FC2ブログ

カレー日記



西永福「ウミネコカレー」2種盛り(ポーク、ひよこ豆)


西永福駅近くにあるお洒落なカレー屋さんです。
ポークとひよこ豆の2種盛りを食べました。
サラダもついて1200円です。

サラダは特に物珍しさはないのですが、ドレッシングが自家製で美味しいです。
ドレッシングが美味しいカレー屋さんってたいていカレーも美味しいんですよね。

というわけで期待して待ちました。

出てきたカレー、実際美味しかったです。

まず見た目が良いです。
ポークはほんのり赤、ライスは黄色、ひよこ豆は茶色。
この3食が綺麗に盛り付けられています。

ポークはポークヴィンダルー的なカレーです。
しかし王道のポークヴィンダルーではなく、それをアレンジしたというか、食べやすくしている感じではあるのですが決してダメな方向に行っているわけではなく、カレーマニアにも初心者にもどちらにも受ける味で着地しているのはセンスの良さですね。
こういうのってなかなかできないもんですから。

ひよこ豆も美味しいです。
例えるなら新宿御苑前けららのひよこ豆の辛さが減った感じと言いましょうか。
つまりは美味しいんですよ。

マスターはカレーとロックがお好きだそうで。
ライヴイベントでカレー出すこともあるようです。
もし普通にライヴ見に行って、こんな美味しいカレーが出てたら驚いちゃいますね。

個人的に西永福にはなかなか縁が無いのですが、こちらにはまた行きたいと思える素敵なお店でした。

評価:★★★☆

カレー日記



永福町「ボタアルタ」鶏のキーマカレー




ポルトガル風タコのサラダ


永福町と西永福の間くらいにあるお洒落カレーカフェ的なお店です。
ランチタイムに行きました。

カレーは4種類。
野菜、ポーク、アスパラとベーコン、鶏キーマ。
日替わりで色々と変わるようです。

その他にサラダも色々あると。
せっかくなのでポルトガル風のタコのサラダと、鶏キーマを選びました。

合わせて1000円です。

まずサラダ。
ポルトガルのタコサラダにさらに色々と野菜を加えたもので、オリーブオイルとビネガーの爽やかな味付けでした。
野菜も玉ねぎ、きゅうり、トマト、パプリカ、オリーブなど。なかなか色々と入っていて250円なら安いですね。

そしてカレー。
インドカレーの手法をベースに作ったオリジナルカレーライスといったところでしょうか。
といってもスパイス感は弱めです。
一緒にカイエンヌペッパー、ガラムマサラ、そしてソースコが出されたので、それで自分の好みに合わせて食べるスタイルのようですね。

スパイス弱めでも味のバランスは良く、やはり爽やかなカレーだと思いました。
鶏ひき肉も大きさにばらつきがあるのが良いです。
ご飯にフライドオニオンがかかっていたり、サブジ的なものがそえられていたりと、これ一皿でも十分満足できそうなカレーでした。

お店の雰囲気と良い、接客と良い、そして味と良い、実に爽やかなお店ですね。
女性受けしそうな素敵なカレー屋さんでした。

評価:★★★☆

カレー日記



笹塚「ニューナマステインディア」ベジタブルカレーセット




ポーク串焼き、マトン串焼き


笹塚と幡ヶ谷の間くらいに位置するインドネパール料理店です。
タイ料理なんかもあったりするネパール人によるアジア料理店という感じ。よくあるやつです。

通し営業なのが嬉しいのですが、僕がここに行ったのは16:30すぎ。
16:30までランチメニューを頼めたようですがギリギリアウトでした。。

夜はちょっと高くなるのかなと思いきや、夜でもお得なセットがあるじゃないですか。
カレーを全メニューからチョイスできるセットはそれなりの値段でしたが、恐らくランチと同様の、決まった中から選べるセットは1000円前後で色々あります。

その中からベジタブルカレーセットを注文しました。
野菜カレー、ダルカレー、サモサ、ライス、ナン、デザートとドリンクついて1000円でお釣りがくる値段です。

肉好きの僕としてはこれだけでは少し足りないかなと思い、串焼きメニューからマトンの串焼きとポークの串焼きをそれぞれ1本ずつ。
どちらも100円というわかりやすさです。

カレーはよくあるインドネパール系のカレー。
かなりこってりタイプですね。
セミドライタイプといっても差し支えないくらいの濃度です。

辛口でお願いしたのですが、濃さも辛さもあってか、かなり胃にずっしりとくるタイプでした。
サモサもあったからかもしれませんが。

串焼きはタンドリーチキンなどのスパイスまぶしたものを焼鳥的に焼いているものでしたが、これ、なかなか良いおつまみですね。

おつまみとして食べても美味しく、野菜カレーの中に投入しても肉野菜カレー的になって満足度高まりました。
ご飯の炊き具合も良かったです。

店員さんも熱心で笑顔の接客。
悪くないお店だと思います。

ただ、妙に胃もたれする感じはあったので、それをどうとらえるか次第ですかね。
濃いカレーがお好きな方には良いと思います。

評価:★★★

カレー日記



新宿「コバラカフェ」2種カリープレート(マトンマサラ、パラックチキン)


新宿東宝ビルの1階にあるインド料理店です。
コバラヘッタというインド料理チェーン店の系列ですね。

コバラヘッタ、苦い思い出しかありません。
なのでここも敬遠していたのですが、物は試しに入ってみました。

ディナータイムの訪問。
様々なナンが色々と食べ放題というセットを推しているようでしたが、炭水化物をあまりとらないようにしているのでそれは避け、無難に2種類のカレーのセットにしました。
カレーはマトンマサラとパラックチキンをセレクト。

ナンかライスを選べるのですが、ライスにしました。

サラダとカトゥーリに入ったカレー2つ、そしてライス、これで税込約1300円です。

食べてみると、意外なことにホールスパイスちゃんと使っている形跡が見えます。
ただ、ホールスパイスの香りが立っているかと言われると残念ながらそれはほぼ感じられないのですが、食べていくうちにふとスパイスを噛むことがあり、その時はそのスパイスの香りが少しだけ立ちます。
少しだけ立つ分、他のコバラ系よりマシですよ(^^;)

ライスにもクミンシードが入っていたりと、コバラ系にしては頑張っている方じゃないかと。
店員さんも外国人ながら一生懸命の接客でしたし。

しかしまぁ値段も安くないですからね、また行くかと聞かれるとそれは怪しいですが、色々なナンを沢山食べたい方には最初に書いたセットなんかは良いかもしれませんよ。

評価:★★☆

カレー日記



東新宿「徳川膳武」カレーつけ麺、豚増し


若松河田と東新宿の間くらいに位置するランチ限定のつけ麺専門店です。
カレーつけ麺もレギュラーメニューであり、「おそらく東京一美味しいカレーつけ麺」との謳い文句にひかれて行ってきました。

カウンターのみの小さなお店。
券売機で食券を買って出すシステムです。
麺の量によって値段が変わります。
一番少ない200gで、カレー、豚増しにしました。計950円です。

まずこの麺が面白いですね。
麦を使っているということで独特の風味があり、固めに茹でられていて食感も好きな感じでした。

そしてカレーつけ汁。
これまた美味しい。
カレーつけ麺のつけ汁としては王道の味。
魚介系の風味と肉系の深み、それをカレーのスパイスがつないでいるというような。

具はネギ、メンマ、チャーシューの切れ端が入っていました。
豚増しなので厚切りのチャーシューがさらに1枚。
これもジューシーで美味しいです。

東京で一番かどうかは人それぞれ好みがありますから何とも言えない所ですが、カレーつけ麺もそれなりに量食べている僕からしても、東京トップ10には確実に入る、もしかしたらトップ5入っちゃうかも?くらいに思える美味しいカレーつけ麺でした。

評価:★★★☆

カレー日記



月島「サニーサイドカフェ」チーズカレー




アイスコーヒー、デザート




アフォガード


これだけカレーを食べていると、結局どんなカレーが一番好きなの?と聞かれることも少なくないわけですが、僕は決まってこう答えます。
「美味しいカレーが好き」と。

カレーにも色々で、インドカレーと言っても北と南じゃ全然違いますし、タイカレー、欧風カレー、パキスタン、スリランカ、ミャンマー、シンガポール、マレーシア…
本当に色々とあるわけですが、どれも好きなんです。

そして、本格的ではない、家庭的なカレーもやっぱり好きなんですよ。
どちらかと言えば本格的にスパイスがガツンときいているカレーの方が好きですが、そういうものばかり食べていると時々優しくて癒されるカレーを食べたくなります。

こちらのお店は月島の住宅街にひっそりとたたずむ喫茶店。
北海道の菊地珈琲のコーヒーが飲めるということです。コーヒーについては門外漢なので詳しいことはよくわかりませんが、ランチについてきたコーヒーは確かに美味しかったです。

ランチメニューは日替わりのようですが、チーズカレーは常にあるようです。
カレーはこれ一種類のみ。
迷わずチーズカレーのランチにしました。

サラダとコーヒーついて1000円でお釣りがくる価格です。
カレーを食べてみると、実に家庭的。
それでいて同時にカフェ的。

例えるなら、お母さんのカレーというより、料理上手の彼女のカレーと言いましょうか。
学生時代、彼女の家に遊びに行って、こんなカレー出されたら結婚したくなっちゃうようなカレーと言いましょうかw

豚小間使ったカレールーのカレーなんですが、フライドオニオンやチーズがなかなか良い仕事していて満足度を高めてくれます。
サラダと一緒に食べれば栄養バランスも良く、なんだかとっても癒されました。

これは店員さんが可愛かったということも大きいですね。
だからこその上記のような妄想が膨らんじゃったということも確実にあります。はい。

食後のコーヒーが美味しかったのは先述したとおり。
デザートも優しい味で、お店の雰囲気も良く、食後ついついボーっとしてしまいました。

もうちょっとこの時間を満喫したかったので、デザート食べたのにも関わらずさらにアフォガードを注文。
アイスもコーヒーも好きな僕はアフォガードを嫌いなわけがありません。
アフォガード、魔法ですよね。
たいして美味しくないアイスやコーヒーでも、こうすると美味しくなっちゃう。

こちらのアフォガードは、アイスはまぁアレでしたが、コーヒーが確実に美味しいので、結果的に美味しくて問題無いです。

それにしてもこんなお店があったなんて。
月島も進化したなぁ。
またゆっくりした時間を過ごしたい時に行こうと思います。

評価:★★★☆

カレー日記



渋谷「ベルチュ」グリーンカレー




おまかせコース


ワインとシチューが売りのカフェバーです。
今回は友人の食事会で行ったのですが、幹事さんがおまかせコースを頼んでくれていました。

コースは冷製スープサラダ的なものから、海老とピンクグレープフルーツのサラダ、大根の煮びたし、魚とズッキーニの炒めもの、そしてグリーンカレーと、和洋折衷なんでも。
しかしそのどれもがちゃんと美味しいのは素晴らしいです。
ずば抜けた美味しさというよりも、着実にヒット重ねて点取るような感じと言いましょうか。

カレー以外は専門外なので、とやかく言えないのですが、カレーもちゃんと美味しいんです。

鶏肉とじゃがいも、パプリカの、マイルドなグリーンカレーは流石シチューのお店といえる奥深さ。
タイのグリーンカレーとはまた違う美味しさなんです。
でも辛味はタイのそれ的であり、個性的で良いですね。

ソムリエおすすめのワインを色々と飲んでいたら値段も結構いってしまいましたが、それでも損したとは思わず、満足できる食事とお酒でした。
マスターも面白い方で、話し込んだらネタもつきなさそうですね。

隠れ家的で面白いお店でした。

評価:★★★☆

カレー日記



有楽町「サイゴン」ベトナムカレーフォー、揚げ春巻き


有楽町駅前のビル地下飲食店街にあるベトナム料理店です。
ランチタイムはフォーを中心としたラインナップ。
春巻き等がつくお得なセットもあります。

カレーもちゃんとあります。
そして単品メニューにカレーフォーがあったので、それを頼みました。

試しにカレーフォーで春巻き付セットにできないか聞いてみたところ、春巻き単品でも頼めるということでした。

カレーフォー900円と揚げ春巻き1本200円を注文しました。

カレーフォーは王道のベトナムチキンカレーに青梗菜が乗っていて鮮やか。
他の具は鶏の手羽元、にんじん、じゃがいもと、ごくごく王道のベトナムチキンカレーですが、味はベトナムカレーとしては辛めなのが良いです。

味のバランスもなかなかで、ベトナムカレーとしてもかなり好みの方向性でした。
ベトナムカレー、妙に甘さが強いものが多く、それはそれで嫌いではないんですが、どちらかといえば辛いカレーの方が好きなので、こちらのお店の味は気に入りました。

揚げ春巻きも小ぶりでしたが春雨と挽肉の春巻きで食感も良く、美味しかったです。

1100円しましたが十分満足のランチでした。


評価:★★★☆

カレー日記



秋葉原「スターケバブ」キョフテカレー


秋葉原と言えばカレー、ラーメン、ケバブが人気の街です。
秋葉原においても特に人気のケバブ屋、スターケバブが、イートインメニューとしてカレーを始めたと知って行ってきました。
秋葉原の食文化の融合ですね。

カレーはインデラカレーとのコラボだそうで、普通、辛口、激辛とありました。
ケバブ等をトッピングできるスタイルで、キョフテカレーを辛口でお願いしました。

キョフテとは中東のハンバーグ的なもの。
これとマッシュポテト、サラダがご飯の上に乗り、具なしのカレーが皿の半分に敷かれています。

食べてみるとカレーはまぁインデラのカレー粉で作った普通のカレールーだなぁという印象で、それ以上でもそれ以下でもありません。
しかしキョフテが良いですね。
流石ケバブ専門店です。

このキョフテだけで食べても美味しいんですが、これをカレーに浸して食べるとまた美味しくて、キョフテのソースとして機能しているカレーだと思いました。

ただ、値段が1250円と、結構するんです。
これで1000円切ってればまた食べたいと思えるんですが、この値段だったらすぐ近くにもっと美味しいカレー屋はいくらでもありますからね。

とはいえ、こういうカレーと他の食文化のミックスは大好きなので、他のお店もどんどんやって欲しいと思います。
こちらのお店について言えば、せっかくカレールーを作って常備しているのだから、ケバブにカレーソースみたいなことやってくれれば良いのにと思います。
そしたらまた食べたいなぁ。カレーソースのケバブ。そういう邪道は秋葉原らしくて良いんじゃないでしょうかね。

評価:★★☆

カレー日記



大山「シマラン」アズメルセット(マトン、ほうれん草チキン、野菜)




サムンダリカザーナ、バスマティライス


オープン当初からカレーマニアの間で噂になっていたお店です。
なかなか縁の無い地域なので何かのついでで行くスタイルの僕にはタイミングが無く、今回漸く初訪問となりました。

二人で行き、アズメルセットと単品でサムンダリカザーナをバスマティライスでいただきました。

アズメルセットはカレー3種選べるセット。
マトン、ほうれん草チキン、野菜の3種をセレクトしました。

どれもこれも美味しいです。
普通のインドカレー屋と比べれば頭一つ抜きんでた美味しさかと思います。
ただ、ちょっと期待しすぎてたかなぁ。。。
今回わざわざこのお店の為にバスで行ったのですが、そこまでする程だったかと言われるとちょっと考えます。

方向性、系統としては秋葉原アールティのカレーに近いです。
アールティで以前働いていた方が厨房にいらっしゃるとの情報もあったのですが、僕が行った時にいた方はお会いしたことのない方でした。
だからこそのブレだったのかもしれません。

秋葉原によく行く僕としては、だったらアールティで良いじゃんと。
アールティの姉妹店であるチャミヤラキッチンはまた別で、わざわざ行く価値のあるお店と感じているんですが、そことここの差は何だろうなぁ。。。

サムンダリカザーナもちょっと濃厚すぎて重たい印象でした。

単純に好みの問題ですかね。

でも、味は良いですし、値段も味からしたらお手頃ですし、接客も丁寧です。
このエリアのインド料理店としてはずば抜けているとも思います。

ただ、アールティやチャミヤラ的な何かを期待しすぎたのかもしれません。
もしくは、僕が行った時が代理シェフだっただけかもしれません。

文章だけ見るとイマイチのように感じるかもしれませんが、このエリア在住在勤の方には十分以上におすすめですよ。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード