カレー日記


石神井公園「シャンティ」マトンサグ、ナン


ハリアリティッカ


東京23区内にも畑があるというと驚かれることも少なくないんですが、一番畑が多い区は練馬区なんだそうです。
ちなみに二番目は世田谷区。
石神井公園駅は練馬区ですから、畑もあります。
こちらのお店は駅から近くの畑の裏にあるお店。

看板には大きく「東インドカレー」と書いてあったので、これは面白いと思って入ってみました。
インドカレーのお店の多くは北インドカレーであり、さらにいえばインド人ではなくネパール人がやっていることが多かったりする中、あえて東、西、南と言いきっているお店はこだわりのある名店が多いですから。

メニューの表紙にはバングラデシュの国旗も。
やっぱり期待できるぞ!とメニューの中を見てみると、、、全然東インドっぽさが無いじゃないですが(^^;)(^^;)(^^;)

裏メニューでもしかしたらあるのかもしれないと、店員さんに「東インドのカレーはありますか?」と聞いたら「ナイデス」と(^^;)(^^;)(^^;)
「ではおすすめは何ですか?」と聞くと「バターチキン」と(^^;)(^^;)(^^;)

いやはや参りました(^^;)

仕方ないので普通にマトンでも食べるかと思いながらメニューをさらに見てみると、サグマトンとナンとハリヤリティッカのセットがグリーンセットという名前でありました。
ハリヤリティッカを出すお店はまだ少ないですからね。こだわりを感じたのでこのセットを注文。

サグマトンは見た目よくある感じですが食べてみるとニンニクがきいていてなかなかの美味しさ。
ナンも無駄にギー塗りたくってたりせず、シンプルな美味しさ。

ハリヤリティッカが出てくるのにかなり時間がかかったのですが、これはちゃんと作っている証拠でもあるわけで。
ほぼカレー食べ終わる頃にやっと出てきたハリヤリティッカ。
食べてみると味付けも焼き具合もなかなか。

それぞれ味はなかなかなんです。
だからこそ、東インドにこだわったメニューを食べたかったなぁと余計に残念に思いました。

あくまで想像ですが、昔は東インド的なメニューも出していたのかもしれません。
しかしニーズが無かったので、無難なものしか出さなくなっていってしまったのかなぁと。

もったいないですね。
せっかく腕はあるのに。
でも石神井のような住宅街で生き残っていくには、仕方のないことなのでしょう。

美味しかったのに残念というか、美味しかったからこそ残念というか。
複雑な気持ちになるお店でした。

評価:★★★
プロフィール

AKINO LEE

Author:AKINO LEE
ミュージシャン、ヴォイストレーナー、アイドルプロデューサー、作詞家、作曲家、振付師、ライター、俳優、イベントオーガナイザー等、様々な分野で精力的に活動中のアーティストAKINO LEEの公式Blog。

2006年11月より、一日最低一食以上カレーを食べる「毎日カレー生活」を開始。
現在も継続中。

基本的に本ブログは、カレーの事ばかりです。
が、稀に別の事も書きます。

基本的にカレーの種類でカテゴリ分けしていますが、場所で調べたい場合は、左下にある検索窓で駅名を入れてください。
そうすると、カテゴリの名前と、その右に「カレー日記」と出てきますので、その「カレー日記」をクリックしてくれれば関連するカレー屋が出てくるはずです。

基本的に自分の為のカレー備忘録なので、コメントやトラックバックはつけられない設定ですし、カレーブログを専門的にやってらっしゃる方に比べると内容が薄いですが、カレー屋探ししている方の参考に多少なりともなれれば幸いと思い、更新していく所存です。

基本的に一度食べたカレーを再度重複して上げる事はありません。
しかしあまりに美味かった場合や、一度アップした事を忘れている場合はその限りではありませんw
一度紹介したお店を再度紹介する事は時折あります。
という訳で毎日カレーを食べている割には更新が毎日ではないのですが、俺が毎日どんなカレーを食べているのか興味あるという方は、ツイッターの方をフォローしていただければ、そちらで「本日のカレー」としてアップしております。

@lee_otokage

基本的にこちらのブログはカレー生活の途中からつけはじめたもので、以前書いていたブログは諸事情あり消えてしまっています。
カレー生活始めだしてからのカレーについてはmixiの方に全てまとめてありますので気になる方はそちらもどうぞ。

mixi ID 142205

基本的に…という言葉を文章の頭につける事が多い人間には、詐欺師が多いと某著名人に言われた事があります(^^;)

基本的に詐欺師みたいなもんですが、カレーに関しては正直ですw
よろしくお願いいたします!

月別アーカイブ
最新記事
リンク
QRコード
QRコード