FC2ブログ

カレー日記


西早稲田「ANMOL」2種類のカレーセット(マトンマサラ、フィッシュバター)


早稲田通りのこのエリアはいつの間にかエスニック料理通りとなっています。
タイ料理のトゥンテンからはじまり、ティーヌン本店、インドネパール系のエリナーズ、ミャンマー料理のタンヨージンと、100メートル以内の並びになかなかのラインナップです。
その中でもこちらANMOLは一番新しいお店ではないでしょうか。

ディナータイムに訪問。
2種類のカレーセットをいただきました。
カレーはレギュラーメニューからどれでも選べるということで、マトンマサラとフィッシュバターで。
これにサラダとデザートとナンかライス、ドリンクついて1150円。
ナン、ライスのおかわりも可能です。
とりあえずライスでいただきました。

マトンマサラはインドネパール系でよくある感じのスパイス感よりコク重視なゆで卵入りマトンカレー。
セミドライタイプとまでいかないかもしれませんが、ドピアザに少し近い方向性です。
辛口オーダーしたのですが程良く辛く、味もこの手のお店の平均的な味。
フィッシュバターはバターチキンのかじきまぐろバージョン。
かじきまぐろが柔らかくジューシーで良かったです。

ライスもちゃんとサフランとクミンで炊いたライスで、これがおかわりできるのは良いですね。

味はごくごく普通に美味しいというレベルのものですが、店内はまだ新しいこともあって非常に綺麗ですし、外からも入りやすい明るさ。
接客も一生懸命でした。

エスニック通りでも頑張って欲しいお店です。

評価:★★★

カレー日記



大塚「じゃぽん」チキンセクワ



マトンチョエラ



ミックスベジタブルカレー、ライス


今回は二人で飲み利用。
チキンセクワ、マトンチョエラをつまみに。
カレーはミックスベジタブルをライスでいただきました。

セクワもチョエラも美味しいですが、特にマトンチョエラはがっつりニンニク効いていて辛さもしっかりあり、お酒のつまみとしてもご飯のおかずとしても良かったです。
ミックスベジタブルカレーも王道の美味しさ。

平均より確実に美味しく、値段もお手頃で、メニューも幅広く、接客も一生懸命な良いお店なのですが、まだ空いているのでお近くの方は行って損なしだと思いますよ。

評価:★★★★




大塚「メークマイ」グリーンカレー



カイジャオムーサップ




トードマンクン




パッタイ


今回は3人で飲み利用。
グリーンカレーは相変わらずの美味しさ。

その他カイジャオムーサップ、トードマンクン、パッタイをいただきました。
カイジャオはゲーンキョウワンとの相性が良い料理ですが、こちらもまさに合わせて美味しさ倍増でした。

トードマンクンも身のぎっしり感や揚げ具合が実に良い塩梅で、おすすめとメニューで謳っているだけありました。

パッタイは甘目の味付けですが、食材の火の入れ方などバッチリですし麺ももちもちで十分以上の満足感を得られました。

それでいてお会計がまた安いのがここの素晴らしさですね。

評価:★★★★

カレー日記


秋葉原「モンパカ」ひとくち燻製カレー


ビーフカツ


馬肉のたたき


最近流行の肉バルです。
燻製を中心とした肉料理のラインナップはなかなかの幅広さ。

メインとしてはパスタやカレーがあり、これも面白いですね。
洋食バルといっても良いのかもしれません。

肉料理はビーフカツ、馬肉のたたき、生ハム盛合せなどをいただきました。
どれもなかなか美味しいです。
特に馬肉のたたきは良いですね。
軽く火が通ることによってその味が深まります。
元々完全に生より炙りなど少しでも火が通っている方が個人的に好きだからかもしれませんが、それを差引しても黒コショウのきいたタレ含め、美味しかったです。

カレーは鉄板に盛ったご飯の上に燻製カレーをかけ、チーズを乗せて焼いたもの。
ひとくちと名前にはありますがひとくち以上の量があります。
普通にハーフサイズという感じでしょうか。

燻製カレーはカレールーを燻製したというか燻製味ソースとあえたというか、とにかく他のお店でも最近では食べられるようになってきていますが、その系統の味で、これをチーズと焼くことによって個性を出せている感じです。
チーズ乗せてやくと普通のカレーも普通以上に美味しくなりますから、これもまたそういう感じでしょうかね。

店員さんも可愛らしい女性が多いですし、ハイボール190円という安さもまた良いですし、なかなかに使えるお店だと思います。

評価:★★★

カレー日記


大森「セイロン345」スリランカの家庭セット(チキンカレー)

スリランカ料理のバーです。
殺風景な店内に外国人女性が一人。
店内も店外も店員さんも見た目スリランカっぽくありません。
BGM無しの無音空間。

テレビもねぇ。ラジオもねぇ。店員それほど笑ってねぇ。

なかなかレベル高い空間じゃないですか(^^;)
他にお客さんもおらず、一対一の勝負です。

色々と話しかけてメニューについて聞いてみました。

とりあえずお酒はアラックが充実していたのでそれをいただくことに。
以下僕と外国人女性店員さんの会話。

僕「アラックはどれがおすすめですか?」
店「アラックはココナッツのお酒デス」
僕「…ですよね。この中でどれが美味しいと思う?」
店「アラックはノミヤスイ」
僕「…ですよね。じゃぁ、このグリーンアップルフレイバーのやつをもらおうかな。」
店「ハイ… ん? スミマセン」

と言ってメニューを取り上げられてしまいましたが、メニューよく見て棚を探していました。

僕「あ、もしかして品切れなら他のもの頼むけど」
店「チョト、マテ、クダサイ」

2~3分探して見つけてくれました。

アラック飲みながら何を食べるかメニューと相談。
メニューにはセイロンスパイスカレーとあり、それの色々な種類があるのみ。
カレーライスばかりです。

チキンサバカレー、野菜カレーからカツカレーまで色々と。
その中に気になるメニューがあったので聞いてみました。

僕「このスリランカの家庭セットっていうのは何ですか?」
店「パパド」
僕「…あ、パパドが乗ってるってことね。うん。写真に写ってるもんね。カレーは何カレーなんですか?」
店「チキンカレーです」
僕「チキンカレーと、パパドと、何が乗っているのかな?」
店「…ワカラナイ」
僕「お、おお。。。じゃぁわからなくていいからそれください。」

もうこっちも自棄ですw
実際はチキンカレーとパパドとマンゴーのチャツネでした。

これを混ぜ合わせて食べる、スリランカスタイルです。
味は飛びぬけた美味しさではないですが、普通に美味しいですし、値段は750円ならまぁ安いんじゃないでしょうかね。

そしてカレーの前に豆料理も出してくれました。

僕「ん? これは何?」
店「豆の料理デス」
僕「うん。でしょうね。料理の名前は?」
店「…ワカラナイ」
僕「えーと、それじゃスリランカではこれスリランカの言葉で何て言うの?」
店「…ワカラナイ」
僕「お姉さんどこの国の人?」
店「ネパール」
僕「あぁ。やっぱり。それじゃ名前わからないよね。ごめんね。」

やはりスリランカ人ではありませんでした。
お手伝いなのでしょうかね。
料理は基本的にできているものの温めなおしだったのですが、豆料理もなかなか美味しかったです。

店「スリランカは、ビーンズの料理、美味しいと、聞いてマス」

やっと店員さんの方から話しかけてきてくれました。
しかし時間が来てしまったのでお会計。

お会計はカレーの780円とアラックの500円合わせて1280円。
豆料理はサービスだったようです。
と思ったのですが今ちゃんとメニュー見たらスリランカ家庭セットは750円。
30円の差は何でしょう?(^^;)
メニューのすぐ隣にあったチキンサバカレーが780円なのでそれと間違ったのでしょうか。
もしくは豆料理が30円だったのか(^^;)
いずれにしてもCP良いので文句はないですよ。

この独特の空気感、逆に面白いと思える方にはおすすめのお店です。
大森って面白いお店が沢山ありますね。

評価:★★★

カレー日記


大森「タカリバンチャ」スペシャルタカリタリ


噂の名店タカリバンチャ。
行きたい行きたいと思いつつ大森に用事ができず、やっと仕事で行く事になったので迷わず訪問です。
しかし仕事の合間で時間がなく、大丈夫かなと思いつつ店内入ってみると、まだディナータイムはじまったばかりで外は雨だったこともあり、お客さんは僕一人でした。

メニューは狙っていたスペシャルタカリタリ。
つまりダルバート。
すぐに「これください。ちょっと急いでいるのでできるだけ早く作ってくれると嬉しいです。」と伝えると、笑顔で対応してくれました。

ネパール人店員さんは「そういうお客さん、時々います。新幹線で来て、すぐに行かないといけないからと。でも大丈夫。すぐ作るから!」と。
慣れたもんですね。素晴らしい。

実際かなり早い時間で提供してくれました。
この手のお店に行くとやたら待たされるということも少なくないのですが、手の込んだダルバートがものの10分程度での提供は素晴らしいです。

食べてみるとどれも抜群に美味しい!
ダルスープは甘味を感じるもの。とろりとした食感も良く、優しい味です。
カレーはククラコマスにカシコマス。どちらも骨付きで肉の旨味がしっかりと溶けだしていて美味しいです。

サグもアルもアチャールも全部美味しくて。
当然混ぜたら新たな美味しさが生まれるわけで。

ダルバートで2000円というのはちょっと高いなと思っていたのですが、食べて納得です。
このクオリティなら高くありません。
今までに僕が食べたダルバートの中でもトップ3に入る出来栄えでした。

噂に違わぬ名店です。
わざわざ遠方から行っても損はないかと思います。
今度は何人かできて色々な料理を食べてみたいですね。

評価:★★★★

カレー日記


下落合「ブラザー」キーマカレーとけるチーズのせ


3回目の訪問。
期間限定メニューに海老カレーがあったのですが、肉気分だったので今回はキーマに。
+100円でチーズのせにしてもらいました。

今回もサラダセットにしたのですが、ここのサラダ、量がしっかりあるのが嬉しいです。
野菜たっぷり食べてカレー。実に健康的じゃないですか。

キーマはしっとり程良くスパイシー。
やはりクローブやコリアンダーシードが味を引き締めています。
がっつり香るスパイスではなく、ほんのり味を調えるスパイス感というのがこちらのお店の特徴と言えるかもしれません。

そしてチーズがまた合います。
コクが増して満足度も増しました。

やはりこちら、何を食べても美味しいお店ですね。
もっと評価されるべき隠れた名店です。

マスターとも少しずつ仲良くなれてきた気がしますw
カレー屋談義などもできましたし。

また行きます。

評価:★★★☆

カレー日記


駒込「サードアイ」サグチキン



麻婆豆腐


ハベリの跡地にできたインドネパール料理店です。
ハベリ、結構好きだったんですけどね。

こちらサードアイはインドネパール系にありがちな多国籍料理店。
インドカレーはもちろん、ネパール料理、タイ料理があるまではよくあることです。

しかしさらにこちらは中華料理や韓国料理まであるのだから幅広いですね。

カレーはサグチキンをナンで。
そして気になった麻婆豆腐もいただきました。

カレーの味はよくある感じで特筆すべき点も無いのですが、サービスでカレーにサラダをつけてくれました。

麻婆豆腐の味も決して本格的ではなく、良くも悪くも家庭的なんですが、麻婆豆腐に合うからとミニライスをサービスしてくれたり、ウーロンハイを頼むとお通しにナムルをつけてくれたりと、とにかく店員さんの一生懸命な接客は好印象でした。

しかし個人的にはしごカレーの2軒目だったので、カレーは食べましたが麻婆豆腐は全部食べ切ることができずに申し訳ないことをしました。

結果、ハベリの方が味は良かったですが、サービスや雰囲気は今の方が良いかと思います。
駅から微妙に離れた位置なのですが頑張って欲しいお店です。

評価:★★★

カレー日記



駒込「仁」和牛のドライカレー(ハーフサイズ)




スペイン風オムレツ




生レモンサワー、お通し


駒込駅東口を右に出て真っ直ぐ、アザレア通りを抜けて左に少しいくとあるカレーバーです。

店内入ってみると内装もBGMも大人な雰囲気。
カウンターのみならずテーブルもあり、それなりの広さですが、中年男性マスターが一人で切り盛りしておりました。

まずは生レモンサワーから。
お通しはポテトサラダにスモークチキンと野菜でした。
ポテトサラダがしっかり黒胡椒きいていてなかなか美味しいです。

他にスペイン風オムレツと、和牛のドライカレーをハーフサイズでいただきました。

スペイン風オムレツはどことなく和を感じる仕上がり。
コーンなども入っており、トマトソースが添えられていて、王道のスパニッシュオムレツではないのですが、このお店には合っていると思いました。

メインのカレーですが、良い意味で家庭的なお味。
自分でも自宅でドライカレーを作ることが時々あるのですが、それに何となく似ている味でした。
つまり、自分好みの味に近いということです。
和牛と野菜の上品な旨味がしっかり感じられ、スパイス感こそ一般客狙いの強すぎないタイプであるのが自作のとは違いましたが、基本的な味付けは濃すぎず好きな感じです。

大人な空間なのですが、店内に浦安鉄筋家族の仁のイラストがあったり、なんだか遊び心も感じる面白いお店です。

月曜のみランチもやっているそうです。
他のカレーも食べてみたいので、チャンスあればまた行きたいお店です。

評価:★★★☆

カレー日記


水道橋「777」ダブルセブン牛肉入り


メニューはカレーライスのみ。
鶏肉入りか牛肉入りをセレクト。
そして煮汁も鶏か牛をセレクト。
辛さを大辛のトリプルセブン、中辛のシングルセブン、その真ん中のダブルセブンをセレクト。

そういうお店です。
ダブル牛肉入り牛煮汁でいただきました。
ちょうど1000円です。
にんじんのピクルスもつきます。

一口食べてみて、かなり辛いです。大と中の間だったのですが、普通のお店の激辛レベルで辛いです。
そして味が大阪発激辛カレーのスズメバチに近いんです。

ハチではなくナナではありますが、どうやらこちらのマスターがハチのファンだったそうで。
大阪カレーと言えば最初甘くて後から辛いというスタイルですが、その後から辛いを徹底的に濃縮した感じのカレーです。

評価:★★★

カレー日記


神田「茶空楽」茶空楽カレー


神田のお茶カフェです。
お店の名前を冠した茶空楽カレーを少な目でいただきました。
少な目にすると皿が変わるようです。

サラダとスープもついて800円しないのは安くて良いですね。
米は玄米か選べるということで玄米で。

食べてみると濃度の強いカレーに茄子、ほうれん草、かぼちゃなどが入っています。
サラダには海藻が入ってたりして、とにかくヘルシーな感じですね。

お店は意外と広く、喫煙席と禁煙席がしっかりとわかれており、電源のある席もあったので、色々な場面で使えそうなお店だと思いました。

お茶メニューも沢山あったので、ドリンクのみでも使えそうなお店ですね。

評価:★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード