fc2ブログ

北海道カレー日記(りら)



札幌「喫茶りら」カレーラーメン


札幌駅すぐ近くにある古びたビルの地下にある喫茶店。
というか、喫茶店とラーメン屋が繋がって一つになったお店なのですね。
店内実に昭和的。
ちなみに喫煙可能。この辺りも昭和を感じさせます。

カレーラーメンをいただきました。

ごくごく普通の素ラーメンにごくごく普通のカレールウをかけたものなのですが、まずスープと麺からいってみると昭和の中華そば的な程よいスープに、茹で具合も程よい麺。
良い感じじゃないですか。

カレールウも悪くないです。
食べていくうちにスープとカレーが混ざっていくのがこのタイプのカレーラーメンの良いところ。

ただの足し算ではなく、掛け算とまではいかないにしてもプラスアルファにはなっている組み合わせ。
喫茶店ということもあり、夕方の微妙な時間でもいただけるのがまた嬉しいところですね。

評価;★★★

北海道カレー日記(ゾラ)



西8丁目「ZORA」炭焼き角煮カレー


札幌へ行く度に通う大好きなカフェの目の前にあるスープカレーのお店。
これも何かの縁でしょうと行ってみると、これがまた美味しくて当たりで。

明るく清潔感のある店内。
にこやかな接客が印象的。

頼んだのは炭焼き角煮カレー。
スープは非常にバランスが良く、旨味と香りがただでさえ良いところに、炭焼きした角煮がめちゃめちゃ仕事してます。
炙ったことによるメイラード反応が味につながり、炭の香りがスパイスの香りにさらにプラスアルファの印象を深めて。
これは美味しい。

真面目で丁寧な仕事を感じるスープカレー。
後で知ったのですがどうやら人気店だったようで。
それも納得ですね。
好きなお店の前に好きなお店を発見して幸せな気持ちになりました。

評価:★★★☆

北海道カレー日記(GOKURI)



西11丁目「GOKURI」厳選素材の相場王ハンバーグ味噌スープ+GOKURI流ザンギ、スパイス春菊天ぷらハーフ


都内各所で間借りカレー店を数店舗展開していた極哩が地元北海道に帰り、スープカレーGOKURIとして生まれ変わりました。

東京では欧風アレンジのビーフカレーに始まり、スパイスカレー、スリランカカレー、出汁カレーと様々なカレーを作ってきたお店なのですが、その集大成として出来上がったのがこのスープカレー。
つまりは札幌ではあるものの、札幌スタイルのスープカレーとは違い、オリジナルの要素が強いのです。

ハンバーグのスープカレーを味噌スープで、ザンギとスパイス春菊天ぷらをトッピングして注文。

スープカレーが色とりどりの野菜なのはもちろん、ご飯の方も華やか。
ご飯はバスマティライスと日本米のブレンド。サラダとパパドが添えられ、ザンギはしっかり濃い味、春菊天ぷらもスパイシーで何もつけずこのまま食べても美味しいです。

スープは味噌の甘みが加わって奥深さがあり、ハンバーグの肉汁もスープと合わさって満足度が高まります。

夜は生ビールもしくはハイボールのサービスもあってお得。
このあたりは会社が多いエリアということで夜は人通りも少ないのですが、大通の賑やかなエリアから徒歩圏内ですから、隠れ家的な良さもあります。

型にとらわれないからこその個性。
新感覚のスープカレーですよ。

評価;★★★★

北海道カレー日記(ハラッピ)



西15丁目「スパイスカレー ハラッピ」4種盛り




栗とラム酒とオールスパイスのジェラート


二条市場近くにあったスパイス酒場はラッピが路面電車の西15丁目と中央区役所前のちょうど間くらいに移転し、スパイスカレーハラッピ として生まれ変わりました。
酒場という名前が消えたこともあって以前よりもカレーに重きを置いているのですが、スパイスジェラートが増えたり、おつまみカレーもあるのでより広い形で楽しめるお店となり、実際に店舗の広さ的にも以前の倍以上。かなりの広さです。

4種盛りを注文。
出汁パリップ、梅ラッサム、サグパニールは固定でもう1種を選択可能。
パキスタンチキンにしました。

まずはこの見目麗しさに期待感が高まります。
ハラッピのシェフはスープカレーの名店で修業しながら、ご本人もカレーが大好きということで日本中の様々なカレーを食べ歩いてきた方。
あえてスープカレーではなく、札幌でスパイスカレーで勝負するんだという意識のもとにお店を切り盛りしているわけですが、流石のクオリティです。
見た目だけではなく味のレベルがそれぞれ高く、特に梅ラッサムは和のハーブ使いが見事で気に入りました。
パキスタンチキンも札幌の老舗名店を思わせつつ、それよりももっと上品に仕上がっていてこの副菜や他のカレーとの相性も良いです。

スパイスジェラートも数種類あったのですが、栗とラム酒とオールスパイスのジェラートを注文。
熊の形のモナカ状態で出てきて、こちらも可愛らしいルックス。
控えめな甘さだからこそ素材の味が活きている形の上質なジェラートでした。

お店を運営しながらも現在も日本中を飛び回ってイベント出店しているシェフ。
北海道のスパイスカレーの一歩先を行くお店ですよ。

評価:★★★★

北海道カレー日記(キング)



狸小路「SOUP CURRY KING セントラル」ビーフ野菜カリー


札幌の人気スープカレー店キング。
狸小路近くの名店がひしめき合うエリアにもお店があります。

閉店間際の入店だったのですが満席状態で行列こそできていなかったもののの、1人外で待っている状態の人気。

店内はかなり広く、メニューは海外の方に向けたものもありました。

ビーフ野菜カレーをご飯小で。
辛さは辛口。

様々な野菜としっかりと煮込んだ牛肉。
昆布や鰹節を感じる和の要素があるスープ。
これぞ札幌スープカレーだなと思える王道の一品。
まさにキングロードというわけでしょう。

流石の人気であり、納得のクオリティでした。

評価:★★★☆

カレー日記(⁡ストーンズスロウ)



大久保「⁡Bar Stone's Throw⁡⁡」チキンカレー


かつて間借りカレーが激戦時代だった新宿ゴールデン街で間借りカレー店RHiMEとしてスタートし、人気も出て百人町スプーンとしてカレーとお酒を楽しめる場所として大久保で独立したお店が、よりバー業態に力を入れたいということで同じく大久保でBar Stone's Throw」として生まれ変わりました。

DJ卓も店頭にあり、マスター自ら膨大なレコードの中からBGMをセットしており、壁を見るとスライ・ストーンの絵がどーんと。音楽好きなマスターならではの空間です。

お酒中心とはなったものの、カレーもレギュラーメニューとして存在します。

チキンカレー。
シンプルなスパイスカレーに玄米。
その上に飾られたオクラがRHiME時代からのシンボルマークです。

食べてみると以前よりさらに美味しくなった印象。
より香り高く、刺激的でありながらもバランスを崩していない絶妙なスパイスカレーです。

方向性は少し違うものの福岡の名店アトリエてらたのヤッホーカレーにも近いシンプルイズベストなカレー。
つまり僕の大好きな方向性です。

夢中になって食べているといつの間にかBGMも変わって高中正義氏のAN INSATIABLE HIGHに。
渋い!

良い空間ですね。
外国人客も多く、常連さんも多そう。
何よりマスターが楽しそうなのが良いです。

大久保エリアは言わずと知れたネパール料理の聖地であり、大人気店魯珈をはじめカレーの名店が数多く存在しますが、こちらもその中の一つとして覚えておきたいお店です。
あくまでバーなのでドリンクを頼むことも忘れずに。

評価:★★★☆

カレー日記(香噴噴)



木場「香噴噴」咖哩飯




成都式汁なし担担麺




祁門紅茶プリン、杏仁豆腐


惜しまれつつ閉店した担々麺専門店香噴噴が担々麺のみならず様々な料理を引っさげて復活しました!
もちろん僕だ大好きだったカーリーファンも一緒に!
嬉しい!

ここのカーリーファン、中華カレーとして一つの完成形だと思えるほどにクオリティが高いんです。
中華系スパイスやスープも感じるスパイシーなキーマカレー。
ジャスミンライスなのがまた良くて、その炊き具合も完璧で。

基本的には麺に添えるサイドメニューとしてのものだったわけですが、これ目当てに食べに行っていた程です。

復活した今もサイドメニュー的にハーフサイズが基本。

まず前菜からスタートし、成都式担々麺、そして目当てのカーリーファン。
最後にデザートも2種。
どれも最高に美味しい!

カレーと担々麺だけでも満足度が高かったのですが、それらと同様に素晴らしい前菜とデザートで満足度がさらに上がりました。
お店も広くなったのですがシェフは基本1人で回しているので時間はかかるのですが、だからこそゆっくりとこの時間を楽しみたいし、楽しめるわけです。
木場にはなかなか縁がないのですが、仲間を募ってまた行きたいと思います。

評価:★★★★

カレー日記(ムアンタイ)



神保町「ムアンタイ」マンダラシェフの賄いカレー(ポーク、しめじ、ラジマ)


ムアンタイ。もともとタイ料理のお店でしたが神保町内で移転し、タイ料理のみならずインド料理も楽しめるお店となりました。
外観も内観も実におしゃれ。

タイ料理でインド料理となるとインドネパール系を思い浮かべるかもしれませんがさにあらず。
こちらは神保町で有名なインド料理のマンダラをはじめ、タイ料理のメナムのほとりなど様々なお店を手がける西インド会社の運営するお店。
インド料理のシェフもタイ料理もシェフも本格的というわけです。

マンダラシェフのまかないカレーというセットをいただきました。
マッカニー的なポークカレー、ドライなしめじカレー、そしてラジマの3種カレーに、彩り鮮やかな副菜が飾られており、このあたりは今時感を意識したのかなと興味深いです。
本格的な現地料理を今時の日本的盛り付けで、というわけですから、ありそうでないタイプ。

味はそれぞれマンダラらしいといいますか、オーセンティックなインド料理でありつつ日本人にも理解しやすい落とし所。

インドカレーを食べているのですがスパイスカレー的な雰囲気も感じ、この形はカレー激戦区神保町においても個性となっています。

他にタイスキ、カオソイに加え、インディアンチャイニーズやおつまみ系も充実。
ランチでカレーを食べるも良し、夜にゆっくり飲むも良しで使い勝手の良いお店でした。

評価:★★★☆

カレー日記(エニ)



飯田橋「シーフードビストロ 魚卵House Eni」ソフトシェルクラブのイエローカレー


魚卵を売りにしたビストロのランチにカレーがあることに気づいて行ってきました。
店内入ってまず驚いたのはお客さんの9割が女性であるということ。
確かにランチタイムはパスタがメインであり、女性受けするメニュー構成ではありますが、ここまで女性人気が高いとは。

皆さんがパスタを食べる中で僕は当然カレーです。
カレーも2種類あったのですが、ソフトシェルクラブのイエローカレーをご飯少なめで注文しました。

ソフトシェルクラブでカレーというとタイのプーニムパッポンカリーを思い出しますが、こちらはそうではなく、言うならばゲーンカリープーニム。
カイダオも乗っていますがカオは日本米です。
ブロッコリーなども入っているのがタイとはまた違うところ。

辛さも適度にあり、目玉焼きがそれをまろやかにしてくれますが、この目玉焼きは作り置きと思しきもの。

ご飯少なめだったのですがそれでもご飯が少し余るくらいのバランス感でした。

こちらのメニューに魚卵はありませんでしたがプラス100円でつけられるサラダにはポテトサラダの中に魚卵が使われていて、魚卵推しということが感じられました。

評価:★★★

カレー日記(十々)



神保町「十々」謹製牛カレーやきそば+たまご


お好み焼きのお店のランチのカレーやきそば。
カレーやきそばにも色々とありますが、こちらはカレー粉で炒めたやきそばではなく、カレーを焼きそばの上に乗せたもの。

ほろほろになった牛肉がルウに溶け込んだタイプの濃厚カレーです。
ご飯に乗せても合いそうですが、これがやきそばに乗っているのが面白いですね。
注文が入ってから目の前の鉄板で焼いてくれるやきそばは、キャベツの食感も作りたてならではのシャキシャキ感があり、良い感じ。

トッピングにたまごを追加しましたがこれがあると全てをまとめる形となって満足度が上がりました。

量が思っていたより少なかったわけですが、逆に言えば軽く済ませたい時に良いですし、小食の方にはちょうど良いですよ。

評価:★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード