fc2ブログ

大阪カレー日記(ふじやま)



大阪 動物園前「ふじやま」元祖大阪カリーそばめし




串かつ牛、エリンギ、れんこん


新世界の串カツ屋でカリーそばめしなるメニューを発見しました。
カウンターメインで広く活気のある店内。

まずは串カツから。
牛、エリンギ、れんこんを注文。
薄めの衣でふわっとサクッと。
定番の美味しさです。

そしてカリーそばめし

そばめしとは焼きそばと炒飯が一緒になった料理であり、初めて食べた時は不思議な料理だと感じたものです。
ずば抜けて美味しいというわけではないのだけれど、どこかクセになるような。

カレーばかり食べるようになってからスリランカのコットゥロティがそばめしに似た部分もあり、世界的に見ると珍しいわけでもないのかと納得したり。

そんなわけでカリーそばめし。
思った通りの味でした。
天かすが多めなのでサクサクとした食感が楽しいです。
天かすも混ぜながら食べた方が良いでしょう。

個人的にはもっとカレー味が強い方が好みでしたが、カレー味のおつまみがあるのは嬉しいことですね。

評価:★★★

兵庫カレー日記(灘八)



兵庫 三宮「神戸灘八 本店」チーズカレー


三宮を歩いているとカレーの文字が飛び込んできました。
どうやらまぜそばのお店で、カレー味のメニューがあるようです。
気になって食べてみることにしました。

券売機でおすすめ表示のあるチーズカレーを購入。
店内に入ってチケットを渡し、麺の量を聞かれたので普通で注文。

甘辛く味付けられた牛肉、天かす、のり、ねぎ、その上にカレー粉が少々、そしてチーズ。卵黄も乗っています。
写真で見ると牛肉と海苔の部分が混ざって見えて、牛肉たっぷりを勝手に期待していたのですがこれは己の視力の衰えを呪うべきでしょうか。

それにしてもカレー粉が写真と比べてもかなり少ない。
この量で大丈夫かなと混ぜて食べてみると不安は的中。
カレー感が相当弱いです。
という以上に味付けが濃いんです。
カレーの風味が消されるようなしょっぱさ。

味変アイテムが卓上に色々とあり、無料トッピングも含めると味が濃いと感じた場合の対処法もあったのですが、カレーが薄いと感じた場合の対処法はなく、もっとカレーを増やしてくれたらなぁと思いました。

評価:★★☆

兵庫カレー日記(ボントン)



兵庫 三宮・花時計前「喫茶ボントン」ホットドッグモーニング


関西圏によく見られるカレー味キャベツのホットドッグ。
東京在住の僕としては、関東ではほとんど見かけないこの絶滅危惧種のメニューが好きで、関西に来る度に探して見つけては食べています。
個人的にカレキャベドッグと呼んでいるのですが、三宮でも見つけました。

商店街にある喫茶店ボントン。
モーニングメニューのホットドッグを注文。
柔らかいドッグパンにカレー味のキャベツ。小さなソーセージが二つ。
これを乗せた状態で焼きを入れたもの。最後にケチャップ。

シンプルで良いですね。
お店の雰囲気はレトロすぎず今時感もない程よい塩梅。
結構な広さであり、二階もあるようなのでいつ行ってもくつろげそうなお店でした。

評価:★★★

兵庫カレー日記(ヒンホイ)



県庁前「ヒンホイ」ミニカレー&チャパティ(モーニングセット)



セットのチャイS


神戸で朝カレーを食べるならここです。

インド料理店というよりはアジアンカフェ的雰囲気のお店。
BGMはパンクロック、メロコア系でその違和感もまた楽しい。
蔵書もサブカル感溢れるもの。
もう好きです。

モーニングメニューからミニカレー&チャパティを。
焼きたて熱々のチャパティは粉の香りが立ち、しみじみと美味しいもの。
野菜カレーもオーセンティックな雰囲気で滋味深く、このチャパティとよく合います。

食後のチャイも柔らかく優しいテイスト。
レストランの味というよりも良い意味でインドの家庭の味というベクトル。
しっかりとクオリティが高いのですが、驚いたのはその価格。

何と390円!(2024年3月現在)

会計時、思わず「安すぎません?」と聞くと「そろそろ値上げを考えています」とのことだったので、多少は上がるのでしょうが、。個人的にはこのセットなら倍の価格でもまた食べたいと思うくらい。

神戸の朝カレーの定番として、また行きたいお店です。

評価:★★★★

兵庫カレー日記(ケルン)



兵庫 摂津本山「ケルン」カリーブルスト


摂津本山駅あたりを歩いているとケルンという名のベーカリーを発見。
ケルンとはドイツの地名。
ということはひょっとしてカリーブルストがあるのでは?と入ってみると、見事ありました。
ちなみに普通のカレーパンは見当たりませんでしたが系列店にはあるようなので、時間帯次第なのかもしれません。

ドイツ料理のカリーブルストそのままではなく、それをおかずパンとして成り立たせた形でしたが、これはこれで良い感じ。
トマト感に加わるカレーの香り。ガツンとではなくフワッと香るような。
この感覚はまさにカリーブルスト。

十分にカリーブルスト欲を満たしてくれるパン。
満足です。

評価:★★★☆

兵庫カレー日記(ラージクマール)



兵庫 三宮「神戸カレー食堂 ラージクマール」3種ナッツの香ばし鶏キーマ(ハーフ)




クリームチーズとサバとターメリックのリエット


間借りカレー店として人気を博したラージクマールが三宮で実店舗に。
ビルの最上階。
エレベーターを降りると、外では無いのですが中庭的なものが配置され、非常に贅沢な作り。

昼はあいがけカレーのスタイルですが夜は前菜やメインがあり、締めでカレーを食べるという形。

まずクリームチーズとサバとターメリックのリエットから。
クラッカーにのせて食べてみるとこれはほぼカレー。
クリーミーなサバカレーという趣で、おつまみカレーとして実に良い感じです。

ラージクマール名物の3種ナッツの香ばし鶏キーマはハーフサイズでも頼めるのが嬉しいところ。
ナッツの食感と香りが立ち、それを受け止めて包むような優しいキーマ。
個性があって良いです。

今回は軽く一人飲みという形で利用したのですが、そういうニーズにも対応してくれるのがありがたいところ。
おなかいっぱい食べたい時ばかりではなく、軽く、でもカレーが食べたいんだよなぁという時に、覚えておいて損はないですね。

評価:★★★☆

兵庫カレー日記(ぶはら)



兵庫 摂津本山「ぶはら」仔羊のカレー、サフランライス


兵庫の高級住宅街にある高級インド料理店ぶはら。
ディナータイムに訪問。
17時開店という情報と17時半開店という情報があったので念の為17時半過ぎに行ってみるとCLOSEの表示。
しかし中には明かりがついていて人の気配。

「すみません」と声をかけてみると「18時開店ですが、どうぞ」とのこと。
どうやら夜は予約中心のようで、予約なしだと開店時間がずれることもあるのかもしれません。

何れにしても予約なしで入れました。
コースは二名以上の注文。一人はアラカルトとのことでアラカルトから仔羊のカレーとサフランライスを注文。

高級感ある器は固形燃料から火が出て下からグツグツと温まっている状態。

一口食べてみるとこれはローガンジョシュ。
ラム肉のほろほろ具合と無駄な脂がなく、それでいて柔らかな食感にクオリティの高さを感じました。
これは実に美味しい。

サフランライスもしっかりとサフランが香り、高級感が漂います。
付け合わせの野菜やフルールもオリジナティがあって良いです。
ちなみに付け合わせはサービスでした。

食後にマサラティーもいただきましたがこちらも上質。

店内も落ち着いていて高級感があり、お値段もそれなりにするのですが、お値段以上のクオリティに満足。
むしろお得だなと感じました。
シェフは日本人のようですが、だからこその良い意味での日本ローカライズ感もあり、それも含めてこの地に合っているなと。
わざわざ行く価値のあるお店ですよ。

評価:★★★★

大阪カレー日記(セイロンカリー)



徳庵「セイロンカリー 東大阪店」アンブラ(ポーク、バスマティライス)


大阪府大正区でスタートし、2010年代以降の大阪スパイスカレーに与えた影響も計り知れないと言える名店セイロンカリーが東大阪に二店舗目をスタートさせました。

徳庵駅から徒歩15分ほど。
店についてみると店内にはグランシェフのランジさん。
二店舗目ではありますがグランシェフが腕をふるっているのは東京のインド料理の名店でもよく見られる光景であり、これが一番味が安定するんですよね。

アンブラをポークで。バスマティライスでいただきました。

辛さは程よく、香り高いという意味でしっかりとスパイシー。
バランスも良く、混ぜても美味しいです。

大阪の二大現地系スリランカ料理店といえばセイロンカリーとロッダグループかと思っているのですが、ロッダよりセイロンの方が塩気が控えめであり、身体に優しい味だと感じています。
インパクトはロッダの方があるかもしれませんが、日常的に食べたいのはセイロンかと。

東京在住の僕には日常的に食べるということは叶わないのですが、久しぶりに食べてみて、やはり頭一つ抜きん出た美味しさだなと再確認できました。

ちなみに長田駅からも徒歩20分と歩いて行けなくも無い範囲。
お店の前にはホームセンターがあり、駐車場も充実しているので車で買い物がてら行くのも良さそうですね。

評価:★★★★

大阪カレー日記(マサラ)



徳庵「カレーパンショップ マサラ」マサラドッグII


カレーパンショップマサラ。
店名の通りカレーパンのお店なのですが、こちらのカレーパン、よくある揚げタイプのカレーパンではありません。

メインはカレーサンドとカレードッグ。
カレードッグにも2種類あって、ドッグパンにキーマが挟まれたものがマサラドッグ。
ソーセージとキャベツのホットドッグにキーマがかけられたものがマサラドッグII。
後者をいただきました。

注文が入ってから作ってくれます。
パンがハード系でバゲットに近いのが意外でしたが、ソーセージはパリッと食感もよく、キャベツにも味つけられていて、昔ながらのオールドスクールな大阪ホットドッグにジューシーなキーマがかけられた形。
美味しいです。

ひっきりなしにお客さんが来ていて、地元の人気店なのだなと感じました。

評価:★★★☆

カレー日記(バングラ)



神田「BAN蔵」チキンカレー


メキシカン料理ですがカレーやビリヤニもあり、ステーキやハンバーグなどもあるカオスなお店。
BAN蔵という店名はつまりバングラという意味も込められているようで。

店員さんのおすすめのケサディーヤからスタート。
メキシコ料理に詳しく無いのですが食べやすい美味しさです。
ナチョスも同様。

ハンバーグもいただきましたが、こちらもわかりやすいテイスト。

夜はカレーは無いのですが、試しにカレーはあるか聞いてみると「シメカレー作れますよ」と。
せっかくなのでカレーもビリヤニも。

こちらもなかなかの美味しさ。
カレーについては人より多少詳しいかと思いますが、ベンガル系のオーセンティックというよりは、独自性あるテイストであり、よくあるインドネパール系の味とは一線を画した仕上がり。
良いです。

ビリヤニもバングラデシュスタイルではなくインドスタイル。
バスマティライスのチキンビリヤニで、こちらも美味しい。

カオスはカオスなのですが程よいカオスであり、わかりやすいカオス。
入口が怪しげですが入ってしまえばごくごく普通のアジア料理店の雰囲気ですので初心者にもおすすめです。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード