FC2ブログ

カレー日記



西台「インディラ」ビーフカレー




セットのサラダとポテト


欧風カレーと言えば神保町ボンディ。
ここから派生した欧風カレー屋と言えば、オーベルジーヌ、ガヴィアル、プティフアラカンパーニュ…と、枚挙に暇がありません。
それぞれしっかりと人気店なのも凄いですね。

さらにそこから派生したお店も含めると、根っこはやはりボンディなのかと思いきや、実はそのボンディの根っこにあたるのがこちらのお店なんです。

元々ボンディはこちらの支店的な形としてスタートしたという事です。
という事は、こちらのお店が所謂欧風カレーの元祖だと言えそうです。

店内は歴史を感じさせるものでした。
昭和感満載です。
取り立てて綺麗なわけでもないですが、不潔なわけでもなく、古いんだけどしっかり手入れしていると言いますか、レトロな喫茶店スタイルと言いますか。
こういうの、好きです。

カレーは単品1300円代、+300円程でサラダとドリンク付きのセットになるというので、ビーフカレーをセットでオーダーしました。
ポテトは単品にもつきます。

まずはポテト。
ふかしたじゃがいもにバター。
塩をかけてバターを塗って食べても良し、カレーに入れて食べても良し。
これぞ欧風カレーですよね。

サラダは特筆すべき点はありませんでしたが、欧風カレー屋さんでこのようなミニサラダを食べられる所は意外と少ないので、こういうのがセットで食べられるのは嬉しいです。

カレーもまさしく欧風。
フルーティーな濃厚カレーに、ゴロゴロとビーフが入り、チーズと小梅を乗せたご飯でいただく。
流石元祖です。

辛口で頼んだのですが、思いの外辛かったです。
ビーフは辛口か甘口しか表記が無かったんですよ。

本来この手のお店では僕は中辛を頼みます。
欧風カレーは辛くなりすぎると味のバランスがおかしくなるので。

しかしこちらの辛口は、しっかり辛いにも関わらず、味のバランスがおかしくなる事もなく、ちゃんと美味しかったです。
何が違うと言われると、残念ながらこれは僕の舌と知識の文章力では表現できないのですが、確実に何かが違う、そんな印象でした。

辛口でもカイエンヌペッパーのみに頼った辛さではないのは確実です。
他のスパイスもしっかり量増やして、深みのある辛さになっていたからこそバランスを保てているのかなと思うのですが、それだけじゃない気がするんですよね。

接客も老舗、元祖に奢る事もなく実に腰の低い優しい接客で好印象でした。

美味しかったです!

評価:★★★★

テーマ : カレー
ジャンル : グルメ

プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
いつしか毎食カレー生活となり、現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありません。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」として食べたカレーを全てアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直です。
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード