カレー日記


千葉 館山「バーンタイ」ゲーンキャオワーン


パッパックルアンミット


パッタイ


とつてもなく面白いお店です。
館山旅行の際、地元在住の友人にタイ料理屋は無いかと聞いたところ、ここを教えてくれました。
「ただ、ちょっと変な店なんです。」と心配そうに。

だったら一緒に行ってみようということで、3人で訪問。
もう店構えからしてちょっと変という雰囲気を醸し出していましたw

友人が予約を入れてくれていたらしいのですが、行ってみたら予約は通っていなかった様子w
タイ人のおばちゃんが一人でやっているお店で、混むこともほとんどないから予約というスタイルも意味をなさないのでしょう。

と思っていたら僕等の後に人がどんどん増えて。
おばちゃんもびっくり。

そしてもっとびっくりしたのは僕。
なんとおばちゃん、先に来ていたお客さんを「アンタタチ昨日モ一昨日モキタンダカラ、今日ハイイデショー!」と、常連さんらしき方を帰しちゃったんですwww
常連さんも「そうだねぇ。じゃぁまた来るわぁ。どうぞ気にせずごゆっくりぃ。」なんてwww

実にユルい!
こういう店、だいたい当たりですw

メニューを見るとさらなるユルさw
何と、値段が書いてないんですw

心配になって友人に聞くと「以前行った時も値段無かったんですが、大丈夫。安いですよ。」とのこと。

メニューからゲーンキャオワーンとプーパッポンカリーを注文。
するとおばちゃん「プーパッポンカリー今日ハデキナイ!」と。
ならば仕方ないです。そのかわりにメニューには無かったのですが、メニューのラインナップ的にできるかなと思って「パネーンはできる?」と聞くと「デキルヨー!」と。
「ではパネーンムーをお願いね」と伝えると「オオ! パネーンムーネ! アルアル! デキル!」と。

一安心です。
他にサティとパッタイも注文して少し待っていると、最初に出てきたのは頼んでいない空芯菜炒めwww

いきなりかましてくれますおばちゃんw
「頼んでないよこれw」というと「イイカラ食ベテテー!」とw

どうやら他のお客さんが頼んだものを多めに作ったようです。

この調子だと他の頼んだメニューもあてにならないなぁと心配しながら空芯菜食べてみれば実に美味しい!
グリーンチリとニンニクがしっかりきいていて、タイ現地の美味しい屋台料理という感じの仕上がり。良い意味で下品な味付け。僕の好きなタイプです。

これは期待できるけど帰りの電車の時間もあるし、果たして時間内にカレーにありつけるだろうかと心配していると、次に出てきたのがゲーンキャオワーンで一安心。

量は結構あります。
ライスも頼んだら結構な量で出てきました。
どちらも2~3人前くらい。

具は鶏肉、しめじ、ピーマン、パプリカ。
バイマックルーもしっかり入っています。
辛さは控えめながら、やはりこれもタイ現地で食べた美味しい屋台料理的方向性の味。
同行した友人の中にタイ料理があまり得意ではないという人がいたのですが、その人も「これは美味しい! さっきの空芯菜もこれも本当に美味しい!」と、一気にタイ料理のイメージが変わっていたようです。

聞いてみれば一度都内で日本人向けのタイ料理屋に行ったものの、どうにもなじめなかったとのこと。
タイ料理苦手イメージある人ってこういうタイプ多いですよね。
インド料理についてもいえることですが、やはり現地の味そのまんまの方が美味しい可能性高いです。

続いて出てきたパッタイもちゃんと現地味。
友人もいたく気に入ったようで良い感じ。

しかし待てど暮せどパネーンもサティも出てきません。
着席してから1時間以上はたっていたのですが、念の為聞いてみると「今カラ作ルヨー!」と。
この調子だと電車の時間に間に合わなさそうだったので、理由を伝えてその2つはキャンセル。
笑顔で「OK!」と。

ゲーンキャオワーンとパッタイが予想以上に量があったので、3人だとこのくらいでちょうどお腹一杯にもなったのでこちらとしては助かりました。

それらを全部食べ終わってから店を出ようとしていると、最初に出て行った常連さんたちが戻ってきました。

「そろそろ空いてるかなーと思って。」
「マタ来タ!」
ここで一同爆笑w
さらに追い打ちかけるように、「空イタケド今日ハ疲レタカラ終ワルヨー!」と爆笑するおばちゃんw
お客さんも一同さらなる大爆笑w
常連さんも爆笑しながら帰っていきましたw

他の常連さん達も「この店がこんなに混んでるのはじめて見た」と笑いながら。
他もオーダー通っていないものだらけだったようですが、皆さん笑顔で受け入れてました。

最後にお会計。
値段はどれほどのものかと思っていると、おばちゃん僕等のテーブルを見て少し考えて、「ウーン… 3000円!」とw
安すぎますよwww
3人とも緑茶も飲んでいたんです。
それに2人前以上あろうかというゲーンキャオワーンとライス、2人前くらいのパッタイ、そして空芯菜炒め。
全部で3000円ってwww

やっぱり良いお店でしたw
マイペンライ精神を理解していないと、こういうお店はダメかもしれませんが、館山の方はなんとなくマイペンライな雰囲気だったりするので、館山でも愛されているお店なんだろうなと思いました。
また館山に行くことがあれば是非再訪したいお店です。
今度こそパネーンを食べたい!

評価:★★★☆



プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード