カレー日記


八丁堀「エベレストイン」ヒマラヤセット(マトン、シーフード)


セットのタンドリーチキン、フィッシュティッカ


八丁堀駅から近いのですが路地裏にあるので少しわかりにくい場所です。
それでいてお店はランチタイム満席の大繁盛。
そんなお店です。

インドネパール系のよくある感じなのですが、この手のお店は日本において最も数の多いタイプのインドカレー屋といえなくもないわけで、繁盛しているお店もあればすぐに潰れてしまうお店もあります。
その差は何なのか。

こちらは繁盛するであろう要素が確かに少なからずありました。
ランチメニューはセット中心。
ヒマラヤセットというカレーが2つと焼き物2つがつくセットを注文。
メニューにはカレーがデフォルトで決まっているように書いてあったのですが、他のものを選べないか聞いてみると選べるとのこと。
まずこの柔軟さ、お客さんに合わせた臨機応変さが繁盛の秘訣ですね。

元々選べるものではなかったマトンとシーフードでお願いしました。
辛さはマトン辛口、シーフード中辛で。

この辛さを選べるというのも日本人には必須なのでしょう。
某大手カレーチェーンも辛さを選べるからこそみんなで行けるお店となったという部分もあるでしょうし。

あとはナンとライスがおかわりできるということも。
日本人はナン好きですからねぇ。
こちらのお店のナンは日本人受けするもちもちタイプです。

カレー自体ははっきり言ってしまえばインドネパール系のランチによくある感じの、水で薄めたようなカレーなんです。
でも、それでいて味が悪くないというのは珍しいかもしれません。
やはり味が悪いと繁盛しませんね。
普通以上に良くないと。
こちらのお店の味は普通ですが、偏差値でいえば52くらいではあるので、まぁまぁ満足できなくはないんです。

焼き物はタンドリーチキンとフィッシュティッカがついてきました。
ちゃんと焼いています。
この手のお店だと予め焼いたものをレンジで再加熱というところが少なくないのですが、こちらはそういう部分ちゃんとやってくれているのも良さでしょう。
フィッシュティッカはなかなか美味しく、偏差値でいえば54くらいつく感じでした。

最後に大事なのは、マダムが美女ということ。

イケメンか美女か、どちらかがいるのが繁盛店の秘訣だったりしますが、やはりカレーとなると男客の方が圧倒的に多いので、ネパーリー美人マダムがいるのは重要でしょうね。

味も値段もメニューもごくごく普通ですが、その中でちゃんと押さえるべき所を押さえることができているお店でした。
だからこその繁盛なのでしょう。

評価:★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード