FC2ブログ

カレー日記


勝どき「太陽のマルシェ」かれんのカレーたい焼き


勝どき駅前のスペースで太陽のマルシェというイベントがやっていました。
屋台が集まって色々なものが食べられたのですが、その中にハコイリ♡ムスメというアイドルグループがコラボしたたい焼きのキッチンカーが出るというので行ってきました。

メンバー考案の色々な変わりたい焼きがあるなか、阿部かれんちゃんはカレーたい焼きを考案。
素晴らしい!

たい焼き生地の中にカレーとチーズが入っているという、ちゃんとわかってるセレクト。
チーズとカレーって合いますし、こういうのにカレー合わせる際にはやはりチーズが必要です。
僕が考えてもそうしました。
偉い!

チーズが溶け出したのがカリっと焦げていてそれが良いアクセントになっていて。
カレー自体の味もなかなか美味しかったですよ。

ハコイリ♡ムスメも素晴らしいアイドルグループです。
応援よろしくお願いします。

評価:★★★

カレー日記


勝どき「グーテルブレ」石窯カレーパン、タンドリーチキンとカレーソースのチャパタ


カレーパンも相当食べている方だと思いますが、恐らく過去一番回数食べているのがこちらのお店のカレーパンです。
何しろ種類が豊富で全て美味しいのだから飽きずに食べることができます。
カレーパンは朝食べることが多いのですが、自宅から近いというのも重要な要素ですね。

というわけでグーテルブレ。
今回は初めてイートイン利用してみました。
カレーパンはいつもの石窯カレーパンと、今回初となるタンドリーチキンとカレーソースのチャパタ。
50円でコーヒーも飲めるのでそれも。

イートインスペースにはレンジもあり、それを使って自分で好きなように温めることもできるのが嬉しいです。
チャパタは再加熱するまでもなく焼きたてだったのですが、やはり焼きたては格別の美味しさ。
カレーソースがまた絶妙で。

石窯カレーパンも盤石の美味しさ。
広いお店だからこそのイートインスペース。
午前10時すぎころという時間帯でしたがほぼ満席。
ここで焼きたてを食べるのが一番ですね。

評価:★★★★

カレー日記


大塚「シェ・ハラダ」ビーフカレー


カレーメインの洋食レストランです。
店内は新しいだけあって非常に綺麗で清潔感があり、落ち着いた上品な雰囲気です。

メニューはビーフカレーを中心にカレー各種、オムライス、ハンバーグなどの洋食定番メニュー。
どれも1000円ちょっとくらいな価格帯で、安いとは言えませんが高級店という程でもない感じ。

ビーフカレーをお願いしました。1300円です。

ポットではなくご飯にカレーがかかった状態で出てきました。
カレーのジャンルで言えば一応欧風カレーに入るかなという印象ですが、ボンディ系の濃厚さはなく、ライトな欧風カレーという感じです。
ご飯の量も比較的ライトで、女性でも食べやすいと思います。

味の深みはしっかりとあり、牛肉も小さ目カットながらぼちぼち入っていて食べ応えもそれなりにありました。
食べやすく万人受けするカレーライスかと思います。

がっつり行きたい人には少し足りないかもしれませんが、オードブルやスープなどもあるので、沢山食べたい人はそちらも頼めば良いわけですね。

学生さんのちょっと贅沢デートなんかにも良さそうなお店です。

評価:★★★

カレー日記


御茶ノ水「麺屋こころ」カレー台湾まぜそば+ゴロゴロチャーシュー


西早稲田にある台湾まぜそばのこころが御茶ノ水にも店を出しました。
一時期の台湾まぜそばブームでこころ以外も含めると都内にも一気にお店が増えた印象がありますが、その中でもさらに店舗増やすとは気合い入ってますね。
こちらも西早稲田とメニューは同様で、ちゃんとカレー台湾まぜそばもあります。
学生サービスがあるのも同じ。
学生街狙いということですね。

いつものカレー台湾まぜそばにゴロゴロチャーシュートッピングで注文しました。
食べた印象は、西早稲田と比べると少々ライトな印象。
味の濃さにしろ、ガッツリ感にしろ、西早稲田の方が強いんです。
とはいえこちらもしょっぱくて味濃いんですが、どうにもパンチ力が足りない気がして。

ゴロゴロチャーシューの具合はとても良かったんですけれどもね。
ニンニクが生じゃなくて卓上のフライドガーリックを自分で入れるスタイルだったからかもしれません。

カレー感も少しばかり足りない気がしましたが、これはブレの範囲かもしれません。
いずれにしても時々食べたくなる味です。

台湾まぜそば専門店にはだいたいカレー味もあり、どこで食べても大外れが無いので嬉しいですね。

評価:★★★

カレー日記



秋葉原「クリスマスマーケットインヨドバシ」カリーブルスト


クリスマスマーケットと称してクリスマス時期に各地で期間限定ショップが出ています。
主にドイツのヴルスト、つまりウインナーとかフランクフルトとかいうものやワインを提供するショップです。

こちらにカリーブルストがあります。
600円。
安くないですが食べてみました。

大きさはそれなり。
歯ごたえがちょっと弱めであり、味は普通です。
これにケチャップとカレー粉。
実にシンプルなカリーブルストです。

以前ドイツに行ってカリーブルストを食べた時、大変美味しくて安くて、これが日本でも流行れば良いのにと思っていました。
それから数年がたち、日本でも食べられる機会は以前より増えましたが、まだまだ値段は高いし味はドイツに劣るしで、流行るまではいかなさそうです。
もっと高品質のヴルストが低価格で売り出されれば良いのに。
味的には日本人の好みにも合うこと間違いなしなので、流行ると思うんですけどね。

ちなみにドイツだとこれより美味しくて、美味しいドイツパンがついて、200円程度でした。
流石本場です。

評価:★★☆

カレー日記


上野「ピアトリア」カレーパスタ+エビカツ


上野駅前にあるルエノというフードコート内にあるパスタとピザのお店です。
カレーもレギュラーメニューとしてあります。
カレーパスタがあったので食べてみました。
隣はロッテリアなのですが、こちらもどうやらロッテリア系列の様子。

カウンターで注文し、ベルが鳴ったら取りに行くシステム。
トラブルがあったのか遅くなりましたが何とか出てきたものを食べてみれば、この手のフードコートにありがちなカレーをパスタにかけただけのものでした。
エビカツはロッテリアのエビカツバーガーのエビカツですね。

お値段カレーパスタ680円にエビカツ250円の合わせて930円と安くありません。

朝7時から営業しているようなので、朝からカレー補給できるという良さはあると思います。

評価:★★☆

カレー日記


湯島「イムアロイ」ゲーンケウワンセット



プラーパットペーウワン


湯島にはディープなタイ料理の名店が数多くありますが、こちらもそのひとつ。
こちらは入り口こそビルの2階で少し入りにくい雰囲気ですが、入ってみればちゃんとしたタイ料理レストランという雰囲気で安心感あります。

しかしメニューはなかなかのディープさ。
直訳的な日本語でおかしくなっているメニュー、発音通りをカタカナ表記したので普段見慣れないようなメニュー満載です。
結局はいつものメニューだったりするわけですが、発音もこういう発音と近いんだなと勉強になったり。

例えばグリーンカレー。
ゲーンキョウワンと呼ばれることがおおいですが、こちらではゲーンケウワンだそうで。
セットで1500円という湯島価格です。
セットということでライスがつくのかなと聞いてみると、ライスかそうめんか選べるそうです。
ライスでお願いしました。

量はこの手のお店のよくある2人前サイズ。
味はタイ本国の味ですが、この手のディープな本格派タイ料理店の中では濃厚なテイストで、屋台よりレストランよりの味つけと言えるでしょう。
僕の好きな方向性に近いです。
辛さはそれほどでもありません。

もうひとつ、メニューから気になったのがプラーパットペーウワン。魚身揚げとパイナップルの辛い甘いタレいためと書いてあります。
どっちなんだよ?wという突っ込みどころのあるメニュー。
食べてみると酢豚の魚版のタイ的アレンジという感じの料理でした。
これはこれでなかなか美味しいです。

湯島のタイ料理店は値段高めのお店が多いので、こちらもそうなのですが、その中においては接客や料理のクオリティもよりレストラン的であり、良くも悪くも家庭的で屋台的なお店の多い湯島においては、一般人でも入りやすいお店と言えるのではないかと思います。

評価:★★★☆

カレー日記


新宿「かのや」カレー南蛮せいろそば+ちくわ天、煮玉子


セルフサービス方式の廉価蕎麦屋です。
カレー南蛮せいろにちくわ天と煮玉子トッピングでお願いしました。
合計700円。なかなかの安さです。

食券を購入し、カウンターに渡す際に蕎麦かうどんか伝えます。
出来上がると呼ばれて自分で取りに行きます。

味はこの手のお店としては十分な出来栄え。
特筆すべき点はありませんが、値段には十分見合っているかと思います。

また、うどんと蕎麦で使う出汁を変えているというこだわりもあるそうです。
食べ比べも面白いでしょう。

ミニ丼やミニカレーもあり、通っても飽きなさそうなところも良いですね。

評価:★★★

カレー日記


門前仲町「しまだ」カレー蕎麦


青山、錦糸町、うどん、しまだ。
看板にそう書いてありました。
青山のうどんのしまだと言えばカレーうどんが美味しいお店です。
しかし錦糸町にも店あったっけ?
というか門前仲町にもあったの?
もしかして全然関係ないお店?

わからなければ入れば良いのです。
入ってみました。
頼むのはもちろんカレーうどん。
どうやらこちらは蕎麦もあるようで。
ならばカレー蕎麦といきましょう。

出てきたカレーそば、青山のしまだのカレーとは全然違う、ごくごく普通のカレー南蛮でした。
うーん。。。
全体的に上品な味でなかなか美味しいんですが、期待していたものと違ったということは、関係ないお店なのでしょうか。
お値段1080円。
下町としてはちょっと高めの値段なのも気になりました。

評価:★★★

台湾カレー日記3


「モスバーガー」カツカレーバーガー

台湾で一番多く見かけるハンバーガーチェーンはモスバーガーではないでしょうか。
台湾のモスは日本とは違うメニューです。
こちらのカツカレーバーガーもレギュラーメニューで存在します。
台湾の飲食店は朝からやっているお店が少ないので、モスは重宝します。
モスバーガーは夏になるとカレーメニューを出すのですが、このようにレギュラーで常にカレー系バーガーあると嬉しいと常々思っている僕としては、このカレーバーガーは日本でも是非出して欲しいメニューです。

評価:★★★



台北小巨大蛋「咖哩娘(Cari de Madame)」咖哩娘牛


オムレツトッピング


台北アリーナ近くのお洒落スポットにあるカレーライスのお店です。
店内実にお洒落。
メニューというか出来栄えもお洒落で、カレーとご飯、そして肉が別々に盛られています。
牛はビーフシチューと野菜。
鶏だとローストチキンと野菜、
他に野菜カレーやカツカレーもあるようです。

ビーフシチューとしても普通に美味しいのですが、やはりカレーと一緒にするとさらに美味しいですね。
カレーはインド的手法で作ったオリジナル。
どちらかというとマイルドです。

台湾のカレーはマイルドなんですよね。
香港のカレーはスパイシーなんですが。
やはり台湾は日本のカレーに影響を受け、香港はインドのカレーに影響を受けているからでしょう。

オムレツトッピングで頼んだのですが、フライパンで焼いたオムレツを目の前でサーブしてくれるサービスつき。
ビーフシチューの上にどーんと乗せてくれました。

味はぼちぼちです。
値段はそこそこします。1500円くらいでしょうか。
もうちょっと安くても良いんじゃないかとも思いますが、お洒落スポットであるということと、店員の女の子が非常に可愛らしい台湾美女だったので、その分と考えれば妥当ですw

評価:★★★☆



「八方雲集」咖哩水餃


咖哩鍋貼


台湾の王将的餃子チェーン。
前回の台湾でも行き、美味しかったのでまた他の店舗に行ってみました。
1個から注文できるシステムは素晴らしいですね。
水餃子と焼餃子を食べ比べてみました。
どちらも美味しいですがやはり焼餃子の方が香ばしくて良いです。
値段も手頃ですし、カレー餃子以外にも色んな味があって楽しめるので良いと思います。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード