fc2ブログ

カレー日記(さんとよん)



飯田橋「さんとよん」あいがけカレー


飯田橋から九段下へ向かう途中にできた新しいお店。
先日トーキョーバワンへ食べに行った際に気づいたのですが、かなり近くにあるお店です。

昼営業のみですが間借りというわけでもなさそうで、おしゃれな雰囲気の内装でした。
特に壁に貼られたステッカーの数々がなかなか僕のツボをついてくるものだったのですが、こちらはオーナーの趣味とのこと。

カレーは2種。
野菜と挽肉。
あいがけもできるとあらばあいがけにしないわけにはいきません。

野菜は豆主体で酸味が特徴のさっぱりしたタイプ。
挽肉もシャバっとしたテクスチャで重くなく軽やか。

どちらもシャバっとしているのでご飯にかけると自然に混ざって行くのですが、混ざっても良い感じの相性の良さ。
そして辛さもしっかりとあります。
酸っぱ辛いものが好きな方にはハマる味の方向性。
と言っても酸っぱすぎず、辛すぎず。確実に酸っぱくて辛いのですが、行き過ぎる手前でちゃんと止めることができています。

現在他のカレーも開発中とのこと。
また新しいカレーができたら食べに行ってみようかな。

評価:★★★☆

カレー日記(按田餃子)



二子玉川「按田餃子」豚カレー風味と人参、ラゲー煮込小


代々木上原のおしゃれ餃子店桉田餃子。
二子玉川というおしゃれタウンにもお店がありました。

こちら、本店同様カレー味の餃子があるんです。
店内入ってみると本店よりさらに今時感ある雰囲気。

お客さんが僕の他が若い女性ばかりで驚きつつ、しかしここの餃子はヘルシーで女性受けするものだしなと納得。

今回はいつものカレー餃子とラゲー煮込みをいただきました。

豚カレー風味と人参。
豚挽肉と人参のみじん切りがカレーで味つけられたあん。
モチモチの皮からとても美味しく、黒酢でいただけばさっぱりヘルシー。
美味しいです。

ラゲー煮込みは金針菜やきくらげと豚の煮込み。
中華の豚の煮込みというとオイリーで重いものを想像しがちですが、こちらは重さはそれほどでもなく、薬膳感もあって軽やかにいただけます。

この辺りのバランス感が女性人気の秘訣なのだろうなと感じます。
もちろん女性のみならず、僕のようなおじさんにも美味しいと思えるクオリティですよ。
デートで行ける餃子屋さんですね。

評価:★★★☆

福岡カレー日記(大地のうどん)



下山門「大地のうどん本店」カレーうどん+肉


大地のうどん。
福岡で7店舗、東京にも1店舗構える人気店です。(2023年5月現在)

僕は東京在住なのですが、東京の店舗のカレーうどんを気に入り、何度も通っています。
博多駅にあるお店には行ったことがあったのですが、いつか本店に行ってみたいなと思っていました。
今回ようやくタイミング合って訪問。

開店前から並んでいると続々とお客さんが。
流石の人気店です。

カレーうどんに肉トッピング。
東京でいつも頼んでいるメニューと同じものをいただきました。

いやはや美味しい。
東京とほとんど変わりありません。
ほんの少しだけ違うのは、うどんが東京より柔らかめなことと、カレーの中に隠された野菜天の野菜自体の美味しさ。

東京は硬めのうどんが好まれるので福岡の柔らかいうどんはなかなか浸透しない土地なので、その分少しだけ硬めなのかなと思いますが、そもそもこちらのうどんは硬いとか柔らかいとかがあまり関係ない、独特の食感が特徴です。
極限まで熟成させたからこその透明なうどん。

たまりません。
本店はやはり素晴らしかったのでした。
そして東京店も物凄く頑張っているのだなと改めて感心したのでした。

評価:★★★★

福岡カレー日記(コンティニュー)



周船寺「コンティニュー」キーマカレーウインナードッグ、糸島卵のクロックマダム


福岡はアマムダコタンを筆頭におしゃれベーカリーが多いような印象があります。
アマムダコタンは東京にも進出して行列を作っているわけですが、外観も内観もおしゃれで、ちょっとゴージャスなパンを出してくれるお店はパン好きとしても嬉しいこと。

こちらのお店もそんな雰囲気のお店であり、アマムダコタン同様ここ数年の福岡パン人気を引っ張ってきたお店なのだそうです。

朝一で行くと並びなし。場所が周船寺駅というちょっとマニアックな場所だからでしょうか。
おかず系メニューも充実。
カレーはキーマカレーウインナードッグがありました。
それだけではもったいないので糸島卵のクロックマダムも一緒に購入。

パン自体の、粉の美味しさを感じるパン。
ウインナーはハーブの香り。
カレーは野菜メインでシンプル。
だからこそ全てが調和します。

こちらのクロックマダムはわかりやすく言えばグラタンがパンになったような形。
程よい塩気で食べればパワーがみなぎるような美味しさ。

どちらもかなり好みのテイストでした。
これが並ばないですむのはとても有難いこと。
それ以上に味だけ考えても個人的には福岡のパン屋さんの中でトップクラスに好きな味でした。

評価:★★★★

福岡カレー日記(インディアンスパイスファクトリー)



博多南「インディアンスパイスファクトリー」ショルシェマーチ(イサキ)、バスマティライス




ショブジダール


東インド料理、ベンガル料理の専門店というと東京においてもまだまだお店の数が少ないマニアックなジャンル。
そんなお店が福岡にできたと聞いて興味を持っていました。
東京在住で車の免許を持っていない旅人としてはなかなか行きにくい場所だったのですが、タイミング合ってようやく訪問。

メニューを見ただけでどれだけ東インド料理に本気なのかがわかり期待が膨らみまくる中、頼んだのはショルシェマーチとショブジダール。バスマティライスを合わせて。

ショルシェマーチは魚のマスタードカレーなのですが、この日の魚はイサキ。
食べてみればマスタードの酸味とトマトの旨味をまとったイサキが実に、それはそれは、とても美味しいのです。
ベンガル料理だと僕はショルシェマーチが一番好きで、東京はじめインドでも様々なお店で食べてきたのですが、その全てを思い返してもこちらのショルシェマーチはトップクラスに美味しいというくらい。

凄いなぁ。

ショブジダールはいろいろ野菜入りのダール。
こちらも滋味深い味わいと、バターのコクがとても良い感じ。
どちらのカレーもバスマティライスにめちゃめちゃ合います。

東京でもこのクオリティなら人気が出るだろうと思えるレベル。
やはり福岡のカレーレベルはとても高いですね。

評価:★★★★

福岡カレー日記(ダルマサーガラ)



田主丸「ダルマサーガラ」ミールスBセットノンヴェジタリアン(マトン)




クラブドーサ(ハーフ)


かつて東京は東銀座にお店が存在し、まだ日本において南インド料理専門店が少なかった頃から南インド料理専門店として人気を博し、ミシュランビブグルマンの常連でもあった超のつく名店ダルマサーガラが福岡に移転しました。

しかもその場所が田主丸。
東京の人間からしたら読み方もわからない地名(たぬしまると読みます)です。

駅からも遠く、歩くと30分弱。
車なら駅から近いですがそもそも田主丸まで出るのが博多からだとそれなりに時間がかかります。

そんな場所でダルマサーガラ。
ノンヴェジミールスとクラブドーサをいただきました。

ミールスは豪華版と簡易版があり、簡易版を。
選べるカレーはマトンにしました。
このマトン、美味しいんですよ。
カシアとブラックペッパーがゴリゴリにきいており、めちゃめちゃ尖った味。辛いというわけではないですが、先述した二つのスパイスが苦手な人には無理なレベル。同時に、その二つが好きな人にはたまらない美味しさ。僕は後者なのでたまらない味です。
これを食べて一気に東銀座で食べた時の情景が思い浮かびました。

他の料理もシンプルで的確。以前と同じ、いや、以前以上に美味しいかもしれません。

クラブドーサは蟹マサラが入ったドーサ。
こちらも素晴らしい。
蟹の風味が消えないスパイス使いで、濃厚なサンバルと合わせれば美味しさがさらに増すという。

どちらも以前より美味しいと感じたのは、福岡の山の中にあるという土地柄、野菜と水が美味しいからこそでしょう。
これは東京では出せない味です。

写真を見て気づく方もいるかもしれませんが、テーブルなどは東銀座から持ってきたものなので以前と同じです。
ゴージャスな内装で雰囲気も以前と遜色ない状態。

何故移転したのか聞いてみると、食糧危機の問題が頻繁に語られる昨今、未来を見据えて自分で野菜を作ろうと考えたのだそうです。関東でやろうと思ったものの、農地法の関係でそれが難しく、オーナーの地元である福岡で探したところ、農地付きの家が見つかり、そこで野菜を作り出したとのこと。そこから通える範囲で物件を探して、こちらが見つかったのだそうです。
使っているメインの野菜はあらかたご自分(とその仲間)で作られた野菜ということで、これは凄いことですよ。

東京のダルマサーガラファンなら、予定を調整してわざわざ行く価値のあるお店。
そして福岡のみならず九州の南インド料理ファンはすぐにでも行くべきお店です。

評価:★★★★☆

福岡カレー日記(シェサガラ)



田主丸「シェ・サガラ」十八のカレーパン


福岡で僕が大好きなお店でありモリトネリ、チャイティーヘロンのオーナーである竹井さんと色々話していた時、おすすめされたパンのお店がこちらです。

小さなお店ですがひっきりなしに人が来ていて、河童で有名らしい田主丸においてこれだけ人が来るお店は少ないですし、凄いことだなと感じる人気でした。

十八のカレーパン。
十八というのは福岡の豚料理店の名前なので、そちらと何か関係があるのでしょうか。

カレーはオールドスクールなカレーパンのカレーフィリング的な甘味あるもの。
パンの美味しさが際立ちます。

パン自体の美味しさがカレーの味も引き立てるような。

他にデニッシュ系もいただいたのですが、こちらがさらに上を行く美味しさで。
この場所でこの人気。
食べてみれば納得でした。

やはり美味しいものは美味しいお店のシェフに聞くのが一番ですね。

評価:★★★☆

福岡カレー日記(春日ロッジ)



山隈「春日ロッジ」仔羊カリー


朝倉郡筑前町の永利牧場にある、まさにロッジのような外観のお店です。
こちら、福岡のカレーマニアにおすすめを聞くと、ベテランマニアほど名前を挙げるお店です。
以前は春日市にあったようですが、今は移転してこちらへ。

車じゃないと行けない場所にありますので旅人は要注意です。

欧風カレーとインド風カレーがあり、欧風はどれも同じカレー。
インド風は具材によってベースのカレーも少しずつ違うとのことです。
この辺りの店員さんの説明が非常にわかりやすく、長年の経験値を感じました。

一番気になったインド風の仔羊カリーをいただきました。
一口食べてみてまず香ったのがバター。
その後にトマトとラムの旨味。
骨つきラムですがスプーンでスッと骨離れが良いくらいに煮込まれており、時間をかけたからこその美味しさを感じます。

添えられたピクルスも爽やかで、芳醇なカレーと合わせれば美味しさが一段階上がるという良い箸休め。

レベル高いですね。
他のカレーも食べたくなりました。
なかなか行きにくい場所にありながら、長年続いているのはこの味あってこそです。

評価:★★★★

福岡カレー日記(シュガーリーフ)



別府「シュガーリーフ」牛すじカレー、ツナカレー


別府と書いて「べふ」と読みます。福岡以外の人には別府というと別府温泉が思い浮かぶので読み方が難しいですね。
閑話休題。
こちらは別府(べふ)にある渋い外観のベーカリー。
お店のインスタグラムにも「外観が美味しくなさそうなパン屋です」と書いてあるのですが、そんなことはないんですよ。
確かに懐かしい雰囲気もある外観ではあります。
ただレトロというわけではなく、街に根ざしたお店というような雰囲気。
そして、この雰囲気、わかる人が見ればきっと美味しいだろうなと思えるもの。

最近の福岡は外観も内観も非常におしゃれなベーカリーが増え、行列ができていたりもするので、それに対する言葉として書いたのでしょうが、そこに負けないどころかもっと美味しいかもしれないというくらいに美味しいお店でした。

いただいたのは牛すじカレーとツナカレー。
ザクザクとした衣の揚げカレーパン。牛すじとトマトの旨味がしっかりとカレーになっていて、油断すると何個も食べてしまいそうな美味しさ。

ツナカレーはハード系のパンの中にカレー味のツナ。
こちらもパン自体の、小麦粉自体の美味しさを感じるもので、噛みしめるほどに美味しさが蓄積します。

福岡のベーカリーの中でもかなり上位に入ってくるレベルではないでしょうか。
やはり見た目通り美味しかったのです。

評価:★★★☆

福岡カレー日記(ルイガンズ)



海の中道「the LUIGANS」マッサマンカレー


博多から漢委奴国王印で有名な志賀島へ向かう途中にある海の中道駅。
この辺りはリゾートエリアとなっているのですが、そこにあるリゾートホテルがルイガンズです。

オーシャンビューで気持ちの良い部屋と、海沿いの敷地内では音楽イベントや結婚式なども行われており、博多のセンスの良い若者の間では、ここで結婚式を挙げることがステイタスともなっているようで。

というわけでルイガンズで行われる結婚式に招かれました。

基本的にはコース料理だったのですが、オプションでカレーを追加できないか聞いてみると、既に追加していますとのこと。
ありがたいです。

コースと別で出てきたのがマッサマンカレー。
ナッツの食感と甘みが印象的なタイカレー。
美味しいです。
式も野外で行われたのですが、そんな中でいただくマッサマンカレーは印象に残るものでした。



「The lounge on the water」朝食ビュッフェ(マッサマンカレー)


リゾートホテルルイガンズに宿泊。
朝のビュッフェをいただきました。
ルイガンズ内にあるThe lounge on the waterというカフェレスウトランで朝食ビュッフェ。

こちらの朝食はホテルの朝食ランキングで1位を獲得したこともあるようで、それも納得の品数。
その中にマッサマンカレーもありました。

前日にマッサマンカレーをライスで食べたのでこの朝は中華麺を合わせてみましたが、こちらも相性良いです。
ビュッフェだと自分でアレンジできるのも楽しいところですね。

サラダ、肉料理、メイン、デザート、ドリンクと、本当に充実しており、郷土料理も味わえます。
僕自身体験したホテル朝食ランキングをつけるのであれば、日本では確かにここが一番かなと感じました。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード