fc2ブログ

シンガポールカレー日記



「シンガポール航空」フィッシュカリー


機内食がカレーでした。ターメリック強めのカレーはなかなか美味しい。トマト感しっかりで辛めのナスカレーも良い。バスマティライスなのも嬉しい。機内食全部このスタイルで良いと思う。
評価:★★★☆




Maxwell Food Centre「Hajmeer Kwaja Muslim Food」Murtabak Mutton 


屋台村でムルタバ!
やっぱりムルタバ最高に好き。しかしシンガポールでしか見かけないのは何故なのか。日本でもムルタバ出してくれるお店あったら是非行きたい。


評価:★★★☆




「Alimama」Laksa
シンプルラクサながら具材色々。屋台らしく薄めの味ながら海老味噌がのっているのでそれをといていきながら食べると美味しい。


評価:★★★☆




シンガポールはどこで何を食べても美味しいと思っていたのですが空港飯は意外と当たり外れあり。
屋台は美味しかったけど店舗で食べたらもっと美味しい。
という当たり前の結論となりました。
それでも外食レベルは高いと思います。

インドカレー日記5日目





ケララ テカディ「モーニングビュッフェ」


マサラドーサ


オーダーして作ってくれるドーサが実に美味しい。チャトニもビーツやパイナップルがあって楽しい。ワダもオイリーなんだけどフワフワで個性的な美味しさ。カンジというケララ粥も薄く塩味で興味深い。マサラチーズオムレツも西洋的。レベルの高い朝食!


評価:★★★★




LuLuMALL


「Street Foods by Punjab Grill」バターチキンパランタロール


北インド料理店のセカンドブランド的ストリートフード店。フードコート内にありました。
無難にちゃんとバタチキで美味しかった。


評価:★★★☆




「PARAGON」パンダンチキン




マトンビリヤニ


ルルモールの大人気店。パンダンリーフのパンダナスチキンはスウィートチリソースと共に。軽やかにスパイシーなチキンは挽肉までいかない手切りをまとめらもの。美味しい。
マトンビリヤニも色合いが均一で軽やかな美味しさ。マトンは骨付きで柔らかなものがゴロゴロ。
かなりレベル高いです。


評価:★★★★☆




コチ空港「」Chikingタンドゥーリバーガー+チーズ


カレー系が軒並み売り切れてたのでカレー味バーガーを。美味くもなく、不味くもなく。


評価:★★★

インドカレー日記4日目


ケララ テカディ「Spice Village」ノンベジターリ


ターリと言いつつミールス。メインはポークペッパーフライとうずらマサラフライ。
ペッパーフライはビーフがポピュラーですが豚は豚で脂身の甘みがあって美味しい。バナナの花のトーレン的な料理やチャトニがドライだったりするのも興味深いターリでした。
リッチでゴージャスなテイストです。


評価:★★★★



「マナン族の料理」ミーンマナン、プルキンディヤトゥ


現地の部族マナン族による昔ながらの方法で調理した民族料理をいただくことができました。
マナン流ミーンカレーは千切るようにぶった斬った魚と野菜を水に浸し、マサラペーストを入れて煮込んだシンプルなもの。
ネパールのディド的なプルキンディヤトゥと合わせるのが非常に興味深く、思っていた以上に美味しかったです。


評価:★★★★




「Spice Village」ディナービュッフェ


スパイスの里として有名なテカディのラグジュアリーリゾートホテル。今回リゾートホテル3軒行ったのですが宿的にはここが一番好きでした。Kozhi KhormaやSpiced Veg Pal Curryをアッパラムで。他は北インド料理から洋食から色々とありましたが総じてレベル高かったです。


評価:★★★★

インドカレー日記3日目



ケララ マラリクラム「Marari Beach」モーニングビュッフェ


ディナービュッフェも珍しいものがいっぱいでレベル高かったのですが朝もレベル高い!
チョーレバトゥーラにサンバルワダなんていう南北インドの朝食の組み合わせもできちゃう。
何を食べても美味しかったです。


評価:★★★★



ケララ クマラコム「Coconut Lagoon」Sadya

Karimeen polichathu


この日はインドの建国記念日ということもあり、ごちそうミールスのサディヤを。
リゾートホテルなので味はしっかり目。どれも美味しかったのですがアヴィヤルが一番気に入りました。
ここの湖でとれた淡水魚のポリチャトゥもホテルリッチテイスト。


評価:★★★☆




「Coconut Lagoon」ディナービュッフェ


南北インド料理と洋食系も含む何でもありビュッフェ。panni urlan mappasなるポークマッパスが特に好みでした。でもやっぱり全体的に味強めな印象。



評価:★★★☆

インドカレー日記2日目





ケララ コチ「niko hotels」モーニングビュッフェ


前日とは主食もカレーも違うのがとても嬉しい。
ウプマとアッパムに合わせるカレーもエッグとグリーンピース。
良い意味で普遍的で平均的な王道南インド料理で、それが朝にはちょうど良くてとても良いのです。
評価:★★★★






ケララ コチ「Grand Hotel」イカのカレーリーフ炒め


アレッピープローンカレー、ケララパロタ




Beef Olarth


唐辛子辛いイカ、青マンゴー入りで酸味しっかりのプローン、胡椒辛いビーフオラータ、全てに共通する上質なココナッツとカレーリーフ。全てに共通する美味しさ。
洋食系メニューも充実でちゃんとレベル高久、スウィーツもインドらしく甘さ強めながら美味しくてまるで死角無し。
流石の名店!


評価:★★★★☆




ケララ マラリクラム「Marari Beach」ディナービュッフェ
Kuttanadan Tharavu Curryなるカレーに、Poovarasu Appamなるアッパムなど珍しいものが色々。
オーダー毎に焼いてくれるマサラプローンは半生で少々心配でしたが流石はラグジュアリーなリゾートホテルだけあって上質なものであり、お腹の調子も問題ありませんでした。


評価:★★★★

インドカレー日記1日目



ケララ コチ「niko hotels」モーニングビュッフェ


マサラオムレツ


(プットゥ、)、マサラオムレツ、デザート、コーヒー


ホテルの朝食ビュッフェ。ケララらしくプットゥあってテンション上がるー!
ソーセージは青唐ビシバシでテンション上がるー!
他にイドゥリ、カダラ、サンバル、ソーセージ、エッグブルジ、さらにオーダーすると作り立てを持ってきてくれるマサラオムレツも。
南インドらしくあんまいミルクコーヒーで締め。最高!
評価:★★★★






ケララ コチ「Old Harbour Hotel」海老のグリル




ビンディーマンゴーモーレ、ケララパロタ




ココナッツシュリンプ、ライス
オクラとマンゴーのモーレが珍しくて面白い。リッチだけど爽やかなココナッツに必要最低限のスパイス。そして本場だけあってケララパロタの美味しさが出色の出来栄えでした!
オニオンパコラも絶品で癖になります。


評価:★★★★






ケララ コチ「Brunton Boatyard Hotel」first class maton curry



seafood plate


イギリス統治時代に生まれたという辛さを押さえたマトンカレー。と言っても日本人には辛く感じる方もいるかもくらいの落とし所で、チリの香りも程よく実に美味しい。
シーフードも色々。具沢山モーレが嬉しいです。


評価:★★★★

シンガポールカレー日記



チャンギ国際空港「Old Chang Kee」Curry‘O


シンガポールマレーシア名物カレーパフ。あまり知られていませんが、これもこの地方独自の食文化の一つなのです。
空港に専門店があるくらいですから。
肉も野菜も色々とたっぷりしっかり入ったパフ。
想像以上に具沢山で食べ応え十分。
誰が食べても美味しいであろう普遍的な美味しさです。

評価:★★★☆




「Fatimah Nasi Lemak Laksa」Curry Chicken Nasi Lemak Set+Fried Egg


シンガポールフードというコンセプトのフードコート。
ここ、イマイチなものが多いのですがこちらだけまだマシかなと思えるクオリティでした。
と言ってもシンガポール料理ではなく正式にはインドネシア料理なのですが。
でもシンガポールの屋台村へ行くと大概ナシレマのお店はあるので結果的にシンガポール料理なのでしょう。
ただ、日本におけるラーメンのような独自発展感やミクスチャー感はなく、インドネシアのナシレマとほぼ同じです。

評価:★★★




「Encik Tan」Laksa


やっぱりラクサも食べなくてはということでこちら。端的に言えば薄いラクサです。
値段も空港としては安いので、ぼちぼちこんなもんかなという印象でした。
評価:★★★

カレー日記(松屋)



「松屋」チキンマサラカレー、生野菜


店舗限定メニューのチキンマサラ。
インド料理です。
しかし松屋ですから松屋流にアレンジしてあります。

松屋ファンに人気の通称ごろチキのインド風な仕上がりのもの。
ニンニクとトマトしっかり。
程よくオイリー。鶏肉ゴロゴロだからこそのインド感。

インド料理の老舗ナイルレストランのチキンマサラをお手本にしたのかなと思うような、そちら方面の方向性を感じました。
満足度高いです。
これは是非全国展開して欲しいですね。

やはり松屋はカレー屋です。

評価:★★★☆

カレー日記(シティベーカリー)



神奈川 高島町「THE CITY BAKERY リビングタウンみなとみらい」全粒粉のカレーパン、ブレンド


ぴあアリーナで仕事。その隣のブロックにいつの間にかできていたシティベーカリーで仕事前の朝食を。
チェーン店のベーカリーですが僕の知る限りどこもカフェ併設となっており、電源席も充実しているのが便利なので各地のシティベーカリーを利用しています。

何しろこちら、カレーパンもちゃんと美味しいのです。
全粒粉パンの焼きタイプ。カレーはしっとりテクスチャで相性良好。
パンが全粒粉だからこそ、ロティでインドカレーを食べるのにも近い雰囲気があって良いです。
カレーがインド的というわけではないのですが、トマトベースで美味しいです。

こちらの店舗は広さもかなりあってゆったりしており、庭のような外の緑も心地よかったです。

評価:★★★☆

カレー日記(花一)



九段下「カレー 花一」ロースカツカレー+ハンバーグ


ごくごく普通の日本式カレーライスのお店。
しかしこちらの場合その普通さが良いなと思えます。

カツカレー600円(2024年1月現在)という安さ。チェーン店ではなく個人店舗でこの価格は凄いこと。
それにハンバーグトッピングしても100円でお釣りがきました。

味はチェーン店的な方向性。
C&Cが好きな方ならこちらも好きなのではないかと思います。
辛口も料金追加で可能ですが追加しない中辛も程よく後から辛さが感じられ、味が引き締まっているのが良いです。

普通といえば普通なのですが、丁寧に手抜きなく作っていることが伝わってきますし、この場所でこの価格は企業努力の賜物です。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード