カレー日記



西大島「マハラニ」アーンドラ風マトンカレー




ゴビ65




四川風ドーサ


西大島にある南インド料理専門店です。
西大島エリアはインド人居住者も多い街なのですが、とはいえかなりマニアックな街と言いますか、住んでいる人じゃないとなかなか降りない駅だと思います。
生まれてからずっと東京在住の僕ですが、今回このお店に行く為に生まれて初めて降りました西大島。

駅から歩いて5分もしない位置。大通りを真っ直ぐ歩けば着くのでわかりやすいです。
店内は非常に明るく、店員さんもインドの方々。
皆さん非常に丁寧な接客と笑顔で、まずこれに驚きました。

メニューからゴビ65、四川風ドーサ、アーンドラマトンカレーとチャパティを注文。

ゴビ65はカリフラワーのスパイシー唐揚げ。
特にソースなどが一緒についてくるわけではありませんでしたが、そのまま食べても十分に美味しく味がついていました。

四川風ドーサ、つまりシェズワンドーサは、ドーサに四川的ソースが塗られたもの。
ピリ辛で美味しいです。

インド料理店で四川風というと不思議に思うかもしれませんが、インドに行けばインド料理店で様々なインド的中国料理をいただくことができるので、現地のインド料理店経験のある人からしたらそんなに不思議でもないんです。
日本でもディープなお店に行けばインディアンチャイニーズをいただくことはできますが、四川的なものをいただけるお店はかなり珍しく、貴重ですね。
四川料理も麻婆豆腐を筆頭に、スパイスをしっかり使う料理が多いので、インド料理との相性も問題無く良いです。
ドーサ自体も外はパリっと中はしっとりでクオリティ高かったです。

アーンドラマトンもまた美味しいです。
唐辛子が元々持っている辛味だけでなく、苦味や酸味も存分に引き出されていて、それがカレーの味の根幹をなしていました。
このカレーしかり、四川風ドーサのシェズワンソースしかり、このお店は唐辛子の扱い方が非常に上手だと感じました。

個性もあり、味も良く、値段も安く、接客も良いとなれば完全に名店なわけですが、お客さんは他にいませんでした。
強い雨が降っていたということもあるかもしれませんが、西大島という場所が原因なのでしょうか。
ここで食事をとったすぐ後に、どこの店舗に行っても混んでいるコメダ珈琲の西大島店に行ったら、こんなに空いているコメダ見た事ないというくらいに空いていましたから。

というわけで、こちらで食べる為だけに西大島まで行っても損の無いお店だと思います。
都営新宿線で西大島を通ることがあるなら、途中下車する価値は十分にありますよ。

評価:★★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード