FC2ブログ

カレー日記


仲御徒町「金龍源」鶏肉のカレー炒め


ラム肉のクミン味炒め


カレー屋で場所を説明するなら、ラッフルズカリーの向かい。
シックダールの並びにある中華料理店です。
店頭看板にカレーの文字を発見したので入ってみました。

カレーメニューは鶏肉のカレー炒めのみ。
しかしラム肉のクミン味炒めという、カレー好きならきっと好きであろうメニューもあったので、そのふたつをいただきました。

鶏肉のカレー炒めは賽の目くらいの大きさに細かく切られた鶏肉とピーマン、玉ねぎのカレー味炒め。
お酒のつまみにも良いですし、メイン料理のもう一品追加にもちょうど良さそうな一皿。
値段も500円と安いのが嬉しいです。

ラム肉の方はクミンシードたっぷり。やはり赤青ピーマンと玉葱と一緒に炒められていてカレー炒めとかぶってしまいましたが、ラム肉は細切りのものがたっぷりと入っており、これをカレー味にしたら最高なんじゃないかなと思うような炒めものでした。

値段も全体的にリーズナブルでしたし、味もなかなか。
食事にも飲みにも良さそうなお店でした。

評価:★★★☆

カレー日記


神奈川 鎌倉「豊島屋」カレーパン


鳩サブレーで有名な豊島屋。
鎌倉駅前の扉店では鳩サブレーのみならず、パンも色々と売っていて、カフェスペースも併設されています。
色々あるパンの中にはもちろんカレーパンもありますし、カレーポンなんてのもあるんですね。

今回はカレーパンをお土産でいただきました。
食べてみれば誰もがこれぞカレーパンと思うような教科書通りのカレーパン。
普通に美味しいです。

普通に美味しいという表現はネガティヴなニュアンスが含まれることもありますが、この場合はポジティブな意味合いで普通に美味しいカレーパンです。
普通に美味しいって素晴らしいことだと思います。

よく考えれば鳩サブレーも普通に美味しいお菓子ですしねw
そういう意味でも豊島屋らしいカレーパンといえるのではないでしょうか。

評価:★★★

カレー日記


神奈川 鎌倉「日進堂」カレーパン、辛口カレーパン


駅から少々遠い位置にあるのですが、今も昔も人気のパン屋さんです。
昔ながらのレトロな店名、店構え、そして味。
しかし古いだけでなく、今の時代にも通用する古き良きパンをいただけます。

カレーパンは普通のカレーパンと辛口カレーパンがあったので、1つずつ食べ比べてみました。

カレーパン。
昔ながらの王道スタイルです。
元祖カレーパンのカトレアのスタイルと同じベクトル。
万人受けする味で、値段も安いのがまた良いじゃないですか。

そして辛口カレーパン。
こちらは予想以上に辛くて、辛いのが好きな人なら余裕でいけますが苦手な人には難しいと思えるくらいの辛さ。
激辛まではいかないもののしっかり辛口で、だからこそ味が引き締まり、普通のカレーパンより個人的にこちらの方が美味しいと思いました。

最近はおしゃれなパン屋が増えてきている中、こちらのようなパン屋さんも残っていって欲しいですよね。
温故知新という言葉もあるとおり、古いものから良いものが見つかったりすることだってあるんです。

まさに温故知新なカレーパンでした。

評価:★★★

カレー日記


品川「ラックタイ」ゲーンキオワーン


コームーヤーン


品川駅近くのビルの地下レストラン街に入っているタイ料理店です。
ラックタイは五反田など近隣にいくつかお店を構えるチェーン店。

ディナータイムに訪問。
グリーンカレーはディナータイムでもライスつき980円とお得。
税別ですがそれでも平均よりは安めだと思います。

安かったのでコームーヤーンも一緒に注文しました。

グリーンカレーはこの手のお店というか、こういう場所にあるお店としては意外なほどしっかりした辛口で、そこがまず良い感じ。
具は鶏肉、筍、茄子とシンプルでしたが、このしっかり辛いグリーンカレーが先述の値段というのはやはりお得だと思います。
こういう場所だとついつい一般的日本人の味覚に合わせて辛さ控えめになってしまい、それが結果的に味をぼやけさせることにつながっているお店が多い中、ちゃんと辛いからこその美味しさで良かったです。

コームーヤーンの焼き具合も程良く、こちらもまたなかなか。

味自体はそれぞれ十分満足だったんですが、気になった点がひとつだけありまして。。。
あくまで僕の主観なので具体的に書くことは遠慮しておきますが、少々残念に思うことが味や値段以外であったということです。

評価:★★★

カレー日記


品川「ドンピエールジェット」ビーフカレー、コールスロー


品川駅前のビルのフードコート内にドンピエールが入っていたので行ってみました。
ドンピエールといえば京橋の人気洋食店。
カレーも実に美味しいんです。
東京駅にもカレーに特化したドンピエールがありますが、こちらはどんな感じかなと思って行ってみれば、フードコートだけあって全ドンピエールの中でも最も庶民的な雰囲気。

ビーフカレーとコールスローをいただきました。
ビーフカレーは牛肉の量こそ少な目なものの、味はドンピエールの名に恥じない、フードコートとしては十分のお味。
もちろん他のドンピエールと比べれば劣りますが、お値段もその分安め設定なので問題無いです。
コールスローがちゃんと美味しいあたりも流石。

駅から近くて便利ですし、フードコートなので気軽なのもまた良いです。
水族館やステラボールの近くなので、家族連れで行くのも良さそうですね。

評価:★★★

カレー日記


神奈川 鎌倉「mbs46.7」キーマカリー季節のお野菜オープンサンド


鎌倉湘南エリアには魅力的なパン屋さんが非常に多くあるのですが、いつのまにかこんなにも魅力的なパン屋さんができていたのですね。
mbs46.7という名前からしておしゃれですが、店構えもパンも値段もおしゃれです(^^;)
しかし、ただおしゃれで味が伴っていない店が多い中、こちらはその決して安くない値段でも十分以上に満足できるお味。

日替わりオープンサンドが「キーマカリー季節のお野菜」というものだったので、それをテイクアウト。
オープンサンドなので形が崩れないように厳重に包装してくれて、これだけテイクアウトだというのに恐縮です。

まずキーマからして普通のキーマカレーではありません。
粗挽き肉がたっぷりのかなりドライなキーマ。
これにみずみずしい野菜がたっぷりと!
これでもかというくらいたっぷりと!
カレーの良もかなりたっぷりで、パンは皿の役割としてあるような感じ。

パンと具の割合が、パン1に対してカレー2、野菜3くらいの割合です。
なんとゴージャス!
大きく口を開けてかぶりつくと、味のバランスも良くて。

カレーパンの範疇に入るのかどうかわからないくらいの個性派ですが、今まで食べたカレー系パンの中でもトップ5に入る美味しさでした。
これなら多少高くても問題ありません。

今度はできたてを食べたいけど、日替わりなんですよねぇこれ。
レギュラーメニュー化してもらいたい逸品でした。

評価:★★★★

カレー日記


人形町「プラティック」ダブルカレーセット(マトン、野菜)


インドネパール系のお店です。
ランチタイムに訪問。
メニューはインドカレーのみならずタイカレーなどタイ料理もあるインネパアジア料理店。
ダブルカレーセットをいただきました。カレーはマトンと野菜をセレクト。

サラダと目玉焼きがデフォルトでついてきました。
野菜はマイルドでクリーミーな味。
マトンはよくあるインドネパール系のマトンカレーの味ですが、目玉焼きの焼き具合が絶妙で、こういうスタイルにして食べるとナンで食べるより不思議と美味しく感じます。
インドネパール系のお店はこの形をどんどん適用すべきですね。
かなり増えてきた感じはありますが。

トッピングでチキンティッカも頼んだのですが、こちらの焼き具合も程良くて。
ドリンクもついて合わせて1000円ちょっとなら悪くないです。

接客も笑顔で一生懸命。
よくある感じですが無難に悪くないお店だと思います。

評価:★★★

カレー日記


秋葉原「フジヤマドラゴンカレー」全乗せちょいワイルドカレー


秋葉原昭和通り口から岩本町方面へ向かう途中にできたカレーライス専門店です。
基本はキーマカレー。
これにネギ、ニンニク、卵の無料トッピングの有る無しを選び、その他有料トッピングをさらに選ぶシステム。

色々とちょこっとずつ乗った全乗せちょいワイルドカレーをいただきました。
無料トッピングも全乗せで。

有料トッピングはとんかつ、唐揚げ、エビフライ、ガーリックポーク、ウインナー、ベーコンとたんぱく質祭り。
ほぼ揚げてあるので油祭りのカロリー祭りでもありますね(^^;)

カレーの辛さも選べるのですが、辛口と激辛の間くらいの7にしてみたら、この重い感じのカレーが勢い良く食べられて良い感じ。
卵が生なので卵黄でマイルドにもなるわけですが、それを差引して辛さを選ぶと良さそうです。

長ネギは意外と合いますね。
ニンニクはラーメン二郎でおなじみの生の刻みニンニクなので、食後の匂いが気になる人は避けておいた方が良いでしょう。
実際このカレーだったらニンニク無くても十分食べ応えありますから。

これだけ色々と乗って1000円いかないのは嬉しいところ。
カレー自体の味は可もなく不可もなしといったところですが、とにかくカレーと揚げ物でお腹一杯にしたいという方にはおすすめです。

評価:★★★

カレー日記


成増「ぷぅじゃ」サハラスペシャルセット(マトンドピアザ、フィッシュマサラ)


2017年1月16日にオープンしたインドネパール系のお店です。
元々はサハラというお店があった場所の居抜きの様子。
サハラに行ったことがないんですが、メニューには「サハラ」とあり、まんま以前のものを使っている様子です(^^;)

平仮名でぷぅじゃといえば水道橋だよなぁと思って聞いてみると、やはり水道橋ぷぅじゃの姉妹店なんだとか。
しかし水道橋ぷうじゃのメニューとは違います。
何しろサハラのメニューなので(^^;)
このあたりはこの先変わっていくのかもしれませんが、だったら尚更サハラメニューを食べてみようということで、サハラスペシャルセットを注文しました。
カレー2種はセレクトできるということで、マトンドピアザとフィッシュマサラで。

カレーはどちらもインドネパール系の中の当たり的な味。
方向性でいえば阿佐ヶ谷のクマリとか、市川のデュセニ村とか、そういう雰囲気のリッチで濃厚な味わいです。

マトンドピアザはドライタイプではなく普通のマトンカレーに玉ねぎが入ったような仕上がりでしたが、味自体はなかなか。
フィッシュもリッチテイスト。
本格的なインド料理でもなく、本格的なネパール料理でもなく、インドネパール系の中の当たりという位置でした。

水道橋ぷぅじゃは飲み利用で使えるお店ですが、こちらは食事利用でも良いですね。
わざわざ遠方から行く程ではないかもしれませんが、近くにあったら嬉しいお店です。

評価:★★★☆

カレー写真


秋葉原「アールティ」バターチキンカレー

アルティッキ

神田「キッチン723」鶏のカレー唐揚げ2種ソース

月島「パパスバル」キーマドピアザ

ラムビリヤニ+パクチー

タンドリーフィッシュ

岩本町「カムイ」濃厚ガーリックビーフカレー
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード