FC2ブログ

カレーコラボ日記


福岡 祇園「THE LIFE」麻婆カレー

浅草「ウウトカフェ」麻婆チキンカレープレート

大久保「魯珈」麻婆茄子カレー×葱焼豚アチャール&炒飯

虹の仏&ハルカリコラボスペシャルプレート
虹の仏
出汁キーマ
出汁ラッサム
大根のカレー
れんこんとレーズンの和え物
うずら卵のマサラ
バナナのチャトニ
大根のヨーグルト和え
人参のココナッツミルク煮
ハルカリ
スリランカあさりカレー
パリップ
オクラのキラタ(ココナッツカレー)
長葱のテルダーラ(スパイス炒め)
水菜のサンボル
ポルサンボル

カレー日記


新橋「チャンドラマ」アルゴビ


シークカバブ


タンドリーチキンのピザ


カレー天国新橋ビルに入っているインドネパール系のお店です。
土日営業のカレー関係のお店が極端に少なくなる新橋界隈において、ちゃんと土日も営業しているのは嬉しいこと。

カレーはアルゴビをいただきました。
デフォルトでナンかライスがつくということでライスで。

カレー自体はインドネパール系、つまりは所謂インネパのカレーであり、甘さのあるクリーミーなもので、アルもゴビも確かに入ってはいるものの、インドのアルゴビとは全然違うものでした。

しかしこちらのお店の良さはカレーではないんです。
500円の居酒屋メニューがお得なんですね。

シークカバブはお酒のおつまみに実に良い塩梅ですし、タンドリーチキンのピザなんかもあり、こちらはナン生地の上にタンチキと野菜とチーズ乗せて焼いただけですが、普通のチーズナンも500円以上するお店沢山ある中、これで500円はお得ですよ。
それなりに量もありますし、味も悪くないですから。

インドネパール系は飲み利用に限ります。
新橋界隈は飲み屋が多いのですが、土日となるとやはり飲み屋も少なくなるので、そんな時にここを覚えておくと使えると思いますよ。

評価:★★★

カレー日記


新馬場「ぶらぶら」キーマカレー油そば+チャーシュー


六行会ホール近くにある油そば専門店です。
こちらの限定商品にキーマカレー油そばの文字を発見。
店内ちらっと見てみると、作っているのがネパール系の外国人。
気になるー!

というわけで入店。
キーマカレー油そばにチャーシュートッピングでオーダー。

真ん中の挽肉がカレー味というかキーマカレーということです。
食べてみると確かにカレー味ですが少々カレー感が物足りない。
しかし、全体混ぜてみると下に隠れているタレもカレーを感じるもので、しっかり混ぜるとちゃんとカレーとして完成するんですね。
なかなか面白いです。
油そばは混ぜて食べるものですから、これで良いのでしょう。

もやしと長葱も相性良いですが、無料トッピングの玉葱を加えるとさらにカレーっぽくなりました。

カレー油そば、レギュラーメニューで置いてあるお店が少ないのですが、こちらのレギュラーにしてくれればなと思いました。

評価:★★★

カレー日記


野方「きさぶろうのやきとり」もも、ささみ(カレー味)


カレーコロッケ


野方駅近く。
カレー界隈じゃない人との飲み。
時間も無いのでサクっとということで、ふらりと入ってみた居酒屋。

こういう場所でカレー味のものをしっかり引き当ててしまうのはカレーおじさん\(^o^)/の面目躍如といったところでしょうか。我ながら。

焼鳥のもも、ささみは味を選べるスタイルで、カレー味がありました。
そしてカレーコロッケもあったので、その全てを注文。

焼鳥もカレーコロッケも予想通りのものでしたが、予想通りに美味しいわけで。
普通のものが普通に美味しいって素敵なことです。
そして、普通の居酒屋でカレー味のメニューがあるのは非常に嬉しいこと。

焼鳥とカレー粉って最高に相性良いと思うんですよ。
いってみれば和風タンドリーチキンみたいなもんですから。

もっと多くの焼鳥屋さんでカレー味焼鳥が提供されるようになって欲しいですね。

味と値段と接客と場所、実にバランスの良いお店で、使いやすいです。
駅近くでサクっと飲みたい時には良いと思いますよ。

評価:★★★

カレー日記


新馬場「小さな部屋」インディアンライス


昭和の時代、喫茶店といえば朝から晩まで営業していたお店が多かったように思います。
24時間営業の飲食店など無かった頃、今のファミレス的な役割を果たしていたのが喫茶店なんですよね。

こちらのお店も昭和を感じさせる朝から晩まで営業の喫茶店です。
カレーもちゃんとメニューにありますよ。
ちなみに朝はモーニングメニューのみなので、昼からじゃないとカレーはいただけません。
一度朝行ってふられております(^^;)

そしてこちら、カレーはカレーでもちょっと面白いカレーがあるんです。
それがインディアンライス。
カレーピラフにカレールーがけというスタイル。

喫茶店のカレーというと、昔ながらのルーカレーと共に、カレー粉で味付けて炒めたドライカレーだったりカレーピラフだったり、そういうのも魅力だったりするんですが、それが一度に味わえるメニューというのは喫茶店カレー好きにとって実に嬉しい逸品。

食べてみるとドライカレーは胡椒がきいており、カレールーはデミソースっぽさがあり、どちらも個性のある美味しさ。
合わさるとさらなる個性となります。
カレー感がどちらも違うので、ただ足し算しただけではなく、部分的に掛け算になっているような美味しさなんですよ。
これは面白いなぁ。

サラダとスープもついていて、お値段も安くて。

昭和の喫茶店なので、喫煙可ということもあり、隣のお客さんが煙草吸う方だったりすると嫌煙家にとっては厳しい状況だったりもするわけですが、こういうお店ですからそれは仕方のないこと。

そのあたりも含めて、昭和ってこうだったよなぁと思い出させてくれるようなお店です。

評価:★★★

カレー日記


新馬場「アンプ」カレースパゲティ


ある朝の日のこと。
朝からカレーが食べたく、調べて見つけた朝から営業のカレーがある喫茶店に行ってみたら、朝はモーニングメニューのみでカレーが無いとのこと。
仕方なく店を出て、他に無いかと調べてたどり着いたのがこちらでした。

10時すぎ。
お店の前ではおばあちゃんが掃除していて開店準備中。

「やってますか?」
「お食事?」
「はい。カレーが食べたくて。」
「ランチはね、12時からなの。でもね、やるわよ!」

準備中の札を裏返し、入れてくれました。
なんと優しい!
以下、招き入れてくれたおばあちゃん、お店のマスター、僕の会話。

婆「カレー食べたいんだって。できるかしら?」
マ「あー、ご飯が炊けてないんだよなぁ。スパゲティとかならすぐできるんだけど。」
僕「ではそのスパゲティにカレーかけてもらったりとかしてもらえます?」
マ「いいよ、やるよ。ちょっと待っててね。」

良かった。
朝カレー達成です。

出てきたのは予想と違い、スパゲティとカレーが別皿での提供。
スパゲティは具材と共に軽い味付けしつつ炒めてあるもので、昔ながらの喫茶店のスパゲティという感じで好感持てます。
普通に茹でた麺にカレーぶっかけてくれればそれで良いと思って頼んだ僕にとっては嬉しい誤算。

カレーも玉ねぎをしっかり炒めて作ったもので、玉ねぎの甘味と旨味が味の中心にあるカレーであり、昔ながらのルーカレーが出てくると思っていた僕にとっては、これまた嬉しい誤算。

どちらもそれぞれ食べて美味しく、さらにかけて食べてみたらもっと美味しくなって。
感激しながら食べていると、途中でマスターからのサービス。

「急いで炊いたからね、蒸らし時間が足りないんだけど、カレーライス食べたかったんだもんねぇ。スパゲティじゃなんだし、このご飯はサービスだよ!」と。

嬉しすぎる!
あまりに感激していると、おばあちゃんが、

「これがね、品川なの。」と笑顔で。

最高\(^o^)/

ご飯にかけても美味しいカレー。
スパゲティにかけても美味しいカレー。
そしてこの接客。

さらにはお値段750円。

なんという素敵な喫茶店なのでしょう!
家や職場の近くにこんなお店があったら確実に通ってしまいますよ。

まったくもって近くない、僕にとっては行きにくい場所にあるお店ですが、恩返しの気持ちも込めて、また行かなくてはと思いました。
接客って、サービスって、こういうことですよね。

評価:★★★☆

カレー日記


新馬場「ラーメンひだか」カレーラーメン


餃子


見た感じ昔ながらの街のラーメン屋。
店内入ってもその印象は変わらず。

TVからは高校野球の中継。
壁にはファイターズのポスターがちらほらと。
手書きのメニューが張ってあります。

カレーラーメンと餃子を注文。

お店の大将はそれなりにお年を召した方でしたが、きびきびと無駄のない動きはベテランの矜持を感じさせます。

カレーラーメンはごくごく普通の素ラーメンにごくごく普通のカレールーをぶっかけたもの。
しかし、ここにお熟練を感じるんです。
麺硬めオーダーをしたのですが、絶妙の硬め具合。

そして何より熟練を感じたのは餃子の焼き具合です。
美しい焦げ目!
隣の人も餃子を食べていて、まったく同じようなルックスで、それを見て美味しそうだなと思って頼んだら、やっぱり実に美味しそうなルックスで。
あんの味は普通なんですが、この焼き具合なら味も良くなるってもんです。
毎回この焼き具合で出せるの凄いなぁ。

ごく普通のものがちゃんと美味しく感じられるのは、確かな技術があるからこそなんですね。
ベテランの凄味を味わえるお店ですよ。

評価:★★★

カレー日記


新馬場「ランチハウス」ハンバーグカレー


お弁当屋さんと立ち食い蕎麦屋さんがひとつに合わさっているお店です。
おばあちゃん一人でお店を切り盛り。
弁当屋の方にいると蕎麦屋入ってもいつまでも気づかれないので、ベルが置いてあったりします。

ベルに気づかず直接弁当屋に呼びにいきました。

そばも色々ありますがカレーもあるんです。
ハンバーグカレーを注文。
味噌汁つき500円です。

この手のお店のごくごく平均的な味。
何しろハンバーグついてワンコインですからね。

朝から営業しているのも助かるポイントです。

評価:★★☆

カレー日記


新馬場「肉汁らーめん 公」特カリーつけめん


新馬場の六行会ホール付近は不思議とカレー麺を出すお店が多いのですが、こちらのお店もそのひとつ。
二郎インスパイア的なお店で、カレーつけ麺があるんです。
カレーラーメンは無いのですが、カリーつけめんと特カリーつけめんがレギュラーメニューとして存在。
カレーライスもあります。

特カリーつけめんは全部乗せ的なもの。

提供直前に二郎系特有のコールがあるかと思いきや、それがなく、ヤサイトッピングしたかったのですが結局できず。
このあたりのルールは店によって違いすぎて難しいですね。

食べてみると確かに二郎系な雰囲気あります。
豚の厚みは二郎ほどではありませんが、質感や味は近い方向性。
麺はかなり二郎っぽさあります。

カレーつけ汁は悪い意味ではなく、しょっぱめな味付け。
しかし、だからこそもやしがドサっと入っても、味が水っぽく薄まることがないので、最後までしっかりと楽しめるわけです。

久しぶりに二郎系食べましたが、やはり二郎とカレーって合いますね。

評価:★★★

カレー写真


北品川「ロビンソンクルーソーカレーハウス」御殿山カレー

月島「グラブロ」鰆と夏野菜のカレー

東新宿「サンラサー」あいがけ(バイマックル香るポークキーマとポークビンダルー)

高田馬場「バインミーサンドイッチ」ベトナムチキンキーマカレー
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード