FC2ブログ

カレー日記


千葉 館山「MON」フライドエッグカレー


館山駅東口出てすぐ近く。
文字通り駅前にあるカレーメインの喫茶店です。
朝8時から開店。
モーニングメニューにもカレーがあるという嬉しいお店です。

朝はハンバーグや揚げ物の仕込みがまだということで、ノーマルのカレーか卵のカレーのみ。
卵は生かフライドエッグ。
フライドエッグカレーをいただきました。

ご飯の上にフライドエッグを乗せ、カレールーぶっかけタイプ。
一口食べてみると想像していた喫茶店カレーと違います。
ほのかな苦味と適度な辛味があり、それが美味しさに直結している深みのあるカレーなんです。

これは下手なカレー専門店より確実に美味しいですよ。
卵の火の通り具合も程良く、福神漬けも大根だけの安いやつじゃありません。ちゃんと7種の野菜が入った福神漬けでした。

いやはや御見逸れいたしました。
これが650円というのは実にお得ですね。

後日コーヒーだけ飲みにも行ったのですが、なんだか居心地が良いんです。
電源もあり、携帯の充電も可能なあたりがまた助かります。
充電しながらゆっくりと読書させていただいたんですが、カレーを食べに行った時のことを覚えてくださっていたようで、「先日はありがとうございました。もうお店暇な時間なんでどうぞ気にせずごゆっくりしていってくださいね。」とお声かけいただき、遠慮なく携帯の充電も満タンにさせていただきましたw

いつかまたカツカレーやハンバーグカレーも食べに行きたいお店です。

評価:★★★☆

カレー日記


千葉 館山「リッキー」スパイシーポークカレー


鮮魚のカルパッチョ(鯵)


館山駅から徒歩10分程度の場所にあるアークスという小さなショッピングモールの中にあるお店です。
洋食メインのお店で、夜はお酒とおつまみもあります。

外の看板にカレーの文字を発見したので入ってみることにしました。
ディナータイムに訪問。
白髪まじりの女性が一人で調理と接客をしていました。

メニューを見るとオムライスやパスタなどもあります。
オムカレーが良いなぁと思ったのですがオムカレーはメニューに無く。
頼めばやってくれたのかもしれませんが、スパイシーポークカレーというのも同時に気になったのでそちらにしてみました。

そしてせっかく海沿いなのでシーフードも食べたくなり、鮮魚のカルパッチョも一緒に。

お酒気分ではなかったので飲み物は頼まなかったのですが、特にオーダーを求めたりもしなかったので食事のみの気軽な利用でも大丈夫なようです。

まず出てきたカルパッチョ。
今日は鰺だそうです。
バルサミコ酢とオリーブオイルの王道カルパッチョで、トマト、大葉、かいわれなど、和と伊の良い感じなミックス具合。
鰺も良い感じで美味しいです。

そしてカレー。
洋食屋の王道的カレーかと思いきや違いました。
野菜をフードプロセッサーか何かで細かく砕いたものがベースのルーで、小麦粉や余分な油を使わないタイプのヘルシーカレー。
スパイス感はそれほど強くありませんでしたが、カレー粉そのままの味ではなく、ちゃんとこだわってバランスの良い味に仕上がっているのは驚きでした。

このカレーに豚バラを煮込んだものが加わった形で、豚バラの甘味や旨味が加わって完成した味となっていました。
街の洋食屋でこういうカレーが出てきたら僕は喜んじゃいます。

しっかりとこだわって丁寧に作ってある料理だなと思いました。
おつまみメニューは家庭料理的なものも多かったのですが、この感じだと全部美味しいでしょうね。
飲みに行くのも良いかと思います。

僕は都内在住なのでそうそう行けませんが、館山に住んでいたとしたら通うでしょうね。

評価:★★★☆

カレー日記


千葉 蘇我「メハマン」ミニ2カレーセット(マトン、シーフード)


千葉へ旅行の途中、乗り継ぎで時間が空いてしまったので途中下車して駅近くにあるこちらに行ってみました。
ランチタイムに訪問。
ミニ2カレーセットをマトンとシーフードで注文。

外国人店員さんがどうにも覇気が無いというか暗いというか、雰囲気が明るくないのが気になります。

食べてみるとやはりそんな感じの味なんですよ。
インド味ではあります。
この手の店によくある感じのネパール感はそれほどなく、王道北インドの味。
ただ、その、北インドの、あんまり良いとはいえない感じのお店の味に近いんですよね。
北インドの観光地の観光客目当てのやる気のないお店の味が、ちょうどこんな味だったなぁと。。。

これで1000円超えてしまうのはちょっと高いなぁと思いました。
せっかく途中下車したのに。
その分の切符代も損した気分になってしまいましたよ。。。
ま、それは僕の勝手なんですけどね(^^;)

評価:★★

カレー日記


秋葉原「クレイオーブン裏秋葉」チーズナンセット(ラム、サグプローン)


グラスがあった場所がいつの間にか新しくなっていました。
今度のお店はクレイオーブン裏秋葉というだそうで。
クレイオーブンってのはつまりタンドールのことですかね。
名前のセンスからしてオーナーは日本人でしょうか。

ランチタイムに訪問。
メニューを見ると個性的。
インドカレーメイン(正確にはインドネパール系)ですが、焼き魚定食や、あんかけライスなどといった独自すぎるラインナップが気になりますw

しかしここは一回目ですし、カレーがないと僕の場合意味がないのでチーズナンセットをいただくことにしました。
カレー2種セレクトということで、ラムと、おすすめの印がついていたサグプローンをセレクト。

メニュー良く見るとフィッシュフライもデフォルトでついてくるという不思議さ。
しかもほぼすべてのメニューにフィッシュフライつくんです。
自信作なのかな。

と思って楽しみに待っていると、出てきたターリーの中にそのフィッシュフライが無いじゃないですか。
頼もうかと思ってよくよく見たらライスの上に小さな小さなフィッシュフライというか、スパイス感の弱いフィッシュティッカのようなものが一切れだけ乗っていました。

うーん。
やはり謎です(^^;)

味はインドネパール系のごくごく一般的な味でそれ以上でもそれ以下でもないです。
スープとサラダとドリンクもついて1000円ちょい。
チキンティッカもつくので値段としてはまぁ妥当でしょうか。

それにしてもこのメニュー構成というか編成が謎ですね。
一般的なインドネパール系カレーが好きな方なら悪くないお店だと思います。

評価:★★★

カレー日記


豊洲「リブラボキッチン」焼きカレー


豊洲にある企業ビルの一階レストラン街に入っているお店です。
このレストラン街がお店はそれなりの数入っているもののカレーがほとんどなく、僕のようなカレー馬鹿としては実に困ったレストラン街(^^;)
専門店じゃなくともカレーメニューさえあればとくまなく探した結果、見つけたのはここともうひとつだけでした。
もうひとつはサービスでカレールーがつくスタイルだったので、ちゃんとメニューとしてカレーがあるのはここだけ。

というわけでこちらに。
所謂お洒落カフェで、何がメインかと言われるとよくわかりません。
肉なのかもしれないしタパスなのかもしれないし、よくわからないけどとりあえずお洒落。そんな感じ。

ランチメニューも何種類かあるんですが、カレーは焼きカレーひとつのみ。
こちらを注文しました。

タパスが3つついてドリンクバーがついて1000円オーバー。
タパスといってもミニミニサラダと、ミニミニポテトサラダに乾いたバケット、そしてスープ。
これだったらタパスにせずとも一皿でミニサラダで良かったんじゃないかと思うくらい。

まぁお洒落ですからね。
そういう問題じゃないのでしょう。
お洒落感が大事なのでしょう。

カレーは鉄板の上にご飯。その上にカレーかけてチーズのせて野菜のせたタイプ。
さらにその上にスパイスが結構かかっています。
このスパイスがガラムマサラではなく、どちらかというとケイジャンスパイス的で、それが面白いといえば面白いです。
ただ個人的にはカレーに合うかと言われると疑問であり、やはりお洒落だなぁと。

お洒落というのも色々で、良いお洒落悪いお洒落あるわけですが、どちらなのかはご想像にお任せする形で終わりたいと思います。
一般的読解力のある方ならわかると思いますが。

評価:★★

カレー日記


池袋「サイアムセラドン」茄子とチキンのグリーンカレー


前菜、アイスジャスミン


ヤムウンセン


マンゴープリン


池袋東武レストラン街に入っているタイ料理店です。
チェンマイ地方の料理に力を入れているチェーン店です。
他の店舗だと食べ放題などをやっているイメージだったのですが、こちらの店舗は食べ放題ではなくセット推し。
ディナーセットをいただきました。

メインをいくつかから選ぶのですが、カレーはグリーンカレーのみだったのでそれをセレクト。
ちなみにアラカルトだとゲーンハンレーなどあって気になり、追加料金出すのでそちらに変えてくれないかと頼んでみたもののNGでした。

まず前菜3種。
生春巻きを小さくカットしたもの、きゅうりと卵の炒めの冷製、トードマンクンを小さくカットしたものの3つでした。
ドリンクはジャスミン茶をセレクト。
どれも無難に美味しいです。

サラダはヤムウンセン。
これ、美味しいです。
できたてホカホカヤムウンセンで、魚介もたっぷり。
これはここのお店行ったらマストかもしれませんね。

メインのグリーンカレーは茄子と鶏肉入り。
高級感ある上品な仕上がりです。
タイの高級レストラン的グリーンカレーだと粘度もあったりする場合もありますが、こちらはサラサラ。
それでいて上品。
辛さも香りも控えめですが決してきいていないわけではなく、日本人受けする味と、タイ料理マニアにも納得できる味のちょうど真ん中くらいのところでまとめられているのは流石ですね。

デザートはマンゴープリン。
これも無難な美味しさ。

トータルするとやはり納得できるクオリティであり、約2000円ほどのディナーセットですが割高感はなく、満足でした。
特にヤムウンセンの美味しさが印象的でした。

評価:★★★☆

カレー日記


築地「サンガム カフェ&バー」魚のグリル ライス&キーマカレー、マライティッカ


築地界隈に何店舗か広げているインドネパール系のチェーン店サンガム。
また新しいお店がオープンしました。
サンガムカフェ&バーと名付けられたその新店は、アパホテルの1階にあり、ホテルレストラン的な意味合いも兼ねています。

そのせいかメニューも他のサンガムと違う部分があります。
まずメニューの最初にパスタがあるということ。
しかしパスタがメインということではなく、あくまでメインはインドカレー。
ただ、最初にパスタを持ってくることによって、インドカレーだけじゃないということを知らせる意味が出てくるんでしょうね。
最初にインドカレーで後にパスタがあっても気づかない場合が多いでしょうが、最初にパスタなら違和感で気づきますから。

他にも魚のグリルというメニューもあり、面白そうだったのでそれを注文。
ちゃんとキーマカレーとライスもついてきます。

サイドオーダーでマライティッカが一つ200円とお手頃だったのでそれも一緒に。

サービスでサラダもついてきました。

まず魚のグリル。
フィッシュティッカではなく、かじきまぐろのグリルです。
粉をまぶして塩コショウでグリルしたかじきまぐろ。
これとキーマカレーという組み合わせはなかなか他にありませんね。
特に合うというわけでもありませんが、合わないわけでもなく。
まぁカレーはだいたいどんなものにもまぁまぁ合うので、これもまぁまぁ合うという感じであり、予想通り。

マライティッカはちゃんとミントソースつき。
大きさも小さすぎず、200円としたら悪くないです。

ドリンクもついて合計1100円。
悪くないんじゃないでしょうか。
他メニューの最安値があまり安くないので、他のサンガムと比べるとただカレーだけ食べたいなら微妙かもしれませんが、ホテルレストランスタイルのサンガムと考えれば存在価値はあると思います。

評価:★★★

カレー日記

銀座「トップス」カレーコース

トマトフレンチサラダ、ヴィシソワーズ


山形豚グリルのカレー


生チーズケーキ、アイスコーヒー


欧風カレーとケーキのチェーン店トップス。
値段は少々高めですが安定感のあるチェーンといえるでしょう。

今回は銀座店に初訪問。
せっかく銀座なので少し贅沢気分を味わおうと、カレーコースでお願いしました。
3100円です。なかなか高いでしょ。

コースなので最初はサラダとスープから。
サラダはトマトフレンチサラダ。
トマトメインのサラダでドレッシングがフレンチ的。
普通に美味しいです。

スープはヴィシソワーズ。
これまた無難に美味しいです。

メインのカレーは山形豚のグリルカレーをセレクト。辛口と甘口が選べるのですが辛口でお願いしました。

豚のみならず野菜のグリルも一緒についてきて良い感じです。
カレールー自体には具が入っていませんが、しっかりと欧風テイスト。
ただこれもボンディ系列のようなインパクトがあるわけでもなし、100時間カレーのような個性があるわけでもなし、とにかく無難で普通に美味しいんです。

この、無難さと普通に美味しいというバランス感こそトップスの良さといえるのではないでしょうか。
つまりは一般受けであり、万人受けなんです。

カレーばかり食べている僕のような人間からすると、正直物足りません。
それでいて値段は結構するので、だったら他にもっと良い店いくらでもあると思ってしまいます。

ですが、その値段でも損させたと思わせないような接客の丁寧さや、お店の雰囲気、そして無難にであり、普通にではありますが、ちゃんと一定水準以上で美味しいと思える味なので、なんだかんだと各地のトップスにたまに行っているわけです。

全然ダメだったら他の店舗にも行かないでしょうからね。

最後のデザートは生チーズケーキをセレクト。
しっかりしたタイプのチーズがそのままケーキになったような感じで、トップスらしいなと思いました。
ケーキも無難で一般受けする美味しさですね。

カレーマニアのような方にはあまりおすすめできませんが、一般的なカレー好きな方でお金に余裕がある方には良いお店だといえるでしょう。

評価:★★★

カレー日記


麹町「シディークパレス」ミックスタカタック


サモサチャート


シディークといえばインドパキスタン系のカレーチェーン店として店舗数もかなりあります。
その系列なのですが、こちらシディークパレスは高級路線。

以前麻布十番にシディークパレスが存在し、そちらは他のシディークと比べて頭一つ以上抜けて美味しく、人気もあったのですが、2015年9月に惜しまれつつ閉店。
そちらのメニューを引き継いでいるのがこちら四谷麹町店というわけです。

平日夜はベリーダンスのショーも定期的に開催しているということで、店内もゴージャスなつくり。
麻布十番店を思い出させます。

メニューはセットもありますが、やはりここはアラカルトから。
麻布十番店でも名物だったミックスタカタックをメインに、前菜的にサモサチャートをお願いしました。

まずサモサチャート。
サモサをくだいたものにヨーグルトベースのソースがかかっています。
どことなくアルティキを思わせるような感じでなかなか美味しいです。

そしてタカタック。
羊のハツ、腎臓、脳、ラムチョップなど、色々な部分を細かく切って混ぜてスパイスで和えつつ炒めた料理です。
言ってみれば羊のホルモンカレー炒めという感じ。
ほんのりと癖もあるのですが、カレーがその嫌な部分は消してくれていて美味しいです。

腎臓や脳が苦手という人には、値段が少し高くなりますがラムチョップだけで作ったタカタックもあるので、そちらも良いかもしれませんね。

とりあえずシディークパレスっぷりは健在のようで一安心しました。

評価:★★★☆

カレー日記


「タリーズコーヒー」サラダピッツァ タンドリーチキンカレー


全国的に展開しているコーヒーのチェーン店です。
こちらのフードメニューにサラダピッツァという、野菜を中心としてピザサンド的なものがあるのですが、2016年夏はタンドリーチキンカレーというカレーメニューが加わっています。

サラダピッツァの名が示すとおり、レタスメインの野菜は多め。
ただ、生地がピッツァというよりはパンに近いですね。
厚みはそれなりにあり、しっとりとした食感です。
ナンっぽくもあります。

タンドリーチキンカレーの方はというと、予想よりも辛め。
一般的な中辛より少しピリ辛という感じでしょうか。
ただ、パンに甘味があるのと、野菜も多めなので、辛さがそれほど気にはなりません。

個人的バランスとしてはこのくらい辛い方が美味しいと思いました。

お値段が安いわけではないのですが、これなら軽食としてアリですね。

評価:★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード