FC2ブログ

カレー日記


飯田橋「龍公亭」カレーライス


神楽坂にある中華料理店です。最寄り駅は飯田橋ですが、神楽坂という坂にあるんです。もちろん神楽坂駅からも歩いて行けますが、飯田橋からの方が近いですね。

こちらの中華料理店のランチにカレーライスがあると聞いて行ってきました。
カレーライスといっても、それを聞いて想像するスタイルではなく、中華海鮮カレー丼的なものです。

スープとザーサイがついてランチタイムで1200円。
決して安くはない値段ですが、食べてみれば納得のクオリティ。
まずすべての具材の火の通し具合が完璧なんです。
エビ、イカ、野菜も色々とありますが、それぞれ同じように火を通したらこうはいかないだろうという、それぞれの具材の程良い火入れ加減。
そしてイカの包丁入れの細かさ。これも美しく、そしてこの切り方だからこその美味しい食感につながっているという計算された芸術的ともいえる一皿なんです。

味は中華カレーとして理想的な味わい。
スープが良いのでしつこくなく、それでいてしっかりとコクがあります。
カレー感も薄くなく、しっかりカレー味。

中華カレーも色々あり、このスタイルのカレーも他で食べた事がありますが、このスタイルとしては随一の美味しさです。
流石の名店ですね。

評価:★★★☆

カレー日記


池袋「三笠會館」カレーランチ


銀座の老舗洋食店三笠會館。
本店はフレンチ、中華、日本料理と、様々な料理をいただける高級レストランですが、こちら池袋パルコにあるのはよりカジュアルな洋食を中心としたお店です。

デパートの飲食店街の中にあるのですが、サービスの質は流石三笠會館といえる丁寧なもの。

ランチタイムにカレーをいただきました。
夜でもいただけるインド風チキンカレーライスなのですが、サラダがついてくるのがランチのお得なところ。
カレーはインド風といってもインド料理というわけではなく、インド的洋食カレーです。

新宿の中村屋のインドカレーに近いんですが、もっと欧風っぽさが強いといいますか。

骨付きチキンのみならず砂肝も入っているのが面白く、味的にも食感的にも変化が出て良いですね。
ドレッシングの美味しさも流石。ごぼうチップスが入っているのが良かったです。

デパート飲食店としてはかなりのクオリティ。
値段は1500円とランチとしては高めですが、その分満足度も高いです。
三笠會館の名前は伊達ではありません。

評価:★★★☆

カレー日記


東池袋「エーラージ」ノンベジタリアンミールス


マトンドーサ


ここ数年で南インド料理専門店も増えてきましたが、こちらはその中ではかなりの老舗といえるでしょう。
移転前から有名な人気店ですが、移転後初訪問。
前の場所から徒歩2分くらいの場所なのでわかりやすいです。

店内入ってみると広くなり、明るくなっていて良い雰囲気。
特に厨房が広くなっていてシェフのラージさんも機嫌良さそう。

二人で行き、ノンベジミールスとマトンドーサをいただきました。

ノンベジミールスは相変わらずの品数で、全てが美味しいのが素晴らしいです。
特にマトンが絶品で、シナモンとクローブがしっかりきいていて、ワイルドなのに上品さも感じる美味しさ。

この日のミールスには僕の大好きなカルワットカレーも入っていてラッキー\(^o^)/
煮干しのカレーで、夜メニューの隠れた人気商品なのですが、昼のミールスに入っていたのは初めて。
優しい美味しさです。

そして鶏肉がほぐれた状態になっているカレーも初めて。
味的にはチキンマサラっぽいのですが形状が違うので、これは何かと聞いてみたらやはりチキンマサラなんだそうで。
ただ、しっかり火を入れたら肉がほぐれてしまい、チキンマサラとして出すわけにもいかずミールスに入れたとのこと。
しかしこれはこれで美味しいんですよ。
どことなくパキスタン感もあって。というか、サリサリ感というのが正しいかもしれませんが、とにかく大いにアリな当たりカレーでした。

マトンドーサも絶品!
以前の店舗はキッチンが狭く、ドーサ焼く場所も限られていて時間かかる上に出来も正直良くないということもあったのですが、今回はそこまで時間かからず、出来もバッチリ!
これがラージさんの本来の実力ですね。

日本人女性店員さんの接客も程良い丁寧さで相変わらず素晴らしく。

以前のマリガさんとラージさんの日常的な口喧嘩も懐かしく感じますがw、今の方が絶対良いですから。

というわけで移転してさらにパワーアップした名店です。
会計時、ラージさんも厨房が広くなって嬉しいと、目だけ笑わない独特の笑顔で喜んでいましたw

評価:★★★★☆

カレー日記


飯田橋「ラッツダイニング」激うまカリーヴルスト


飯田橋駅近くの半地下的な場所にあるピザを中心としたバーです。
店頭メニューに限定数でカリーヴルストがあると書いてあったのを発見し、行ってみました。

時間帯で飲み物の値段もサービスしていて、僕が行った時間はハイボールが190円という安さ。
ハイボールとカリーヴルストをお願いしました。

お通しはポップコーン。
カウンターに座ると隣には女子二人組。
他はカップル客と、雨の日の平日としてはぼちぼちな入り具合。

ピザを焼く専用の機械に鉄板ごと乗せたソーセージを焼き、最後にケチャップとカレー粉というスタイルです。
カリーヴルストはドイツ料理で、このスタイルと、ちゃんとカレーソースを作ってあるスタイルとあるのですが、前者の方が多いですね。
後者の方が好きなのですが。

メニューには激うまカリーヴルストとありましたが、激うまかどうかは人それぞれでしょう。

個人的には値段なりの妥当なラインかと思いました。
ちょっと焦げている部分が多めだったので、もっと火入れは弱くても良いのかなとも感じつつ。

評価:★★☆

カレー日記


飯田橋「香港贊記茶餐廳」香港牛バラカレーライス


ユンヨン


香港に行った時に茶餐廳のカレーにハマって色々と食べ歩いたんですが、日本でこのスタイルのお店はまだまだほとんどありません。
そんな中貴重な茶餐廳がこちら。

以前から気に入って何度か通っているのですが、こちらにチキンライスカレーがけなるメニューがあると聞いて行ってみました。
が、ありませんでした(^^;)
ランチ限定なのか、裏メニューなのかわかりませんが、メニューにある香港式チキンカレーも、カレーフィッシュボールも、カレービーフンも食べた事があるので、他に何かカレーは無いか聞いてみると、チキンカレーのチキンを牛バラに変更可能とのこと。
値段は200円アップしますがそれでも980円。
よく考えてみたら以前のメニューには確か牛バラカレーがあったような気も。

そしたらもうそれしかありません。
元々香港はイギリス領だったこともあり、インドカレーが食文化に融合しているからこその茶餐廳カレーであり、さらには牛肉食文化もあるので、より香港的とも言えるわけです。
実際僕が香港で食べたカレーで一番美味しいと思ったのが牛バラカレーですから。

そんなこんなで牛バラカレー。
食べてみると以前食べたチキンカレーよりもしっかりと辛い!
そしてそれがより香港的で美味しい!

シェフが変わったのか、レシピが変わったのか、はたまたチキンだと中辛で牛バラだと辛口になるかはわかりません。
店員さんも香港の方なので日本語がそこまで深くやりとりするのも難しく。

しかしいずれにしても、2017年11月現在では、こちらのお店のカレーで一番美味しいのは、この裏メニューの牛バラカレーライスだと思います。

食後にはユンヨンをホットでいただいて香港気分満喫。
貴重なお店ですね。

評価:★★★★

カレー日記


五反田「うどん」黄昏のロシアン


個性派カレーのお店うどん。
店名からして個性派です。

こちらのカレーは個性が立ちすぎているので、好きな人は好き、好きじゃない人は好きじゃないとはっきりわかれるカレーだと思います。
僕個人の感想としては「面白い」なんです。
他に無いカレーなので、これが食べたくなったらここに行くしかありません。

好みド真ん中ではないので、通っているというわけではないのですが、それでも過去に5~6回は行っているお店。
今回は5~6年ぶりの訪問となりました。

いただいたのは季節限定の新作「黄昏のロシアン」。
ロシアにカレーはあるのかどうかわかりませんが、基本的にはカレー文化圏ではないので少ないでしょう。
こちらはロシアのスープをベースにスープカレー仕立てにしたもののようです。

粗挽き肉、ピクルス、半熟卵が入っているサラサラなカレー。
このピクルスの程良い酸味が食欲を増進させます。
不揃いな粗挽き肉も食感を楽しくさせていますし、半熟卵を割れば味変もでき、やっぱり面白いカレーですね。

過去食べたうどんのカレーの中では一番気に入りました。

限定メニューなので、気になった方はお早めに!

評価:★★★☆

カレー日記


高円寺「青藍」カレー定食2種盛(スパイシーチキン、ポークジンジャーキーマ)


西早稲田サンデーカレーライスという人気イベントから、2017年7月〜8月にかけて高田馬場バル014で平日ランチ曲がり営業でスパイスカレー定食を提供していたシェフ梶田さんが遂に、2017年11月、ご自身のお店を高円寺にオープン!
おめでとうございます\(^o^)/

どこかなと思って行ってみれば高円寺の老舗コロンボの隣じゃないですか。
そしてコロンボ、いつの間にか閉店してしまったんですね。

高田馬場時代にハマったスパイスカレー定食を食べようと思ったら2種盛もある!
スパイシーチキンとポークジンジャーキーマの2種盛の定食をお願いしました。
食券制とのことで、食券購入しカウンターで受け渡し。

見た目も最高に美しく、見ただけで美味しいとわかるルックス!
食べてみれば期待を裏切らない美味しさ!

花椒が印象的な香り高いカレーなんです。
副菜も全て美味しく、これだけ色々と乗っていますがさっぱりとしているので胃もたれしません。
尚且つスパイス感はしっかりしているので食べた後の満足感もバッチリ。

美味しいなぁ\(^o^)/

高円寺というのがまた良いですね。
ネグラ、インド富士子、豆くじらなど、大阪スパイスカレーに近い方向性のスパイシーなカレーライスを出すお店が増えてきている街。
東京のスパイスカレーは盛り上がりそうでなかなか盛り上がりきらないでいますが、女子受けも確実なカレーなので、青藍ができたことによって高円寺が東京スパイスカレーの聖地となりますように!

評価:★★★★



カレー日記


新大久保「ダルバール」ダルバトセット(マトン)


エクストラホットチキンカレー


ホットチリがいつのまにかダルバールになっていました。
カトマンドゥのダルバール広場を思い出します。

ホットチリは大久保エリアにしては少数派のインドネパール系でありながら、隠れメニュー的に本物のネパール料理があったお店なのですが、こちらは本格ネパール料理がメイン。それでいてインドネパール系もおいてあります。
メニューの主軸を変えたのか、オーナー自体が変わったのかわかりませんが、店内の雰囲気は明るかったホットチリに比べるとかなり暗く、ブラックライトが光るアジアの夜な雰囲気でした。

ディナータイムでも500円でカレーのセットがあるのは素晴らしいです。
750円でダルバートもあったのでそちらをお願いしました。
ダルバートはマトンかチキンを選べるという事でマトンで。

それとインネパメニューから気になったエクストラホットチキンカレーも一緒に注文。

まずダルバート。
素朴でさっぱりしたダル。
そしてサラサラで骨付きマトンのカシコマス。
ムラコアチャールは酸味が強めで良い感じ。
ゴルベラアチャールはフレッシュ。
ご飯の炊き具合がちょっと柔らかめな所だけ惜しかったのですが、他は十分以上の出来栄え。
だからこそご飯が惜しいんですよ。
結局サラサラなカシコマスとダルをかけたらべちゃっとしちゃいますから。
硬めに炊いてくれればなぁ。

エクストラホットチキンカレーは甘味も感じるインネパ仕様。
エクストラホットという程辛くはありませんでした。
こちらはまぁぼちぼちかな。

トータルで考えれば良い部分もあれば改善点もあるお店ですが、今後に期待できるポテンシャルは持っていると感じました。

評価:★★★☆

カレー日記


新大久保「ダバカ」アルタマカレー


カジャセット


すっかり日本のカトマンドゥと化した大久保エリア。
ネパール人によるネパール人の為のガチネパール料理店も増えましたが、続々とできる新店の中に名店発見です!

こちらダバカは大久保ネパールでは増えてきた500円ダルバートがランチでいただけるようですが、僕が行ったのは夜。
500円ダルバートは無かったものの、総じて安めな値段設定。

カジャセットは1000円しませんし、アルタマは600円台。
その2つを注文しました。

カジャセットにはマトンチョエラ、バトマスサデコ、アチャール、チウラ、そしてモモまでついてくるサービスの良さ。
そしてこのメインとなっているマトンチョエラがしっかりとニンニクとスパイスが効いていて、実に美味しい!
アチャールも辛さのバランスが良く、これで1000円しないのはかなりお得です。

アルタマもサラサラでテンパリングの深いネパールらしい仕上がり。
酸味と辛味が程良く、じゃがいもの火の通り具合もバッチリ。
チウラにかけて食べると最高です!

飲み物も高くなく、飲み放題も安い値段でやっている様子。
まだそれほど知られてないせいかお客さんは少なかったので、穴場です。
新宿界隈で飲むならちょっと歩いて、もしくは一駅電車乗ってでもここまで行く価値ありますよ!
新大久保駅からはかなり近いですから。

評価:★★★★

カレー日記


高田馬場「ビリーバルーズビアバー」ネパール人が作る日本カレー


プネウマカレーに行こうと思ったら、その隣にあるこちらの看板に目が。
「ネパール人が作る日本カレー」とあり、気になってしまいました。

気になったので予定変更。
こちらに入りました。

学生は500円、社会人は600円と、お値段は安め。
隣のプネウマさんも安いですからね。

大盛か唐揚げがサービスということだったので唐揚げでお願いしました。

食べてみれば確かに日本カレー。
具は挽肉と人参。
小さ目の唐揚げが二つ横に乗っていましたが、揚げたてではなさそうです。

ネパール人の作る日本カレー。
うーん。
日本人が作ってもきっとこうなっただろうなぁ。。。

つまり、ネパールらしさが無いんです。

スリランカカレーの名店タップロボーンには、スリランカ人が作る日本カレーともいえるジャパランカカレーがあり、そちらはスリランカカレーと日本カレーの間くらいの立ち位置で非常に美味しいのですが、こちらはネパールと日本の間ではなく、完全に日本なので面白さがありませんでした。

評価:★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード