FC2ブログ

カレー日記



六本木「餃子de巴里」牛バラ厚切りスパイシービーフカリー




羊肉餃子


餃子好きとカレー好きで飲もうということになりまして、どちらにも嬉しいお店はないものかと探してみたらあるんですねこれが。
餃子とカレーを売りにしたバー、餃子de巴里。

店内は怪しげな雰囲気とおしゃれな雰囲気が共存。
装飾物として配置されたレトロなカメラの数々や、赤と黒を基調とした色味、そして暗めの照明。
さらには1人でお店を切り盛りしていた男性がスキンヘッドでヒゲということも含めて、全てトータルでひとつのアートになっているなと感じました。

メニューは餃子が色々。
カレーは牛バラ厚切りスパイシービーフカリーとスリランカチキンカリーの2種。
ハーフサイズもあるということでどちらもハーフで行こうと思ったらこの日はチキンが売切れ。
ビーフをフルサイズでいただきました。

まず餃子。
羊肉餃子と昭和の餃子。
焼きか水か選べるということで焼きで。

昭和の餃子は所謂普通のと言いますか、多くの方が思い浮かべる餃子です。
皮がモチっとしていて焼き具合はパリっと。
中のあんは野菜と肉のバランスも良く、美味しいです。

羊肉が個人的には一番好みでした。
ギュっとつまった羊の挽肉。
羊の味を真正面から感じる肉肉しさ。
マトンの焼きモモのような。

もうひとつ、坦々餃子を。こちらは水餃子のみということだったので水で。
坦々ソースで食べる餃子もおつまみとして実に良い感じです。

そしてカレー。
コールスロー添え。
ご飯の上にはスリランカのポルサンボル(ココナッツふりかけ的なもの)があしらわれていました。
カレーの色味はかなり黒。

スリランカにはゴラカを使った黒いカレーがあります。
また、日本の洋食店などでスリランカカレーと謳った焙煎スパイスを使用した黒カレーがあったりもするんですが、こちらは後者に近いイメージ。

牛バラはドカンと大きなものが真ん中に鎮座。
この旨味がグレイビーにも行きわたった奥深い味わいです。
辛さはそれほどでもなく、やはりスリランカ料理というよりは洋食屋のスリランカカレーといった雰囲気。
こういうのも好きです。

ドリンクも凝っていてローズマリージントニックなど、スパイスやハーブを使用したお酒も楽しめます。

凄いお店を開いた人がいたもんだと調べてみたら、際コーポレーションの経営なんですね。
流石です。
際コーポレーションとは紅虎餃子房等を展開している中華メインでありながらも様々な業態の飲食店を手掛ける企業。
昔からカレーに対するこだわりが半端ではないんです。

チェーン店と侮れない攻めまくったメニューも多く、常に楽しませてくれるお店が多いので個人的に大好きなチェーン。
だからこそのクオリティ。
だからこその内装のアート感。

頗る納得しました。

評価:★★★☆

カレー日記



日本橋「極哩」極死海カレーチキン&極キーマの2種


飯田橋で誕生した間借りカレーの極哩。
お店が増えて増えて増えて減ってまた増えてまた減って。
何しろ今は新型コロナウイルスで飲食業界大ダメージのさなかです。
フレキシブルにお店の数を新陳代謝できるのは間借りだからこそ。

こちら日本橋店は日本酒バーHASHIのランチタイム間借り営業です。
落ち着いた雰囲気の中でいただく極哩のカレーも良いものですよ。

今回いただいたのは死海カレーチキンとキーマの2種。
カレーチキンはほぼチキン。肉肉しいカレーが肉好きにはたまりません。
キーマはジューシーで優しい美味しさ。
攻めのチキンと守りのキーマ的な。
副菜にマカロニがあるのがこちらのお店の個性であり、良さだと思います。
妙に合うんですよマカロニが。

お店を一人で切り盛りする女性店員さんはカレー好き女子ということで、カレー談義にも花が咲いて楽しいひと時でした。
12時~13時のランチタイムは混むそうですが、それ以外は今のところ余裕あるそうです。
余裕ある時間に行ってカレー女子店員さんとカレー情報交換も楽しいかもしれませんね。

評価:★★★★

カレー日記



木場「ロイヤルスター ケバブ&カレー」マトンビリヤニ(パラクパニール)




おつまみケバブ


木場で美味しいネパール料理を食べられる隠れた名店だったネイチャーパワーがクミン村香屋というお店に変わったと聞き、行ってみたらさらにロイヤルスターケバブ&カレーに変わっていました。

ケバブ&カレーならケバブもカレーも食べないと。
あ、ビリヤニもあるのね。

というわけでマトンビリヤニにパラクパニールを注文。
おつまみケバブも。

そしたらマトンビリヤニに小さなパラクパニールがついてくるセットになっていました。
単品で頼んだつもりだったんですが、セットもあるんですね。
逆にラッキーでした。
何しろおつまみケバブがかなりの量でして。

おつまみケバブはソースを選べるのでミックスに。
ケバブ屋のケバブの標準的なクオリティですが、肉もたっぷり。キャベツも乗って食べ応え十分。

マトンビリヤニも悪くないです。
そりゃ専門店に比べたら劣りますよ。
でもね、こういうインネパ感あるお店のビリヤニとしては上出来。
パラクパニールも同様です。

全体的に本格的ではないものの、憎めないというか普段使いにちょうど良い感じ。
お酒も安いので飲み利用に良いですね。

木場エリアはカレーの強敵が多いですが、普段使いできるお店なので近隣在住在勤のカレー好きの方は、選択肢のひとつに入れておいて損は無いかと思います。

評価:★★★

カレー写真



渋谷「ケニックカレー」魯ケプレート2




赤羽「バーワルチー」チキンアチャーリー




「スパイスドランカーやぶや」3種盛り




三軒茶屋「香港バル213」牛バラカレー麺




赤坂「マドラスカレー」マドラスカレー(テイクアウト)




「TCU3」あいがけプレート全部乗せ




渋谷「ケニックカレー」パクチースペシャル




千葉 千葉「ベンガルタイガー」チキンレンダンカレー




麻布十番「カシュク」ビーフカレー

カレー日記



赤羽「暖母」オムカレー


ファミレスが無かった昭和中盤頃までの時代にファミレス的存在だったのが喫茶店です。
朝から夜遅くまで営業し、メニューの幅も広く、一人で行っても友達と行っても恋人と行っても家族と行っても良い感じに使えるという。
ファミレスが増えてからはこのような喫茶店が少なくなってしまったわけですが、東京の下町にはまだまだこういうお店が少なからず生き残っているんですよね。

こちら赤羽の暖母もまさにそんなお店。
暖母と書いてダンボと読むそのセンスも昭和的で味わい深いです。

メニューの幅も広いのですが、カレーもちゃんとあります。
普通のカレーにドライカレー、オムカレーに焼きカレーも。

オムカレーはドライカレーにオムレツ乗せ、さらにカレールーがけということで、2種類のカレーが楽しめるものだったのでそちらをオーダーしました。
サラダと味噌汁とウーロン茶がついて800円って安いですね。
プラス50円でドリンクをアイスコーヒーに変えることが可能ということで、アイスコーヒーにしてもらいました。

ドライカレーは炒め具合が程良く、油とご飯とカレー粉の量のバランスが適切で、ベーコンが入っているのがなんだか嬉しいです。
ベちゃっとせずカレー粉の香りが立ったドライカレー、なかなかありそうで無いんですがこのドライカレーはそれができていました。

オムレツは程良い火入れ。
カレールーも黄色味がかった懐かしい美味しさ。
こちらは出汁の旨味がメインでスパイス感は弱めなのですが、味噌汁を飲んでからまたカレーに戻ると不思議とスパイス感が際立つという仕様。

昔ながらのスタイルでありながら、他になかなかないオムカレーに満足。
お店の雰囲気も含めて好きです。

評価:★★★☆

カレー日記



赤羽岩淵「ごっちゃん」ロコモコ風オリジナルカレー


赤羽岩淵駅すぐ近くにあるカレーのお店ごっちゃん。
赤羽飲みではしご酒&はしごカレーの二軒目として利用しました。

店内カウンターのみ。
二軒目だったので「お酒メインでも大丈夫ですか?」と聞くと、笑顔で「全然大丈夫です!」と。

とはいえせっかくなのでカレーもいただきました。
ロコモコ風オリジナルカレーと、九条ネギ煮込みカレーラーメンを。
そう、ラーメンもあるんですよ。

先に出てきたラーメン、家庭的な味わいで懐かしさを覚えました。

そして後に出てきたロコモコ風オリジナルカレー。
ご飯の上にハンバーグ。
カレーには茄子などの野菜がたっぷり。
その上にマヨネーズやケチャップのソースがかかっているというもの。

これも家庭的。

店主さんは非常に気さくで明るく、人当たりの良い方。
お酒を飲みながらおつまみを軽くいただくという形で使えそうなお店ですね。
総じてお値段も安めでしたから。

評価:★★☆

カレー日記



千葉 本八幡「サンフラワー」ブンカレー


本八幡駅北口からすぐの場所にあるベトナム料理のお店サンフラワー。
フォーやブンといった米粉の麺料理を推しているお店です。

店内は東南アジアテイストのおしゃれな雰囲気。
多くのテーブルに電源があるのも旅人やノマドワーカーには嬉しい配慮です。

ディナータイムに訪問。
ベトナムカレーはあるかなとメニューをくまなく見ていると、どうやらありません。
しかしブンカレーがありました。

カレーのブンです。
ならばそれ一択。

まず、見た目がベトナムカレーとしてはかなり色濃いので「あれ?」と思いながら食べてみると「おお!」となりました。
スパイスが強いんです。
ベトナムカレーといえばココナッツミルクを使用した優しくまろやかな味わいのものが多いのですが、これはガツンとスパイシー。
麺の上にはスパイスで味付けられたチキンがドカンと鎮座し、例えるならラーメン二郎の豚のような存在感。
これまた肉好きにはとても嬉しい。

野菜やスパイス、ハーブなどのバランス感も良く、食べながらどんどんテンションが上がっていくようなブンカレー。
こういうベトナムカレーは初めて食べました。
美味しいなぁ。

ブンとフォーだと個人的にはフォーの方が好きなのですが、それでもこれは今まで食べたどのフォーよりも美味しいし、今まで食べたベトナムカレーの中でも一番かもしれないという美味しさでした。

満足度の高い一品です。
カレー麺好きな方ならわざわざ行く価値のあるお店だと思います。

評価:★★★☆

四国カレー日記



愛媛 松山「カレーショップデリー」焼豚玉子カレー


松山駅直結のカレースタンドデリー。
デリーといえば日本のカレー界においても老舗の東京は湯島のデリーを思い浮かべますが、そこのカレーとは違う昔ながらのカレールーのカレーです。
しかしこれがね、なかなか良いんですよ。

頼んだのは焼豚玉子カレー。
どうやら同じく松山駅直結で営業しているラーメンのお店、麺小路のチャーシューを使用したコラボメニューとのこと。

これに目玉焼きが乗る、所謂チャーシューエッグです。
チャーシューエッグ好きとしてはたまりません。

まずカレーを食べてみればしっかりと牛肉が形を残して入っており、その旨味が溶け込んだルー。
日本人の郷愁を覚えさせるような安心感ある美味しさです。

そしてチャーシューエッグ。
チャーシューは今どきのほろほろではなく、昔ながらのしっかりしたものなのですが、硬いわけではなく適度な歯ごたえで、肉自体のムチっとした質感が楽しめます。
脂身と赤身のバランスも良く、脂もしつこくない。
それに半熟と生の間くらいの火入れの目玉焼き。
さらに醤油がかかっているのがポイントです。

この醤油がカレー全体の美味しさを引き締めていました。
カレーにソースをかけるのと醤油をかけるのどっちが良い?的な昭和の家庭カレーにおける議論がありますが、カレー次第だと思うんです。
ソースが合うカレーもあれば醤油が合うカレーもある。
そしてここのカレーは完全に醤油が合います。

店員のおばさまの接客も適度なフレンドリー感で、それも懐かしさを感じさせて良い感じ。

古き良きカレースタンドですね。

評価:★★★☆

四国カレー日記



愛媛 今治「KARMA」マトンカレー(トーフ)


今治タオルで有名な今治。
瀬戸内海沿いの港町で、香川の中心的な松山市駅から電車で1時間程の場所にあります。

こちらに独創的すぎるカレーを出すお店があると聞いて行ってきました。

KARMA。
店名からしてその業を感じさせます。
まず外観がなかなかヤバい。
飲食店がここにあると知らなければ確実に見落とすであろうわかりにくさ。
わかっていても営業しているのかどうか扉をのところまで行かないと気づかないような雰囲気。

扉を開ければ営業していました。
安心。
店内も独創的。
個性豊かな絵画がそこかしこに飾られており、BGMはインドに系統していた頃のビートルズ。

安心したのもつかの間、心配になってくる方もいるかもしれません。
しかし僕のような人間にはむしろ落ち着く空間。

マトンカレーを注文しました。
ご飯を豆腐に変えることができるということで、トーフチェンジで。

サラっとして油とスパイスが渾然一体となったカレーは独特の美味しさ!
他に似ているカレーがありそうで無いんです。
横浜ボンベイのボンベイカレーと近いベクトルでありながら、それとも違う着地点。
マトンは骨付きでその旨味がグレイビーと絡み合っていて美味しい。

豆腐にもよく合うんですこれが。
いやー、面白いなぁ。
サラダのドレッシングも自家製で美味しいですよ。インネパの人参ドレッシングがもっとスッキリしたようなものでした。

そして驚いたのは店内の女性率の高さ。
僕以外全て女性だったんですよ。
この手のお店はマニアな男性が集まるように思っていたのですが、女性受けしているんですね。
素晴らしいです。
今治にはわかってる女性が多いということでしょうか。

わざわざ今治まで行く価値のある個性ある美味しさのお店でした。

評価:★★★☆

四国カレー日記



愛媛 道後温泉「白鷺珈琲」スパイス香る欧風カレー(モーニング)




自家製バスクチーズケーキ、ブレンド


道後温泉駅すぐ近くにあるカフェです。
非常におしゃれで今どき感溢れるお店。
ここ、朝からカレーを食べることができるんです。

モーニングセットはお得な価格。
小さ目サイズですがドリンクと一緒に頼むことによってカレー自体は500円となるようです。

メニューにはスパイス香る欧風カレーとありました。
実際は所謂欧風カレーよりスパイスカレーに近い感覚。
カスリメティがかけられていたり、ピクルスが一緒に乗っていたり。
ご飯も玄米でヘルシー感ある欧風カレーです。

カレー自体は確かに欧風っぽさはあるのですが食べた感じはスパイスカレーのよう。
ちょうど間くらいというのがわかりやすいでしょうか。
朝食にはぴったりの重くない美味しさです。

重くなかったのでケーキも頼んでしまいました。
自家製バスクチーズケーキ。
こちらはしっかりしっとり。
甘味は控えめでコーヒーとの相性が良いです。

カフェ利用だけでも良さそうですね。

朝から若いお客さんで賑わっておりました。
店内から駅も見えるので、道後温泉泊時の出かける前の朝食スポットとして覚えておいて損はないでしょう。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード