FC2ブログ

カレー日記



北海道 大通「BURG」カレーフライ


デパ地下飲食店街のベーカリーです。
カレーパンは揚げタイプのカレーフライというものがあったので買ってみました。

衣のパン粉が大き目カットのごつごつ系。
中身のカレーはしっかりぎっちり入っていて好印象です。

味は王道のカレーパンに近い、甘味のあるカレーでしたが、そこにキレも同時に存在するのはスパイスが平均より強めだからでしょうか。

値段が150円程度だったことを考えれば、お得なカレーパンだと言えますね。

評価:★★★

カレー日記



北海道 資生館小学校前「パタヤ」プーパッポンカリー




ビーフブラックペッパーフライ


狸小路からちょっと入ったというか出たところの二階にあるタイ料理店です。
場所柄もあってかお洒落な雰囲気。
日本人女性が接客、タイ人男性が調理という布陣でした。

色々と頼んだのですが、カレー関係はプーパッポンカリーにしました。
甲羅つきとそうでないものとあり、そうでないものの方が安かったのでそちらに。
プーニムパッポンカリーがあればもっと良かったのですが、それはなかったので。

かなり卵の量が多めなタイプです。
それが実に美味しいんですね。
無駄に油を使っていないのが嬉しいです。
カニは足の部分が殻のまま入っているので少々食べにくいですが、だからこそカニの風味もしっかりしていて。

他の料理の中ではビーフブラックペッパーフライが酒のつまみにちょうど良くて美味しかったです。
ブラックペッパーと唐辛子でスパイス感もしっかり。
何もつけずに食べても、スウィートチリソースで食べても美味しいです。

一つだけ難点を上げるなら、全体的にお値段が高め設定なんですね。

飲み物も食べ物も、平均より1割~2割くらい高いかなという印象でした。
これが安ければもっと良かったんですが、その値段でも損をしたとは思わないクオリティでしたよ。

評価:★★★

カレー日記



北海道 大通「カリーディサヴォイ」スペアリブのカリー


今となっては札幌にスープカレーのお店は数えきれないくらい存在しますが、こちらのお店は開店が1994年ということで、老舗の部類に入ると思います。
マジックスパイスが1993年ですから、札幌でスープカレーが最初にブームになった頃の立役者の一人と言っても良いでしょう。

こちらのスープの特徴はあっさり、サッパリ系ということ。
丁寧に濾しているんだそうで、だからこその仕上がりですね。
辛さは一般的な平均より少し辛めかもしれません。
それも切れ味につながっていると思います。

スペアリブのカリーをいただきました。
スペアリブは通常サイズと大サイズとありましたが通常で。1080円です。

通常サイズでも十分な程の量なスペアリブが入っており、軟骨まで味わえる程にしっかりと火が通されています。
スープの旨味はさっぱり系なので少し足りないかなと思われる部分もあるんですが、このスペアリブと一緒になると足りない部分を補ってくれてちょうど良いですね。

個人的には濃厚、ガツンとくる系のスープカレーが好きなので、好みとは違う方向性ながら、これはこれで美味しいと思えるものでした。
カレー度合いよりもスープ度合いの方が強いかもしれません。

女性に受けそうな上品な味ですよ。

評価:★★★☆

カレー日記



北海道 豊平峡温泉「ONSEN食堂」タンドリーMIXセット




ドーキシミキカレー




がんじす(チキンカレー)そば


札幌から車で1時間少々の山の中にある豊平峡温泉。
こちらの売りは露天風呂と、何故かインドカレー!?
何なんだそれは!?

というわけで行ってきました。
今回の旅のメインはこちらでした。

温泉に入らずとも食事だけでも寄れるお店ですが、もちろん温泉も入ってきましたよ!
最高の露天風呂でした!
さて、温泉については置いといて、カレーです。

3人で行ったのですが、タンドリーMIXセット、ドーキシミキカリー、がんじすの3つをシェア。
タンドリーセットは野菜カレーとタンドリーチキンのセット。
ドーキシミキカリーはチキンカレーとトマトとなすのカレーのセット。
そしてがんじすはチキンカレーの蕎麦です。

こちら、インドカレーのみならず十割蕎麦も売りにしているんですよ。
あとジンギスカン。
まったくもって不思議な取り合わせですw

何故そうなったのかとお店の方に聞いてみると、こちらのオーナーが元々はすすきのでインドカレー店を営んでいたんだそうです。
それがこちらの温泉に仕事を鞍替えすることになり、せっかく雇った外国人シェフ達を国に返すのも忍びないということで、そのまま温泉の名物として一緒に連れて行ってこうなったんだそうです。

温泉とインドカレーというミスマッチが面白いだろうということで、実際それが集客につながってもいるんだそうですが、やはり温泉だったら日本料理もということで蕎麦も出し、北海道料理もということでジンギスカンも出しているという流れのようですね。

味については、ごく普通のインドネパール系カレーです。
シェフはネパール人だそうです。

インドカレーを使った蕎麦は面白いですね。
蕎麦つゆとチキンカレーが混ざり、個性的な美味しさになっていました。
やはりインドカレーと蕎麦って合うと思います。
他のお店もどんどんやれば良いのに。

というわけで、味はぼちぼちという所なんですが、温泉と一緒にインドカレーが楽しめるなんて最高じゃないですか\(^o^)/
カレー食べて、温泉入って、その後はマッサージも受けて、思いっきり脱力して癒されました。

評価:★★★☆

カレー日記



北海道 すすきの「古典家」つくねカレー煮




香り揚げザンギ




コーヒー焼酎、割りミルク


すすきのにある居酒屋さんです。
串焼きがメインのようですが、刺身から揚げ物から色々とあります。
そしてカレーもイチオシメニューの様子。

カレーライスもあるのですが、ルーのみだったり、具が入った煮込み的なものだったりとあり、食事にもつまみにも良いです。

その中から、つくねカレー煮を食べました。

カレーは日本のカレーライスの王道的なカレー。
これだけ食べたら、まぁ普通に美味しいかなくらいなんです。
しかしここにつくねが入ることによって完成する美味しさですねこれ。

つくねから溢れる肉汁がカレーと混ざることによって旨味が増し、カレーの美味しさも足し算ではなく掛け算的にレベルアップしていました。

カレー以外の料理もいくつか頼んだのですが、軒並み美味しかったです。
香り揚げザンギなんかはザンギをサッパリと食べるには実に良いですね。

飲み物も自家製コーヒー焼酎なんてものもあり、これ、ハマりました。
コーヒー好きで焼酎好きにはたまりません。
ロックでも美味しいですし、割りミルク入れてカフェオレ的にしてもまた美味しい。

いやはや面白いラインナップです。
店内ずっと満席で、人気もあるようでしたが、それも十分納得のお店でした。
近くにこんなお店欲しいですね。
僕の家は東京なので遠すぎますが(^^;)

評価:★★★☆

カレー日記



北海道 平岸「サムライ」侍.まつり(牛すじ、豚角煮、ラム肉ラビオリ、ザンギ)




道内産若鶏の香草焼きと野菜のカレー


個人的スープカレーランキングトップ3に入るお店であるサムライ。
ちなみに他は奥芝商店とカムイです。

サムライも人気店なので支店がいくつかありますが、こちら平岸店は本店的な立場です。
もともとは美園に一号店ができたのですが、現在そちらはスープカレーではなくルーカレーのお店となり、こちら平岸店がスープカレーとしての本店的立場になっているとお店の方から聞きました。

こちらは店内も広く、非常に雰囲気が良いですね。
侍まつりを牛すじ、豚角煮、ラム肉ラビオリ、ザンギでオーダーしました。

スープカレーの美味しさは北海道で食べないと完全には理解できないと常々思っています。
なにしろ野菜の美味しさが全然違うので。
だから北海道の人気店が東京にお店を出したところで、必ずしも成功するとは限らないわけです。
北海道で美味しくても東京で美味しいとは限りません。それは様々な要因がありますが、その一番の理由に野菜の味があると思います。

というわけでまず野菜が非常に美味しいです。
にんじんの甘さが凄いですね。
びっくりします。

野菜が美味しいのは北海道なので当たり前ということで、あえての肉祭りにしたわけですが、肉もまた美味しいんです。
牛すじは初めて頼みましたがこれ大ヒットですよ。トロトロで牛すじの旨味がスープの深みにもつながっていて最高です。
ザンギもボリュームありますし、角煮も安定の美味しさ。ラム肉ラビオリは揚げた状態でご飯の上に乗せられて出てきましたが、こちらもラムの旨味をしっかり閉じ込めてありました。

平岸店限定のマンスリーメニューである道内産若鶏の香草焼きと野菜のカレーも味見させてもらったのですが、これまた美味しいです。
香草の風味がやはりスープに深みを与えていて、具がちゃんとスープとリンクしているのが素晴らしいです。

いずれにしてもこの一皿に北海道が沢山入ってるんですね。
東京在住の僕は、下北沢店に行くことが当然のように一番多く、下北沢店も大好きなのですが、やはり北海道で食べてこそです。

流石サムライ。天晴な美味しさでした。

評価:★★★★☆

カレー日記



北海道 さっぽろ「奥芝商店 創成寺」豚の丸煮と福井豆腐カリー+ごぼう、ブロッコリー(もくしば)




おくしバーグカリー(おくおく)


スープカレーも結構食べている方だと思いますが、その中でも1、2を争うくらいに好きなのが奥芝商店なんです。
本店は最高の美味しさ。
東京の八王子店も本店ほどではないもののかなりの美味しさです。

そんな奥芝商店が札幌駅近くにもお店を出したと聞いて行きたいと思いつつも僕は東京在住なのでしばらくたってしまいました。
今回北海道に行く機会ができたので、一番にこちらに伺いました。

こちらは鉄板焼きも売りにしているようで、メニューの中にハンバーグ関係が多いのが特色です。

どれを食べようか悩むくらいに豊富なメニューの中から、豚の丸煮と福井豆腐カリーを選びました。
豚の丸煮というのは、豚肉を丸めて煮た、つまりはチャーシューのような感じです。

食べてみるとやはり美味しい。
しかし、本店に比べると差があります。
んー。何なんでしょうねこの差は。
もちろん美味しいんですよ。でも、本店の美味しすぎる感じからはいかんともしがたい差があるように感じてしまいました。

カレーという料理はレシピが同じでも作る人が変わると味が変わりますから、そういうことなのかもしれません。
もしくは雰囲気の問題なのかもしれません。
本店の味を期待してしまうと落差がありますが、それを知らなければ十分美味しいと思います。

豚の丸煮も美味しかったですし、友人の頼んだおくしバーグカリーも味見させてもらったのですが、こちらも美味しかったです。
海老一本のまわりに肉つけて焼いたハンバーグで見た目にもインパクトあって楽しいですね。

接客も素敵ですし、店員さんも皆さん可愛らしいのは流石奥芝商店と言えましょうか。

僕の知る本店、八王子店、そしてこちら札幌駅前店を比べると、こちらが現状一番下位にはなってしまいますが、駅から近くアクセスが良いということ、他のお店に比べればまだ行列が短いということ、他にはないメニューがあるということなど、ちゃんと良さもあります。
これらの良さを失わないまま、さらにレベルアップしてくれたら嬉しいですし、そのポテンシャルはおおいに秘めているお店だと思います。

評価:★★★★

カレー日記



新日本橋「アウグスビール ラボキッチン」海恵カレー


昭和通り沿いにあるビール&ワインバーです。
料理は魚介系推しのようで、ランチタイムは今日の魚料理、今日の肉料理、そして海恵カレーというシーフードカレーなどがありました。

店内入ってみるとお洒落な雰囲気。
外からも中の様子が見える明るい空間です。

シーフードカレーは海老、イカ、そして何某かの貝が具です。
シーフードミックスっぽくもありますが、それとは別に海老は尻尾つきのものが飾られていました。

カレーのルーはサラサラに近いタイプ。
塩気が少し強めかなと思いつつも、魚介の旨味はしっかり出ていて、シーフードカレーの良い部分がちゃんと成り立っていたように思います。

ミニコールスローつきで730円という値段なら十分満足です。

ディナータイムはこのカレーを使ったカレーうどんもあるようです。
それも気になりますね。

評価:★★★

カレー日記



池袋「パンチョ」カレーナポ+ハンバーグ、焼きチーズ


大盛りナポリタンで有名なパンチョの池袋店です。
秋葉原店はいつも行列ができていますが、池袋はそうでもないので行ってみました。

何故行ったかといえば、ここにカレーナポリタンがあるからです。
そしてもうひとつ。トッピング無料券をもらったからですw

というわけでカレーナポにトッピング無料券使ってハンバーグ。さらに焼きチーズまでつけてしまいました。
完全に魔が差して(^^;)

量は小で。
小でも300gですからね。十分以上に多いですよ。

さて、カレーナポの味はというと、、、味がどうこういうのは野暮でしょうw
このしょっぱい味、柔らかくてもちもちした麺、それにハンバーグとチーズまでつけちゃったらさらにしょっぱく、そして超越オイリー。
これがパンチョの個性です。

その個性を良いとするか悪いとするかは人それぞれ。

そういうお店です。
こちらのお店は昔の映画のポスターなど貼ってあるのですが、そのチョイスがまた最高に良いですね。
そして80年代有線がかかっているのですが、その選曲がまた良くて。

若い店員さんも可愛らしく、笑顔でサービスしてくれました。

味うんぬんではない魅力のあるお店だと思います。

評価:★★★

カレー日記



東新宿「ひまわり」グリーンカレー


東新宿のラブホテル街のど真ん中にあるタイ料理店です。
店名はタイ料理店らしからぬものですが、店員さんもタイ人ですし、メニューも本格的タイ料理です。

まずは基本のグリーンカレーを頼みました。
単品800円。
ライス別で300円です。

鶏肉、茄子、ピーマン、パプリカ、いんげんの入ったゲーンキョウワン。
なかなか濃厚タイプで好みな方向性です。

このエリアでこの値段でこの味なら、なかなか良いんじゃないでしょうか。
新宿界隈はタイ料理店が非常に多いエリアですが、その中でもグリーンカレーに関しては中の上くらいのレベルにはなっていると思います。

美味しかったので他の料理も食べたかったのですが、この日は時間が無かったものでまたの機会に他に色々と食べてみたいお店です。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード