カレー日記


新日本橋「ジャパリアレグナ」カレーパスタ

セットのサラダ、スープ、ドリンク
評価:★★★☆

カレー日記


門前仲町「こじまや」牛バルの肉×2カレー


国産牛トモサンカクの炙り刺し


香味野菜の牛バルサラダ


門前仲町駅すぐ近くにある牛バルです。
以前こちらはカレーランチをやっていて、気になっていたのですがいつの間にかランチ営業日が限られてしまったようでなかなか行くタイミングが無く、気になったままでした。
しかし夜にもカレーがあると知って行ってきました。

この日は仕事も忙しく、お腹が減っていたのでカレーのみならず、まずはサラダから。
香味野菜のサラダなのですが焼いた牛肉も乗っていて実にボリューミー。
それでいてヘルシー。
こういう形なら野菜ももりもりと食べられて良いですね。

せっかくの牛バルなので牛肉も注文。
国産牛トモサンカクの炙り刺しをいただきました。
これがまた美味しくて。
醤油とわさびでいただく炙った牛肉。トモサンカクとは、モモのシンタマと呼ばれる部位のさらに一部の肉。つまりは希少部位です。
サシが入って美味しい肉なんです。
炙り具合も程良くて満足。1500円程度でいただけるならお得ですね。

そしてカレー。
レギュラーとラージがあったのですが、肉もサラダもいっぱい食べたのでレギュラーで。
しっかり煮込んだ牛肉がたっぷり入ったカレーのライスの上に、炙った牛肉が乗っていました。
だから肉二倍カレーなんですね。
ステーキ屋のステーキカレーも色々と食べている方だと思いますが、その中でも上位に入る美味しさです。
しかもこれが700円程度というのは実に安い!

他にも色々と飲んで食べて、どれもなかなか美味しくて満足。
ずば抜けた美味しさというわけではないかもしれませんが、どれを食べても確かな美味しさなんです。
近隣在住、在勤の方なら、行って損無しですね。
門前仲町付近には焼肉の有名店も少なからずありますが、ここも選択肢のひとつとして覚えておくべきお店だと思います。

評価:★★★☆

カレー日記


北池袋「長寿庵」カレーせいろ


北池袋。池袋駅の隣にありながら、完全なる住宅街であり、飲食店も非常に少ないエリアです。
外食にも困る街なのですが、駅前にある蕎麦屋がなかなかに個性的。

長寿庵というありふれた店名で外観もよくある蕎麦屋な感じなのですが、念の為カレー蕎麦はあるかどうか店外メニュー見るとカレーライスがある模様。
蕎麦は蕎麦でトマトチリチーズ蕎麦なんていうかなり攻めたメニューがあるじゃないですか。
他にもロコモコチキンとか、蕎麦屋らしからぬメニューを推していたので気になって入ってみました。

カレーライスのみならずカレー蕎麦もありました。
せいろでいただけるということでカレーせいろを注文。

このカレーせいろ、普通じゃないんです。
カレー粉と小麦粉とそばつゆの王道カレー南蛮の汁ではなく、まず粉を使わないのでサラサラタイプ。
カレー粉とそばつゆがメインなつけ汁なのですが、そこに豚肉、トマト、粉チーズ、イタリアンパセリがあしらわれていてかなり独創的。
蕎麦には紫玉葱まで乗っています。
チリパウダーと一緒に出てきて、辛さ調節も可能。

面白いじゃないですか。
まず蕎麦だけ食べてみると、ちゃんと手打ちの蕎麦がちゃんと美味しいんです。
そしてカレー汁。
さっぱりとしているんですが、トマトの酸味とチーズのコクが満足度を高めてくれています。
他にない美味しさですよ。

店内も昔ながらの蕎麦屋という雰囲気なのですが、店員さんは30代くらいと思しき方が中心で、おしゃれなオリジナルTシャツを着ていてスタイリッシュ。
昔ながらの良さを残しながら今どきのスタイルも取り入れている意欲店ですね。

おつまみメニューも色々と面白そうだったので、近くに住んでいたら通っちゃうだろうなぁ。
カレーライスも食べてみたいので、またいずれ行ってみたいです。

評価:★★★☆

カレー日記


板橋区役所前「ボンベイパレス」ターリーセット(マトンマサラ、ミックスシーフード)


サラキカバブセット(ベジタブルジャルフレージー)


マトンのバーベキュー


板橋区役所前が最寄りの、ほぼ大通り沿いにあるインド料理店です。
外観はなかなかおしゃれな感じ。
日本人向けインド料理店といった雰囲気です。
ランチタイムに訪問したのですが、店内は家族連れやカップル、一人客などなど、老若男女バランス良く入っていて、地元で人気のお店なのでしょう。

カレー仲間と二人で行ったのですが、ランチメニューからターリーセットとサラキカバブセットをシェア。
メニュー見るとマトン推しだったのでマトンのバーベキューも追加注文。

ターリ-セットのカレーはマトンマサラとミックスシーフードをセレクトしたのですが、まずこのカレーが確かな美味しさ。
マトンはマトンの、シーフードはシーフードの滋味がしっかりと出ていて、素材の味を引き立てることができています。
それもそのはず。
マトンは骨付き肉が小さなカトゥーリの中にたっぷりと。
シーフードは冷凍ミックスと思しきものながら、マトン以上にシーフードが満載で、カトゥーリの半分くらいがシーフードなのではないかと思うくらいの具沢山。
そりゃ味がしっかりと出ているわけです。
これだけしっかりした味のターリーが850円はお得ですよ。
ナンはギーしっかり塗ってありましたが、仕上がりは過発酵ではなくちょうど良い塩梅でしたし。

サラキカバブセットはレシミティカとサラキカバブがついてカレー1種セレクト。
こちらは野菜で。
どれもやはり王道な美味しさ。
ライスも日本米ながらサフランライスで、炊き具合も悪くないです。
こちらは1000円ですが、やはりお得だと思えるクオリティ。

マトンバーベキューはごくごく普通レベルではあったのですが、他のマトンメニューも色々とあったのでそちらにした方が良かっただけかも。

また、メニューにカレーのカロリー表示がしてあるのも面白く、嬉しいです。
マトンは総じてカロリー低めなんですよね。
だからこそのマトン推し。
実際マトンのカレーも美味しくて。

満足して店を出ると軽く行列もできていました。地元の方はちゃんと美味しいお店を知っているんですね。
もっと評価されてしかるべきお店だと思います。

評価:★★★☆

カレー日記


千歳船橋「カルパシ」ジャパニーズターリ


ミルクと芋焼酎とマスタードシードのアイス


珈琲焼酎


ギーコーヒー


もはやカレーマニアなら知らぬものはいないといって良い程の存在感を誇るカルパシ。
浅草時代に2度行って2度フられ、千歳船橋になってからも予約の抽選に外れ、行けないままでおりました。
基本的に僕は予約しないでフラっと行ってサクっと食べることがほとんどなので、こうなるとカルパシのような予約限定で埋まってしまう超人気店にはなかなか行く事ができず。

というわけで実は初訪問なんです。

初訪問ではあるものの、ずっと気にしておりましたので、一番気になっていたジャパニーズターリの日にタイミングを合わせて訪問。
結果から先に書けば、かなり期待していたその期待を軽く上回るレベルで最高でした!

この日のメニュー、ひとつひとつ一言ずつ感想まとめます。

・新秋刀魚と梅肉のコランブ
秋刀魚のような青魚とカレーは何気に合うわけですが、タマリンド的な仕事をする梅がそれをサッパリスッキリさせてくれて実に良い塩梅です。

・柳蓼と豆腐のキーマカレー
和風麻婆豆腐カレーとでも言いましょうか。日本と中国とインドの融合です。柳蓼の麻(マー)が実に良いバランス感。個人的に麻婆豆腐カレーが大好きで色々と食べているんですが、今まで食べた中でも1、2を争う美味しさでした。

・牛バラと玉蒟蒻と山葵のカレー
凄い! めちゃくちゃ美味しい! 醤油の風味と山葵の隠し味具合。これは日本人じゃないと作れないカレーというか、カルパシじゃないと作れないカレーですね。尊い!

・根菜のダール
蓮根がたっぷり入ったダール。単体でも美味しいですし、他のカレーと合わせると良いつなぎになりました。

・スティックセニョールのサブジ
スティックセニョールとは、日本で開発されたブロッコリーに似た野菜なんだそうです。ブロッコリーと青菜のサブジのようでした。

・山形だし風カチュンバルサラダ
実は僕、ネバネバしたものが苦手なんです。そんな僕でも素直に美味しいと思える出来栄え。凄い事です。

・冬瓜と白味噌とココナッツの煮込み
白味噌と塩麹を使っているんだそうで。ココナッツ系なんですが、ちゃんと日本の味になっているんです。

・キノコのプラオ
ご飯まで妥協しません。キノコ入りのプラオ。死角なしです。

・ミルクと芋焼酎とマスタードシードのアイス
実は僕、カレーの次に好きな食べ物がアイスクリームなんです。というかカレーの後に食べるアイスが大好きで。なのでカレー程では無いものの、アイスクリームも色々と食べている方だと思うんですが、そんな僕の今年食べてアイスクリームの中で一番美味しかったのがこれです。まず柔らかさが完璧。そして芋焼酎の風味が活きているのに苦いわけではなく、マスタードシードも食感と香りに確かな変化を与えていて、これを思いつくだけで凄いし、この味で作れるなんてもう天才です。神に選ばれた料理人です。

飲み物も珈琲焼酎、ギーコーヒーといただいたのですがどちらも最高で。
なんでしょう。
カレーも全部美味しければデザートも最高。飲み物まで完璧。
走攻守揃った一流選手ですよ。
往年のカンセコのような。
例えが古いですが(^^;)

予約しない僕ですが、これはまた是非とも予約して他のカレーも食べないわけにはいかなくなりました。
久しぶりに感動しました\(^o^)/

評価:★★★★☆

カレー日記


淡路町「すき焼ゑびす本塵」愛盛り


すき焼きのお店のランチにカレーがあると知って行ってきました。
元々は焼肉屋だったところがすき焼きのお店も出した。そしてそこにはカレーもある。そんなお店のようです。

店はちょっと変わった作り。
どこに入って良いのかわからないでいると店員さんが「こちらへどうぞ」と案内してくれました。

カレーと肉豆腐が一緒になった愛盛りというのがあったのでそれをお願いしました。
カレーは牛肉入り。
和風の出汁がベースになっているカレーです。
これに肉豆腐。
肉豆腐のタレというかつゆもご飯にかかっているので、カレーと肉豆腐の味が混ざるんですが、それが良いんです。

行ってみれば豪華版カレギュウ。
カレーと牛丼が合うように、カレーと肉豆腐は当たり前のように合うわけで。
日本ならではのカレーライスですね。

お吸い物と漬物がついて1080円。
妥当な価格設定ですね。
たまにはこんなカレーも良いものです。

評価:★★★

カレー日記


小川町「ジョイアルカレー」H&Bカツカレー+温泉たまご


カレー激戦区神田エリアに2017年春にオープンしたお店です。
店内明るく、外からも見えやすい開放感ある雰囲気。
カウンターメインですが女性一人でも安心です。

カレーは主に2種類。
通常のルーと、+200円でH&Bカレーというのも選べます。
H&Bとはヘルシー&ビューティーの意。

神の草とも呼ばれるヒュウガトウキを使った薬膳カレーとのこと。
薬膳カレー好きなのでこちらにしてみました。
カツカレーがおすすめということだったのでカツカレーで。

11時台に行ったのですが、12時までのサービスでトッピングが無料でつくということだったので温泉卵で。

カレーは挽肉とヒュウガトウキのカレー。
所謂王道カレースタンドなのですが、ヒュウガトウキによる独特の香りが良い感じのスパイスとなっていて、普通のものよりも個人的好みだろうと思える仕上がり。
店長さんらしき方は「おすすめは通常のルーです」とおっしゃっていましたが、薬膳といってもクセがありすぎるわけでもなく、むしろほんの少しのクセが深みにつながっているものだったので、健康を気にする方ならH&Bが良いと思います。

カツもちゃんと揚げたて。
大きさもなかなかで満足度高いです。

また行って通常ルーも試してみたいですね。
そんじょそこらのカレースタンドとは一味違いますよ。

評価:★★★☆

カレー日記


渋谷「アジアンテーブルウダガワ」カオソイ


ムーパッチャー


はちみつレモンサワー、お通し


渋谷の宇田川町にできたおしゃれスポットHULIC&New SHIBUYAの最上階にあるタイ料理店です。
タイ料理といえば化学調味料を多用することでも知られています。
何しろタイで有名な日本語の上位に「アジノモト」が入るくらいですから。
高級店でも化学調味料を使っているお店が少なくない中、こちらのお店は化学調味料不使用、つまり無化調にこだわったお店なんです。

しかもこちらの料理の監修は、人気タイ料理店ダオタイの名物シェフ、インソンさんだというのだからその味の良さは間違いありません。
実際食べてみるとどれもこれも美味しい!

チェンマイの名物料理カオソイは、ココナッツミルクベースのカレーラーメン。
茹で麺と揚げ麺を一緒に食べるのが特徴ですが、写真ご覧ください。
見事な標高のカオソイ山脈!
これを顔と並べて写真撮ればインスタ映え間違いなしw

見た目のみならず味も無化調とは思えないほどにしっかりと深く、甘さと辛さのバランスの良い実に美味しいカオソイです。

美味しかったのでムーパッチャーもいただきました。
パッチャーとはわかりやすくいえばタイの辛味炒め的なもの。
ムーは豚なので、豚肉タイ風辛味炒めとでもいいましょうか。

これもやはり無化調とは思えない深さ。そして程良い辛さ。味付けも火の入れ具合もちょうど良いです。

飲み物も美味しく、お通しにもこだわりを感じ、全面的に死角なしの名店ですね。

個人的には化学調味料否定派ではなく、美味しければ別に使っていても良いと思っているタイプなのですが、使わないで美味しいのであれば尚良いわけで。
まだあまり知られていないお店ですが、これは穴場ですよ。

評価:★★★★

カレー日記


北池袋「らぷし」チキンと季節の野菜スープカレー

めかじきのフィンガーフライ

カレー日記


下板橋「八仙花」2種盛りカレー(マッサマン、ポークビンダルー)


2種盛りカレー(スパイシーチキン、バターチキン)


下板橋と北池袋の中間くらいの位置にあるカレーライス専門店です。
カレーはスパイシーチキンを筆頭に、バターチキン、マッサマン、ポークビンダルーの4種類。
このラインナップ見ただけでも、ある程度カレーの流行の方向性がわかっている方が作っているんだなと思えます。

2人で行ったので2種盛りを2つ。全ての味を食べられるようにシェア。

まずメインメニューのスパイシーチキン。
鶏肉がほぐれるまで煮込まれ、スパイスと野菜と混然一体になったカレー。
サリサリや極楽のカレーに近い肉の状態ですが、味的にはそちらよりもコスギカレーやシャリデスのような、つまり日本人がスパイスで作ったカレーという方向性です。

バターチキンもわかりやすく、マッサマンもタイカレーのマッサマンそのものではなく、日本人に向けた変化が感じられます。
そしてポークビンダルー。
これが一番個人的には気に入りました。

やはりインドのビンダルーそのものではないのですが、コリアンダーシードがしっかりと香り、豚肉もよく煮込まれ、濃厚なセミドライタイプのビンダルーで、他にありそうでない味。
気に入りました。

さらに良いのは全体的に安めということ。
スパイシーチキンだと500円台で食べられるのですから驚きです。

2種盛りも700円台から800円台。
ご飯は炊き方も程良い麦ごはん。ポテトも付け合わせでついてきて、これなら980円くらいが妥当。ちょっとこじゃれた街のこじゃれた店舗だと1200円くらい取りそうなくらいであり、実際1200円と言われても損したとは思わないであろうクオリティ。

隠れた名店ですよ。

もともとキッチンカーから始まったお店だそうです。
今もキッチンカー営業もしているようで。
そのせいか、開店時間などにバラつきがあり、わざわざ行ったもののお店がやっていないということが過去2回あり、3度目の正直だったのですが、粘って行って良かったです。
また行きたいお店です。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード