FC2ブログ

カレー日記



雑司が谷「キッチン南海」カツカレー


最寄りは雑司が谷ですが池袋からも歩いて10分少々、明治通りにある南海です。
南海と言えばカツカレー。
しかし南海は暖簾分けなのでレシピ等も自由。そのため店によって味が違うんです。

カレーに関して言えば主に2種類あります。
本店系のスパイシー黒カレーと、下北沢や駒場などのマイルド茶色カレーの2つなのですが、こちらの南海は後者。

ご飯の上にとんかつが乗り、カレーがかかっていないスタイルなのも珍しいです。
そして味噌汁とサラダがつくというスタイルも珍しいですね。サラダはキャベツとレタスのみのシンプルなもので、卓上のドレッシングをかけていただきます。
味噌汁はわかめと豆腐でした。

カレーはマイルドなポークカレー。
昔ながらの洋食屋のポークカレーであり、僕の好きな南海黒カレーとは違う方向性だったのですが、トータルで考えればこれで650円というのはやはりお得だと思います。
カツは注文入ってから衣つけて揚げていましたし。

ご飯少な目で頼んだのですが、お会計時、こっそりと20円引きにしてくれた優しさも含めて、優しい南海という印象です。
ごちそうさまでした。

評価:★★★

カレー日記



飯田橋「きん助」薬膳カレー




きん助サラダ




かつをの竜田揚げ、イワシのなめろう


魚料理を中心とした居酒屋なのですが、本気で作った薬膳カレーがいただけるお店です。
薬膳カレーは刺激的なスパイス感というよりは優しく元気にさせるチキンカレー。
小麦粉に頼らず野菜でついたとろみと、薬膳的漢方スパイス使いが好印象。
カウンターには黄耆や鹿角などの漢方薬が置いてあったので、そのあたりを使っているんでしょう。
どことなく甘味があって、でもそれは嫌な甘味ではなく、素直に美味しいです。

他の料理ものきなみ美味しかったのですが、名物のきん助サラダはドレッシングが自家製。
おそらく玉ねぎ、人参、ニンニクあたりをすりおろしたものがベースになっていると思うのですが、これが爽やかで良いです。
たっぷりのキャベツやレタス等をこのドレッシングと、焼きたてのベーコンと合わせていただきます。
量も650円の値段の割にはたっぷりで、独りでは多すぎるくらいの量でお得です。

魚系はレギュラーメニューの他にも日替わりで色々とあります。
カツオの竜田揚げとイワシのなめろうを食べたのですが、どちらも美味しい。
なめろうは味噌少な目で爽やかな仕上がりなんですが、むしろこのくらいがちょうど良いですね。
カツオも味付けシンプルですが揚げ具合が程良くて美味しかったです。

どれを食べても美味しく、お客さんは常連さんだらけでしたが一見の僕にも優しく接客してくれて、満足度高かったです。

評価:★★★☆

カレー日記

お気に入り再訪店特集です。



八丁堀「ロダン」ホールスパイスカレー


久々の訪問。いつものカツカレーにしようかと思ったのですが、気付けばメニューが少し変わった様子。
ディープオニオンカレーが無くなっていました。
代わりにホールスパイスカレーという新メニューがあったので、カツカレーやめてそっちにしてみました。

ホールスパイスカレーはロダンにしては珍しくサラサラタイプ。
シナモンというかカシア、カルダモンシード、クミンシードががっつりと入っています。
特にカルダモンシードは本当に何粒も入っていて、ここまで入れる?ってくらいですw
でもそれが決して入れすぎというわけではなく、ちゃんと美味しいので素晴らしいですね。

チキンも大き目のものが二欠片、ピーマン、茄子、しめじ等が入ってお腹一杯になりました。
食べ終わった後、辛さはそれほどでも無かった割に汗がしたたってきたのはスパイスの薬効ですね。
デトックス完了で元気になりました。

やはり何食べても美味しいですここ。

評価:★★★★




高田馬場「南海」カキフライしょうが焼きカレーライス


早苗に行こうと思っていたら南海に入っていました。
逆のパターンもあるんですが、ここは隣同士でどちらも良い店で、悩むんですよね(^^;)

今回はカキフライしょうが焼きライスにカレールーで。
カキフライは期間限定と食券の券売機には書いてあるんですが、ここしばらくずーっとあるんで、限定なのをやめたのかもしれません。
大ぶりのプリっとした牡蠣を南海流に揚げれば、美味しくないわけがありません。
やっぱり最高の南海だと思います。

評価:★★★☆




清澄白河「ナンディニ」ノンベジミールス


6時間前までに予約しないと食べられないメニューの中から、ノンベジミールスを予約して行きました。
いやー実に美味しかった!

サンバル、ラッサム、クートゥー、ポリヤルは、ベジ、ノンベジ問わずつくようです。
ノンベジだとこの日はマトンとドライタイプのチキンでした。
これがどちらも実に美味しい!

ポロッタもプーリもつくんです。
ライスのおかわりもできて2000円なら安いですね。
流石ナンディニ。

しかしこの日はいつもの美しい女性店員さんがいなかったのが非常に残念。
代わりにいつもの美しい女性店員さんのお母様くらいの年代の、別の美しい女性店員さんはいらっしゃったので、それはそれで良かったのですけれどもねw

評価:★★★★




錦糸町「しゅはり」牛スジカレーうどん




天ぷら


ディナータイムに訪問しました。
今回は二人で行き、僕は牛スジカレーうどんを、連れは天ざるを注文。

天ぷらだけ写真撮らせてもらったんですが、全部一度に揚げて出されるのではなく、揚がったものから皿に乗っていくので、揚げたてをいただくべくひとつずつ食べていったので写真にあるもので全部ではありません。
僕もいくつか味見させてもらったのですが、揚げ具合も実に良い感じ。
特に半熟のゆで卵の天ぷらが良かったです。

うどんは冷麦よりは太いですが、普通のうどんと比べると細め。
相変わらず美味しかったです。

遅い時間に行ったのですが、閉店時間すぎても急かされることなくゆっくり食べることができ、そんな気遣いも嬉しかったです。
もちろん時間すぎていたことには後で気づいたのですが。
何も言わない、気づかせない心遣いですね。

また行きます。

評価:★★★☆

カレー日記



北池袋「ティナ」バトラ・チャナマサラカレーセット




とり肉野菜炒め 小皿


明治通り沿いにあるインド料理居酒屋です。
メニューのラインナップはインドネパール系。
店内の装飾見てもインドネパール系ですが、フロアの店員さんは日本人でした。見えたわけではありませんが会話が聞こえた感じだと厨房にネパール系の方がいらっしゃるのかと思います。
いや、ネパールの言葉がわかるわけではありませんよ(^^;)
ネパール系のお店でよく聞こえるようななまりのある日本語が聞こえたということです。

メニューはセットもありますが、どれもそれほどお手ごろ感はない値段。
その中にバトラ・チャナマサラセットというものがありました。
通常バトラ、つまりバトゥーラですね、これが580円、チャナマサラは970円のところを、このセットだと1000円だそうです。

バトゥーラとチャナマサラと言えば北インドでは朝食として食べられる事が多い、チョーレバトゥーラのこと。
そういう方向にこだわっているのであればこれは期待できるかもしれないと、それを頼みました。チャナマサラは辛口で。

他におつまみ系も色々とあったのですが、その中に炒めものがありました。
店員さんにこれはどういう味付けなのかと聞いてみると、「インドのスパイスと、日本の塩です。」とのことだったので、炒め
ものの中からとり肉野菜炒めを小皿で注文しました。450円です。

まずチョーレバトゥーラ。
バトゥーラがしっかり揚げパンタイプなのが特徴です。
他のお店でバトゥーラを頼むと、表面に穴をあけるとシューっとしぼんで小さくなることも多いのですが、こちらは穴をあけても中身がぎっしりパンというかナンというか。

チャナマサラはドライタイプではなく、セミドライタイプとも言えず、普通にカレー的な食感。
もちろんチャナはそれなりに入っていましたが、これがチャナマサラかと言われるとちょっと違うかなという気も。
辛さはしっかりあって、味自体は確かにチャナマサラの味っぽくはあったんですけれどもね。

これがそれぞれ580円と970円というのは基本の値段設定が高すぎる気がします。
セットで1000円は妥当かと思いましたが、お得なわけではなく、元々の設定がお得じゃないという印象です。

とり肉野菜炒めは確かにインドのスパイスと日本の塩の味。
しかしそれ以上にうま味調味料の味が強かったです。ここまできかせなくても良いのにと思うくらいに。
お酒のおつまみには良いのかもしれませんが。

深夜までやっているようですし、それなりに需要はあるのだと思います。

評価:★★☆

カレー日記



日比谷「慶楽」咖哩牛肉飯


老舗中華料理店です。
メディアにも何度も取り上げられているお店なのですが、こちらにカレーがあったとは知りませんでした。
知ったならば行かねばという事で行ってきました。

ランチタイム、それほど混雑しているという程ではなかったのですが、店員さんが大慌て。
店員さん、おばあちゃん率が非常に高いですね。
おばあちゃん達が口をそろえて「満席なわけじゃないんだけど人手が足りなくてねー」とぼやいていました。

そんなこんなでなかなか案内されず、案内されたと思いきや「ちょっと待ってね」なんて。
でもなんだか憎めないおばあちゃん達です。

この調子だとなかなか料理も出て来なさそうだなと思い、目当ての咖哩牛肉飯の他に焼売も注文。

実際なかなか出て来ず、まずは焼売が出てきたので作戦は成功でした。
焼売は肉がぎっしりしていてなかなか美味しいですが、特に驚く程の何かがあるわけでもありません。
普通の焼売が普通に美味しいという感じです。

卓上にある酢漬けの唐辛子をかけてみたり、洋辛子をつけてみたりしてゆっくり食べたのですが、まだカレーは出てきません。

おばあちゃん達のテンパり具合も増していました。
恐らく無意識の独り言なんでしょうけれども、完全なるぼやきが口から言葉として出ちゃってますw
頑張れおばあちゃんズ!w

そんなこんなでやっとこさ出てきたカレー。
見ての通り黄色いです。
牛肉とじゃがいもと玉ねぎが具。
それを中華スープとカレー粉と調味料で味付けして片栗粉でとろみをつけたカレー飯でした。
スープもついてきました。

このスープが美味しいです。
流石はスープ炒飯で有名なお店だけあります。

カレーの方は正直言うとぼやけた印象です。
悪くはないですよ。スープ自体が美味しいので普通に完食しました。
でも、1000円以上する割には牛肉が少ないし、味も一味足りない感じなんです。

しかしこれが昭和の味なんだろうなとも思います。
昭和時代は今程各種調味料が手に入りやすくはなかったわけで、色々なもので代用しながら各国料理を作っていたんだと思うんです。
そんな時代の中華カレー飯がこれなんだろうなと。

店員さんもおばあちゃんだらけですが、お客さんも良く見ればかなりのおじいちゃん率。
この味を求めてくる年配の方と、そんな方々と同世代の店員さん。
需要と供給がうまく成り立っているお店とも言えましょう。

評価:★★☆

カレー日記



秋葉原「ベンガル」ビーフ角切りダブル


久々のベンガル。
久々に看板メニューのビーフ角切り。これのダブルでいってみました。
辛さは辛口で。
辛口と言ってもそこまで辛さが立っているわけではなく、素材の味が引き立つ奥深く程良い辛さなので辛口がやはりおすすめです。
1600円しますがそれだけの価値がある美味しさです。

ただ、少しぬるかったのが気になりました。
厨房に入っていた店員さんも若く、見慣れない方だったので、そのあたりの教育が徹底されていない気もしました。
と言っても僕自身がここに行ったのは数年ぶりなので、何ともいえないところでもありますが、せっかくの老舗名店なので、温度についてもこだわって欲しいですね。

それを差引しても十分美味しいのですが、熱々ならもっと美味しかっただろうなと思います。

評価:★★★★




岩本町「カムイ」ポーク野菜+しめじ


今回は定番のポーク野菜にしめじトッピング。
3辛のご飯少な目。
ヘルシーで美味しくて最高です。

評価:★★★★☆




神田「さつま」牛スジカレー+ふわふわオムレツ


一時期ランチ営業をやめていたようですが、いつの間にかまた再開した模様。
ランチ営業中止していた事に気づかずに二度ほどおあずけくらって諦めていたので、復活はありがたいです。

今回はオムレツトッピングでいきました。
サラダセットで。
通常サラダセットのサラダはゆで卵とサラダなのですが、オムレツトッピングだとポテトサラダとサラダになりました。
これは純粋に嬉しいですね。

オムレツは文字通りふわふわでこのカレーに良く合いました。
やはりカレーライスとしてのクオリティが高いと思います。

ちなみにこの日は12時半前くらいの訪問だったのですが、僕の次のお客さんで品切れとなっていました。
人気も出てきたようなので、食べたい方は早目の時間をおすすめします。

評価:★★★☆

カレー日記



秋葉原「プレイス」カレードリア


電気街の中にある昔ながらの喫茶店です。
カレー的にも老舗ベンガルを筆頭に、ラホールやアルバ等が立ち並ぶ充実したエリアです。
こちらはカレー専門ではなく、他にパスタ等の洋食も取り揃えてあります。

カレースパゲティやカレードリアもあります。
この手のカレーは焼きカレーになっていればハズレは無いので、カレードリアにしてみました。
サラダとスープもついて880円です。

カレー自体は日本のカレーと洋食カレーの間くらいの雰囲気。
これにチーズを乗せて焼いただけではなく、カレーとチーズの間にホワイトソースもかかっていました。
普通なら足しすぎと思うところですが、こちらのカレーにはこのホワイトソースが合い、チーズとの間を取り持つ存在となっていて良かったです。

お店の雰囲気はかなり昭和。
味も昭和なんですが、うまいこと工夫して平成でも成り立っているというか、具沢山でもあるし、880円の価値はあると思いました。

接客も昭和の人情味あふれるもの。
その中にアルバイトでしょうか。メガネの可愛らしい女子がいて、この方がまた昭和にうまくとけこみつつ平成感があると言いますか、良い感じの店員さんでした。

こういう雰囲気好きです。
今度はお茶だけでも立ち寄りたいなと思います。

評価:★★★

カレー日記



北池袋「パビ」レディースセット(マトン、シーフード)


味家の跡地にオープンしたインドネパール料理店です。
ディナータイムでもランチと同じセットがいただけるのはリーズナブルで良いですね。

というわけで夜に訪問したのですがランチと同じセットからレディースセットを注文しました。
僕のようなおじさんでもレディースセットを頼めるのがインド料理店あるある。

カレーはマトンと日替わりのシーフードをセレクトしました。
飲み物はマンゴーラッシーで。

サラダはレタスにシーザードレッシングがかかった、ちょっと手抜きとも思えるものでしたが、カレーは悪くないです。
シーフードはココナッツミルクではなくココナッツファイン使用で、ココナッツの香りも高くて濃厚なのが良いです。
マトンも肉の量をケチってなくて良いですね。
しっかりマトンの滋味も出ていましたし、辛さもちょうど良い辛めな仕上がりでした。

チキンティッカはまぁこんなもんかなという感じでしたが、総合してみるとやはり悪くないんです。

接客も好感持てるものでしたし、突出したものこそないものの、近くにあったらたまに行くだろうなと思えるお店でした。
というわけで、近隣の方は行っても損無いかと思います。

評価:★★★

カレー日記



恵比寿「ニャーベトナム」ホリデイランチBセット(カレー丼、牛しゃぶ肉のフォー)、アイス蓮華茶




生春巻きとミニサラダ


本店初訪問です。
お洒落な建物ですね。
店内も実にお洒落です。
ベトナムっぽくもあり、今どきのカフェっぽくもある計算された内装。
BGMは洋楽。
女子受けしそうです。

土曜日の訪問だったのですが、ホリデイランチからミニカレー丼とミニフォーどちらも食べられるセットを注文しました。
1800円とかなり強気な価格設定です。

フォーは牛しゃぶをセレクト。
カレーじゃなくて本日の丼もセレクトできるようですが、当然カレーです。

まず出てきたのが生春巻きとサラダ。
サラダはごく普通のグリーンサラダと、春雨サラダです。
しかしこのサラダに使っている具材と生春巻きに使っている具材がかなりかぶっているんですよね。
なんだか損した気分になりました。

カレーは王道のベトナム式ココナッツチキンカレーで、なかなか美味しかったです。
フォーも黒胡椒がきいているのが良いですね。
もうちょっと辛くしたかったのですが卓上にスパイス等無いのが残念でした。

味は悪くないですが、やはり1800円は高いですね。

評価:★★★

カレー日記



北池袋「アジアスタミナキッチン」グリーンチキンカレー、ライス小




牛スジ煮込み


上池袋交差点近くにあるアジア料理のお店です。
アジア料理のお店数あれど、タイ料理、ミャンマー料理、韓国料理というラインナップなのはここだけではないでしょうか。
しかもお店が蕎麦屋の居抜き的な感じで完全に和風なんです。
店内には鯉が泳ぐ小さな池までありますからw
アジアとしか言いようがありませんw

グリーンカレーとライス、そして韓国風の牛スジ煮込みも一緒に注文しました。
グリーンカレーは夜でも650円という安さ。ライスは小サイズだと150円です。
合わせても800円というのはかなり安いですよ。
ライスも小とはいえそれなりの量がありますからね。

味も良いんです。
濃厚タイプのグリーンカレーで、具材もチキン、ピーマン、パプリカ、茄子、しめじと、ケチっていません。
チキンは小さ目ではありますが、この値段考えれば十分です。

そして牛スジ煮込みもまたなかなか。
こちらは580円でしたが、量もあり、牛スジ肉、ニラ、大根、人参、長ネギ等、具沢山。
サッパリ系のピリ辛煮込みで美味しいです。

ドリンクも380円からありますし、深夜まで営業しているので飲み屋利用にも良いと思います。

ちなみに高田馬場にも支店があるのですが、馬場店はここまでラインナップ幅広くありません。
そして馬場店よりもこちらの池袋店の方が美味しかったように思います。

池袋駅からも歩いて15分程で行ける距離の明治通り沿いなので、夜遅くなってお店に困ったらここで損は無いと思いますよ。
こういう雑多で面白いお店、好きです。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード