FC2ブログ

カレー日記



船堀「バンゲラススパイスラボ」ナルギシコフタ、チャパティ




ハンディビリヤニ(フィッシュ)




エビマンチュリアン


評価:★★★★

カレー日記



月島「M‘s DINING 101010」夏野菜と鶏もも肉のスープカレー


評価:★★★

カレー写真



上板橋「スパイスフォース」コリアンカレープレート




荻窪「トマト」ビーフタンカレー+季節の野菜




神奈川 鎌倉「mbs46.7」鎌倉夏野菜とローストチキンのトマト煮込みカレー




渋谷「ケニックカレー」カレードッグ




サムライスペシャル+副菜セット




大塚「やっぱりインディア」マサハーリーターリー




南インド肉料理ミールズ




高田馬場「シャンティ」夏野菜と豚しゃぶのスープカリー




上板橋「ハングリーヘブン」インディアカリータルタルパイン

カレー日記



秋葉原「アールティ 神田和泉町店」アルーベイガン、ロティ




レシミカバブ


評価:★★★★

カレー日記

おうちで名古屋スパイスカレー




「カグラ」ムルギーカリー




「カフェパハナ」コロンボコーチンカレー




「達磨食堂」コーチン白湯カレー

カレー日記



静岡 富士宮「籠と風呂敷」




和風チキン改、そら豆キーマ中華風




ヤゲンナンコツキーマ、マトンローガンジョシュ




ポークビンダルー、キーママタル




マスタードチキン、カゴフロ的ポークカレー




梅チキン、ヤングコーンと豚のペッパーキーマ




あさり、苺ポーク

カレー日記



高田馬場「笑姜や」カレー風味


豚の生姜焼き専門店です。
他の街でも見かけるお店ですが、高田馬場にも早稲田通り沿い、オオゼキ近辺にできました。
何故僕が生姜焼き専門店に行ったかというと、カレー味があるからです。

生姜焼き定食はほぼ一律の値段で味が選べます。
肉の量なども選べるのですがとりあえず普通サイズで。ご飯だけ少な目でオーダー。

カウンターのみのお店なので近くで調理工程を見ていると、S&Bのカレー粉ではなくてカレーフレークを使用していました。
所謂赤缶のスパイス感でありカレー感ということ。
生姜焼きにカレー粉って合うんですよね。

食べてみればほぼ期待通り予想通りの味わい。
豚肉の量は予想よりちょっと多いくらい。
これが600円そこそこで食べられるのはお得ですね。味噌汁も漬物もついてきますし。

肉ダブルなどのメニューもありましたが、カレーダブルでやってくれないかなぁ。
カレー感強いともっと美味しくなる気がするのは僕がカレー馬鹿だからかもしれませんが。

評価:★★★

カレー日記



大崎「アロム」仔羊のフレンチビリヤニ


神楽坂から大崎に移転したフレンチレストランアロム。
神楽坂時代にも一時期カレーフェア的なものをやっていたことがあり、その時にも食べに行ったのですが美味しかったことを覚えています。

そんなアロムがテイクアウト限定メニューとしてフレンチビリヤニを出していると聞いて行ってきました。

アルミ容器に入ったビリヤニは、自宅で火にかけるスタイルです。
10分程弱火で火にかけると炊きあがり、そこに後から付属のナッツや葉物をかけて、さっくりと混ぜて食べるというもの。

ビリヤニはインド亜大陸の郷土料理で、スパイスを使った炊き込みご飯だというのはカレーマニアなら誰もが知るところ。
そのビリヤニの、フレンチアレンジなのです。
これは面白い。

ふたを取った瞬間にフワっと立ち上る香りはまさにビリヤニ。
それでいて様々な部分でビリヤニ的ではないアレンジが施されています。

仔羊のビリヤニなのですが、仔羊がナヴァランになっているんです。
インド的スパイス使いではなく、辛味はハリッサでつけていたりと様々な工夫が見られます。
ハリッサといえばクスクスを思い浮かべますが、クスクスはフランス料理ではなくアフリカ料理でありながら、フランスの家庭ではしばしば食べられるポピュラーな食材でもあり、色々な形でフレンチに寄せてきているところが面白いですね。

彩りと酸味づけにビーツが使われているのですが、これもスリランカ的ビーツ使いではなく、あくまでフレンチ的なビーツ使い。

食べ進めて行くと鍋底におこげができており、これがまた美味しい。
おこげをつける為の時間設定であることを考えると絶妙ですね。

量も結構あり、1.5人前くらいとも言えるのではないでしょうか。
そう考えれば1500円という価格はお得。
これが家で食べられるのは嬉しいです。

ラインアカウントから注文で、アロムのカウンターで受け渡しとのこと。
お近くの方は是非!
いや、自宅で火にかけて調理なので、多少遠くでも葉物の扱いだけ気を付ければいけるかもしれません。

評価:★★★☆

カレー日記



渋谷「オニカワラ」合い盛りダブル(スパイスチキン、プーッパッポンカリー)


渋谷界隈に何店舗か展開しているカフェなどの飲食店を経営する会社による新しい業態です。
5階建てのビル全てが同一店舗。
1つ1つのフロアはそれほど広くはないのですが、5つ合わせればかなりのもんです。

スパイス鍋とスパイス料理。もちろんカレーもあります。

カレーではない麻婆豆腐などのスパイス料理も含め、数種類の中から2つ選んだ合い盛りダブルというのがあったので、スパイスチキンカレーとプーパッポンカリーのダブルをいただきました。
米は通常ターメリックライスだそうですが、この日はそれが無くなってしまったということで白米とタイ米どちらが良いかと聞かれ、タイ米にしました。

スパイスチキンカレーもプーパッポンカリーも、まさにカフェ飯といった感じの味です。
本格的な味ではありません。
スパイスカレー風、タイカレー風。
この風をどうとらえるかですね。
悪くは無いんですよ。
ただ本格的なものを求める方には物足りなさもあるかと思います。

スパイスおつまみもいただきましたが、こちらも同様のイメージでした。

渋谷というエリアは飲食的にはそもそもそういうエリアですから、そんな中でスパイス料理でお酒を飲める場所ということでは貴重だと思います。

評価:★★★

カレー日記



大森町「昼飯屋」海苔チキンカレー




ラム肉と香味野菜のキーマカレー+魅惑のポテトサラダ


スパイスポストのメインメンバーだった方がいつの間にか大森町で独立し、新しいお店を構えていました。
駅前の居酒屋の昼間借り営業です。
タイミングと縁が重なり、この地で営業を始めたそうですが、あえて宣伝をしなかったそうです。
だからこそ開店半年を待たずに地元に愛されるお店になりつつあるのだなと感じました。

メニューはスパイスポストの看板であったチキンとキーマ。あいがけもあります。
そして地域の海苔を使用した海苔チキンカレーというものもありました。

この海苔チキンがとても良いんです。
海苔の風味と旨味が元々美味しいチキンカレーの美味しさの縦軸も横軸も広げる感じ。
なんなら二次元が三次元になる感じ。
そして他に無い味わいというのがまた良い。

地元の名産を使うことによって地域密着型であることも見えてきますし、色々と面白い試みであり、それが美味しさにつながっているなという印象を受けました。

スパイスポスト当時からのメニューの美味しさももちろん健在です。
マヨネーズを使わないポテトサラダもあります。

スパイスポストファンはもちろん、そうでない方も行って損無しですよ!
地元にこんなお店があったら通っちゃうでしょうね。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード