FC2ブログ

カレー日記



秋葉原「カレーノトリコ」インド風カレー(牛すじ、野菜)


開店直後に行って以来、久しぶりに行ってきました。
少し並びなんかできたりして、もはや人気店です。
それも納得の美味しさですからね。

今回はインド風で具は牛すじと野菜にしてみました。
辛さは前回5辛で物足りなかったので10辛で。

結果、もうちょいいけますね。
エチオピアの辛さを参考にするとちょうど同じくらいな印象です。
エチオピアのカレーもこちらのカレーも、辛い方が美味しいと思うので、辛いのが好きな方は10以上推奨です。

牛すじは、肉の部分が多い牛すじであり、食べ応えもあって美味しかったです。
ご飯は少な目オーダーにしましたが、これでちょうど良いくらい。

次回は今回同様ご飯少な目の15辛もしくは20辛くらいでいってみたいと思います。

評価:★★★☆

カレー日記



渋谷「トップス」四種のきのことハンバーグカレー


カレーとチョコレートケーキで有名なトップス。
その昔は美味しい高級カレーを食べられるお店という印象だったのですが、最近ではカレーのレベルもどんどん上がってきました。

そのせいで相対的にこちらのカレーのレベルが下がったように思えたのか、はたまた純粋にレベルが下がったのかわかりませんが、久しぶりに食べてみて「あれ? こんな感じだったっけ?」と思ってしまいました。

それでいてカレー1400円。
サラダセットにしたら+300円だったのですが、そのサラダもキャベツメインのそっけないもので、「え? これで300円?」という印象でした。
足して1700円で税別です。

確かに接客はしっかりと教育が行き届いていて良いと思います。
お店も清潔感があり、くつろげる雰囲気です。

しかしこれで1700円はちょっと高すぎますね。
味自体が悪いわけでは無く、平均よりは上だと思います。
900円くらいだったら満足なんですが、1700円という値段のカレーの平均からしたら真ん中より下と言わざるを得ません。

良い所と言えば10時から開店しているという事ですかね。
このくらいの時間で空いているカレー屋さんは少ないので。

名のある老舗なので、もうちょっと頑張ってもらいたいものです。

評価:★★☆

カレー日記



竹橋「サパナ」マトンドピアジャ、サフランライス




サーグチキン、チーズナン


竹橋駅すぐ近くのビルの地下飲食店街に入っているインドネパール料理チェーン店です。
こちらのチェーン、ずば抜けて美味しいというわけではないのですが、どこのお店も味のクオリティそれなりに保っていて安定感があるんです。

この日は2人で行き、マトンドピアジャとサーグチキンをサフランライスとチーズナンでシェア。
マトンドピアジャはドライタイプではないものの、玉ねぎが普通の玉ねぎと紫玉ねぎの2種類使ってあるのが良いです。
ある意味ドピアジャそのものですね。

サグチキンのサグはクリーミー。
ペーストなのでホウレン草感はそこまで強くないですが、食べやすいです。
そしてここ、チーズナンが美味しいんですよ。
玉ねぎ入っていて食感も味も良いんです。

タイ料理メニューも豊富ですし、漠然とエスニック料理が食べたいという時には安心のお店ですね。

評価:★★★

カレー日記



西早稲田「麺屋はなび」カレー台湾まぜそば+ど肉


西早稲田界隈はいつの間にか台湾まぜそば激戦区となりつつありますが、そのエリアにおいて真打登場と言って良いでしょう。
何しろこちらのお店の本店が、元祖台湾まぜそばのお店なんだそうです。

そして元祖のこちらにもちゃんとカレー台湾まぜそばがあります。
という事はカレー台湾まぜそばも王道の味という事なんですね。

ピリ辛の肉味噌に海苔、ネギ、水菜、玉ねぎ、卵黄が乗り、混ぜて食べる台湾まぜそば。
カレー味が実に合います。

トッピングに「ど肉」というチャーシューの塊の炙りもつけました。
隠れジロリアンな僕としては、ど肉という程には肉肉しくは感じませんでしたが、炙った事によってカリっとした部分もでき、香ばしくなった豚肉はやはり美味しいです。

流石元祖と言ったところでしょうか。
今のところ食べたカレー台湾まぜそばに関してはハズレがありません。
どこもだいたい似ているんですが、少しずつ差があり、一番好きと思えるのは実はこちらではないのですが、それでもやはりこのハズレにくい美味しい料理を生み出したオリジネイターとして敬意を表したいですね。

評価:★★★☆

カレー日記



高田馬場「釧路食堂」ザンギカレー


唐揚げ専門店です。
いつの間にかランチタイム営業を始めており、メニューにカレーの文字を見かけたので入ってみました。

店内は非常に狭く、立ち食い形式でも5人も入れば満員状態。
ザンギカレーをご飯少な目で注文すると、ライスは自分で盛り付けるシステムのようです。
しかもご飯はおかわり自由だとか。

というわけで出てきたのは銀皿に盛りつけられたカレーと、その上に乗ったザンギ。
そして味噌汁。
ご飯は自分でよそりました。

カレーはしょっぱいです。
ザンギは美味しかったのですが、他のお客さんが食べていたザンギ定食と比べるとかなり少ない量。
値段はどちらも500円なので、そう考えるとザンギ定食の方がお得ですね。

ま、500円ですから。
なんだかんだというのも野暮でしょう。

評価:★★

カレー日記



日暮里「ダージリン」マトンカリー、サフランライス




ムルグマッカニカリー、ナン


日暮里の老舗インド料理店です。
こちらは店内が本当にゴージャスなんですよね。
椅子、テーブル、その他調度品の数々が本当に豪華。
お香も炊いてあったりと、雰囲気も良く、女性受けが良いお店かと思います。

2人で行き、マトンカレーをサフランライスで、ムルグマッカニをナンでいただきました。
マトンカレーは辛口でお願いしたら、「3? 5?」と聞かれました。
辛さの段階の事です。
4は無いのかな?とも思いつつ、3でお願いしました。
結果、それほど辛くありません。
しかし、青唐辛子やウールガイ等も一緒に出してくれるので、それで調整して好みの辛さにしました。

特にウールガイがあるのは嬉しいですね。
マトンカレー自体は良く言えば上品、ありのまま言えばマトンの強みがあまり出ていない一味足りないものだったのですが、ウールガイと一緒に食べる事によって味のバランスも良くなりました。

ムルグマッカニはトマト感とバター感のバランスが良く、ナンとの相性もバッチリ。
イチオシメニューだけあります。

カレーメニューはチキン関係と野菜関係がほとんどで、マトンはマトンカレー一品のみだったので、こちらのシェフはチキンと野菜が得意な方なんでしょうね。
そっちを選べば問題無いかと思います。

想えばこちらのお店に前回来たのはもう何年前だったか。
その時には普通に美味しいと思っていたのですが、僕のカレー舌もかなり肥えてしまったようで、前回ほどの満足感はありませんでした。
しかしそれでも平均点よりは上の味であり、何より雰囲気は素晴らしいので、インドカレー初心者の女性におすすめのお店である事に変わりはありません。

評価:★★★

カレー日記



有楽町「タルタル」週替りカレー(パネーン)、グリーンカレー


有楽町駅からも日比谷駅からも直結している地下のレストラン街にあるタイ料理店です。
日本人店員さんのカジュアルタイ料理店なのですが、こちらのランチ、グリーンカレーとライスが食べ放題なんです。

ガパオ食べても麺食べてもグリーンカレーとライスは食べ放題。
そしてこの食べ放題のグリーンカレー、意外としっかり具沢山。
茄子、チキン、筍、フクロタケがたっぷりと入っており、カレー自体の味はごく普通なのですが、これだけ具がちゃんと入ってくれていれば食べ放題としてはかなりお得だと思います。

色々あるランチメニューから、週替わりカレーを選びました。
聞いてみるとパネーンとの事。
どうせカレー食べ放題なら他の物頼めば良いと自分でも思います(^^;)
でもパネーンならレッドカレー的なものだし、汁気も少ないから食感的にも違って2種類カレーが味わえるから良いなと思いまして。

しかし出てきたパネーン、汁気は結構あり、ほぼレッドカレーでした。
しかしこちらも具沢山。
チキンとしめじ中心で、グリーンカレーと少し具も変えてあるのは良いですね。
これに目玉焼き、ミニ生春巻きもついて970円。

味は普通なんですが、しっかりした量のタイ料理を食べたい時には良いお店かと思います。

評価:★★★

カレー日記



両国「ジャイプル」ジャイプルスペシャルカレーセット(マトンララ、ミックス野菜のドライカレーミックス)


両国駅から錦糸町へ線路沿いに向かう北側の途中にあるインド料理店です。

ジャイプルと言えばピンクシティとも呼ばれる北インドの有名観光地であり、僕も大好きな街です。
しかしこちらのお店、ジャイプルと言いながら外の看板にはタージマハルの写真が。
タージマハルはアグラなんですが。。。
さらに言えばネパールの国旗まで。。。
インドですらないじゃないですか。。。

ま、そんな事はインド料理店においてはよくある事なわけですがw

とりあえず入ってみるとやはりジャイプルらしさは皆無。
例の山の写真を飾ってあったりするのでやっぱりネパール系のお店なのかもしれません。

カレー2種類を選べるセットにしました。
1250円でナンとライス食べ放題、さらにカレーも全メニューから選べるというのはディナータイムとしてはなかなかお得ですね。
マトンララとミックス野菜にしてみました。

この値段ですから、カレーもランチクオリティかと思いきや、どちらのカレーもランチとしてはなかなか。
しかしディナーと考えるともうひとつという、ランチとディナーの中間的な仕上がりです。
値段はランチレベルの値段ですし、サラダ含め全体の量も多めなので、そう考えればやはりお得ではありますね。

単品で頼むよりもセットの方がお得な気がします。
悪くないですよ。

評価:★★★

カレー日記



大阪 心斎橋「聖庵」ゴロッと牛肉カレーパン


大阪エリアで人気の天然酵母パンのお店です。
夕方に行ったので気になりながら買えなかったメニューも多かったのですが、カレーパンはありました。

王道揚げタイプ、焼きタイプ、ナンカレーと3種類あり、期待も膨らみます。
とりあえず王道のものだけいってみようという事で、ゴロッと牛肉カレーパンと名付けられたそれを買って帰りました。

食べてみると確かにゴロっと牛肉が入っています。
カレーはフルーティーな甘味があり、色も黒っぽく、ポールボキューズのカレーパンのカレーにも似ています。
これにしっかり牛肉が入って180円なら値段も納得ですね。

最近では東京にもお店を出したようです。
今度行ってみようかな。

評価:★★★

カレー日記



大阪 心斎橋「ゆうきのカレー」豆腐のキーマカレー


心斎橋筋商店街からひとつ横に入って行ったビルの奥にたたずむカレーライス専門店です。
ビーフカレーがイチオシという事でしたが、豆腐のキーマカレーが気になってしまい、珍しかったのでそちらを注文しました。

マーボー風とメニューに書いてあった通り、見た目完全に麻婆豆腐ですねw

しかし食べてみれば確かにカレー。
甘くて辛い大阪カレーライスの範疇ではあるのですが、一口目の甘さはそれほどでもありません。
それでいて後から追いかけてくる辛さは大阪カレーライスの中でもかなり強め。
どんどん汗が出てきました。

ホールスパイスでこだわって作った最近流行りの大阪スパイシーカレーではなく、昔ながらの大阪カレーライスというスタイルでありつつ個性もしっかりあります。
甘すぎる感じが苦手な人にはこちらの方が良いでしょうね。

具も豆腐と挽肉だけかと思いきや、豆が入っていたり、粗みじん切りの肉が入っていたりして食感が面白くなっていましたし、にんじんやキノコも入っていて実に具沢山でヘルシーな所も嬉しいです。

店員のお姉さんの接客も過不足ない感じが心地よく、実に満足なカレーライスでした。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード