カレー日記


上板橋「スパイス食堂」ダルバート


食堂プレート(マトンマサラ、牛スジ根菜煮込みカレー)


窯焼きローストビーフ


ロースト豚スペアリブ


上板橋。
住宅街なので知人の家などに用がないと行かないエリアかと思います。
僕も生まれてからずっと東京にいながら、今まで一度も用事がなくて降りた事のない駅でした。

しかしそんな上板橋の駅前に気になるカレー屋ができたとあっては、その為に行かねばなりますまい。
せっかく行くなら色々食べたいので、カレー仲間と二人で行ってきました。

ディナータイムに訪問。
お店は意外と空いていました。
店員さんはネパール系の男性2人。
オーナーは日本人と思しきお洒落さと、わかりやすいメニュー。
初心者でも安心なお店です。

頼んだのはダルバートとカレー2種セレクトできるナンと一緒の食堂プレート。

他にローストビーフとスペアリブも気になったのでこちらもオーダー。
焼き物は時間かかるということだったので、後になっても構いませんと伝え、先にダルバートと食堂プレートが出てきました。

ダルバートはダルスープ、ククラコマス、野菜のタルカリ、サグ、アチャール、ご飯とパパドというラインナップ。
それぞれかなりの美味しさ。
ネパールのちゃんとしたレストランでいただくダルバートの味という感じで好印象。

カレーのセットはマトンマサラと牛スジ根菜煮込みカレーをセレクト。
どちらもネパール人が作ったインドカレーというよりは、日本人が作ったインドカレーという方向の優しい味で、ちゃんと美味しいのがまた偉いですね。
女性受けしそうなカレーでした。

そして驚いたのは焼き物。
スペアリブは想定していたとおりの美味しさだったのですが、ローストビーフが意外にも本格的で。
所謂西洋料理のローストビーフではなく、タンドールで焼いた牛肉なのですが、焼き具合も真ん中はレアで程良く、塩と胡椒と柚子胡椒だけでシンプルに食べるのですが、それがまた美味しくて。

他にチーズクルチャなんかもあって気になったのですがお腹一杯になってしまったのでここまでで。
オーナーさんは日本人に受ける本格的ネパール料理とインド料理というものをよく勉強されているのでしょう。

現地の味そのまんまという方向性ではありませんが、上板橋というエリアにおいてはこの方向性が正解だと思います。
またこの店の為に上板橋まで行っても良いなと思えるお店でした。

評価:★★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード