カレー日記


湯島「イムアロイ」ゲーンケウワンセット



プラーパットペーウワン


湯島にはディープなタイ料理の名店が数多くありますが、こちらもそのひとつ。
こちらは入り口こそビルの2階で少し入りにくい雰囲気ですが、入ってみればちゃんとしたタイ料理レストランという雰囲気で安心感あります。

しかしメニューはなかなかのディープさ。
直訳的な日本語でおかしくなっているメニュー、発音通りをカタカナ表記したので普段見慣れないようなメニュー満載です。
結局はいつものメニューだったりするわけですが、発音もこういう発音と近いんだなと勉強になったり。

例えばグリーンカレー。
ゲーンキョウワンと呼ばれることがおおいですが、こちらではゲーンケウワンだそうで。
セットで1500円という湯島価格です。
セットということでライスがつくのかなと聞いてみると、ライスかそうめんか選べるそうです。
ライスでお願いしました。

量はこの手のお店のよくある2人前サイズ。
味はタイ本国の味ですが、この手のディープな本格派タイ料理店の中では濃厚なテイストで、屋台よりレストランよりの味つけと言えるでしょう。
僕の好きな方向性に近いです。
辛さはそれほどでもありません。

もうひとつ、メニューから気になったのがプラーパットペーウワン。魚身揚げとパイナップルの辛い甘いタレいためと書いてあります。
どっちなんだよ?wという突っ込みどころのあるメニュー。
食べてみると酢豚の魚版のタイ的アレンジという感じの料理でした。
これはこれでなかなか美味しいです。

湯島のタイ料理店は値段高めのお店が多いので、こちらもそうなのですが、その中においては接客や料理のクオリティもよりレストラン的であり、良くも悪くも家庭的で屋台的なお店の多い湯島においては、一般人でも入りやすいお店と言えるのではないかと思います。

評価:★★★☆
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード