FC2ブログ

カレー日記



渋谷「ゆうじ」カレーライス


友人に勧められて行ってきました。

普段カレーばかり食べている僕ですが、焼肉、ホルモンも人並み以上に好きなんです。
しかもこちらには裏メニューでカレーがあると。

結論から言うと、僕はあまりこのお店を好きになれませんでした。

味は良かったです。
肉質は素晴らしく、炭火で焼くからこそ風味も増します。
さらに、肉によって、レモン、ポン酢、生姜醤油、タレと、食べ方を変えておすすめを出してくれるのも良かったです。

カレーについて言えば、上質のお肉がしっかりと煮込まれているカレーで、焼肉屋やステーキ屋でカレーを出すお店も少なからずありますが、その中でも美味しい方だと思いました。

しかしそれ以外が色々と残念でした。

お店があまり綺麗じゃない事は気にしません。
それが味となって良いお店もあるので。

煙が充満にして匂いがつくのも、その分炭火で味が美味しくなるのだから良しとしましょう。

ただ、値段が見えない事、そして相当に待たされる事、この二つはお店の努力が足りないのではないかと思ってしまいました。

待たされるからこそ美味しく感じるのかもしれません。
しかし、僕は気が短い方でして、空腹で行ってさらに待たされてしまうと、その待ち時間でイライラが増して、嫌な気分になってしまいます。

その待っている間、店員さんが丁寧に接客してくれるのであれば、それもいたしかたないと許せるのですが、一見さんにはわかりにくいルール満載の割には説明される事もなく、質問しようとすると嫌な顔をされてしまいました。

そして最も良くなかったのは、店長(常連さんと思しきお客さんに「ゆうじさん」と呼ばれていたので間違いないでしょう)さんが、見習いらしき店員さんに恫喝するように注意していた事です。

店員さんへの教育も大切ですから、時には怒るべきだとも思います。
しかし、怒り方ってものがあるし、百歩譲って恫喝レベルで注意するのが有りだとしても、お客さんの前でそれは絶対にしてはいけない事だと思います。

少なくとも僕は非常に気分が悪くなりました。
サービスと雰囲気の項目が低評価なのはそのような理由によるものです。

焼肉屋、ホルモン屋については、同じように味は良いけど他が全て残念というお店がいくつかあるのを思い出しました。
美味しければ良いという方なら良いのでしょうが、僕は味だけでお店を選ぶタイプではないので、再訪する事は無いと思います。



上カルビ


評価:★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード