fc2ブログ

カレー日記(日乃屋)



築地「日乃屋」豚バラスパイシー揚げカレー七分盛


色々な街で見かけるようになった日乃屋。
チェーン展開というかFC展開がしやすく、上手なのでしょう。

築地店は築地駅目の前にある好立地。
ただ店は相当狭く、ウナギの寝床状態の細長さ。
それでいて店を運営できるのは一種類カレーとトッピングで成り立つ店だからこそでしょう。

豚バラスパイシー揚げカレー七分盛をオーダー。
豚バラスパイシー揚げは所謂パーコー。
カリカリに揚がっていて揚げすぎじゃないかと思えるほどですが、ねっとりもったりした日乃屋のルウには食感の変化が出て相性良いです。

これは限定メニューだそうですが、店舗限定や期間限定メニューが豊富なのも日乃屋の良さ。
それがあるからなんだかんだ時々利用しています。

評価:★★★

カレー日記(シーバードコロニー)



銀座「シーバードコロニー」シーバードスペシャルミール


銀座にモダンインディアンの要素を含む高級南インド料理店が誕生しました。
その名はシーバードコロニー。

基本的にはオーセンティックな南インド料理に近いのですが、素材やテーマに応じたコースなどにモダンな雰囲気を感じさせています。

お店の内装も実にモダン。
黒を基調とした落ち着いていた空間に花。
高級感漂います。

ホリデイランチメニューから選んだのは店名を冠したシーバードスペシャルミール。
日替わりシーフードカレーとラッサムがつくミールスです。

この日のシーフードカレーは鮭、鯖、蛸が具となっていて、それぞれの旨味がグレイビーに溶け込み、それぞれ食べればしっかりとその味も味わえるというもの。
トマトベースのクリーミーなカレーです。

そして肉カレーは猪。
南インド料理で猪は珍しいですね。
食べてみると南インド料理よりも北インド料理に近いテイスト。
猪は柔らかく、旨味を感じさせつつもしつこくありません。
上品な仕上がりです。

ラッサムは非常にオーセンティックなスタイル。
他のおかずも色々と凝っていたのですが特に面白かったのはワラサのフライ。
そのまま食べると非常にシンプルな美味しさ。カレーと合わせて食べるとトッピングとして機能する形。

どれもこれもレベルが高いです。
ランチで3000円というと高いと思う方もいるかもしれませんが、銀座という立地でこのクオリティならむしろ安いと思えるくらい。

夜のコースも気になります。
銀座に良いお店ができました。
まだあまり知られていないのがもったいないです。
お近くの方は是非!

評価:★★★★

カレー日記(SPICE125)



大久保「SPICE125」2種(唯一無二のラムステーキカレー、ビーフビンダルー)


本業が女優である店主さんによる間借りカレー店SPICE125。
恵比寿でスタートし、その後恵比寿内で移転、さらに大久保へ移転してきました。

navi cafeで曜日、時間限定の間借り営業中です。

看板メニューの唯一無二のラムステーキカレーと、限定メニューのビーフビンダルーをあいがけでオーダー。

ラムステーキカレーは注文してから焼き上げるラムがぷりぷりで美味しいんです。
ラムの味を邪魔しない優しいグレイビーと、付け合わせのキャベツのピクルスの酸味が相性良いですね。

ビーフビンダルーは爽やかで軽やかな仕上がり。
ピンクペッパーが見た目にも食感にも変化出しています。
音域に例えるとトレブルが程良く立ったビーフビンダルーにミッドロウが心地よいラムカレー。
ヘヴィすぎないバランス感です。

美味しかったですと伝えると「やったー! 嬉しいー!」と小躍りする店主さん。
相変わらずの元気いっぱいさでこちらも元気をもらえます。

間借り営業ですが着実に行く度に美味しさが進化している素晴らしいお店。
また行こうと思います。

評価:★★★☆

カレー日記(初恋)



渋谷「カレーショップ初恋」2種あいがけ(初恋チキン、豚×シラス)


渋谷道玄坂を昇ったあたりにあるお店です。
今まで何度も行こうとしていたのですが毎回閉まっていて縁が無く、恐らく5回目にしてようやく初訪問。

おそらく美味しいだろうとは思っていたんです。
こちらの系列店のカレーはどこも美味しいので。
結果、期待通りの美味しさでした。

2種あいがけで初恋チキンと日替わりの豚シラスをオーダー。

副菜も沢山乗って、全体的にスリランカスタイルに近いのですがオーセンティックなスリランカというよりはスパイスカレーとしてのスリランカというイメージ。
パリップもついてくるので実質3種盛りというお得感。
しかも値段も2種で1200円と安いんですよ。

パパダンもスリランカスタイル。
それでいて豚シラスは長葱を使っていたり、要所要所日本が入ってくる。
これは渋谷のカレー女子達にも受けそう。

ヘルシーで見た目も映えますし、お値段もお得。
期待通りの良いお店でした。

評価:★★★☆

カレー日記(Ajicoカレー)



高田馬場「Ajicoカレー」Ajicoプレート


高田馬場郵便局近くにある間借りカレーのお店です。
間借りカレーというと日本人が多い印象ですが、こちらのシェフはスリランカ人男性。
ホールは日本人女性で、お二人のタッグによる営業です。

店名を冠したAjicoプレートは男性的なスリランカ料理をベースとしつつも、どこか日本を感じさせるというか随所に日本がチラっと見えてくるイメージ。

わかりやすい所で言えばご飯が日本米なのですが、そういう部分だけではなく、パリップに彩り野菜が入っていたりするのは日本的センスかなと。

1500円とお値段は間借りとしては安くありませんが味のクオリティは確か。
そしておかわりもできるようなので、お腹一杯食べたい人にとってはむしろお得かもしれませんね。
僕はおかわりしないタイプなので、そのような人の為にハーフサイズなんかあったら軽食ですませたい層を取り込めるだろうなと考えました。
というか僕個人がそういうのがあったらまた行くなと思っただけなんですけれどもね。

評価:★★★☆

カレー日記(ラーンナー)



五反田「ラーンナー」鶏肉と茄子のグリーンカレー


五反田駅前のビルの地下にあるタイ料理店です。
なんだかそのビル自体が薄暗く、不安になる方もいるのではないかと思うのですが店内入ってみれば明るくて安心できる空間です。

ランチメニューから鶏肉と茄子のグリーンカレーを注文。
ランチメニューは基本980円でサラダやスープ、デザートがつく定食スタイルになっているようです。

大き目カットの鶏肉、皮をあらかた向いた茄子、サラサラのゲーン。
辛さは現地より控えめですがテイスト的には現地の屋台感ある美味しさです。

ドリンクがフリーだったりもするので、食べ終わった後にもう一服コーヒーでも決めたい時にはむしろお得ではないでしょうか。

こんな感じかな?と予想した通りの味でしたが、それは期待を裏切らないとも言えるわけで。
わかりやすいタイ料理店でした。

評価:★★★☆

カレー日記(スナリ)



千石「スナリ」2種類カレーセット(骨付きビーフ、骨付きフィッシュ)


大塚近辺に展開するバングラデシュ料理を中心としたお店スナリ。
こちらの店舗は大塚界隈の2店舗と違って千石と白山の間くらいに位置しますが、自転車でなら3店舗巡れる圏内とも言えましょうか。

バングラ色の強いセットにしようかと思ったのですが、ボッタとバジの内容を聞いたらどちらもアルということだったので、糖質制限している身としてはじゃがいもだらけになるのは避けたく、2種カレーセットにしました。
ご飯は少な目で。

ビーフもフィッシュも骨付き。
どちらもベースのグレイビーというかマサラが近い、もしくは同じなのですが、素材自体の持つ出汁によって味が変わっていると感じるものでした。
いずれにしてもご飯との相性が良いです。
そしてご飯自体もサフランが香ってほのかに味もついているプラオ的なものでした。

ここはテハリも美味しいのでご飯料理を選ぶが正解ですね。

所謂インネパの居抜きなので他店舗よりインネパ感ある内装外装ですが、料理の内容は多店舗と同じくバングラ色が強く、満足できました。

評価:★★★☆

カレー日記(ハムロジャクソン)



大塚「ハムロジャクソン」ローカルチキンカレー、ライス




マトンカサウディ


本格的なネパール料理店が増え続けている大塚ですが、こちらも新しいお店です。
元々インドネパール系のお店が入っていたところに居抜きで入った形になりますが、店内はだいぶ印象変わっていました。
壁の絵などが印象的であり、ネパール的です。

メニューを見ると本格ネパールメニューのみならずインドネパール系メニューから創作メニューまで色々と気になるものだらけ。

気になるものを頼もうとしたのですがネパール人女性店員さんがどうもうまく日本語が通じず、頼めるメニューが限られてしまいました。

というわけで頼んだのはローカルチキンカレー。これにライスをつけて。
そして看板メニューらしいマトンカサウディ。
マトンカサウディはわかりやすく言うとマトンのスパイス焼き。
セクワのような味わいでもありますが、器に盛って火にかけた状態で提供されます。

クミンシードがしっかりときいていて実に美味しい。骨付きなのでむしゃぶりつくようにして食べました。

ローカルチキンカレーはククラコマスかと思いきやククラコマスとしてはグレイビーがシャバっとしています。
しかし軽やかでシンプルでありつつも旨味がしっかりと感じられるもの。
これも美味しいです。

日本語が堪能な店長さんがいる時はもっと色々と楽しめるようなので、またタイミングを改めて行ってみたいです。

評価:★★★☆

カレー日記(バッティ)



大塚「バッティ」サマェバジセット




フィッシュカチラ


ネパール化が止まらない大塚。
大久保エリア程ではありませんが、都内で言えば大久保の次に本格的なネパール料理店が多いのではないでしょうか。

こちらのお店はネパール料理居酒屋。
駅近くの地下にあるのですが、今まで何度か行って全部満席で入れなかったんです。
夕方16時くらいに行ってみると空いていました。

サマェバジセットとフィッシュカチラをオーダー。

サマェバジセットはネパールのおつま盛り合わせ的なもの。
アルタマという酸っぱい野菜カレーもついてきます。
個人的にチウラにアルタマかけて食べるのが好きなので、この組み合わせは嬉しいですね。
それぞれ味付けもしっかりとパンチがきいていて美味しい。
ネパールの若者が好みそうな味です。

フィッシュカチラはまぐろのスパイスたたき的な料理。
これまた美味しい! ネパール料理店も色々ありますが、このメニューが食べられるお店はほとんどないので、この為にこちらへ行く価値があると思える程です。

どの料理もお酒がすすむこと間違いなしの味。
しかしながらご時世がご時世なのでジャスミン茶でこれを食べるという切ない状況でした。

思いっきりお酒を飲めるようになったら改めてまた行きたいお店です。

評価:★★★☆

カレー日記(ブリオッシュドーレ)



秋葉原「ブリオッシュドーレ」平焼きチーズカレー、フレンチピッツァキーマカレー


ヨドバシアキバの1階に入っているパンカフェです。こちら、以前はカレーパン系は無かったように思うのですが、チラっと見てみると新商品としてカレーパンが3種類あるじゃないですか。
ならば入ろうと、平焼きチーズカレー、フレンチピッツァキーマカレーをイートイン。

店内は明るく、外の様子もうかがえて電源もあるので待ち合わせにも良いです。

カレーパン、それぞれ食べてみると、どっちもチーズとカレーの組み合わせなんですよね。
ちなみにもうひとつあったカレーパンもまさにそれ。
そして、チーズ感とカレー感でいうとチーズ感が勝つバランス。
カレー好きの僕としてはもっとカレーの量を増やして欲しいと思いましたが、チーズ好きには良いかもしれません。

こちらのお店、飲み物だけの利用で何度か使ったことがあるのですが、店内の貼り紙見ると8月一杯で閉店と書いてありました。
便利な場所だったのですが残念です。

評価:★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード