデミソース的なものがかかっていて、肉汁、デミ風ソース、そしてカレーが混ざることによって普通のカレーが美味しいカレーに変身します。

これは面白い。
目玉焼きの焼き具合も良いですし、ポテトサラダも美味しく、味噌汁も合います。

カウンター6席のみのお店なので、それを回転良くまわしていく為か、接客は少々怖めだったりしますが、それでもこの味と値段ならまた行きたくなっちゃうお店ですね。

評価:★★★☆

カレー日記



秋葉原「ご近所バル 一丁目」一丁目カレー+鶏の唐揚げ


雑誌を見ていたら秋葉原に知らないカレーを発見。
オリジナルのココナッツカレーだそうです。
秋葉原はテリトリーなので行ってみました。

ご近所バルという店名の通り、実にご近所感の漂うというか、アットホームな接客ですね。
可愛らしいお嬢さんが元気で笑顔で素敵です。

ノーマルのカレーは鶏ひき肉と野菜で作ったココナッツカレー。
490円です。
これにトッピングをしていくスタイル。

鶏のから揚げをトッピングしました。
150円だったので合わせて640円です。

150円のサラダも頼んだので、結果的に790円。
490円だと安いですが、こうなると普通ですね(^^;)

味は良い意味で家庭的。
スパイスが立っているわけでもなければ複雑な奥深い味というわけでもないんですが、優しくて何だかホっとします。
これもきっと接客の良さからくる雰囲気の良さが味も良くしてくれているという事だと思われます。

具なし490円が一番良いかもしれませんね。

評価:★★★

カレー日記



国際展示場「カレー香房」ハンバーグカレー


国際展示場にはカレー専門店が二つあります。
2階に1軒、1階にもう1軒。
こちらは1階のフードコートエリアにあるお店です。

欧風スパイシーと書いてありましたが、実際は普通の日本のカレーライスです。

ノーマル900円、ハンバーグカレー1000円、タンドリーチキンカレー1200円でした。
ミニサラダもつきます。

真ん中取ってハンバーグカレーにしました。

ここで驚いたのはご飯も機械のボタンで出てくるという事。
こういうカレースタンドでもご飯はジャーからよそり、鍋からカレーをかけるのが普通だと思ってたんですが、機械に皿をセットして、ボタンひとつでご飯がぼろぼろと落ちてくるその景色が圧巻と言っては大げさですが、面白かったです。

味は想像通りでそれ以上でも以下でもなく。
フードコートのカレーってこんな感じです。
いや、それ系の普通に比べると多少辛口かな。

評価:★☆

カレー日記



埼玉 浦和「デュシット」カオパットガイポンカリー




パネンヌア(S)


浦和駅西口近くにあるタイ料理店です。
入り口が路地裏と言うか奥まった所にあり、そこから階段で3階に上るので初めて行く人はちょっとわかりにくいかもしれません。

ディナータイムに訪問。
カオパットガイポンカリー、つまり鶏肉のカレー炒飯と、パネンヌア、つまり牛肉のレッドカレー炒めを注文しました。

各種料理にスモールサイズがあったりするのが一人利用者としては嬉しいです。
嬉しかったので頼んじゃいましたw

カオパットは鶏肉に衣つけて揚げてあったりと、仕込みに一工夫してあるのが良いです。
「良かったらお好みでこちら炒飯につけてみてください」とスウィートチリソースも出してくれたりと、心づかいも良いです。

実際スウィートチリソースつけると味に変化が出て面白く、これがまたなかなか合いました。

パネンヌアも予想以上にスモールサイズでしたが、味は本格的。
ハーブもしっかり香って美味しかったです。

合わせて2000円でおつりがくる感じ。
都内のお店と同じくらいの値段設定ですが、味もちゃんとしたものだったので文句はありません。

浦和はここと良いディージャイと良い、タイ料理レベルが高いですね。
どっちも美味しいですが、どっちかひとつと言われたら、僕はこちらを推します。

評価:★★★☆

カレー日記



埼玉 浦和「ディージャイ」ランチご飯セット(カレー2種類盛り)


浦和駅西口から徒歩10分しない程度の場所にあるタイ料理店です。
地元で人気のお店らしく、ランチタイムに行くと満席状態でした。

土曜のランチタイムだったのですが、ランチメニューはご飯セットと麺セットの2種類。
ご飯セットはメインをご飯系の中からひとつ選んで、ミニ麺などがついて1100円です。
+100円でカレー2種盛りができるという事で、それにしました。

出てきたカレー、ご飯の盛り付けが個性的ですw
グリーンカレーはチキンと茄子、レッドカレーは豚肉とキノコと、ちゃんと具を変えているのが良いですね。
筍は両方とも入っていましたが。

ランチクオリティのカレーの中ではなかなか悪くないレベルだと思います。

それと一緒についてきたミニ麺は鶏肉の挽肉入りトムヤム麺でした。
こちらはしっかりと酸味があり、好みの味つけ。
美味しいです。

接客は日本人の女性だったのですが、なんだか相性が僕と良くないようでした。
接客が悪いというわけではないんですがね。
ちょっと違和感が。

でも美味しいのでOKです。
これでもうちょっと安ければ尚OKなんだけどなぁと思ったりもしますが。

評価:★★★☆

カレー日記



武蔵小山「バルピパル」ダルバートA




モモ


武蔵小山駅すぐ近くのアーケードに入る前の路地裏にあるお店です。
ネパール料理にこだわっていて、ランチタイムにもダルバートがあります。

ランチのダルバートはカレー2種なら1000円、1種なら850円です。
せっかくなので2種の方と、モモも350円だったので頼みました。

2階まであるお店のようですが1階席はカウンターのみのこじんまりとした空間。
店員さんはスタイリッシュにネパールの帽子をかぶっており、店内もお洒落で期待感も高まります。

暫く待って出てきたダルバート。
カレーはチキンと野菜。
これにダルとアチャールとサグとドリンクがついて1000円。

ダルは上品な味。
もうちょっとニンニクがきいているワイルドな味の方が好みですが、これはこれでサッパリ系ながら上手にまとまっており、悪くないです。

カレーはどちらも玉ねぎベースで似た味になりそうな所を、ちゃんと別物に仕上げているのが良いですね。

いつの間にか食べ終わりそうな頃合いになっていたのですが、いつまでたってもモモが出てきません。
こりゃ忘れられてるなと聞いてみると、「アト5分でデキマス」と。
やっぱり忘れられてたかと思いつつ、そこから10分少々待ってやっとこさモモが出てきましたw

これも美味しいので許しますw

全体的に味は僕の好みドンピシャでは無かったのですが、それでもちゃんとネパール味であり、サッパリ系というか上品というか、そういう方向性が好きな方にはおすすめのお店です。

評価:★★★☆

カレー日記



曳舟「猫六」海老のカレー




前菜盛り合わせ




猫六ポテトサラダ



自家製ベーコンステーキ


久しぶりに行ってきました猫六さん。
曳舟駅すぐ近くにあるスパイス料理のバーです。

前回ははしごの二軒目だった事もありお腹いっぱいであまり食べられなかったのですが、今回ははしご無しのピンポイント狙いで行ってきました。

前回行った際に他のお客さんが食べていて気になっていたポテトサラダとベーコンステーキを注文。
前回美味しかった前菜盛り合わせも忘れずに。

どれもこれも美味しいです。
こちらの料理は全て品があるんですよね。

スパイス料理の魅力は、ある意味で下品さだと思う事も少なくありません。
刺激であり、メリハリであり、その力強さがスパイス料理の醍醐味とも言えます。

しかしこちらはその刺激は控えめ。
あくまで優しくて上品な味。
そんな中に主張しすぎない程度に、それでいてちゃんと意味があるスパイスがひょっこり顔を出すような、そんな料理です。

メインはスペシャルの海老のカレー。
トマトベースのカレーもやはり刺激は控えめ。
海老はぷりっぷりで火の通し具合も完璧。

何食べても美味しいですね。

今回のBGMも僕の好みの音楽で、味良し人良し音良しの3拍子揃った名店です。

評価:★★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード