FC2ブログ

カレー日記



千葉 本八幡「サンフラワー」ブンカレー


本八幡駅北口からすぐの場所にあるベトナム料理のお店サンフラワー。
フォーやブンといった米粉の麺料理を推しているお店です。

店内は東南アジアテイストのおしゃれな雰囲気。
多くのテーブルに電源があるのも旅人やノマドワーカーには嬉しい配慮です。

ディナータイムに訪問。
ベトナムカレーはあるかなとメニューをくまなく見ていると、どうやらありません。
しかしブンカレーがありました。

カレーのブンです。
ならばそれ一択。

まず、見た目がベトナムカレーとしてはかなり色濃いので「あれ?」と思いながら食べてみると「おお!」となりました。
スパイスが強いんです。
ベトナムカレーといえばココナッツミルクを使用した優しくまろやかな味わいのものが多いのですが、これはガツンとスパイシー。
麺の上にはスパイスで味付けられたチキンがドカンと鎮座し、例えるならラーメン二郎の豚のような存在感。
これまた肉好きにはとても嬉しい。

野菜やスパイス、ハーブなどのバランス感も良く、食べながらどんどんテンションが上がっていくようなブンカレー。
こういうベトナムカレーは初めて食べました。
美味しいなぁ。

ブンとフォーだと個人的にはフォーの方が好きなのですが、それでもこれは今まで食べたどのフォーよりも美味しいし、今まで食べたベトナムカレーの中でも一番かもしれないという美味しさでした。

満足度の高い一品です。
カレー麺好きな方ならわざわざ行く価値のあるお店だと思います。

評価:★★★☆

四国カレー日記



愛媛 松山「カレーショップデリー」焼豚玉子カレー


松山駅直結のカレースタンドデリー。
デリーといえば日本のカレー界においても老舗の東京は湯島のデリーを思い浮かべますが、そこのカレーとは違う昔ながらのカレールーのカレーです。
しかしこれがね、なかなか良いんですよ。

頼んだのは焼豚玉子カレー。
どうやら同じく松山駅直結で営業しているラーメンのお店、麺小路のチャーシューを使用したコラボメニューとのこと。

これに目玉焼きが乗る、所謂チャーシューエッグです。
チャーシューエッグ好きとしてはたまりません。

まずカレーを食べてみればしっかりと牛肉が形を残して入っており、その旨味が溶け込んだルー。
日本人の郷愁を覚えさせるような安心感ある美味しさです。

そしてチャーシューエッグ。
チャーシューは今どきのほろほろではなく、昔ながらのしっかりしたものなのですが、硬いわけではなく適度な歯ごたえで、肉自体のムチっとした質感が楽しめます。
脂身と赤身のバランスも良く、脂もしつこくない。
それに半熟と生の間くらいの火入れの目玉焼き。
さらに醤油がかかっているのがポイントです。

この醤油がカレー全体の美味しさを引き締めていました。
カレーにソースをかけるのと醤油をかけるのどっちが良い?的な昭和の家庭カレーにおける議論がありますが、カレー次第だと思うんです。
ソースが合うカレーもあれば醤油が合うカレーもある。
そしてここのカレーは完全に醤油が合います。

店員のおばさまの接客も適度なフレンドリー感で、それも懐かしさを感じさせて良い感じ。

古き良きカレースタンドですね。

評価:★★★☆

四国カレー日記



愛媛 今治「KARMA」マトンカレー(トーフ)


今治タオルで有名な今治。
瀬戸内海沿いの港町で、香川の中心的な松山市駅から電車で1時間程の場所にあります。

こちらに独創的すぎるカレーを出すお店があると聞いて行ってきました。

KARMA。
店名からしてその業を感じさせます。
まず外観がなかなかヤバい。
飲食店がここにあると知らなければ確実に見落とすであろうわかりにくさ。
わかっていても営業しているのかどうか扉をのところまで行かないと気づかないような雰囲気。

扉を開ければ営業していました。
安心。
店内も独創的。
個性豊かな絵画がそこかしこに飾られており、BGMはインドに系統していた頃のビートルズ。

安心したのもつかの間、心配になってくる方もいるかもしれません。
しかし僕のような人間にはむしろ落ち着く空間。

マトンカレーを注文しました。
ご飯を豆腐に変えることができるということで、トーフチェンジで。

サラっとして油とスパイスが渾然一体となったカレーは独特の美味しさ!
他に似ているカレーがありそうで無いんです。
横浜ボンベイのボンベイカレーと近いベクトルでありながら、それとも違う着地点。
マトンは骨付きでその旨味がグレイビーと絡み合っていて美味しい。

豆腐にもよく合うんですこれが。
いやー、面白いなぁ。
サラダのドレッシングも自家製で美味しいですよ。インネパの人参ドレッシングがもっとスッキリしたようなものでした。

そして驚いたのは店内の女性率の高さ。
僕以外全て女性だったんですよ。
この手のお店はマニアな男性が集まるように思っていたのですが、女性受けしているんですね。
素晴らしいです。
今治にはわかってる女性が多いということでしょうか。

わざわざ今治まで行く価値のある個性ある美味しさのお店でした。

評価:★★★☆

四国カレー日記



愛媛 道後温泉「白鷺珈琲」スパイス香る欧風カレー(モーニング)




自家製バスクチーズケーキ、ブレンド


道後温泉駅すぐ近くにあるカフェです。
非常におしゃれで今どき感溢れるお店。
ここ、朝からカレーを食べることができるんです。

モーニングセットはお得な価格。
小さ目サイズですがドリンクと一緒に頼むことによってカレー自体は500円となるようです。

メニューにはスパイス香る欧風カレーとありました。
実際は所謂欧風カレーよりスパイスカレーに近い感覚。
カスリメティがかけられていたり、ピクルスが一緒に乗っていたり。
ご飯も玄米でヘルシー感ある欧風カレーです。

カレー自体は確かに欧風っぽさはあるのですが食べた感じはスパイスカレーのよう。
ちょうど間くらいというのがわかりやすいでしょうか。
朝食にはぴったりの重くない美味しさです。

重くなかったのでケーキも頼んでしまいました。
自家製バスクチーズケーキ。
こちらはしっかりしっとり。
甘味は控えめでコーヒーとの相性が良いです。

カフェ利用だけでも良さそうですね。

朝から若いお客さんで賑わっておりました。
店内から駅も見えるので、道後温泉泊時の出かける前の朝食スポットとして覚えておいて損はないでしょう。

評価:★★★☆

四国カレー日記



愛媛 道後温泉「KizO」日替りインド定食(チェティナッドキーマウプカリ)




ケララペッパーポークマサラ




スペイシー


凄いお店を見つけました。
道後温泉から徒歩10分少々。大通り沿いにある阪神タイガースのお店の隣。
KizOと書いてキゾーと読みます。

店主さんは大阪出身。
お遍路で四国に来た時に入ったお店で酔っ払ってトイレを壊してしまい、お詫びがわりに趣味として作っていたインド料理を振る舞ったところ好評で、間借り営業からスタートしこちらのご自分のお店を開いたというストーリーがまず最高じゃないですか。

「お酒の失敗がよい方向に転んだのは後にも先にもこれだけだと思います」と笑いながら語ってくれました。

店内はお友達とDIYで作ったという手作り感ありつつもこだわりを感じるエスニックバー的雰囲気。
カレー好きならきっと気にいる空間です。

メニューはインド料理の数々。
そして気になるカクテル。

まずはスペイシーという名のカクテルで乾杯。
ペッパーポークマサラをつまみに。

ちょうど僕がお店に伺った少し前までケララやゴアに1ヶ月ほど滞在していたそうです。
インド滞在歴も累計すると2年程になるとか。
インド大好きなのですね。

料理もインド愛溢れる美味しさ。
ポークマサラはココナッツの甘味は控えめで、ブラックペッパーとチリの辛さが立ち、お酒が進むカレーです。

スペイシーはクローブがっつり効いていながらもフルーティーな飲み口。
美味しいです。

そして日替りのインド定食。
キーマウプカリをメインに里芋や白菜の入ったサンバル、アチャールにサブジにチャトニ。
ご飯はインディカ米です。

キーマウプカリは挽肉の旨味が引き立つシンプルでありながらもしっかりエッジの立った美味しさ。
素晴らしい。
そしてサンバルが特に僕のお気に入り。
野菜の優しい美味しさが渾然一体となったカレー。
そのままでも美味しく、混ぜてもさらに美味しくなる必須アイテムです。

お酒はバビロンと一緒に。
こちらはターメリックの効いた甘苦いカクテル。
これまた美味しい。

最後にデザート代わりにエプロン。
これは「女子大生殺しです」と店主さんがおっしゃるように若い女子受け確実。
シナモンとアップルのお酒でまたまた美味しい。

バーですから飲み物が美味しいというのが大事なのですが、それに加えてインド愛感じるカレーまでいただけちゃうとは。

食べ物も飲み物も全体的にフレッシュなスパイス感が印象的。
じゃりっじゃりに効いたスパイスで汗もドバドバ。

大満足です!

道後温泉周りから少し離れているからこそ、旅人には気付かれにくい場所。
しかしここを知っていたらその旅は最高のものとなるでしょうね。

評価:★★★★

四国カレー日記



徳島 徳島「カルダモン」マサラカレー


四国でカレーといえば徳島のカルダモン。
昔から名高いお店です。

行列必至のお店で、売切次第終了ということでタイミング的に食べられるかどうか不安だったのですが、ダメ元で14時頃行ったらギリギリ間に合いました!
しかも並びなし。
タイミング良くて一安心。

いただいたのは看板メニューのマサラカレー。

ほんのりと爽やかな酸味があるシャバシャバのチキンカレーです。
これはかなり独特。

そしてこちらの名物ともいえるのが一緒に供されるスパイスボックス。
チリパウダー、コリアンダー、クミンシード、カルダモン、フェンネル、ターメリックが入っていて、それを自由にカレーに追加できるシステムなのが楽しいです。

コリアンダーとフェンネルを加えて、より自分好みに調整して食べてみたら美味しさもレベルアップ。

スパイスの知識がある人には自分好みに味変するアイテムとして楽しめますし、スパイスの知識が無い人にはこのスパイスはこういう香りと味なのだということがわかる良い経験となります。

古くからの人気店ということですが、接客も笑顔で丁寧で、そんな部分も全てひっくるめての名店でした。

評価:★★★☆

四国カレー日記



徳島 穴吹「白草社」カーラヤカリヤ(スパイシーチキン)




カルダモンアイス、セイロンティー


徳島県は穴吹。
山と川に囲まれたのどかな場所です。

こちらにスリランカカレーのお店があると聞いて行ってきました。
徳島から電車に乗って約1時間。
駅から歩いて10分程。

白を基調としたカフェ的なお店がありました。
食べログには11時オープンと書いてあったので11時に行ったのですが11時にお店は開いていません。
待っていると店主さんが出てきて「11時半オープンなんです。」と。
まぁよくあるやつです。
30分時間をつぶさないと。
そう思って店主さんにこの辺で時間つぶせるとこあります?と聞いてみると、「川があります」と。

川!

良いなぁw 思わず笑っちゃいました。
何もないけど綺麗な川がある。
素晴らしいじゃないですか。

そんなわけで穴吹川という川まで歩いてみれば気持ち良い。
そして川もきらきらと輝いていて美しい。
田舎だからこそですね。
こんな時間のつぶし方、都会に住んでいると忘れてしまっておりました。

そんなわけで時間になったので戻って入店。

看板メニューであるカーラヤカリヤをいただきました。
カレーは日替わりで選べます。
スパイシーチキンにしました。
旨辛海老油をトッピングして。

出てきたのは美しいスリランカカレーのワンプレート。
サラっとした仕上がりでスパイシーではあるのですが辛すぎないバランス感のチキン。
これに色とりどりの副菜が合わさって味が完成します。

パリップは豆の輪郭を留めた上品な仕上がり。
海老油を混ぜれば旨味と辛味が一段階上昇。

バランスが良いですね。
なんというか、美しくて上品でのどかなスリランカカレーなんです。
まるで穴吹川のような。

美味しかったのと雰囲気も良くて居心地最高だったので食後にカルダモンアイスとセイロンティーも。

カルダモンアイスはふわっとした食感。
強すぎない甘味がやはり上品です。

セイロンティーはキトゥルハニーがキャラメルのような状態になったものと一緒に提供。
とはいえ食感はキャラメルと違い、サクっとした部分もあるものでした。
このヤシ蜜の固形をかじりながら飲むとまた上品な甘味と美味しさ。

全面的に上品な美味しさ。
優しく美しい一皿。

徳島の山の中にこんなお店があるとは。
四国のカレーレベルもどんどん上昇していますね。

評価:★★★★

四国カレー日記



徳島 徳島「たかしまコーヒー店」ハンバーガー玉子チーズカレー入り、レギュラーコーヒー


徳島駅近くの古き良き喫茶店たかしまコーヒー店。
朝から空いていますし、カレーメニューもあるんです。

トーストしたパンで作るサンドイッチが売りで、そのバリエーションも多い中、カレー味シリーズがあります。
つまりはカレールー入りのホットサンド。

色々ある中から選んだのは、ハンバーガー玉子チーズカレー入り。
レギュラーコーヒーも合わせて注文。

ハンバーガーというよりはハンバーグサンドなのですが、肉がぎっしり詰まったタイプのアメリカンなハンバーグであることがまず好印象。
ご飯と合わせるなら日本人の味覚にあうふわっとして肉汁じゅわっと出てくるハンバーグが良いと思いますが、パンと合わせるなら肉の赤身の旨味を堪能できる、このようなぎっしり詰まった系のハンバーグが合うと個人的に思うんです。
最近流行の高級バーガーもその方向性であることが多いですし。

こちらは昔ながらのスタイルでありながら、そんなハンバーグ。これに玉子とチーズとカレーですから美味しいに決まってるわけです。

卓上のマスタードをかけるとさらに美味しくなりました。

コーヒーは軽やかな酸味系。
コーヒー単体で言えば重厚な苦味系が好きな僕ですが、このホットサンドと合わせるにはこちらの方が相性良さそう。
サンドイッチメインで、それを邪魔しないコーヒーといった印象でした。

接客も家庭的で温かく、朝カレーというか朝カレーサンドにもってこいのお店です。
好きです。

評価:★★★☆

四国カレー日記



香川 瓦町「春風堂」カレードーナツ


香川の繁華街瓦町の商店街にあるパン屋です。
カレーパンはあるかなと見てみるとカレードーナツと言う名前でありました。

店内は古き良きパン屋さんといった印象。
店員のおばさまも温かい接客。

テイクアウトしていただきました。

パン生地の表面にコーンフレークがあしらわれてあり、これが食感に変化を出していて良いです。
サクっとした表面、記事はもっちり。
そして中のカレーもカレーパンのカレーとして適切なコク旨加減。
欧風カレーと家庭カレーの間のものをパン合うように変えた的な。

お値段もお手頃。
ドーナツということですが油っぽさも少な目で、店名の通り春の風のようなカレーパンでした。
というのは言い過ぎかもしれませんがw
いずれにしても品のあるカレーパンです。

評価:★★★☆

四国カレー日記



香川 瓦町「タリースパイス」ネパールスペシャルタリーセット(マトン)


香川県の瓦町駅近くはアーケードのある大きな商店街もあり、かなり栄えています。
その商店街の中にあるネパール料理店がこちら。

日本にあるインド料理店に見える多くのお店は、実はネパール人によるインド的カレーのお店だということはよく言われており、事実そのようなスタイルのお店が多いのですが、ネパール人がネパール料理を作るお店はまだまだ意外と少ないです。
東京の新大久保はリトルカトマンドゥと呼ばれ、本格的ネパール料理が増えていますが、地方へ行くとなかなか見つけるのが難しい。

そんな中、こちらは本格的なネパール料理をいただける貴重なお店でした。

ディナータイムにに訪問。
ネパールスペシャルタリーセットを注文。

選べるカレーはマトンで。

タリーにはご飯、サラダ、サグ、アチャールにパパドにデザートのヨーグルト。
その外にマトンカレー、ダル、野菜のタルカリ。
かなりのボリュームです。
これにドリンクがついて約2000円。

食べてみればそれぞれ安心できる本式ネパーリテイスト。
特にダルはネパール現地の高級店にも負けない深みのある上品な仕上がりでした。
サグもたっぷり。ニンニクきいていて良いです。

マトンは家庭的なカシコマス的なサラサラという方向ではなく、これもネパール高級店的なシャバシャバした舌ざわり。
骨付き肉の旨味が存分に引き出された美味しさでした。

新大久保なら1000円しないぞと思う方もいるかもしれませんが、ここは四国。
四国において本格的な味が楽しめるのですから、交通費考えればむしろ安いもんです。

一般人向けにインド料理メニューもありましたが、やはりここはネパール料理でしょうね。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード