FC2ブログ

カレー日記


神奈川 関内「ラマイ」ビーフ


札幌スープカレーの人気店、関東エリアにおいても数年前と比べるとかなり増えました。
こちらラマイも札幌の人気店です。
そして、かなり早い段階から関東進出してきたお店です。

スープカレーはこちらで食べるより北海道で食べた方が確実に美味しい食べ物です。
野菜の違いや水の違いからそう感じるのでしょう。気候の違いもあるかもしれません。

ですから北海道で美味しい!と思ってこちらの支店に行くとちょっとがっかりなんてことも少なくないんです。
しかし、こちらは北海道のお店とほぼ変わらないクオリティというのが凄いところだと思います。

レシピは同じでも作る人が変わると味が大きく変わるのがカレーの面白い所で難しい所。
チェーン展開するにはそれがネックとなることが多いのですが、ラマイはそれをクリアできているんですね。

お店の雰囲気も北海道のお店と同じ方向性なのがまた良いです。

数年ぶりに関内ラマイでいただきましたが、北海道のラマイでいただいた後に食べても、十分納得のクオリティでした。

評価:★★★★

カレー日記


神奈川 伊勢佐木長者町「バーグ」スタミナカレー(玉子焼き入り)


横浜でカレーといえばバーグです。
昔っからバーグです。
今となっては他にも良いお店は沢山できましたが、それでもやっぱりバーグは外せません。

ここに行くとスタミナの焼きばかり頼んでしまいます。
でもこれが最高なんだから仕方ありません。

パンチのあるカレーと豚肉。
生卵だとそのパンチ力が弱くなってしまうのですが、焼きだとそれが損なわれずストレートに味わえるので、焼きが最高なんです。

潔い男飯としてのカレー。

色々な新しいカレーが生まれ、広まった今となっても、この昭和から続く魅力に陰りはありませんし、これからも魅力を放ち続けていくことでしょう。

横浜のソウルフードですね。

評価:★★★☆

カレー日記


御徒町「日乃屋」海老カツwithチキオニリングカレー


大阪系甘辛カレーのチェーンとしてすっかり有名になった日乃屋。
御茶ノ水にしか無かった時代が懐かしいです。

店舗ごとに独自メニューがあったりするのが日乃屋の良い所だと思っています。
御徒町店の前を通ると「海老カツwithチキオニリングカレー」なるメニューを発見。

安室奈美恵withスーパーモンキーズのようだなと思いながらも、落ち着いて考えてみるとそもそもチキオニリングって何?と。

食べてみればわかります。
そんなわけで入店。
限定メニューの海老カツwithチキオニリングカレーの七分盛りで注文。
七分盛りがあるのも日乃屋の良さのひとつですね。

海老カツにはタルタルソースがかかっていました。
そしてチキオニリング。

チキンとオニオンリングかと思いきや、鶏肉と玉葱をマッシュして合わせたものをリング状にし、それに衣をつけて揚げたものでした。
なるほど。

これだったら普通にチキンカツなり鶏のから揚げなりとオニオンリングに分けた方が個人的には好き。

日乃屋の甘辛カレーは揚げ物にはだいたい合いますから、味的には問題ありませんでしたが。

評価:★★★

カレー日記


埼玉 川越「バニトイベーグル」カレーベーグル


埼玉県を中心に展開しているベーグルのお店バニトイベーグル。
以前小江戸のバニトイベーグルで曜日限定カレーパンを食べた事があったのですが、こちらはより駅に近い方にある小さなベーグルショップといった雰囲気。

カレーベーグルがあったのでテイクアウト。

もっちりと密度の濃いベーグルに濃厚なカレー。
ずっしりと重く、食べ応え十分です。

カレーの濃度も濃いからこそ密度の濃いベーグルと合うのかもしれないですね。
カレーが薄いと負けてしまうかも。

カレーパンだとふわっとして軽い口当たりですが、こちらはズシン、ドスンと来る感じでありながらしつこさはありません。

ベーグル好きでカレー好きな方にはおすすめです。

評価:★★★

カレー日記


幡ヶ谷「jicca」豚ひき肉と野菜のドライカレー


アイスコーヒー、焼クリームチーズケーキ


幡ヶ谷駅南口から歩いて行って、老舗カレー店スパイスのほんのちょっと先、建物の2階にあるjicca。
夜はこだわりのワインと家庭料理をいただけるお店。
とホームページにはあります。
家庭料理と。

しかしこれだけクオリティ高い家庭料理はそうそうありません。

ランチタイムにはカレーとピザなんかがいただけます。
陽光がしっかりと差し込む店内は地元のおしゃれマダム達でにぎわっておりました。

いただいたのはドライカレー。
出てきてびっくり。
カレーの標高が高いんですよ。

筒状の容器に入れて形を整えたドライカレーをそのままご飯に乗せたような。
そのカレーは豚ひき肉がメインで、その中にパプリカやズッキーニなどの野菜もたっぷり。
彩りも良く、バランスも良く、味も良いです。

スパイス使いも押しすぎず引きすぎない絶妙のバランス感。
カレーマニアが食べても納得の美味しさです。

デザートにチーズケーキもいただきました。
焼クリームチーズケーキ。
クリームチーズ感たっぷり。卵焼きのような独得のしっとりした食感が楽しいです。
コーヒーも爽やか。

実は以前夜にこちらに来たことがあり、その時にはカレーが無かったのでお酒だけ飲んだのですが、それがまた何を飲んでも美味しくて。
昼なら確実にカレーがあると聞いての再訪だったのですが、大満足です。
他に焼きカレーもあるようなので、また食べに行こうと思います。

評価:★★★☆

カレー日記


幡ヶ谷「栞」キーマカレートースト(モーニングセット)


幡ヶ谷駅直結のゴールデン地下街という昭和感漂いまくるエリアにある喫茶店です。
朝から営業しているということで仕事前に立ち寄りました。

喫煙可と看板に書いてあったのですが、9時頃行くと他にお客さんもおらず一安心。
昭和の喫茶店の雰囲気はとても好きなのですが、満席状態でほとんどの人が煙草を吸っている空間は非喫煙者にとっては厳しいものがあるので。

いただいたのはモーニングセットからキーマカレートーストのセット。
目玉焼きとサラダとコーヒーがつきます。

そして一緒に出されたのが醤油とタバスコ。
これですよこれ。
目玉焼きには醤油でしょという心遣い。
トーストと醤油が合うのかどうかということは置いて。
この感じがたまらないなぁ。
好きですよ。

キーマカレートーストはトマト感強めのキーマカレーにチーズ乗せ。
盤石の美味しさです。
そしてこれにはタバスコ。
間違いなく合います。

目玉焼きの火入れ加減も良い感じで、心安らぐ朝ごはんでした。
店員さんも優しいお母さんという印象。

こういうお店、無くなって欲しくないですね。

評価:★★★☆

カレー日記


代々木公園「酒坊主」鰹の焼きつけ香味野菜と


仔羊のぬた


ポークビンダール


坊主のCurry(鯖)


大通り沿いではあるものの、シンプルなビルの二階にあり、目立った看板も特に出ていない日本酒バーなので少々わかりにくいかもしれません。
しかし店内入るとほぼ満席の人気状態。
たまたま入った直前に出た方の席を片付けようとしていたところだったので、入れ替わるようにして着席させてもらいました。

黒板メニューを見ると気になるものばかり。

鰹の焼きつけ香味野菜と。
仔羊のぬた。
ここからはじめました。

これがどちらも前菜として完璧なもの。
鰹はさっぱりと、仔羊はぬたですからしっかり味ながら、やはり最終的にはさっぱり感があり、お酒も進みます。

そしてメイン。

ポークビンダール。
鯖カレー。
これで〆ました。
そう。カレーがあるんですよ\(^o^)/

どちらのカレーも、先程の前菜も、全てがあくまで日本酒がメインであり、その日本酒を美味しくいただく為に作ったと思われるような引き算の味付けが基本です。
これ単体で食べても十分に美味しいのですが、日本酒と一緒に食べると美味しさが倍増するんですよ。
これは考えられているなぁ。

考えただけでできるものでもありません。
センスが良いとはこのことでしょう。

知る人ぞ知るお店。
色んな人に知ってもらいたいような、ここだけは知らせずにとっておきたいような、そんなお店でした。
と言いながら知らせるスタイルなわけですが(^^;)

評価:★★★☆

カレー日記


上板橋「珈琲館」インド風チキンカレーセット


上板橋駅前にある珈琲館。
外にずーーーーーっと「期間限定!」と書いたカレーフェアのメニューがあるんですよ。少なくとも2年以上あるのではないかしら。

珈琲館にも色々ですが、こちらの店内は非常に昭和感溢れる雰囲気。
広さはそこそこ。
地元在住と思しき中高年男女でにぎわっておりました。
にぎわっていたという以上の活気。
聞きたくないような話も聞こえてきてしまって耳をふさぐのに苦労するくらいの。

カレーセットをいただきました。
カレーは何種類かあったのですが、一番辛口であるというインド風チキンで。
これにサラダとコーヒーがつきます。

ご飯を少な目で頼んだのですがまるで少なくない量。
カレーは予想通りのお味。
見事予想通りです。

それは良いのです。
こんな感じかなと思ってこんな感じだろうと予想したものがその予想通りの味だったということですから。

予想外だったのは食後のアイスコーヒー。
これがね、ガムシロとミルクと一緒に提供されたのですが、僕はブラック派なのでそのまま飲んだんです。
そしたら、めちゃめちゃ甘い。。。

加糖タイプなら予めそう言って欲しかったです。
それなら頼まなかったのに。。。

評価:★★☆

カレー日記


落合「ウスケボー」特製ドライカレー


お酒のメニューは特に無し。
あるものを頼むというスタイルのバーです。

ドリンクは1000円前後するものがメインでありながら、店内は意外なまでに若い客層。
大学生に見える人もちらほらと。
僕が彼らの年くらいだった頃は、ドリンクに1000円かかるお店なんて行けませんでしたよ。
時代は変わったのですね。

フードはいくらくらいするのか、どんなものがあるのかと見てみれば、カレーがあるじゃないですか\(^o^)/

おつまみスタイルのカレーと、特製のドライカレーの2種。
どう違うのか聞いてみると、おつまみスタイルのものはバゲットでいただくカレールーだそうで、特製は雑穀米と一緒に食べるカレーライスであり、具も色々と入って豪華なんだとか。
特製ドライカレーでも1100円と、フードは高くない価格設定だったので、せっかくですしと特製をいただきました。

食べてみるとこれが実に濃厚美味!
しっとり、ねっとりとしたカレーは小麦粉の粘度というわけではなく、肉がそのまま粘度を出しているというもの。
サリサリのカレーのような粘度です。
だからといってそこまで油っこいわけでもなく。

スパイス使いが凝っているということでもないのですが、肉の濃厚な旨味とトマトの爽やかな酸味のバランスが非常に良いもので、カレー専門店にも負けないクオリティでした。

似ているわけではないのですが、ケニックカレーが好きな方ならきっとこれも好きじゃないかなぁ。
おつまみカレーも食べてみたいです。

評価:★★★☆

カレー日記


落合「ニューカリカ」チャナマサラ


スペシャルモモ


落合と東中野をつなぐ商店街にあるインドネパール系のお店です。
飲み利用でディナータイムに訪問。

そこそこ広い店内は地元在住と思しき日本人客がちらほらと、この手のお店としてはなかなかの客入りでした。

おつまみはチャナマサラとモモ。

ひよこ豆のほっくりしたセミドライタイプのカレーはピーマンの食感も良く、味付けはインネパ王道のものでありながら、個性も感じられる美味しさでした。

そしてモモ。
これが結構な大きさ!
皮は薄目、中身がとにかく多く、ニンニクのパンチを感じる美味しさ。

どちらも良い感じです。
インネパ店としてはお酒が安いわけではなかったのですが、やはり飲み利用に良いお店だと感じました。

評価:★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード